検索 - みる会図書館

検索対象: 世界 2016年 9月号

世界 2016年 9月号から 233件ヒットしました。

世界 2016年 9月号


こ こ ま で で 、 後 は 次 の 代 に ゆ だ ね ざ る を 得 な い で し よ う 。 じ め と す る 四 人 の 男 子 は 、 す べ て 貞 明 皇 后 か ら 生 ま れ ま し た 。 た だ 実 際 に は 、 『 皇 后 考 』 ( 講 談 社 ) に 書 い た よ う に 、 大 正 天 革 新 さ れ つ づ け て き た 天 皇 像 皇 に は お 気 に 入 り の 女 官 が 何 人 か い た ば か り か 、 性 的 関 係 が 古 代 以 来 の 天 皇 制 の 歴 史 の な か で 、 明 治 か ら 平 成 ま で の 百 あ っ た 疑 い す ら あ る の で 、 一 夫 一 婦 制 に は 綻 び が あ っ た わ け で す が 。 世 数 十 年 間 と い う の は 、 天 皇 が 強 大 な 権 力 を も ち 、 そ の 「 遺 て る の み や し げ こ 産 」 が 戦 後 も な お 色 濃 く 残 っ た 特 殊 な 時 代 と い え る で し よ う 。 昭 和 天 皇 の 第 一 子 は 、 照 宮 成 子 と い う 女 子 で し た 。 当 時 皇 な が こ 現 天 皇 は 、 そ れ ら を 少 し で も 取 り 除 い て お く こ と が 、 長 い 目 太 子 妃 だ っ た 母 親 の 良 子 、 後 の 香 淳 皇 后 は 、 こ の 成 子 内 親 王 で 見 た と き に 天 皇 制 の 安 定 、 ひ い て は 永 続 に つ な が る と 考 え を 里 子 に 出 さ ず に 、 自 ら 母 乳 で 育 て ま し た 。 た だ 、 慣 例 に し て い る よ う に も 見 え る の で す 。 た が わ な い 昭 和 天 皇 と 香 淳 皇 后 に 高 松 宮 や 皇 太 后 節 子 ( 貞 明 し か し 、 明 治 天 皇 か ら 大 正 天 皇 へ 、 大 正 天 皇 か ら 昭 和 天 皇 皇 后 ) が 反 対 し 、 結 局 、 学 習 院 に 入 学 す る 際 、 成 子 は 旧 本 丸 へ 、 そ し て 昭 和 天 皇 か ら 現 天 皇 へ と 、 近 代 以 降 の 代 替 わ り を ( 現 皇 居 東 御 苑 ) に で き た 養 育 施 設 「 呉 竹 寮 」 に 入 れ ら れ 、 別 追 っ て い く と 、 こ の 百 数 十 年 間 だ け で も 単 な る 元 号 の 変 更 に 居 が 始 ま り ま す 。 し か し 、 母 親 の も と で 数 年 で も 成 子 が 育 て 止 ま ら な い 深 い 変 化 、 断 絶 と 革 新 が 起 き て き た こ と が わ か り ら れ た と い う の は 、 前 の 代 ま で な ら ば 考 え ら れ な か っ た こ と ま す 。 で す 。 た と え ば 、 天 皇 の 家 庭 の あ り 様 を み る と 、 明 治 時 代 に は 、 さ ら に 時 代 が 下 る と 、 現 天 皇 で あ る 皇 太 子 夫 妻 が 東 宮 御 所 な る ひ と 表 向 き は 一 夫 一 婦 を 演 出 し 、 御 真 影 も 天 皇 と 皇 后 一 対 の も の で 生 活 す る よ う に な る 。 第 一 皇 子 ・ 徳 仁 ( 現 皇 太 子 ) が 生 ま れ め の と る と 、 乳 人 を 初 め て 名 実 と も に 廃 止 し て 、 皇 太 子 妃 が 自 ら 料 が 用 意 さ れ ま し た 。 西 洋 列 強 の 目 を 意 識 し て 、 日 本 の 近 代 化 を ア ピ ー ル す る ね ら い が あ っ た わ け で す が 、 実 態 と し て は 後 、 理 を し た り 、 「 ナ ル ち ゃ ん 憲 法 」 と 呼 ば れ た 育 児 の 手 引 き 書 宮 が 存 在 し て 、 子 ど も は 皆 、 側 室 に 当 た る 女 官 か ら 生 ま れ ま ま で つ く っ て 、 自 分 た ち だ け で 育 て た り す る 、 近 代 的 な 家 庭 を 築 く わ け で す 。 し た 。 大 正 天 皇 も そ う で す 。 そ の 意 味 で ま だ 江 戸 時 代 の 名 残 が あ っ た わ け で す 。 ま た 明 治 時 代 に は 、 天 皇 が 私 的 な 理 由 で 御 用 邸 に 行 く こ と と こ ろ が 大 正 天 皇 と 貞 明 皇 后 は 、 後 宮 を 有 名 無 実 化 し 、 名 は あ り ま せ ん で し た が 、 , 大 正 に な る と 毎 年 夏 と 冬 に 天 皇 と 皇 実 と も に 一 夫 一 婦 制 を 実 現 さ せ よ う と し ま す 。 昭 和 天 皇 を は 后 が そ ろ っ て 御 用 邸 に 長 期 間 滞 在 す る よ う に な り ま す 。 代 替 さ だ こ

世界 2016年 9月号


激 戦 地 や 被 災 地 な ど を 訪 れ 、 二 人 一 組 で 黙 疇 す る 。 宮 中 祭 祀 名 誉 教 授 は 産 経 新 聞 ( 七 月 一 六 日 付 ) で 生 前 退 位 に つ い て 、 の 模 様 が 放 映 さ れ る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん が 、 天 皇 と 皇 「 事 実 上 の 国 体 の 破 壊 に 繋 が る の で は な い か と の 危 惧 は 深 后 が 相 並 ん で 戦 没 者 や 災 害 の 犠 牲 者 に 向 か っ て 深 々 と 頭 を 下 刻 」 と 談 話 を 寄 せ て い ま し た 。 自 民 党 改 憲 草 案 で は 、 天 皇 を げ る 姿 に 、 宮 中 で 祈 る 姿 を 重 ね 合 わ せ る こ と が で き ま す 。 元 首 に す る 、 あ る い は そ れ こ そ 自 衛 隊 を 国 防 軍 に す る と あ り 世 戦 後 の 憲 法 は 、 国 事 行 為 だ け を 規 定 し て い て 公 的 行 為 に 関 ま す が 、 戦 前 の 歴 史 を 思 い 起 こ さ せ る 内 容 で す 。 す る 規 定 が あ り ま せ ん 。 皇 后 に つ い て も 規 定 が な い 。 だ か ら も ち ろ ん 、 戦 後 七 〇 年 の 全 国 戦 没 者 追 悼 式 を は じ め 、 最 近 逆 に 、 法 の 枠 組 み に と ら わ れ な い 自 由 な 活 動 が で き る わ け で の 現 天 皇 の 「 お 言 葉 」 か ら は 、 官 邸 の 動 き を 警 戒 し て い る こ す 。 そ れ が 昭 和 ま で と は 比 べ も の に は な ら な い ほ ど の 行 幸 啓 と が う か が え ま す 。 け れ ど も 、 も し 代 替 わ り が 実 現 す れ ば 、 の 多 さ や 、 宮 中 祭 祀 に 対 す る 熱 心 さ に つ な が っ て い る の で し 天 皇 と 「 皇 太 弟 」 が 並 立 す る ば か り か 、 現 政 権 の 意 向 に 反 し よ 、 つ 。 な い 天 皇 が 誕 生 す る 可 能 性 も あ る 。 現 天 皇 は 、 そ う し た 事 態 皮 肉 な こ と に 平 成 に な る と 、 当 初 は 違 和 感 が あ っ た は ず の 、 が 生 じ る こ と を 最 も 恐 れ て い る か ら こ そ 、 生 前 退 位 す る こ と 被 災 地 な ど を 訪 れ て 人 々 と 同 じ 目 の 高 さ で 話 し か け る 天 皇 と で 本 来 な ら ば 死 去 し な い 限 り 見 る こ と の で き な い 次 の 代 の 天 皇 后 の 姿 や 、 こ と あ る ご と に 祈 る 天 皇 と 皇 后 の 姿 が 、 あ た か 皇 制 を 見 届 け て お き た い と 考 え た の か も し れ ま せ ん 。 も 象 徴 天 皇 制 の 中 核 の よ う に 映 る よ う に な り ま し た 。 つ ま り 代 替 わ り で は 、 そ の 前 の 代 で は あ り 得 な い は ず の こ と が 起 憲 法 に 規 定 さ れ て い な い 行 幸 啓 と 祭 祀 こ そ が 、 平 成 の 天 皇 制 こ り ま す 。 そ の 前 の 時 代 を 生 き て い る 、 た と え ば 昭 和 を 生 き を 特 徴 づ け て い る わ け で す 。 次 の 代 は 、 こ の 二 つ の 中 核 が 大 て き た 人 間 に 、 平 成 の 天 皇 制 の あ り 様 は 、 想 像 も っ か な い も の だ っ た と 思 い ま す 。 そ し て 平 成 を 生 き る 私 た ち に と っ て も 、 き く 変 わ る 可 能 性 が あ る 。 と い う こ と は 、 平 成 の 天 皇 制 と は 違 っ た 天 皇 制 が 、 ま た 生 ま れ る 可 能 性 が あ る と い う こ と で す 。 こ れ か ら 予 測 し 得 な い 展 開 が 生 じ る こ と は 確 か で す 。 先 ほ ど の 懸 念 が 、 ま っ た く 的 外 れ で あ る と 言 い 切 る こ と は 、 誰 も で 「 平 成 」 か ら は 予 測 で き な い こ と き な い の で す 。 た と え ば 日 本 会 議 の よ う に 、 明 治 か ら 敗 戦 ま で の 天 皇 制 に 対 す る 郷 愁 が あ る 人 た ち に と っ て 、 天 皇 の 生 前 退 位 は 天 皇 制 の 縮 小 に つ な が る と 感 じ ら れ る で し よ う 。 小 堀 桂 一 郎 ・ 東 大

世界 2016年 9月号


そ れ で 最 後 の 本 丸 は 何 か と い う と 、 東 京 の 皇 居 を ど う す る た 。 都 心 の 中 枢 に あ た る 広 大 な 区 域 を 皇 室 が 占 有 し 、 そ こ が か と い う 、 敗 戦 直 後 に も 検 討 さ れ た こ と の あ る 問 題 が 出 て く 禁 域 で あ り 続 け る 限 り 、 明 治 以 降 の 強 大 化 し た 天 皇 制 の 「 遺 る と 思 い ま す 。 明 治 以 降 、 天 皇 が 京 都 か ら 東 京 に 移 り 、 将 軍 産 」 は 残 り 続 け る 。 そ の こ と の マ イ ナ ス 面 を 、 現 天 皇 は よ く 家 が い な く な っ た 江 戸 城 に 入 っ た 。 し か し 、 二 重 の 濠 が 巡 ら 考 え て い る よ う に 見 え ま す 。 世 さ れ た 江 尸 城 は 、 そ も そ も 武 家 政 権 が 君 臨 す る と こ ろ で す 。 天 皇 や 皇 居 に 関 す る タ ブ ー 意 識 は 、 今 後 、 ま す ま す 薄 れ て そ の 痕 跡 が 残 り 、 鬱 蒼 と し た 森 に 囲 ま れ 、 周 囲 か ら 隔 絶 さ れ ゆ く で し よ う 。 た と え 今 回 の 報 道 が 安 倍 政 権 の 目 指 す 改 憲 と た と こ ろ こ 、 、 し し ま だ に 天 皇 皇 后 は 住 み 続 け て い る 。 雅 子 妃 の リ ン ク し て い る と し て も 、 即 位 当 初 か ら 護 憲 の メ ッ セ ー ジ を 体 調 を 考 慮 す る な ら 、 果 た し て 次 代 の 天 皇 皇 后 が そ こ に 住 む 発 し て き た 現 天 皇 自 身 は 、 あ く ま で も 象 徴 天 皇 制 に あ わ せ て べ き か ど う か が 持 ち 上 が る で し よ う 。 身 の 丈 に あ っ た サ イ ズ へ と 縮 小 し て い く 方 向 性 を 示 そ う と し そ う す る と 、 退 位 す る 天 皇 皇 后 や 、 「 皇 太 弟 」 に な る 秋 篠 た の か も し れ ま せ ん 。 天 皇 制 と い う シ ス テ ム 自 体 は 、 驚 く べ 宮 夫 妻 を 含 め て 、 ど こ に 住 む の か と い う 問 題 が 出 て き ま す 。 き 柔 軟 性 を も っ て い る の で す 。 京 都 に 戻 る の か 、 そ れ と も 葉 山 や 那 須 な ど の 御 用 邸 を 使 う の 上 皇 ・ 天 皇 ・ 皇 太 弟 の 「 並 立 」 か 。 あ る い は 御 用 邸 は な く て も 、 皇 室 に ゆ か り の 深 い 軽 井 沢 も 候 補 に な る の か 。 ま た 付 随 し て 、 赤 坂 御 用 地 を ど う す る の と は い え 、 も し も 生 前 退 位 が 実 現 す れ ば 、 非 常 に 変 則 的 な か 。 赤 坂 御 用 地 に は 、 番 北 に 東 宮 御 所 、 東 に 秋 篠 宮 邸 、 そ 状 態 に な る こ と は 間 違 い あ り ま せ ん 。 生 前 退 位 し て も 皇 籍 離 れ か ら 三 笠 宮 邸 、 南 に 高 円 宮 邸 が あ り ま す 。 旧 寛 仁 親 王 邸 は 脱 を し な い 限 り 、 か っ て の 太 上 天 皇 、 す な わ ち 上 皇 に 相 当 す い ま 三 笠 宮 東 邸 と な っ て い ま す が 、 代 替 わ り と と も に 空 き 家 る 人 物 が い て 、 皇 太 后 、 そ し て 天 皇 ・ 皇 后 が い て 、 皇 太 弟 に が 増 え る 可 能 性 も あ り ま す 。 相 当 す る 秋 篠 宮 と 皇 太 弟 妃 に 相 当 す る 秋 篠 宮 妃 が い る 三 す く 宮 内 庁 は 、 現 天 皇 が 八 〇 歳 に な っ た 記 念 と し て 、 二 〇 一 四 み の 構 造 と な り ま す 。 い ま ま で は 天 皇 に 求 心 力 が あ っ て 、 皇 年 か ら 春 と 秋 に 皇 居 の 乾 通 り を 一 般 公 開 し 始 め ま し た 。 ま た 、 太 子 と 秋 篠 宮 は 完 全 に そ の 下 に い た 。 そ れ が 、 あ る 意 味 で 並 吹 上 御 苑 で は 一 一 〇 〇 七 年 以 降 、 年 に 数 回 、 一 般 参 加 者 を 募 っ 立 す る こ と に な る わ け で す 。 そ れ は 明 治 以 降 の 天 皇 制 で は 見 て 自 然 観 察 会 を 行 な っ て い ま す 。 こ れ ら の 開 放 は 現 天 皇 の 意 ら れ な か っ た こ と で す 。 向 と 思 わ れ ま す が 、 や は り 昭 和 ま で は 考 え ら れ な い こ と で し た だ 、 こ う し た 不 安 定 な 状 態 に な る こ と は 、 も ち ろ ん 予 測

世界 2016年 9月号


で す 。 し か も 「 誤 報 が な い 」 の が の ス ク ー プ の 特 徴 で 、 今 回 も そ の 後 各 社 が 飛 び つ い た わ け で す 。 し か し 、 宮 内 庁 は 即 座 に こ の 報 道 を 否 定 し ま し た 。 生 前 退 位 は 皇 室 典 範 の 改 正 に 絡 む 話 な の で 、 天 皇 の 発 言 に よ っ て そ れ が 動 き 出 す と な る と 、 憲 法 で 禁 止 さ れ て い る 天 皇 の 政 治 的 発 言 に つ な が り か ね な い か ら で し よ う 。 だ か ら こ そ 、 二 〇 〇 五 年 に 女 性 ・ 女 系 天 皇 を 認 め る べ く 、 小 泉 政 権 が 皇 室 典 範 の 改 正 に 着 手 し よ う と し た と き に は 、 天 皇 自 身 の 意 向 が 報 道 さ れ る こ と は 一 切 な か っ た の で す 。 そ の よ う な こ と を 百 も 承 知 で 、 な ぜ は 今 回 「 生 前 退 原 武 史 。 位 」 の 報 道 を し た の か 。 参 院 選 の 投 票 日 か ら 三 日 後 と い う こ は ら ・ た け し 放 送 大 学 教 用 と も あ り 、 安 倍 首 相 の め ざ す 改 憲 を 天 皇 が 牽 制 し よ う と し た 、 授 。 日 本 政 治 思 想 史 。 著 書 に 「 「 昭 和 天 皇 実 録 」 を 読 む 『 昭 ( Lu の だ と か 、 実 は 官 邸 か ら の リ ー ク で あ る と か 、 情 報 が 飛 び 交 和 天 皇 」 ( と も に 岩 波 新 書 ) 、 「 完 本 皇 居 前 広 場 」 ( 文 春 学 藝 世 っ て い て 、 真 相 は よ く わ か り ま せ ん 。 ラ イ プ ラ リ ー ) ほ か 。 も ち ろ ん 現 天 皇 は 「 即 位 直 後 か ら 護 憲 の 姿 勢 を 明 確 に し て 「 革 新 と 断 」 か ら 読 み 解 く 生 苅 退 立 目 、 イ き ま し た 。 し か し 、 だ か ら と 言 っ て 「 改 憲 の 牽 制 」 と 解 釈 す る の は ど , つ で し ょ , つ か 今 回 の 報 道 を 受 け る 形 で 、 「 陛 下 は も う 八 二 歳 に な ら れ る な せ z は 報 じ た か の に 、 、 ま な お 数 多 く の ご 公 務 を こ な さ れ て い る の は お そ れ 天 皇 の 「 生 前 退 位 」 は 、 七 月 一 三 日 の 午 後 七 時 に ま ず z= 多 い 」 「 長 い 間 の ご 公 務 お 疲 れ 様 で し た 。 ど う か ご ゆ っ く り が 報 じ 、 そ れ を き っ か け に 各 社 が 一 斉 に 追 随 し ま し た 。 z お 休 み く だ さ い 」 と い う 同 情 や 共 感 の 声 が さ っ そ く 国 民 の 間 が 事 前 に 相 当 な 準 備 を 重 ね て い た こ と は 、 こ の 日 の 夜 の か ら 沸 き 起 こ っ て い ま す 。 そ れ な の に 、 現 憲 法 で は 天 皇 が 生 ニ ュ ー ス で か な り の 時 間 を か け て 報 道 し た こ と か ら も 明 ら か 前 退 位 の 意 向 を 示 す こ と す ら 政 治 的 発 言 と 受 け 取 ら れ か ね な 象 徴 天 皇 制 の ″ 次 の 代 。 上 - ー 皇 居 ( 東 京 都 千 代 田 区 、 写 真 は 上 下 と も に 共 同 通 信 社 ) 下 -- 震 仙 普 賢 岳 の 噴 火 被 災 地 を 訪 問 す る 天 皇 皇 后 ( 長 崎 県 島 原 市 、 1991 年 7 月 10 日 )

世界 2016年 9月号


で き る わ け で 、 そ の う え で あ え て 生 前 退 位 が 示 さ れ た の は 、 和 天 皇 の 関 係 や 、 昭 和 天 皇 と 弟 の 秩 父 宮 、 高 松 宮 の 関 係 が そ や は り 天 皇 制 の 将 来 に 関 す る 強 い 不 安 、 危 機 意 識 が あ る と い う で す 。 昭 和 天 皇 は 摂 政 に な る 直 前 の 一 九 二 一 年 に 訪 欧 し ま う こ と だ と 思 い ま す 。 ま た 、 う が っ た 見 方 か も し れ ま せ ん が 、 す が 、 帰 国 す る や ラ イ フ ス タ イ ル を す っ か り 西 洋 風 に 改 め て 生 前 退 位 の 前 例 を つ く る と 、 皇 太 子 と 雅 子 妃 が 天 皇 皇 后 に な し ま い ま す 。 こ の こ と が 、 四 五 年 八 月 ま で ず っ と 続 く 貞 明 皇 っ た あ と 、 秋 篠 宮 夫 妻 へ と 速 や か に 皇 位 を 継 承 さ せ る こ と も 后 と の 確 執 の 遠 因 に な り ま し た 。 も ち ろ ん 表 向 き は 天 皇 こ そ 可 能 に な り ま す 。 そ う す る と 、 先 ほ ど の 三 す く み は 解 消 さ れ が 「 統 治 権 の 総 攬 者 」 で あ り 、 大 元 帥 で あ っ た わ け で す が 、 る わ け で す 。 宮 中 で は 天 皇 の 体 調 が 悪 化 す る 大 正 後 期 以 降 、 皇 后 や 皇 太 后 し か し 、 今 回 の 退 位 を 考 え る う え で 、 次 の 代 の 上 皇 、 天 皇 、 が 隠 然 と し た 権 力 を 持 つ よ う に な る の で す 。 皇 太 弟 に 相 当 す る 現 天 皇 、 皇 太 子 、 秋 篠 宮 の 関 係 を 見 る だ け 『 皇 后 考 』 で は 、 貞 明 皇 后 を 中 心 と し て こ の 点 に つ き 考 察 で は 十 分 で は あ り ま せ ん 。 現 皇 后 と 皇 太 子 妃 、 秋 篠 宮 妃 の 関 し ま し た が 、 昭 和 天 皇 の 妃 だ っ た 香 淳 皇 后 に も 注 目 す る 必 要 係 も 、 そ れ に 劣 ら ず 重 要 だ と 思 い ま す 。 が あ り ま す 。 戦 時 中 、 言 論 の 自 由 が も っ と も 制 限 さ れ 、 キ リ 先 ほ ど は 、 宮 中 祭 祀 に 雅 子 妃 が な か な か 出 ら れ な い 状 況 を ス ト 教 も 弾 圧 を 受 け て い た と き に 、 密 か に 宮 中 に キ リ ス ト 教 踏 ま え れ ば 、 次 の 代 に 祭 祀 の 規 模 の 縮 小 が 検 討 さ れ る 可 能 性 徒 を 呼 び 寄 せ 、 定 期 的 に 聖 書 の 勉 強 会 を 開 い て い た か ら で す 。 が あ る と 言 い ま し た が 、 リ 男 の 可 能 性 も あ り ま す 。 新 し い 皇 后 そ れ は 相 当 の 覚 悟 、 意 志 が な け れ ば で き な い こ と で す 。 占 領 が 祭 祀 に 出 ら れ な い な ら 、 皇 太 后 や 皇 太 弟 妃 と な る 秋 篠 宮 妃 期 に 天 皇 が キ リ ス ト 教 に 接 近 し て い く の も 、 皇 后 の 影 響 が あ が 出 る こ と で 、 そ の 「 穴 」 を 理 め る か も し れ な い の で す 。 そ る の で は な い か と 思 い ま す 。 う す る と 、 現 皇 后 の 宗 教 カ リ ス マ 性 は 秋 篠 宮 妃 に 受 け 継 が れ 昭 和 天 皇 、 現 天 皇 、 い ま の 皇 太 子 の 三 代 は 、 と に か く 男 性 る こ と に な り ま す 。 の 側 が 惚 れ 込 ん で 、 い ろ い ろ な 困 難 を 乗 り 越 え て 初 志 貫 徹 で 一 緒 に な っ た 経 緯 が あ り ま す 。 皇 后 が 「 お 濠 の 内 側 」 で 大 き 濠 の 内 側 皇 后 の 影 響 力 な 影 響 力 を 及 ば す よ う に な る の は 、 こ う し た 経 緯 も 関 係 し て の こ れ ま で の 本 で 書 い て き た よ う に 、 大 正 、 昭 和 の 天 皇 制 で い る と 考 え る の は う が ち す ぎ で し よ う か 。 制 天 は 、 皇 室 内 部 に お け る 母 子 間 や 兄 弟 間 の 深 い 確 執 が 、 大 き な 昭 和 か ら 平 成 へ の 変 化 と し て 大 き い の は 、 天 皇 と 皇 后 の 露 象 ウ ェ ー ト を 占 め て き ま し た 。 具 体 的 に 言 え ば 、 貞 明 皇 后 と 昭 出 度 が 高 ま っ た こ と だ と 思 い ま す 。 常 に 二 人 一 組 で か っ て の

世界 2016年 9月号


わ り す る こ と で 、 前 の 代 で は 考 え ら れ な か っ た こ と が 起 こ り 、 昭 和 天 皇 が 訪 問 で き な か っ た 目 的 地 が 含 ま れ て い ま す 。 か っ 当 初 は 戸 惑 い や 反 発 が あ っ て も 、 段 々 と そ れ が 当 た り 前 に な て の 激 戦 地 慰 霊 の た め の 訪 問 を 繰 り 返 し た こ と に は 、 最 晩 年 っ て ゆ く の で す 。 に 沖 縄 を 訪 問 す る 予 定 が あ り な が ら 、 癌 の 手 術 の た め に そ れ が で き な か っ た 昭 和 天 皇 の 意 向 を 、 さ ら に 積 極 的 に 展 開 す る 大 正 か ら 昭 和 に な る と 、 今 度 は 天 皇 が し ば し ば 皇 居 前 広 場 に 現 れ る ば か り か 、 戦 争 の 際 に は 白 馬 に 乗 っ て 二 重 橋 に 現 れ 面 も あ る わ け で す 。 た り す る な ど 、 派 手 な パ フ ォ ー マ ン ス を 演 じ る よ う に な る 。 で は 今 回 の 生 前 退 位 が 実 現 し た 場 合 、 つ ま り 現 皇 太 子 夫 妻 そ し て 三 島 由 紀 夫 の よ う に 、 こ の よ う な 神 格 化 し た 天 皇 の 姿 が 天 皇 ・ 皇 后 と な っ た 場 合 、 ど う な る の か 。 お そ ら く 、 現 天 皇 の 最 近 の 意 向 を 踏 ま え る 形 で 、 明 治 か ら こ そ が 本 来 の 天 皇 だ と 思 い こ む 人 ま で 出 て き ま す 。 し か し こ れ も ま た 、 昭 和 に な っ て 新 し く 創 り だ さ れ た 天 皇 像 に ほ か な 平 成 ま で ず っ と 続 い て き た も の を 見 直 す 発 想 が 出 て く る で し り ま せ ん で し た 。 よ う 。 雅 子 皇 后 の 体 調 に 合 わ せ て 、 徳 仁 天 皇 の 公 務 を 見 直 す 昭 和 か ら 平 成 に な る と 、 ま た 新 た な 変 化 が 出 て く る 。 現 天 可 能 性 も あ り ま す 。 皇 夫 妻 は 一 九 九 一 年 、 雲 仙 普 賢 岳 の 噴 火 災 害 を 受 け て 、 即 位 具 体 的 に い え ば 、 ま ず 考 え ら れ る の は 行 幸 啓 の 縮 小 で す 。 行 幸 啓 は 憲 法 に 規 定 さ れ て い な い 公 的 行 為 で 、 国 事 行 為 で は 後 初 め て 、 長 崎 県 の 避 難 所 を 訪 れ ま し た 。 そ の と き 天 皇 皇 后 あ り ま せ ん の で 、 そ も そ も や る 義 務 は な い の で す 。 平 成 の 天 が 膝 を つ い て 、 被 災 者 と 同 じ 目 線 で 話 し た の は 、 革 命 的 な 変 皇 制 に 慣 れ て き た 国 民 は 、 当 初 そ の 変 化 に 戸 惑 う か も し れ ま 化 で し た 。 こ れ も ま た 当 初 は 保 守 派 の 反 発 を 招 き ま し た が 、 せ ん が 、 時 間 が た て ば 必 ず 受 け 入 れ る と 思 い ま す 。 そ れ か ら 、 い ま や 完 全 に そ の ス タ イ ル が 定 着 し て い ま す 。 天 皇 が 出 な け れ ば な ら な い も の だ け で 一 年 に 三 〇 回 近 く も あ 皇 居 を ど う す る か ? る 宮 中 祭 祀 の 見 直 し も あ り 得 ま す 。 こ れ に つ い て は 行 幸 啓 以 上 に 保 守 派 か ら の 抵 抗 が 予 想 さ れ ま す が 、 宮 中 祭 祀 に ほ ば 必 代 で す か ら 代 替 わ り す れ ば 、 平 成 に は 考 え ら れ な か っ た 変 化 の ず 天 皇 が 出 る よ う に な る の は 昭 和 に な っ て か ら で す 。 現 在 で 次 が 起 き る こ と は 容 易 に 想 像 で き ま す 。 し か し 他 方 、 現 天 皇 の 題 意 識 を 引 き 継 い で い く 面 も あ る と 思 い ま す 。 た と え ば 、 も 雅 子 妃 は 祭 祀 に ほ と ん ど 出 て い ま せ ん の で 、 雅 子 皇 后 の 体 調 に 合 わ せ る と な る と 、 そ の 規 模 を 大 幅 に 縮 小 せ ざ る を 得 な 天 現 天 皇 夫 妻 に よ る 「 慰 霊 の 旅 」 に は 、 広 島 や 長 崎 に 加 え て 、 く な り ま す 。 象 沖 縄 や 硫 黄 島 、 サ イ バ ン 、 バ ラ オ 、 フ ィ リ ピ ン な ど 、 戦 後 の

世界 2016年 9月号


て か , 色 皇 当 横 田 耕 一 よ こ た ・ こ う い ち 九 州 大 学 名 誉 教 授 。 憲 法 学 。 著 書 に 「 自 民 党 改 憲 草 案 を 読 む 」 、 「 人 権 と は 何 か 』 『 憲 法 と 天 皇 制 』 ほ か 多 数 。 で は 今 春 か ら 本 格 検 討 が 行 わ れ て お り 、 は 考 え て い な い と し た 上 で 、 内 閣 官 房 の ロ ロ ス ク ー プ の 出 発 点 は 議 論 の 進 捗 は 首 相 官 邸 と 共 有 さ れ 天 皇 に 皇 室 典 範 改 正 準 備 室 は 女 性 宮 家 創 設 な ど の ス ク ー プ で 天 皇 の 「 生 前 退 も 報 告 さ れ て い る と か 、 政 府 サ イ ド で は 皇 族 の 減 少 へ の 対 応 を 検 討 し て い る だ け 位 」 問 題 が 突 然 メ デ ィ ア を 賑 わ す 話 題 の 杉 田 和 博 官 房 副 長 官 の 下 で 極 秘 担 当 チ ー だ と 述 べ て い る 。 し か し 、 天 皇 に 生 前 退 対 象 と な っ た 。 そ こ で は 、 共 通 し て 、 明 ム が 六 月 に 設 置 さ れ 既 に 検 討 が 始 ま っ て 位 の 意 向 が あ る こ と だ け は 確 か な よ う で 仁 天 皇 の 意 向 が 事 柄 の 出 発 点 で あ る と 報 い る と か 、 有 識 者 会 議 を 発 足 さ せ る と か 、 あ る 。 じ ら れ た 。 し か し 、 明 示 的 に そ の 意 向 が 来 年 の 通 常 国 会 で 法 整 備 を 行 う 方 向 で 調 も っ と も 、 天 皇 の 意 向 が 生 ま れ た 理 由 し ま お く そ く に つ い て も 揣 摩 憶 測 が 飛 び 交 っ て い る が 、 示 さ れ て い た わ け で も な く 、 そ れ だ け に 整 が 進 め ら れ て い る と か と 報 じ て い る 。 今 の 段 階 で 、 誰 が 、 ど う い う 目 的 で リ ー こ れ に 対 し 、 そ し て 本 稿 執 筆 段 階 で は 、 昨 年 末 の 誕 生 日 記 者 会 見 で の 「 年 齢 と い ク し た の か 明 ら か で な く 、 さ ま ざ ま な 憶 風 岡 典 之 宮 内 庁 長 官 は 、 天 皇 が 具 体 的 制 う も の を 感 じ る こ と も 多 く な り 、 行 事 の 測 が な さ れ て い る 。 度 に つ い て 話 し た 事 実 も な く 、 生 前 退 位 時 に 間 違 え る こ と も あ り ま し た 」 と の 言 そ し て 、 一 部 の 報 道 は 、 天 皇 が 近 日 中 を 前 提 に 宮 内 庁 が 官 邸 と 相 談 や 検 討 を 行 や 、 「 天 皇 で あ る 以 上 は 公 務 を 全 う す る 。 か 年 末 の 誕 生 日 の 記 者 会 見 で 意 向 を 表 明 っ て い る 事 実 は な い と 否 定 的 発 言 を し て そ う で な け れ ば 憲 法 で 定 め ら れ た 象 徴 と す る 方 向 で 検 討 さ れ て い る と か 、 宮 内 庁 い る 。 ま た 、 菅 義 偉 官 房 長 官 も そ の 問 題 し て ふ さ わ し く な い 」 と 述 べ た と さ れ る

世界 2016年 9月号


い と な る と 、 そ れ は お か し い の で は な い か と い う 反 応 が 出 て く る で し よ う 。 つ ま り 「 改 憲 の 牽 制 」 ど こ ろ か 、 逆 に 象 徴 と い う 枠 組 み か ら 天 皇 を 解 放 し 、 元 首 に し た ほ う が よ い と い う 、 現 政 権 が 画 策 す る 改 憲 を 後 押 し す る 方 向 へ と 世 論 が 向 か う こ と も な い と は い え な い の で す 。 天 皇 は 国 政 に 関 す る 権 能 を 有 し な い と 定 め た 憲 法 と の 関 係 を 問 題 に す る 学 者 の 声 を 、 天 皇 に 同 情 や 共 感 を 寄 せ る 国 民 の 声 が 完 全 に か き 消 し て し ま う 状 況 を 十 分 に 予 想 し た 上 で 、 Z は あ え て 報 道 し た の で し よ う 。 そ う だ と す れ ば 、 究 極 の 天 皇 の 政 治 利 用 と い う こ と に な り ま す 。 こ の 状 況 を 、 当 の 天 皇 は ど う 考 え て い る の か 。 天 皇 自 身 が 何 ら か の コ メ ン ト を す る 機 会 は あ る の か が 気 に な っ て い ま す 。 「 残 滓 」 に 入 れ ら れ た メ ス こ こ で 思 い 出 す の は 、 一 九 二 一 年 一 一 月 に 大 正 天 皇 に 代 わ っ て 皇 太 子 裕 仁 ( 後 の 昭 和 天 皇 ) が 摂 政 に な っ た と き の プ ロ セ ス で す 。 宮 内 省 が 天 皇 の 病 状 を や や 誇 張 し て 発 表 し た 上 、 必 ず し も 天 皇 自 身 の 意 に 沿 わ な い 形 で 、 半 ば 強 引 に 皇 太 子 を 摂 政 に し た 。 世 界 史 的 な 君 主 政 治 の 危 機 の な か で 、 よ り 強 い 皇 室 の シ ン ポ ル が 求 め ら れ た か ら で す 。 こ の こ と は 、 天 皇 の 権 の 力 が い ま よ り も 強 か っ た 明 治 か ら 敗 戦 ま で の 天 皇 制 に お い て 制 天 す ら 、 天 皇 個 人 の 意 思 よ り も シ ス テ ム の 刷 新 の ほ う が 優 先 さ 象 れ る 場 合 が あ っ た こ と を 意 味 し て い ま す 。 し か し 、 安 倍 政 権 が 政 治 利 用 し よ う と す る 意 図 が あ ろ う が な か ろ う が 、 現 天 皇 が 生 前 退 位 を 望 ん で い る の は 事 実 で し ょ う 。 二 〇 一 三 年 に は 、 葬 儀 を 土 葬 か ら 火 葬 に 変 え る と と も に 、 明 治 以 降 に 大 規 模 化 し た 天 皇 陵 を 縮 小 す る こ と が 発 表 さ れ ま し た 。 今 回 の 件 も 、 こ の よ う な 近 代 天 皇 制 の 残 滓 の 見 直 し と 同 じ 流 れ に あ る と 考 え ら れ ま す 。 生 前 退 位 を 認 め る こ と は 、 天 皇 の 存 命 中 は 元 号 を 変 え な い と い う 原 則 の 見 直 し に ほ か な り ま せ ん 。 君 主 が 在 位 し て い る 間 は 元 号 を 変 え な い 一 世 一 元 の 制 は 、 明 治 政 府 が 当 時 の 中 国 を 参 考 に し な が ら 採 用 し 、 そ れ が 戦 後 も 受 け 継 が れ て き ま し た 。 ま た 中 国 で は 生 前 退 位 す る 皇 帝 が 少 な か っ た の に 対 し て 、 日 本 で は 飛 鳥 時 代 の 皇 極 天 皇 か ら 江 尸 時 代 の 光 格 天 皇 ま で 、 天 皇 の 生 前 退 位 が し ば し ば 行 な わ れ て き ま し た 。 つ ま り 生 前 退 位 は 、 明 治 以 前 の 長 い 天 皇 制 の 伝 統 に 立 ち 返 ろ う と す る 面 も あ る わ け で す 。 宮 中 祭 祀 や 行 幸 な ど 、 明 治 に 入 っ て か ら っ く ら れ た り 、 大 々 的 に 復 活 し た り し た 皇 室 の 行 事 は た く さ ん あ り ま す 。 そ の 多 く が 、 戦 後 の 象 徴 天 皇 制 に お い て も そ の ま ま 受 け 継 が れ 、 見 直 さ れ な い ま ま 聖 域 化 し て い き ま し た 。 そ も そ も 皇 室 典 範 か ら し て 、 明 治 に つ く ら れ た も の と 戦 後 に つ く ら れ た も の の 間 に は 強 い 連 続 性 が あ り ま す 。 こ こ 数 年 間 で 、 天 皇 は そ れ ら に 少 し ず つ メ ス を 入 れ 、 つ い に 皇 室 典 範 と い う 聖 域 に 踏 み 込 も う と し て い る よ う に 見 え ま す 。 し か し 、 年 齢 的 に 言 っ て も

世界 2016年 9月号


こ と と 照 ら し 合 わ せ る と 、 少 な く と も 、 解 し て い る 。 祭 祀 な ど の 純 然 た る 「 私 的 行 為 」 を 交 え 八 二 歳 と い う 年 齢 で 現 在 行 っ て い る 公 務 「 天 皇 に 私 な し 」 と さ れ て い た 大 日 本 て お り 紛 ら わ し い が 、 国 民 体 育 大 会 ・ 植 が 負 担 に な っ て い る こ と が 主 な 理 由 で あ 帝 国 憲 法 下 と は 異 な り 、 国 家 機 関 と し て 樹 祭 な ど へ の 出 席 、 園 遊 会 、 パ ラ オ や フ る こ と は 否 定 で き な い よ う に 思 わ れ る 。 の ( 一 種 の 公 務 員 で あ る ) 天 皇 と 天 皇 位 構 ィ リ ピ ン 等 へ の 外 国 訪 問 、 外 国 元 首 と の 成 者 と し て の 個 人 ( 通 常 そ の 人 を 指 し て も 親 書 ・ 親 電 交 換 、 被 災 者 の お 見 舞 い な ど ロ ロ な に が 天 皇 の 「 公 務 」 か 「 天 皇 」 と 呼 ぶ の で 混 同 が 起 こ る が ) は 峻 別 さ 多 く の 事 例 が 公 的 な 行 為 ( 公 務 ) と し て 近 年 、 天 皇 の 公 務 負 担 軽 減 が 図 ら れ て れ る の で 、 国 事 行 為 以 外 に 天 皇 が 私 的 個 提 示 さ れ て い る 。 こ れ ら の 行 為 は 「 国 事 き た 事 実 が 示 す よ う に 、 現 在 天 皇 が 行 っ 人 と し て 行 う 「 私 的 行 為 」 が あ る こ と を 行 為 」 と し て 正 当 化 す る こ と は で き な い が 、 現 在 の 政 府 見 解 で は こ れ ら を 「 象 徴 て い る 「 公 務 」 な る も の は 過 剰 な ほ ど 多 否 定 す る 説 は な い 。 議 論 が 分 か れ る の は 、 岐 に わ た っ て い る が 、 そ の か な り の 部 分 そ れ 以 外 に 「 第 三 の 行 為 」 を 認 め る か ど と し て の 地 位 に 基 づ い て 、 「 公 的 な 立 場 で は 現 天 皇 に な っ て 増 加 し た も の で あ る う か で あ る 。 憲 法 の 規 定 に 忠 実 で あ る な 行 わ れ る も の 」 で あ り 、 「 象 徴 た る 地 位 ( そ の 詳 細 は 宮 内 庁 ホ ー ム ペ ー ジ で 参 照 で き る ) 。 ら 、 事 実 行 為 を 含 む 象 徴 と し て の 天 皇 の に あ る 天 皇 の 行 為 と し て 当 然 認 め ら れ る し か し 、 そ れ ら の 「 公 務 」 は 天 皇 が な さ 公 的 な 形 式 的 ・ 儀 礼 的 行 為 を 憲 法 の 定 め と こ ろ 」 の 「 公 的 行 為 」 で あ る と し て ね ば な ら ぬ 公 務 、 い や 、 行 っ て い い 公 務 る 一 二 ( な い し 一 三 ) の 行 為 に 限 っ て い る 「 公 務 」 と 位 置 づ け て い る 。 憲 法 学 説 に 退 前 な の で あ ろ う か 。 の で 、 「 第 三 の 行 為 」 な ど あ り 得 ず 、 天 お い て も こ れ ら を 、 「 象 徴 と し て の 行 生 日 本 国 憲 法 は 、 天 皇 は 「 国 政 に 関 す る 皇 の 「 公 務 」 は 「 国 事 行 為 」 だ け で あ る 。 為 」 で あ る と か 、 「 公 人 と し て の 行 為 」 て で あ る と か と し て 「 第 三 の 行 為 」 と し て 権 能 を 有 し な い 」 と し た 上 で 、 天 皇 の 権 そ ロ ロ 「 公 務 」 を 過 重 に し て い る 「 公 的 行 為 」 合 憲 化 す る 傾 向 に あ る 。 な お 、 宮 中 祭 祀 能 を 「 こ の 憲 法 の 定 め る 国 事 に 関 す る 行 公 し か し 、 現 実 の 天 皇 は 「 国 事 行 為 ( な が い か に 多 く て も 、 あ く ま で も そ れ は 私 為 の み 」 を 行 う こ と に 限 定 し て い る ( 四 の い し 準 国 事 行 為 ) 」 で は 説 明 の で き な い 行 事 で あ る 。 皇 条 ) 。 そ の こ と か ら 、 「 国 事 行 為 」 は 、 「 儀 式 を 行 ふ こ と 」 の よ う な 事 実 行 為 を 為 を 数 多 く 行 っ て い る 。 ち な み に 宮 内 庁 そ う し た と き 、 こ れ ら 「 公 的 行 為 」 は み か 含 む 、 「 内 閣 の 助 言 と 承 認 」 で 行 う 形 式 の ホ ー ム ペ ー ジ で は 、 天 皇 の 「 ご 公 務 な 政 治 的 意 味 や 政 治 的 影 響 を 持 つ も の で あ 憲 的 ・ 儀 礼 的 行 為 で あ る と 憲 法 学 の 通 説 は ど 」 の 中 の 「 宮 中 の ご 公 務 な ど 」 で 宮 中 っ て は い け な い と の 限 定 は 説 か れ る も の

世界 2016年 9月号


根 拠 と さ れ て い る 。 し か し 、 少 な く と も と し て ゆ る ぎ な き 天 皇 に 対 す る 国 民 の 確 ロ ロ 「 生 前 退 位 」 に 対 す る 質 否 形 式 的 に は 政 治 的 権 能 を 有 し て い た 歴 史 信 ・ 信 念 が 退 位 を 否 定 す る と の 反 対 論 が 「 生 前 退 位 」 を 認 め る べ き か ど う か は 、 上 の 天 皇 と 、 政 治 的 権 能 が 全 否 定 さ れ て 政 府 に よ り 説 か れ た が ( 金 森 徳 次 郎 ) 、 国 泥 縄 式 の 単 行 特 別 法 で は な く 、 皇 室 典 範 い る 象 徴 天 皇 で は 、 そ の 反 対 論 は 説 得 力 民 の 確 信 ・ 信 念 は 変 化 す る と し て も 、 天 の 改 正 と し て 一 般 的 に 政 治 サ イ ド で 考 え に 欠 け る 。 も っ と も 、 「 公 的 行 為 」 等 で 皇 に 強 力 な 国 民 統 合 作 用 を 期 待 す る 者 に る べ き 問 題 で は あ る ( そ の 意 味 で は 、 高 度 憲 法 趣 旨 に 反 し て 個 性 を 示 す 天 皇 が 現 と っ て は 、 今 日 に お い て も こ れ は 核 心 的 に ド ) っ に 政 治 的 な 問 題 が 今 回 の よ う に 天 皇 の 意 向 を 受 れ た と き に は 、 天 皇 の 意 思 な ど を 口 実 に な 反 対 理 由 に な る 。 「 天 に 二 日 な し 」 の け て 動 き 出 し た 形 で 展 開 し て い る こ と に は 、 憲 譲 位 を 迫 る 事 態 が 生 ま れ る 可 能 性 は あ る 。 言 に 示 さ れ る よ う に 、 国 民 統 合 を 図 る た 法 上 問 題 が あ る ) 。 そ の 際 、 日 本 国 憲 法 施 一 方 、 天 皇 も 一 人 の 人 間 で あ る と し て め に は 、 統 合 軸 は 確 固 不 動 で な け れ ば な 則 の 一 九 四 六 年 に 現 行 の 皇 室 典 範 制 定 人 権 や 意 思 の 自 由 を 尊 重 す る 立 場 か ら 、 ら ず 、 国 民 意 識 に お い て 天 皇 と 前 天 皇 と 過 程 で 行 わ れ た 「 生 前 退 位 」 を め ぐ る 議 天 皇 の 意 思 に よ る 退 位 を 認 め る べ き だ と で 統 合 軸 が 一 一 分 さ れ る 事 態 は 望 ま し く な 論 の 参 照 は 必 要 だ が 、 当 時 の 法 制 審 議 会 の 論 も 制 定 時 か ら あ る 。 ま た 、 道 義 的 責 い か ら で あ る 。 や 帝 国 議 会 の 議 論 に お い て 、 戦 争 の 道 義 任 を と っ て 退 位 す る こ と も 認 め る べ き だ と も あ れ 、 将 来 、 「 生 前 退 位 」 を 認 め 山 的 責 任 と の 関 連 で 具 体 的 に 裕 仁 天 皇 の 生 と の 主 張 も 制 定 時 に は 天 皇 の 戦 争 責 任 と る と し て も 、 天 皇 の 生 前 退 位 を ど う い う 前 前 退 位 問 題 が 論 者 に は 意 識 さ れ て い た こ も か ら み 存 在 し た ( 南 原 繁 な ど ) 。 し か し 、 理 由 で 認 め る か 、 そ の 際 に 天 皇 に 発 意 を と は 、 現 在 の 論 が 明 仁 天 皇 を 意 識 し て い こ の 人 権 尊 重 論 は 、 自 発 的 意 思 に よ る 退 認 め る か 、 だ れ が 退 位 を 認 め る か 、 退 位 て る の と 同 様 で あ る 。 位 を 認 め る こ と は 天 皇 に 就 任 し な い 自 由 後 の 前 天 皇 の 処 遇 を ど う す る か 、 な ど 解 そ 制 定 時 の 議 論 に お い て 、 「 生 前 退 位 」 を 認 め る こ と に 連 な り 、 天 皇 制 の 存 立 基 決 し な け れ ば な ら な い 難 問 が 多 い 。 そ し 公 否 定 論 者 は 、 強 要 に よ る 退 位 や 、 幕 府 等 盤 を 失 わ せ る と 今 日 ま で 強 く 反 対 さ れ て て こ れ ら は あ る べ き 天 皇 像 と 深 く 関 連 し の 良 に 対 す る 抗 議 に よ る 退 位 な ど の 歴 史 的 悪 き た 。 ま た 、 い っ た ん 天 皇 に 即 位 し た 以 て い る の で 、 一 朝 一 タ に 解 答 が だ せ る 問 例 や 、 天 皇 と 上 皇 ( 法 皇 ) と の 確 執 に よ る 上 、 意 思 に 反 し て も 責 任 を 終 身 果 た す べ 題 で は な い 。 し た が っ て 、 目 先 の 問 題 解 み か 政 治 的 混 乱 な ど の 例 を 引 い て 反 対 論 の 有 き だ と の 主 張 も さ れ て い る 。 決 に 追 わ れ て 場 当 た り 的 に 取 り 組 む べ き 憲 カ 根 拠 と し た が 、 今 日 で も そ の 種 の 論 は 皇 室 典 範 制 定 時 に は 、 国 民 統 合 の 象 徴 で は な い だ ろ う 。