検索 - みる会図書館

全データから 211138件ヒットしました。

日本会議の研究


菅 野 完 日 本 会 議 の 研 究

図書館の学校 2013年 秋号


第 15 回 図 書 館 総 合 展 総 合 的 な 学 習 防 災 ・ 減 災 郷 土 史 研 究 ー 地 方 自 治 電 子 シ ャ ー ナ ル Lib rary Fair & Forum 環 境 工 学 知 的 基 盤 の 見 本 市 / 読 書 環 境 の 最 先 端 修 保 存 公 共 予 高 等 学 校 MALUI ニ ン ク コ モ ン ズ 図 書 館 を 通 し て み え る 情 報 社 会 の 未 来 201 3 年 10 月 29 日 ( 火 10 月 31 日 休 ) バ シ フ ィ コ 横 浜 展 示 ホ ー ル D / ア ネ ッ ク ス ホ ー ル 他 10:OO—18:00 主 催 図 書 館 総 合 展 運 営 委 員 会 後 援 . 総 務 省 / 文 部 科 学 省 / 経 済 産 業 省 / 国 立 国 会 図 書 館 / 国 立 公 文 書 館 / 科 学 技 術 振 興 機 構 / 国 立 情 報 学 研 究 所 / 神 奈 川 県 教 育 委 員 会 横 浜 市 教 育 委 員 会 / 日 本 図 書 館 協 会 / 東 京 都 図 書 館 協 会 / 神 奈 川 県 図 書 館 協 会 / 国 公 私 立 大 学 図 書 館 協 力 委 員 会 / 国 立 大 学 図 書 館 協 会 / 公 立 大 学 協 会 図 書 館 協 議 会 / 私 立 大 学 図 書 館 協 会 / 私 立 短 期 大 学 図 書 館 協 議 会 / 全 国 学 校 図 書 館 協 議 会 / 専 門 図 書 館 協 議 会 / 日 本 医 学 図 書 館 協 会 / 日 本 薬 学 図 書 館 協 議 会 / 音 楽 図 書 館 協 議 会 / 大 学 旧 T 推 進 協 議 会 / ビ ジ ネ ス 支 援 図 書 館 推 進 協 議 会 / 知 的 資 源 イ ニ シ ア テ ィ ブ / 図 書 館 振 興 財 団 / 日 本 図 書 館 情 報 学 会 / 日 本 図 書 館 研 究 会 / 三 田 図 書 館 ・ 情 報 学 会 / 情 報 科 学 技 術 協 会 / 情 報 メ デ ィ ア 学 会 / 情 報 知 識 学 会 / 情 報 文 化 学 会 / 日 本 図 書 館 文 化 史 研 究 会 / 図 書 館 綜 合 研 究 会 / 文 学 館 研 究 会 / 情 報 処 理 学 会 人 文 科 学 と コ ン ピ ュ ー タ 研 究 会 / 北 米 日 本 研 究 資 料 調 整 協 議 会 (NCC) / 全 国 歴 史 資 料 保 存 利 用 機 関 連 絡 協 議 会 / ア ー ト ・ ド キ ュ メ ン テ ー シ ョ ン 学 会 / 日 本 ア ー カ イ ブ ズ 学 会 / 神 奈 川 県 資 料 室 研 究 会 / 神 奈 川 県 歴 史 資 料 取 扱 機 関 連 絡 協 議 会 / 全 日 本 博 物 館 学 会 / A 日 MA イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル 東 京 支 部 / 全 国 大 学 史 資 料 協 議 会 / 企 業 史 料 協 議 会 / 記 録 管 理 学 会 / 情 報 保 存 研 究 会 / 文 化 財 保 存 修 復 学 会 / ア ー キ ビ ス ト ・ サ ポ ー ト / 日 本 教 育 工 学 会 / 日 本 書 籍 出 版 協 会 / 日 本 電 子 出 版 協 会 ( 順 不 同 ・ 予 定 ) 企 画 ・ 運 営 : カ ル チ ャ ー ・ ジ ャ パ ン 図 書 館 総 合 展 公 式 ゥ , ブ サ イ ト http://www.libraryfair.jp/ バ リ ア を 品 【 し フ = 、 ソ ー シ ン グ カ ロ 著 作 権 業 図 書 館 工 コ ロ ジ ー ー Web 電 子 図 書 館 小 学 校 Library Fair & Forum 2013 地 方 自 治 図 書 館 振 興 ニ バ サ ル デ サ ュ レ ー シ ョ 機 関 図 書 館 M AR - こ に 店 蔵 書 点 検 資 料 室 文 書 保 管 美 価 匪 MALUI 連 携 街 づ く リ 専 門 図 書 同 時 開 催 : 学 術 情 報 オ ー プ ン サ ミ ッ ト 2013

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


教 授 会 メ ン バ 1 と さ れ て い な い 場 合 や 給 料 が 専 任 と は こ と な っ た り こ と が あ る 。 特 任 教 授 は 、 教 授 定 年 後 に 再 任 用 さ れ た り 、 外 部 か ら 特 別 に 採 用 さ れ た り す る ケ ー ス が あ る 。 大 学 の 研 究 室 は 二 つ の 意 味 を も つ 。 一 つ は 教 員 が 常 駐 す る 部 屋 の こ と で あ る 。 ア メ リ カ な 研 究 室 ど で は オ フ ィ ス と 呼 ば れ る が 、 日 本 で は 研 究 室 と 呼 ば れ 、 教 員 が 授 業 以 外 の 時 間 、 例 え ば 、 研 究 や 学 生 対 応 な ど の た め に 用 い る 物 理 的 空 間 で あ る 。 個 室 の 場 合 と 共 同 部 屋 の 場 合 が あ る 。 医 学 部 な ど で は 教 授 室 と 呼 ば れ る こ と も あ る 。 研 究 室 に は 、 教 員 の 研 究 活 動 に 必 要 な 個 人 使 用 の 机 と 椅 子 、 書 棚 、 パ ソ コ ン や 実 験 器 具 等 の 機 器 等 が 設 置 さ れ て い る 。 教 員 は 授 業 や 会 議 以 外 の 時 間 の う ち 、 特 に 学 生 の 相 談 や 質 問 に 応 じ る た め の 時 間 で あ る オ フ ィ ス ア ワ ー と 呼 ば れ る 時 間 帯 を 設 け て 、 こ の 研 究 室 で 対 応 す る こ と に な る 。 も う 一 つ は 、 学 内 の 所 属 と い う 意 味 で あ る 。 特 に 、 自 然 科 学 分 野 で 用 い ら れ る 。 学 生 が 卒 業 研 究 の た め に 研 究 室 に 属 す る と い う 場 合 で あ る 。 学 生 間 で 、 ど こ の 研 究 室 に 所 属 し て い る の か な ど と い う 会 話 が 交 わ さ れ る 。 む ろ ん 物 理 的 空 間 と し て の 研 究 室 を 前 提 に し た 意 味 と な る が 、 こ の 意 味 で の 研 究 室 は 教 授 な ど 限 ら れ た 教 員 が も っ こ と を 認 め ら れ て い る 。 こ の 研 究 室 で は 、 異 学 年 の 学 生 が そ れ ぞ れ の テ ー マ に 基 づ く 研 究 に 取 り 組 み 、 教 授 の 指 導 の も と で 共 同 テ ー マ を 設 け て 研 究 を 進 め る こ と に な る 。 研 究 室 に は そ れ ぞ れ 習 慣 や 雰 囲 気 が あ る の で 、 ど こ の 研 究 室 に 属 す る か は 専 門 分 野 だ け で な く 、 そ の 習 慣 や 雰 囲 気 に 自 分 が 馴 染 む か ど う か と い う 点 も 選 択 の ポ イ ン ト に な る 。

日本会議の研究


で す で に 触 れ て い た 。 こ れ に 加 え て 、 取 材 の 過 程 で 明 ら か に な っ て き た 「 日 本 会 議 」 そ の も の が 、 椛 島 有 三 率 い る 「 日 本 が 青 年 協 議 会 」 に よ っ て 運 営 さ れ て い る 事 実 に つ い て も 述 べ て 生 容 い る 学 さ ら に 、 「 安 倍 晋 三 の 筆 頭 プ レ ー ン 」 と 呼 ば れ る 伊 藤 哲 夫 と 、 彼 が 率 い る 「 日 本 政 策 研 究 セ ン タ ー 」 に つ い て も 取 り 上 長 そ し て 、 「 日 本 会 議 」 の 事 務 局 を 司 る 「 日 本 青 年 協 議 会 」 も 、 「 日 本 政 策 研 究 セ ン タ ー 」 の 代 表 で あ る 伊 藤 哲 夫 も 、 皆 年 安 保 の 頃 に 生 ま れ た 、 「 生 長 の 家 学 生 運 動 」 の 出 身 者 で あ る こ と を ェ ビ デ ン ス と と も に 立 証 し て き た 。 こ れ ら を 踏 ま え た う え で 、 本 書 が こ こ ま で で 明 ら か に し て れ が 本 き た 人 脈 を 図 式 化 す る と 下 図 の よ う に な る 。 つ ま り 、 2016 年 夏 の 参 院 選 の 後 を 見 越 し 、 改 憲 を 求 め 第 る 万 人 規 模 の 署 名 活 動 を 展 開 し て い る 「 日 本 会 議 」 閣 僚 の 8 割 を 輩 出 「 生 長 の 家 学 生 運 動 」 の 第 士 た ち 日 本 会 議 国 会 議 員 懇 談 会 椛 グ 日 本 会 議 日 本 青 年 協 議 会 七 十 年 安 保 で 生 ま れ た 代 表 の 伊 藤 哲 夫 が 安 倍 私 的 ブ レ ー ン 筆 頭 伊 藤 哲 夫 グ ル ー プ 日 本 政 策 研 究 セ ン タ ー 219

月刊 新聞ダイジェスト 2015年6月号


末 松 新 理 事 長 は 早 速 、 職 す 。 の 流 行 を 予 測 す る 研 究 ー ー な ) 件 対 で 応 員 と の 会 議 に 臨 み 、 「 世 界 画 期 的 な 成 果 を 生 み 出 す な ど を 挙 げ た 。 日 本 が 世 界 の 薬 適 朝 の ま を 年 験 療 の ( の 動 き を い ち 早 く キ ャ ッ チ た め 、 「 ( 失 敗 の ) リ ス ク を リ ー ド す る 再 生 医 療 分 野 構 ろ 発 を 治 治 薬 し 、 医 療 研 究 の や り 方 を 変 は あ る が 、 飛 躍 的 な 可 能 性 で は 、 治 療 に 使 え る 機 ご 開 出 ・ ん 存 発 年 器 け 究 が 既 革 さ せ る 組 織 に し た い 。 患 を 秘 め た 課 題 」 に も 積 極 的 細 胞 の 備 蓄 計 画 の 構 築 を 進 医 療 研 機 構 が 発 足 開 機 届 研 な や 者 に 貢 献 で き る 活 動 を し て に 支 援 を 行 う 一 方 、 専 門 部 め る と し た 。 療 の 床 に 的 験 認 究 ( 医 験 臨 件 新 治 承 上 い き た い 」 と 述 べ た 。 署 を 設 け 、 デ ー タ の 改 ざ ん 同 機 構 は 文 部 科 学 省 、 厚 世 界 ト ッ プ の 治 療 技 術 目 指 す 研 標 で 治 の 新 革 の 薬 以 療 目 携 導 療 約 の 上 新 件 研 究 開 発 を 進 め る 引 の 独 な ど の 研 究 不 正 を 防 ぐ 対 策 生 労 働 省 、 経 済 産 業 省 の 研 医 療 研 究 の 司 令 塔 と な る 戦 略 的 に 配 分 、 そ の 後 研 究 医 期 連 主 医 を 発 以 の Ⅱ 立 行 政 法 人 は 1 日 か ら 、 国 を 講 じ る 。 究 予 算 1400 億 円 超 を ま 国 立 研 究 開 発 法 人 「 日 本 医 へ の 助 言 を 行 っ 。 理 事 長 に 日 中 医 再 疾 日 種 難 大 立 研 究 開 発 法 人 の 名 称 が 付 重 点 的 に 支 援 す る 研 究 課 と め 、 大 学 な ど の 研 究 者 に 療 研 究 開 発 機 構 」 が 1 日 、 は 末 松 誠 ・ 前 慶 応 大 医 学 部 ■ き 、 大 き な 成 果 を 出 し や す 題 と し て 、 ① 高 齢 社 会 に 対 戦 略 的 に 配 分 す る 組 織 と し い 仕 組 み が 導 入 さ れ た 。 発 足 し た 。 政 府 の 成 長 戦 略 長 、 理 事 に は 大 谷 泰 夫 ・ 元 応 し た ロ ポ ッ ト 技 術 を 使 っ て 1 日 、 発 足 。 東 京 ・ 大 手 の 柱 の 一 つ と し て 、 医 薬 品 厚 労 審 議 官 が 就 い た 。 各 省 国 際 連 携 や 知 的 財 産 を 担 当 ( 読 売 4 た 介 護 機 器 の 開 発 ② 国 際 的 町 の 読 売 新 聞 ビ ル で 業 務 を や 医 療 機 器 の 分 野 で 基 礎 研 の ほ か 、 大 学 、 製 薬 企 業 な ど す る 計 貶 部 署 か ら な る 。 な 脅 威 が 高 ま る イ ン フ ル エ 始 め た 。 ( 読 売 4 ・ 2 究 の 成 果 の 実 用 化 を 加 速 さ か ら 集 ま っ た 約 300 人 体 ン ザ や デ ン グ 熱 な ど 感 染 症 せ 、 世 界 ト ッ プ レ ベ ル の 治 制 で 、 本 部 を 東 京 ・ 大 手 町 足 患 者 参 加 の 助 = 言 組 織 研 の 読 売 新 聞 ビ ル 内 に 置 く 。 療 技 術 の 実 現 を 図 る 。 同 機 構 は 、 文 部 科 学 省 、 重 点 分 野 に は 再 生 医 療 や 医 発 中 長 期 計 画 研 究 不 正 防 止 部 署 も ー Q-(f) 細 胞 使 い 年 度 か ら 細 胞 厚 生 労 働 省 、 経 済 産 業 省 の が ん 対 策 、 認 知 症 対 策 な ど 年 度 か ら 臨 床 ( 人 工 多 能 性 幹 細 胞 ) を 使 予 算 1400 億 円 超 を 一 括 九 つ を 据 え る 。 同 機 構 は 、 医 療 研 究 の 司 令 塔 と な る 細 胞 ( 人 工 多 能 性 幹 っ た 心 不 全 や パ ー キ ン ソ ン 医 療 研 機 構 し て 管 理 し 、 研 究 者 た ち に 各 重 点 分 野 の 担 当 に 加 え 、 国 立 研 究 開 発 法 人 「 日 本 医 細 胞 ) に 続 く 世 界 ト ッ プ レ 病 の 臨 床 研 究 を 始 め 、 各 年 療 研 究 開 発 機 構 」 は 1 日 、 ベ ル の 成 果 を 出 す こ と を 目 政 府 は 物 日 、 医 療 研 究 の を 通 じ て 治 療 に 使 え る 安 全 成 果 を 生 み 出 す た め の 今 後 指 す 。 司 令 塔 と し て 今 月 発 足 し な 細 胞 の 作 製 を 進 め が 症 5 か 年 の 中 長 期 計 画 を 公 表 助 言 組 織 は 、 理 事 長 の 下 た 国 立 研 究 開 発 法 人 「 日 本 る と し た 。 の 、 医 感 し た 。 患 者 も 参 加 す る 助 一 一 = 〕 に 置 か れ 、 患 者 の ほ か 、 医 医 療 研 究 開 発 機 構 」 が 進 め 感 染 症 分 野 で は 、 エ ボ ラ 分 チ 一 口 、 の 合 費 具 品 む 研 究 開 発 の 支 援 に 反 映 さ せ 多 様 な ニ ー ズ を 反 映 さ せ た 。 再 生 医 療 な ど 計 九 つ の 断 薬 、 ワ ク チ ン を 年 度 ま 医 医 省 る 。 可 能 性 を 秘 め た 研 究 テ る 。 同 機 構 の 職 員 が 直 接 、 重 点 分 野 で 成 果 を 上 げ る た で に 開 発 す る と し た 。 ( 読 売 4 ・ ) ー マ を 積 極 的 に 支 援 し 、 医 大 学 な ど の 研 究 現 場 を 訪 め 、 2020 年 度 ま で の 各 い 健 文 科 薬 品 や 医 療 機 器 の 分 野 で 、 れ 、 有 望 な テ ー マ を 探 り 出 年 で 行 う 研 究 内 容 を 明 記 し 厚 半 労 働 ◆ 、 ◆ ・ ◆ 】 ◆ ◆ ・ ◆ ・ 、 ◆ ・ 】 ◆ ' を ◆ ・ を ◆ 、 ◆ ↓ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ↓ ◆ ◆ ◆ ・ ◆ ◆ ◆ ◆ 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 研 究 者 JO

子育てがもたらしてくれるもの


( カ ッ コ 内 の 肩 書 は 受 賞 当 時 の も の で す ) 〈 第 — 回 受 賞 者 〉 麻 生 典 子 ( 日 本 女 子 大 学 大 学 院 人 間 社 会 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 乳 児 に 対 す る 母 親 の ネ ガ テ イ プ タ ッ チ 評 定 尺 度 作 成 の 試 み ー 児 童 虐 待 予 防 の 観 点 か ら ー 井 上 の ぞ み ( 東 京 大 学 大 学 院 総 合 文 化 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ ジ ャ ン Ⅱ ジ ャ ッ ク ・ ル ソ ー の 思 想 に お け る ヒ ロ イ ズ ム の 概 念 小 野 史 ( 東 京 大 学 大 学 院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 「 飽 食 」 下 に お け る 現 代 的 「 飢 餓 」 進 行 要 因 の 研 究 ー 経 済 的 ・ 文 化 的 要 素 の 交 差 と し て の 食 生 活 ー 東 海 林 亜 矢 子 ( お 茶 の 水 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 場 か ら み る 日 本 古 代 王 権 と 后 ( 日 本 古 代 史 ・ 女 性 史 ) 田 中 美 和 ( 神 奈 川 大 学 経 営 学 部 国 際 経 営 研 究 所 客 員 研 究 員 ) * 研 究 テ ー マ 日 金 型 産 業 に お け る 技 能 お よ び 技 術 継 承 者 へ の 取 り 組 み 多 和 田 真 理 子 ( 飯 田 市 歴 史 研 究 所 調 査 研 究 員 ) * 研 究 テ ー マ 日 明 治 期 の 小 学 校 設 営 ・ 運 営 と 地 域 構 造 旦 直 子 ( 東 大 学 幻 世 紀 OOQ 特 任 研 究 員 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 乳 児 に お け る テ レ ビ の 中 の 人 物 理 解 の 認 知 発 達 過 程 中 原 朝 子 ( 奈 良 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ 女 性 パ ー ト タ イ マ ー に お け る 「 自 発 的 選 択 仮 説 」 の 再 検 討 藤 田 嘉 代 子 ( 大 阪 大 学 大 学 院 人 間 科 学 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ ⅱ 男 性 の 家 事 労 働 に 関 す る 実 証 的 研 究 古 屋 肇 子 ( 兵 庫 県 立 大 学 大 学 院 応 用 情 報 科 学 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ ⅱ 看 護 師 の ス ト レ ス 評 価 シ ス テ ム の 開 発 ( カ ッ コ 内 の 肩 書 は 受 賞 当 時 の も の で す ) 〈 第 2 回 受 賞 者 〉 足 立 綾 子 ( お 茶 の 水 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 古 今 和 歌 集 時 代 ( 十 世 紀 前 後 頃 ) の 屏 風 歌 ー 女 性 の 関 わ り を 視 野 に 入 れ て ー 稲 葉 千 賀 ( 尚 美 学 園 大 学 芸 術 情 報 学 部 音 楽 表 現 学 科 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 流 産 ・ 死 産 経 験 者 へ の グ リ ー フ ケ ア ( 悲 嘆 援 助 ) を 目 的 と し た 音 楽 療 法 の ア セ ス メ ン ト 表 と 評 価 表 の 研 究 吉 良 智 子 ( 千 葉 大 学 大 学 院 社 会 文 化 科 学 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ 近 代 日 本 に お け る 女 性 美 術 家 の 連 帯 と 戦 争 参 画 に 関 す る 研 究 合 田 美 穂 ( 香 港 中 文 大 学 歴 史 学 科 兼 日 本 研 究 学 科 〈 非 常 勤 〉 ) * 研 究 テ ー マ ⅱ 中 華 社 会 お よ び 日 本 に お け る 高 機 能 広 汎 性 発 達 障 が い 児 の 支 援 ニ ー ズ ・ 実 態 の 比 較 と 特 別 支 援 教 育 ・ 福 祉 の 普 及 を 目 指 し た 実 践 的 研 究 小 林 奈 緒 子 ( 島 根 大 学 附 属 図 書 館 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 戦 後 社 会 運 動 史 に お け る 戦 災 者 組 織 の 実 態 と 社 会 的 地 位 ー 全 国 戦 災 者 同 盟 と 戦 災 者 生 活 擁 護 同 盟 を 中 心 に ー 田 崎 直 美 ( お 茶 の 水 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 創 成 科 学 研 究 科 研 究 院 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 被 占 領 か ら の 復 興 の 記 憶 ー フ ラ ン ス 第 四 共 和 政 期 パ に お け る 音 楽 活 動 状 況 の 検 証 中 野 有 希 子 ( 筑 波 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ ナ チ ス 期 に お け る 強 制 収 容 所 の 音 楽 活 動 と ユ ダ ヤ 人 作 曲 家 ヴ ィ ク ト ー ル ・ ウ ル マ ン ー ナ シ ョ ナ リ ズ ム と 自 我 の 問 題 野 澤 暁 子 ( 名 古 屋 大 学 文 化 研 究 科 総 合 人 文 学 コ ー ス 博 士 課 程 後 期 ) * 研 究 テ ー マ 「 主 婦 は い な い 」 バ リ 島 の 育 児 生 活 に お け る 歌 の 役 割 ー 男 性 中 心 の 音 楽 文 化 で 母 か ら 子 へ 伝 承 さ れ る も の ー パ イ チ ャ ゼ ・ ス ヴ ェ ト ラ ナ ( 北 海 道 大 学 大 学 院 国 際 広 報 メ デ ィ ア 研 究 院 ) * 研 究 テ ー マ 日 多 文 化 ・ 多 言 語 教 育 政 策 と 教 育 現 場 の 現 状 ( ボ リ ビ ア 、 ヨ ー ロ ッ パ と 日 本 の 比 較 分 析 ) 馬 場 わ か な ( 東 京 外 国 語 大 学 大 学 院 地 域 文 化 研 究 科 博 士 後 期 課 程 ) * 研 究 テ ー マ ⅱ 疾 病 ・ 医 療 か ら み る ド イ ツ 社 会 国 家 の 生 成 濱 田 倫 子 ( 東 京 大 学 大 学 院 人 文 社 会 系 研 究 科 宗 教 学 研 究 室 ) * 研 究 テ ー マ Ⅱ 「 漢 代 画 像 石 」 に 見 る 古 代 中 国 の 死 生 観 に つ い て 254

日本会議の研究


第 五 章 「 一 群 の 人 々 」 本 政 策 研 究 セ ン タ ー を 設 立 、 所 長 を 経 て 、 平 成 幻 年 よ り 現 職 。 政 策 立 案 ・ 政 策 提 言 に 携 わ る か た わ ら 、 政 治 評 論 の 執 筆 お よ び 講 演 活 動 を 展 開 。 同 時 に 、 自 民 党 保 守 系 国 会 議 員 と 連 携 し つ つ 政 策 実 現 に 取 り 組 む 。 各 地 の 地 方 議 員 勉 強 会 等 に も 積 極 的 に 赴 く 。 こ の プ ロ フ ィ ー ル を そ の ま ま 信 じ れ ば 、 新 潟 大 卒 業 後 、 国 会 議 員 政 策 ス タ ッ フ を 経 験 し 、 歳 で 「 日 本 政 策 研 究 セ ン タ ー 」 を 設 立 し た こ と に な る 。 だ が も う こ の 段 階 で 、 こ の プ ロ フ ィ ー ル の 記 述 は お か し い 「 日 本 政 策 研 究 セ ン タ ー 」 が 設 立 さ れ た の は 、 昭 和 年 つ ま り 1984 年 。 一 方 、 国 会 法 が 改 正 さ れ 「 国 会 議 員 政 策 担 当 秘 書 」 制 度 が 創 設 さ れ た の は 1993 年 。 「 日 本 政 策 研 究 セ ン タ ー 」 の 設 立 よ り 川 年 も 後 の こ と だ 。 そ れ 以 前 に 国 会 議 員 の 秘 書 や ス タ ッ フ に 「 政 策 担 当 職 」 と 冠 の つ く 役 職 は な い 。 つ ま り こ の プ ロ フ ィ ー ル に あ る 「 国 会 議 員 政 策 ス タ ッ フ 」 と い う 肩 書 は 、 極 め て 曖 味 模 糊 と し た も の な の だ 。 お そ ら く 、 「 国 会 議 員 政 策 ス タ ッ フ 」 と い う 言 葉 で 、 伊 藤 哲 夫 は 何 か を 隠 し て い る よ 、 つ に も 田 5 え る 。 195

DAYS JAPAN 2016年 7月号 (日本会議)


し い 日 本 の 憲 法 を つ く る 国 民 の 会 日 本 会 議 と い う 精 神 こ そ が 特 集 中 心 に い る 人 物 た ち の 実 像 が は っ き り し な い 保 守 団 体 か 、 安 倍 政 権 を 陰 で 支 配 し て し る と ま で い わ れ て い る 。 果 た し て そ の 正 体 は ? に ん な 『 空 虚 な 団 体 こ 日 本 の 未 来 を 左 右 さ れ て い い の か ? 」 と 日 本 会 議 の 研 究 』 著 者 が 、 参 院 選 か 迫 っ た 今 、 有 権 者 に 警 鐘 を 鳴 ら す 菅 野 完 ( 日 本 会 議 の 研 究 』 著 者 ) lnterview : Tamotsu SUGANO 聞 き 手 / 広 河 隆 一 、 石 田 温 香 ま と め / 石 田 温 香 (DAYS JAPAN) lnterview€l ・ : Ryuichi HIR()KAWA, N0d0ka ISHIDA Edited bY' N0d()kalSHlDA / DAYS. JAPAN ー ー 安 倍 政 に を 動 か す 「 黒 幕 」 か 「 実 直 な 市 罠 」 か ? い DAYS JAPAN 2016 / 7

書斎の窓 2012年 4月号


大 沼 助 教 授 で 、 報 告 者 た ち は 担 当 部 分 ナ イ ザ ー と す る 、 院 生 等 若 手 に よ る る 内 容 で 、 厳 し か っ た け ど 国 際 社 会 を の 内 容 要 約 、 位 置 づ け を 中 心 と し た 第 「 現 代 国 際 法 研 究 会 」 が 立 ち 上 げ ら れ 歴 史 的 ・ 構 造 的 に 捉 え る 基 本 軸 を 叩 き 一 レ ジ ュ メ に 、 担 当 部 分 に 関 係 す る 一 一 活 動 し て い た 。 国 際 法 基 礎 理 論 研 究 会 込 ま れ た も の で あ る 。 次 文 献 の 紹 介 を 含 む 第 一 一 レ ジ ュ メ を 出 が ど ち ら か と い う と 敷 居 が 高 く て 議 論 こ の よ う に 、 私 の 法 研 で の 国 際 法 研 さ な い と い け な か っ た 。 報 告 が 終 わ る に つ い て い く の が し ん ど か っ た 若 手 と 究 は 、 国 際 法 基 礎 理 論 研 究 会 の 歴 史 ・ と 、 上 記 の 一 一 人 を 中 心 に ラ テ ン 語 版 や し て は 、 「 現 代 ー 国 際 法 に つ い て の 基 思 想 研 究 ( の 見 聞 程 度 ) の 洗 礼 、 現 代 フ ラ ン ス 訳 本 を も 参 照 し な が ら 細 か く 本 書 や 論 文 を 読 む 前 者 は 研 究 と 交 際 の 国 際 法 研 究 会 で の 基 本 文 献 講 読 、 及 び 翻 訳 や タ ー ム が チ ェ ッ ク さ れ る と と も 両 面 か ら 大 変 有 益 な 場 と な っ た 。 ( そ 大 学 院 国 際 法 授 業 を 通 じ て 、 国 際 社 に 、 内 容 の 理 解 、 歴 史 的 背 景 等 に つ い れ 以 外 津 田 塾 大 学 で 開 か れ た 「 国 際 機 会 ・ 法 に つ い て の 歴 史 的 ・ 構 造 的 な 視 て 際 限 な く 議 論 が 続 い た 。 、 し ま だ 日 本 構 研 究 会 」 が あ っ た が こ こ で は 省 略 す 点 が 培 わ れ た 。 そ の 意 味 で は 、 「 実 定 ー 語 す ら お ば っ か な か っ た 私 と し て は 、 る 。 ) 国 際 法 に ミ ク ロ に 接 す る よ り は 、 国 際 議 論 を 聞 い て い る だ け で 気 が 遠 く な る 当 時 の 私 の 研 究 生 活 に と っ て 忘 れ ら 社 会 ・ 法 ( 学 ) に つ い て の 歴 史 的 ・ マ 思 い の 中 で 、 議 論 の 論 理 性 や 実 証 性 に れ な い も の の 一 つ は 、 一 九 八 一 年 冬 学 ク ロ な ア プ ロ ー チ が 中 心 で 、 あ る 意 味 つ い て 驚 嘆 し な が ら も 、 国 際 法 の 歴 史 期 の 大 沼 先 生 の 「 国 際 法 と 文 明 ー の 授 で は 国 際 関 係 論 的 な ア プ ロ ー チ と で も に つ い て こ れ ほ ど 細 か く 詮 索 す る 現 実 業 で あ る 。 英 語 、 ド イ ツ 語 、 フ ラ ン ス い う べ き 研 究 で あ っ た 。 的 意 味 に つ い て の 疑 問 を 合 わ せ 持 っ た 語 、 日 本 語 の 文 明 論 に つ い て の 主 要 文 山 本 国 際 法 学 と の 出 会 い こ と を 覚 え て い る 。 献 を 輪 読 し な が ら 、 国 際 社 会 が ど の よ 国 際 法 基 礎 理 論 研 究 会 が 関 東 の 中 堅 う に 西 ヨ ー ロ ッ パ か ら 全 世 界 へ 拡 大 し 一 九 八 五 年 四 月 山 本 草 一 一 先 生 の 特 別 研 究 者 た ち に よ る 国 際 法 ( 学 ) へ の 息 て 行 っ た の か 、 日 本 が い か に 「 国 際 社 講 師 と し て の 着 任 は 、 東 大 法 研 に と っ 窓 の 長 い 歴 史 的 ・ 基 礎 的 研 究 で あ っ た の 会 」 (family of nations) の 一 員 と て も 、 私 の 国 際 法 研 究 生 活 に と っ て も 斎 書 に 対 し て 、 中 川 さ ん を 実 質 的 な オ ー ガ し て 迎 え 入 れ ら れ た の か に つ い て 考 え 大 転 換 点 で あ っ た 。 定 年 退 職 さ れ た 寺

書斎の窓 2012年1・2月号


29932 ー 0 29936 ー 8 29934 ー 4 29931 ー 3 29939 ー 9 29940 ー 5 17383 ー 5 90628 ー 9 90627 ー 3 90626 ー 2 90625 ー 4 90624 ー 6 A5 判 3 , 780 円 グ リ ー ン ・ ニ ュ ー デ ィ ー ル と 財 政 政 策 ( 財 政 研 究 第 7 巻 ) 日 本 財 政 学 会 編 A5 判 5 , 250 円 企 業 家 研 究 第 8 号 ( 2011 ) 企 業 家 研 究 フ ォ ー ラ ム 編 B5 判 3 , 150 円 立 教 ヒ ジ ネ ス レ ヒ ・ ユ ー 第 4 号 立 教 経 営 学 会 編 B5 判 1 , 800 円 社 会 と 調 査 第 6 号 ( 社 ) 社 会 調 査 協 会 編 B5 判 1 , 260 円 社 会 と 調 査 第 7 号 ( 社 ) 社 会 調 査 協 会 編 B5 判 1 , 260 円 環 境 社 会 学 研 究 第 17 号 環 境 社 会 学 会 編 B5 判 2 , 625 円 志 向 性 と 因 果 ( 哲 学 雑 誌 第 126 巻 第 798 号 ) 哲 学 会 編 A5 判 3 , 570 円 2011 年 度 に 追 加 さ れ た オ ン デ マ ン ド 商 品 一 覧 小 社 の ISBN の 出 版 社 コ ー ド は 「 4 ー 641 」 で す 。 定 価 は 税 込 価 格 で す 。 ご 注 文 は , e-mail : [email protected] へ お 願 い い た し ま す 。 百 貨 店 の 生 成 過 程 藤 岡 里 圭 著 4 , 830 円 所 得 税 ・ 法 人 税 の 課 税 べ ー ス 租 税 法 学 会 編 租 税 法 研 究 第 17 号 5 , 460 円 租 税 特 別 措 置 と 法 人 税 制 租 税 法 学 会 編 租 税 法 研 究 第 19 号 5 , 670 円 刑 事 司 法 の 大 転 換 日 本 法 社 会 学 会 編 法 社 会 学 72 6 , 720 円 議 員 行 動 の 政 治 経 済 学 一 自 民 党 支 配 の 制 度 分 析 建 林 正 彦 著 5 , 880 円 書 斎 の 窓 2 2 7 ・ 2 76