検索 - みる会図書館

検索対象: 日本の街道 2 江戸への道

日本の街道 2 江戸への道から 165件ヒットしました。

日本の街道 2 江戸への道


日 本 の 街 道 ー ー ー 全 8 巻 ( 書 名 と 責 任 編 集 者 ) 第 1 巻 風 か け る み ち の く 仲 野 東 北 大 、 / ロ 学 教 授 渡 辺 信 夫 奥 州 街 道 羽 州 街 道 会 津 街 道 浜 街 道 学 習 院 大 学 児 玉 幸 多 ・ 第 2 巻 江 戸 へ の 道 東 海 道 日 光 道 甲 州 路 水 戸 ・ 佐 倉 道 大 山 道 第 3 巻 雪 の 国 北 陸 学 木 下 良 北 国 路 越 後 路 能 登 路 三 国 街 道 千 国 街 道 ・ 第 4 巻 山 な み 遙 か 歴 史 の 道 林 英 夫 信 濃 路 木 曾 路 伊 那 路 美 濃 路 飛 騨 路 ・ 第 5 巻 京 へ の 道 大 阪 市 立 大 原 田 伴 彦 学 名 誉 教 授 ′ 、 若 狭 路 近 江 路 丹 波 路 大 和 路 伊 勢 路 紀 州 路 第 6 巻 夢 誘 う 山 陽 山 陰 大 谷 口 澄 夫 山 陽 路 吉 備 路 安 芸 路 出 雲 路 長 門 路 第 7 巻 海 光 る 瀬 戸 内 ・ 四 国 山 本 大 遍 路 道 金 毘 羅 参 詣 道 土 佐 路 瀬 戸 内 の 海 路 〇 第 8 巻 日 燃 ゆ る 九 り 料 九 州 大 学 助 教 授 丸 山 雍 成 筑 紫 路 日 向 路 薩 摩 路 長 崎 路 唐 津 街 道 ・ 印 は 既 刊 / 〇 印 は 次 回 配 本 ( 6 月 刊 行 ) 日 本 の 街 道 2 江 戸 へ の 道 昭 和 五 わ 六 年 五 月 二 十 一 日 第 一 刷 発 行 著 者 代 表 , ー ・ 児 玉 幸 多 編 集 者 株 式 会 社 日 本 ア ー ト ・ セ ン タ ー 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 一 ー 二 五 電 話 ー 東 ~ ・ 2 9 4 ・ 3 8 91 郵 便 番 号 101 発 行 者 丨 丨 ・ ・ ・ 」 堀 内 末 男 発 行 所 株 式 会 社 隹 奔 央 社 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 五 ー 一 〇 電 話 ー 販 売 部 東 京 ・ 2 3 8 ・ 2 7 81 出 版 部 東 京 ・ 2 3 8 ・ 2 8 31 郵 便 番 号 101 に い 口 二 卩 . 共 同 印 刷 株 式 会 社 製 本 所 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 に は 十 分 注 意 し て い ま す が 、 落 丁 ・ 乱 丁 の 際 は お と り か え い た し ま す ◎ 集 英 社 Printed in Japan 032 に ロ 6002 ー 30

日本の街道 2 江戸への道


畠 士 川 の 水 運 若 林 淳 之 塩 の ば り 米 く だ る 急 流 「 江 一 尸 っ 子 」 の 意 気 と 富 士 講 若 林 淳 之 成 人 へ の み ち ・ 大 山 道 大 護 八 郎 湯 の 国 の 山 な み を 越 え て ー ー 伊 豆 路 林 英 夫 茶 壺 が 通 る 山 あ い の 道 ー ー ・ 甲 州 道 中 飯 田 文 弥 盆 地 と 海 を 結 ぶ 参 詣 み ち ー ー ー 身 延 道 飯 田 文 弥 0 カ ラ ー ・ 日 光 将 軍 の 往 く 道 ー ー ー 日 光 道 中 と 御 成 道 本 間 清 利 東 照 宮 と 朝 廷 を つ な ぐ 道 ー ー 日 光 例 幣 使 街 道 河 内 八 郎 カ ラ ー ・ 江 一 尸 へ / 秩 父 路 町 人 と 気 質 吉 原 健 一 郎 街 道 の 起 点 ・ 大 江 一 尸 , ー ー 児 玉 幸 多 平 野 を 走 る 信 濃 路 へ の 幹 道 ー ー 中 山 道 武 州 ・ 上 州 路 川 越 街 道 と 秩 父 往 還 大 舘 右 喜 江 戸 か ら 小 江 戸 へ 観 音 霊 場 へ 幕 末 に 燃 え る 葵 御 紋 の 道 ー ー 永 一 尸 街 道 秋 山 高 志 江 一 尸 の 台 所 み ち ・ 鮮 魚 の み ち ー ー ・ 房 総 ・ 佐 倉 道 川 村 優 川 名 登 江 戸 の 命 綱 ・ 大 利 根 の 賑 わ い 武 蔵 野 の 江 一 尸 道 ・ 青 物 の み ち ー ー 、 青 梅 街 道 と 五 日 市 街 道 伊 藤 好 一 文 明 の 開 化 に 導 く 「 絹 の 道 」 ー ー 、 横 浜 か ら 武 州 ・ 上 州 へ 辺 見 じ ゅ ん 124 6 1 5 3 9 1 10 9 5 8 8 12 8 101 6 143 14 7 1 1 8 13 6 140 1 5 8

日本の街道 2 江戸への道


畠 士 川 の 水 運 若 林 淳 之 塩 の ば り 米 く だ る 急 流 「 江 一 尸 っ 子 」 の 意 気 と 富 士 講 若 林 淳 之 成 人 へ の み ち ・ 大 山 道 大 護 八 郎 湯 の 国 の 山 な み を 越 え て ー ー 伊 豆 路 林 英 夫 茶 壺 が 通 る 山 あ い の 道 ー ー ・ 甲 州 道 中 飯 田 文 弥 盆 地 と 海 を 結 ぶ 参 詣 み ち ー ー ー 身 延 道 飯 田 文 弥 0 カ ラ ー ・ 日 光 将 軍 の 往 く 道 ー ー ー 日 光 道 中 と 御 成 道 本 間 清 利 東 照 宮 と 朝 廷 を つ な ぐ 道 ー ー 日 光 例 幣 使 街 道 河 内 八 郎 カ ラ ー ・ 江 一 尸 へ / 秩 父 路 町 人 と 気 質 吉 原 健 一 郎 街 道 の 起 点 ・ 大 江 一 尸 , ー ー 児 玉 幸 多 平 野 を 走 る 信 濃 路 へ の 幹 道 ー ー 中 山 道 武 州 ・ 上 州 路 川 越 街 道 と 秩 父 往 還 大 舘 右 喜 江 戸 か ら 小 江 戸 へ 観 音 霊 場 へ 幕 末 に 燃 え る 葵 御 紋 の 道 ー ー 永 一 尸 街 道 秋 山 高 志 江 一 尸 の 台 所 み ち ・ 鮮 魚 の み ち ー ー ・ 房 総 ・ 佐 倉 道 川 村 優 川 名 登 江 戸 の 命 綱 ・ 大 利 根 の 賑 わ い 武 蔵 野 の 江 一 尸 道 ・ 青 物 の み ち ー ー 、 青 梅 街 道 と 五 日 市 街 道 伊 藤 好 一 文 明 の 開 化 に 導 く 「 絹 の 道 」 ー ー 、 横 浜 か ら 武 州 ・ 上 州 へ 辺 見 じ ゅ ん 124 6 1 5 3 9 1 10 9 5 8 8 12 8 101 6 143 14 7 1 1 8 13 6 140 1 5 8

日本の街道 2 江戸への道


日 本 の 街 道 2 集 英 社 江 の 道 東 海 道 日 光 道 甲 州 路 水 戸 ・ 佐 倉 道 大 山 道

日本の街道 2 江戸への道


富 士 川 一 一 角 倉 了 以 に よ 。 て 、 甲 州 の 物 産 を 、 = 第 、 0 ゞ こ の 川 を 下 っ て 、 江 戸 に 運 ぶ 航 路 と な っ た 。 鉄 道 の 開 通 は 水 運 に 終 わ り を 告 げ た 。 大 幹 道 の 近 世 へ の 生 い 立 ち 古 代 ・ 中 世 の 東 海 道 て 、 東 海 道 は 東 京 湾 北 岸 ル ー ト に 変 え ら れ る よ う に 格 が 下 だ っ た 古 代 の 東 海 道 よ っ こ 。 古 代 の 律 令 は 、 全 国 の 行 政 域 を 畿 内 と 七 道 に 分 け こ れ に 対 し 、 同 じ く 東 国 の 内 陸 部 を 通 る 東 山 道 て い る 。 畿 内 と は 山 城 ( 京 都 府 ) 、 大 和 ( 奈 良 県 ) 、 摂 は 、 近 江 ( 滋 賀 県 ) 、 美 濃 ・ 飛 騨 ( 岐 阜 県 ) 、 信 濃 ( 長 津 ・ 河 内 ・ 和 泉 ( 大 阪 府 ) の 近 畿 地 方 五 カ 国 を さ 野 県 ) 、 上 野 ( 群 馬 県 ) 、 下 野 ( 栃 木 県 ) か ら 、 さ ら に 陸 し 、 七 道 と は 西 は 山 陽 道 、 山 陰 道 、 南 海 道 、 西 海 奥 ( 福 島 ・ 宮 城 ・ 岩 手 ・ 青 森 県 ) 、 出 羽 ( 山 形 ・ 秋 田 県 ) 道 、 東 は 東 海 道 、 東 山 道 、 北 陸 道 の 七 つ で あ る 。 と つ づ き 、 東 海 道 に 比 較 す れ ば 、 行 政 圏 と し て 、 よ こ の う ち 東 海 道 は 、 伊 賀 ・ 伊 勢 ・ 志 摩 ( 三 重 県 ) 、 り 広 く 、 通 路 も ま た 長 大 で 、 よ り 遠 距 離 に 及 ん で い 尾 張 ・ 三 河 ( 愛 知 県 ) 、 遠 江 ・ 駿 河 ・ 伊 豆 ( 静 岡 県 ) 、 る 。 東 海 道 諸 国 、 ま た は 東 山 道 諸 国 の 国 司 ら は 、 中 甲 斐 ( 山 梨 県 ) 、 相 摸 ( 神 奈 川 県 ) 、 武 蔵 ( 東 京 都 ) 、 安 央 と の 間 を 往 還 す る に は 、 公 式 上 、 そ れ ぞ れ 自 分 の 房 ・ 下 総 ・ 上 総 ( 千 葉 県 ) 、 常 陸 ( 茨 城 県 ) の 一 五 カ 国 属 す る 東 海 道 、 東 山 道 を 通 行 せ ね ば な ら な い 。 す な で あ る 。 ま た こ の 七 道 と い う の は 行 政 圏 で あ る と と わ ち 、 今 の 東 北 地 方 の 国 司 な ど は 全 て 東 山 道 を 通 ら も に 、 同 時 に 交 通 路 を も 意 味 し て い る 。 ね ば な ら ぬ の で あ る か ら 、 古 代 に お い て 、 東 海 道 の 交 通 路 と し て の 東 海 道 は 、 志 摩 、 甲 斐 な ど 数 カ 国 交 通 路 と し て の 重 要 度 は 、 東 山 道 よ り 遙 か に 低 か っ を 除 く 、 以 上 の 東 国 諸 国 を 貫 き 太 平 洋 岸 ぞ い に 常 陸 た も の と い え よ う 。 国 府 ま で の 通 路 で あ る が 、 さ ら に そ れ よ り さ き 勿 来 東 海 道 を 発 展 さ せ た 渡 河 技 術 関 を へ て 陸 奥 国 府 多 賀 城 ま で の 道 も 東 海 道 と 呼 ば れ た 時 代 が あ っ た 。 も っ と も 、 古 く 、 武 蔵 は 、 東 山 道 こ の 東 海 道 に は 、 他 の 主 要 街 道 と 同 様 に 駅 制 が 設 う ま や に 属 し て い た た め 、 相 摸 か ら 東 京 湾 を 船 で 房 総 半 島 け ら れ た 。 一 定 区 間 に 駅 家 を 作 り 、 そ こ に 一 定 の 人 に 渡 っ た が 、 八 世 紀 後 半 、 武 蔵 が 東 海 道 に 編 入 さ れ 馬 を 常 備 し て 、 官 吏 や 通 信 使 の 宿 泊 と 逓 送 と に 役 立 な こ そ 新 城 常 三 成 城 大 学 教 授 6 イ

日本の街道 2 江戸への道


鳩 の 巣 渓 谷 ー ー ー 奥 多 摩 町 を 流 れ る 多 摩 川 が 所 所 て 深 い 淵 を 作 り 、 魚 影 が 山 の 神 秘 を さ ら に 深 く し て い る 。 甲 少 月 に 向 か う 青 梅 街 道 の 道 に 冫 ロ っ て 流 れ る 。 1 地 上 に 網 の 目 の よ う に 用 水 が 掘 ら れ た 。 い ま 街 道 沿 さ 七 間 、 但 し 橋 落 ち 通 路 な し 、 み ち の り い に あ る 汚 い 溝 の 中 に は 、 か っ て は 多 摩 川 の 美 し い ) こ れ に よ 道 法 合 わ せ て 二 十 三 里 十 八 町 」 。 水 を 流 し て い た 用 水 だ っ た も の が 多 い 。 る と 青 梅 街 道 は 江 戸 の 西 、 奥 多 摩 の 渓 谷 を 抜 け て 甲 州 に 続 く こ と に な っ て い る 。 し か し 最 初 の 街 道 は 少 石 灰 が 運 ば れ た 青 梅 街 道 し 違 っ て い た 。 田 無 町 と 青 梅 町 の 間 で 、 箱 根 ヶ 崎 村 御 白 土 街 道 か ら い ま の 青 梅 街 道 に 西 北 に 分 か れ て 、 青 梅 町 の な り き お そ ぎ 青 梅 街 道 は 、 い ま は 新 宿 か ら 青 梅 ま で を さ し て い 北 の 、 小 曾 木 村 ・ 成 木 村 ( 青 梅 市 ) に 至 る も の で あ っ た 。 る 。 一 七 世 紀 の 半 ば こ ろ の 武 蔵 国 村 々 の 様 子 を 書 い た 『 武 蔵 田 園 簿 』 の 末 尾 に 「 武 蔵 国 道 法 」 と し て 、 青 梅 町 の 北 部 一 帯 は 当 時 、 青 梅 郷 山 根 と 呼 ば れ 、 徳 日 氏 は 関 東 に 入 る と 、 こ の 江 戸 か ら 武 蔵 国 各 地 へ の 距 離 が 記 し て あ る 。 こ の 中 石 灰 の 産 地 で あ っ た 。 , , で 青 梅 街 道 筋 は 、 「 江 戸 麹 町 札 の 辻 よ り 、 甲 州 境 原 石 灰 産 地 に 目 を 付 け 、 江 戸 城 の 白 壁 と し て 塗 る 石 灰 村 迄 道 法 」 と し て 、 次 の よ う に 示 し て い る 。 を こ こ に 求 め た 。 そ の 石 灰 を 運 ぶ 道 と し て 、 こ の 街 道 が 開 か れ た の で あ る 。 石 灰 を 運 ぶ た め に 新 宿 ま で 一 、 麹 町 札 の 辻 よ り 中 野 迄 一 里 二 十 四 町 ハ レ の 継 ぎ 送 り 場 所 と し て 、 成 木 村 か ら 表 川 村 ( 青 梅 ト ) 、 但 し 道 広 さ 四 間 (f い 二 此 間 に Ⅱ ー 一 つ 、 す が た の 川 、 橋 長 さ 八 間 、 水 市 ) ・ 箱 根 ヶ 崎 村 ・ 田 無 村 ・ 中 野 村 が 指 定 さ れ 、 後 約 六 〇 セ ン 、 、 に 箱 根 ヶ 崎 村 と 田 無 村 の 間 に 小 川 村 が 加 え ら れ た 。 チ メ ー ト ル 深 さ 二 尺 ( ) 月 石 砂 川 、 橋 落 ち 渡 り な し 、 こ う し て 青 梅 街 道 は 武 蔵 野 の 村 々 を 経 由 し て 、 成 一 、 中 野 よ り 田 無 町 迄 三 里 三 町 、 道 広 さ 四 間 ・ 五 木 ・ 小 曾 木 の 石 灰 が 江 戸 に 送 ら れ た の で 、 こ の 道 は 間 久 し い 間 、 御 白 土 街 道 と 呼 ば れ て い た 。 ち 一 、 田 無 町 よ り 青 梅 町 迄 七 里 三 町 、 但 し 原 道 、 此 石 灰 の 輸 送 路 は そ の 後 、 狭 山 丘 陵 や 北 武 蔵 野 を 通 の し ん が し 物 間 に 原 有 り 、 原 の 間 六 里 、 家 な し 、 っ て 新 河 岸 川 ・ 荒 川 の 舟 運 に 依 る 輸 送 路 に 変 え ら れ 青 一 、 青 梅 町 よ り 甲 州 境 原 村 迄 十 一 里 二 十 四 町 、 但 た た め に 、 継 ぎ 送 り 村 々 の 石 灰 輸 送 の 仕 事 は 無 く な 戸 し 道 広 さ 一 間 、 一 騎 打 の 所 有 り 、 っ た 。 ほ ば 同 じ こ ろ か ら 、 青 梅 村 が 青 梅 縞 の 集 散 地 此 間 に 川 三 つ 、 川 井 川 、 橋 の 長 さ 五 間 、 但 し と し て 発 展 し 、 江 戸 と の 関 わ り が 深 く な っ た 。 箱 根 蔵 ひ か わ ヶ 崎 か ら 青 梅 へ の 道 が 、 い っ し か 主 要 な 街 道 と な 橋 落 ち 通 路 な し 、 泳 ( 氷 ) 川 、 橋 の 長 さ 八 お ご う ち 6 間 、 但 し 橋 落 ち 通 路 な し 、 小 河 内 川 、 橋 の 長 り 、 成 木 へ の 道 は 脇 道 に な っ て 成 木 道 と 呼 ば れ る よ や ま の ね

日本の街道 2 江戸への道


目 箱 根 路 か わ た し を 誘 う ー ー 山 口 洋 子 〕 、 鴛 、 貪 ち ょ っ と そ の 辺 り ま で 散 歩 の つ も り が 、 そ の と き の 気 分 で ぶ ら り 足 を 伸 ば し て 、 早 川 か ら 風 祭 を 経 て 、 箱 根 湯 本 の 温 泉 場 を 通 り ぬ け 、 渓 谷 沿 い に 塔 の 沢 へ 、 そ こ か ら 始 ま る 坂 道 を ど こ ま で も ど こ ま で も 登 っ て 小 田 原 に 住 ん で い た わ た し に と っ て 、 箱 根 路 は そ ん な ふ 、 つ に 、 ご く 自 然 に 身 近 な も の と し て あ っ た 。 亠 た こ や ま 幼 い 頃 、 友 達 の 家 へ ゆ く 路 か ら は 、 二 子 山 の 頭 か ほ つ か り 並 ん で い る の か 見 え た 。 し か し 小 学 校 に 入 学 す る 前 に 、 初 め て 歩 い た 山 路 は 険 し い 絶 壁 に な っ て 、 い く た び も わ た し の 前 に 立 ち は だ か り 、 そ の と き の 驚 き か し は ら く 消 え 去 ら な か っ た 。 箱 根 路 で 初 め て 覚 え た 花 は 月 見 草 。 酔 う よ う な 銀 色 の 世 界 を 見 せ て く れ た の は す す き の 原 。 鎌 倉 時 代 、 六 十 歳 を こ え て い た と い わ れ る 阿 仏 尼 ほ 、 箱 根 の 急 坂 を 、 路 に 咲 く 花 に 何 を 田 5 い な が ら 歩 い た の た ろ う 。 こ ん な に も 四 季 か あ る と い う こ と を 教 え て く れ た の は 箱 根 路 だ と 云 っ て も よ い 初 夏 の 頃 の 山 路 に は 緑 の 陽 の 光 が 輝 き 、 山 肌 に は 臼 い 雲 か 美 し い 模 様 の よ う に 影 を 映 し て は 流 れ て い き 、 す こ し 汗 は ん だ 肌 に 風 は 音 楽 に な っ て 囁 い た 路 が わ た し を 誘 う か え っ て こ な い 問 い か け が そ こ の 緑 の 向 こ う の 風 の 路 き 、 に 尹 、 4 芦 ノ 湖 の 晶 士 湖 は 、 箱 根 外 輪 山 に 囲 ま れ た 湖 て 、 沿 岸 の 元 箱 根 か ら 箱 根 田 丁 に か け て 名 所 ・ 旧 跡 が 多 い 。 か さ ま っ 叮 6

日本の街道 2 江戸への道


杢 ケ 橋 関 三 国 街 道 攴 日 大 笹 関 平 野 を 走 る 信 濃 路 へ の 幹 道 中 山 道 武 州 ・ 上 州 路 い ま じ ゅ く 井 ・ 北 牧 ・ 横 堀 ・ 中 山 ・ 塚 原 ・ 下 新 田 ・ 今 宿 ・ 布 み く に 難 所 の な い 平 坦 な 街 道 〃 中 山 道 〃 施 ・ 須 川 ・ 相 俣 ・ 猿 ケ 京 ・ 永 井 の 一 四 宿 を 経 て 三 国 関 東 平 野 は 広 い 。 中 山 道 は 板 橋 を 出 て か ら 碓 氷 峠 を 越 え る 三 国 街 道 で あ る 。 こ の 街 道 は 越 後 の 長 し ば た よ い た と 、 一 ノ げ ・ 峠 に か か る ま で 山 ら し い 山 に は 会 わ な い 。 板 橋 か ら 岡 ・ 新 発 田 ・ 村 上 ・ 与 板 な ど の 藩 主 が 利 用 し 、 佐 渡 く ま が や わ ら び 奉 行 な ど も 通 っ て い る 。 蕨 ・ 浦 和 ・ 大 宮 ・ 上 尾 ・ 桶 川 ・ 鴻 集 ・ 熊 谷 ・ 深 谷 ・ こ う ず け か ん な ま た 本 庄 宿 か ら 分 か れ て 、 五 料 ・ 前 橋 ・ 米 野 な ど 本 庄 と 武 蔵 に 一 〇 宿 。 神 流 川 を 渡 っ て 上 野 に 入 っ あ ん な か し ん ま ち て 、 新 町 ・ 倉 賀 野 ・ 高 崎 ・ 板 鼻 ・ 安 中 ・ 松 井 田 ・ 坂 利 根 川 の 左 岸 を 通 っ て 沼 田 に 行 く 沼 田 道 が あ り 、 沼 む つ ひ の え ま た さ ん べ い 本 の 七 宿 を 数 え る 。 こ れ は 中 山 道 六 七 宿 の 約 四 分 の 田 か ら は 三 平 峠 を 越 え て 陸 奥 の 檜 枝 岐 か ら 会 津 地 方 一 で あ る 。 こ れ か ら 中 山 道 は 信 濃 ・ 美 濃 な ど の 山 間 に 行 け る の で 、 会 津 街 道 と い わ れ た 。 こ れ は 前 橋 や 沼 田 の 藩 主 が 参 勤 交 代 に 利 用 し た 。 倉 賀 野 宿 か ら 分 部 を 通 り 、 近 江 の 半 ば を 過 ぎ て か ら 平 野 部 に な る 。 ′ 」 り よ う ・ し か し こ れ だ け の 平 地 が つ ら な り 、 東 海 道 の 大 井 か れ て 、 玉 村 ・ 五 料 ・ 柴 ・ 木 崎 ・ 太 田 ・ 八 木 ・ 梁 て ん み よ う か わ ど め ・ 天 竜 川 な ど の よ う に 、 し ば し ば 川 留 の 難 に あ う 田 ・ 天 明 ・ 犬 伏 ・ 富 田 ・ 栃 木 ・ 合 戦 場 ・ 金 崎 の 一 に れ ぎ れ い へ い し か い ど う こ と も な か っ た の で 、 江 戸 と 上 方 間 の 旅 行 に 中 山 道 三 宿 を 経 て 、 壬 生 通 の 楡 木 宿 に 達 す る 例 幣 使 街 道 も 、 道 中 奉 行 管 轄 の 重 要 街 道 で あ っ た が 、 別 に 詳 述 を 選 ぶ 人 が 少 な く な か っ た の も 当 然 で あ ろ う 。 参 勤 交 代 で 中 山 道 を 通 る 大 名 は 金 沢 の 前 田 家 を は さ れ る (l ジ 参 照 武 蔵 の う ち で は 熊 谷 宿 が 交 通 の 要 地 で あ る 。 こ こ じ め 、 松 代 ・ 高 田 ・ 富 山 な ど 三 〇 藩 主 に 及 び 、 将 軍 と う . げ ・ は 忍 藩 領 で あ っ た か ら 、 忍 へ の 街 道 は も と よ り で 、 家 や 御 三 家 へ 嫁 ぐ 皇 族 や 公 家 の 女 性 の 東 下 に も 多 く さ っ て ひ た ち 忍 か ら 幸 手 に 出 て 、 常 陸 へ も 通 ず る の で 、 常 陸 街 道 中 山 道 が 使 わ れ た 。 こ の 中 山 道 と い う 大 動 脈 か ら 幾 つ か の 支 線 が 出 と い っ た 。 ま た 松 山 へ 行 く 道 は 相 摸 街 道 と 呼 ば れ て か ね こ い る が 、 こ れ は 八 王 子 へ 出 て 南 下 す る の で あ る 。 こ る 。 大 き な の は 高 崎 か ら 分 か れ て 、 金 古 ・ 渋 川 ・ 金 △ 赤 城 山 、 、 大 戸 関 榛 名 山 須 賀 尾 狩 碓 安 中 富 岡 ー ト 仁 田 万 場 鬼 石 岡 本 、 。 碓 氷 関 真 政 関 五 料 関 西 牧 関 凵 第 南 牧 関 十 石 峠 イ / 白 井 関 高 崎 倉 賀 野 例 幣 使 街 盞 太 田 、 深 谷 、 道 態 谷 下 一 一 田 忍 ( 行 田 ) う す い 児 玉 幸 多 学 習 院 大 学 名 誉 教 授 736

日本の街道 2 江戸への道


を を を を 朝 を を 第 を 第 を 第 第 ー を ー を 一 ・ 第 を 」 第 を - を 第 を を 第 を を を を を 第 第 第 第 ー を 第 ■ 第 第 、 を 第 - 朝 を を 新 を を ミ 第 第 を を 第 第 第 を ー を 朝 第 第 ・ 大 猷 院 ・ 夜 叉 門 ー ー ー 東 大 猷 院 本 殿 ー ー - 東 照 宮 昭 宮 の 陽 明 門 に 当 た る の 西 約 500 メ ー ト ル 御 も の て 、 装 飾 は す べ て 堂 山 山 腹 に あ る 徳 川 三 社 丹 て 続 ー さ れ 、 4 人 代 将 軍 家 光 の 霊 廟 て 、 の 夜 叉 を 安 置 し て い る 。 装 飾 は 東 照 宮 よ り 繊 細 。 日 光 東 照 宮 は 、 朝 廷 か ら 東 照 宮 の 宮 号 を 許 さ れ た 徳 川 家 康 を 祀 る 神 社 で 、 そ の 壮 麗 華 美 な こ と は あ ま ね く 知 ら れ て い る 江 戸 時 代 は 、 勅 使 ( 例 幣 使 ) を は じ め 、 諸 大 名 が こ ぞ っ て 参 拝 し 、 日 光 道 中 は 五 街 道 の 一 つ と し て 栄 え た 。 日 光 道 中 は 、 千 住 ・ 幸 手 ・ 栗 橋 ・ 小 山 ・ 宇 都 宮 を 経 て 今 市 に 出 る ニ 三 宿 で あ っ た 。 こ の 道 の ほ 川 口 ・ 岩 槻 を 経 て か 、 将 軍 が 日 光 社 参 す る 御 成 道 は 、 幸 手 付 近 で 合 流 す る 道 で あ る 。 京 都 か ら 日 光 に 向 か う 例 幣 使 は 、 中 山 道 の 倉 賀 野 か ら 栃 木 ・ 鹿 沼 を 経 て 今 市 に 出 た 。 会 津 西 街 道 は 、 会 津 若 松 か ら 横 山 ・ 五 十 里 ・ 藤 原 ・ 大 桑 を 経 て 今 市 に 出 て 、 日 光 東 照 宮 に 向 か っ た の で あ る 70

日本の街道 2 江戸への道


ば 、 ! ・ 、 ミ く う 不 破 の 関 跡 ー -- 岐 早 県 不 破 郡 関 ヶ 原 町 に あ っ た 。 近 江 と 美 濃 の 国 境 に 置 か れ 、 中 山 道 の 要 地 。 も 東 海 道 の 河 川 行 政 に 積 極 的 に 取 り く ん で い っ た の の 席 に 侍 っ た と 記 し て い る 。 で 、 東 海 道 の 致 命 的 な 交 通 障 碍 で あ る 河 川 の 悩 み も 平 安 時 代 の 東 海 道 最 大 の 変 化 は 、 東 海 道 が さ き の 徐 々 に 解 消 さ れ て い っ た 。 た だ 、 尾 張 と 伊 勢 と の 境 伊 勢 路 か ら し だ い に 近 江 ・ 美 濃 の 内 陸 部 を へ て 尾 張 び の 木 曾 川 、 長 良 川 、 揖 斐 川 な ど の 下 流 地 帯 は 氾 濫 し に で る 美 濃 路 に 移 っ て い っ た こ と で あ る 。 平 安 初 あ り わ ら の な り ひ ら 易 く 、 横 断 が 困 難 な た め 、 中 流 の 内 陸 部 を 通 っ て い 期 、 在 原 業 平 の 東 下 り に は 近 江 甲 賀 郡 ・ か ら 鈴 鹿 越 る が 、 こ の 三 川 は 、 後 々 ま で 東 海 道 交 通 の 最 大 の が え に 伊 勢 に 出 て お り 、 古 代 『 延 喜 式 』 通 り の 道 を 経 ん で あ っ た 。 由 し て い る 。 し か る に 平 安 中 期 の 『 更 級 日 記 』 の 筆 こ う し て 東 海 道 は 東 山 道 に 対 す る 交 通 上 の 優 越 性 者 一 行 は 、 伊 勢 路 を と ら ず 、 美 濃 路 を 通 行 し て 美 濃 を し だ い に か ち と る よ う に な り 、 東 山 道 地 域 の 関 野 上 宿 に 宿 泊 し さ き の 足 柄 山 の 麓 の よ う に 、 あ そ び 東 、 東 北 地 方 の 人 び と も し だ い に 東 海 道 を 利 用 す る ( 遊 女 ) ど も 出 て き て 夜 ひ と よ 歌 を う た っ た と い よ う に な っ た 。 う 。 東 海 道 地 域 と 京 と の 往 還 に 、 か な り 早 く か ら 美 濃 路 が 利 用 さ れ て い た も の の よ う で あ る 。 中 世 で は 美 濃 路 、 近 世 で は 伊 勢 路 そ の 後 、 美 濃 路 の 利 用 者 は 年 ご と に 増 え 、 鎌 倉 時 東 海 道 は 、 先 に も 述 べ た よ う に 、 京 都 か ら 伊 勢 、 代 に 入 る と 幕 府 に よ っ て 公 式 に 東 海 道 の 本 道 と し て 尾 張 な ど を 経 て 、 太 平 洋 岸 の 国 々 を 通 る 街 道 で あ っ 指 定 さ れ る 。 一 方 伊 勢 路 は と う ぜ ん 裏 道 と な っ て 、 た 。 一 般 に 平 坦 で あ っ た と は い え 、 幾 つ か の 難 所 が さ び れ る が 、 そ の 理 由 は 何 で あ ろ う か 。 伊 勢 路 の 難 え ん り や く あ っ た 。 そ の 一 つ は 足 柄 峠 で あ る が 、 延 暦 二 十 一 所 の 一 つ 鈴 鹿 峠 を 避 け る た め と 、 木 曾 川 中 流 で か な 年 ()f 〇 ) 富 士 山 の 噴 火 の た め 、 一 時 こ こ が 遮 断 さ れ り 迂 回 す る た め 、 し だ い に 敬 遠 さ れ た の で あ ろ う 。 た こ と が あ る 。 源 頼 朝 の 父 義 朝 に 寵 愛 さ れ た 美 濃 青 墓 宿 の 遊 女 の く ま さ か ち ょ う は ん こ こ で 新 し く 箱 根 の 山 路 が 開 か れ て 交 通 の 便 宜 が 話 や 、 同 じ く 美 濃 赤 坂 宿 に 熊 坂 長 範 な ど の 強 盗 が は か ら れ た が 、 間 も な く 足 柄 路 は ふ た た び 復 活 し 、 出 没 し た な ど 、 い ず れ も 平 安 末 期 に お け る 美 濃 路 の 中 世 ま で 東 海 道 の 本 道 と な っ て い た 。 繁 栄 と 宿 場 の 発 達 の 一 面 を の ぞ か せ る も の が あ る 。 す が わ ら の た か す え の 平 安 の な か ご ろ 、 『 更 級 日 記 』 の 筆 者 菅 原 孝 標 し か る に そ の 後 、 江 戸 幕 府 は 、 再 び 伊 勢 路 を 、 東 女 が 、 上 総 の 国 守 を 解 任 さ れ た 父 に し た が い 、 帰 洛 海 道 の 本 道 と し た 。 伊 勢 参 宮 の 発 達 な ど の 影 響 も あ し た と き も こ こ を 通 り 、 足 柄 山 の ふ も と に 宿 泊 、 遊 ろ う か と も 思 わ れ る 。 し か し こ れ ら は 木 曾 川 な ど の 女 三 人 が ど こ か ら と も な く 風 の よ う に き た っ て 一 行 交 通 障 碍 が 、 完 全 に 除 か れ た わ け で は な く 、 依 然 、 む す め は べ 6