検索 - みる会図書館

検索対象: 明日香幻想~玉響の章~

明日香幻想~玉響の章~から 280件ヒットしました。

明日香幻想~玉響の章~


19 明 日 香 幻 想 ~ 玉 響 の 章 ~

明日香幻想~玉響の章~


123 明 日 香 幻 想 ~ 玉 響 の 章 ~

明日香幻想~玉響の章~


225 明 日 香 幻 想 ~ 玉 響 の 章 ~

明日香幻想~玉響の章~


明 日 香 幻 想 ー 玉 響 の 章 ー た ま ゆ ら

明日香幻想~玉響の章~


183 ~ 玉 響 の 章 ~ 明 日 香 幻 想 を な 、 お 物 第 気 こ

明日香幻想~玉響の章~


COBALT-SERIES た ま ゆ ら 明 日 香 幻 想 ~ 玉 響 の 章 ~ 朝 香 祥 集 英 社 6 0

明日香幻想~玉響の章~


明 日 香 幻 想 ー 玉 響 の 章 ー 序 章 夏 陽 炎 の 夢 お わ り 尾 張 お お あ ま の み こ 大 海 人 王 子 柔 ら か な 境 界 く だ ら の み や 百 済 宮 狩 り の 森 に て ら せ ん 迷 宮 鍵 迷 宮 の 果 て お わ り 終 章 尾 張 の 春 、 め と が 医 、 目 次

明日香幻想~玉響の章~


187 明 日 香 幻 想 ~ 玉 響 の 章 ~ 「 私 は : ・ : ・ 嫌 だ 。 何 も 、 誰 も い ら な い 」 背 中 に 回 し た 腕 に 、 弓 月 は 力 を 込 め る 。 「 わ か っ て る 。 だ か ら 、 ご め ん 」 お え っ 返 さ れ る 言 葉 は な く 、 微 か な 嗚 咽 が 胸 の 奥 に 聞 こ え た 。

明日香幻想~玉響の章~


273 明 日 香 幻 想 ~ 玉 響 の 章 ~ 田 村 大 王 崩 御 十 月 九 日 の 朝 に 、 眠 る よ 、 つ に 亡 く な っ た と い う こ と で あ っ た 。 か す 連 絡 を 、 大 海 人 は 寝 台 に 横 に な っ た 状 態 で 聞 い た 。 表 情 を 変 え ず 、 掠 れ た 声 で 彼 は 一 言 、 わ か り ま し た と 一 一 = ロ っ た 。 と お お も が り し の び ご と か つ ら ぎ の み こ 葛 城 王 子 が 弱 冠 十 六 歳 に し て 誄 を 読 ん だ 田 村 大 王 の 大 殯 も 、 翌 年 一 月 十 五 日 に 執 り 行 わ れ た し ん お お き み た か ら ひ め の お お き み 新 大 王 、 宝 姫 大 王 の 即 位 式 に も 彼 は 出 席 せ ず 、 床 に 伏 し た ま ま 尾 張 の 地 で 迎 え る 。 起 き 上 が れ る よ う に な っ た の は 春 も 半 ば 、 花 の 季 節 を 迎 え て か ら だ っ た 。 ほ う ぎ よ

明日香幻想~玉響の章~


53 明 日 香 幻 想 ~ 玉 響 の 章 ~ き び す 立 っ た ま ま 頭 を 下 げ て 、 そ の ま ま 踵 を 返 し 部 屋 の 外 へ と 出 て 行 く 「 品 治 っ 、 ば か 者 ! こ ら 待 て つ 「 蒋 敷 ど の 、 申 し 訳 あ り ま せ ん 。 こ こ は 私 に 」 後 を 追 っ て 腰 を 浮 か せ た 蒋 敷 を 、 弓 月 が 抑 え て 立 ち 上 が っ た 。 そ れ ま で 品 治 の 言 動 を き よ と ん と 見 入 っ て い た の が 、 今 は 唇 に 穏 や か な 笑 み を 刻 ん で い る 。 「 父 上 と 宴 席 の 方 へ 先 に い ら し て い て 下 さ い 。 大 丈 夫 で す 、 ご 子 息 を お 連 れ し ま す 、 「 し 、 し か し : : : 」 「 今 し 方 の 無 礼 の 段 、 平 に お 許 し 下 さ い 」 と ば り 真 顔 に な っ て 蒋 敷 の 前 に 深 く 拝 礼 す る と 、 彼 は 矢 代 に 目 配 せ を し 、 帳 の 向 こ う へ と 姿 を 消 し