検索 - みる会図書館

検索対象: 日本書紀はなにを隠してきたか

日本書紀はなにを隠してきたかから 244件ヒットしました。

日本書紀はなにを隠してきたか


日 本 書 紀 は な に を 隠 し て き た か * 目 次

日本書紀はなにを隠してきたか


日 本 書 紀 は な に を 隠 し て き た カ 。 新 書 遠 山 美 都 男 T り 4 4 川 加 洋 泉 社

日本書紀はなにを隠してきたか


一 つ に は 、 『 日 本 書 紀 』 が 扱 っ て い る 時 代 、 と く に 五 世 紀 か ら 七 世 紀 の 歴 史 に 関 す る 研 究 カ 史 料 的 な 制 約 な ど に よ り 、 や や も す れ ば 頭 打 ち の 状 况 に な っ て し ま っ た た め で あ ろ う 。 そ の た め 一 方 で は 、 よ り 史 料 が 豊 富 な 奈 良 ・ 平 安 時 代 に 研 究 者 が 大 挙 「 移 動 」 し た の で あ り 、 他 方 で 『 日 本 書 紀 』 を 使 い 古 代 史 を 研 究 す る こ と に 飽 き 足 ら な い 研 究 者 が 、 よ う や く 『 日 本 書 紀 』 自 体 を 徹 底 的 に 研 究 す る 方 向 へ と 重 心 を 移 行 さ せ る よ う に な っ た 、 と い う こ と な の で は あ る ま い か わ た し も 早 い も の で 、 二 〇 年 ほ ど 『 日 本 書 紀 』 を 使 い 日 本 古 代 史 の 諸 問 題 を 追 究 し て き た の で あ る が 、 『 日 本 書 紀 』 に も と づ い て 考 察 し た 主 と し て 七 世 紀 の 事 件 と 人 物 に 関 す る 文 章 を 集 め て 一 書 に し た の が 本 書 で あ る 。 多 く は そ の 時 々 に 一 般 向 け の 雑 誌 な ど に も と め ら れ て 執 筆 し た 文 章 な の で 、 論 旨 の 重 複 や 用 語 ・ 体 裁 に 統 一 が 取 れ て い な い 箇 所 も あ る が 、 『 日 本 書 紀 』 に 立 脚 し て 考 え よ う と し た 姿 勢 だ け は 一 貫 し て い る 。 総 じ て 、 『 日 本 書 紀 』 編 纂 の 謎 に 迫 る 切 り 口 や 論 点 を 呈 示 で き て い る の で は な い か と 思 い 、 「 日 本 書 紀 は な に を 隠 し て き た か 』 と 銘 打 っ た 。 な お 本 書 は 、 洋 泉 社 か ら 一 九 九 九 年 に 出 版 し た 同 書 名 の 単 行 本 を も と に し て い る が 、 今 回 、 新 書 化 に あ た り 、 前 著 に 補 筆 ・ 訂 正 を 加 え 、 さ ら に そ の 後 発 表 し た 文 章 も 収 録 す . る こ と に し た 。 著 者

日本書紀はなにを隠してきたか


そ れ は 、 八 世 紀 に 国 家 に よ っ て 編 纂 さ れ た 歴 史 書 『 日 本 書 紀 』 に お い て 、 聖 徳 太 子 即 位 の い ん べ い 事 実 が ど う し て 隠 蔽 さ れ た の か と い う こ と で あ る 。 『 日 本 書 紀 』 は 中 国 ( 当 時 は 唐 王 朝 ) を 強 烈 に 意 識 し て 作 ら れ た 歴 史 書 だ っ た 。 中 国 は 伝 統 的 に 女 王 や 女 帝 に 否 定 的 な 考 え を も っ て い た 。 女 王 を い た だ く の は 野 蛮 ・ 未 開 の 象 徴 で あ り 、 女 性 が 政 治 に 介 入 す る の は 亡 国 の 原 因 で あ る と 見 な さ れ て い た の で あ る 。 聖 徳 太 子 が 即 位 し た 事 実 が あ っ た の な ら ば 、 『 日 本 書 紀 』 は そ れ を あ え て 隠 し 、 推 古 女 帝 の 巻 を 一 巻 立 て る 必 要 な ど な か っ た は ず で あ る 。 そ れ で も 『 日 本 書 紀 』 巻 第 一 一 十 二 は 推 古 天 皇 紀 と さ れ た 。 聖 徳 太 子 紀 ( ? ) 一 巻 が 立 て ら れ な か っ た 理 由 を 、 『 日 本 書 紀 』 の 編 纂 過 程 上 の 問 題 、 あ る い は 『 日 本 書 紀 』 全 体 の 構 想 の 問 題 に 即 し て 明 快 に 説 明 で き な い 以 上 、 聖 徳 太 子 即 位 説 を 安 直 に 説 く こ と は 絶 対 ゆ る さ れ な い と 思 う の で あ る 。 若 す ぎ た 聖 徳 太 子 聖 徳 太 子 が 即 位 し な か っ た と い う の は 古 代 史 の 常 識 だ と 前 に 述 べ た 。 し か し 、 『 日 本 書 紀 』 な ど に そ う 書 い て あ る か ら と い っ て 、 そ れ で 問 題 が 終 わ る わ け で は な い 。 聖 徳 太 子 が 即 位 し な か っ た ( 即 位 で き な か っ た ) 理 由 や 事 情 に つ い て 、 前 後 の 状 況 を ふ ま え 明 確 な 説 明 を 試 み る 必 要 が あ る 。

日本書紀はなにを隠してきたか


本 書 に 収 め た 文 章 は 、 そ の ほ と ん ど が 『 日 本 書 紀 』 を 用 い 、 『 日 本 書 紀 』 を 生 み 出 し た 律 令 制 国 家 成 立 の 直 前 の 時 代 、 七 世 紀 史 に つ い て 追 究 し よ う と し た も の で あ る 。 わ た し は ど う し て 、 『 日 本 書 紀 』 の な か で も 七 世 紀 史 の 叙 述 に こ れ ほ ど こ だ わ り 続 け て き た の だ ろ う か ? そ れ は 、 『 日 本 書 紀 』 に 対 す る 史 料 批 判 が い ち ば ん 不 徹 底 で あ り 、 研 究 が 最 も 遅 れ て い る の が こ の 部 分 と 考 え た か ら で あ る 。 こ の よ う に 書 く と 、 『 日 本 書 紀 』 の 史 料 批 判 は 、 戦 前 の 津 田 左 右 吉 の 仕 事 を 受 け て 戦 後 の 古 代 史 研 究 が す で に 十 二 分 に 極 め 尽 く し た 分 野 で あ っ て 、 今 更 そ れ が 不 徹 底 だ と か 、 遅 れ て い る と い う の は お か し い と 思 わ れ る 方 も 少 な く な い だ ろ う 。 し か し 、 『 日 本 書 紀 』 の 史 料 批 判 と は 個 々 の 記 事 を 取 り 出 し て 、 そ の 真 偽 を い ち い ち 判 定 す る こ と で は あ る ま い 。 そ れ ら を い く ら 積 み 重 ね て も 、 『 日 本 書 紀 』 の 史 料 批 判 に は な ら な い 。 『 日 本 書 紀 』 と い う 歴 史 書 が 構 想 し 、 描 こ う と し た 古 代 国 家 形 成 に 関 す る ス ト ー リ ー に 批 判 的 な 検 討 を 加 え 、 い か に そ れ を 相 対 化 す る か と い う こ と こ そ が 、 『 日 本 書 紀 』 の 史 料 批 あ ど が 等 250

日本書紀はなにを隠してきたか


天 武 天 皇 の 皇 子 、 舎 人 親 王 の 総 指 揮 の も と 、 『 日 本 書 紀 』 が 完 成 し て か ら 今 年 ( 二 〇 〇 一 年 ) で 一 二 八 一 年 目 に な る が 、 最 近 、 『 日 本 書 紀 』 を テ ー マ に し た 本 が 相 次 い で 出 版 さ れ て い る の を 御 存 知 だ ろ う か 。 た と え ば 、 神 野 志 隆 光 『 古 事 記 と 日 本 書 紀 ー ー 「 天 皇 神 話 」 の 歴 史 』 ( 講 談 社 現 代 新 書 ) 、 山 田 宗 睦 『 古 代 史 と 日 本 書 紀 ー ー 津 田 史 学 を こ え て 』 ( ニ ュ ー ト ン プ レ ス ) 、 森 博 達 『 日 本 書 紀 の 謎 を 解 く ー ー 述 作 者 は 誰 か 』 ( 中 公 新 書 ) で あ り 、 聖 徳 太 子 が 『 日 本 書 記 』 を 通 じ て 創 造 さ れ た こ と を 提 唱 し た 大 山 誠 一 『 〈 聖 徳 太 子 〉 の 誕 生 』 ( 歴 史 文 化 ラ イ プ ラ リ ー ・ 吉 川 弘 文 館 ) 、 同 『 聖 徳 太 子 と 日 本 人 』 ( 風 媒 社 ) も 、 一 個 の 『 日 本 書 紀 』 論 と い え る で あ ろ う 。 そ し て 、 か く 言 う わ た し も 、 今 年 に な っ て 『 天 皇 誕 生 ー ー 日 本 書 紀 が 描 い た 王 朝 交 替 』 ( 中 公 新 書 ) と い う 本 を 書 き 、 『 日 本 書 紀 』 を 貫 く 歴 史 観 、 歴 史 認 識 に 迫 ろ う と し た 。 な ぜ 昨 今 、 こ の よ う に 『 日 本 書 紀 』 に 多 く の 関 心 が 集 ま っ て い る の で あ ろ う か ? そ れ は

日本書紀はなにを隠してきたか


つ ま り 、 王 朝 交 替 論 は 、 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 に 見 え る 王 統 譜 の 「 万 世 一 系 」 の 史 実 性 を 批 判 的 に 検 討 す べ く 出 発 し な が ら 、 結 局 は 「 万 世 一 系 」 の ミ ニ チ ュ ア 版 と で も 一 一 一 一 口 う べ き い く つ か の 王 統 の 存 在 を 、 史 実 と し て 認 証 し て し ま う こ と に な っ た わ け で あ る 。 し か し 、 王 朝 交 替 論 が 批 判 の 爼 上 に の せ た 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 の 描 き 出 そ う と す る 王 権 史 を 読 む な ら ば 、 そ れ ら の 編 者 は 、 決 し て 後 世 言 わ れ る よ う な 「 万 世 一 系 」 的 な 王 統 譜 を 述 作 し よ 、 つ と し た と は 一 一 = ロ え な い こ と に 気 づ く 。 『 日 本 書 紀 』 『 古 事 記 』 の 王 統 譜 を 構 成 す る 個 々 の 系 譜 は 、 主 と し て 、 本 来 は 、 相 互 に な ん ら 血 縁 関 係 の な い 、 大 王 を 出 し た 族 団 の ご く 簡 単 な 系 譜 と し て 散 在 し て い た も の と 思 わ れ る 。 王 統 譜 ( 原 帝 紀 ) の 述 作 者 は 、 そ れ ら の 統 合 ・ 一 系 化 の 作 業 を 行 う に さ い し 、 大 王 も 含 め 日 本 古 代 の 首 長 層 が お か れ た 双 系 的 な 親 族 関 係 に も と づ き 、 親 族 の 形 成 ・ 拡 大 の 契 機 で あ る 婚 史 亡 姻 や 入 婿 な ど を 系 譜 接 合 の パ イ プ と し て フ ル に 利 用 し た 。 血 の つ な が り の な い 族 団 間 を 「 輪 興 族 番 制 」 の ご と き 外 観 を 呈 し て 王 位 継 承 が な さ れ た 史 実 を 隠 蔽 で き さ え す れ ば 、 述 作 者 の 目 的 名 の 大 半 は 達 せ ら れ た わ け で あ る 。 代 こ の よ う な 王 統 譜 を も と に 王 権 史 の 再 構 成 を 企 て た 『 日 本 書 紀 』 の 編 者 は 、 八 世 紀 の 律 令 古 章 天 皇 制 の 存 立 に と っ て 好 ま し く な い 王 位 継 承 の 史 実 を 隠 し き れ さ え す れ ば 、 王 統 譜 の 個 々 の ル 構 成 要 素 で あ る 諸 系 譜 の 一 定 の ま と ま り 、 い わ ば 完 結 し た 王 位 継 承 の 世 界 の あ る こ と を む し 215

日本書紀はなにを隠してきたか


あ と が き 判 に ほ か な ら な い だ ろ 、 つ 聖 徳 太 子 が 活 躍 し た 七 世 紀 の 初 頭 か ら 大 化 改 新 、 壬 申 の 乱 を 経 て 古 代 国 家 が 完 成 を 見 る 七 世 紀 末 ま で の 『 日 本 書 紀 』 の 叙 述 は 、 細 部 に 問 題 が あ る け れ ど も 、 全 体 の な が れ 、 ス ト ー リ ー に 関 し て は ほ ほ 事 実 と み と め て よ い と 、 こ れ ま で は 考 え ら れ て き た 。 い く ら 『 日 本 書 紀 』 で も 、 編 者 に と っ て 「 近 現 代 史 」 と も い う べ き 七 世 紀 史 の 叙 述 と な れ ば 、 も は や ウ ソ 偽 り を 書 く は ず が な い と い う わ け で あ る 。 こ こ ま で 信 用 し て も ら え れ ば 、 『 日 本 書 紀 』 の 編 纂 者 は そ の 目 的 を 達 し た と 、 は る か 泉 下 で ほ く そ 笑 ん で い る に 違 い な い 。 問 題 は 個 々 の 枝 葉 で は な い 。 全 体 的 な 構 想 、 ス ト ー リ ー な の で あ る 。 こ れ ま で の 古 代 史 研 究 が 取 り こ ば し て き た 課 題 が 、 こ こ に 確 実 に み と め ら れ よ う 。 わ た し は そ の よ う な 問 題 関 心 か ら 「 日 本 書 紀 』 の 描 く 七 世 紀 史 を 読 み 続 け て き た 。 本 書 を そ の 中 間 リ ポ ー ト と し て お 読 み い た だ け れ ば 、 幸 い で あ る 。 な お 今 後 も 検 討 は 続 け た い と 思 う 。 二 〇 〇 一 年 六 月 一 二 日 遠 山 美 都 男 251

日本書紀はなにを隠してきたか


け る 聖 徳 太 子 が 、 実 録 性 の 高 い 記 事 に は ま っ た く 登 場 せ ず 、 事 実 性 の 乏 し い 記 事 に 多 く あ ら 加 わ れ る こ と を 考 慮 す る な ら ば 、 『 日 本 書 紀 』 に 見 え る 聖 徳 太 子 と は 、 『 日 本 書 紀 』 編 纂 者 が 創 こ 、 そ れ を 参 考 造 し た 虚 構 ( 架 空 の 人 物 ) で あ っ て 、 法 隆 寺 系 史 料 は 『 日 本 書 紀 』 成 立 以 後 。 に し て 作 ら れ た も の だ っ た こ と に な る 。 こ れ ま で 、 法 隆 寺 系 史 料 と は 、 聖 徳 太 子 の 生 存 中 、 あ る い は そ の 死 去 の 直 後 に 書 か れ た も の で 、 そ の 上 、 太 子 と ゆ か り の 深 い 法 隆 寺 に 伝 来 し て き た の だ か ら 、 間 違 い な く 『 日 本 書 紀 』 に 先 行 し て 成 立 し た 確 か な 史 料 と 考 え ら れ て き た 。 『 日 本 書 紀 』 に お け る 聖 徳 太 子 が 実 態 の 不 確 か な 人 物 で あ っ た と し て も 、 そ の 実 在 性 ( 言 い 換 え れ ば 、 そ の 虚 構 性 ) が 根 本 的 に 問 わ れ る こ と が な か っ た の は そ の た め で あ っ た 。 大 山 氏 が 、 法 隆 寺 系 史 料 を 批 判 的 に 検 討 し 、 そ の 成 立 年 代 を 改 め て 確 定 し 、 『 日 本 書 紀 」 に お け る 聖 徳 太 子 が 、 実 在 の 厩 戸 王 を も と に し て 創 造 さ れ た 架 空 の 人 物 で あ る と 推 定 し た こ と は 基 本 的 に 納 得 で き る も の で あ り 、 今 後 、 継 承 す べ き 視 点 で あ る と 考 え る 。 た だ 、 法 隆 寺 系 史 料 の そ れ ぞ れ の 成 立 年 代 に つ い て は 、 大 山 説 と は 異 な る 意 見 を も つ 人 も い る で あ ろ う 。 し か し 、 少 な く と も い え る こ と は 、 『 日 本 書 紀 』 に お け る 聖 徳 太 子 像 を 徹 底 的 に 検 討 す な こ と な く 、 そ こ に 描 か れ た 曖 昧 模 糊 と し た 人 物 像 を 、 こ れ ま た 十 分 な 検 討 を 加 え て い な い 法 隆 寺 系 史 料 に よ っ て 補 っ て 事 足 れ り と し て き た 従 来 の 研 究 の 不 徹 底 さ は 、 大 山 説 に よ っ て 見 事

日本書紀はなにを隠してきたか


ら で あ ろ う 。 ま た 、 古 人 大 兄 の 出 家 も 、 そ れ が ク ー デ タ ー 派 へ の 必 死 の 投 降 表 明 で あ る 以 上 、 0 ク ー デ タ ー 派 の 多 く の 面 前 で 行 わ な け れ ば 意 味 が な い 。 こ う 考 え て く る と 、 古 人 大 兄 の 出 家 は 、 『 日 本 書 紀 』 の 孝 徳 即 位 前 紀 が 描 く よ う に 蝦 夷 が 自 決 し た 翌 十 四 日 の こ と で は な く 、 蝦 夷 ら が な お 存 命 で 、 ク ー デ タ ー 派 に 対 す る 反 撃 の 可 能 性 を 秘 め て い た 時 期 、 す な わ ち 六 月 十 二 日 の 遅 い 段 階 か 、 あ る い は 六 月 十 三 日 の 早 い 段 階 と い う こ と に な る の で は な い か 。 要 す る に 、 『 日 本 書 紀 』 が 描 く 六 月 十 四 日 の 一 連 の 出 来 事 は 、 古 人 大 兄 の 出 家 を 実 際 に そ れ が 起 き た 日 時 か ら 移 動 さ せ る こ と に よ っ て 、 初 め て 成 り 立 つ も の な の で あ る 。 こ の 作 為 は 、 皇 極 女 帝 か ら 軽 皇 子 へ の 計 画 的 な 譲 位 の 実 行 と い う 、 ク ー デ タ ー の 真 の 目 的 を 巧 み に 隠 蔽 す る た め に 考 え 出 さ れ た も の で あ る 。 古 人 大 兄 の 出 家 の 時 期 を 一 日 ず ら し 、 三 皇 子 の 王 位 互 譲 を 描 き 出 す こ と で 、 そ の 前 提 と し て の 皇 極 女 帝 の 突 然 の 譲 位 表 明 と い う 筋 書 き が 設 定 で き る 。 そ う す れ ば 、 ク ー デ タ ー 直 後 の 段 階 で 、 次 期 大 王 は ま だ 確 定 さ れ て い な か っ た こ と に な り 、 世 代 ・ 年 齢 の 点 で 、 実 は こ の 段 階 で は 十 分 な 王 位 継 承 資 格 が み と め ら れ て い な か っ た 中 大 兄 皇 子 に も 、 あ た か も 即 位 の 可 能 性 と 正 当 性 が あ っ た よ う に 主 張 で き る 。 こ れ は 、 「 乙 巳 の 変 」 を 王 権 と 藤 原 氏 の 記 念 す べ き 最 初 の 共 同 作 業 と し て 位 置 づ け よ う と す る 主 題 や 構 想 と 関 係 す る も の で あ る 。 上 記 疑 問 ① — ③ は 、 相 互 に 密 接 に 関 連 し て い る 。 そ れ ぞ れ の 疑 問 を 相 互 に 矛 盾 す る こ と な