検索 - みる会図書館

検索対象: 日本書紀の読み方

日本書紀の読み方から 273件ヒットしました。

日本書紀の読み方


日 本 書 紀 の 読 み 方 遠 山 美 都 男 = 編 講 談 社 現 代 新 書 1709

日本書紀の読み方


日 本 書 紀 の 読 み 方 遠 山 美 都 男 ⅱ 編 講 談 社 現 代 新 書

日本書紀の読み方


著 者 略 歴 古 代 に お け る 「 現 代 史 」 の 幕 開 け / 壬 申 紀 の 語 り / 壬 申 の 「 功 臣 」 た ち / 記 録 か ら 欠 落 し た 功 臣 た ち / 敗 者 へ の 「 政 治 的 配 慮 」 / 乱 の 舞 台 の 広 が り / 尾 張 国 司 自 殺 の 謎 / 大 和 の 氏 族 の 動 き / 壬 申 紀 の 記 述 と 史 実 の 間 隙 ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ⑤ ◆ 「 改 新 の 詔 」 を ど う 読 む か / 白 村 江 の 戦 い / 持 統 紀 の 「 法 」 第 6 章 日 本 書 紀 を つ く っ た の は 誰 か 日 本 書 紀 に 関 わ っ た 渡 来 人 藤 原 不 比 等 と 日 本 書 紀 日 本 書 紀 の 国 内 資 料 日 本 書 紀 と 外 交 資 料 日 本 書 紀 の 区 分 論 日 本 書 紀 の 「 編 集 方 針 」 と そ の 変 容 6 5 4 ろ 2 270 244 265 加 藤 謙 吉 ・ 達 山 美 都 男

日本書紀の読み方


著 者 略 歴 古 代 に お け る 「 現 代 史 」 の 幕 開 け / 壬 申 紀 の 語 り / 壬 申 の 「 功 臣 」 た ち / 記 録 か ら 欠 落 し た 功 臣 た ち / 敗 者 へ の 「 政 治 的 配 慮 」 / 乱 の 舞 台 の 広 が り / 尾 張 国 司 自 殺 の 謎 / 大 和 の 氏 族 の 動 き / 壬 申 紀 の 記 述 と 史 実 の 間 隙 ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ⑤ ◆ 「 改 新 の 詔 」 を ど う 読 む か / 白 村 江 の 戦 い / 持 統 紀 の 「 法 」 第 6 章 日 本 書 紀 を つ く っ た の は 誰 か 日 本 書 紀 に 関 わ っ た 渡 来 人 藤 原 不 比 等 と 日 本 書 紀 日 本 書 紀 の 国 内 資 料 日 本 書 紀 と 外 交 資 料 日 本 書 紀 の 区 分 論 日 本 書 紀 の 「 編 集 方 針 」 と そ の 変 容 6 5 4 ろ 2 270 244 265 加 藤 謙 吉 ・ 達 山 美 都 男

日本書紀の読み方


を す る 人 口 自 体 が 確 実 に 減 っ て き て い る の て は な い か と 危 県 さ れ ま す 。 と こ ろ が 、 そ れ に 反 比 例 し 、 日 本 書 紀 を 古 事 記 と 同 じ よ う こ 売 み ' 味 わ っ て み た い と い う 一 般 読 者 の 想 い は つ の り 、 高 ま っ て い る の が 現 状 て は な い て し よ う か 。 日 本 書 紀 と い う 史 科 を て き る だ け 楽 し く 、 か っ 有 意 義 に 読 む に は い っ た い ど の よ う な 方 法 や 視 点 が あ る の か 私 た ち 五 人 ( 平 林 章 仁 、 遠 山 美 都 男 、 加 藤 謙 吉 、 前 田 晴 人 、 早 川 万 年 ) は 、 日 本 書 紀 を 使 い 古 代 史 を 研 究 し て い る 決 し て 多 数 派 と は い え な い 研 究 者 て あ る と 自 負 し て い ま す 。 本 書 て は 、 そ れ ぞ れ が 日 頃 興 味 や 関 心 を も っ テ ー マ を 日 本 書 紀 か ら 選 び 出 し 、 そ れ を 素 材 に 「 私 は 日 本 書 紀 を こ の よ う に 読 ん て き た 」 「 日 本 書 紀 を 史 料 と し て 用 い る と き に は こ の よ う な 点 に 留 意 し て い る 」 「 日 本 書 紀 に は ま だ こ の よ う な テ ー マ が 眠 っ て い る 」 と い っ た こ と を 考 慮 し な が ら 自 由 に 論 じ て み ま し た 。 加 え て 、 古 典 と し て の 日 本 書 紀 の 「 読 み ど こ ろ 」 を 、 古 代 史 を 考 え る う え て の 論 点 を か ら め な が ら 紹 介 し ま し た 。 そ し て 最 後 の 第 6 章 に は 、 か っ て 坂 本 さ ん が 提 唱 し た 日 本 書 紀 自 体 の 研 究 、 日 本 書 紀 や そ の 編 纂 に 関 し て い ま ま て 何 が 間 題 と さ れ 、 何 が 明 ら か に な っ て き た の か に 関 し て 最 新 の リ ポ ー ト を 収 録 し て い ま す 。 一 読 さ れ れ ば 、 日 本 書 紀 の 読 み 物 と し て の 面 白 さ と 、 そ の 研 究 上 の 課 題 と が お の ず と 浮 か び 上 が っ て く る は す て す 。 0 ・ 4

日本書紀の読み方


【 群 】 巻 十 四 ( 雄 略 紀 ) ー 巻 二 十 一 ( 用 明 ・ 崇 峻 紀 ) 巻 二 十 四 ( 皇 極 紀 ) ー 巻 二 十 七 ( 天 智 紀 ) 【 滝 群 】 巻 一 ( 神 代 紀 上 ) ー 巻 十 三 ( 允 恭 ・ 安 康 紀 ) 巻 二 十 二 ( 推 古 紀 ) ・ 巻 二 十 三 ( 舒 明 紀 ) 巻 二 十 八 ( 天 武 紀 上 ) ・ 巻 二 十 九 ( 天 武 紀 下 ) 【 そ の 他 】 巻 三 十 ( 持 統 紀 ) 森 氏 に よ れ ば 、 群 は 中 国 語 の 原 音 に よ っ て 仮 名 が 表 記 さ れ て お り 、 文 章 も 正 格 の 漢 文 て 書 か れ て い る と い う 。 住 群 に 見 ら れ る 漢 文 の 誤 用 は 引 用 文 と 後 人 に よ る 潤 色 ・ 加 筆 部 分 に 限 ら れ て お り 、 原 資 料 を 尊 重 し な が ら 、 あ く ま ぞ 中 国 語 て 述 作 さ れ た の が 群 と い う わ け だ 。 当 然 、 群 の 書 き 手 と し て 考 え ら れ る の は 中 国 人 と い う こ と に な る 。 他 方 群 は 、 歌 謡 と 訓 注 の 仮 名 が 倭 音 に よ っ て 表 記 さ れ て い る た め に 、 中 国 語 の 原 音 て 読 む と 日 本 語 の 音 韻 が ま っ た く 区 別 不 能 に な る 。 文 章 も 倭 習 に 満 ち て お り 、 漢 語 ・ 漢 文 の 誤 用 や 奇 用 だ ら け て 正 規 の 漢 文 と は 程 遠 い 。 こ ち ら は 倭 人 ( 日 本 人 ) に よ っ て 書 か れ た と 見 て 間 違 い な い と 森 氏 は い う 。 う ま や と の み こ か み つ み や た し か に 、 厩 戸 皇 子 ( 聖 徳 太 子 ) の 称 号 と し て 名 高 い 「 上 宮 」 に つ い て 、 推 古 紀 ( 群 ) 264

日本書紀の読み方


好 著 。 三 浦 佑 之 「 古 事 記 講 義 」 文 藝 春 秋 、 ニ 〇 〇 三 ス サ ノ ヲ や ヤ マ ト タ ケ ル な ど 、 や つ ば り 古 事 記 が 読 み た く な る 。 て も 、 日 本 書 紀 を 読 む う え て も 参 考 に な る 有 益 な 一 冊 。 遠 山 美 都 男 「 天 皇 誕 生 」 中 公 新 書 、 ニ 〇 〇 一 神 武 か ら 武 烈 ま て 、 日 本 書 紀 が 描 こ う と し た 「 歴 史 像 」 を 明 ら か に し よ う と 試 み て い る 。 前 田 晴 人 「 神 功 皇 后 伝 説 の 誕 生 」 大 和 書 房 、 一 九 九 八 神 功 皇 后 伝 説 に 関 す る 論 考 の な か て 出 色 。 住 吉 大 神 と の 関 係 が 鮮 や か に 浮 か び 上 が る 。 日 本 書 紀 の 読 み ど こ み ー ー ② 101

日本書紀の読み方


に つ い て の 伝 承 が す ぞ に 成 立 し て い た こ と は 指 摘 て き る 」 古 事 記 ・ 日 本 書 紀 の も と に な っ た 資 料 と し て 、 「 帝 紀 」 「 旧 辞 」 が あ っ た こ と は 有 名 て あ ろ う 。 「 帝 紀 」 は 歴 代 大 王 の 系 譜 て あ り 、 「 旧 辞 」 と は 神 話 や 氏 族 の 伝 承 を 集 成 し た も の と い わ れ て い る ( 第 6 章 3 「 日 本 書 紀 の 国 内 資 科 」 参 照 ) 。 そ の 原 型 が て き あ が っ た の は 、 六 世 紀 つ だ そ う き ち き ん め い 半 ば の 欽 明 天 皇 の 時 代 て あ ろ う と 推 断 し た の は 津 田 左 右 吉 て あ っ た ( 『 日 本 古 典 の 研 究 』 上 ・ 下 、 岩 波 書 店 ) 。 鉄 剣 銘 文 に ラ ワ ケ の 属 す る 〇 図 有 力 氏 族 の 八 代 の 系 譜 が 見 え 系 略 る の て あ る か ら 、 有 力 氏 族 の る 結 集 の 核 と な っ て い た 大 王 の め 系 譜 ( 王 統 譜 ) が こ の 時 代 に を 神 形 成 さ れ て い た と 考 え た と し と て も お か し く な く 、 「 帝 紀 」 コ ヒ の 原 型 ( こ れ を 原 帝 紀 と い う ) ホ が 成 立 し て い た 可 能 性 も 出 て オ き た 、 と 吉 村 氏 は 述 べ る 。 要 倭 迹 迹 日 百 襲 姫 命 孝 霊 鬱 色 謎 命 開 化 武 渟 川 別 大 彦 命 倭 迹 迹 姫 命 武 埴 安 彦 吾 田 媛 孝 元 埴 安 媛 ( 大 物 主 神 ) 〇 崇 神 御 間 城 姫 渟 名 城 入 姫 命 豊 城 入 彦 命 豊 鍬 入 姫 命 垂 仁 て い き き ゅ う じ 「 崇 神 紀 」 の 読 み 方 崇 神 天 皇 は 実 在 し た か ?

日本書紀の読み方


◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ⑤ ◆ 孝 徳 紀 5 持 統 紀 : 「 改 、 新 ・ の 、 詔 」 を ど う 1 睨 む か 〈 巻 ニ 十 五 孝 徳 紀 〉 い わ ゆ る 「 大 化 改 新 」 の ク ー デ タ ー の 直 後 に 、 孝 徳 天 皇 は 即 位 す る 。 大 化 元 年 ( 六 四 五 ) の 六 月 十 四 日 。 そ れ は 蘇 我 入 鹿 が 殺 害 さ れ た 一 一 日 後 て あ っ た 。 翌 年 正 月 一 日 に 、 著 名 な 大 化 改 新 の 詔 が 出 さ れ る 。 こ こ に 政 冶 改 革 は い よ い よ 具 体 化 す る こ と に な る 。 改 新 詔 ー 、 よ 学 校 の 歴 史 て も 学 ぶ よ う に 、 四 項 目 に 分 か れ 、 ① 私 地 私 民 の 停 止 、 ② 地 方 行 政 や 交 は ん で ん し ゅ う じ ゅ 通 等 の 制 度 の 設 置 、 ③ 戸 籍 計 帳 ・ 班 田 収 授 法 の 制 定 、 ④ 調 ・ 武 器 な ど の 貢 納 、 労 役 等 の 規 定 、 と さ れ る 。 も ち ろ ん 、 律 令 制 支 配 に つ な が る こ の よ う な 改 革 が 一 挙 に 実 現 て き た と は 考 え ら れ ず 、 広 く 七 世 紀 政 治 史 の 推 移 を 視 野 に 入 れ て 改 革 の 実 態 が 検 討 さ れ な く て は な ら な い 。 さ て 、 こ こ ぞ は 、 書 紀 を 読 む 立 場 か ら 注 意 点 を 一 一 つ だ け あ げ て お こ う 。 ま す 第 一 に 、 大 化 改 新 と 称 さ れ る 政 治 改 革 は 、 こ の 四 項 目 の み に と ど ま ら な い こ と て あ る 。 正 月 一 日 の 詔 以 後 も 、 一 一 月 に は 雑 役 を 停 止 す る と し 、 三 月 は 前 年 に 派 遣 し た 東 国 国 司 の 論 功 行 賞 と 、 「 東 国 朝 集 使 」 へ の 詔 、 さ ら に は 薄 葬 令 や 習 俗 、 訴 訟 に 関 す る 法 令 も 次 々 に 出 さ れ て い る 。 大 化 一 一 年 正 月 一 日 詔 だ け に 注 目 す る の て は な く 、 孝 徳 天 皇 紀 全 体 を 視 野 に 入 れ る 取 り 組 み が 求 め ら れ よ う 。 第 一 一 の 注 意 点 は 、 書 紀 に 見 ら れ る 詔 の 記 述 を 、 六 四 六 年 と い う 年 代 に 当 て は め て 、 そ の ま ま : 早 川 カ 年 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー Hb) 2 ろ 7

日本書紀の読み方


古 事 記 は 「 読 み 物 」 「 文 学 作 品 」 と し て 読 み や す く 、 面 白 い け れ ど も 、 日 本 書 紀 は そ う ー し 力 な い 、 と い う 声 を よ く 耳 に し ま す 。 現 に 古 事 記 は 何 と な く 堅 く て 取 っ つ き に く 、 近 年 、 三 浦 佑 之 氏 の 名 訳 ( 『 ロ 語 訳 古 事 記 〔 完 全 版 〕 』 文 藝 春 秋 ) が 世 に 出 て 、 実 に 多 く の 読 者 を 獲 得 し て い る の に 、 日 本 書 紀 の ほ う は さ つ ば り て す 。 日 本 書 紀 は 難 し い 。 た し か に 一 般 の 読 者 だ け て な く 、 専 門 の 研 究 者 に と っ て も 日 本 書 紀 は 難 物 中 の 難 物 と い っ て 過 一 言 て は な い て し よ う 。 そ れ は ひ と え に 、 日 本 書 紀 が 編 纂 物 ・ 編 纂 史 料 て あ る こ と に よ る よ う て す 。 編 纂 物 て す か ら 、 そ こ に は す て に 確 固 た る 「 歴 史 像 」 さ ん い っ が 呈 示 さ れ て い ま す 。 し か し 、 編 纂 に 採 用 さ れ た 原 資 料 も 採 用 さ れ な か っ た 原 資 料 も 散 佚 し て い て 実 見 て き ず 、 記 述 の 「 事 実 性 」 を 検 証 す る こ と が て き な い わ け て す 。 り つ こ く し せ き が く か っ て 日 本 古 代 史 の 碩 学 、 坂 本 太 郎 さ ん は 「 日 本 書 紀 を 初 め と す る 六 国 史 を 使 っ て 古 代 く ら も い る が 、 六 国 史 そ の も の を 研 究 し よ う と す る 人 は 少 な い 史 の 研 究 を す る 人 は い し よ く に ほ ん ぎ に ほ ん こ う き し よ く に ほ ん ・ 」 う き に ほ ん も ん と く て ん の う じ っ い っ て 警 鐘 を 鳴 ら し ま し た ( 六 国 史 Ⅱ 日 本 書 紀 ・ 続 日 本 紀 ・ 日 本 後 紀 ・ 続 日 本 後 紀 ・ 日 本 文 徳 天 皇 実 ろ く に ほ ん さ ん だ い じ つ ろ く 録 ・ 日 本 三 代 実 録 ) 。 と こ ろ ぞ 昨 今 は と い え ば 、 日 本 書 紀 を 史 料 と し て 用 い て 古 代 史 の 研 究 は し め に は じ め に