検索 - みる会図書館

全データから 213673件ヒットしました。

日本書紀はなにを隠してきたか


日 本 書 紀 は な に を 隠 し て き た か * 目 次

日本書紀はなにを隠してきたか


日 本 書 紀 は な に を 隠 し て き た カ 。 新 書 遠 山 美 都 男 T り 4 4 川 加 洋 泉 社

天皇誕生


と は せ ず 、 現 実 に は あ り も し な い 中 国 的 な 王 朝 と そ の 交 替 と い っ た 自 国 史 を 描 き 出 そ う と し た の だ ろ う か 。 そ の 理 由 は 、 歴 史 書 の 名 前 を 『 日 本 書 紀 』 と し た と こ ろ に 隠 さ れ て い る の で は な い か と 思 わ れ る 。 書 名 に 冠 し た 日 本 と い う 国 号 の 成 り 立 ち を 探 れ ば 、 そ の 意 図 が 明 ら か に な る で あ ろ と こ ろ で 、 『 日 本 書 紀 』 の 成 立 に つ い て は 、 『 日 本 書 紀 』 に 次 ぐ 歴 史 書 で あ る 『 続 日 本 紀 』 の 養 老 四 年 五 月 癸 酉 条 に 、 つ ぎ の よ う に 見 え る 。 み こ と の り う い つ ぼ ん と ね り 是 よ り 先 、 一 品 舎 人 親 王 、 勅 を 奉 け た ま は り て 日 本 紀 を 修 む 。 是 に 至 り て 功 成 り て 奏 上 ぐ 。 紀 卅 巻 系 図 一 巻 な り 。 と 替 ( こ れ よ り 先 に 、 一 品 の 舎 人 親 王 は 勅 命 を 奉 じ て 『 日 本 紀 』 の 編 纂 に あ た っ て い た 。 そ れ が つ い に 交 朝 完 成 を 見 て 、 天 皇 に 献 上 さ れ た 。 紀 は 全 三 十 巻 で あ り 、 系 図 は 一 巻 で あ る ) AJ こ れ に よ れ ば 、 書 名 は 『 日 本 紀 』 と あ っ て 、 『 日 本 書 紀 』 で は な い 。 だ か ら 、 こ の 『 日 本 紀 』 系 世 と は い わ ゆ る 『 日 本 書 紀 』 と は 別 の 書 物 で は な い か と す る 意 見 も あ る が 、 そ の よ う に 考 え る 必 要 は な い だ ろ う 。 本 来 の 書 名 が 何 で あ っ た に せ よ 、 そ こ に 日 本 と い う 国 号 が 冠 せ ら れ て い た こ と は 再 動 か な い 。 章 『 日 本 書 紀 』 が 出 来 上 が っ た の は 、 日 本 と い う 国 号 が 誕 生 し て か ら 、 わ ず か 二 十 足 ら ず 後 の こ 弴 と で 、 日 本 の 国 号 は 七 〇 一 年 に 施 行 さ れ た 大 宝 律 令 に お い て 正 式 に 採 用 さ れ た の で あ る 。 『 日 本 し よ く に ほ ん ぎ さ し あ

日本書紀の読み方


皇 と そ の 時 代 が 特 別 な 位 置 を 占 め 、 日 本 書 紀 の 紀 年 構 成 の 基 礎 と な る 暦 日 も 、 雄 略 紀 か ら げ ん か れ き か し よ う て ん 元 嘉 暦 ( 百 済 を 経 て 日 本 に 最 初 に 伝 え ら れ た 中 国 暦 。 南 朝 宋 の 何 承 天 の 編 。 日 本 て は 七 世 紀 初 頭 よ り 使 用 ) に よ っ て い る こ と を 指 摘 し て 、 古 代 人 が 雄 略 朝 を 歴 史 的 な 画 期 と し て 認 識 し て い た 事 実 を 明 ら か に さ れ て い る ( 岸 俊 男 「 画 期 と し て の 雄 略 朝 」 『 日 本 政 治 社 会 史 研 究 』 上 、 塙 書 房 ) 。 じ ん し ん さ ら に 日 本 書 紀 安 康 天 皇 三 年 八 月 壬 辰 条 に は 、 天 皇 の 暗 殺 に つ い て 、 「 天 皇 、 眉 輪 王 の し こ と つ ぶ さ 為 に 殺 せ ま つ ら れ た ま ひ ぬ 」 と 簡 略 に 述 べ 、 そ の 後 に 、 分 注 と し て 「 辞 、 具 に 大 泊 瀬 天 皇 み ま き の 紀 に 在 り 」 ( こ の 話 の 次 第 は 、 つ ぶ さ に 雄 略 天 皇 の 紀 に あ る ) と 記 し て い る 。 こ の 分 注 は う つ か り す る と 見 落 と し て し ま い そ う て あ る が 、 実 は 重 要 な 意 味 が そ こ に 隠 さ れ て い る 。 安 康 天 皇 暗 殺 の 類 末 は 、 分 注 の 一 一 一 口 う と お り 、 雄 略 即 位 前 紀 に 詳 述 さ れ て い る 。 し か し 本 来 そ れ は 、 安 康 天 皇 紀 に 載 せ る べ き も の て 、 前 後 が 逆 て あ り 、 叙 述 の 法 と し て は き わ め て 不 自 然 て あ る 。 日 本 書 紀 の 編 修 は 、 巻 々 に よ っ て 文 字 や 語 法 に 異 な る 特 徴 が み ら れ 、 編 修 者 が 分 担 し て 別 の 巻 々 ( グ ル ー プ ) を 述 作 し た こ と が 指 摘 さ れ て い る が ( 第 6 章 5 「 日 本 書 紀 の 区 分 論 」 参 照 ) 、 巻 十 四 の 雄 略 紀 以 降 と 巻 十 三 の 允 恭 ・ 安 康 紀 以 前 の 間 に は 、 文 字 や 語 法 な ど の 点 て 、 明 確 な 相 違 が 認 め ら れ る 。 森 博 達 氏 は 書 紀 区 分 論 の 立 場 か ら 、 巻 十 三 の 分 注 の 間 題 に 触 れ 、 こ れ は 巻 十 四 が 巻 十 一 二 に 先 行 し て 書 か れ た こ と の 証 し て あ る と さ れ た ( 森 博 達 『 日 本 書 紀 の 謎 を 解 く 』 中 公 新 書 ) 。 140

日本書紀はなにを隠してきたか


一 つ に は 、 『 日 本 書 紀 』 が 扱 っ て い る 時 代 、 と く に 五 世 紀 か ら 七 世 紀 の 歴 史 に 関 す る 研 究 カ 史 料 的 な 制 約 な ど に よ り 、 や や も す れ ば 頭 打 ち の 状 况 に な っ て し ま っ た た め で あ ろ う 。 そ の た め 一 方 で は 、 よ り 史 料 が 豊 富 な 奈 良 ・ 平 安 時 代 に 研 究 者 が 大 挙 「 移 動 」 し た の で あ り 、 他 方 で 『 日 本 書 紀 』 を 使 い 古 代 史 を 研 究 す る こ と に 飽 き 足 ら な い 研 究 者 が 、 よ う や く 『 日 本 書 紀 』 自 体 を 徹 底 的 に 研 究 す る 方 向 へ と 重 心 を 移 行 さ せ る よ う に な っ た 、 と い う こ と な の で は あ る ま い か わ た し も 早 い も の で 、 二 〇 年 ほ ど 『 日 本 書 紀 』 を 使 い 日 本 古 代 史 の 諸 問 題 を 追 究 し て き た の で あ る が 、 『 日 本 書 紀 』 に も と づ い て 考 察 し た 主 と し て 七 世 紀 の 事 件 と 人 物 に 関 す る 文 章 を 集 め て 一 書 に し た の が 本 書 で あ る 。 多 く は そ の 時 々 に 一 般 向 け の 雑 誌 な ど に も と め ら れ て 執 筆 し た 文 章 な の で 、 論 旨 の 重 複 や 用 語 ・ 体 裁 に 統 一 が 取 れ て い な い 箇 所 も あ る が 、 『 日 本 書 紀 』 に 立 脚 し て 考 え よ う と し た 姿 勢 だ け は 一 貫 し て い る 。 総 じ て 、 『 日 本 書 紀 』 編 纂 の 謎 に 迫 る 切 り 口 や 論 点 を 呈 示 で き て い る の で は な い か と 思 い 、 「 日 本 書 紀 は な に を 隠 し て き た か 』 と 銘 打 っ た 。 な お 本 書 は 、 洋 泉 社 か ら 一 九 九 九 年 に 出 版 し た 同 書 名 の 単 行 本 を も と に し て い る が 、 今 回 、 新 書 化 に あ た り 、 前 著 に 補 筆 ・ 訂 正 を 加 え 、 さ ら に そ の 後 発 表 し た 文 章 も 収 録 す . る こ と に し た 。 著 者

複数の「古代」


が 、 そ れ が 、 「 日 本 」 と い う 呼 び あ ら わ し を も っ か 、 も た な い か と い う 、 「 歴 史 」 を 語 る 根 幹 、 す な わ ち 「 歴 史 」 の 世 界 像 に か か わ る 相 違 に 及 ん て い る の て あ る 。 ひ と つ に て き な い 、 異 な る 「 古 代 」 と し て 、 『 古 事 記 』 と 『 日 本 書 紀 』 と を と ら え る べ つ : フ き こ と は 、 こ - フ し て 、 『 日 本 聿 日 紀 』 が 紀 年 を も っ と い - フ こ と を 見 る な か か ら も 、 あ き ら か に さ れ る の て あ る 。 1 1 7 第 四 章 紀 年 を も つ 「 日 本 書 紀 」 の 「 歴 史 」

日本書紀はなにを隠してきたか


そ れ は 、 八 世 紀 に 国 家 に よ っ て 編 纂 さ れ た 歴 史 書 『 日 本 書 紀 』 に お い て 、 聖 徳 太 子 即 位 の い ん べ い 事 実 が ど う し て 隠 蔽 さ れ た の か と い う こ と で あ る 。 『 日 本 書 紀 』 は 中 国 ( 当 時 は 唐 王 朝 ) を 強 烈 に 意 識 し て 作 ら れ た 歴 史 書 だ っ た 。 中 国 は 伝 統 的 に 女 王 や 女 帝 に 否 定 的 な 考 え を も っ て い た 。 女 王 を い た だ く の は 野 蛮 ・ 未 開 の 象 徴 で あ り 、 女 性 が 政 治 に 介 入 す る の は 亡 国 の 原 因 で あ る と 見 な さ れ て い た の で あ る 。 聖 徳 太 子 が 即 位 し た 事 実 が あ っ た の な ら ば 、 『 日 本 書 紀 』 は そ れ を あ え て 隠 し 、 推 古 女 帝 の 巻 を 一 巻 立 て る 必 要 な ど な か っ た は ず で あ る 。 そ れ で も 『 日 本 書 紀 』 巻 第 一 一 十 二 は 推 古 天 皇 紀 と さ れ た 。 聖 徳 太 子 紀 ( ? ) 一 巻 が 立 て ら れ な か っ た 理 由 を 、 『 日 本 書 紀 』 の 編 纂 過 程 上 の 問 題 、 あ る い は 『 日 本 書 紀 』 全 体 の 構 想 の 問 題 に 即 し て 明 快 に 説 明 で き な い 以 上 、 聖 徳 太 子 即 位 説 を 安 直 に 説 く こ と は 絶 対 ゆ る さ れ な い と 思 う の で あ る 。 若 す ぎ た 聖 徳 太 子 聖 徳 太 子 が 即 位 し な か っ た と い う の は 古 代 史 の 常 識 だ と 前 に 述 べ た 。 し か し 、 『 日 本 書 紀 』 な ど に そ う 書 い て あ る か ら と い っ て 、 そ れ で 問 題 が 終 わ る わ け で は な い 。 聖 徳 太 子 が 即 位 し な か っ た ( 即 位 で き な か っ た ) 理 由 や 事 情 に つ い て 、 前 後 の 状 況 を ふ ま え 明 確 な 説 明 を 試 み る 必 要 が あ る 。

複数の「古代」


『 古 事 記 』 崩 年 干 支 に 見 ら れ る よ う な 紀 年 構 成 の 試 み は 、 や が て 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 的 世 界 と な っ て 結 実 し た 。 と し た の て あ っ た 。 え て い る と こ ろ が あ る 鎌 田 が 、 『 日 本 書 紀 』 の 構 築 を 「 紀 年 的 世 界 」 と い う の は 、 い い 己 に と っ て 問 わ れ る べ き も の が 間 わ れ て い な い と い わ ね ば な ら な い 。 か や は り 、 『 古 事 一 三 ロ 』 『 日 本 書 紀 』 と は 異 な る 紀 年 構 成 が 、 『 日 本 書 紀 』 以 前 の 試 み と し て あ っ た と い っ て お わ る の て は 、 『 古 事 記 』 が そ れ を 注 記 す る こ と の 間 題 は 、 間 わ れ な い ま ま だ 。 大 事 な の は 、 成 立 の 事 情 て な く 、 崩 年 干 支 の 注 が 、 『 古 事 記 』 に と っ て ど う い う 意 味 を も っ か だ 。 4 並 ん で あ っ た 紀 年 1 3 4

複数の「古代」


こ と を い た ず ら に 複 雑 に し よ う と い う の て は な い 。 『 日 本 書 紀 』 の は す だ と い う 予 見 を も っ て し ま っ た 結 果 、 事 態 を 正 し く 見 ら れ な い て い た こ と を 、 見 直 し た い の て あ る 。 予 見 な く 、 左 注 の 「 日 本 紀 」 ( 「 紀 」 ) に 相 対 す れ ば 、 『 日 本 書 紀 』 と は 別 な 、 こ れ を 改 編 し た テ キ ス ト が 、 そ れ も 、 ひ と っ て な く 、 認 め ら れ る の て あ っ た 。 そ し て 、 書 き 入 れ も 、 何 次 か に わ た っ た か も し れ な い と い う こ と て あ る 。 そ - フ し た テ キ ス ト を 、 ど れ だ け 具 本 的 に と ら え - フ る か 「 帝 紀 ( 記 ) 」 に つ い て は 、 第 六 章 に 述 べ た が ( 参 照 、 。 1 ヘ ー ジ 以 下 ) 、 天 皇 の 代 を お っ て 記 し た テ キ ス ト て あ り 、 正 倉 院 文 書 に 見 る と お り 、 天 平 期 に も あ っ た 。 た だ 、 一 巻 な い し 二 九 〇 歌 左 注 の よ う に 、 『 日 本 書 紀 』 そ の も の に 拠 っ た と し て 差 支 え な い も の も あ る が 、 お お か た は 、 『 日 本 書 紀 』 を 改 編 し た テ キ ス ト に 拠 る と 見 る べ き な の て あ る 。 3 『 日 本 書 紀 』 の 改 編 テ キ ス ト 206

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


書 紀 紀 年 法 を め ぐ る 研 究 史 ー 書 紀 編 年 は 矛 盾 し て い る 紀 年 法 と 書 紀 研 究 と ね り 本 書 の 目 的 は 、 七 二 〇 ( 養 老 四 ) 年 に 舎 人 親 王 ( 六 七 六 5 七 三 五 年 ) に よ っ て 撰 上 さ れ た と さ れ る わ が 国 最 古 の 正 史 で あ る 『 日 本 書 紀 』 ( 『 日 本 紀 』 ) の 編 年 に 内 在 し て い る 一 二 〇 年 の 年 差 の あ る < 列 と 列 の 存 在 を ア プ ロ ー チ と し て 、 奈 良 時 代 の 出 来 事 が 、 飛 鳥 時 代 の 出 来 事 と し て 『 日 本 書 紀 』 ( 以 下 、 『 書 紀 』 と 略 す る 場 合 が あ り ま す ) に 投 影 さ れ て い る こ と を 論 証 し 、 聖 徳 太 子 や 法 隆 寺 再 建 の 謎 を 解 き 明 か す こ と に あ り ま す 。 そ の 前 提 条 件 と し て 、 ま ず 、 神 武 元 年 か ら 持 統 十 一 年 ま で の 書 紀 編 年 が ど の よ う な 仕 組 み と な っ て い る の か ( 書 紀 編 年 の 仕 組 み は 「 日 本 書 紀 紀 年 法 」 と 呼 称 さ れ て い ま す ) 、 そ し て 、 < 列 と 列 と は 、 い っ た い ど の よ う な 年 代 列 で あ る の か を 説 明 し な け れ ば な り ま せ ん 。 す な わ ち 、 << 列 と 列 の 仕 組 み が わ か ら な け れ ば 、 本 書 の 内 容 を 読 者 の 皆 様 に 十 分 に 理 解 し て い た だ け ま せ ん し 、 ま た 、 お 伝 え す る こ と が で き な い か ら で す 。 そ こ で 、 『 日 本 書 紀 』 の 成 立 以 来 、 紀 年 法 が 人 々 の 間 に ど の よ う に 意 識 さ れ て き た の か 、 研 究 史 を 辿 る こ と に よ っ て 、 ま ず は 概 観 し て お く こ と に し ま し よ う 。