検索 - みる会図書館

全データから 92033件見つかりました。
如月 柴田美佐句集

法師蝉落つる日向の石の上 八月の木もれ日を蟻歩きゐる 141 Ⅵ

聖霊狩り : 夜を這うもの

文美と暗黒が背中合わせの、摩訶不思議な王朝絵巻。 かずみ イラスト / 華不魅 〈暗夜鬼揮〉シリーズ 瀬川貴次の本 暗夜鬼譚 ~ 遊行天女 夜叉姫恋変化圏 染雪乱 紫花玉圏 五月雨幻燈。 / ト 空蝉挽歌壱 狐火恋慕圏 綺望星群舞 霜剣落花 しやひ・材 , こ、、一、人 . ーデ むらさきたまゆら きつね【れ . ん

如月 柴田美佐句集

空蝉のやはらかき草掴みをり まっ青な木の葉台風近づけり Ⅲ

聖霊狩り : 夜を這うもの

コ / ヾルト文庫 瀬川員次の本 聖霊狩り 聖霊狩り夜を這うもの スー / ヾーファンタジー文庫 く闇に歌えば〉シリーズ 闇に歌えば 青い翅の悪魔 影の召喚者 白木蓮の満開の夜 黒焔の呪言 死人還り 白銀の邪剣 紅蓮の御霊女臣 滄毎′、の逃亡者 黄金色の黎明 ( 前編 ) ( 後編 ) 闇に歌えーよナイト・コーリング く暗夜鬼譚〉シリーズ 暗夜鬼譚 ~ 春宵白梅花 ~ 遊行天女 夜叉姫恋変化 ( 前 ) ( 後 ) 血染雪乱 紫花玉響 ( 前 ) ( 後 ) 五月雨幻燈 空蝉挽歌壱 ~ 伍 狐火恋慕 ( 前 ) ( 後 ) 綺羅星群舞 霜剣落花 妖霊の塔 月華伝奇 実録・カトレア気の怪 闇がざわめく 丁 / 須田曻 カバー絵 / 星野和夏子 装

日輪の遺産

273 日輪の遺産 ただまっしろな場所に立ちつくしていた。 失い、何もない、 そこには、音も光も匂いも、何もなかった。真午の太陽だけが輝き続け、蝉の声がひと ときの絶える間もなく降り続けていた。 いや、もしかしたらーーその太陽すらもまばろしで、蝉の声は耳鳴りだったのかもしれ ないけれど まひる せみ

さらば、資本主義 (新潮新書)

サヨクもウョクもない社会 / 事態を混乱させる「専門家」 第五章「グローバル競争と成長追求」という虚実 あまりにおかしな総選挙 / 「アベノミクス」成否の真相 / たいへんに危険な道 / 敗北主義の詭弁 / 「成長しなければ幸せになれない」という幻想 第六章福沢諭吉から考える「独立と文明」の思想 明治日本で最高の書物 / 目的は独立維持 / ナショナリティの正体 / 貿易も戦争も国力の発動である / 「かざりじゃないのよ、文明は」 5 3 第七章トマ・ピケティ『幻世紀の資本』を読む 所得格差ではなく資本格差 / 格差拡大の原因 / 金持ちがますます富むメカニズム / 「格差が階級社会を再現させる」衝撃 / 「資本主義はさして経済成長を生み出さない」 〃 5

如月 柴田美佐句集

教会は平屋九月の蝉鳴けり ふはふはの草伸びてゐる星月夜 Ⅳ

マカオ

一東洋と西洋が交錯する摩訶不思議なマカオ ーー感動と癒しがいつばいの 3 泊 4 日ごほうび旅へ ヨーロピアンな香り漂う世界遺産やグルメに出会い、 優雅なカフェやスイヾで癒され、ゴージャスホテルやカジノに大興奮 ! 東洋と西洋の文化が融合した刺激的なマカオを満喫しましよう。 香港からマカオへは フェリーで行くのが - 便利です。フェリー ターミナルからは各 ホテルのシャトル / ヾ スが 10 ~ 30 分毎 に運行してし、ます マカオを動き回るのに便利な 立地のシントラへチェックイン ユ日の 香 : 巷経由てマカオに到着。 夕方なら T't 十分のます 15 : 00 一香港からフェリーで一一一一 マカオに到着。 ~ フ主リタミナルからはホテルの一一一 、、料シャ - トルバスで楽々 ~ ーーー 15.3 ~ ・セナド広場近くのホテル、 シントラにチェックイン ー 17 : OO ~ 早速ですが、マカオ名物 カジノでちょっぴり運だめし ! ちょっと早いですが、 安くておいしい中華を味わえる 記粥麺夕食 ー一一一 19 ・ 0 ーマカオの醍醐味、 夜景散歩てす 21 : 30 ー - ームーンウォーカーで、 生のライプ演奏を楽しみながら、 ちよら - びりお酒をいただきます ホテルへ。マカオの街は ー 24 時間眠らないけど、明日 - のために ゆっくり休みましよう セナド広場のロマンチ ックな夜景やウインマ カオの幻想的な噴水シ 今日のごほうび ーヨなどに感動・ P. 4 ーーー ~ 窄第 カジ / マちょっとだけ儲かった ! 一一キラキラ素敵な夜景 安くマ激ウマ中華の夕食 蝦子務麺・・・ MOPLIO 運だめし ! ーカジノ・ P. ▽ は、セキュリテ ーも万全な ので安心して ー楽しめます 0 18 : 00 カルな味を楽しめる一一一 老記粥麺① P. 73 で、蝦 子撈麺をし、ただきます 23 : 00 ・ P. 53 で、生バンド ー・一 - の演奏を聴きながら、 乾杯 ! 初日の夜を謳 ーー歌します一

日輪の遺産

306 身じろぎもせずに立ちすくんだ。 おびただしい蝉の声が薄暗い兵舎を包みこんでいた。 次の瞬間、三人は戸口から駆け出した。日ざかりの坂道を走った。追いつけぬ者を追っ ているように、足が宙に浮いた。これは夢だと、ふしぎなくらい確信的な予感の中で真柴 は考えた。 三の谷の広場に人影はなかった。消し忘れたラジオが、白布を敷いた卓の上で虚しく鳴 っていた。 祠の前に、きちんと並べられた雑嚢を、真柴はばんやりと目で数えた。三十四個を数え ると、腰が抜けるように真柴はその場にへたりこんだ。 「やめろ ! やめんか、戻ってこい 小泉中尉は大声で叫びながら、祠の脇に口を開いた坑道に飛びこんで行った。 やめろ、やめろと奈落の底に落ちて行く中尉の声を追って、野口教員はよろよろと壁を 伝って消えて行った。 おうと 真柴は夏草の上をはい回り、激しく嘔吐した。 よど 音も光もない空白の時がやってきた。真柴は腹の底に澱んでいた不条理のすべてを吐き 尽くすように、軍刀を曳いて地べたをはい回った。懸命に支えていた空が崩れ落ちてきた ような重みに、真柴は押し潰されていた。立っことも、身を起こすこともできなかった。 つぶ

フランス文学と愛

第ニ章快楽の自由思想