検索 - みる会図書館

全データから 215649件ヒットしました。

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


日 本 共 産 党 研 究 絶 対 に 誤 り を 認 め な い 政 党 目 次

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


日 本 共 産 党 研 究 絶 対 に 誤 り を 認 め な い 政 党 目 次

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


絶 対 に 誤 り を 認 め な い 政 党 日 本 共 産 見 研

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


日 本 共 産 党 研 究 ー ー 絶 対 に 誤 り を 認 め な い 政 党 平 成 28 年 6 月 1 日 第 1 刷 発 行 平 成 28 年 7 月 9 日 第 6 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 発 売 印 刷 ・ 製 本 産 経 新 聞 政 治 部 皆 川 豪 志 株 式 会 社 産 経 新 聞 出 版 〒 100-8077 東 京 都 千 代 田 区 大 手 町 1-7-2 産 経 新 聞 社 8 階 電 話 03-3242-9930 FAX 03-3243-0573 日 本 工 業 新 聞 社 電 話 03-3243-0571 ( 書 籍 営 業 ) 株 式 会 社 シ ナ ノ 電 話 03-5911-3355 ④ Sankei Shimbun 2016 , Printed in Japan ISBN978-4-8191-1283-3 C0095 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は お 取 替 え い た し ま す 。 本 書 の 無 断 転 載 を 禁 じ ま す 。

世界 2016年 10月号


12 3 ー 2 0 1 6 年 参 院 選 こ と が 裏 付 け ら れ た 。 権 者 の 間 に も 窺 え る 。 二 〇 一 四 年 調 査 で 権 者 と 候 補 者 別 に 示 し た も の で あ る 。 し か し 、 調 査 結 果 か ら は 、 負 の 側 面 も 共 産 党 候 補 の 民 進 党 ( 民 主 党 ) に 対 す 自 ら を 民 主 党 寄 り と 回 答 し た 有 権 者 の う 浮 か び 上 が る 。 図 4 は 、 二 〇 一 四 年 と 今 る 感 情 温 度 は 、 二 〇 一 四 年 か ら 一 六 年 に ち 、 今 回 の 調 査 で も 民 進 党 寄 り だ と し た 回 の 民 進 ( 民 主 ) 党 と 共 産 党 に 対 す る 感 か け て 急 激 に 向 上 し た が ( 一 三 度 ↓ 七 四 人 び と の イ デ オ ロ ギ ー ( 最 も 左 〇 か ら 最 情 温 度 ( 強 い 好 意 当 〇 〇 か ら 強 い 反 感 〇 ま 度 ) 、 民 進 党 候 補 か ら 共 産 党 へ の 感 情 温 も 右 当 〇 ま で の 数 字 で 表 し た も の ) は 平 均 で の 数 字 で 表 し た 好 咸 度 ) を 、 各 党 寄 り の 有 度 は 、 参 院 選 時 で も 五 〇 度 未 満 で あ り 、 四 ・ 八 な の に 対 し 、 こ の 間 に 支 持 政 党 を 片 想 い の よ う な 関 係 が 見 て 取 れ る 。 こ の 民 主 党 寄 り か ら 自 民 党 寄 り に 変 更 し た 有 背 景 に は 、 民 進 党 保 守 派 の 警 戒 感 が あ る 。 権 者 は 五 ・ 五 。 も と も と 民 主 党 を 支 持 し 主 民 補 ( 候 自 分 の 立 場 を 左 右 ( イ デ オ ロ ギ ー ) 対 立 軸 て い た 保 守 層 の 一 部 が 自 民 党 に 旗 幟 を 変 民 上 に 位 置 付 け て も ら う 質 問 へ の 回 答 で 、 更 し た 。 民 進 党 が 共 産 党 と の 選 挙 協 力 に 自 ら を 左 寄 り と し た 民 進 党 候 補 は 、 共 産 踏 み 切 っ た こ と へ の 反 発 も 一 因 と し て 挙 者 党 を 四 九 度 と ほ ば 中 立 的 に 見 て い た の に げ ら れ よ う 。 低 対 し て 、 右 寄 り の 同 党 候 補 の 対 共 産 温 度 こ う し た 保 守 派 の 共 産 党 へ の 抵 抗 感 が 、 民 主 党 と 維 新 の 党 の 合 併 効 果 を 弱 め た 可 は 三 八 度 と 冷 淡 で あ っ た 。 さ ら に 、 民 進 党 寄 り ・ 共 産 党 寄 り の 有 能 性 も あ る 。 一 一 〇 一 四 年 衆 院 選 の 比 例 区 産 補 権 者 の 感 情 温 度 を 見 る と 、 互 い に 対 す る で 維 新 の 党 に 投 票 し た 有 権 者 の 間 で 、 一 共 候 感 情 温 度 は 五 〇 度 未 満 の ま ま で ー ー も と 六 年 参 院 選 で も 民 進 党 に 投 票 し た 人 は 三 一 % ( 棄 権 を 除 く ) に 止 ま っ た 。 旧 維 新 票 も と 候 補 者 ほ ど は 敵 対 的 に 見 て い な か っ た せ い も あ る が こ の 間 に ほ と ん ど 改 の う ち 、 四 〇 % は 分 裂 し た お お さ か 維 新 産 権 善 し て い な い 。 と く に 共 産 党 候 補 と 共 産 の 会 が 獲 得 し 、 一 七 % が 自 民 党 へ 流 出 し 共 有 党 寄 り の 有 権 者 の 間 で 、 民 進 党 へ の 感 情 た 。 東 大 谷 口 研 ・ 朝 日 調 査 で は 、 し ば し ば 温 度 に ギ ャ ッ プ が あ る 。 保 守 派 の 共 産 党 に 対 す る 抵 抗 感 は 、 有 「 今 後 絶 対 に 投 票 し た く な い 政 党 」 ( 拒 否 図 4 民 進 ( 民 主 ) 党 ・ 共 産 党 へ の 感 情 温 度 民 進 ( 民 主 ) 党 に 対 す る 感 情 温 度 共 産 党 に 対 す る 感 情 温 度 ■ 2014 年 ロ 2016 年 0 9 8 7 6 5 4 3 2 1 き し

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


筆 坂 秀 世 INVESTIGATIVE REPORT ・ し ん ぶ ん 赤 旗 と 共 産 党 の 「 嫌 わ れ る 力 」 、 共 産 党 が 最 も 嫌 が る 2 人 が 語 る / 90 分 9 ③ 国 内 ・ 海 外 支 局 / 国 内 に 9 つ の 総 ・ い る 記 者 を 知 っ て い ま す 。 て 赤 旗 は 党 内 派 閥 や 大 手 メ 筆 坂 昔 は 大 企 業 に 勤 め る 支 局 。 海 外 に は 、 北 京 、 ハ ノ イ 、 ニ ュ い わ ば 情 報 屋 に 近 い 。 デ ィ ア と 違 い 、 「 永 遠 の 敵 」 党 員 か ら 情 報 が 流 れ る こ と ー デ リ ー 、 カ イ ロ 、 パ リ 、 ワ シ ン ト ン 筆 坂 敵 方 で あ る 自 民 党 の で 利 権 が 重 な り ま せ ん 。 自 も あ っ た け ど 、 今 は 企 業 に a ・ 0 ・ ( 2 人 ) な ど に も 取 材 拠 点 を 持 つ 。 幹 事 長 ク ラ ス に ま で 食 い 込 民 党 関 係 者 が 、 党 内 の 政 敵 党 員 が 少 な く な っ た か ら 情 9 ④ 不 破 哲 三 / 日 本 共 産 党 前 中 央 委 員 ん で 、 情 報 を 取 っ て く る 記 を 蹴 落 と す た め 、 赤 旗 に 情 報 収 集 能 力 は 落 ち て い ま す 。 会 議 長 。 現 在 は 党 付 属 社 会 科 学 研 究 所 者 も い ま す よ 。 自 共 が 競 合 報 を 流 す こ と も あ る 。 上 杉 た だ し 官 公 庁 に は 、 所 長 。 戦 後 共 産 党 を 支 え た 野 坂 参 三 氏 す る 選 挙 区 で 、 自 民 党 の 現 自 共 で 一 言 え ば 、 近 年 は 野 情 報 網 が 未 だ に 残 っ て い ま ( 年 、 ス ハ イ 疑 惑 で 除 名 処 分 、 年 状 分 析 を 入 手 し て 、 共 産 党 中 広 務 氏 ら 自 民 党 重 鎮 が す 。 都 庁 な ん か 共 産 党 の 牙 没 ) 、 宮 本 顕 治 氏 ( 年 没 ) ら 大 幹 部 の 謦 咳 に 接 し 、 両 氏 な き 共 産 党 の ト ッ 次 々 と に 登 場 し ま し た 城 で す か ら 、 赤 旗 で も 都 知 の 常 任 幹 部 会 に 報 告 す る プ と し て 囲 年 よ り 、 議 長 職 に 就 き 党 運 そ の 情 報 を 元 に 選 挙 活 動 の ( 9 ⑤ ) 。 政 治 の 本 質 は 権 力 事 選 を 大 き く 扱 っ て い ま し 営 を 一 手 に 担 っ た 。 不 破 時 代 、 長 年 断 テ コ 入 れ を し て 逆 転 勝 利 し 闘 争 で あ り 、 政 権 を 取 る こ た 。 で 絶 し て い た 内 中 国 共 産 党 た こ と も あ り ま し た 。 面 白 と が 最 大 の 目 的 で す が 、 共 筆 坂 組 合 の 他 に 赤 旗 に は と の 交 流 再 い こ と に 、 優 秀 な 記 者 は 自 産 党 は 現 状 で は 絶 対 に 政 権 通 信 員 と い う 制 度 が あ り 、 開 を 進 め は る 分 で 記 事 を 書 か な い か ら 情 を 取 れ な い の で 、 真 の 脅 威 地 方 の 党 員 が 定 期 的 に 記 事 誇 た 。 年 、 こ 一 を 高 齢 を 理 由 報 流 出 が 表 沙 汰 に な り ま せ で は な い 。 だ か ら 彼 ら が 赤 を 送 り ま す 。 少 な く な っ た 社 哲 感 破 在 に 議 長 職 を 通 同 ん 。 だ か ら 相 手 に 信 用 さ れ 旗 に 出 て 、 ガ ス 抜 き 的 に 政 と は い え 、 万 人 を 超 え る 不 存 共 退 任 。 る 。 そ の 情 報 が す べ て 不 破 権 批 判 を し て も 全 然 問 題 に 共 産 党 員 が 全 国 津 々 浦 々 に 9 ⑤ 自 民 党 重 鎮 議 員 の 登 場 / 四 年 6 月 組 織 を 張 り 巡 ら せ る 。 こ れ さ ん ( 9 ④ ) に 集 中 す る ん な ら な い ん で す 。 日 付 の 赤 旗 に 、 自 民 党 元 幹 事 長 ・ 野 で す 。 赤 旗 記 者 の 情 報 を も 筆 坂 自 民 党 の 重 鎮 が 登 場 が 赤 旗 の 強 み で し よ う ね 。 中 広 務 氏 の イ ン タ ピ ュ ー が 掲 載 。 記 事 の す ご く 信 用 し て い ま し た す る と 赤 旗 は 妙 に は し ゃ ぎ 上 杉 か っ て 田 中 角 栄 の 金 で は 「 『 宿 敵 』 だ っ た あ な た 方 に 私 の 思 い を 語 る の も 、 い ま の 時 代 が そ う さ ま す ね 。 で も 、 も し 僕 が 自 脈 問 題 を 最 初 に 追 及 し た の ね ( 苦 笑 ) 。 も 、 長 岡 市 議 会 の 古 参 の 共 せ る の た と 思 い ま す 」 と 切 り 出 し 、 麻 民 党 機 関 紙 に 登 場 し た ら 、 生 政 権 末 期 で 下 野 直 前 の 自 民 党 を 批 判 自 民 党 重 鎮 が 赤 旗 は 「 裏 切 り 者 / , 0 て 産 党 議 員 で し た 。 僕 は 何 度 し た 。 昭 年 1 月 囲 日 付 の 赤 旗 日 曜 版 に 同 じ く 自 民 党 元 幹 事 長 の 加 藤 紘 一 氏 場 す る 理 由 激 し く 批 判 す る だ ろ う ね も こ の 地 方 議 員 を 取 材 し た け ど 、 彼 は 市 の 財 産 を 角 栄 が 、 昭 年 6 月 2 日 付 の 赤 旗 日 曜 版 に も 元 幹 事 長 の 古 賀 誠 氏 が 登 場 し 、 安 倍 政 上 杉 敵 対 関 係 に 見 え る 自 上 杉 情 報 網 で 一 一 一 一 口 え ば 、 組 さ ん と 越 後 交 通 が 私 物 化 す 権 を 批 判 し て い る 民 党 と 共 産 党 は 、 実 は つ な 合 関 係 か ら の 内 部 告 発 的 な る こ と に 腹 を 立 て 、 ひ と り 復 氏 で コ ッ コ ッ 調 べ た ん で す 。 党 広 か り が 深 い 。 自 民 党 に と つ 情 報 提 供 も あ る ん で す か ? 民 中 一 ー ノ 自 野 ま た か 県 、 歳 専 員 。 政 祥 。 著 現 党 。 さ 庫 後 。 、 議 員 の 不 職 な 。 で 兵 業 。 党 し 会 議 4 も 辞 主 ふ 年 卒 職 入 職 国 院 一 る 員 。 産 】 校 就 党 退 。 参 バ な 議 党 共 1 高 へ 産 を へ て ン と に 離 本 き 第 を 日 / 。 行 共 行 家 経 ナ 長 機 月 日 0 よ れ 銀 本 銀 動 を 党 員 契 7 「 日 で ま 和 日 で 活 書 産 委 を 年 に 旧 ひ 生 三 で 歳 従 秘 共 策 事 書 共 同 通 信 社 い

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


日 本 共 産 党 の 歩 み 西 暦 元 号 月 日 1922 正 Ⅱ 7 ・ 堺 利 彦 や 山 川 均 ら が 非 合 法 組 織 と し て 日 本 共 産 党 を 結 成 月 共 産 主 義 政 党 の 国 際 組 織 「 コ ミ ン テ ル ン 」 第 4 回 大 会 で コ ミ ン テ ル ン 日 本 支 部 と し て 承 認 1 ワ 」 っ 0 ワ 」 4 ・ 5 日 本 民 主 青 年 同 盟 ( 民 青 ) の 前 身 の 日 本 共 産 青 年 同 盟 設 立 1 ワ 】 -4 っ 0 3 月 幹 部 の 大 量 逮 捕 な ど を 受 け 自 主 的 に 解 党 を 決 議 1926 月 有 志 が 再 結 党 1928 和 3 非 合 法 の 地 下 新 聞 と し て 「 赤 旗 ( せ つ き ) 」 創 刊 3 月 治 安 維 持 法 違 反 な ど で 党 員 が 大 量 に 検 挙 ( 三 ・ 一 五 事 件 ) 10 ワ 」 4 月 党 員 ら が 大 量 検 挙 ( 四 ・ 一 六 事 件 ) 1932 8 2 月 党 員 の プ ロ レ タ リ ア 作 家 、 小 林 多 喜 一 一 が 特 高 警 察 に よ り 拷 問 死 5 月 コ ミ ン テ ル ン が 「 絶 対 主 義 的 天 皇 制 打 倒 の た め の プ ル ジ ョ ア 民 主 主 義 革 命 」 と い う 一 一 段 階 革 命 言 を 明 記 し た 「 年 テ ー ゼ 」 を 決 定 。 以 降 、 終 戦 ま で 党 内 で ス パ イ の 査 問 、 暴 力 な ど の 抗 争 が 激 化 。 幹 部 ら も 大 量 に 逮 捕 、 投 獄 さ れ る 1945 8 ・ 終 戦 。 共 産 党 が 合 法 組 織 に 川 月 連 合 国 軍 総 司 令 部 ( ) の 指 令 に よ り 共 産 党 員 ら 政 治 犯 釈 放 に 月 合 法 化 後 初 と な る 第 4 回 党 大 会 。 徳 田 球 一 が 初 代 書 記 長 に 就 任 1 4 1 2 4 ・ 2 戦 後 初 の 衆 院 選 で 徳 田 や 野 坂 参 三 ら 5 人 が 当 選 し 、 共 産 党 初 の 国 会 議 員 が 誕 生 6 ・ 四 共 産 党 独 自 の 憲 法 改 正 案 で あ る 「 日 本 人 民 共 和 国 憲 法 草 案 」 を 発 表 8 ・ 四 憲 法 改 正 案 ( 現 行 憲 法 ) を 採 決 し た 衆 院 本 会 議 で 共 産 党 議 員 が 反 対 。 反 対 討 論 で 野 坂 が 改 憲 案 を 批 判

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


INVESTIGATIVE REPORT ・ し ん ぶ ん 赤 旗 と 共 産 党 の 「 嫌 わ れ る 力 」 な な た 物 」 と 題 さ れ た 記 事 が 載 り 、 る 専 制 政 治 ( 絶 対 主 義 的 天 1 月 、 国 会 開 会 式 に 共 産 党 議 員 が 出 の は し 席 し 陛 下 の お 言 葉 を 聞 い た 。 前 列 左 葉 で 明 宮 本 ・ 日 本 共 産 党 議 長 ( 当 皇 制 ) が し か れ 、 ( 中 略 ) こ か ら 4 人 目 が 志 位 和 夫 委 員 長 。 言 憲 説 お 違 と 「 「 昔 と 違 う 」 と 印 象 づ け る 時 ) が 〈 日 本 歴 史 上 最 大 の の 体 制 の も と 、 日 本 は 、 ア の り た 畠 な し 惨 禍 を 日 本 国 民 に あ た え た ジ ア で 唯 一 の 帝 国 主 義 国 と さ ら に 小 池 氏 は 、 年 5 て た わ け で は な い 。 『 共 産 党 天 に 断 人 物 が 、 支 配 勢 力 の い わ ば し て 、 ア ジ ア 諸 国 に た い す に 的 と 月 、 千 鳥 ケ 淵 戦 没 者 墓 苑 で は 恐 ろ し い 組 織 で は な い 』 、 式 る 形 な 最 大 の 礼 賛 、 哀 悼 の な か で る 侵 略 と 戦 争 の 道 を 進 ん で 開 か れ た 拝 礼 式 に 出 席 し 、 『 昔 と 違 、 つ 』 と 印 象 づ け る の 的 国 世 を 終 わ る と い う こ と の 矛 い た 》 ( 党 綱 領 ) と い う も の 秋 篠 宮 ご 夫 妻 の 長 女 、 眞 子 た め に 、 皇 室 を 利 用 し て い 」 礼 対 君 儀 な 盾 で す ね 〉 と 述 べ て い る 。 で 、 そ れ に 準 じ る 形 で 赤 旗 様 と 同 席 し て い る 。 共 産 党 る と 見 ら れ て も 仕 方 な い で 権 極 現 在 も 共 産 党 の 日 中 戦 争 、 も こ れ ま で 昭 和 天 皇 の 戦 争 の 幹 部 が 、 ク 能 動 的 に 皇 し よ う 。 そ の う ち 、 国 会 開 住 剰 積 ー 年 り カ 数 よ 太 平 洋 戦 争 の 認 識 は 、 《 国 を 責 任 に た び た び 言 及 し て き 室 と 接 触 し た の は お そ ら く 会 式 だ け で な く 、 園 遊 会 に 式 十 が 統 治 す る 全 権 限 を 天 皇 が 握 た 。 戦 後 初 め て で 、 こ れ は 歴 史 も 参 茄 す る の で は な い か 」 的 事 件 だ ( 小 池 氏 は そ の 後 共 著 に 『 日 本 共 産 党 研 究 「 会 も 毎 年 出 席 し 、 年 5 月 に 絶 対 に 誤 り を 認 め な い ) 2 た 〔 「 生 前 退 位 . を ど う 報 じ た か は 秋 篠 宮 ご 夫 妻 、 年 5 月 政 営 が あ る 産 経 新 聞 政 治 ( 2 で 現 か っ て は こ れ ほ ど 苛 烈 な い て 真 剣 な 検 討 が 必 要 だ と し て は 失 格 だ 。 に は 常 陸 宮 ご 夫 妻 と 同 席 ) 。 部 の 酒 井 充 氏 も 口 を ん る そ 改 報 道 を し て い た 赤 旗 だ が 、 と こ ろ が 、 時 を 経 て 、 今 に な っ て は そ れ が 伏 線 「 園 遊 会 へ の 出 席 は 十 分 に 思 い ま す 〉 と 述 べ 、 批 判 の た し 今 上 陛 下 が こ の 8 月 8 日 に 言 葉 は 一 つ も な い 。 年 の 悠 仁 親 王 ご 誕 生 時 に な だ っ た と わ か る が 、 年 以 考 え ら れ ま す 。 も つ 一 つ 注 見 げ と 会 挙 る 「 生 前 退 位 」 の 意 向 を 示 さ 以 前 の 共 産 党 な ら 、 「 天 皇 る と 、 年 9 月 7 日 付 で 、 上 も 出 席 を 拒 否 し て き た 国 目 す べ き は 、 来 年 か 再 来 年 者 を め 己 点 求 れ た ( と さ れ る ) ビ デ オ メ に よ る 政 治 へ の 干 渉 だ 」 と 志 位 氏 は 〈 元 気 な 赤 ち ゃ ん 会 開 会 式 に も 、 今 年 初 め て に 開 か れ る 党 大 会 で 、 党 綱 2 を 側 の 革 ッ セ 1 ジ の 発 表 に つ い て は 、 非 難 囂 々 だ っ た の で は な い が 誕 生 し た こ と は 喜 ば し い 共 産 党 議 員 6 人 が 出 席 し 、 領 が 大 幅 に 改 定 さ れ 、 皇 室 員 、 改 委 反 き 拍 子 抜 け す る ほ ど あ っ さ り か 。 共 産 党 の 皇 室 に 対 す る こ と で す 〉 と 述 べ 、 嫌 味 が 陛 下 に 頭 を 垂 れ た ( * ) 。 へ の 姿 勢 も 現 在 の 延 長 線 上 位 違 続 志 法 に て 憲 弓 と 報 じ て い る 。 態 度 は 、 近 年 、 明 ら か に 変 消 え て い る 。 理 屈 は 何 で あ れ 、 か っ て で 変 化 し て い く 可 能 性 が あ っ た ) 8 月 9 日 付 の 「 『 象 徴 の 化 し て い る 。 年 兀 日 に は 、 小 池 晃 氏 打 倒 を 主 張 し て い た 皇 室 に る 。 た だ し 、 共 産 党 の 本 質 に た 由 い 一 」 務 め 難 し く 』 天 皇 が 国 民 に た と え ば 、 愛 子 内 親 王 が ( 現 書 記 局 長 ) が 、 朝 日 新 対 し 、 す り 寄 っ て い る と 言 は 変 わ っ て い ま せ ん 」 理 て た れ 同 き ま 向 け 表 明 」 で は 、 メ ッ セ 1 ご 誕 生 す る と 、 似 年 月 2 聞 デ ジ タ ル に 掲 載 さ れ た 天 っ て も い い だ ろ う 。 こ こ ま 皇 室 に 対 し 融 和 的 に な っ て 含 明 し が 表 ジ の 内 容 を 簡 潔 に 伝 え る に 日 付 で 、 志 位 氏 は 〈 新 し い 皇 陛 下 の 「 新 年 に あ た っ て で 態 度 を 変 え た 理 由 は 何 か 。 て い る が 、 男 行 の 党 綱 領 の 、 席 言 を 欠 発 席 留 め 、 非 常 に ニ ュ 1 ト ラ ル 生 命 の 誕 生 は 、 ひ と し く 喜 の 感 想 」 を ツ ィ ッ タ 1 に 引 西 村 眞 悟 元 衆 院 議 員 が 語 る 。 《 天 皇 の 制 度 は 憲 法 上 の 制 で 的 出 ま 冶 だ 。 他 の 新 聞 を 間 違 え て 手 ば し い こ と で す 〉 と コ メ ン 用 し て い る 。 先 の 戦 争 に つ 「 共 産 党 は 、 街 頭 デ モ と 武 度 で あ り 、 そ の 存 廃 は 、 将 れ 斑 」 こ に と に 取 っ た か と 思 、 つ ほ ど で 、 ト し て い た 。 天 皇 家 の 子 ど い て 触 れ た 部 分 だ が 、 共 産 装 蜂 起 で 美 叩 を 起 こ す と い 来 、 情 勢 が 熟 し た と き に 、 そ の 記 事 に 続 い て 志 位 和 夫 も だ か ら 喜 ば し い の で は な 党 議 員 が 陛 下 の お 言 葉 を 引 う 方 針 を と っ く の 昔 に 放 棄 国 民 の 総 意 に よ っ て 解 決 さ 委 員 長 の 意 見 が 載 っ て い た 、 と 一 言 わ ん ば か り だ 。 知 用 す る と い う の は 極 め て 珍 し て い て 、 い ま は あ ら ゆ る れ る べ き も の で あ る 》 と い 9 の で 赤 旗 だ と や っ と 確 認 で 人 に 子 ど も が 生 ま れ た と き し い こ と で 、 共 産 党 支 持 者 階 級 の 民 衆 を 取 り 込 む 戦 略 う 箇 所 は 、 表 現 が ソ フ ト に き る ほ ど だ っ た が 、 〈 政 治 の に 、 も し こ ん な ひ ね く れ た と み ら れ る 人 々 か ら 批 判 の に 変 わ っ て い る 。 し か し 、 な る 可 能 性 は あ る が 、 根 本 責 任 と し て 、 生 前 退 位 に つ 祝 辞 を 述 べ た ら 、 社 会 人 と 声 が 上 が っ た ほ ど で あ る 。 天 皇 制 廃 止 と い う 方 針 を 捨 は 変 わ ら な さ そ う で あ る 。 毎 日 新 聞 社 / AFLO

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


第 八 章 , な ぜ 彼 ら は 監 視 対 象 な の か 革 命 政 党 と 認 定 民 主 党 政 権 下 で も 調 査 対 象 敵 の 出 方 に よ っ て は 暴 力 も あ り 得 る 朝 日 新 聞 は べ タ 記 事 の み 否 定 で き な い 過 去 の 暴 力 不 破 >< 公 安 の 論 争 警 察 庁 広 報 誌 が 指 摘 す る 共 産 党 史 疑 念 は 消 え ず ・ 共 産 党 綱 領 全 文 ■ 日 本 共 産 党 の 歩 み 昭 和 天 皇 崩 御 で 赤 旗 は 何 を 書 い た か 260 250

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


第 八 章 , な ぜ 彼 ら は 監 視 対 象 な の か 革 命 政 党 と 認 定 民 主 党 政 権 下 で も 調 査 対 象 敵 の 出 方 に よ っ て は 暴 力 も あ り 得 る 朝 日 新 聞 は べ タ 記 事 の み 否 定 で き な い 過 去 の 暴 力 不 破 >< 公 安 の 論 争 警 察 庁 広 報 誌 が 指 摘 す る 共 産 党 史 疑 念 は 消 え ず ・ 共 産 党 綱 領 全 文 ■ 日 本 共 産 党 の 歩 み 昭 和 天 皇 崩 御 で 赤 旗 は 何 を 書 い た か 260 250