検索 - みる会図書館

検索対象: Voice 平成28年10月号

Voice 平成28年10月号から 203件ヒットしました。

Voice 平成28年10月号


そ の 一 方 で 、 わ が 国 の 歴 史 を 振 り 返 る と 、 天 皇 の 譲 位 和 天 皇 独 白 録 』 や 『 昭 和 天 皇 実 録 』 を 読 む と 、 昭 和 天 皇 が 内 々 の 場 で は か な り 踏 み 込 ん だ ご 発 言 を さ れ て い る こ や 退 位 が 政 治 的 混 乱 や 勢 力 争 い を も た ら し た 過 去 の 事 例 と が わ か り ま す 。 が あ り ま す 。 こ れ か ら 百 年 先 、 一 一 百 年 先 の 日 本 で 同 じ よ う な 事 態 が ゆ め ゅ め 現 出 し な い よ う に 、 わ が 国 の 大 河 の た と え ば 『 昭 和 天 皇 独 白 録 』 に 記 さ れ た エ ピ ソ ー ド と 流 れ の よ う な 悠 久 の 歴 史 に 鑑 み 、 慎 重 に 議 論 を 進 め て い し て 、 昭 和 三 ( 一 九 二 八 ) 年 の 張 作 霖 爆 殺 事 件 ( 満 洲 ・ か な け れ ば な り ま せ ん 。 奉 天 ) が 挙 げ ら れ ま す 。 当 時 の 田 中 義 一 首 相 は 陸 軍 か ら か っ て 明 治 憲 法 の 制 定 時 、 天 皇 の 譲 位 を 制 度 と し て 記 の 圧 力 に 屈 し 、 首 謀 者 と さ れ た 河 本 大 作 ( 関 東 軍 参 謀 ) こ わ し す べ き か を め ぐ っ て 伊 藤 博 文 や 井 上 毅 ら が 議 論 を 行 な を 厳 し く 処 分 す る 当 初 の 方 針 を 覆 し ま し た 。 い 、 記 さ な い ほ う が よ い 、 と い う 結 論 に 至 り ま し た 。 明 そ の 件 に 関 し て 、 昭 和 天 皇 は 『 独 白 録 』 で こ う 語 っ て 治 の 日 本 人 は 、 あ る 意 味 で 現 代 に 生 き る 日 本 人 以 上 に 皇 お ら れ ま す 。 「 田 中 は 再 び 私 の 処 に や っ て 来 て 、 こ の 問 室 へ の 関 心 や 尊 敬 の 念 を 抱 い て い た 人 び と で す 。 そ の 先 題 は う や む や の 中 に 葬 り た い と 云 ふ 事 で あ っ た 」 「 私 は 人 た ち の 判 断 や 智 恵 も ま た 、 私 た ち は 尊 重 す る 必 要 が あ 田 中 に 対 し 、 そ れ で は 前 と 話 が 違 ふ で は な い か 、 辞 表 を る で し よ う 。 出 し て は ど う か と 強 い 語 気 で 云 っ た 」 。 昭 和 天 皇 の お 言 敗 戦 時 も 天 皇 の 譲 位 を め ぐ る 議 論 が あ り ま し た 。 昭 和 葉 で 、 田 中 内 閣 は 総 辞 職 に 追 い 込 ま れ ま し た 。 の 国 会 で も 衆 議 院 内 閣 委 員 会 の 場 で 天 皇 の 退 位 や 公 務 の 昭 和 天 皇 は こ の 一 件 に つ い て 、 「 若 気 の 至 り で あ る 」 負 担 に つ い て さ ま ざ ま な 議 論 が 行 な わ れ ま し た が 、 天 皇 と 回 顧 さ れ て い ま す 。 内 閣 の 決 定 に 干 渉 し 、 総 辞 職 に 至 は 終 身 天 皇 で あ り 続 け る と 定 め た 現 行 の 皇 室 典 範 は 改 正 ら し め る 振 る 舞 い は 立 憲 君 主 と し て ふ さ わ し く な い 、 と さ れ ま せ ん で し た 。 昭 和 天 皇 は ご 高 齢 に な り 、 ご 病 気 に 気 付 か れ た の で し よ う 。 以 来 、 昭 和 天 皇 は 「 内 閣 の 上 奏 た と え な ら れ た の ち も 天 皇 の お 立 場 に と ど ま り 続 け 、 天 皇 と し す る 所 の も の は 仮 令 自 分 が 反 対 の 意 見 を 持 っ て ゐ て も 裁 可 を 与 へ る 事 に 決 心 し た 」 と 述 べ て お ら れ ま す 。 実 際 の て ご 生 涯 を 閉 じ ら れ ま し た 。 昭 和 天 皇 の お 気 持 ち を 窺 い 知 る う え で 、 た と え ば 『 昭 と こ ろ 、 昭 和 天 皇 が 六 十 四 年 の 御 代 で 公 に ご 意 見 を 述 べ

Voice 平成28年10月号


摂 政 が や は り 最 善 男 系 男 子 の 皇 位 継 承 こ そ 、 最 も 重 要 な 皇 室 の 伝 統 で あ る ( 上 智 大 学 名 誉 教 授 ) 渡 部 昇 一 一 九 三 〇 年 、 山 形 県 生 ま れ 。 上 智 大 学 大 学 院 修 士 課 程 修 了 。 ド イ ツ 、 イ ギ リ ス に 留 学 後 、 母 校 で 教 鞭 を と る か た わ ら 、 ア メ リ カ 四 州 の 大 学 で 講 義 。 上 智 大 学 教 授 を 経 て 現 職 。 近 著 に 、 「 本 当 の こ と が わ か る 昭 和 史 」 ( 研 究 所 ) な ど 。 摂 政 の 制 度 は 聖 徳 太 子 の 昔 か ら あ り 、 き わ め て 近 い 例 と 先 例 に 従 え ば 難 し く な い し て は 大 正 天 皇 が ご 病 気 の と き に 皇 太 子 ( 昭 和 天 皇 ) が 天 皇 陛 下 が 生 前 ご 譲 位 の ご 意 図 を 述 べ ら れ 、 話 題 と な 摂 政 を 務 め ら れ て い ま す 。 そ の 先 例 に 従 え ば 難 し く な い り ま し た 。 こ れ か ら ど う し た ら い い か 、 い ろ い ろ 議 論 が 話 な の で す が 、 天 皇 陛 下 ご 自 身 が 「 摂 政 は 望 ま し く な あ る で し よ う が 、 私 は 「 ご 退 位 な さ ら ず 、 摂 政 を 設 け ら い 」 と い う ご 意 向 を 述 べ ら れ た こ と で 、 生 前 退 位 、 譲 位 れ れ ば い い 」 と 考 え て お り ま す 。 に 関 す る 議 論 が 出 て い る の だ と 思 い ま す 。 わ た な べ し よ う い ち 総 力 特 「 国 体 の 危 機 」 を 超 え て Voice October , 2016 54

Voice 平成28年10月号


九 十 六 年 前 ( 大 正 九 年 ・ 一 九 二 〇 と 歴 史 上 見 ら れ た 上 皇 や 法 皇 な ど の 子 シ ン グ ル ス で 銅 メ ダ ル を 取 っ た こ 存 在 が 弊 害 を 生 む 恐 れ が あ る 、 天 と に 関 し て 、 テ レ ビ で は オ リ ン ピ ッ 年 ) の ア ン ト ワ ー ブ オ リ ン ピ ッ ク ( ベ ル ギ ー ) で メ ダ ル を 取 っ た の は 、 皇 の 自 由 意 思 に 基 づ か な い 退 位 の 強 ク で の メ ダ ル は 「 九 十 六 年 ぶ り 」 と く ま が い い ち ゃ 熊 谷 一 弥 ( テ ニ ス 男 子 シ ン グ ル ス ) 制 の 可 能 性 が あ る 、 国 天 皇 が 恣 竟 葯 は 繰 り 返 し 報 道 し て も 、 国 民 が 知 り か し お せ い い ち ろ う た い 「 開 催 地 」 「 誰 が 」 「 何 色 の メ ダ と 熊 谷 一 弥 ・ 柏 尾 誠 一 郎 ( テ ニ ス 男 に 退 位 で き る と 皇 位 の 安 定 性 を 脅 か ル な の か 」 を ほ と ん ど 報 道 し て い ま 子 ダ ブ ル ス ) の 二 人 で 、 両 者 と も 銀 す 」 と 参 議 院 内 閣 会 で 答 弁 し て い ま す が 、 一 九 八 四 年 に も 山 本 悟 ・ せ ん で し た 。 視 聴 者 に と っ て は 、 九 メ ダ ル で し た 。 昭 和 天 皇 が 初 め て テ ニ ス を 教 わ っ 宮 内 庁 次 長 が 国 会 で 同 様 の 答 弁 を し 十 六 年 前 に 日 本 人 が テ ニ ス を し て い た こ と も 驚 き で 、 ま し て や オ リ ン ピ た の は 、 『 昭 和 天 皇 実 録 第 一 一 』 ( 宮 て い ま す 。 ッ ク で メ ダ ル を 取 っ て い た な ど 「 軍 内 庁 著 、 東 京 書 籍 、 二 〇 一 五 年 ) に 「 生 訓 退 位 」 が 現 実 化 す る 可 能 性 が よ る と 、 大 正 一 二 ( 一 九 一 四 ) 年 四 月 あ っ た 直 近 の 実 例 と し て は 、 一 部 の 国 主 義 時 代 」 に あ り え な い 、 と 思 っ た こ と で し よ う 。 陸 軍 省 幕 僚 と 近 衛 師 団 参 謀 が 終 戦 を 二 十 一 日 「 午 後 、 ( 東 宮 職 ) 出 仕 を - も 。 り 実 際 、 戦 前 の 歴 史 認 識 は 暑 お 相 手 に テ ニ ス を 試 み ら れ る 。 こ の 阻 止 す る た め 、 近 衛 第 一 師 団 長 森 日 が 初 め て の 習 に て 、 以 後 、 出 赳 中 将 を 殺 害 し て 、 一 九 四 五 年 八 領 下 以 降 、 「 戦 前 は 軍 部 が 独 断 的 に 月 十 四 日 深 夜 か ら 翌 十 五 日 未 明 に 起 君 臨 し て い た 暗 黒 時 代 」 と さ れ 、 文 仕 等 を お 相 手 に し ば し ば テ ニ ス を 行 き ゅ う じ よ う わ れ る 」 と あ り 、 皇 太 子 時 代 ( 十 一 一 こ し た 「 宮 城 事 件 」 ( 玉 音 盤 奪 取 未 化 や ス ポ ー ツ な ど の 国 際 交 流 が 盛 ん だ っ た こ と は い ま だ に 封 印 さ れ て い 歳 ) の こ と で し た 。 遂 事 件 ) が あ り 、 実 質 的 に は ク ー デ ま た 昭 和 天 皇 が ス ポ ー ツ 好 き だ っ る の で す 。 昭 和 天 皇 が 摂 政 を 務 め ら タ ー 未 遂 事 件 で し た 。 れ て い た 大 正 時 代 が マ ス コ ミ に は 不 た こ と は 、 大 正 十 ( 一 九 二 一 ) 年 十 都 合 な の か 、 戦 前 の 昭 和 天 皇 と 皇 室 二 月 十 七 日 「 午 後 一 時 、 宮 城 内 の 千 昭 和 天 皇 と ス ポ ー ツ に つ い て も 、 ま っ た く 報 じ よ う と し 代 田 倶 楽 部 に お 出 ま し に な り 、 清 水 善 造 ・ 岡 本 忠 等 の テ ニ ス 競 技 を 御 覧 リ オ 五 輪 で 錦 織 圭 選 手 が テ ニ ス 男 ま せ ん 。 た け し に し こ り け い

Voice 平成28年10月号


一 一 〇 一 六 年 八 月 八 日 の 「 陛 下 の ビ と も 考 え ら れ ま す 。 し か し 、 こ の 場 に よ り 、 成 年 に 達 し た 白 簇 が 、 こ れ デ オ メ ッ セ ー ジ 」 は 直 接 、 国 民 に 語 合 も 、 天 皇 が 十 分 に そ の 立 場 に 求 め に 就 任 す る 。 一 皇 太 子 又 は 皇 太 孫 」 る こ と で 、 過 熱 し て い た マ ス コ ミ 報 ら れ る 務 め を 果 た せ ぬ ま ま 、 生 涯 の に 合 致 し て い た と 思 わ れ ま す 。 現 在 道 に よ る 「 政 治 的 発 言 」 と の 誤 解 を 終 わ り に 至 る ま で 天 皇 で あ り 続 け る も 「 狭 心 症 」 が 完 治 さ れ て い な い と 解 か れ 、 国 民 一 人 ひ と り に 伝 統 を 踏 こ と に 変 わ り は あ り ま せ ん 》 。 こ れ な る と 、 す ぐ に で も 「 摂 政 」 を 置 く ま え た こ れ か ら の 皇 室 の 在 り 方 を 、 を 「 摂 政 」 を 否 定 し て い る ご 発 言 と 条 件 に 合 致 す る こ と に な り ま す 。 せ い び つ 静 謐 な 環 境 の な か で 考 え て も ら う た 過 大 に 解 釈 す る こ と に は 、 無 理 が あ マ ス コ ミ 報 道 を 俯 瞰 す る と 、 「 摂 め の ご 発 言 と 受 け 止 め る べ き な の で り ま す 。 政 」 の 実 態 に 触 れ る と 都 合 が 悪 い の は な い で し よ う か 。 今 上 陛 下 は 、 一 一 〇 〇 三 年 に 「 前 立 か 、 初 め か ら 「 摂 政 」 を 除 外 し た 記 腺 癌 」 、 二 〇 一 二 年 に は 「 狭 心 症 の 事 が ほ と ん ど で す 。 占 領 下 の 憲 法 と 皇 室 典 範 冠 動 脈 バ イ 。 ハ ス 」 手 術 を 受 け ら れ 、 「 摂 政 」 の 実 例 に つ い て は 、 ご 病 気 「 " 神 の 手 〃 の 技 術 を も っ 外 科 医 」 と だ っ た 大 正 天 皇 の 摂 政 を 務 め ら れ た あ ま の あ っ し マ ス コ ミ 報 道 の な か に は 、 陛 下 が し て 国 際 的 に 著 名 な 天 野 篤 医 師 が 昭 和 天 皇 の 皇 太 子 時 代 を 国 民 に 明 ら 「 摂 政 に は 否 定 的 」 で あ る と か 、 憲 執 刀 し ま し た 。 こ れ が 男 何 の 皇 室 典 か に し て 、 こ れ か ら の 皇 室 の 在 り 方 法 に 触 れ ら れ た か の よ う な 記 事 が 散 範 が 施 行 さ れ た 昭 和 一 一 十 一 一 ( 一 九 四 も 、 暑 領 下 に 起 草 さ れ た 「 憲 見 さ れ ま す が 、 ビ デ オ メ ッ セ ー ジ の 七 ) 年 当 時 で あ れ ば 、 摂 政 を 置 く 条 法 」 と 「 皇 室 典 範 」 に こ だ わ る こ と 実 「 お 気 持 ち 」 で は 、 「 象 徴 天 皇 」 と な く 、 国 民 一 人 ひ と り が 、 陛 下 の の 件 と し て の 「 第 三 章 摂 政 ( 第 十 六 と き 皇 「 摂 政 ー の 役 割 に つ い て 次 の よ う に 条 (l) 天 皇 が 、 : : : 身 体 の 重 患 又 は 「 お 気 持 ち 」 を 真 剣 に 考 え る 秋 が 来 皇 天 て い る の で す 。 言 及 さ れ て い ま す 。 《 天 皇 が 未 成 年 重 大 な 事 故 に よ り 、 国 事 に 関 す る 行 和 で あ っ た り 、 重 病 な ど に よ り そ の 機 為 を み ず か ら す る こ と が で き な い と 皇 室 典 範 で 「 生 前 退 位 」 を 認 め て 能 を 果 た し 得 な く な っ た 場 合 に は 、 き は 、 皇 室 会 議 の 議 に よ り 、 摂 政 を い な い 理 由 と し て 、 一 九 九 一 一 年 に 宮 戦 天 皇 の 行 為 を 代 行 す る 摂 政 を 置 く こ 置 く 。 第 十 七 条 摂 政 は 、 左 の 順 序 尾 盤 宮 内 庁 次 長 が 「 曰 退 位 を 認 め る 乃

Voice 平成28年10月号


そ こ に 最 後 に 示 さ れ る 「 常 に 途 切 れ る こ と な く 」 「 安 に 表 さ れ る よ う に も 推 察 さ れ る 。 そ れ こ そ が 、 「 典 範 ー に つ い て 陛 下 も お 考 え に な っ て 定 的 に 続 い て い く 」 「 象 徴 天 皇 の 務 め ー こ そ が 、 今 回 の お い で の さ ま ざ ま な 選 択 肢 を 、 陛 下 と 共 に 末 来 の 日 本 社 「 お 一 一 一 暴 」 の 最 も の 大 切 と 鮮 明 に な っ て く る 。 そ れ は 、 会 を 創 っ て ゆ く 日 本 人 一 人 一 人 も 考 え 、 そ の 議 論 の 過 程 〈 皇 統 の 安 定 と 永 続 〉 か ら 始 め て 、 将 来 の 「 共 に 在 る 」 安 寧 な 国 の 形 を 模 索 し こ そ が 、 じ つ は 歴 代 天 皇 の 最 も の 責 任 で 、 そ の こ と は 天 て ゆ く 必 要 性 と い え よ う 。 皇 の 位 と は 一 瞬 た り と も 空 位 に な っ て は な ら な い と の 考 み か ど お お ん く ら い の た ま 時 の 帝 が 、 御 位 を か け て 宣 わ れ た 「 お 一 一 一 口 葉 ー な の で あ え 方 か ら な の で あ る 。 る か ら 、 一 部 で は 一 時 的 な 法 律 改 正 で も 、 と の 案 も 出 て す る と 日 本 国 民 も 一 人 一 人 が 、 こ の 「 途 切 れ 」 ず 「 安 い る と 報 道 さ れ て い る が 、 や は り 、 こ こ は 、 今 上 陛 下 の 定 的 に 続 い て ゆ く 」 方 法 を 、 天 皇 を 象 徴 と す る 国 と 民 と 御 心 に 添 っ て の 根 本 か ら の 議 論 と 熟 考 と に よ る 国 民 と の の 当 事 者 と し て 考 え る 必 要 に 迫 ら れ よ う 。 相 互 理 解 の 上 の 、 何 ら か の 新 し い 方 向 性 が 必 要 と い え よ そ こ で は 、 次 代 に 天 皇 の 座 に 御 即 位 な さ る 皇 太 子 殿 下 の 内 親 王 様 へ の 将 来 に お け る 継 承 も 選 択 肢 の ひ と っ と し 「 そ う し た 中 」 で 「 我 が 国 の 長 い 天 皇 の 歴 史 ー を 振 り 返 て 議 論 の 対 象 と な ろ う か 。 る と き 、 近 代 に 至 っ て 使 わ れ る よ う に な っ た 〃 君 臣 同 そ も そ も 天 皇 直 系 の 皇 女 と は 、 第 十 一 代 垂 仁 天 皇 皇 や ま と ひ め の み こ と 治 〃 と の 一 一 一 一 口 葉 で 表 さ れ る 常 に 天 皇 と 民 と が 歴 史 を 築 い て 女 ・ 倭 姫 命 以 来 、 天 皇 か ら 唯 一 に 祭 祀 権 を 分 与 さ れ て き た と い う 日 本 の 永 い 伝 統 が 浮 上 し て く る 。 こ れ に つ い 伊 勢 神 宮 に 天 皇 の 祖 先 女 神 ・ 天 照 大 神 を 奉 斎 し て き た 格 て は 、 昭 和 天 皇 も 〔 人 間 宣 言 〕 に つ い て 、 ″ 君 民 同 一 〃 式 を も っ 存 在 で 、 今 上 陛 下 内 親 王 ・ 黒 田 清 子 様 の 祭 主 ご と い う 考 え 方 か ら 、 天 皇 の 在 り 方 と し て 何 ら 変 化 す る こ 就 任 も そ の 歴 史 と 格 式 に 拠 る 。 と の な か っ た 伝 統 と も 述 べ ら れ て い る 歴 史 。 さ ら に 現 在 の 、 天 皇 が 親 任 す る 官 僚 機 構 の 律 令 体 制 を そ の 歴 史 の 上 で さ ら に 今 後 と も 、 将 来 に お い て 、 天 皇 確 立 し た の は 、 六 世 紀 か ら 八 世 紀 ま で の 六 人 八 代 の 女 性 家 と 国 民 と が 共 に よ り 良 い 形 で 日 本 の 将 来 を 築 い て ゆ け 天 皇 方 に よ る 「 大 宝 律 令 」 等 の 法 整 備 、 宮 廷 制 度 の 完 る 方 法 を 陛 下 に は お 考 え と 拝 読 さ れ る 。 備 、 遣 唐 使 等 の 外 交 政 策 か ら 、 水 田 開 発 で の 経 済 政 策 な

Voice 平成28年10月号


皇 室 外 交 の 始 ま り は 、 昭 和 四 十 六 年 に 時 の 昭 和 天 皇 が 先 の 大 戦 で 敵 国 と し て 対 峙 し た 西 欧 七 か 国 ご 外 遊 あ た り か ら 、 そ し て 四 十 九 年 に は 先 の 大 戦 で は 最 大 の 敵 国 で あ り な が ら も 、 戦 後 の 日 本 復 興 に 最 大 の 援 助 国 と な っ た 米 国 現 職 大 統 領 の 来 日 へ 、 さ ら に 昭 和 五 十 年 の 昭 和 天 皇 ・ 香 淳 皇 后 両 陛 下 に よ る ご 訪 米 を 成 し た 時 代 頃 と い わ れ ( 平 成 十 一 年 ) る 。 政 治 に も 経 済 に も と ら わ れ な い こ の 、 日 本 本 来 の 文 化 を 継 承 す る 皇 室 の 外 交 で 、 日 本 は 先 の 大 戦 に よ る 世 界 何 よ り は 、 昭 和 天 皇 以 来 、 今 上 陛 下 も 、 国 際 社 会 で の と の 対 立 を 超 え る こ と が で き 、 国 際 社 会 に お け る 平 和 国 日 本 の 天 皇 と し て 研 鑽 を 積 ま れ た 英 国 の 、 そ の 君 の 即 位 家 と 認 め ら れ て き た と い え よ う 。 六 十 年 と な る 歴 史 的 儀 式 に 招 か れ た お 思 い の 御 製 に 鮮 明 と な ろ う 。 そ の 外 交 は 、 た と え ば 来 日 中 の 「 ベ ル ギ ー の 君 」 に 日 本 を 案 内 し な が ら 、 日 本 人 と 皇 室 の 基 盤 で あ る 稲 作 の 風 景 を 見 せ る 「 秋 の 田 」 、 そ の 「 秋 の 田 」 の 豊 か さ と 美 し さ と に ご 感 応 な さ る 今 上 陛 下 御 製 、 ベ ル ギ 1 の 君 と 足 利 市 を 訪 ね て ベ ル ギ ー の 君 と 乗 り ゆ く 列 車 よ り 実 り 豊 け き 秋 の 田 を 見 る ( 平 成 一 一 十 四 年 ) 宮 中 祭 祀 に お い て 歴 代 天 皇 に 生 き 続 け て き た 〈 無 私 で く に た み ( 平 成 八 年 ) 自 国 の 国 民 の み な ら ず 世 界 平 和 を 祈 る 〉 魂 に よ っ て 、 世 界 か ら 敬 愛 を 受 け 、 そ の 御 魂 で 軍 事 ・ 政 治 ・ 経 済 を 超 え ま た ル ク セ ン プ ル グ 大 公 を 迎 え て 、 古 来 の 日 本 人 が 美 た 皇 室 外 交 を 成 し 遂 げ ら れ 、 小 さ な 島 国 の 日 本 を 国 際 社 し さ を 讃 え 、 信 仰 の 対 象 と し た 富 士 山 を 崇 め る 御 製 な ど 会 に お い て 平 和 で 文 化 的 な 独 立 国 家 と し て 存 立 さ せ て ゆ こ う じ ゅ ん に 拝 見 で き る 。 即 位 六 十 年 に 当 た り 英 国 の 君 に 招 か れ て と っ く に 若 き 日 に 外 国 の 人 ら と 交 は り し 戴 冠 式 を な っ か し み 思 ふ ル ク セ ン プ ル グ 大 公 を 迎 へ て 大 公 と 春 の 山 梨 た づ ぬ れ ば 間 近 に 白 き 富 士 そ び え 立 っ

Voice 平成28年10月号


世 界 市 場 へ 日 本 史 上 か っ て v 。 i ( 。 16 / 10 N 。 . “ 6 CONTENTS 日 台 連 携 で な い お 一 『 ロ 葉 : 櫻 非 よ し こ 摂 政 が や は り 最 善 渡 部 昇 《 皇 統 の 安 定 と 永 続 》 の 議 論 を 秦 澄 美 枝 戦 前 の 昭 和 天 皇 と 皇 室 の 真 実 水 間 政 憲 保 田 與 重 郎 と 萬 葉 集 ① 榮 太 郎 S P E C 一 A L F E A T U R E 特 別 寄 稿 嬲 「 国 体 の 危 機 」 を 超 え て 元 台 湾 総 統 李 登 輝 日 本 文 学 家 近 現 代 史 2 研 究 家 7 194 な 未 成 年 で あ 0 た り 浦 病 き ド j 、 ; そ の 機 能 を よ た 得 み ュ 場 合 に は ◎ AFP= 時 事

Voice 平成28年10月号


こ こ で 大 事 な の は 「 天 皇 陛 下 が な ぜ 生 前 退 位 を お 考 え と い う 意 識 を 強 く 感 じ ま す 。 に な ら れ た の か 」 と い う 点 で す 。 拝 察 し ま す と 、 災 害 で 「 祈 る こ と が 本 質 的 な 仕 事 」 と い う 意 味 で は 、 被 災 者 を 被 害 を 受 け た 人 び と を 見 舞 わ れ た り 、 戦 地 で 亡 く な っ た 見 舞 わ れ る こ と も 、 戦 死 者 を 慰 霊 さ れ る こ と も 、 祈 る こ 日 本 人 の 慰 霊 に 自 ら 出 か け ら れ る こ と が 象 徴 天 皇 の 重 要 と の 表 れ で あ っ て 、 基 は 「 祈 り に あ り ま す 。 だ か ら 、 な 仕 事 で あ る と の 認 識 を お も ち で 、 「 そ れ が で き な く な そ れ ら を お や め に な っ た と し て も 、 象 徴 天 皇 と し て の お っ て も 天 皇 で あ り 続 け る の は 国 民 に 申 し 訳 な い 」 と い う 務 め を お ろ そ か に し た こ と に は な り ま せ ん 。 肉 体 的 な ご お 気 持 ち が あ る か ら で し よ う 。 負 担 が な い 範 囲 に お い て 、 国 民 と 国 の た め に お 祈 り く だ こ れ は 天 皇 陛 下 の 誠 実 な ご 性 格 の 表 れ で あ る と 同 時 さ れ ば 、 「 象 徴 天 皇 と し て の お 仕 事 を 十 分 さ れ て い る 」 に 、 象 徴 天 皇 の 任 務 を 重 大 に 考 え て い ら っ し や る 表 れ で と 思 わ な い 日 本 人 は い な い で し よ う 。 も あ り 、 国 民 と し て は 「 ま こ と に あ り が た い こ と 」 と い し た が っ て 、 被 災 者 を 見 舞 わ れ た り 、 慰 霊 の 旅 に 出 ら う よ り ほ か あ り ま せ ん 。 れ る と い っ た 外 へ 出 ら れ る お 仕 事 を 、 摂 政 に 譲 ら れ て も し か し 、 そ の よ う な 外 へ 出 て の お 務 め は 、 お 年 を 召 さ か ま わ な い と 私 は 思 い ま す 。 ま た 、 皇 太 子 殿 下 が 摂 政 に れ た い ま と な っ て は 必 要 な い の で は な い か 、 と 私 は 思 い な っ て く だ さ れ ば 、 元 号 を 変 え る 必 要 が あ り ま せ ん し 、 ま す 。 天 皇 の 最 も 中 心 的 な 仕 事 は 、 「 日 本 国 と 日 本 国 民 皇 室 典 範 改 正 の 必 要 も な く な り ま す 。 の た め に 平 和 と 繁 栄 を お 祈 り く だ さ る こ と 」 と 考 え る か そ の あ た り の こ と を ど な た か が ご 説 明 申 し 上 げ 、 天 皇 ら で す 。 陛 下 に ご 納 得 い た だ け れ ば 、 安 心 し て 摂 政 に 任 せ ら れ 明 治 三 十 六 年 、 明 治 天 皇 は 「 民 の た め 心 の や す む 時 て 、 お 休 み く だ さ る の で は な い で し よ う か ( 自 分 自 身 が 善 ぎ よ せ い 最 ぞ な き 身 は 九 重 の 内 に あ り て も 」 と い う 御 製 を 詠 ま れ 八 十 歳 を 越 え て よ く わ か る の で す が 、 被 災 地 に お 見 舞 い に は や ま し た 。 「 自 分 の 身 体 は 宮 中 に あ っ て も 、 国 民 の た め に い ら っ し や る と き 、 腰 を か が め て お 話 し に な ら れ る の は 、 さ ぞ が 心 の 休 ま る こ と が な い 」 と い う 意 味 で す が 、 そ の 根 底 に お 辛 い で し よ う と 、 心 配 に な り ま す ) 。 皇 太 子 が 摂 政 を 務 め 摂 「 国 民 の た め に 祈 る こ と が 天 皇 の 本 質 的 な 仕 事 で あ る 」 る こ と は す で に 昭 和 天 皇 が ご 経 験 な さ れ て い る だ け に 、

Voice 平成28年10月号


た 。 そ の こ ろ に や っ て い た ら 、 あ ま り 文 句 も 出 な か っ た 万 世 一 系 こ そ 、 日 本 の 国 体 の 中 心 で し よ う 。 し か し 、 現 在 は 七 十 年 以 上 が 経 ち 、 い ろ い ろ 憲 法 改 正 と い う と 、 九 条 に ば か り 焦 点 が 当 て ら れ ま す な 利 権 が 絡 ま っ て 、 憲 法 の 改 正 は 難 し く な っ て い ま す 。 と い っ て も 、 い ろ い ろ 余 計 な こ と を 考 え る か ら 難 し い の が 、 そ も そ も 前 文 で 日 本 国 民 の 安 全 と 生 存 を 「 諸 国 民 の 公 正 と 信 義 に 信 頼 し て 」 委 ね る と さ れ て い る か ら 、 こ の で あ っ て 、 上 述 の よ う に 考 え れ ば 、 さ ほ ど 困 難 な 話 で は な く な り ま す 。 条 文 が 出 て く る の で あ っ て 、 九 条 だ け い じ っ た と こ ろ で 憲 法 改 正 反 対 論 者 は 「 い ま の 憲 法 に は 天 皇 陛 下 の 勅 語 意 味 が あ り ま せ ん 。 根 本 か ら 正 す 必 要 が あ り ま す 。 で は 、 ど う す れ ば い い か 。 私 は 「 明 治 憲 法 に 戻 す 」 べ も 賜 っ て い る し 、 日 本 の 議 会 で 決 め た も の な の で 、 正 当 で あ る 」 と 主 張 し ま す 。 し か し 、 当 時 の 昭 和 天 皇 は ポ ッ き だ と 考 え ま す 。 そ の た め の 手 続 き は 次 の と お り で す 。 ダ ム 宣 言 に よ り 、 マ ッ カ ー サ ー ( 司 令 官 ) に 隷 属 ま ず 、 現 在 の 国 会 議 員 の 三 分 の 一 一 以 上 が 賛 成 で き る よ し た 状 況 に 置 か れ て い ま し た 。 し た が っ て 、 マ ッ カ ー サ う な 草 案 を つ く る 。 そ の 草 案 を 国 民 に 示 し 、 修 正 す べ き と こ ろ は 修 正 す る 。 そ う い う 準 備 が で き た ら 、 天 皇 陛 下 ー の 意 思 に 反 す る 公 式 発 言 な ど で き ま せ ん 。 た と え ば 、 現 憲 法 に 対 す る 昭 和 天 皇 の お 言 葉 の な か に の 許 可 を あ ら か じ め 得 て お く 。 そ し て 、 午 前 十 一 時 五 十 「 日 本 国 民 の 総 意 に 基 づ い て 、 新 日 本 建 設 の 礎 が 、 定 ま 五 分 に 衆 議 院 で 首 相 が 「 明 治 憲 法 に 戻 し ま す 」 と 宣 言 る に 至 っ た こ と を 、 深 く よ ろ こ び 」 と あ り ま す が 、 進 駐 し 、 五 分 後 の 十 一 一 時 か ら 憲 法 改 正 の 審 議 に 人 る 。 明 治 憲 軍 の プ レ ス コ ー ド に よ っ て 憲 法 に 関 す る 議 論 が 禁 止 さ れ 法 は 三 分 の 二 の 議 員 の 出 席 を 得 て 、 出 席 者 の 三 分 の 二 が て い た か ら 「 国 民 の 総 意 」 で あ る は ず が な く 、 そ ん な 嘘 賛 成 し 、 天 皇 陛 下 の 許 可 が あ れ ば 改 正 で き る の で 、 ス ム ー ズ に 改 正 法 案 が 成 立 す る は ず で す 。 を 昭 和 天 皇 が ご 存 じ な い わ け は な い 。 し か し 、 憲 法 が 制 定 さ れ た 昭 和 一 一 十 一 年 は 皇 室 の 存 在 自 体 が 危 ぶ ま れ た 時 そ こ で 問 題 に な る の は 「 現 憲 法 下 で つ く ら れ た 法 律 や 期 だ け に 、 マ ッ カ ー サ ー に 命 令 さ れ れ ば 、 隷 属 す る 側 が 制 度 を ど う す る か ー で す 。 こ れ も 難 し く 考 え た ら 切 り が あ り ま せ ん か ら 、 最 後 に 「 旧 憲 法 ( マ ッ カ ー サ ー 憲 法 ) 抗 す る こ と な ど 不 可 能 で あ っ た と い わ ざ る を え ま せ ん 。

Voice 平成28年10月号


こ と は 控 え な が ら 、 私 が 関 ど し て 、 こ れ ま で に 考 く 続 い て き た 「 道 」 で あ る と 、 そ し て そ の 道 は 東 京 が 焼 え て 来 た こ と を 話 し た い と 思 い ま す 」 け 野 原 に な っ た 焦 土 に 陛 下 が 立 た れ た と き か ら た だ ご 一 み う た 念 に 「 平 和 」 を ご 祈 念 な さ れ て き た 年 月 で あ る と 、 御 歌 こ こ で 再 び 天 皇 と な さ れ て の 「 在 り 方 」 こ そ が 今 回 の ( 平 成 四 年 ・ 六 年 ) に も 詠 ま れ て い る 。 「 お 言 葉 」 の メ イ ン ・ テ ー マ で あ る こ と が 明 言 さ れ る が 、 八 月 八 日 今 上 陛 下 「 お 言 葉 ー で 表 さ れ た 「 歩 み 」 と そ れ に つ い て は 小 論 の 以 下 で 詳 細 に 拝 見 す る も の と し は 、 陛 下 が 一 歩 、 ま た 一 歩 と つ み 重 ね ら れ て い ら し た ご て 、 こ こ で は も う 二 点 の 重 要 点 に つ い て 考 証 し た い 。 人 生 そ の も の で あ り 、 そ こ に は 、 〈 平 和 を 祈 る 〉 御 一 念 ま ず 一 点 目 、 「 お 言 葉 」 を 述 べ ら れ る に あ た っ て 、 今 を 御 生 涯 に わ た っ て 貫 か れ 、 い ま の こ の お 一 一 一 口 葉 に 至 ら れ 上 陛 下 が 「 皇 室 制 度 」 に は 具 体 的 に 触 れ な い と さ れ た 事 た ご 自 信 や そ れ に 伴 わ れ る ご 充 足 も 感 じ ら れ よ う 。 で あ る 。 が 、 じ つ は 、 そ の 事 自 体 が 、 「 お 言 葉 」 の 最 後 - も と に 述 べ ら れ た 「 憲 法 の 下 、 天 皇 は 国 政 に 関 す る 権 能 を 新 し い 〔 人 間 宣 言 〕 有 」 さ な い と 念 を 押 さ れ た 事 と 併 せ て 、 重 要 な 意 味 を 含 そ し て 、 こ の お 歩 み に よ っ て 辿 り 着 か れ た で あ ろ う あ む と 考 え ら れ る 。 そ れ は 、 「 具 体 的 に 触 れ る こ と は 控 え な が ら 」 と さ れ た 事 そ れ 自 体 が 、 「 皇 室 制 度 」 を 前 提 と る ご 境 地 か ら の 天 皇 と な さ れ て の 「 在 り 方 ー や 、 そ の ご さ れ て の 理 論 で あ る か ら で 、 も し ま っ た く 触 れ る 必 要 が 境 地 に 至 ら れ た 理 想 と な さ れ て の 「 在 り 方 」 を 掌 っ て ゆ な け れ ば こ の 断 り そ の も の が 不 必 要 な は ず 、 こ の 断 り そ く 天 皇 の 「 務 め 」 へ と 、 そ れ こ そ が 今 回 の 「 お 言 葉 ー で の も の が 「 皇 室 制 度 」 に つ い て 何 ら か の ご 希 望 を 抱 か れ こ の 後 に 語 ら れ る 最 も 大 切 な テ ー マ へ と 続 い て ゆ く 。 て お い で の 表 現 と 解 さ ざ る を え な い 。 そ の テ ー マ が 次 に 示 唆 さ れ る 事 で あ る 。 そ う し て 二 点 目 、 筆 者 が 最 も 強 く 心 に 響 い た お 言 葉 起 の 「 本 日 は 、 社 会 の 高 齢 化 が 進 む 中 、 天 皇 も ま た 高 齢 が 、 「 『 個 人 』 と し て 」 で あ る 。 皇 天 皇 と は 古 来 、 「 天 子 に 父 母 な し ー と い わ れ 、 昭 和 天 と な っ た 場 合 、 ど の よ う な ー が 望 ま し い か 、 天 お お や け ー ・ 、 ・ ど ・ い ・ 引 立 場 上 、 ー 現 行 ・ の に ・ 具 体 的 に 触 れ ・ を 皇 も 天 皇 の 存 在 は す べ て 公 で あ る と 残 さ れ た よ う に 、 つ か さ ど