検索 - みる会図書館

検索対象: 複数の「古代」

複数の「古代」から 228件ヒットしました。

複数の「古代」


が 、 そ れ が 、 「 日 本 」 と い う 呼 び あ ら わ し を も っ か 、 も た な い か と い う 、 「 歴 史 」 を 語 る 根 幹 、 す な わ ち 「 歴 史 」 の 世 界 像 に か か わ る 相 違 に 及 ん て い る の て あ る 。 ひ と つ に て き な い 、 異 な る 「 古 代 」 と し て 、 『 古 事 記 』 と 『 日 本 書 紀 』 と を と ら え る べ つ : フ き こ と は 、 こ - フ し て 、 『 日 本 聿 日 紀 』 が 紀 年 を も っ と い - フ こ と を 見 る な か か ら も 、 あ き ら か に さ れ る の て あ る 。 1 1 7 第 四 章 紀 年 を も つ 「 日 本 書 紀 」 の 「 歴 史 」

複数の「古代」


『 古 事 記 』 崩 年 干 支 に 見 ら れ る よ う な 紀 年 構 成 の 試 み は 、 や が て 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 的 世 界 と な っ て 結 実 し た 。 と し た の て あ っ た 。 え て い る と こ ろ が あ る 鎌 田 が 、 『 日 本 書 紀 』 の 構 築 を 「 紀 年 的 世 界 」 と い う の は 、 い い 己 に と っ て 問 わ れ る べ き も の が 間 わ れ て い な い と い わ ね ば な ら な い 。 か や は り 、 『 古 事 一 三 ロ 』 『 日 本 書 紀 』 と は 異 な る 紀 年 構 成 が 、 『 日 本 書 紀 』 以 前 の 試 み と し て あ っ た と い っ て お わ る の て は 、 『 古 事 記 』 が そ れ を 注 記 す る こ と の 間 題 は 、 間 わ れ な い ま ま だ 。 大 事 な の は 、 成 立 の 事 情 て な く 、 崩 年 干 支 の 注 が 、 『 古 事 記 』 に と っ て ど う い う 意 味 を も っ か だ 。 4 並 ん で あ っ た 紀 年 1 3 4

複数の「古代」


こ と を い た ず ら に 複 雑 に し よ う と い う の て は な い 。 『 日 本 書 紀 』 の は す だ と い う 予 見 を も っ て し ま っ た 結 果 、 事 態 を 正 し く 見 ら れ な い て い た こ と を 、 見 直 し た い の て あ る 。 予 見 な く 、 左 注 の 「 日 本 紀 」 ( 「 紀 」 ) に 相 対 す れ ば 、 『 日 本 書 紀 』 と は 別 な 、 こ れ を 改 編 し た テ キ ス ト が 、 そ れ も 、 ひ と っ て な く 、 認 め ら れ る の て あ っ た 。 そ し て 、 書 き 入 れ も 、 何 次 か に わ た っ た か も し れ な い と い う こ と て あ る 。 そ - フ し た テ キ ス ト を 、 ど れ だ け 具 本 的 に と ら え - フ る か 「 帝 紀 ( 記 ) 」 に つ い て は 、 第 六 章 に 述 べ た が ( 参 照 、 。 1 ヘ ー ジ 以 下 ) 、 天 皇 の 代 を お っ て 記 し た テ キ ス ト て あ り 、 正 倉 院 文 書 に 見 る と お り 、 天 平 期 に も あ っ た 。 た だ 、 一 巻 な い し 二 九 〇 歌 左 注 の よ う に 、 『 日 本 書 紀 』 そ の も の に 拠 っ た と し て 差 支 え な い も の も あ る が 、 お お か た は 、 『 日 本 書 紀 』 を 改 編 し た テ キ ス ト に 拠 る と 見 る べ き な の て あ る 。 3 『 日 本 書 紀 』 の 改 編 テ キ ス ト 206

複数の「古代」


と あ り 、 『 元 興 寺 縁 起 』 と 合 致 し て い る 。 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 的 世 界 と 『 法 王 帝 説 」 の 欽 明 親 子 五 天 皇 史 『 日 本 書 紀 』 に お け る 紀 年 構 成 は 、 公 定 の も の と し て あ っ た が 、 そ こ に 収 斂 さ れ て し ま う の て な く 、 そ れ と は 別 な も の が 、 な ら ん て あ っ た と い う べ き な の だ 。 仏 法 伝 来 が 、 五 五 二 年 か 、 五 三 八 年 か と い う 、 そ の 違 い は 、 「 古 代 」 構 築 の 間 題 の な か に あ っ た と い う こ と て あ る 。 異 説 ・ 異 伝 な ど ぞ は な く 、 多 元 的 な 「 古 代 」 と 、 そ の 紀 年 構 成 と い う の が 正 当 て あ ろ う 。 『 日 本 書 紀 』 に よ っ て ひ と つ の 一 致 し た 紀 年 構 成 を 得 た と い う の は 、 こ と の 本 質 を 見 誤 っ て し ま う て あ ろ う 。 た だ 、 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 構 成 は 全 体 に わ た る も の て あ っ た ( 鎌 田 元 一 前 掲 「 暦 と 時 間 」 が 、 「 紀 年 的 世 界 」 と い う と お り て あ る ) が 、 他 に あ っ た も の が 、 そ れ ほ ど 全 体 的 て あ っ た か 、 疑 わ し い 『 元 興 寺 縁 起 』 は 、 推 古 天 皇 百 年 史 て あ り 、 『 法 王 帝 説 』 は 、 欽 明 以 下 五 天 皇 に か か わ る 範 囲 て 、 あ れ こ れ の 記 事 を 切 り 貼 り し て 集 成 し た も の て あ っ て 、 欽 明 親 子 五 天 皇 の 範 囲 て の 「 古 代 」 史 た 。 こ の こ と に 留 意 し た い 。 『 法 王 帝 説 』 の 五 天 皇 の 治 世 年 数 と 崩 年 干 支 は 、 部 分 的 な も の だ 。 『 日 本 書 紀 』 は 神 武 天 151 第 六 章 「 古 事 記 』 「 日 本 書 紀 」 と は 別 に あ り え た 「 古 代 」

複数の「古代」


「 七 年 丁 卯 」 と あ る が 、 『 日 本 書 紀 』 て は 、 七 年 は 戊 辰 に あ 二 一 歌 左 注 紀 一 三 歌 左 注 紀 ( 天 武 天 皇 四 年 の ) 「 夏 四 月 戊 戌 朔 乙 卯 」 と あ る が 、 『 日 本 書 一 一 四 歌 左 注 日 本 紀 紀 』 は 「 夏 四 月 甲 戌 朔 」 て 、 「 辛 卯 」 に 載 せ る 。 二 七 歌 左 注 紀 三 四 歌 左 注 日 本 紀 朱 鳥 を 用 い る 。 月 に と ど ま る 。 三 九 歌 左 注 日 本 紀 朱 鳥 。 四 四 歌 左 注 日 本 紀 五 〇 歌 左 注 日 本 紀 朱 鳥 。 月 に と ど ま る も の と 日 ま て 示 す も の が あ る 。 九 〇 歌 左 注 日 本 紀 年 に 干 支 な し 。 一 五 八 歌 左 注 紀 一 九 三 歌 左 注 日 本 紀 一 九 五 歌 左 注 日 本 紀 朱 鳥 。 二 〇 二 歌 左 注 日 本 紀 こ の 全 体 は 、 一 様 て は な く 、 ぶ れ が あ り 、 複 層 的 に 見 な け れ ば な ら な い ま た 、 同 じ ひ も う ひ と つ の 「 歴 史 」 199 第 八 章 「 万 葉 集 』

複数の「古代」


暦 録 第 一 云 。 崇 神 天 皇 六 十 一 一 年 乙 酉 秋 七 月 、 詔 日 、 農 天 下 之 大 本 也 。 然 待 溝 池 乃 成 。 宜 作 池 溝 。 冬 十 月 、 造 依 網 池 。 十 一 月 、 造 苅 坂 池 ・ 反 折 池 。 ( 『 政 事 要 略 』 所 引 ) 『 暦 録 』 が 意 を と っ て 『 日 本 書 紀 』 を 簡 略 化 す る こ と は 見 る と お り だ 。 四 巻 と い う 圧 縮 ぶ り は 、 『 日 本 書 紀 』 て は 巻 五 の 崇 神 天 皇 を 第 一 巻 に 収 め る と い う の て も 諒 解 さ れ る 。 さ き の 『 伝 暦 』 跋 文 は 、 『 日 本 書 紀 』 に 不 満 を も っ と い い つ つ 、 『 暦 録 』 の 暦 年 に 依 拠 す る と い う の て あ っ た 。 『 暦 録 』 と 『 日 本 書 紀 』 と が 別 物 て あ る か の よ う に い う 、 そ の 不 可 解 さ は 、 『 日 本 書 紀 』 そ の も の は 見 て い な い ( 名 だ け 知 っ て い る ) と い う こ と だ と 認 め て よ い て あ ろ う 。 さ ら に 、 『 暦 録 』 の 紀 年 の あ り か た が 、 年 に 干 支 を 示 し 、 月 ま て に と ど め て 日 は 記 さ な い こ と が 注 目 さ れ る 。 こ れ は 、 『 釈 日 本 紀 』 等 に 見 え る 他 の 逸 文 て も 同 じ て あ る 。 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 を 改 編 し た も の な の て あ る が 、 『 伝 暦 』 の 紀 年 の か た ち も 、 こ れ と 同 じ て あ る 。 そ し て 、 そ れ は 、 第 四 章 に 見 た 、 『 革 命 勘 文 』 が 依 拠 し た 通 史 的 な テ キ ス ト の 紀 年 の か た ち に 通 す る も の て あ る こ と が 、 た た ち に 想 起 さ れ る 。 『 暦 録 』 186

複数の「古代」


ふ さ ね つ か さ ど よ ろ ず の ま つ り ご と 摂 政 ら し む 。 万 機 を 以 て 悉 に 委 ぬ 。 と あ る の と 対 応 し て 、 皇 太 子 の 役 割 の 大 き さ が う け と れ ね ば な る ま い た だ 、 皇 太 子 が 、 「 聖 徳 太 子 」 と 呼 ば れ る こ と は 、 『 日 本 書 紀 』 に は な い 。 『 日 本 書 紀 』 に つ い て 、 「 聖 徳 太 子 」 と い い な ら わ し て き た の は 適 切 を 欠 く 。 そ れ は 、 『 日 本 書 紀 』 と は 別 な と こ ろ に あ る も の を も ち こ ん て し ま っ た の て あ っ た 。 『 風 藻 』 序 文 に は 、 応 神 天 皇 は じ さ だ お よ し や く ま か ん 代 の 文 字 の 伝 来 に 続 け て 「 聖 徳 太 子 に 逮 び て 、 爵 を 設 け 官 を 分 か ち 、 肇 め て 礼 義 を 制 め た ま ふ 」 と あ る 。 制 度 の 起 点 を 「 聖 徳 太 子 」 に 係 け る の て あ る 。 「 聖 徳 太 子 」 と 呼 ぶ こ と は 、 た し か に あ っ た 。 し か し 、 『 日 本 書 紀 』 が そ の 名 に お い 『 懐 風 藻 』 の 時 点 ( 八 世 紀 半 ば ) に 、 て は 語 ら な い と い う こ と に 留 意 し た い 。 『 日 本 書 紀 』 の な か に は な い も の と し て 、 「 聖 徳 太 子 」 を 、 ど こ に 見 る べ き か 、 と い う 間 い が 必 要 な の て あ る 。 『 日 本 書 紀 』 の 「 古 代 」 と も 、 ま た 異 な る 「 古 代 」 が あ り え た こ と を 見 る こ と に 向 か わ ね ば な ら ぬ と 考 え る が 、 こ の こ と に つ い て は 後 に 述 べ よ う ( 第 七 章 「 聖 徳 太 子 」 ) 。 「 日 本 書 紀 』 の 「 歴 史 」 の な か の 推 古 朝 さ て 、 「 古 代 」 世 界 、 転 換 す る 推 古 朝 だ と あ ら た め て い お う 。 む 神 皇 以 、 文 字 の 文 こ と ご と く ゆ だ

複数の「古代」


こ れ を 、 左 注 は 、 「 旧 本 」 に 拠 っ た か ら 「 朱 鳥 」 が あ り 、 日 は 省 略 し た 場 合 が あ る と い う こ と て す ま せ て よ い て あ ろ う か 。 見 る よ う に 、 五 〇 歌 左 注 て は 、 『 日 本 書 紀 』 の と お り に 日 ま て 載 せ る の も あ り 、 ほ か に も 、 三 九 歌 左 注 の よ う に 、 月 に と ど ま る も の が あ る 。 年 に 干 支 を つ け な い 場 合 ( 七 、 九 〇 歌 左 注 ) が あ る こ と や 、 書 名 標 示 が 一 定 し な い こ と も あ わ せ て 、 引 用 の し か た に 揺 れ が あ っ た と い う こ と て は 説 明 て き な い と い わ ね ば な る ま い 全 体 と し て 見 る 必 要 が あ る が 、 問 題 を わ か り や す く す る た め に 、 書 名 標 示 と 、 注 意 さ れ る べ き 点 を 一 覧 的 に 整 理 し て み よ う 。 ( 書 名 標 示 ) ( 注 意 点 ) 六 歌 左 注 日 本 書 紀 記 事 の 引 用 な し 。 七 歌 左 注 紀 年 に 干 支 な し 。 一 五 歌 左 注 紀 一 八 歌 左 注 日 本 書 紀 「 六 年 丙 寅 」 と あ る が 、 『 日 本 書 紀 』 は 天 智 天 皇 元 年 を 壬 皮 と す る か ら 、 六 年 は 丁 卯 と な る 。 1 9 8

複数の「古代」


『 日 本 書 紀 』 の 「 古 代 」 は 、 文 字 の 文 化 国 家 と し て の 展 開 を 語 る も の て あ っ た が 、 そ れ は 、 天 皇 ご と に 、 年 次 を お っ て 述 べ る も の て あ っ た こ と に も 注 意 し た い 。 紀 年 を 有 す る の て あ る が 、 一 方 、 『 古 記 』 に な い 紀 年 を も っ こ と は 、 『 日 本 書 紀 』 の 「 歴 史 」 と し て の あ り よ う と し て 見 る べ き な の て あ る 。 ま ず 、 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 の 基 本 的 な か た ち を 、 綏 靖 天 皇 条 を 具 体 例 と し て 見 て お こ う 。 神 渟 名 川 耳 に 、 神 日 本 余 驪 の 三 子 な り 。 を ば 媛 蹈 鞴 五 十 鈴 ひ め の み こ と も う お さ な お お い き さ し こ と し ろ ぬ し の か み え む す め み や び す が た い こ よ か 媛 命 と 曰 す 。 事 代 主 神 の 大 女 な り 。 天 皇 、 風 姿 岐 嶷 な り 。 少 く し て 雄 抜 し き 気 ま し こ う お と こ ざ か り い た み こ こ ろ ざ し お ・ 」 」 み か た ち す ぐ た た わ た け き わ ざ 有 し ま す 。 壮 に 及 り て 容 貌 魁 れ て 偉 し 。 武 芸 人 に 過 ぎ た ま ふ 。 而 し て 志 尚 沈 毅 元 年 の 干 支 を 基 準 と す る 紀 年

複数の「古代」


日 本 書 紀 』 と 合 致 し な い こ と の 意 味 『 古 事 記 』 に と っ て の 意 味 を 見 よ う と す る と き 、 大 事 な の は 、 そ の 崩 年 干 支 注 が 、 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 と 異 な る と い う こ と そ の も の だ 。 要 は 、 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 構 成 と 異 な る も の ー ー ー 見 た と お り 、 干 支 そ の も の だ け て な く 、 ス タ イ ル も ふ く め て 、 徹 底 し て 『 日 本 書 紀 』 と は 違 っ て あ ろ う と す る も の , ー ー が 、 現 実 に な ら ん て あ っ た と い う こ と て あ る 。 先 行 し た 試 み て あ っ た が 、 一 元 化 さ れ な い 紀 年 構 成 が 並 存 し た の て あ る 。 そ れ は 、 『 古 事 記 』 を 、 『 日 本 書 紀 』 と は 違 う 「 歴 史 」 と し て あ ら し め る と い う べ き て あ ろ フ そ の 崩 年 干 支 は 、 部 分 的 施 注 に 過 ぎ な い と い わ れ る か も し れ な い 。 鎌 田 元 一 前 掲 「 暦 と 時 間 」 が 、 『 古 事 記 』 の よ う な 「 紀 年 構 成 の 試 み は 、 や が て 『 日 本 書 紀 』 の 紀 年 的 世 界 と な 」 る と い う の に は 、 全 体 性 を も た な い ( 「 紀 年 的 世 界 」 と は い え な い レ ベ ル に 過 ぎ な い ) と い う こ と を こ め た ニ ュ ア ン ス が う か が わ れ る 。 『 古 事 記 』 の 崩 年 干 支 し か し 、 徹 底 的 に 異 な る と い う あ り よ う か ら 、 あ え て い う な ら ば 、 施 注 さ れ た 崩 年 干 支 は 、 そ れ し か な か っ た の ぞ は な く 、 全 体 的 に 崩 年 干 支 に よ っ て 紀 年 構 成 さ れ た も の て あ っ た な か か ら 、 『 日 本 書 紀 』 と は 合 致 し な い も の を 選 び と っ て い る の だ と 見 る こ と も 不 可 能 て は な い ( 『 古 事 記 』 の 成 立 が 七 一 二 年 て 、 『 日 本 書 紀 』 が 七 二 〇 年 の 成 立 だ か ら 、 成 立 過 13 5 第 五 章 紀 年 を も た な い 「 古 事 記 工 と 崩 年 干 支 月 日 注