検索 - みる会図書館

検索対象: 天皇の歴史01巻 神話から歴史へ

天皇の歴史01巻 神話から歴史へから 387件ヒットしました。

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


第 二 章 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 の 伝 え る 天 皇

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


「 記 紀 」 は 八 世 紀 の 作 品 か 右 は 、 井 上 氏 ( 前 掲 ) の 文 章 を 拾 っ た の だ が 、 こ れ は 上 山 春 平 『 神 々 の 体 系 』 で の 記 紀 神 話 の 理 解 へ の 疑 間 、 違 和 感 を 表 明 し た も の で あ る 。 ふ じ わ ら の ふ ひ と 上 山 氏 は 、 「 記 紀 」 ( 実 質 上 は 『 日 本 書 紀 』 ) の 制 作 主 体 と し て 藤 原 不 比 等 に 注 目 し 、 天 孫 降 臨 の と き の 五 の 伴 緒 の 筆 頭 に ア メ ノ コ ャ ネ が お か れ る こ と な ど か ら 、 藤 原 氏 ( 中 臣 氏 ) 中 心 の 体 制 に あ わ せ て 神 話 が 作 ら れ 、 「 飜 紅 」 は 藤 原 氏 の 」 た ・ め 一 史 で あ る と 論 じ た の で あ る 。 近 年 の み ず ば や し た け し 水 林 彪 『 天 皇 制 史 論 』 に お い て 、 律 令 国 家 を 思 想 的 に 規 定 し て い る 古 事 記 神 話 は 、 天 皇 ー 藤 原 氏 の 共 治 体 制 の 正 統 性 を 説 い て い る と 解 釈 す る の も 同 一 線 上 に あ る 。 さ ら に 近 年 の 国 文 学 に お け る 記 紀 神 話 を 八 世 紀 初 頭 に お け る 一 つ の 作 品 と し て 読 み と こ う と い う 動 向 が そ の 背 景 に あ る と い 、 ん よ 一 つ こ の よ う な 、 「 記 紀 」 の 神 代 史 の 背 後 に 横 た わ る 、 あ る い は 語 っ て い る イ デ オ ロ ギ ー を 、 八 世 紀 の 「 記 紀 」 の 仕 上 げ の 段 階 の 政 治 的 動 向 に 対 応 す る と 考 え る 方 法 に つ い て 、 井 上 氏 は 「 記 紀 」 の 神 代 史 、 日 本 神 話 を 、 そ の 歴 史 的 な 成 立 事 情 か ら ま っ た く 切 り 離 し て 、 縦 横 無 尽 に 論 ず 章 2 る 第 印 伝 る 誤 っ た 風 潮 だ と し て 批 判 し て い る の で あ る 。 「 記 紀 」 は 八 世 紀 初 頭 に 編 纂 さ れ た の だ か ら 、 記 紀 神 話 も 八 世 紀 初 頭 の 段 階 に お い て 必 要 が あ り 、 律 令 国 家 に お け る 畿 内 豪 族 層 の 天 皇 へ の 奉 仕 の 起 源 を 語 り 、 貴 族 政 権 の 正 統 性 を 示 し て い 0 う え や ま し ゅ ん べ い

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


記 紀 神 話 の 意 味 と 津 田 史 学 歴 史 的 事 実 で は な い 「 記 紀 」 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 に は 、 大 和 政 権 す な わ ち 天 皇 制 の 起 源 を 次 の よ う に 伝 え る 。 お お や し ま イ ザ ナ キ ・ イ ザ ナ ミ の 二 神 が 国 土 ( 大 八 洲 ) と ア マ テ ラ ス 等 を 生 み 、 ア マ テ ラ ス の 孫 ニ ニ ギ た か あ ま は ら ひ む か が 高 天 の 原 か ら 日 向 の 高 千 穂 の 峰 に 降 り 、 ニ ニ ギ の 孫 カ ム ヤ マ ト イ ハ レ ヒ コ は 日 向 を 出 発 し 大 か し は ら じ ん む 和 へ 東 征 を 行 な い 、 橿 原 宮 で 初 代 天 皇 神 武 天 皇 と し て 即 位 す る 。 じ と 、 つ 以 後 、 神 武 か ら 持 統 天 皇 に い た る ま で の 皇 統 譜 ( 『 古 事 記 』 で は 推 古 ま で ) と 、 国 家 形 成 を め ぐ る さ ま ざ ま な 伝 承 を 記 し て い る 。 神 武 以 前 の 伝 承 は 、 『 日 本 書 紀 』 巻 一 ・ 二 の 神 代 に あ り 、 記 紀 神 話 と い わ れ る 。 一 方 巻 三 神 武 紀 以 降 は 、 年 紀 が 記 さ れ ( 何 々 天 皇 何 年 条 ) 、 『 日 本 書 紀 』 紀 年 に 従 え ば 西 暦 何 年 に あ た る か 明 記 さ れ て い る の だ が 、 歴 史 的 事 実 と 認 め る こ と は で き ず 、 伝 承 と し て 神 話 と 同 質 の 部 分 も あ る こ と は 、 こ れ ま で の 引 用 で わ か る だ ろ う 。 ち な み に 神 武 天 皇 の 即 位 は 、 『 日 本 書 紀 』 紀 年 に 従 う と 、 紀 元 前 六 六 〇 年 と い う こ と に な じ ん だ い

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


た 年 月 は な か っ た の だ ろ う が 、 『 日 本 書 紀 』 の こ う し た 編 年 は 、 ど の よ う に 構 成 さ れ 、 根 拠 が あ る の だ ろ う か 。 こ れ を 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 論 と い う 。 ま ず 武 天 皇 何 と い う 編 一 三 ロ 、 、 に 、 信 用 性 が な い で あ ろ う こ と は 、 そ の こ ろ 暦 が あ っ た か と い う 点 か ら 明 ら か で あ る 。 『 魏 志 倭 人 伝 』 の 注 の 『 魏 略 』 逸 文 に 「 そ の 俗 、 正 歳 四 時 を 知 ら ず 、 た だ 春 耕 秋 収 を 記 し て 年 紀 と な す の み 」 と あ り 、 三 世 紀 に は 中 国 的 な 暦 年 は な く 、 農 耕 生 活 に よ る 自 然 暦 の 状 態 に あ っ た ら し い い な り や ま ー ) ′ ル が い 最 初 の 干 支 紀 年 の 例 は 、 前 述 の 稲 荷 山 古 墳 鉄 剣 銘 の 「 辛 亥 年 ( 四 七 一 ) 月 中 記 」 で あ り 、 か ま た も と か ず 紀 そ れ も 後 、 に 開 始 さ れ た ら し い 鎌 田 一 兀 一 氏 は 、 雄 略 朝 も し く は そ の 直 前 の 時 期 に 干 支 げ ん か 紀 年 が 始 ま っ た と し 、 百 済 か ら の 元 嘉 暦 の 渡 来 を 契 機 と し て 開 始 さ れ た と 推 測 し て い る 。 し た が っ て そ れ よ り 古 い 時 期 の 紀 年 に つ い て は 、 『 日 本 書 紀 』 に は 信 憑 性 が な い こ と に な る 。 『 日 本 書 紀 』 が 神 武 天 皇 即 位 、 建 国 を 西 暦 紀 元 前 六 六 〇 年 と す る こ と は 、 歴 史 的 事 実 で な い の で あ る が 、 一 方 で な ぜ 『 日 本 書 紀 』 は そ の 年 に 神 武 即 位 を 設 定 し た の か が 問 題 に な る 。 か っ し 中 国 古 代 に は 讖 緯 説 と い う 一 種 の 予 言 の 言 説 が あ る 。 そ こ で は 辛 酉 の 年 に 革 命 、 甲 子 の 年 に か く れ い 革 令 が 起 き る と 、 特 定 の 年 に 王 朝 や 政 治 が 改 ま る と す る 。 日 本 で も 一 〇 世 紀 以 降 は 、 辛 酉 甲 、 一 に 改 元 さ れ る よ う に な り 、 江 戸 時 代 ま で ほ ぼ 守 ら れ る 。 紀 元 前 六 六 〇 年 は 辛 酉 の 年 に あ た り 、 辛 酉 革 命 説 に 依 拠 し て 神 武 即 位 を 定 め た こ と は 疑 い な い 。 し か し 十 干 十 二 支 の 干 支 は 六 〇 年 周 期 で あ り 、 た と え ば 山 元 一 " 一 叫 「 一 " 町 で 、 も よ い は ず で あ る 。 な ぜ 紀 元 前 七 世 紀 な の か 。 『 日 本 し ん い し ん ゅ う 122

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


下 平 群 臣 子 首 に 詔 し て 、 帝 紀 及 び 上 古 の 諸 事 を 記 定 せ し む 。 大 嶋 ・ 子 首 、 親 ら 筆 を 執 り て 以 て 録 す 。 天 武 天 皇 は 、 「 帝 紀 」 と 「 上 古 の 諸 事 」 ( 「 旧 辞 」 「 本 辞 」 に あ た る だ ろ う ) の 記 定 と い う 形 で 、 国 史 の 大 が か り な 編 纂 を 始 め た こ と が わ か る 。 こ れ は 天 武 朝 に は 完 成 し な か っ た が 、 お そ ら く き 事 業 と し て は 継 続 し た の で 、 『 続 日 本 紀 』 に よ れ ば 、 和 銅 七 年 ( 七 一 四 ) 二 月 に 「 従 六 位 上 紀 き ょ ひ と み や け ふ じ ま ろ 朝 臣 清 人 ・ 正 八 位 下 三 宅 臣 藤 麻 呂 に 詔 し て 、 国 史 を 撰 せ し む 」 と み え 、 養 老 四 年 ( 七 二 〇 ) 五 月 に 、 い っ ぽ ん と ね り 是 れ よ り 先 、 一 品 舎 人 親 王 、 勅 を 奉 系 図 一 巻 を 奏 上 す 。 」 」 て 完 成 し た ( 系 図 一 巻 は 伝 存 し て い な い ) 。 な お こ の と き に は す で に 亡 く な 「 て い た 藤 原 不 比 等 が 、 『 日 本 書 紀 』 編 纂 に 大 き く 関 与 し て い た と い う の が 先 述 の 上 山 春 平 氏 の 説 で あ る が 、 そ の 可 能 性 は あ る だ ろ う 。 以 上 か ら 、 『 古 事 記 』 も 『 日 本 書 紀 』 も 、 「 帝 紀 」 と 「 旧 辞 」 ( 「 本 辞 」 ) か ら 成 り 立 っ て い た に し み や か ず た み こ と が わ か る 。 稗 田 阿 礼 の 「 誦 習 」 と は 、 西 宮 一 民 氏 に よ れ ば 、 文 献 を 解 読 し ロ 誦 す る 、 す な ぐ り こ び と う け た ま わ 本 糸 を 修 す 。 是 に 至 り て 功 成 り 、 紀 卅 巻 ・ 116

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


わ ち 音 声 化 し 記 憶 す る の 意 で 、 そ の 文 献 と は 天 武 天 皇 が 撰 録 ・ 討 覈 し て 定 め た 定 本 「 帝 紀 」 「 旧 辞 」 で あ る と 考 え ら れ る 。 さ ら に 元 明 天 皇 か ら 命 を う け た 太 安 万 侶 は 、 稗 田 阿 礼 を 側 に つ け て 鋭 意 撰 述 を 始 め 、 「 阿 礼 誦 習 の 帝 紀 ・ 旧 辞 」 を 渾 然 一 体 の も の に ア レ ン ジ し な が ら 、 文 章 を 均 整 化 し 、 完 結 統 一 体 と し て の 作 品 『 古 事 記 』 を 生 み 出 し た 。 そ の 際 に 漢 文 体 を 借 り ず に 、 日 本 の 古 語 ・ 古 意 で 表 記 す る こ と を 試 み 、 本 文 を 定 め た の で あ る 。 「 帝 紀 」 「 旧 辞 」 の 内 容 ド ) し 」 ・ つ い っ ち ゅ う 「 帝 紀 」 は 、 「 記 」 序 文 で は 「 帝 皇 の 日 継 」 と も よ ば れ る 。 持 統 紀 二 年 ( 六 八 八 ) 十 一 月 乙 丑 も が り の み や ひ つ ぎ 条 に は 、 天 武 天 皇 の 葬 儀 に お い て 殯 宮 の 前 で 「 直 広 肆 当 麻 真 人 智 徳 、 皇 祖 等 の 騰 極 の 次 第 を 誄 奉 る 。 礼 な り 」 と あ り 、 「 古 に は 日 嗣 と 云 ふ な り 」 と 説 明 が あ る 。 帝 皇 の 日 継 と は 、 皇 祖 す な わ ち 天 皇 の 代 々 の 先 祖 が 即 位 し た 順 序 で あ る こ と が わ か り 、 帝 紀 は 皇 統 譜 と 歴 代 の 皇 こ ・ つ ぎ よ く じ よ め い 位 継 承 に か か わ る 内 谷 で あ る ら し い 。 皇 極 紀 元 年 ( 六 四 一 l) 十 二 月 乙 未 条 で は 舒 明 天 皇 の 死 に よ る 殯 宮 に お い て も 「 息 長 山 田 公 、 日 嗣 を 誄 奉 る 」 と あ り 、 天 皇 の 喪 葬 儀 礼 に お い て 「 日 嗣 」 ( 「 帝 紀 」 ) は 読 み 上 げ ら れ た も の ら し い な お 、 『 日 本 書 紀 』 に は 巻 十 九 欽 明 天 皇 の 二 年 三 月 条 で 、 妃 ・ 皇 后 と そ の 所 生 の 皇 子 ・ 皇 女 を ダ 言 し た 記 事 に は 、 「 一 書 に 云 は く 」 と い う 別 の 説 を 注 記 し た あ と に 、 し の び ご と と 、 つ カ ′ ・ 、 第 二 章 117 伝 え る 天 皇 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 の

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


る 。 戦 前 の 皇 国 史 観 教 育 で は こ れ を 史 実 と し 、 戦 争 中 の 一 九 四 〇 年 に は 皇 紀 二 千 六 百 年 と し て 盛 大 な 祝 賀 行 事 を 催 し た の だ が 、 紀 元 前 六 六 〇 年 と い う 建 国 は 、 考 古 学 的 に は 弥 生 時 代 よ り 古 い か 、 そ の ご く 初 期 と い う こ と に な っ て し ま い 、 事 実 で な い こ と は 明 ら か で あ る す じ ん に ん と く 高 校 の 日 本 史 教 科 書 を 始 め 、 通 史 叙 述 で は 、 記 紀 神 話 も 、 神 武 ・ 崇 神 ・ 仁 徳 な ど の 天 皇 の 事 績 や 伝 承 も 出 て こ な い し 、 名 前 す ら な い 。 ふ つ う は 、 卑 弥 呼 ・ 倭 の 五 王 の あ と 、 雄 略 天 皇 く ら い か ら 天 皇 の 名 前 が 挙 げ ら れ る 。 そ れ 以 前 は 史 実 で は な い か ら 不 要 な の で あ り 、 記 紀 神 話 は 、 て ん む 七 世 紀 後 半 の 天 武 朝 の 史 書 編 纂 か 、 八 世 紀 の 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 完 成 で 触 れ る く ら い だ ろ う 。 講 談 社 の 「 日 本 の 歴 史 」 シ リ ー ズ で も ほ と ん ど ふ れ て い な い し か し 、 本 書 で 天 皇 制 の 起 源 を 考 え る に あ た っ て は 、 天 皇 の あ り 方 を さ さ え て い る 、 「 記 紀 」 の 伝 え る 神 話 や 皇 統 譜 ・ 伝 承 に 触 れ な い わ ナ こ よ ) 、 し ( 。 し 力 な い そ れ が ど こ ま で 信 用 で き 、 あ る い は で き な い の か 、 何 を 意 味 し て い る の か は き わ め て 重 要 な 間 題 で あ る 。 「 記 紀 」 の 伝 承 は 後 世 作 ら れ た も の だ と し 史 料 的 価 値 を 認 め ず 、 触 れ な い の は 、 一 見 客 観 的 で 科 学 的 に み え る 。 近 年 は 「 記 紀 」 の 史 料 批 判 を 中 心 に す え て 大 化 前 代 の 歴 史 を 考 え る こ と に 真 剣 に と り く む 人 は 少 な く な っ た 。 し か し 史 実 で な い と し て も 、 「 記 紀 」 に 何 が 書 い て あ る の か 知 ら な い で 研 究 し て い る の で は 論 外 で あ る 。 困 難 は 多 い に し て も 、 い か に 史 料 ( 「 記 紀 」 ) に 多 く を 語 ら せ る か が 、 や は り 古 代 史 の 醍 醐 味 だ ろ う 。 ゅ う り や く 0 第 二 章 99 伝 え る 天 皇 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 の

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


た け だ ゅ う き ち 「 帝 紀 」 の 内 容 に つ い て は 、 津 田 説 を う け て 、 武 田 祐 吉 の 考 証 で は 、 ① 続 柄 、 ② 御 名 、 3 宮 号 ( 皇 居 ) 、 ④ 后 妃 と 皇 子 ・ 皇 女 の 名 、 3 皇 子 ・ 皇 女 の 事 蹟 、 ⑥ 天 皇 の 事 績 に 関 す る 簡 単 な 記 事 、 ⑦ 没 年 齢 、 崩 御 年 月 、 山 陵 、 を 挙 げ る が 、 津 田 は 3 ・ ⑥ の 事 績 が 「 帝 紀 」 に 存 在 し た こ と に は 否 定 的 で あ る 。 い ず れ に し て も 、 こ の よ う な 内 容 を 持 つ 一 種 の 皇 統 譜 が 六 世 紀 中 頃 に は 成 立 し 、 以 後 代 々 書 き 足 さ れ 、 天 皇 の 喪 葬 Ⅱ 即 位 儀 礼 に お い て 「 日 嗣 」 と し て 読 み 上 げ ら れ た の で あ る 。 じ ん 、 - っ 津 田 は さ ら に 、 「 記 紀 」 の 神 代 史 以 降 の 物 語 に も 分 析 を 加 え 、 「 神 功 皇 后 の 新 羅 遠 征 」 か ら 遡 り 「 神 武 東 征 」 ま で の 物 語 に つ い て 、 神 代 史 と 同 じ く 、 皇 室 統 治 の 由 来 を 整 然 と 説 い た 、 観 念 的 モ チ ー フ に よ る 述 作 だ と し た 。 ま た 後 述 す る が 、 「 帝 紀 」 に み え る 天 皇 の 「 御 名 の 書 き 方 」 に つ い て も 、 応 神 以 降 は 実 名 に 近 い が 、 仲 哀 以 前 は で 後 世 の お く り 名 の 尊 称 だ と し 、 欽 明 前 後 に 付 け ら れ た と 指 摘 し た 。 こ れ ら か ら 、 仲 哀 天 皇 以 ( ー こ は 史 実 の 記 〕 と よ べ る も の は な い と し た の で あ る 。 神 功 皇 后 伝 説 の 成 立 時 期 神 功 皇 后 、 オ キ ナ ガ タ ラ シ ヒ メ ( 気 長 足 姫 ) は 、 「 記 紀 」 に よ れ ば 仲 哀 天 皇 ( 一 四 代 ) の 皇 后 第 伝 く ま そ か し ひ で あ る 。 天 皇 と と も に 熊 襲 を 討 っ た め に 大 和 を 発 ち 、 筑 紫 の 橿 日 宮 に 到 り 、 そ こ で 先 に 触 れ た よ う に 皇 后 は 神 が か り し て 、 新 羅 を 従 わ せ る よ う に と の 託 宣 を 告 げ た が 、 天 皇 は 信 じ な か っ た 「 日 本 書 紀 』 「 古 事 記 』 の

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


『 日 本 書 紀 』 に は 、 第 一 一 代 垂 仁 天 皇 の 宮 を 纒 向 の 珠 城 宮 、 第 一 一 一 代 景 行 天 皇 の 宮 を 纒 向 の 日 し ろ の み や 代 宮 と 伝 え る 。 纏 向 遺 跡 が 発 掘 さ れ て み る と 、 個 別 断 片 的 に は 権 の 発 祥 の 宮 の 記 憶 を 伝 ヤ マ ト え て い る の か も し れ な い し か し 王 位 継 承 の 物 語 が 事 実 と 違 う 以 上 、 た と え ば 卑 弥 呼 は 天 皇 系 譜 の 誰 に あ た る か と い う 議 論 自 体 が 、 あ ま り 意 味 が な い の だ ろ う 。 た と え ば 卑 弥 呼 は 神 功 皇 后 で あ る と 論 じ て も 、 そ も そ も 『 日 本 書 紀 』 編 者 は 神 功 皇 后 を 卑 弥 呼 に あ て て い る の だ が 、 前 述 の よ う に 神 功 皇 后 の あ り 方 の 中 に 卑 弥 呼 の 女 王 と し て の 特 色 を 読 み と る こ と は で き る が 、 い わ ゆ る 「 三 韓 征 伐 」 の 伝 承 は 卑 弥 呼 の 時 代 と 合 わ な い し 、 次 に 立 て ら れ た 男 王 に 応 神 天 皇 を 比 定 す る こ と は 無 理 と い わ ざ る を え な い 箸 墓 に つ い て は 、 古 墳 と し て は き わ め て 例 外 的 だ が 、 『 日 本 書 紀 』 の 中 に 伝 承 が の る 。 崇 神 お お も の ぬ し の か み や ま と と と び も も そ ひ め 紀 十 年 九 月 に 、 大 物 主 神 の 妻 と な っ た 、 倭 迹 迹 日 百 襲 姫 が 、 夫 の 姿 を み た い と 頼 み 、 小 蛇 で あ み も ろ る こ と を み て 驚 い て し ま い 、 大 神 は 恥 じ て 、 御 諸 山 ( 三 輪 山 ) に 還 っ て し ま う 。 そ こ で 倭 迹 迹 日 百 襲 姫 は 箸 に 陰 部 を 撞 い て 死 ん だ と い う 三 輪 山 伝 説 で あ る 。 な づ 故 、 時 の 人 、 そ の 墓 を 号 け て 箸 墓 と 謂 ふ 。 こ の 墓 は 、 日 は 人 作 り 、 夜 は 神 作 る 。 故 、 大 坂 山 の 石 を 運 び て 造 る 。 則 ち 山 よ り 墓 に 至 る ま で に 、 人 民 相 踵 ぎ て 、 手 逓 伝 に し て 運 ぶ 。 か れ た ま き の み や ひ る

天皇の歴史01巻 神話から歴史へ


さ い め し 遠 征 軍 の 指 揮 を と っ て い る が 、 女 帝 ・ 皇 后 自 ら 外 征 軍 の 指 揮 を と る こ と は 七 世 紀 中 葉 に 斉 明 天 皇 が 百 済 救 援 の た め に 北 九 州 に 出 征 し た の が 唯 一 の 例 で あ る こ と な ど を 指 摘 し た 。 神 功 皇 后 伝 説 は 、 六 世 紀 以 降 、 特 に 推 古 天 皇 以 後 の 史 実 と の 関 係 が 深 く 、 大 綱 は 七 世 紀 以 降 に な り 、 推 古 ・ 斉 明 ・ 持 統 の 三 女 帝 を モ デ ル と し て 構 想 さ れ た と 結 論 し て い る 。 直 木 氏 は 、 「 一 般 に 記 紀 の 原 型 と な っ た 旧 辞 は 、 帝 紀 と と も に 六 世 紀 前 半 に 成 立 し た と す る 二 一 と な っ て い る 。 こ の 小 論 は 、 津 田 の 研 究 を 基 礎 と し な が 津 田 左 右 吉 の 見 解 が 、 ほ と ん ど 部 で あ る 神 功 伝 二 一 ( 七 世 紀 の 成 立 で あ る と い う ロ 論 と ら 、 意 外 に も 結 果 に お い て は な っ た 」 と 述 べ 、 、 田 の 旧 辞 論 を 継 承 し て 、 一 歩 進 め た と い え る だ ろ う 。 井 上 光 貞 氏 も 、 直 木 説 を 基 本 的 に 認 め て 、 物 語 が 最 後 の み が き を か け ら れ た の が 七 世 紀 で あ す ・ い 一 」 、 つ る こ と は こ れ に よ っ て 明 ら か に な っ た と す る 。 こ の オ キ ナ ガ タ ラ シ ヒ メ の 物 語 と 景 行 紀 ・ 記 の 大 半 を 占 め る ヤ マ ト タ ケ ル の 物 語 , ー 、 景 行 の 子 で あ る ヤ マ ト タ ケ ル が 熊 襲 ・ 出 雲 ・ 東 国 な ど を 平 定 す る 悲 劇 的 物 語 ー ー と は 、 「 帝 紀 」 「 旧 辞 」 と は 独 立 に 成 長 し て い き 、 そ れ が 「 帝 紀 」 「 旧 辞 」 に 人 っ た の は 七 世 紀 の こ と だ と 述 べ て い る ( 『 日 本 国 家 の 起 源 』 ) 。 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 論 と 日 本 の 「 建 国 」 『 日 本 書 紀 』 は 、 巻 三 の 神 武 天 皇 紀 か ら 年 月 日 、 年 の 干 支 、 日 の 干 支 が 書 い て あ る 。 『 古 事 記 』 に は 年 月 は 書 か れ ず 、 天 皇 の 治 世 年 数 が 記 さ れ る だ け で あ り 、 「 帝 紀 」 「 旧 辞 」 に は そ う し 第 二 章 121 伝 え る 天 皇 「 日 本 書 紀 ′ 古 事 記 』 の