検索 - みる会図書館

検索対象: 天皇誕生

天皇誕生から 263件ヒットしました。

天皇誕生


と は せ ず 、 現 実 に は あ り も し な い 中 国 的 な 王 朝 と そ の 交 替 と い っ た 自 国 史 を 描 き 出 そ う と し た の だ ろ う か 。 そ の 理 由 は 、 歴 史 書 の 名 前 を 『 日 本 書 紀 』 と し た と こ ろ に 隠 さ れ て い る の で は な い か と 思 わ れ る 。 書 名 に 冠 し た 日 本 と い う 国 号 の 成 り 立 ち を 探 れ ば 、 そ の 意 図 が 明 ら か に な る で あ ろ と こ ろ で 、 『 日 本 書 紀 』 の 成 立 に つ い て は 、 『 日 本 書 紀 』 に 次 ぐ 歴 史 書 で あ る 『 続 日 本 紀 』 の 養 老 四 年 五 月 癸 酉 条 に 、 つ ぎ の よ う に 見 え る 。 み こ と の り う い つ ぼ ん と ね り 是 よ り 先 、 一 品 舎 人 親 王 、 勅 を 奉 け た ま は り て 日 本 紀 を 修 む 。 是 に 至 り て 功 成 り て 奏 上 ぐ 。 紀 卅 巻 系 図 一 巻 な り 。 と 替 ( こ れ よ り 先 に 、 一 品 の 舎 人 親 王 は 勅 命 を 奉 じ て 『 日 本 紀 』 の 編 纂 に あ た っ て い た 。 そ れ が つ い に 交 朝 完 成 を 見 て 、 天 皇 に 献 上 さ れ た 。 紀 は 全 三 十 巻 で あ り 、 系 図 は 一 巻 で あ る ) AJ こ れ に よ れ ば 、 書 名 は 『 日 本 紀 』 と あ っ て 、 『 日 本 書 紀 』 で は な い 。 だ か ら 、 こ の 『 日 本 紀 』 系 世 と は い わ ゆ る 『 日 本 書 紀 』 と は 別 の 書 物 で は な い か と す る 意 見 も あ る が 、 そ の よ う に 考 え る 必 要 は な い だ ろ う 。 本 来 の 書 名 が 何 で あ っ た に せ よ 、 そ こ に 日 本 と い う 国 号 が 冠 せ ら れ て い た こ と は 再 動 か な い 。 章 『 日 本 書 紀 』 が 出 来 上 が っ た の は 、 日 本 と い う 国 号 が 誕 生 し て か ら 、 わ ず か 二 十 足 ら ず 後 の こ 弴 と で 、 日 本 の 国 号 は 七 〇 一 年 に 施 行 さ れ た 大 宝 律 令 に お い て 正 式 に 採 用 さ れ た の で あ る 。 『 日 本 し よ く に ほ ん ぎ さ し あ

天皇誕生


終 章 再 び 、 万 世 ー 系 と 王 朝 交 替 と 最 近 の 研 究 で は 、 『 日 本 書 紀 』 の 実 際 の 書 き 手 が 渡 来 ・ 帰 化 し た 中 国 人 で あ っ た こ と が 解 明 さ れ つ つ あ る ( 森 博 達 氏 、 前 掲 書 ) 。 『 日 本 書 紀 』 が 何 世 紀 に も わ た る 中 国 か ら の 文 化 ・ 思 想 の 摂 取 ・ 継 受 を ベ ー ス に し て 、 当 時 の 大 唐 帝 国 に 向 け て 発 信 さ れ た 歴 史 書 で あ っ た と い う こ と は 、 今 後 、 『 日 本 書 紀 』 自 体 を 研 究 す る 場 合 で も 、 ま た 、 『 日 本 書 紀 』 を 使 っ て 歴 史 の 研 究 を 行 な う 場 合 で も 、 押 さ え て お か ね ば な ら な い 基 本 的 な 視 点 と 結 論 し て 間 違 い な い で あ ろ う 。 243

天皇誕生


た と え て い う な ら ば 、 日 本 と い う 国 家 は 、 天 の 思 想 と い う 丈 夫 な カ バ ン を 中 国 か ら 輸 入 し て お き な が ら 、 本 来 そ こ に 収 め る べ き も の を 入 れ ず に 、 自 分 好 み の も の を あ れ こ れ 詰 め 込 ん だ 。 だ が 、 ど の よ う に カ バ ン の 中 身 が 違 っ て い て も 、 カ バ ン そ の も の は 中 国 の そ れ と 同 じ で あ る か ら 、 中 身 ( 万 世 一 系 ) と は お よ そ 正 反 対 の 外 見 ( 王 朝 交 替 ) で あ っ て も 、 時 に 応 じ て 容 易 に そ れ に 馴 染 み 、 そ れ を 部 分 的 に 受 け 容 れ て し ま う こ と が あ る と い う こ と な の で あ ろ う 。 中 国 の 文 化 ・ 思 想 と い う 磁 カ 『 日 本 書 紀 』 や 『 古 事 記 』 の 叙 述 に は 、 キ ラ リ と 光 る 宝 石 の よ う な 史 実 の 断 片 や 、 日 本 固 有 の 文 化 や 思 想 の 豊 か な 鉱 脈 が 隠 さ れ て い る と 思 わ れ が ち で あ る 。 江 戸 時 代 に 始 ま 0 た 国 学 は 、 『 古 事 王 記 』 『 日 本 書 紀 』 や 『 万 葉 集 』 な ど の う ち 、 と く に 『 古 事 記 』 を 読 め ば ( 徹 底 的 に 読 み 込 め ば ) 、 系 中 国 の 思 想 や 文 化 の 影 響 を こ う む る 以 前 の 日 本 の 真 の 姿 が 明 ら か に で き る の だ と 考 え た 。 だ が 、 世 本 書 に お い て 『 日 本 書 紀 』 の 前 半 部 分 の 叙 述 を 取 り 上 げ 、 い ろ い ろ と 検 討 を 加 え た 結 果 、 国 学 者 万 に は 残 念 な が ら 、 こ と に 『 日 本 書 紀 』 は 、 そ れ を い く ら 読 み 込 ん で も 、 歴 史 的 な 事 実 の か け ら や 、 再 中 国 の 思 想 ・ 文 化 の 影 響 を う け る 以 前 の 日 本 固 有 の 姿 を 拾 い 上 げ る こ と は ほ と ん ど 不 可 能 で あ る 章 こ と が 明 ら か に な っ た 。 む し ろ 、 『 日 本 書 紀 』 と い う 歴 史 書 は 、 中 国 の 文 化 ・ 思 想 の 受 容 と 摂 取 終 な し に は 、 そ の 骨 格 す ら 成 り 立 ち え な か っ た と い わ ね ば な ら な い 。 『 古 事 記 』 の 該 当 す る 部 分 に 241

天皇誕生


複 数 の 血 縁 集 団 の あ い だ を 移 動 し て い た 段 階 な の で あ る 。 特 定 の 一 族 か ら 倭 国 王 が 選 出 さ れ た と し て も 、 わ ず か 数 代 な の で あ る か ら 、 こ れ で は と て も 世 襲 と は い え な い 。 と も か く 、 血 統 に よ る 世 襲 と い う 観 念 が 未 成 立 で あ っ た 以 上 、 そ こ に 王 朝 の 概 念 を 適 用 す る こ と は 不 可 能 な の で あ る 。 本 書 の 課 題 ー ー ニ つ の 物 語 Ⅱ 世 界 の 発 掘 以 上 見 て き た よ う に 、 大 日 本 帝 国 憲 法 を 作 っ た 明 治 国 家 は 、 『 日 本 書 紀 』 を も と に し て 天 皇 家 の 万 世 一 系 を 主 張 し た が 、 他 方 、 戦 後 の 王 朝 交 替 説 は 、 同 じ 『 日 本 書 紀 』 を 用 い 、 そ れ に 徹 底 的 な 批 判 的 検 討 を 加 え る こ と を 通 じ て 、 万 世 一 系 と は 異 な る 王 朝 交 替 の 歴 史 を 描 き 出 し て き た 。 古 代 天 皇 の 歴 史 に 関 し て 、 万 世 一 系 と す る 説 と 、 王 朝 の 交 替 が あ っ た と 考 え る 説 は 、 い ず れ も 『 日 本 書 紀 』 を も と に し な が ら 、 ま っ た く 正 反 対 の 結 論 を 導 き 出 し て き た と い え る で あ ろ う 。 そ れ で は 、 そ も そ も 日 本 書 紀 は 、 本 当 に 一 系 の 天 白 の 史 な る も の を 描 き う 企 て て い た の で あ ろ う か 。 わ れ わ れ は 、 そ れ を 問 題 に せ ざ る を え な い 。 『 日 本 書 紀 』 の 記 述 を そ の ま ま 素 直 に 読 め ば 、 そ こ に 万 世 一 系 の 皇 位 継 承 の 歴 史 が 描 か れ て い る と 引 れ る が ど い え ば 、 か な ら ず し も そ う と は い え な い と 思 わ れ る 。 な ぜ な ら ば 、 『 日 本 書 紀 』 の 叙 述 、 と く に 六 世 紀 初 頭 の 継 体 天 皇 以 前 の 部 分 を 子 細 に 読 む な ら ば 、 そ こ に 天 皇 を 中 軸 と し な が ら も そ れ そ れ に 主 題 を 異 に す る 二 つ の 物 語 、 あ る い は 二 つ の 世 界

天皇誕生


、 は な は だ 疑 問 で す 。 そ の よ う な 単 純 な 二 者 択 一 論 を 超 ど れ ほ ど の 意 味 が 見 い だ せ る で し よ う か え て 、 歴 史 的 事 実 に 接 近 す る よ り 有 効 な 枠 組 み を 模 索 す る こ と が 急 務 で あ り 、 そ れ こ そ が 意 義 の あ る 仕 事 な の で は な い で し よ う か 。 本 書 で 述 べ た こ と は 、 私 が 十 年 ほ ど 前 か ら ひ そ か に 温 め て き た 構 想 に も と づ い て い ま す 。 構 想 の 細 部 が 孵 化 す る た び に 知 人 に 話 し た こ と も あ り ま し た 。 そ の 一 部 を 講 義 で 取 り 上 げ た り し た こ と も あ り ま し た 。 四 年 ほ ど 前 か ら は 、 朝 日 カ ル チ ャ ー セ ン タ ー の 立 川 教 室 で 『 日 本 書 紀 』 の 講 読 ( 巻 第 三 の 神 武 天 皇 紀 か ら ) を 始 め た の を 機 に 、 年 来 の 構 想 を 一 気 に 煮 詰 め る こ と が で き ま し た 。 今 も 倦 ま ず に 講 読 に お 付 き 合 い い た だ い て い る 受 講 生 の 方 々 に 、 ま ず は お 礼 を 申 し 上 げ ね ば な り ま せ ん 。 お 礼 と い え ば 、 私 が 日 本 古 代 史 の な か で も 比 較 的 古 い 時 代 、 あ る い は 神 話 ・ 伝 承 の 類 い に も 関 心 を も つ よ う に な っ た の は 、 恩 師 、 黛 弘 道 先 生 の 影 響 な し に は 考 え ら れ な い こ と で す 。 今 年 、 め で た く 古 稀 を お 迎 え に な っ た 先 生 に 、 こ の 場 を か り て お 礼 を 申 し 上 げ た い と 思 い ま す 。 本 書 は 『 天 皇 誕 生 』 と 銘 打 っ て い ま す が 、 「 『 日 本 書 紀 』 入 門 」 と し て の 内 容 も 備 え て い る と 、 ひ そ か に 自 負 し て い ま す 。 ま ず は 、 各 節 の 囲 み の な か の 『 日 本 書 紀 』 の 物 語 の ダ イ ジ ェ ス ト を 通 し て お 読 み い た だ い て 、 『 日 本 書 紀 』 全 体 の 輪 郭 を つ か ん だ 後 で 、 そ の 解 説 と し て 本 文 を お 読 み い た だ く の も 一 つ の 読 み か た で は な い か 、 と お 勧 め い た し ま す 。 246

天皇誕生


貴 人 の 裔 武 烈 天 皇 ー ー ー 王 朝 の 幕 引 き 係 断 絶 と 再 生 と 同 じ パ タ ー ン が 二 度 も : 継 体 は 応 神 五 世 孫 ? 終 章 再 び 、 万 世 一 系 と 王 朝 交 替 と ・ 二 つ の 物 語 、 二 つ の 世 界 王 朝 交 替 を み と め て い た 『 日 本 書 紀 』 天 皇 、 お よ び 日 本 の 誕 生 な ぜ 、 書 名 が 『 日 本 書 紀 』 な の か ? 中 国 の 文 化 ・ 思 想 と い う 磁 カ あ と が き 参 考 文 献 『 日 本 書 紀 』 年 表 251 248 244 231

天皇誕生


貴 人 の 裔 武 烈 天 皇 ー ー ー 王 朝 の 幕 引 き 係 断 絶 と 再 生 と 同 じ パ タ ー ン が 二 度 も : 継 体 は 応 神 五 世 孫 ? 終 章 再 び 、 万 世 一 系 と 王 朝 交 替 と ・ 二 つ の 物 語 、 二 つ の 世 界 王 朝 交 替 を み と め て い た 『 日 本 書 紀 』 天 皇 、 お よ び 日 本 の 誕 生 な ぜ 、 書 名 が 『 日 本 書 紀 』 な の か ? 中 国 の 文 化 ・ 思 想 と い う 磁 カ あ と が き 参 考 文 献 『 日 本 書 紀 』 年 表 251 248 244 231

天皇誕生


れ て は こ な い は ず な の で あ る 。 王 朝 の 存 在 証 明 は と も か く と し て 、 王 朝 交 替 と い う 劇 的 な 展 開 は 、 水 野 氏 の 頭 の な か に 最 初 か ら あ っ た も の と い わ ざ る を え な い 。 す な わ ち 水 野 氏 は 、 非 実 在 の 天 皇 を 排 し て 検 出 さ れ た 天 皇 系 譜 を 理 解 す る に あ た っ て 、 『 古 事 記 』 や 『 日 本 書 紀 』 に 見 え る 伝 承 の 一 部 を ほ と ん ど 無 批 判 に 史 実 と 認 定 し て い る 。 他 方 、 水 野 氏 は 『 魏 志 』 倭 人 伝 か ら 読 み 取 れ る と 考 え た 史 実 を 、 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 か ら 抽 出 し た 史 実 の 上 に 実 に 単 純 に 重 ね 合 わ せ て し ま っ て い る 。 『 魏 志 』 倭 人 伝 の 記 述 と 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 の 叙 述 よ 、 い と も 簡 単 に 結 び つ け ら れ 、 そ こ に 実 に 大 胆 な 歴 史 的 な 展 開 が 素 描 さ れ る こ と に な る 。 崇 神 天 皇 に 始 ま る と い う 古 王 朝 の 瓦 解 は 、 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 に 見 え る 仲 哀 天 皇 に よ る 熊 襲 征 伐 と そ の 失 敗 の 物 語 な し に は 導 き 出 さ れ て こ な い は ず で あ る 。 ま た 、 九 州 の 覇 者 が 古 王 朝 を 打 倒 、 そ の 後 し て 近 畿 地 方 で 中 王 朝 を 樹 立 す る と い う 展 開 な ど は 、 『 魏 志 』 倭 人 伝 に 見 え る 卑 っ た と し た 上 で 、 そ れ は 長 年 抗 争 を た 狗 奴 国 に よ っ て ほ さ れ 、 朝 弥 呼 の 邪 馬 台 国 。 と 九 州 は 狗 奴 国 の 王 に よ っ て 統 一 さ れ た と い う 水 野 氏 独 自 の 解 釈 を 前 提 に し た も の で あ る 。 そ し て 、 一 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 に 見 え る 神 武 天 皇 の 東 征 物 語 、 お よ び 九 州 で 誕 生 し た 応 神 天 皇 が 母 で あ る 丗 一 じ ん ぐ う 万 神 功 皇 后 に 守 ら れ 東 上 を 果 た す と い っ た 物 語 を あ る 程 度 史 実 と み と め 、 そ れ ら を 『 魏 志 』 倭 人 伝 章 の 解 釈 と 結 び つ け る こ と な し に は 成 り 立 た な い も の で あ ろ う 。 ま た 、 水 野 説 に 発 想 の 根 拠 を あ た え た 江 上 氏 の 所 説 が 、 す で に 崇 神 を 、 朝 鮮 半 島 か ら 渡 来 し 九 ひ

天皇誕生


以 上 の よ う に 、 『 日 本 書 紀 』 の 継 体 以 前 の 叙 述 は 、 そ れ そ れ に 明 確 な 主 題 を も っ た 二 つ の ・ フ ロ ゞ は 、 前 半 最 後 の 登 場 人 物 で あ ッ ク に 分 け て 考 え る こ と が で き 。 兀 成 し た 『 日 本 書 紀 』 よ 、 必 第 芝 、 後 半 最 初 0 主 人 公 で を に 徳 天 皇 と が 、 父 子 関 係 で 結 ば れ て お り 、 前 半 か ら 後 半 〈 と 物 語 は ス ム ー ズ に 接 続 さ れ て い る が 、 応 神 と 仁 徳 は 、 元 来 そ れ そ れ 属 す る 世 界 、 活 躍 す る 舞 台 を 異 に す る 存 在 で あ っ た 。 後 半 の 物 語 は 、 中 国 の よ う に 天 命 を う け て 成 立 し 、 天 命 が 離 れ る こ と に よ っ て 崩 壊 す る 王 朝 が 日 本 に も あ っ た こ と を 主 張 し 、 そ れ を 証 明 し よ う と 試 み た 叙 述 で あ っ た 。 前 半 の 物 語 も あ く ま で 歴 代 の 天 皇 を 基 軸 に し た 物 語 で あ っ た か ら 、 そ の ま と ま り 自 体 が 一 つ の 王 朝 の 歴 史 で あ っ た と い 替 い 換 え て も よ い で あ ろ う 。 交 王 そ う で あ る と す る な ら ば 、 『 日 本 書 紀 』 の 継 体 以 前 の 叙 述 は 、 全 体 的 に 見 る な ら ば 、 神 武 か ら 系 応 神 ま で の 王 朝 と 仁 徳 に 始 ま り 武 烈 に 終 わ る 王 朝 と い う 二 大 王 朝 の 交 替 と い う 構 想 で 貫 か れ て い 世 た こ と に な る で あ ろ う 。 『 日 本 書 紀 』 は 一 般 に 、 天 皇 が 長 き に わ た っ て 同 じ 一 族 か ら 選 出 ・ 推 戴 万 さ れ て き た こ と 、 そ し て 、 今 後 も 永 久 に そ う あ り 続 け る で あ ろ う こ と 、 す な わ ち 万 世 一 系 を 証 明 再 し よ う と し た 歴 史 書 で あ る と 考 え ら れ が ち で あ っ た が 、 一 概 に そ う と は い え な い の で あ る 。 章 も ち ろ ん 『 日 本 書 紀 』 は 、 応 神 と 仁 徳 を は っ き り と 父 子 関 係 で 結 び 、 そ し て 武 烈 と 継 体 も 遠 い 親 戚 の 間 柄 で 、 し か も 継 体 は 武 烈 の 姉 の 夫 で も あ っ た と し て 結 び つ け た よ う に 、 天 皇 の 地 位 が 天 23 ラ

天皇誕生


天 皇 号 に つ い で 成 立 し た 日 本 国 号 は 、 倭 国 が か っ て 、 隋 や そ の 後 を 継 い だ 唐 か ら 「 日 出 処 ー あ る い は 「 日 出 国 」 と よ ば れ て い た こ と を ふ ま え な が ら も 、 そ れ に 独 自 の 解 釈 を 加 え て 誕 生 し た も の で あ っ た 。 「 日 出 処 」 や 「 日 出 国 」 と い え ば 、 所 詮 、 隋 ・ 唐 か ら 見 て 東 方 に 位 置 す る 国 家 と い う 意 味 合 い に す ぎ な か っ た 。 だ が 、 そ れ に 対 し 日 本 と い う の は 、 隋 や 唐 の 東 方 に あ る 国 家 と い う 意 味 に と ど ま ら ず 、 天 空 に 昇 り き っ た 太 陽 の 真 下 ( そ れ は す な わ ち 、 世 界 の 中 心 と い う こ と に な る ) と い う 意 味 を も ふ く む こ と に な る 、 実 に 大 胆 不 敵 な 自 称 な の で あ っ た 。 こ の よ う に 日 本 の 国 号 は 、 そ れ ま で の 「 日 出 処 ー 「 日 出 国 」 と は 決 定 的 に 異 な っ て 、 や や 先 行 し て 成 立 を 見 た 天 皇 号 と 同 様 に 、 大 唐 帝 国 と 同 質 の 世 界 帝 国 と し て の 自 国 を 表 現 し よ う と し た 呼 称 だ っ た の で あ る 。 と 替 朝 な せ 、 書 名 が 『 日 本 書 紀 』 な の か ? 『 日 本 書 紀 』 は 、 そ の 叙 述 の 前 半 部 分 に お い て 、 天 皇 と い う 地 位 と 権 力 、 そ の 天 皇 を 中 核 に し た 世 国 家 の 成 り 立 ち を 問 題 に し 、 書 名 に は 日 本 の 国 号 を 堂 々 と 冠 し た 。 そ の よ う な 『 日 本 書 紀 』 の な 万 か で 、 倭 国 の 実 際 の 歴 史 過 程 に は 起 こ り え な か っ た 王 朝 交 替 を あ え て 描 き 出 そ う と 試 み た の は 、 再 ひ と え に 、 日 本 と い う 国 家 が 大 唐 帝 国 と 同 じ 世 界 帝 国 で あ る こ と を 自 国 史 に お い て 検 証 し よ う と 章 し た た め 、 と い え る で あ ろ う 。 そ れ は 、 中 国 に 天 命 を う け て 成 り 立 っ 王 朝 が あ り 、 そ の 王 朝 が 頻 繁 に 交 替 す る と い う 長 期 に わ ひ い づ る と こ ろ 239