検索 - みる会図書館

全データから 139708件ヒットしました。

昭和天皇(上)


昭 和 天 皇 ( 上 )

昭和天皇(下)


昭 和 天 皇 ( 下 )

古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか


5 天 武 系 皇 統 は 実 在 し た か る 。 そ の 天 皇 の 名 前 は つ ぎ の と お り 。 桓 武 天 皇 嵯 峨 天 皇 天 智 天 皇 光 仁 天 皇 ・ も ん と / 、 じ ゅ ん な 清 和 天 皇 光 孝 天 皇 淳 和 天 皇 文 徳 天 皇 し ら か わ か ざ ん む ら か み 白 河 天 皇 花 山 天 皇 村 上 天 皇 醍 醐 天 皇 あ ん と く た か / 、 、 ら ご し ら か わ 後 鳥 羽 天 皇 像 安 徳 天 皇 高 倉 天 皇 後 白 河 天 皇 ご ほ り か わ っ ち み か ど 土 御 門 天 皇 後 堀 河 天 皇 四 条 天 皇 像 後 字 多 天 皇 こ 、 つ ご ん ご む ら か み 後 醴 醐 天 皇 後 村 上 天 皇 光 厳 天 皇 光 明 天 皇 こ ま っ ご え ん ゅ う す ・ こ 、 つ 後 光 厳 天 皇 後 円 融 天 皇 後 小 松 天 皇 崇 光 天 皇 ご か し わ ば ら ご っ ち み か ど し よ 、 つ こ 、 つ ご は な ぞ の 称 光 天 皇 後 花 園 天 皇 後 土 御 門 天 皇 後 柏 原 天 皇 よ 、 つ こ 、 つ ご よ 、 つ ぜ い ご な ら お お ぎ ま ち 後 陽 成 天 皇 後 奈 良 天 皇 正 親 町 天 皇 陽 光 天 皇 後 光 明 天 皇 後 西 天 皇 後 水 尾 天 皇 明 正 天 皇 中 御 門 天 皇 桜 町 天 皇 霊 元 天 皇 東 山 天 皇 桃 園 天 皇 後 桜 町 天 皇 後 桃 園 天 皇 光 格 天 皇 た い し よ う 明 治 天 皇 大 正 天 皇 仁 孝 天 皇 孝 明 天 皇 こ れ ら の う ち 陽 光 天 皇 と は 正 親 町 天 皇 の 第 一 皇 子 で 、 後 陽 成 天 皇 の 父 で あ る 誠 仁 親 王 さ ね ひ と

Voice 平成28年10月号


そ の 一 方 で 、 わ が 国 の 歴 史 を 振 り 返 る と 、 天 皇 の 譲 位 和 天 皇 独 白 録 』 や 『 昭 和 天 皇 実 録 』 を 読 む と 、 昭 和 天 皇 が 内 々 の 場 で は か な り 踏 み 込 ん だ ご 発 言 を さ れ て い る こ や 退 位 が 政 治 的 混 乱 や 勢 力 争 い を も た ら し た 過 去 の 事 例 と が わ か り ま す 。 が あ り ま す 。 こ れ か ら 百 年 先 、 一 一 百 年 先 の 日 本 で 同 じ よ う な 事 態 が ゆ め ゅ め 現 出 し な い よ う に 、 わ が 国 の 大 河 の た と え ば 『 昭 和 天 皇 独 白 録 』 に 記 さ れ た エ ピ ソ ー ド と 流 れ の よ う な 悠 久 の 歴 史 に 鑑 み 、 慎 重 に 議 論 を 進 め て い し て 、 昭 和 三 ( 一 九 二 八 ) 年 の 張 作 霖 爆 殺 事 件 ( 満 洲 ・ か な け れ ば な り ま せ ん 。 奉 天 ) が 挙 げ ら れ ま す 。 当 時 の 田 中 義 一 首 相 は 陸 軍 か ら か っ て 明 治 憲 法 の 制 定 時 、 天 皇 の 譲 位 を 制 度 と し て 記 の 圧 力 に 屈 し 、 首 謀 者 と さ れ た 河 本 大 作 ( 関 東 軍 参 謀 ) こ わ し す べ き か を め ぐ っ て 伊 藤 博 文 や 井 上 毅 ら が 議 論 を 行 な を 厳 し く 処 分 す る 当 初 の 方 針 を 覆 し ま し た 。 い 、 記 さ な い ほ う が よ い 、 と い う 結 論 に 至 り ま し た 。 明 そ の 件 に 関 し て 、 昭 和 天 皇 は 『 独 白 録 』 で こ う 語 っ て 治 の 日 本 人 は 、 あ る 意 味 で 現 代 に 生 き る 日 本 人 以 上 に 皇 お ら れ ま す 。 「 田 中 は 再 び 私 の 処 に や っ て 来 て 、 こ の 問 室 へ の 関 心 や 尊 敬 の 念 を 抱 い て い た 人 び と で す 。 そ の 先 題 は う や む や の 中 に 葬 り た い と 云 ふ 事 で あ っ た 」 「 私 は 人 た ち の 判 断 や 智 恵 も ま た 、 私 た ち は 尊 重 す る 必 要 が あ 田 中 に 対 し 、 そ れ で は 前 と 話 が 違 ふ で は な い か 、 辞 表 を る で し よ う 。 出 し て は ど う か と 強 い 語 気 で 云 っ た 」 。 昭 和 天 皇 の お 言 敗 戦 時 も 天 皇 の 譲 位 を め ぐ る 議 論 が あ り ま し た 。 昭 和 葉 で 、 田 中 内 閣 は 総 辞 職 に 追 い 込 ま れ ま し た 。 の 国 会 で も 衆 議 院 内 閣 委 員 会 の 場 で 天 皇 の 退 位 や 公 務 の 昭 和 天 皇 は こ の 一 件 に つ い て 、 「 若 気 の 至 り で あ る 」 負 担 に つ い て さ ま ざ ま な 議 論 が 行 な わ れ ま し た が 、 天 皇 と 回 顧 さ れ て い ま す 。 内 閣 の 決 定 に 干 渉 し 、 総 辞 職 に 至 は 終 身 天 皇 で あ り 続 け る と 定 め た 現 行 の 皇 室 典 範 は 改 正 ら し め る 振 る 舞 い は 立 憲 君 主 と し て ふ さ わ し く な い 、 と さ れ ま せ ん で し た 。 昭 和 天 皇 は ご 高 齢 に な り 、 ご 病 気 に 気 付 か れ た の で し よ う 。 以 来 、 昭 和 天 皇 は 「 内 閣 の 上 奏 た と え な ら れ た の ち も 天 皇 の お 立 場 に と ど ま り 続 け 、 天 皇 と し す る 所 の も の は 仮 令 自 分 が 反 対 の 意 見 を 持 っ て ゐ て も 裁 可 を 与 へ る 事 に 決 心 し た 」 と 述 べ て お ら れ ま す 。 実 際 の て ご 生 涯 を 閉 じ ら れ ま し た 。 昭 和 天 皇 の お 気 持 ち を 窺 い 知 る う え で 、 た と え ば 『 昭 と こ ろ 、 昭 和 天 皇 が 六 十 四 年 の 御 代 で 公 に ご 意 見 を 述 べ

昭和天皇(上)


本 書 は 、 昭 和 天 皇 、 天 皇 制 、 お よ び か っ て 「 天 皇 イ デ オ ロ ギ ー 」 を 構 成 し て い た 概 念 、 価 値 、 信 念 に 焦 点 を あ て 、 日 本 の 二 〇 世 紀 を 再 検 討 し た も の で あ る 。 本 書 で 読 者 が 出 合 う の は 、 ゆ が め ら れ た 公 的 な 天 皇 像 と は ま っ た く 異 な っ た 天 皇 で あ る 。 こ の 伝 記 で 取 り 上 げ た 昭 和 天 皇 は 、 受 け 身 の 立 憲 君 主 で も 、 日 本 き っ て の 平 和 主 義 者 ・ 反 軍 国 主 義 者 で も な か っ た 。 そ れ ど こ ろ か 天 皇 は 、 昭 和 時 代 に 起 き た 重 要 な 政 治 的 ・ 軍 事 的 事 件 の 多 く に 積 極 的 に 関 わ り 、 指 導 的 役 割 力 し ら い を 果 た し た 。 そ の 指 導 性 の 独 特 な 発 揮 の 仕 方 は 、 「 独 裁 者 」 か 「 傀 儡 」 か 、 「 主 謀 者 , か 「 単 な る 飾 り 」 か と い う 単 純 な 二 分 法 で は 理 解 で き な い 。 天 皇 が 全 権 を 握 っ た り 、 独 力 で 政 策 を 立 案 し た り す る こ と は な か っ た が 、 天 皇 と 宮 中 グ ル 1 プ は 、 内 閣 の 決 定 へ が 正 式 に 提 出 さ れ る 前 に 、 天 皇 の 見 解 や 意 思 が 決 定 に 盛 り 込 ま れ る よ う 尽 力 し た 。 そ し て 、 天 皇 の 賛 否 こ そ が 決 者 読 定 的 だ っ た 。 天 皇 が 賛 否 を 口 に し な く と も 、 何 も 言 わ な い と い う 行 為 自 体 が 、 天 皇 の 意 思 を 実 行 に 移 す 当 局 者 を 日 大 き く 左 右 し た 。 日 本 の 読 者 へ

枢密院議長の日記


勇 三 郎 の 日 記 ( 大 正 15 年 9 月 17 日 ~ 12 月 31 日 分 ) ※ 国 立 国 会 図 書 館 ホ ー ム ペ ー ジ よ り 転 載 島 薩 男 え 正 十 五 キ 十 月 一 一 十 合 男 爵 爵 記 。 御 璽 の 上 に 大 正 天 皇 の 名 ( 嘉 仁 ) と な ら ん て 、 摂 政 時 代 の 昭 和 天 皇 の 名 ( 裕 仁 ) が 見 え る

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


大 石 田 時 代 の 歌 を 収 録 し た 第 十 六 歌 集 『 白 き 山 』 歌 集 自 き 山 ー 上 昭 和 十 四 年 七 月 、 蔵 王 熊 野 岳 山 頂 の 歌 碑 を 背 に 。 昭 和 九 年 八 月 に 建 立 さ れ た 最 初 の 茂 吉 歌 碑 で 、 文 字 は 自 筆 左 昭 和 一 一 十 一 年 、 最 お 川 河 畔 で 。 こ の 年 か ら 二 年 間 山 形 県 ・ 大 石 田 に 住 む 昭 和 22 年 8 月 16 日 , 東 北 御 巡 幸 中 の 天 皇 に 短 歌 の 御 進 講 に 赴 く と こ ゆ う き あ い 差 う か ろ 。 左 は 結 城 哀 章 果 ( 上 山 に て ) ィ 一 お う く ま の た け 昭 和 26 年 夏 , 箱 根 強 羅 の 山 荘 に て 次 男 宗 吉 ( 北 経 美 ) と 。 れ が 最 後 の 根 滞 在 と な る 昭 和 26 年 11 月 4 日 , 文 化 勲 章 拝 受 の 翌 日 自 宅 で 。 右 か ら 次 女 昌 子 , 孫 茂 一 , 妻 輝 子 , 茂 吉 , 孫 の 章 二 と 恵 子 , 長 男 茂 太 , 茂 太 の 妻 美 智 子

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


対 皇 室 ト ッ プ ニ ュ 1 ス で 扱 い 、 世 太 子 夫 妻 に 火 炎 び ん ひ め る の み 。 ま る で 些 細 な 事 件 さ ら に 、 こ れ が 昭 和 天 皇 か っ て 苛 烈 な 表 現 で 天 皇 の よ う な 扱 い だ 崩 御 の 報 道 に な る と 、 紙 面 を 批 判 し て い た 赤 旗 で 、 近 論 は 大 騒 ぎ に な っ た 。 と こ ゆ り の 塔 付 近 で 暴 力 集 団 」 年 川 月 幻 日 に は 、 皇 太 は 激 烈 な 言 葉 で 埋 め つ く さ 年 、 穏 や か な 表 現 が 目 立 つ ろ が 、 翌 7 月 絽 日 付 「 赤 旗 」 と い う 見 出 し に 180 字 ほ の 紙 面 に 目 を こ ら す と 、 「 皇 ど の べ タ 記 事 で 事 実 を 伝 え 子 明 仁 親 王 が 沖 縄 を 訪 問 さ れ る 。 年 1 月 8 日 付 の 見 よ う に な っ て き た 。 そ の 背 れ 、 沖 縄 平 和 記 念 堂 で 天 皇 出 し に は 、 「 人 圧 と 侵 略 景 に 何 が あ る の か 陛 下 ( 昭 和 天 皇 ) の お 言 葉 戦 争 を 推 進 天 皇 が 死 去 , 々 . 气 霻 4 ー を 代 読 さ れ た 。 そ れ を 報 じ 「 天 皇 制 は 社 会 進 歩 に 逆 行 天 皇 陛 下 を お 迎 え す る 新 た 赤 旗 の 記 事 が 、 「 戦 争 責 任 天 皇 の 死 去 で 識 者 が 談 年 の 国 会 開 会 式 に 、 今 年 、 ー き 朴 い ー に ふ れ ず 天 皇 の こ と ば 、 話 」 「 内 容 も 運 営 も 憲 法 じ ゅ 共 産 党 議 員 が 出 席 し 、 メ デ ' を 皇 太 子 が 代 読 沖 縄 ・ 摩 文 う り ん す る 代 替 わ り 儀 式 」 ィ ア で 騒 ぎ に な っ た 。 仁 」 ( 翫 年 川 月 日 付 ) だ 。 と い っ た 言 葉 が 並 ん で い る 。 『 し ん ぶ ん 赤 旗 』 の 皇 室 報 〈 最 高 の 責 任 者 と し て 侵 略 六 面 と 七 面 の 見 開 き で は 、 道 を 遡 り 、 共 産 党 が こ れ ま 砌 第 ー 戦 争 を ひ き 起 こ し た う え 終 「 1926 年 ー 1989 年 で 皇 室 に 対 し 取 っ て き た 態 戦 の 時 期 を お く ら せ て 沖 縄 戦 前 ・ 戦 後 の 天 皇 裕 仁 の 度 を 振 り 返 れ ば 当 然 の 反 応 県 民 を 国 内 唯 一 の 地 上 戦 の 年 」 と 題 し た 大 特 集 が あ と 一 一 一 口 、 ん る 。 ー , 争 死 り 、 「 暗 黒 政 治 と 侵 略 戦 争 の ・ ・ 戦 場 に 投 げ 入 れ 、 戦 後 は 、 1975 年 7 月 日 、 沖 》 、 て い 略 0 、 ら と ー な 優 カ ” を 気 米 国 に メ ッ セ 1 ジ を 送 っ て 責 任 者 」 「 対 米 従 属 の 国 家 体 縄 海 洋 博 で 訪 沖 し た 皇 太 子 ・ 版 カ ん し 3 明 仁 親 王 ( 今 上 陛 下 ) と 同 い 。 ・ 沖 縄 の 長 期 占 領 支 配 を 求 め 制 の 『 象 徴 』 」 と い 0 た 見 羆 人 天 ゞ タ た み ず か ら の 責 任 に ふ れ な 出 し が 並 ぶ 。 妃 か 、 糸 満 市 の ひ め ゆ り の ー ・ 委 ま 昭 和 天 皇 批 判 の 報 道 は 連 い も の と な っ て い ま す 〉 と 塔 な ど を 慰 霊 で 訪 れ た 際 、 ー は 激 し く 非 難 し て い る 。 批 判 日 続 き 、 別 年 1 月 川 日 付 で 新 左 翼 系 過 激 派 が 火 炎 び ん は 一 面 で 「 天 皇 裕 仁 の 死 去 の 対 象 は 昭 和 天 皇 だ と は い を 投 げ つ け る 事 件 が 起 き た 。 御 え 、 皇 太 子 が 慰 霊 に 訪 れ た と 日 本 共 産 党 の 立 場 宮 本 こ の 「 ひ め ゆ り の 塔 事 件 」 天 こ と へ の 敬 意 の 念 が 微 塵 も 顕 治 議 長 に 聞 く 日 本 歴 史 は 、 皇 室 に 対 す る テ ロ 事 件 昭 感 じ ら れ な い 記 事 で あ る 。 上 最 大 の 惨 禍 も た ら し た 人 で あ り 、 当 時 、 マ ス コ ミ は か っ て は 昭 和 天 皇 を 「 日 本 歴 史 上 最 大 の 惨 禍 も た ら し た 人 物 」 と 評 し て い た フ リ ー ラ イ タ ー 清 水 典 之 共 産 党 と 赤 旗 が 皇 室 に す り 寄 り は じ め た の は な せ か ? 第 0 望 0.0 在 民 に 反 し で 暗 黒 政 治 と 侵 略 戦 争 の 一 捏 者 侵 略 戈 、 S. 〃 / 財 レ し ル れ ch り 第 ん / SAPI 〇 R76.10 24

世界 2016年 9月号


で き る わ け で 、 そ の う え で あ え て 生 前 退 位 が 示 さ れ た の は 、 和 天 皇 の 関 係 や 、 昭 和 天 皇 と 弟 の 秩 父 宮 、 高 松 宮 の 関 係 が そ や は り 天 皇 制 の 将 来 に 関 す る 強 い 不 安 、 危 機 意 識 が あ る と い う で す 。 昭 和 天 皇 は 摂 政 に な る 直 前 の 一 九 二 一 年 に 訪 欧 し ま う こ と だ と 思 い ま す 。 ま た 、 う が っ た 見 方 か も し れ ま せ ん が 、 す が 、 帰 国 す る や ラ イ フ ス タ イ ル を す っ か り 西 洋 風 に 改 め て 生 前 退 位 の 前 例 を つ く る と 、 皇 太 子 と 雅 子 妃 が 天 皇 皇 后 に な し ま い ま す 。 こ の こ と が 、 四 五 年 八 月 ま で ず っ と 続 く 貞 明 皇 っ た あ と 、 秋 篠 宮 夫 妻 へ と 速 や か に 皇 位 を 継 承 さ せ る こ と も 后 と の 確 執 の 遠 因 に な り ま し た 。 も ち ろ ん 表 向 き は 天 皇 こ そ 可 能 に な り ま す 。 そ う す る と 、 先 ほ ど の 三 す く み は 解 消 さ れ が 「 統 治 権 の 総 攬 者 」 で あ り 、 大 元 帥 で あ っ た わ け で す が 、 る わ け で す 。 宮 中 で は 天 皇 の 体 調 が 悪 化 す る 大 正 後 期 以 降 、 皇 后 や 皇 太 后 し か し 、 今 回 の 退 位 を 考 え る う え で 、 次 の 代 の 上 皇 、 天 皇 、 が 隠 然 と し た 権 力 を 持 つ よ う に な る の で す 。 皇 太 弟 に 相 当 す る 現 天 皇 、 皇 太 子 、 秋 篠 宮 の 関 係 を 見 る だ け 『 皇 后 考 』 で は 、 貞 明 皇 后 を 中 心 と し て こ の 点 に つ き 考 察 で は 十 分 で は あ り ま せ ん 。 現 皇 后 と 皇 太 子 妃 、 秋 篠 宮 妃 の 関 し ま し た が 、 昭 和 天 皇 の 妃 だ っ た 香 淳 皇 后 に も 注 目 す る 必 要 係 も 、 そ れ に 劣 ら ず 重 要 だ と 思 い ま す 。 が あ り ま す 。 戦 時 中 、 言 論 の 自 由 が も っ と も 制 限 さ れ 、 キ リ 先 ほ ど は 、 宮 中 祭 祀 に 雅 子 妃 が な か な か 出 ら れ な い 状 況 を ス ト 教 も 弾 圧 を 受 け て い た と き に 、 密 か に 宮 中 に キ リ ス ト 教 踏 ま え れ ば 、 次 の 代 に 祭 祀 の 規 模 の 縮 小 が 検 討 さ れ る 可 能 性 徒 を 呼 び 寄 せ 、 定 期 的 に 聖 書 の 勉 強 会 を 開 い て い た か ら で す 。 が あ る と 言 い ま し た が 、 リ 男 の 可 能 性 も あ り ま す 。 新 し い 皇 后 そ れ は 相 当 の 覚 悟 、 意 志 が な け れ ば で き な い こ と で す 。 占 領 が 祭 祀 に 出 ら れ な い な ら 、 皇 太 后 や 皇 太 弟 妃 と な る 秋 篠 宮 妃 期 に 天 皇 が キ リ ス ト 教 に 接 近 し て い く の も 、 皇 后 の 影 響 が あ が 出 る こ と で 、 そ の 「 穴 」 を 理 め る か も し れ な い の で す 。 そ る の で は な い か と 思 い ま す 。 う す る と 、 現 皇 后 の 宗 教 カ リ ス マ 性 は 秋 篠 宮 妃 に 受 け 継 が れ 昭 和 天 皇 、 現 天 皇 、 い ま の 皇 太 子 の 三 代 は 、 と に か く 男 性 る こ と に な り ま す 。 の 側 が 惚 れ 込 ん で 、 い ろ い ろ な 困 難 を 乗 り 越 え て 初 志 貫 徹 で 一 緒 に な っ た 経 緯 が あ り ま す 。 皇 后 が 「 お 濠 の 内 側 」 で 大 き 濠 の 内 側 皇 后 の 影 響 力 な 影 響 力 を 及 ば す よ う に な る の は 、 こ う し た 経 緯 も 関 係 し て の こ れ ま で の 本 で 書 い て き た よ う に 、 大 正 、 昭 和 の 天 皇 制 で い る と 考 え る の は う が ち す ぎ で し よ う か 。 制 天 は 、 皇 室 内 部 に お け る 母 子 間 や 兄 弟 間 の 深 い 確 執 が 、 大 き な 昭 和 か ら 平 成 へ の 変 化 と し て 大 き い の は 、 天 皇 と 皇 后 の 露 象 ウ ェ ー ト を 占 め て き ま し た 。 具 体 的 に 言 え ば 、 貞 明 皇 后 と 昭 出 度 が 高 ま っ た こ と だ と 思 い ま す 。 常 に 二 人 一 組 で か っ て の

選択 2016年 10月号


( 現 天 皇 ) へ の 譲 位 と 高 松 宮 の 摂 政 の 記 者 会 見 む 」 を 読 み 上 げ た 。 就 任 を 密 議 し た り 、 芦 田 均 首 相 が で 、 生 涯 で 昭 和 一 一 十 年 の 終 戦 の 御 前 会 議 で る は ポ ッ ダ ム 宣 一 一 豆 又 諾 の 「 聖 断 」 を 一 時 直 剣 に 退 位 を 検 討 。 講 和 ・ 独 最 も 影 響 を れ と 立 回 復 の 際 に は 元 内 大 臣 木 戸 幸 一 受 け た 人 物 下 す 際 に 「 武 装 解 除 ・ 戦 争 犯 罪 人 れ も 退 位 を 勧 め る な ど の 動 き が や ま は 誰 か と い の 差 し 出 し は ん 難 き も 、 国 家 と ご ) 撮 な か っ た 。 典 範 規 定 な ど 何 の 防 波 う 質 問 に 国 民 の 幸 福 の た め に は 、 三 国 干 渉 堤 に も な ら な か っ た の で あ る 。 「 皇 室 の 中 時 の 明 治 天 皇 の 御 決 断 に 倣 い 、 決 冫 -9 、 た 皇 か ら あ げ る し か し 昭 和 天 皇 は マ ッ カ ー サ ー 心 し た 」 ( 『 昭 和 天 皇 実 録 』 ) と 述 べ し 天 監 治 元 帥 と の 約 束 な ど を タ テ に 在 位 し こ と が で き た 。 ま た 昭 和 一 一 十 一 年 の 年 頭 詔 書 統 明 続 け た 。 天 皇 の 真 意 は 今 も っ て 判 る と す れ ば 、 懿 年 ( 「 人 間 宣 一 = 〕 」 ) で は 冒 頭 に 「 五 箇 条 最 晩 然 と し な い が 、 本 人 が 昭 和 四 十 一 一 一 祖 父 明 治 天 の 御 誓 文 」 を 付 け 加 ん さ せ た 。 そ し て 退 位 問 題 に つ い て も 、 明 年 四 月 一 一 十 四 日 に 稲 田 周 一 侍 従 長 皇 を あ げ ま す 。 私 は 常 に 祖 父 の 行 の 意 図 は 確 実 に 成 果 を 挙 げ 、 昭 和 に っ た 記 録 が 、 徳 川 義 寛 元 侍 従 い を 心 に 留 め て い ま す 」 と 答 え て 天 皇 の 姿 勢 に 多 大 の 影 響 を も た ら 治 天 皇 の 「 朕 は 辞 職 す る 能 は ず 長 の 日 記 に 添 付 さ れ て い る の を 見 い る 。 ( 高 橋 紘 『 陛 下 、 お 尋 ね 申 し た 。 そ の こ と は 昭 和 天 皇 が こ の を 想 起 し て い た こ と が 稲 田 の 拝 聴 つ け た 。 し 上 げ ま す 』 ) 後 、 昭 和 十 亠 ハ 年 九 月 六 日 と 同 一 一 十 記 録 に あ っ た 。 「 明 治 天 皇 御 紀 編 纂 に 携 わ っ て い し か し な が ら 、 も し 仮 に 、 こ の 実 際 、 昭 和 天 皇 は 歴 史 の 関 頭 に 年 八 月 十 四 日 の 一 一 度 の 御 前 会 議 、 た 三 上 参 次 か ら 聞 い た こ と で あ る 立 た さ れ た 時 に は 必 ず 明 治 天 皇 の そ し て 翌 一 一 十 一 年 一 月 一 日 の 人 間 明 治 天 皇 の 一 言 が 伊 藤 に 対 す る 皮 宣 一 一 一 一 星 寸 、 幾 度 か の 重 要 な 政 治 的 局 肉 の 意 味 を 帯 び て い た と す れ ば 、 が 、 明 治 天 皇 は 、 大 臣 が 辞 職 す る 事 績 に 言 及 し て い る 。 『 昭 和 天 皇 の と は 違 っ て 、 天 皇 は 記 紀 に 書 か 実 録 』 編 纂 に あ た っ た 宮 内 庁 書 陵 面 で 明 治 天 皇 の 事 績 に ち な ん だ 決 三 上 が 進 講 の 際 に 明 治 天 皇 の 「 聖 れ て い る 神 勅 を 打 し な け れ ば な 部 の 研 究 官 は 、 そ の 背 景 に 『 明 治 断 ・ 発 一 一 一 口 を し て い る こ と か ら も い 徳 」 を 称 揚 せ ん と し て 勢 い 余 っ て 深 読 み し て 講 じ 、 昭 和 天 皇 が こ れ ら な い か ら 退 位 で き な い と 仰 せ ら 天 皇 紀 』 編 纂 に あ た っ た 歴 史 学 者 え る の で あ る 。 」 ( 明 治 聖 徳 記 念 学 よ す が れ た と の こ と で あ る 。 明 治 天 皇 の 三 上 参 次 に よ る 大 正 十 三 年 か ら 昭 会 紀 要 所 収 、 高 橋 勝 浩 『 三 上 参 次 を 便 に し た の で は な い か と の 疑 い 思 召 は 尤 も で あ る と 思 う 」 「 わ た が 、 筆 者 の 胸 中 に 頭 を も た げ る の 和 七 年 に 至 る 進 講 の 影 響 の 大 き さ の 進 講 と 昭 和 天 皇 』 ) し の 任 務 は 祖 先 か ら 受 け 継 い だ 此 を 指 摘 し て い る 。 言 っ ま で も な い が 、 昭 和 十 亠 ハ 年 で あ る 。 高 橋 勝 浩 の 論 文 に よ る と の 国 を 子 孫 に 伝 え る こ と で あ る 」 「 ( 進 講 は ) 明 治 天 皇 の 聖 徳 を 再 び 九 月 六 日 は 、 対 米 英 蘭 開 戦 方 針 を 夥 し い 回 数 行 わ れ た 一 一 一 上 の 進 講 は 「 わ た し は 明 治 天 皇 の 思 召 に 鑑 み 、 認 識 さ せ る と と も に 、 立 憲 君 主 と 含 む 、 「 帝 国 国 策 遂 行 要 領 」 を 決 め 毎 回 感 動 的 な も の だ っ た が 、 同 席 苦 難 に ん て 義 務 を 果 た す 方 が 国 し て の あ り 方 を 再 確 認 さ せ る こ と た 御 前 会 議 。 明 治 天 皇 の 御 製 「 よ し た 側 近 ら の 日 記 に 一 部 記 さ れ て 家 に 忠 を 尽 す こ と に な る と 思 う 」 で あ っ た と い え よ う 。 そ れ は 、 ま も の 海 み な は ら か ら と 思 ふ 世 い る だ け で 、 今 と な っ て は 詳 細 は 昭 和 天 皇 は 昭 和 五 十 年 九 月 六 日 さ し く 帝 王 学 の 一 環 で あ っ た 。 そ に な ど 波 風 の た ち さ わ ぐ ら よ く わ か ら な い と い う 。 ( 敬 称 略 ) 89 皇 室 の 風 2016.10 選 択