検索 - みる会図書館

全データから 211618件ヒットしました。

日本書紀の読み方


日 本 書 紀 の 読 み 方 遠 山 美 都 男 = 編 講 談 社 現 代 新 書 1709

日本書紀の読み方


日 本 書 紀 の 読 み 方 遠 山 美 都 男 ⅱ 編 講 談 社 現 代 新 書

日本書紀の読み方


著 者 略 歴 古 代 に お け る 「 現 代 史 」 の 幕 開 け / 壬 申 紀 の 語 り / 壬 申 の 「 功 臣 」 た ち / 記 録 か ら 欠 落 し た 功 臣 た ち / 敗 者 へ の 「 政 治 的 配 慮 」 / 乱 の 舞 台 の 広 が り / 尾 張 国 司 自 殺 の 謎 / 大 和 の 氏 族 の 動 き / 壬 申 紀 の 記 述 と 史 実 の 間 隙 ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ⑤ ◆ 「 改 新 の 詔 」 を ど う 読 む か / 白 村 江 の 戦 い / 持 統 紀 の 「 法 」 第 6 章 日 本 書 紀 を つ く っ た の は 誰 か 日 本 書 紀 に 関 わ っ た 渡 来 人 藤 原 不 比 等 と 日 本 書 紀 日 本 書 紀 の 国 内 資 料 日 本 書 紀 と 外 交 資 料 日 本 書 紀 の 区 分 論 日 本 書 紀 の 「 編 集 方 針 」 と そ の 変 容 6 5 4 ろ 2 270 244 265 加 藤 謙 吉 ・ 達 山 美 都 男

日本書紀の読み方


著 者 略 歴 古 代 に お け る 「 現 代 史 」 の 幕 開 け / 壬 申 紀 の 語 り / 壬 申 の 「 功 臣 」 た ち / 記 録 か ら 欠 落 し た 功 臣 た ち / 敗 者 へ の 「 政 治 的 配 慮 」 / 乱 の 舞 台 の 広 が り / 尾 張 国 司 自 殺 の 謎 / 大 和 の 氏 族 の 動 き / 壬 申 紀 の 記 述 と 史 実 の 間 隙 ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ⑤ ◆ 「 改 新 の 詔 」 を ど う 読 む か / 白 村 江 の 戦 い / 持 統 紀 の 「 法 」 第 6 章 日 本 書 紀 を つ く っ た の は 誰 か 日 本 書 紀 に 関 わ っ た 渡 来 人 藤 原 不 比 等 と 日 本 書 紀 日 本 書 紀 の 国 内 資 料 日 本 書 紀 と 外 交 資 料 日 本 書 紀 の 区 分 論 日 本 書 紀 の 「 編 集 方 針 」 と そ の 変 容 6 5 4 ろ 2 270 244 265 加 藤 謙 吉 ・ 達 山 美 都 男

複数の「古代」


第 四 章 紀 年 を も つ 「 日 本 書 紀 』 の 「 歴 史 」

日本書紀の読み方


を す る 人 口 自 体 が 確 実 に 減 っ て き て い る の て は な い か と 危 県 さ れ ま す 。 と こ ろ が 、 そ れ に 反 比 例 し 、 日 本 書 紀 を 古 事 記 と 同 じ よ う こ 売 み ' 味 わ っ て み た い と い う 一 般 読 者 の 想 い は つ の り 、 高 ま っ て い る の が 現 状 て は な い て し よ う か 。 日 本 書 紀 と い う 史 科 を て き る だ け 楽 し く 、 か っ 有 意 義 に 読 む に は い っ た い ど の よ う な 方 法 や 視 点 が あ る の か 私 た ち 五 人 ( 平 林 章 仁 、 遠 山 美 都 男 、 加 藤 謙 吉 、 前 田 晴 人 、 早 川 万 年 ) は 、 日 本 書 紀 を 使 い 古 代 史 を 研 究 し て い る 決 し て 多 数 派 と は い え な い 研 究 者 て あ る と 自 負 し て い ま す 。 本 書 て は 、 そ れ ぞ れ が 日 頃 興 味 や 関 心 を も っ テ ー マ を 日 本 書 紀 か ら 選 び 出 し 、 そ れ を 素 材 に 「 私 は 日 本 書 紀 を こ の よ う に 読 ん て き た 」 「 日 本 書 紀 を 史 料 と し て 用 い る と き に は こ の よ う な 点 に 留 意 し て い る 」 「 日 本 書 紀 に は ま だ こ の よ う な テ ー マ が 眠 っ て い る 」 と い っ た こ と を 考 慮 し な が ら 自 由 に 論 じ て み ま し た 。 加 え て 、 古 典 と し て の 日 本 書 紀 の 「 読 み ど こ ろ 」 を 、 古 代 史 を 考 え る う え て の 論 点 を か ら め な が ら 紹 介 し ま し た 。 そ し て 最 後 の 第 6 章 に は 、 か っ て 坂 本 さ ん が 提 唱 し た 日 本 書 紀 自 体 の 研 究 、 日 本 書 紀 や そ の 編 纂 に 関 し て い ま ま て 何 が 間 題 と さ れ 、 何 が 明 ら か に な っ て き た の か に 関 し て 最 新 の リ ポ ー ト を 収 録 し て い ま す 。 一 読 さ れ れ ば 、 日 本 書 紀 の 読 み 物 と し て の 面 白 さ と 、 そ の 研 究 上 の 課 題 と が お の ず と 浮 か び 上 が っ て く る は す て す 。 0 ・ 4

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


書 紀 紀 年 法 を め ぐ る 研 究 史 ー 書 紀 編 年 は 矛 盾 し て い る 紀 年 法 と 書 紀 研 究 と ね り 本 書 の 目 的 は 、 七 二 〇 ( 養 老 四 ) 年 に 舎 人 親 王 ( 六 七 六 5 七 三 五 年 ) に よ っ て 撰 上 さ れ た と さ れ る わ が 国 最 古 の 正 史 で あ る 『 日 本 書 紀 』 ( 『 日 本 紀 』 ) の 編 年 に 内 在 し て い る 一 二 〇 年 の 年 差 の あ る < 列 と 列 の 存 在 を ア プ ロ ー チ と し て 、 奈 良 時 代 の 出 来 事 が 、 飛 鳥 時 代 の 出 来 事 と し て 『 日 本 書 紀 』 ( 以 下 、 『 書 紀 』 と 略 す る 場 合 が あ り ま す ) に 投 影 さ れ て い る こ と を 論 証 し 、 聖 徳 太 子 や 法 隆 寺 再 建 の 謎 を 解 き 明 か す こ と に あ り ま す 。 そ の 前 提 条 件 と し て 、 ま ず 、 神 武 元 年 か ら 持 統 十 一 年 ま で の 書 紀 編 年 が ど の よ う な 仕 組 み と な っ て い る の か ( 書 紀 編 年 の 仕 組 み は 「 日 本 書 紀 紀 年 法 」 と 呼 称 さ れ て い ま す ) 、 そ し て 、 < 列 と 列 と は 、 い っ た い ど の よ う な 年 代 列 で あ る の か を 説 明 し な け れ ば な り ま せ ん 。 す な わ ち 、 << 列 と 列 の 仕 組 み が わ か ら な け れ ば 、 本 書 の 内 容 を 読 者 の 皆 様 に 十 分 に 理 解 し て い た だ け ま せ ん し 、 ま た 、 お 伝 え す る こ と が で き な い か ら で す 。 そ こ で 、 『 日 本 書 紀 』 の 成 立 以 来 、 紀 年 法 が 人 々 の 間 に ど の よ う に 意 識 さ れ て き た の か 、 研 究 史 を 辿 る こ と に よ っ て 、 ま ず は 概 観 し て お く こ と に し ま し よ う 。

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


【 第 一 章 】 『 日 本 書 紀 』 の 編 年 間 題 ー 列

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


第 二 章 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 の 伝 え る 天 皇

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


【 第 ニ 章 】 『 日 本 書 紀 』 成 立 年 の 謎