日常 - みる会図書館


検索対象: 全ての本
37848件見つかりました。

1. 三省堂漢和辞典 第3版

【日中】ウ〇まひる〇ひるま〇春分の日④なこと 0 天気もよう〇晴天。晴れた空@形【日誌】Ⅱ日記キ。毎日の記録。日録 勢。事のなりゆき 〔日暮途遠新ち年をとってしまって前 日本と中国 ( シナ ) と 4 无・旡部 【日内瓦汚ネスイスの都会の名、ジ = ネ 1 プ【日和見】 O 空模様を見る。天気の予測途になお行うべきことが多いたとえ ( 史記、 。一无】無 ( ±) の古字 5 【既ョ 7 ( 期 ) 元一日不」暇」給事が多く 0 形勢を観望し、態度をきめようとする。【日影】」雑イ日光。日景〔伍子胥伝 ) 「ーー主義」はごっごう主義、無定見の意【日課】与毎日きめてするしごと 6 【既ョ 7 ( 期 ) よ既】既 ( 期 ) の旧字元て、日が足りない 【日限】あらかじめきめた日どり。ひぎり【日輪】太陽「近づく ( 李リ密、陳情表 ) 7 【既厩 ( ) の正字元 8 【既】既 ( ) の旧字【日刊】与毎日刊行する「ーー新聞」 【日出之郷写日出之鄕。わが国を【日食】生 2 〇づ日蝕。月が太陽と地球『日薄 = 西山ニ哥ン年をと 0 て死ぬ日が 9 〔既厩 ( ) の正字 さす、東にあ 0 て太陽がでるところにある国のの間にはいり、日光をさえぎり、太陽の一部△夕日、月日、元日、今日、天日、不日、 意 「あたり〇宮城の付近または全部が黒く見える現象〇レ日食い 永日、生日、他日、冬日、白日、平日、 4 日・日部 吉日、休日、向日、旬日、尽日、先日、 【日辺】秀日邊〇日のほとり。太陽の毎日食べる 当日、毎日、忌日、近日、即日、来日、 日は旧字、日は正字@ジツ・『日本晴売レ日本晴れ〇よく晴れわた。【日星】 O 日と星と〇日・月・星 ーニチ、つぞや。過日 「と 往日、昔日、明日、後日、昨日、秋日、 ニチ〔ニッ〕 (D ヒ④太陽@太た好天気。一点の雲もない晴天 0 疑いがは【日前】ゼンレ 【日華】与 O 日のひかり〇日本と中華民国春日、前日、夏日、残日、時日、連日、 陽の光や熱「ー焼け」 6 昼。昼間〇昼夜①れて気がはればれとした形容 日数 6 日限①とき。おり〇時代⑦日のあ【日用】ふだん使う ( 易、繋 ( 辞 ) 「ーー品」【日域】 O 日が出るところ。極東の地 0 わ祭日、斜日、終日、翌日、過日、落日、 し。日のあゆみ。太陽が空を行く早さ。日脚【日向 ~ が O 日のあた 0 ている所 0 今の【日貨】与日本製の商品〔が日本国をさす隔日、数日、暦日、誕日、一昨日、大祭 日、誕生日 。「春ー遅遅」毎日「ー記」④〔日〕ばあ宮崎県地方の古称「または冬至の時『日頃訴ろ〇ふだん。平生〇このごろ〇いく L 日 もと日 0 〇日は正字工 ( ヱ ) ッ い「成功のー」⑦〔日〕天皇の御事に冠する【日至時影 O 成熟すべき時期〇夏至 ~ 【日常】馞ウつねひごろ。ふだん 【日常茶飯事】名。普通のこと。ありふれ日一 0 イワ ( ハ ) く。ノタマワ ( ハ ) く。イう 敬語、わが天皇は天照大神紙すなわち【日次嵬チ日どり。日の順序 たこと。何でもないこと。平平凡凡なこと ( ふ ) ④言う@こういわれている 0 ココに 日の神のお血すじであるという意味から出た【日色】翕ク太陽の色。日の光 【ーー 4 ) 元 もの「ー胤び 0 〔日〕力、日数を数える語@ 【日角】ひたいの中央骨が高く出ている人【日進月歩】秀日に月に進歩する。やす 1 日 まずに、しかもはやく進歩する 「ごろ もと田。①コウ ( カフ ) 〔カン〕 (D はじ め「ー乙丙」④ものごとの第一位 日本 0 略因 = 〈→ , ( 日期巴尼亜「【日没】日 0 【。。日 0 ( 「来。日頃【日哺〉夕方。日 0 れ哺今 0 午後四時 1 【甲】 略①〔日〕日向の国の略 【日来ろ日來。ふだん。平生。今まで。従『日暮ッ (D 日のひかり。日かげ〇光陰。時 @いちばん上等 0 キノエ、↓十干の第一位 L 間名のかわりに使う語「ーは : ・し、乙は : ・し 【日景】移ひかげ。日光 霜〔〔意〕明日昨日建の・今日・一日蠶・【日供】神仏に毎日供えるもの 二十日・一一日っと読む 【日参】秀 1 日參〇毎日神社に参拝する一日就月将】攣 ! づ日就月將。日に月にた」 @ョロイ ( ヒ ) 日鎧国兵士因軍備①甲 〇毎日、目的をもって一定の場所へ出かけ進歩する。日進月歩 ( 詩、周頌、敬之ン ) 羅ラ。亀やかにの外をおおう堅いから。甲殻乃 る 「つて【日程】毎日のしごとの予定「旅行ーー」の手足の上の方の面の〔日〕カプトⅡ胄① 「となる現象〔日〕甲斐の国の略「ー州」⑩カン①〔日〕 【日下】勸 O 都。首府 0 特に北京 , 【日者】の〇日の吉凶を占う人 0 さきに。か【日晩】ひぐれ。日暮 【日子】 O 日数〇ひづけ L の称〇全国『日昃鬱Ⅱ日稷ルョ。日が西にかた一日暈滝ン雲気が太陽をとりまいて環状音の調子が高くすんだ形容 【日夕】夥 O ひるとよると。昼夜〇ひるもよるむく 「の学術的随筆【日嗣】 8 ぎ日日継 8 ぎ。天皇のみくらい。天【甲乙】〇甲と乙と〇第一と第二と〇ま さりおとり。優劣。差別@だれかれ「ね も。いつも。日夜 0 朝とタと。あさゆう 【日知録】チ書名、清初の学者↓顧炎武つ日嗣。「ーーの御子」は皇太子 【日月】〇日と月と〇光陰。時間〇日が【日東】日本の美称「息「ーー五厘」【日新】秀日々に欠点を改めて新しくなる【甲子】芻 O ↓十千と十二支と〇きのえ たっこと。つきひ。時日の経過@日。太陽@ 【日歩〔経〕元金百円に対する一日の利一日傭譴いⅡ日雇 ! とレ日雇い。一日限り【甲士】よろいをきた兵士。武装した軍兵 【日午】まひる。正午 L 天子の聖賢【日和】齷 2 〇空かはれて日光がうららか【日僑】ウ海外在住の日本人 L で雇われる一甲比丹】ポルトガル語 ca 三 ( ぎの音訳、 三九七 4 【无・旡】 0 ムー 9 キ 4 【日・日】 0 ジツー 1 コウ熟語の【】の中とレの下とは現代表記、 X は対語、北は類義語、 ( 文 ) は文語表現

2. 明解漢和辞典 新版 長澤規矩也編著

日は旧字、日は正字朝ジツ・一一チ・ニ【日色】ク太陽の色。日の光「王の相という字 一旗竿一旗ざお「るから 0 料理屋 0 旅館 0 【日】 ッ (D ヒ④太陽 @太陽の光や熱「ー【日角】ひたいの骨が高く出ている人相、帝一る 「頃え 焼け」 6 ひる。昼間昼夜①日数 6 日限①と【日没】券 1 日沒。日のいり。日ぐれ ( 旗旆〕 2 イⅡ旗旆ⅱ旗纛はた 一旗旄気ウ旗は大将のはた、旄はからうしの尾き。おり◎時代⑦日のあし。日のあゆみ。太陽【日来ろ - ・日來。ふだん。平生。今まで。従来。日一伽 が空を行く早さ。日脚 2 し「春ー遅遅」毎日【日参】 1 日參 (D 毎日神社に参拝する〇毎 をさおのさきにつけたはたで、指揮に使う 一旗旄剣戟キ 1 旗旄劍戟 O はた・やり・かた「ー記」④ばあい「成功のー」⑨〔日〕天皇の御事日、目的をもって一定の場所へ出かける「て正 に冠する敬語、わが天皇は天照大神黔す【日者】 O 日の吉凶を占う人〇さきに。かつ一補 ななどのいくさどうぐ。武器〇武装 Ⅱ日稷。日が西にかたむく 【旗章】旗じるし「とを ^ 起こす ^ はしめるなわち日の神のお血すじであるという意味一日昃一新いいず チ 1 日知録。書名、清初の学者↓顧炎」〔】 一旗揚袈Ⅱ旗挙旗揚げ (D 兵をあげる〇三から出たもの「ー胤 0 力、日数を数える語【日知録】 【旗鼓 (D 軍旗と鼓と、ともに軍隊を指揮し @往日。以前の来日。のちに。別の日国日本の【日東】日本の美称 L 武の学術的随筆 【日歩ア〔経〕元金百円に対する一日の利息字 略因ス。ヘイン ( 日斯巴尼亜 X) の略 号令を伝える道具〇軍隊 0 戦場 【日和】 9 (D 空がはれて日光がうららかな 一旗幟鮮明旗じるしが非常に明らか、態【日下】 (D 都。首府〇特にー , 北京ンの称 こと〇天気もよう C 晴天。晴れた空朝形勢。 度や主義が非常にはっきりしていること【日子】」ッ (D 日かず。日数〇ひづけ で 一旗標一しⅡ旗印 (D 旗のしるしとしてつける【日夕】 (D ひるとよると。昼夜〇ひるもよる事のなりゆき 一日和見 O 空模様を見る。天気の予測 0 形正 紋所ろや物の形〇進む目標「揮する軍艦も。いつも。日夜 0 朝とタと。あさゆう 【旗艦ン艦隊の司令長官や司令官が乗り指一【日月】 (D 日と月と〇光陰。時間〇日がたっ勢を観望して態度をきめようとする △弔ー、反。ー、白ー、半ー、兵ー、国ー、軍ー、校こと。つきひ。時日の経過朝日⑩天子の聖賢【日限】与あらかじめきめた日どり。ひぎり 【日午】まひる。正午「本と中国 ( シナ ) と【日食】歪 ~ 日蝕。月が太陽と地球の間に【】 ー、降ー、日章ー、軍艦ー、星条ー、優勝ー 【日中】ウ (D まひる〇ひるま 0 春分の日@日一はいり、日光をさえぎる現象 0 レ日食い。毎」 一施一旒 ( 9 ) の正字 外 もと肉川リョ (D 背骨 0 力。腕力。【日内瓦滝ネスイスの都会の名、ジ = ネープ【日星】 O 日と星と@日・月・星 L 日食べる 『膂カ 一日不レ暇」給 )3 キュウするに いとまあらす ( 文 ) 事が多くて、日が足り」【日華】与 O 日のひかり〇日本と中華民国と漢 【日刊】毎日刊行する「ーー新聞」 L ない【日域】 (D 日が出るところ。極東の地 0 わが」 Ⅱ一膂】↓川 一旒一↓ 9 L 日本国をさす当 【日出之郷に芻 - ー日出之鄕。わが国をさす、東【日貨】与日本製の商品 『旛』朝 ( ン (D ( 夕、縦に長くたれた旗 にあって太陽がでるところにある国の意一日頃一 2 ろ (D ふだん。平生〇このごろ 0 いく日は ウつねひごろ。ふだん 【日辺】秀 1 日邊 () 日のほとり。太陽のあた【日常 〔日常茶飯事一ウ普通のこと。ありふれた り〇宮城の付近 4 无部 字 【日本晴し日本晴れ O 日本じゅうが晴れこと。何でもないこと。平平凡凡なこと 漢 ノ日に月に進歩する。やすまず 。〔无一無 ( 一一 (0) の古字 5 【既】↓丑 7 ( 三五一 l) 元 わたった好天気。一点の雲もない晴天〇疑い【日進月歩】叱 用 1 【既】既 ( 三五一 l) の旧字元 に、しかもはやく進歩する 6 【既】↓計 7 ( 三五一 l) がはれて気がはればれとした形容 当 【日哺一与夕方。日ぐれ、哺は今の午後四時ごろは 7 一既一既 ( 三五一 l) の正字元 8 一既一既 ( 三五一 l) の旧字【日用】ふだん使う ( 易、繋竹辞 ) 「ーー品」 9 一既一既 ( 三五一 l) の正字 一日向 O 日のあたっているところ〇今一日替こッ O 日のひかり。日かげ 0 光陰。時間【】 日日影。ひかげ。日光 【日景】 の宮崎県地方の古称 の 当きにすすむ 1 日就月將。日に月に進歩す字 【日至時 = 諺 () 成熟すべき時期〇夏至の時【日就月哥 )S になり。 4 日・日部 親 る。日進月歩 ( 詩、周頌、敬之シ ) 【日次】日どり。日の順序 4 【方】純キーハン 4 【无】 4 【日・日】。ジッ 14-15 11 10 10

3. 新明解漢和辞典 第三版 三省堂

4 【日・日】 0 ジツーエノ 日。以前⑤来日。のちに。別の日因日本の略【日本外史書名、一三巻。頼襄る ( 山炎武の学術的随筆 【日程】仕事や旅行などの毎日の予定「議 8 日期巴尼亜バ ( スペイン ) の略〔日〕日陽 ) の著。源平二氏から徳川氏に至る、武【日東】日本の美称 【日晩】舞ひぐれ。日暮 家諸氏の家別に漢文で書いた歴史 向講の国の略「薩隅ー」 【日歩〔経〕元金百円に対する一日の利息ロ〔日暈ひがさ。雲気が太陽をとりまいて環 「日嗣 〔当團明日昨日・今日・一日・一一【日本政記】」書名、一六巻。頼襄る ( 山【日夜チ〇昼と夜と。昼夜 0 昼も夜も。つ状となる現象 陽 ) の著。神武天皇から後陽成天皇までの ねに。いつも。しじゅう「ーー思案する」 日」っ・二十日っと読む 〔日嗣ぎⅡ日継 8 ぎ。天皇のみくらい。天っ 象形、太陽の形にかた漢文で書かれた編年体の歴史 日々に欠点を改めて新しくな 【日和】 2 霧〇空が晴れて日光がうららか【日新】た どる。中の・や一は充〔日本晴れレ日本晴れ O 晴れわたっ なこと 0 天気もよう 0 晴天。晴れた空 @形る。易、大畜「輝光ーー一一其徳こ 実しているさまを表わす 「酉あ刻た好天気。一点の雲もない晴天 0 疑いがは勢。事のなりゆき ひョウ、レ日雇い。一日かぎりで雇われる 〔日傭】ひやと、 れて気がはればれとした形容 2 【日入】ウ〇日没。日の入り〇日没のころ。 【日和見】〇空模様を見る。天気の予測【日僑諺ウ海外在住の日本人 【日用】非毎日使う。ふだん使う。易、繋辞 0 形勢を観望して態度をきめようとする 【日カ】ク光陰。日出から日没まで 【日誌】勹Ⅱ日記キⅡ日乗蓊ウⅡ日暦 「日 「下 9 【日映】未 2 。の刻 3 【日下プ〇都。首府 0 特にま北京梦 . の称「百姓ーー而不」知」 対 日録鰓毎日の記録。日録 ひくれて年をとってしまって前途 【日子プソ〇日かず。日数 0 ひづけ 6 【日宇】太陽の照らすところ。あまが下。天【日限】秀あらかじめきめた日どり。ひぎり。期【日暮途遠】みちとおし 9 ニッ諸〇 s- 日蝕。月が太陽と地球の 一日亦不」足滝た朝から晩まで働いても時【日食】ク になお行なうべきことが多いたとえ《史記、伍 【日夕】 O 昼と夜と。昼夜 0 昼も夜も。 間が足りない。孟子、離婁「爲」政者、毎」人 つも。日夜 0 朝とタと。あさゆう@日のタベ。 間にはいり、日光をさえぎる現象。春秋、隠三子胥伝》 義 而悅」之、ーーー」「の宮崎県地方の古称「ー有」ー」之」〇レ日食い。毎日食べる 夕方。陶潜、飲酒「山氣ーー佳」 門【日影】ひかげ。日光。日景 な【日 ; プ′日に日に伸びる。日々に発展する 【日向一認が〇日のあた 0 ているところ〇今【日星】秀〇日と星と。范仲礇岳陽楼【日課】毎日きめてする仕事。日々のっとめ 【日月】〇太陽と月と。十八史略、帝尭【日至時影〇成熟すべき時期。孟子、告 記「ーー隱」曜、山岳」形」 0 日・月・星【日輪】太陽 目」ンいっぞや。過日 「ーー光華、旦復旦兮」〇光陰。時間 0 日子「至ニ於ーー・一皆熟矣」 0 夏至の時 【日蔔】 - 「と【日興】ウ一日の遊び。毎日の遊興。杜甫、を がたっこと。つきひ。時日の経過。としつき。長【日次】 ~ ~ チ日どり。日の順序 9 【日華】 % 〇日のひかり 0 日本と中華民国飲中八仙歌「左相ーー費 = 萬錢こ ひセイ・サン年をとって死ぬ日が い時。年月。歳月@日@天子。文天祥、過 = 【日色】ク太陽の色。日の光。白居易、長凵【日域】 O 日が出るところ。極東の地。漢【日薄 = 西山一】」せまる 平原一作「宰相盧杞欺ニーーこの聖賢。論恨歌「旌旗無」光ーー薄」 書、揚雄伝「東震 = ーーこ〇太陽が照らす近づく。李密、陳情表「劉ーー・、氣息奄奄」読 語、子張「仲尼ーー也、無一一得而踰一焉」 7 【日角 = 〃ひたいの骨が高く出ている人相。帝範囲内。あまがした 0 わが日本国をさす △人ー、ター、月ー、元ー、今ー、天ー、は 【日午】謇まひゑ正午。亭午 王の相という。後漢書、光武帝紀「光武大【日貨】与日本製の商品 不ー、永ー、生ー、他ー、冬ー、白ー 【日中】諺ウ〇まひる 0 ひるま。日が照ってい一日吁滝冖日が高くのばる L ロ隆準ーー」 ( 日頃ろ O ふだん。平生〇このごろ 0 いく日 平ー、吉ー、休ー、向ー、旬ー、尽ー、外 ~ 一野ウつねひ 0 ろ。ふだん。いつも る間。易、繋辞「ーー爲」市、致 = 天下之民こ【日没太陽が西に沈む。日のいり。日ぐれ。【日常】 , 先ー、当ー、毎ー、忌ー、近ー、即ー ニッ「ウ普通のこと。ありふれ 0 春分の日。書、尭典「ーー星鳥、以殷ニ仲隋書、倭国伝「日出處天子、致 = 書ーー處【日常茶飯事】サ 来ー、往ー、昔ー、明ー、後ー、昨ー、は たこと。何でもないこと。平平凡凡なこと 春こ@日本と中国 ( シナ ) と 「音訳天子こ 一日内瓦ネスイスの都会の名。ジ、ネープ . の〔日来ろづ日來。ふだん。平生。今まで。従【日進月歩】秀日に月に進歩する。休ま 烈ー、連ー、祭ー、斜ー、終ー、累ー 表 来。日頃 「文の官吏ずに、しかもはやく進歩する 「ごろ 【日日】 = チ毎日。その日その日 代 曩ー、曠ー、明後ー、誕生ー 一日不」暇」給】 2 れに事が多くて、日が足 8 【日官】Ⅱ日御暦をつかさどる役人。天日哺ッタ方。日ぐれ。哺は今の午後四時 現 りない。漢書、高帝紀「雖ニ・ー・ー「而規攀弘【日参】 1 日參 O 毎日神社に参拝する〇日茖ッ〇日のひかり。太陽のかげ。平面上 漢工 ( ヱ ) ッ 日ルとは別〇もと 毎日、目的をもって一定の場所へ出かける 5 【日外】篝 O いっぞや 0 このごろ L 遠矣」 に直立した棒 0 影。そ 0 動きによ 0 て時刻を O( 日一 呉オ 9 ) チ一日。〇日は正字の 【日者】〇日の吉凶を占う人。墨子、貴義計る〇光陰。時間 【日刊】 % 毎日刊行する「ーー新聞」 O イワ ( ハ ) く。ノタマワ ( ハ ) く。イう ( ふ ) ④言う ノ日出之鄕。わか国をさ 「子墨子北之」齊、遇ニーーこ〇さきに。かっ【日景】諺ひかげ。日光。日影。周礼、大司 @こういわれている 0 ココに。発語の辞「ー中 す。東にあって太陽がでるところにある国の意て。漢書、高帝紀「ーー荊王兼コ有其地こ徒「正 = ーー一以求ニ地中こ 若」 の 〔日昃 ) ニノ ひむⅡ日稷。日が西に傾く。十〔日就月将 ) 衂 1 日就月將。日に月に 〔日旦〕冖あさ。日のあした 〔語〕法〕↓囲み記事 ( ) の 進歩する。絶えまなく進歩する。日進月歩。 ノ 1 日邊 O 日のほとり。太陽のあ八史略、東漢「毎旦視」朝、ーー乃罷」 【日辺】 ジッペン 指事、ロを開いて、ものをいう 語 【日知録】チ書名、三一一巻。清初の学者 * 詩、敬之「ー・ー、學有 = 緝コ熙于光明こ たり 0 宮城の付近 さまを表わす

4. 明解日本語アクセント辞典 第2版

547 ニチロ ~ 日照→ 8 ニチロセンエキ日露戦役→ 15 ーッショー ニッショーキ日章旗→ 14a ニチロセンソー日露戦争→ 15 ニツンヨーケン日照権→ 14a ニッカ日課→ 7 ニッショク日食 ( ) → 8 ニッカー knickers<= ッカーポッカー ニジジンホ日進月歩→ 98 ニッカーポッカーズ knickerbockers ニジジゼンソー日清戦争→ 15 ニッカイ肉塊→ 8 L—>9, 16 ニッスー日数→ 8 ニッカヒョー日課表→ 14 ニッセキ日赤く日本赤十字社→ 10 ニッカワシイ似つかわしい→ 53 ニッセキ , ニッセキ日夕→ 18 ニッカン日刊 , 肉感→ 8 コッカン日韓く日本・韓国→ 29 ョッソ日ソく日本・ソ連→ 29 曰ッタ・ヨラ・チダ新田義貞→ 22 , 24C ニッカンシンプン日刊新聞→ 15 ニッカンテキ肉感的→ 95 ニッチモ・サッチモ二進も三進も→ 97 ニッチュー日中 ( = 昼間 ) → 8 ニッキ日記→ 7 ニッチュー日中く日本・中国→ 29 ニッキチョー日記帳→ 14 ニッキプ / ガク日記文学→ 15 ニッチョク日直→ 8 ニッティ日程→ 8 ニッキュー日給→ 8 ニッテン日展く日本芸術院展覧会→ 10 ニッキョー日響く日本交響楽団→ 10 ニギョーソ日教組く日本教職員組合 ーット knit → 9 ニッキン日勤→ 8 ー》 10 ニットー入唐 , 日当→ 8 ニックネーム nickname → 16 ニッポー日報→ 8 ニッケ煮付け→ 5 ニッホリ日暮里【地 ) → 21 ニッケイ日系 , 日計→ 8 日経く日本経 ニッホン , ニホン日本→ 21d 済新聞→ 10 ニッポンイチ , ニホンイチ日本一→ 39a ニ筋永ン ( ・ ) 工イタイグラ日本永代蔵 ニッケイ , ニッケ , ニッキ肉桂→ 8d 【書 ) → 97 , 98 ニッケイヒョー日計表→ 14 ニゲイ . レン日経連 < 日本経営者団体 ニッホンキンコー , ニホンキ / コー日 連盟→ 10 本銀行→ 15 ッケル , 、ヨッケル nickel → 9 ニッホンゴ , ニホンゴ日本語→ 14 ニッホ / コク , ニ永ンコク日本国→ 14a ッケル煮付ける→ 45 ッコー日航く日本航空株式会社→ 10 ニッホンジン , ニホンジン日本人→ 14 ニ汀ンシ , ニ冖ンシ日本男 ッコー日光 ( 地も ) → 8 , 21 ッコーカイドー日光街道→ 15 子→ 15 ニッホンバレ , ニホンバレ日本晴れ→ 13 ニッコーヨク日光浴→ 14a ニッホンホーソー ニッポン放送→ 15 ニッコリ ( する ~ ~ と ) → 55 ニ・ヲル煮詰まる→ 45 ニッサン日産→ 8 ニツメル煮詰める→ 45 ニッサン日参→ 8 ニディーケー 2DK く 2 十 dining kitch- ニッシ日誌→ 7 en 〔和〕→ 16 ニッシ日子→ 7 ニッシャビョー日射病→ 14 ニテヒ似而非 ( ~ なるもの ) → 19 ニッシュー日収→ 8 ニト二兎 ( ~ を追う ) → 34 ガギグケゴは鼻濁音カタカナ細字は母音の無声化☆は長音にもなる符号 ニニニョニ

5. 漢語林 改定版

【帷△裳】ウ①縫い目のない裳も。裳は、腰から下につける北西の山 ) に両頭の蛇がいて、その体のどこを打っても反した。漢の宣帝の時に置かれ、以後歴代これを設けた。 訂衣。一はばを、帷 ( しのよっに作るからいい、出仕・祭典撃して、すきがなかった故事による。〔孫子、九地〕 【常法】ウ①つねに守るべきおきて。②一定の規則。③ のとき着用する。②婦人の車の 0 「まく。車帷。 普通のやりかた。 【常師】ウ * まった師匠。一定の先生。 ジーウョウ 国日常、漢字を使用する目安 A る 幄【帷帳】第ウ①とばり。②作戦計画をする所。 カンジ 【常識プ % 普通の人が持っており、また、持っているべき、【常用漢字】 あたりまえの知識や見識。 もので、昭和五十六年三月国語審議会から答申された。 帳【帷幕】・′①Ⅱ帷帳。②婦人の居室。 【帷房】第①とばりを垂れた部室。②ねゃ。寝室。 【常赦】ウ特別の恩典によって、一定の範囲内で刑罰を従来の当用漢字一八五〇字に、新たに九五字を加えて、 帶 減すること。恩赦の一つ。 一九四五字となった。 【帷△幔】第まく。とばり。幔は、ひき幕。 常【下」帷】災すとばりを垂れ。①家にこもって読書す【常住】を①いつも一つの場所に A アまり住むこと。②い【常緑】ル草木が秋冬にな「ても落棄せず、一年中、緑 つも。ふだん。「常住不断」③囮生滅も変化もすることな色をしていること。常磐 % 。「常樹」 のること。②塾を開いて弟子たちに教えること。 ジ第ウリン ジョウ く、つねに生存すること。 【常△鱗凡介】 ポンカイ 普通の魚やありふれた貝類。平凡な ①ショウ ( シャウ ) ジ ' ウジ、ウふだんの行動において ) の意。転人のたとえ。 chäng 【常住△坐△臥】ザガ ジョウ ( ジャウ ) 【常。ね とこ じて、いつも。つねに。ふだん。 、つものしきたり。恒例。慣例。 【常例】ウし 【常勝】乃戦うことにきまって勝つ。「常勝軍」 【不二常有一】はいつもあるとはかきらない。ないときもあ 筆順 宀常 【常情】人として普通にもっ気持ち ( 考え ) 。 る。一部否定。 画①つね。〇いつまでも変わらないこと。「恒常」④ふだん。ひ【常職プ一定の職務、また、職業。定職。 材タイ帯 ( 1845 ) の旧字体。↓三一七ページ。 9 ころ。平生。「日常」⑦なみ。普通。「常人」〇いつまでも変【常心】餮ウ①一定不変の心。②ふだんの心。 一わらない道。のり。おきて。また、ならわし。「五常」 2 つねに。【常数 ( 數 ) 】ウ①一定の数。②自然の定め。一定の運 9 3 チョウ チョウ ( チャウ ) zh ng 教蚊帳 8 いつも。いつまでも。とこしえに。 3 かって。昔。以前。旗【常世】ウ①一般の世間。②国鬟⑦つねに変わらぬこ巾 4 帳】 の一種。日月・黄竜を描いた旗。天子が用いる。 6 長さのと。永久不変。④常世の国の略。⑩遠く離れたところに 中中怦悵帳 部単位。尋 ( 八尺 ) の一一倍。周代の尺度で三・六メートル。「尋あるという想像上の国。②不老不死の仙境。の人が死 巾常」国とこ。接頭語。永久不変の意。「常夏」 後に行く国。よみじ。黄泉。 ①とばり。室内に使うたれぬの。たれぬ。カーテン。「玉帳」 客乗一つね・つら・とき・ときわ・のぶ・ひさ・ひさし第常山【常体 ( 體 ) 】ウふつうのありさま・状態。 2 ひきまく。まんまく。陣営の幕。 3 はり。とばり・まくな菶 とこ ま・常田・常陸・常葉 % ・常滑・・常盤 【常態】ウまった状態。ふだんのようす。 数える語。帳面。帳簿。計算簿。 文」形声。巾 + 尚。音符の尚は、長【常談】究ウ①普通の話。平凡な話。②日常の談話。 形声。巾 + 長@。音符の長は、ながく張るの 文 習 ( 向篆肉 に通じ、ながいの意味。長い布の意【常駐】諤久しく ( また、いつも ) そこにとどまっていること。 意味。巾をはり . 、らした、とばりの意味を表 味から、転じて、長く変わらない、つねの意味を表す。 す。 【常度】をウ①いつも変わらない法則。②ふだんの態度。ま マ異常・居常・経常・恒常・綱常・三綱五常・諸行無常・ た、いつも変わらない態度。 「段」マ帷帳第ウ・過去帳・画帳・開帳・記帳・玉帳・錦帳ウ 尋常・正常・大常・通常・典常・日常・非常・不常・平【常《套】ウありふれた ( また、きまった ) やりかた。「常套手計帳・手帳癶 , ウ・黼帳を叩翠帳蓍ウ・台帳・緞帳ウ・通 常・倫常 【常道】甓ウ①いつもきまって変わることのない道。不変不帳・人別帳・符帳・蚊帳膨ウ・蠅帳ウ・ウ・羅帳クウ ⅱ嫦娥をウ・嫗娥 ( 一一六一一・一一五七ページ ) 。 【常△娥】をウ 易の道。人間のつねに守るべき正しい道。②普通のやり【帳△帷】賃ウとばり。たれ去め。 【常軌】ウつねにふみ行うべき道。常道。「常軌を逸する」方。ありふれた方法。 【帳飲】賃ウ野外に幕を張って送別の酒盛りをすること、 【常規】ウつねに変わらない法則。普通の * まり。 帳餞チハウ。 【常任】第ウつねにその任務にあたること。 ンユン 0 【常経 ( 經 ) 】ウつねに守るべき、永久不変の道。 【常馬】ウなみの馬。普通の馬。凡馬。。駿馬メ 【帳下】ウ①とばりの下。②戦場で大将のいる陣屋。ま 【常山舌】の ジ劈節を守って、死ぬまで敵をののしること。【常△磐国①とこ岩の意。いつも変わらないこと。永久た、その大将の支配下。幕下。旗下。麾下 唐の安禄山ザンの乱に、常山郡 ( 今の河北省 ) の太守、不変。②とこ葉の意。松・杉など、草木の葉が、一年中【帳中とばりの中。幕の内。帳裏。 顔杲卿諺ケイは、賊と戦って捕らえられたが、あくまでも安緑色で変わらないこと。常緑。 【帳殿】ウとばりで作った仮の宮殿。 禄山の罪をののしり、ついに舌をたち切られた故事。〔宋、【常備】ビ いつも備えておく。「常備軍」「常備薬」 【帳裏】ウとばりのうち。たれぬの内。帳中。 文天祥、正気歌〕為二顔常山舌一ンの。 ジハウ〈イ米の値段を平均に維持するため政府が 9 【常平倉】ノ てんまく。テント。上 8 △アク図 wö 【常山蛇勢】ルおザンの前後左右どこにもすきのないこと。ま設けた倉庫。米価の安いときは政府が高く買い入れて農巾 方・四方をおおい囲む、 【幄】冖 た、そのつな陣形、または文章。常山 ( 河北省曲陽県の民を利し、高いときはその貯蔵米を安く売り、消費者を利大きな幕。「帷幄第」 2 ひきまく。まんまく。四方を囲む幕。 ①

6. るるぶ沖縄 '13

shop information nrand BIue / 恩納村・那覇市 everyday ⅵ物 それぞれのライフスタイルに小さな幸せを運んでくれる。 「 Grand BIue 」が描くのは そんな優しい気持ちを持ったアクセサリー classic \ 8 , 200 ( ¥ 8 , 610 tax in) 〇」 豊富なラインナップと、親し みやすいデザイン性で、県内外 問わず注目を集める「 Grand 末 Blue 」。独創的な視点で眺めた 「沖縄」の姿をアクセサリーに 表現している。星の砂、心地よ い響きを奏でる穏やかな波、そ っして自然の数々。特別な物のよ うだけれど、それは日常のすぐ 隣にあるもの。 Grand Blue の アクセサリーには、そんな日常 ら的な親しみやすさがある。 沖縄と言えば、数々の伝統工 芸も有名。その中のひとつ「ミ ンサー織り」には「いつの世ま でも末永く : ・」という意味が込 、、 / 織められており、今も大切にされ ている。 Grand BIue が新たに リリースした classic は、この 織り柄がモチーフにされたリン グ。着けてみるとリング全体の バランスがとてもよく取れてい て、プランドコンセプトでもあ る「日常」というシーンが目に 浮かんできそう。 また、リングの内側には名前 や日付などの刻印も出来るので、 沖縄での想い出や記念を、いっ までも大切に刻んでおきたい。 たくさんの自然や、人々の温 かい気持ちに溢れた「沖縄」。 そのふんわりとした空気感は私 たちの日常の隣にずっとあり続 ける。

7. 枢密院議長の日記

関する記述が出てくる。 〈臨時法制審議会より手当金千五百円を致さしむ。午後、内子は第一銀行に行き、金 を預けたり。 内子は審議会より手当金を致す前に家を出てたる故、之を預くることを 得ざりしなり〉 内子夫人が銀行に行く前に、手当金を預けられなかったことが、いかにも残念そうてあ る。国家の存亡に関わる重大事件が、日常生活の細々した出来事と何の優先順位もつけず に併記してある。このあたりの間のとり方が、倉富日記の何ともいえない味わいてある。 不敬の噂 永井荷風の『断腸亭日乗』に、虎ノ門事件に関する信じがたい噂が書きとめられてい る。日付は、狙撃犯の難波大助が昨日処刑されたとの記事が新聞各紙に一斉に報じられた 大正十三年十一月十六日てある。 〈 ( 大正十三年 ) 十一月十六日。日曜日。决晴。都下の新聞紙一斉に大書して難波大助死刑 かくさい のことを報ず。大助は客歳虎之門にて摂政の宮を狙撃せんとして捕へられたる書生なり。 にく 大逆極悪の罪人なりと悪むものもあれど、さして悪むものにも及ばず、又驚くにも当らざ るべし。皇帝を弑するもの欧洲にてはめづらしからず。現代日本人の生活は大小となく欧 340

8. 事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リスクマネジメントのすすめ

合路線での対抗策と同様に , 「秒単位での列車の定時運行」 を経営目標に掲げていた . このため , 列車の高速化や高密度 化を図りながらも , 一方では運転員に対して過大な能力 , ほ ◆ 3 日動教育 とんど超人的ともいえる能力が求められるようになってい 日勤教育とは , 運 た . 非現実的ともいえる運行目標を達成できなかったとき , 転ミスを犯した運転 士を乗務から外し , 乗務員に対する処分として日勤教育◆ 3 が日常的に行われるよ 再度同じミスを起こ さないように行う教 うになっていった . 日勤教育により自殺に追い込まれた元 育的指導をいう . 反 省文や基本動作に関 JR 西日本の運転手までいた . その遺族から起こされた訴訟 するレポートや始末 書を書くが , そのほ により , 日勤教育の具体的な内容が明らかになっている . か掃除や草むしりな ど乗務と関係のない 訴状によると , 2001 年 8 月 30 日の乗務中に車掌から「車掌 仕事につくなどの懲 罰を受けることもあ 側の運転台の表示灯が点灯している」という車内連絡用電話 る . なお , 日勤教育 は J R 東日本では実 による連絡を受け , その対応に手間取った結果 , 電車の発車 施されていない . 予定時刻に対して 50 秒の遅延が発生した . その結果 , 日勤教 現在では日勤教育 育を受けることになり , 周囲から厳重に監視される状況下で はやや改善され , 2 0 0 5 年 7 月からは レポート作成を強制された . さらに同僚と話をすることもお CG を使った過去の 大事故の仮想体験 , 茶を飲むことも禁止され , トイレに行くのもその都度管理者 慣れと先入観を排除 する教育を中心に行 の許可を得るような状況に追い込まれた . 合わせて日勤勤務 われている . ミスに の期間中は , 乗務手当等 ( 平均 10 万円前後 ) の支給もなくな 応じて教育期間や内 容を明確化した , 新 るなど , 経済的な制裁も受ける . しかも , 管理者から様々な たな再教育制度とな っている . 罵詈雑言を浴び続けるといった精神的な苦痛も受け , 自殺す るまでに至ったものである 日本では , 絶対安 全 ( ゼロリスク ) の考 え方があるので , 確 率的思考をベースに するリスクアセスメ ヒューマンエラーとリスクマネジメント ントの考え方は定着 しにくい傾向がある . ヒューマンエラーの ヒューマンエラーの撲滅は必要なことではあるが , このよ 解析には , べテラン に起こりやすいエラ うな精神論と脅迫だけで問題が解決するわけではない◆ . 特 ーや , 初心者に起こ りやすいエラーなど , に経営管理に関する問題を , 現場の「やる気」 ( モチベーシ タイプ別にきめ細か い対策が必要である . ョン ) だけで解決しようとするのは無理がある . ヒューマン 5 1 90

9. 三省堂国語辞典 第3版

う生活・ー卑近 ( ヒキン ) C= ふだんどこにでも見られるこニッカー ( ズ ) ( 名 ) 〔 knicker(s) 〕 O ↑ニッカーボツにづくり一荷造りズ名・自サ ) 〔小包み・鉄道便など よと〕」阜ーさはん一日常茶飯ズ名 ) C= ふだんの カー ( ズ ) 。〇毛糸であんだ、ひざ下までのくっ下。女として送るために〕包んだり、ひもをかけたりして、荷 性用。▽ニッカ。 物を造ること。 食事〕〔文〕ありふれたこと。「ー事 ( ジご 難 っ にちにち一日日ズ名 ) 〔文〕毎日。日ごと。ひび。「ー ニッカ ( ー ) ズボン ( 名 ) 〔俗〕ニッカーボッカーふうのにつけ一煮付け〕 ( 名 ) 煮つけたもの。「さかなのー」 字 ズボン。ニッカ。「はんてん姿にーの男」 夜夜 ( ャヤ ) C= 毎日毎夜〕」 につけい一日系ズ名 ) 〔文〕日本人の血筋を引くこ て と。「ー ( 米 ) 人・ー社会」 にちぶ一日舞ズ名 ) 日本舞踊 (t フョウ ) 。邦舞 ( ホウ一一ッカーポッカー ( ズ ) ( 名 ) 〔 knickerbockers 〕 あ ち プ ) 。 ( ◆洋舞《ョウブ ) ) につけい一肉 ( 桂ズ名 ) 香辛料 ( コウシンリョウ ) の一は ( ひざの下でく ズ つ。ニッケイ C= あたたかな地方にはえる常緑樹 ( ジョ【 引にちぶん〔日文ズ名 ) O ↑日本文学 ( 科 ) 。〇↑くる ) だぶだぶ ウリョクジュ ) 〕の皮から採り、独特のかおりと舌をさー 日本文。「ー中訳 ( チュウヤク ) C= 日本文を中国文の半ズボン。 ゴルフズボン。 カッすような味が特色。につき。シナモン。 に訳すこと〕」 ニッカー ( ズ ) 。 にちぼっ〔日没〕 ( 名 ) 太陽が・地平線 ( 水平線 ) に ッポにつけいれん一日経連ズ名 ) ↑日本経営者団の 体連盟。 そ しずむこと。日の入 ( イ ) り。 につかい一肉塊〕 ( 名 ) 〔文〕 O 肉のかたまり。〇からだ。 ニッケル ( 名 ) 〔オ nikkel) 〔理〕灰白 ( カイハク ) 色と にちゃ〔日夜ズ名・副 ) 〔文〕 O よるひる。〇いつも。 つねに。「ー思いなやむ」 につかぬ一似つかぬズ連語 ) 【似つく。 の金属元素〔記号 Ni 〕。見かけは銀に似て、磁性字 ( ジセイ ) がある。用途 ( ョウト ) が広い。白銅。 ニちょう一ニ調ズ名 ) 〔音〕「ニ」の音 ( オン ) を第一音につかわし・い一似つかわしい〒ッカハシイ ( 形 ) ちょ うどよくあっているようすだ。にあわしい。〕 とする音階を持っ調子。 につ・ける〔煮付けるズ他下一 ) よく味がつくまで煮常 げ ( 形動ダ ) ーー・さ ( 名 ) 。 「聞」る。 にちょう一日用ズ名 ) 毎日の使用。「ー雑貨」 につかん一日刊ズ名 ) 毎日刊行すること。「ー新一につこう〔日光〕 ( 名 ) 日の光。太陽の光線。「ー消印 四ひん一日用ロ巴 ( 名 ) ふだん使う品物。 にちょう一日曜ズ名 ) 一週の最後の日。六日間はにつかん一肉感ズ名 ) 0 肉体の感覚。〇〔肉体か毒」ーよく一日光浴〕 ( 名・自サ ) 〔医〕保健のた無 「ようす。 たらいたあとの、休息の日。土曜の次。日曜日。〔カら受ける〕性欲を起こさせるような感じ。「ー的な女めに日光をからだにあびること。 外 がっこ一つ性」 「「ー帳」につこり ( 副・自サ ) 声を出さずにうれしそうに笑う一 レンダーは、ふつう日曜から始まる〕 一日曜学校 ]( 名 ) 〔宗〕主として子どもの宗教教育につき〔日記ズ名 ) 毎日のできごとを書いた記録。一につさん一日参ズ名・自サ ) O 毎日の参拝。〇毎音 につき ( 名 ) 〔俗〕につけい ( 肉桂 ) 。 だいく 日、目的をもって、ある決まった場所へ出かけて行くの のため、日曜ごとにひらかれる学校。 一日曜大工〕 ( 名 ) 日曜などの休みの日に自分の家につきに付き・に就きズ連語 ) 〔文〕について。「そこと。「補償 ( ホショウ ) 金をもらうため、役所へーした」字 の大工仕事をする・こと ( 人 ) 。〔「日曜画家」など、同の件ー説明いたします」〇なので。「祭日ー休業」につさん一日産ズ名 ) 〔経〕毎日の・産出 ( 生産 ) 」漢 につきゅう一日給ズ名 ) 一日を単位として決めたにつし一日子〕 ( 名 ) 〔文〕ひかず。日数。 類の語が多い〕 〔高。常 にちよく一ニ直ズ名 ) O 作業などを二交代でおこ給料。ーげつきゅう一日給月給一 ( 名 ) じっさにつし一日誌ズ名 ) 日記。「学級ー・作業ー」は なうこと。「ー制」〇ふたりひと組でする宿直。「ー いに仕事をした日数分の給料を、月給の形でまとめにつしゃ一日射ズ名 ) 〔文〕地上に届く、太陽光《 てしはらうやり方。 線。日ざし。「ーが少ない」ーーびよう一日射病 一休制 C= 二直で、交代に休む制度〕」▽置ニ。 @〔野球〕一一塁 ( ルイ ) へのライナー。 につきよう一日〈僑ズ名 ) 〔文〕外国に住む日本 ( 名 ) 〔医〕夏、直射日光に長い時間あた「たため、め外 「合。 にちりよう〔日量〕 ( 名 ) 一日に・生産すゑ取り扱人。 まい、けいれん、精神錯乱 ( サクラン ) などを起こしてた漢 う ) 分量。 につきようそ一日教組〕 ( 名 ) ↑日本教職員組 1 おれる病気。かくらん ( 霍乱 ) 。 にちりん一日輪ズ名 ) 〔文〕太陽。 につきん一日勤ズ名 ) O 毎日の出勤。〇昼間のにつしゆっ一日出ズ名 ) 〔天〕ひので。「ー入 ( ニュウ ) 常 につか一日貨〕 ( 名 ) 〔経〕日本からの輸出品。「ー 勤務。「ー者 ( シャ ) 」 ( ◆夜勤 ) 「句。〔Ⅱ日の出と日の入り〕」 排斥 ( ハイセキ ) 」 につ・く似つくズ自五 ) よく似る。◆】「似る」の一につしよう【日照ズ名 ) 〔農〕日の当たっているこ ( につか一日課一 ( 名 ) 毎日決めてする仕事。 ニックネーム ( 名 ) Cnickname 〕あだな。愛称。 と。「ー時間」 けん〔日照権ズ名 ) 〔法〕住

10. クラウン仏和辞典 第3版

quolque 1 168 quotité *quoique [kwak(a)] (il(s), elle(s), on, en, un(e) の前では常に , 母音で始まる語の前でも 時として quoiqu' となる』 ①〔十続滝 ] 〕 ... とはいえ , ... ではあるけれども . ー 日 n ・ a pas réussi l'examen quoiqu'il ait beaucoup travaillé. 彼はよく勉強したのだけれど も試験に落らた ( → bien que). Q— jeune,il a d 可 trois enfants. 若いけれども彼はすでに 3 人の 子持ちだ . 〔 ~ + 現在〔過去〕分詞〕 Q ~ n'ayant pas de travail, ⅱ vivait sans souci. 仕事はなかったが彼はのんきに暮していた . Q— fati- gué, ⅱ sortit. 疲れていたが彼は外出した . ②〔 ~ + 値説法 ] [ 医件法〕 ] 〕とはいえ , けれども (=mais). —Je descendrai cet hötel, ~ ce sera trop loin de 信 gare. 私はあのホテルに泊ま ろう , 駅から遠すぎるけれど . quoique 前 ~ qa 〔俗』それでも , それはそうだ が ( = malgré cela, pourtant). —Q-•• qa, tu es bien gentil. それでもお前はなかなか親切だ . quoli bet [koli be] 男ひやかし . —essuyer des ~ 5 de ses camarades 仲間にひやかされる . quorum [k(w)orom] 《ラテン語》團 ( 会議の淀 足数 . ー Le ~ est atteint. 定足数に達している . quota [k(w)ota] 第分担額 , 割当て . ー fixe 「 des づ d'importation pour les produits textiles 繊維製品の輸入割当額を定める . d'immigration ( 米国の ) 年間移民割当て数 . quote-part( 複—(s)-—s) [kotpa:r] 図〔多 くは単数』①割当て分 , 分け前 ; 会費 . —payer sa ~ 自分の割前〔会費〕を支払う . ②〔比喩的 に』分担 , 寄与 . → part. *quotidien(ne) [kotidjé, -en] 厖①日々の , 毎日の , 日常の . —pain ~ 日々の糧 ( の . vie quotidienne 日常生活 . ②〔文〕平凡な , 単 調な . 3 〔古』日刊の . ー j 。 urn ~ 日刊紙 . ー quotidien 男①日刊新聞 . 夕刊新聞 . → j 側 rn ②日常生活 . quotidiennement [kotidjenmd] 副毎日 . quotient [kosjd] 男①《数学》 ( 割算の ) 商 . ② ~ intellectuel Cmental] 知能指数 , I.Q. 〔フランス語では Q 」 . と略す 1 quotité [kotite] 図割前 , 分担額 .