検索 - みる会図書館

全データから 211445件ヒットしました。

新落語的学問のすすめ


新 落 語 的 学 問 の す す め

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 桂 文 珍 4 12545 678904 k 、 物 ト ト ⅲ

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 4 桂 文 珍 12545 678904 katsura bunchin 潮 出 版 社

新落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 桂 文 珍 Ka な 〃 お ″ 〃 易 剏 潮 出 版 社

新落語的学問のすすめ


新 落 語 的 学 問 の す す め 発 行 所 / 潮 出 版 社 発 行 人 / 西 原 賢 太 郎 付 物 / 栗 田 印 刷 印 刷 ・ 製 本 / 明 和 印 刷 ・ 東 京 美 術 紙 工 装 丁 / 菊 地 信 義 ◎ 20 Ⅸ ) Bunchin Katsura 著 者 / 桂 文 珍 2g0 年 3 月 5 日 初 版 発 行 http://www. usio. co. jp Printed in Japan 落 丁 ・ 乱 丁 本 は お 取 り 替 え い た し ま す ISBN4-267-01550-3 C 開 95 ☆ 電 話 / 03 ・ 3230 ・ 0781 ( 編 集 ) 03 ・ 3230 ・ 0741 ( 販 売 ) 振 替 口 座 / 81 5-610g 〒 102-8110 東 京 都 千 代 田 区 飯 田 橋 3 - 1 - 3

知的生活習慣


と 頭 か ら き め て し ま う 。 ク 文 学 の わ か ら な 人 間 は 二 流 で 、 文 法 や 語 学 は そ の 二 流 の 人 間 が す る も の と し て 疑 わ な い 。 私 自 身 、 そ う い う 文 学 教 育 を 受 け て 、 文 学 研 究 や 語 学 は 、 文 学 の わ か ら な い の が す る も の だ と 思 っ て い た 。 学 生 だ っ た あ る と き 、 英 語 学 者 の 大 塚 高 信 博 士 が 、 こ ん な こ と を 言 わ れ た 。 若 い う ち は 文 学 が お も し ろ い が 、 年 を と る と 、 語 学 の 方 が お も し ろ く な る 。 私 は こ の こ と ば に 強 い 感 銘 を 受 け た が 、 私 自 身 、 文 学 青 年 的 で あ る こ と に 満 足 で き な く な っ て い た か ら で あ ろ う 。 文 学 の 勉 強 は 学 間 に な ら な い 。 言 語 学 の 勉 強 の 方 が 学 問 に 近 い 、 と 思 っ た 。 文 学 青 年 は 中 途 退 学 し た よ う な も の で あ る 。 文 学 青 年 は ま た 、 詩 と 小 説 で は ど ち ら が す ぐ れ た ジ ャ ン ル か と 問 わ れ る と 、 よ く も 考 え た こ と も な い く せ に 、 詩 の 方 が 小 説 よ り 芸 術 的 に 価 値 が あ る よ う な こ と を 言 う 。 歴 史 的 知 識 に 目 が く ら ん で い る の だ 。 同 じ よ う に 、 韻 文 と 散 文 と ど ち ら が す ぐ れ て い る か と 問 わ れ る と 、 き ま っ て 、 詩 、 韻 文 だ と 答 え る だ ろ う 。 こ れ も 、 韻 文 の 方 が さ き に 発 達 し た と い う 歴 史 的 知 識 に ひ き ず ら れ 、 古 い も の の 方 が 新 し い も の よ り す ぐ れ て い る よ う に 考 え て い る に す ぎ な い 。 2 0 2

「文明論之概略」を読む 中


加 ー 2 三 00 円 新 訂 福 翁 自 伝 青 2 学 問 の す 、 め 青 3 ニ 00 円

新落語的学問のすすめ


あ っ と い う 間 の 半 年 間 、 慶 應 義 塾 大 学 で の 講 義 は 落 語 家 桂 文 珍 に と っ て 誠 に ス リ ル の あ る 刺 激 的 な 時 間 で あ り ま し た 。 関 西 大 学 で の 講 義 は 毎 週 あ っ て 十 二 年 も 行 っ て し ま い ま し た が 、 何 し ろ 、 関 東 、 そ れ も 慶 応 で す か ら 。 よ く 聞 か れ る の は 関 東 と 関 西 の 学 生 君 は 、 違 い ま す か ? と い う 質 問 で し た 。 終 わ っ て み れ ば 、 世 代 が 同 じ な わ け で す か ら そ れ 程 の 違 い は な か っ た の で す が 、 両 方 に 言 え る こ と は 、 効 率 的 な 受 験 戦 争 の た め の 勉 強 に は 慣 れ て い る も の の 、 人 間 と し て の ぬ く も り や 、 知 識 、 深 い 思 慮 、 な ど が 少 し 、 足 り な い 、 効 率 性 を 重 ん じ た が 故 に 失 っ た 部 分 が あ る 。 つ ま り 本 来 の 教 育 の 基 本 た る リ べ ラ ル ア ー ツ の 部 分 が 充 た さ れ て い な い ま ま に こ こ ま で な っ ち ゃ っ た 、 と い う 学 生 君 が 東 も 西 も 多 い の で す 。 そ ん な 中 、 落 語 と い : ど 、 つ か は 、 、 い 、 も と な い 限 り , で 亠 の り ・ ま は た し て 、 お 役 に た て た か : が う 世 界 に 身 を 置 く 私 が 、 あ す が 、 学 生 諸 君 の 質 問 に 、 「 落 語 家 は 上 着 を ベ ロ ッ と 脱 ぎ ま す が 、 な ぜ 、 脱 ぐ の か 、 最 初 か ら

月刊 新聞ダイジェスト 2015年6月号


教 育 戔 化 学 校 質 問 紙 で は 「 ア 間 項 目 に 入 れ た 」 と 話 術 知 み 材 料 ム し る 査 が に O フ 電 紹 実 ン い 数 え 。 図 基 施 2 が ラ 幅 改 す 項 目 に 加 わ っ た 。 実 、 均 グ 大 を 明 科 技 は を 素 材 ウ 通 い 調 題 係 — ト た を た チ な 。 学 関 考 た 、 。 テ ス ト は 国 語 、 算 数 ク テ イ プ ・ ラ ー ニ ン し て い る 。 た な っ 数 題 。 で で 平 す が 値 説 学 問 力 が 原 リ を て 度 課 関 は 一 つ 術 っ ラ し た 日 ・ 数 学 、 理 科 の 3 教 科 。 グ 」 の 実 施 状 況 や 、 ノ テ ス ト は 国 公 私 立 合 数 0 的 立 関 出 た 校 査 ス 示 け 均 て 理 科 設 用 ン の ト 験 し 年 、 の で マ い 技 使 ゼ 解 出 ( 学 た 、 活 学 か 学 目 や く っ 学 調 ラ を だ 平 っ 一 ナ 実 解 れ 雲 理 ス と 端 を は 分 が 国 語 と 算 数 ・ 数 学 は 、 1 ト の 取 り 方 に つ い て わ せ て 約 222 万 人 が 中 低 数 が 算 広 測 、 物 ク と ス て 取 中 れ く 3 ダ 素 、 理 さ と 物 、 電 知 一 ツ は 題 の 、 問 計 幅 を は し の こ ラ し み さ 多 間 ウ 水 て を は 題 気 。 や 充 こ リ 一 天 問 そ れ ぞ れ 基 礎 知 識 を 問 「 学 習 の 目 標 と ま と め 受 け た 。 結 果 は 8 月 に パ 酸 い 化 で 出 蒸 た り ス カ ゼ ル 寒 る 用 が 7 率 か 設 則 ら 合 5 と 数 た ク ら 読 う < 問 題 と 、 応 用 力 を を 書 く よ う に 指 導 を し 公 表 さ れ る 予 定 。 答 ほ る 四 か 具 問 落 物 つ の 減 を た 応 例 が ゴ グ 炭 っ 変 学 で 水 れ 取 レ 正 の せ 、 野 着 設 の し 減 っ を と め に た の 。 で ン る に 学 地 科 た わ み ャ 悃 イ が さ 【 三 木 陽 介 】 み る 問 題 が あ り 、 理 て い る か 」 を 聞 く 質 間 で 題 さ は 分 定 の 度 と り 一 物 こ 求 り げ も 問 野 キ い 酸 化 。 理 れ 問 読 イ 利 で ウ る 摘 ま 問 明 題 の の 題 2 落 よ 、 し た を 回 上 う 分 一 て ン や た 校 さ も の ワ を 物 キ す 指 科 は < 、 を 合 わ せ た が 今 年 初 め て 加 わ っ ◇ れ 礎 説 問 ど 識 問 た の 目 ら と せ と の り 問 は 学 べ っ 工 質 み 学 と て ド の 導 生 、 解 を 間 題 。 理 科 は 3 年 に 1 た 。 ア ク テ イ プ ・ ラ 1 5 面 に 間 題 と 正 こ 基 で < な 知 m れ 目 回 か 落 さ こ 身 取 を の 化 。 な ク 性 を 小 る い 一 ン 誘 。 で 分 と を 識 た に と や て か の あ っ カ オ 磁 介 験 を こ の 方 形 礎 さ 回 1 フ に 善 る 度 で 2012 年 度 に 続 一 一 ン グ は 次 期 学 習 指 導 解 の 抜 粋 、 毎 日 新 聞 一 一 き 2 度 目 。 要 領 に 盛 り 込 ま れ る 予 ュ ー ス サ イ ト に 全 間 題 」 う 用 で が 果 実 確 水 い 、 変 1 一 口 実 漫 文 の な 五 の ト っ 社 い 考 。 、 古 画 い 京 本 ツ 二 な た て た 物 科 命 の 活 問 想 結 で ら 、 て か の 吾 ど 国 語 、 算 数 ・ 数 学 は 定 で 、 同 省 は 「 教 員 に と 全 正 解 を 掲 載 し て い み を 漫 思 東 日 ボ ら ん り 得 め 生 問 、 設 予 験 上 。 か て れ う 温 理 「 間 。 る の 実 の た 果 し ま ど 気 。 国 → 取 読 分 。 の 。 年 、 ロ か ど わ を 求 計 145 間 中 問 朝 こ う し た 授 業 方 法 を 意 ま す 。 」 、 9 た え そ な そ せ 結 発 含 か と た 学 ュ し 「 を 部 た 物 た 囲 ジ 、 類 が 関 報 を ( 毎 日 4 ・ ) % ) が 、 過 去 の 不 得 意 分 識 し て も ら う た め に 質 、 う 、 か 験 蒸 に る 子 み 中 ビ 場 は 文 る 出 人 み 一 フ 種 本 う 情 と 子 で が っ 考 粒 容 の だ を て よ き 導 実 が 中 い 様 を タ 登 で 古 す が 場 を は ペ ラ 3 日 ど ら こ 野 を み る 問 題 た っ た 。 ン く 9 と 応 題 登 か 2 プ グ の の が か く 「 内 も 間 立 の 聞 を を 水 気 て の か 新 聞 コ ラ ム か 、 ら も 」 た う 方 を ど を 論 果 。 空 し 時 る イ 多 問 分 対 問 、 る 問 工 す 事 年 分 料 書 理 科 で は 間 中 7 間 が し し 問 が り 想 、 か 結 効 も て 解 た き や が 設 部 と る に き 設 ウ 表 記 自 資 に 該 当 。 理 科 は 今 回 、 小 全 国 学 力 テ ス ト で 今 者 が 「 自 分 の 思 い を 根 且 ギ 。 的 レ に を の ま 予 ば る ら の 題 っ 理 し で チ 面 の 一 ま せ 考 で の る を 誌 一 場 題 の こ ば 参 像 題 す 移 雑 せ り た 体 ノ 柱 識 た 温 ず れ れ か 水 問 な を を 察 中 学 校 と も 全 て の 大 間 年 も 新 聞 を 題 材 に し た 拠 づ け る た め に 」 引 用 ネ を 知 み の ま け ら 果 ち る と と 水 考 ピ の 問 画 一 選 を 想 問 関 推 の ば な ね 具 の 工 ス 活 < 漫 の ら 容 を m に ロ 発 選 に 尋 を 「 ど 、 を 水 、 し 得 結 打 す 気 こ ち を で 観 察 や 実 験 に 関 す る 出 題 が あ っ た 。 昨 年 は し た 言 葉 を 見 つ け 出 す 生 の 画 か 内 ど 輪 人 開 を 会 か え な ち 力 は 正 が 験 認 蒸 く 打 化 場 面 を 設 定 す る 出 題 形 小 学 校 国 語 で 新 聞 の 力 を み る 間 題 が 出 た 。 題 つ な 童 視 つ る 、 セ 値 っ 求 式 を と 0 た 。 中 学 校 で 「 投 書 」 が 使 わ れ た が 、 コ ラ ム の 出 題 は 初 め て 出 ラ 題 ム あ 一 関 ね さ み り 章 ち 変 き 吾 コ な ラ も の の 尋 休 読 せ 文 持 を で 数 的 児 重 誤 い た ら う の だ を は 入 浴 剤 と べ 1 キ ン グ 今 年 は 「 コ ラ ム 」 が 取 り と い う 。 小 学 校 国 語 で は 、 和 」 澀 算 え 。 あ 段 引 嵐 説 ハ ウ ダ 小 学 校 で は 上 げ ら れ た 。 コ ラ ム 特 「 打 ち 水 」 な ど が 題 材 有 の 「 表 現 の 工 夫 」 を 把 学 校 で つ く る 「 学 校 新 教 】 夕 ま 聞 た 、 場 る は に 人 る 動 大 し 学 課 、 、 問 恰 あ 違 が 値 」 間 の ト ほ た 「 中 せ 出 き す の た 理 ど 校 に で の で 3 芝 登 読 の 声 工 た に な 0 た 。 文 部 科 学 省 握 で き る か を み る の が 聞 」 を 題 材 に 、 見 出 し 各 な 学 材 6 人 が 問 紙 、 音 物 、 を し ス の し い 文 な る 引 き 価 し 、 、 せ % 引 定 と で も 面 。 題 間 3 と 設 を 際 に 人 し 方 試 テ 算 識 す は 「 理 科 の 授 業 で 学 習 狙 い 。 読 書 に 関 す る 内 の 狙 い や 新 聞 の 構 成 を こ し 場 た を 設 、 こ の 話 る う 。 像 み を カ き 意 や は せ さ 川 値 が う 定 し た こ と が 日 常 で 役 立 容 で 、 コ ラ ム の 特 徴 で 理 解 し て い る か ど う か 外 の し 聞 の み る 題 ち す よ た 想 読 か 学 引 を き で 載 え 「 % 客 お 設 の の 査 ず 題 を 考 の 、 払 う 以 話 場 新 題 読 え 問 ん を の せ を 、 う っ こ と を 感 じ ら れ る よ も あ る 筆 者 の 体 験 に つ を 尋 ね た 。 【 三 木 陽 介 】 語 会 登 、 。 間 を 捉 m と せ ど か 化 り ど 去 数 調 ま 。 間 答 を 屋 に で 支 い ( 毎 日 4 ・ ) う 工 夫 し た 」 と 説 明 す い て 書 か れ て い る 部 分 物 、 が ど た < 分 を 。 の か を 書 変 た か 過 小 カ っ た 解 か ン ら ル を と た た 学 が し た の パ さ 一 段 た め ム 材 な っ 部 係 た ん 聞 ふ で の え る る 。 よ み く ら べ 社 説 集

小説トリッパー 2013年秋季号


刑 務 所 に 慰 問 に 訪 れ た 名 人 ・ 八 雲 の 落 謎 の 疫 病 に よ り 男 子 の 数 が 激 減 し た 江 幼 い 頃 家 族 を 失 っ た 歳 の プ ロ 棋 士 ・ 語 に ほ れ 込 み 、 出 所 し た 足 で 弟 子 入 り し 桐 山 零 。 深 い 孤 独 を 抱 え 、 将 棋 と い う 戦 戸 時 代 。 男 女 の 役 割 は 逆 転 し 、 女 将 軍 の た 元 チ ン ピ ラ の 与 太 郎 。 妖 艶 な 八 雲 の 落 い の 世 界 で 生 き る が 、 近 所 の 一 家 ( 3 姉 元 、 大 奥 に は 美 男 3 千 人 が 控 え て い た 。 語 と は 対 照 的 な 、 八 雲 の 親 友 で 今 は 亡 き 「 生 き る と い 、 つ こ と は : : : 女 と 男 と い 、 つ こ 妹 + 祖 父 ) と 共 に 過 ご す う ち 、 少 し す っ た だ 女 の 腹 に 種 を つ け 子 孫 を 残 助 六 の や ん ち や で 情 熱 的 な 落 語 に も 魅 力 変 わ り 始 め る 。 命 を 削 っ て 戦 う 棋 士 た ち と は ー の 姿 に 、 著 者 自 身 の マ ン ガ に 挑 む 姿 勢 が し 家 の 血 を 繋 い で い く こ と で は あ り ま す を 感 じ る よ う に な る 。 そ し て 八 雲 の 口 か 重 な る 。 読 み 手 に も 本 気 で 向 き 合 う こ と ま い 」 。 男 女 が 逆 転 し た 大 奥 と い う 設 ら 二 人 の 過 去 が 語 ら れ る が : : : 。 大 き な 定 が 、 男 と い う 生 き 物 、 女 と い う 生 き 物 見 ど こ ろ は 八 雲 の 落 語 シ 1 ン 。 表 情 や し を 強 い る よ う な 、 緊 迫 感 あ ふ れ る 作 品 。 3 姉 妹 の 次 女 、 中 学 生 の ひ な た の い じ め が 抱 え る 哀 し み や 、 社 会 の 抱 え る 矛 盾 を ぐ さ は も ち ろ ん 、 描 き 文 字 や ふ き だ し の 問 題 に 肉 薄 し た く だ り は 必 読 。 勇 気 を ふ あ ぶ り だ す 。 堺 雅 人 主 演 の 実 写 映 画 、 ド 形 ま で あ ら ゆ る 要 素 を 駆 使 し て 官 能 的 に り し ば り 闘 う ひ な た 、 ひ な た を 本 気 で 支 ラ マ も 話 題 に 。 近 巻 で は 平 賀 源 内 、 田 沼 表 現 。 落 語 を 知 ら な い 人 に も そ の 魅 力 を 存 分 に 伝 え て い る 。 ( ポ 1 イ ズ ラ ブ ) え る 零 と 家 族 、 逃 げ る 教 師 、 逃 げ な い 教 意 次 が 登 場 し 、 大 奥 に 新 た な 風 が 吹 く 。 師 、 い じ め た 側 、 す べ て の 人 の 行 動 が 丹 手 塚 治 虫 文 化 賞 マ ン ガ 大 賞 、 セ ン ス ・ オ 誌 で も キ ュ 1 ト な キ ャ ラ ク タ 1 た ち を 描 き 、 す で に 人 気 だ っ た 著 者 は 、 本 作 で 一 念 に 描 か れ る 。 マ ン ガ 大 賞 2011 、 講 プ ・ ジ ェ ン ダ 1 賞 な ど 多 く の 賞 を 受 賞 。 談 社 漫 画 賞 受 賞 作 。 著 者 は 萩 尾 望 都 と の 著 者 の よ し な が は 三 浦 し を ん と の 対 談 気 に プ レ イ ク し た 。 非 常 に 「 い ま ど き ー ( 『 あ の ひ と と こ こ だ け の お し ゃ べ り 』 収 の 絵 柄 な が ら 、 過 去 作 か ら の 伝 統 的 な 文 対 談 ( 『 マ ン ガ の あ な た の わ た し 』 収 録 ) の 中 で 、 萩 尾 に 強 く 影 響 を 受 け た 録 ) の 中 で 、 幻 年 組 の 精 神 を 次 の 世 代 に 法 を 積 極 的 に 取 り 入 れ た 「 漫 画 ら し い 」 表 現 も 大 き な 魅 力 。 こ と を 語 っ て い る 。 伝 え た い 、 と い う 旨 の 発 言 を し て い る 。 社 冫 毎 チ の カ , ラ イ い オ よ し な が ふ み ( 、 白 泉 社 昭 和 元 禄 落 語 心 中 雲 田 は る こ 講 談 社 29 伝 統 と 革 新 一 一 必 読 の 15 選