検索 - みる会図書館

検索対象: セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~から 244件ヒットしました。

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


コ バ ル ト 文 ロ く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 古 代 日 本 を 舞 台 に 描 く 歴 史 ロ マ ン ! ◆ ◆ く 明 日 香 幻 想 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 張 間 濔 多 ◆ ◆ ま 明 日 香 幻 想 ◆ ~ 玉 響 の 章 ~ ま 明 日 香 幻 想 ◆ ~ 空 蝉 の 章 ~ ま 明 日 香 幻 想 、 明 日 香 幻 想 ◆ ◆ ◆ ◆ 朝 香 祥 た ま ゆ ら う っ せ み ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ く ず の は ~ 葛 葉 の 章 ~ あ さ っ ゆ ~ 朝 露 の 章 ~

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


あ さ か ・ し よ う 10 月 8 日 生 ま れ 。 天 秤 座 、 A 型 。 1996 年 2 月 に 、 ス ー パ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 「 夏 嵐 」 で デ ビ ュ ー コ バ ル ト 文 庫 に 「 現 は 夢 、 久 遠 の 瞬 き ム 「 か ぜ 江 」 シ リ ー ズ 、 「 ジ ャ ン ク ソ ー ド 」 シ リ ー ズ 、 「 明 日 香 幻 想 」 シ リ ー ズ 、 「 フ ェ イ ク ス イ ー バ ー ! 」 が あ る 。 日 本 と 中 国 の 古 代 史 に ハ マ ッ て お り 、 最 近 で は 趣 味 が 高 し て 、 銅 剣 や 勾 玉 な ど 怪 し い 骨 董 品 を 買 い あ さ っ て は 悦 に 入 っ て い る 。 横 浜 べ イ ス タ ー ズ の 勝 敗 に 感 情 の 大 部 分 を 左 右 さ れ る 横 浜 市 民 。 あ あ 、 あ の 優 勝 の 夢 を も ~ 高 原 御 祓 事 務 所 始 末 記 ~ セ カ ン ド ス テ ッ プ COBALT-SERIES 2001 年 7 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 朝 香 祥 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ SHÖ ASAKA 2001 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 図 書 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 I S B N 4-0 8 - 61 4 8 8 0-3 C 01 9 3

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


し く あ り ま せ ん 」 ア コ ー デ ィ オ ン カ ー テ ン を 開 き 、 市 橋 が 盆 に テ ィ ー カ ッ プ と 湯 飲 み を の せ て く る 。 ー ミ ン ト と カ モ ミ ー ル と ラ ベ ン ダ ー を プ レ ン ド し 「 セ ン ト ジ ョ ー ン ズ ワ ー ト を ベ ー ス に 、 ペ / ま し た 。 気 分 が 落 ち 着 く と 思 い ま す の で 、 ど う ぞ 」 び こ う 四 種 類 の 香 り が 、 絶 妙 に あ い ま っ て 透 の 鼻 腔 を く す ぐ っ た 。 「 あ り が と う 、 市 橋 さ ん 」 デ ス ク に お か れ た 白 い テ ィ ー カ ッ プ に 手 を 伸 ば し 、 取 り あ げ る 。 「 山 本 さ ん に は 、 こ ち ら を 」 せ ん ち ゃ 市 橋 は 山 本 の 前 に 、 煎 茶 を 淹 れ た 大 き な 湯 飲 み を お い た 。 と し 「 お う 。 俊 の 淹 れ る わ け の わ か ら ん 茶 も そ う 悪 く は な い が 、 日 本 人 は や つ ば り こ っ ち し ゃ な い と な 」 そ 、 フ ′ 」 う う れ プ 嬉 し そ う に 相 好 を 崩 す 山 本 に 、 市 橋 は 薄 い 唇 の 端 を 持 ち あ げ て み せ る 。 こ が ね い ろ デ 透 は 透 明 な 黄 金 色 の ハ ー プ テ ィ ー を し ば ら く の あ い だ 見 つ め て か ら 、 ロ に 含 ん だ 。 に が ス セ ン ト ジ ョ ー ン ズ ワ ー ト の 微 妙 な 苦 み を 、 ペ パ ー ミ ン ト の さ わ や か な 甘 さ と カ モ ミ ー ル の 優 力 し く は の か な 甘 み と が 包 み こ ん で い る 。 ラ ベ ン ダ ー の 香 り が 舌 先 を く す ぐ り 、 そ の 後 に 、 す っ セ と し た 後 味 が 残 さ れ た 。 「 お い し い 、 こ れ 」

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


じ ゅ ば く 「 そ っ か 失 敗 し た な ー 。 呪 縛 し よ う な ん て 思 わ な き や 、 透 さ ん 間 に 合 っ た か も 」 「 あ の 女 性 が 倒 れ た の は 、 そ の 霊 の せ い だ っ た の ? 」 「 う ん 、 ま ち が い な い 」 い か カ ッ プ を 受 け 取 っ て 口 に 運 び な が ら 、 真 悟 は 頷 く 。 茶 の 異 様 に 鮮 烈 な 香 り に 一 瞬 ひ る み 、 訝 し げ に 薄 い グ リ ー ン 色 を 確 認 し て か ら 、 彼 は ぐ い っ と カ ッ プ の 中 身 を 飲 ん だ 。 に お 「 何 か 、 え ら い 強 い 匂 い だ ね 。 ミ ン ト 、 入 っ て る の か な ? 」 う な が 「 う ん 。 ロ ー ズ マ リ ー と 。 へ ノ ー ミ ン ト と : : : あ と 何 だ っ た か な ? 血 行 を 促 す 作 用 が あ っ て 、 低 血 圧 に い い ん だ っ て 」 「 匂 い だ け で 血 圧 上 が り そ お 」 ば そ っ と 呟 き 、 渋 い 顔 で も う 一 口 飲 む 。 そ し て 外 科 病 棟 で の で き ご と を 、 透 に 説 明 し た 。 「 十 : : : 三 、 四 歳 の 女 の 子 で さ ー 、 生 き て い る 霊 だ っ て の は ま ち が い な い ん だ け ど 、 何 と な く い わ か ん 違 和 感 が あ っ て ね 。 こ う 、 着 て る も の に 季 節 感 が な い の は と も か く 、 で つ か い 黄 色 い ス マ イ リ ー マ ー ク プ リ ン ト の e シ ャ ッ っ て の が 異 様 で 、 こ ん な ん 今 流 行 っ て た つ け っ て 思 っ た ん だ 。 そ し ゃ べ ・ う ー ん 説 れ と 俺 、 霊 と 話 し た け ー け ん っ て 何 度 か あ る け ど 、 ロ で 喋 っ て る っ て 感 じ の な い : む ず か 明 難 し い な あ : : : モ ロ に 頭 に 響 く の っ て 、 初 め て な ん だ 。 そ れ が 不 思 議 で 、 け っ こ う び つ く り し て る 」 「 ふ う ん 」

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


幻 ま っ た と 心 の 中 だ け で 叫 ぶ 。 声 の 主 が も の す ご く 怒 っ て い る の は 、 顔 を 見 る ま で も な く わ か っ た 。 何 し ろ あ の 真 面 目 と 気 配 り と 常 識 が 服 を 着 て 歩 い て い る よ う な の が 、 病 院 内 で 怒 鳴 っ た の だ 。 「 あ ー い ら っ し ゃ い 透 さ ん 。 今 日 、 教 習 所 休 み に で も な っ た ? え ら い 早 い ね : ・ 「 え ら い 早 い ね し ゃ な い ー 内 科 に 入 院 中 の 病 人 が 、 外 科 病 棟 で 何 を し て る リ 」 明 る い べ ー ジ ュ を 基 調 に し た ア ー ガ イ ル の セ ー タ ー と 、 ス ラ ッ ク ス に ハ ー フ コ ー ト 。 肩 か ら バ ッ グ を か け て 、 紙 袋 を 一 つ 持 っ て 。 い つ も は 穏 や か な 切 れ 長 の 瞳 に 少 し は に か ん だ み た い な 柔 ら か な 笑 み を 映 す 一 一 歳 年 上 の 義 兄 は 、 廊 下 の 突 き 当 た り に 立 っ て 、 き つ い ま な ざ し で ふ り 返 っ た 真 悟 を 睨 み 据 え て い た 。 「 ま っ た く お 前 と き た ら : : : 」 左 腕 に 点 滴 を つ な が れ て い る 真 悟 を 、 透 は た め 息 を 一 つ つ い て 椅 子 か ら 見 下 ろ す 。 「 ち ょ っ と 起 き 上 が れ る よ う に な っ た と 思 っ た ら 、 す ぐ 平 気 な 顔 で 動 き 回 っ て 。 少 し は 自 分 の 状 態 を 考 え ろ 」 外 科 病 棟 か ら こ こ に 戻 る ま で の あ い だ に 事 情 説 明 を 聞 い て 、 由 久 を 玄 関 ま で 見 送 っ て 帰 っ て に ら ま じ め

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


170 び ー ー ー ー し つ 部 屋 全 体 の 気 が 、 固 ま っ て ひ び 割 れ た よ う な 音 が し た 。 同 時 に 。 「 き ゃ あ あ っ ! 」 高 い 悲 鳴 が 響 き 、 恭 子 が 床 に つ つ ぶ す 。 「 あ 、 あ っ : ・ : ・ つ : : : 」 こ き ざ 右 手 を 左 手 に 抱 き 締 め る よ う に か か え た ま ま 、 彼 女 は 唇 を か み 締 め た 。 小 刻 み に 身 体 が 震 え 、 声 が 漏 れ る 。 「 大 丈 夫 ー ? 恭 子 さ ん 」 真 悟 は ゆ っ く り と 身 を 起 こ し て 刀 身 を 戻 し 、 御 祓 刀 を 香 炉 台 の 上 に お い た 。 ふ う と 一 つ 息 を き び す つ い て か ら 、 踵 を 返 し て 恭 子 の も と へ と 向 か う 。 「 恭 子 さ ん が 〃 受 け 入 れ た 後 〃 だ か ら 、 そ ん な に 凶 暴 し ゃ な く な っ て る は ず な ん だ け ど 。 ど う ? 手 、 平 気 だ っ た ? そ ば の ぞ す ぐ 傍 に 膝 を つ き 、 彼 は 恭 子 を 覗 き 込 ん だ 。 恭 子 は 荒 く 息 を つ き 、 そ ろ そ ろ と 身 を 起 こ し に か か る 「 大 丈 : : : 夫 、 だ と 思 う 。 そ こ ら 中 、 じ ん し ん し て る け ど 。 ど こ も 折 れ て な い み た い 切 れ 切 れ な 言 葉 、 け れ ど 声 は し つ か り と し て い た 。

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ な 悪 霊 、 お 祓 い し ま す 朝 香 祥 ◆ イ ラ ス ト / 穂 波 ゆ き ね ◆ 高 原 透 は 除 霊 能 力 を も ◆ た な い 工 セ 御 祓 師 。 あ ◆ る 日 、 事 務 所 に 政 府 の 審 査 が 入 る こ と に な り 大 慌 て 。 そ ん な 時 、 腹 違 い の 弟 だ と い う 真 悟 が 突 然 現 れ る 。 彼 は 除 霊 能 力 を も っ て い て ! ? フ ェ イ ク ス イ ー バ ー / ~ 高 原 御 祓 事 務 所 始 末 記 ~ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


物 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 朝 香 祥 の 描 く 、 三 国 志 ワ ー ル ド ! く 三 国 志 〉 シ リ ー ズ ◆ イ ラ ス ト / 桑 原 祐 子 ま 旋 風 は 江 を 駆 け る 裃 江 の ざ わ め く 刻 ニ 龍 争 戦 ~ 星 宿 江 を 巡 る ~ ひ ・ し よ う 鳳 凰 飛 翔 謐 ← ま 旋 風 の 生 ま れ る 処 青 嵐 の 夢 華 の 名 前 花 残 月 朝 香 祥 ー よ ′ よ 0 ) こ り - プ き

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


「 気 持 ち は わ か る ん だ け ど ー 、 ち ょ っ と ボ リ ュ ー ム 下 げ て 。 モ ロ に 響 い て 、 き つ く て 話 が で き な い か ら 俺 」 額 に 手 を 当 て て 、 顔 を し か め て 真 悟 は 少 女 に 言 っ た 。 「 俺 と し て も 、 長 引 か せ て 川 野 さ ん に 負 担 か け る の は 避 け た い ん で 、 早 く 切 り 上 げ た い ん だ 。 だ か ら ち ょ っ と 感 情 抑 え て 、 俺 の 話 も 聞 い て 。 き よ っ 虚 を 衝 か れ た み た い に 、 少 女 は 目 を 見 開 く 。 母 さ ん に 、 負 担 ? な に が 〃 「 自 覚 な い だ ろ う け ど 、 君 が 今 や っ て る み た い に 念 を 飛 ば す の に も 音 に す る の に も 、 君 の 大 切 な お 母 さ ん の カ 使 っ て ん だ っ て 。 そ れ も 相 当 。 君 は お 母 さ ん を 助 け る た め に 他 人 の 生 気 を 奪 っ て 、 そ れ を お 母 さ ん に 移 し て る ん だ と 思 う け ど 、 そ い つ や る に は た か だ か 受 精 六 カ 月 の 君 自 身 の 力 し や 足 り な く て 、 母 親 の 力 を 奪 っ て る ん だ 。 そ れ で ど ん ど ん 、 川 野 さ ん の 体 力 が 落 ち て い っ て い る 」 プ 〃 う そ よ ! そ ん な こ と 〃 「 俺 、 女 の 子 に う そ っ く 趣 味 は な い よ 。 透 さ ん が 視 た こ と だ か ら 、 絶 対 に ま ち が っ て な い っ て ン 信 じ て る し 。 そ れ と 、 俺 は 君 の お 母 さ ん に は 元 気 に 赤 ち ゃ ん 産 ん で ほ し い っ て 思 っ て る 。 だ か カ は ら ら 、 明 日 は 君 が 何 を 言 っ て も ど 、 フ し て こ こ に い る か 知 っ て て も 、 祓 、 つ 。 そ 、 フ し な い と 一 一 人 と も 危 険 だ っ て 、 言 わ れ た か ら ね 」

セカンドステップ~高原御祓事務所始末記~


た か は ら 「 高 原 く ん ! 」 と お る 正 門 を 入 っ て 十 歩 目 の と こ ろ で 、 透 は い き な り 後 ろ か ら ぐ い っ と 肘 を 掴 ま れ て ふ り 返 っ た 。 「 は 、 は い っ 「 お は よ う 、 高 原 く ん 」 ひ ぐ ち き よ う こ 鮮 や か な 色 の コ ー ト を 着 た 樋 口 恭 子 が 、 昨 日 の 朝 と 変 わ ら ず 笑 顔 を 彼 に 、 向 け て い る 。 「 樋 口 さ ん 。 お は よ う ご ざ い ま す 」 え し や く そ の 様 子 に ほ っ と し て 、 透 は 会 釈 を 返 し た 。 か ら だ 「 お 身 体 の 方 は 、 大 丈 夫 で す か ? 昨 日 の 影 響 は : : : 」 い ず み け さ し び 「 何 と も 。 矢 野 く ん が 言 っ て た と お り 、 十 分 で 痺 れ は 取 れ た し 痛 み も 全 然 な い わ 。 泉 も 、 今 朝 は う ち か ら 大 学 へ 行 っ た ん だ け ど 、 特 に 不 安 な こ と は な か っ た 」 プ 「 だ っ た ら よ か っ た で す 」 「 あ な た た ち は 大 丈 夫 だ っ た の ? 高 原 く ん な ん て 、 ず い ぶ ん 苦 し そ う だ っ た け ど : : : 」 き づ か ス 恭 子 は 気 遣 わ し げ に 、 透 を 見 回 し た 。 が 「 お か げ さ ま で 、 お れ は 何 と も あ り ま せ ん 。 憑 い て い た あ い だ は 影 響 を 受 け て い ま し た が 、 離 れ た 後 は 、 何 も 残 ら な か っ た の で 」 「 本 当 ? よ か っ た 」 ひ じ っ か