検索 - みる会図書館

検索対象: 波 2016年 10 月号 [雑誌]

波 2016年 10 月号 [雑誌]から 88件ヒットしました。

波 2016年 10 月号 [雑誌]


昭 和 天 皇 ー 御 召 列 車 全 記 録 』 全 貌 が 明 ら か に な っ た 昭 和 天 皇 御 召 列 車 全 記 録 「 天 皇 の 旅 路 」 『 昭 和 天 皇 実 録 』 は 鉄 道 情 報 の 宝 庫 だ っ た ! ? 数 千 点 に の ぼ る 鉄 道 資 料 と 突 き 合 わ せ て 原 武 史 あ ぶ り 出 し た 仰 天 の 昭 和 天 皇 鉄 道 乗 車 記 録 。 監 修 者 原 武 史 氏 と 保 阪 正 康 氏 が 異 色 の 「 皇 室 本 」 に つ い て 語 り 合 っ た 。 人 火 一 1 = ロ = = ロ 呆 阪 正 康 ( ノ ン フ ィ ク ン 作 家 ) 原 武 史 放 送 大 学 教 授 ) 『 昭 和 天 皇 実 録 』 か ら ス ピ ン オ フ 日 本 鉄 道 旅 行 地 図 帳 編 集 部 ( 以 下 編 集 部 ) こ の 本 は 一 昨 年 公 開 さ れ た 『 昭 和 天 皇 実 録 』 ( 以 下 『 実 録 』 ) を も と に 、 昭 和 天 皇 の 皇 孫 時 代 か ら 崩 御 前 年 ま で 、 鉄 道 に 乗 車 し た 記 録 を 抜 き 出 し 、 鉄 道 の 資 料 と 突 き 合 わ せ て 、 年 表 に ま と め た も の で す 。 原 さ ん に は 時 代 解 説 と 監 修 を お 願 い し ま し た 。 保 阪 ま あ よ く 作 り ま し た ね 。 年 表 見 て 、 感 心 す る や ら 、 呆 れ る や ら : ・ : ・ ( 笑 ) 。 泊 ま っ た 旅 館 ま で 実 に よ く 調 べ て い ま す ね 。 こ れ は 全 部 『 実 録 』 に 書 い て あ っ た も の で す か ? 編 集 部 基 本 は 『 実 録 』 の 本 文 で す 。 保 阪 こ の 種 の 本 は 初 め て で し よ う ね ? 編 集 部 御 召 列 車 を テ ー マ に し た 本 は こ れ ま で も 数 は 多 く は あ り ま せ ん が 、 出 て い ま す 。 た だ 乗 車 記 録 を 網 羅 的 に ま と め た 本 は あ り ま せ ん 。 こ れ は 『 実 録 』 が 公 開 さ れ て 初 め て 可 能 に な り ま し た 。 保 阪 と い う こ と は 、 『 大 正 天 皇 実 録 』 や 『 明 治 天 皇 紀 』 な ど か ら 記 録 を 抜 き 出 す の も 可 能 と い う こ と で す か 。 原 や ろ う と 思 え ば で き ま す ね 。

波 2016年 10 月号 [雑誌]


全 貌 が 明 ら か に な っ た 「 天 皇 の 旅 路 」 る 。 そ う 言 い 切 っ て い い の か ど う か 。 公 と 書 い て あ っ た の で 、 写 真 を 探 し ま し た で し た 。 が 、 見 つ け ら れ ま せ ん で し た 。 機 関 砲 を 文 書 に 残 さ な か っ た 可 能 性 は あ る と 思 い 国 鉄 の 車 に の り て お ほ ち ち の ま す 。 御 召 列 車 の 前 を 走 る 指 導 列 車 に 積 ん で い 明 治 の み 世 を お も ひ み に け り 保 阪 こ の 本 は 鉄 道 フ ァ ン 向 け な ん だ ろ た よ う で す 。 保 阪 歌 に 「 国 鉄 」 が 人 っ て い ま す ね 。 明 治 天 皇 と 重 な っ て 「 国 鉄 」 と い う の 保 阪 こ の 年 四 月 、 ド ー リ ッ ト ル の 爆 撃 う け ど 、 御 召 列 車 を き っ か け に 近 代 史 の い ろ い ろ な 側 面 を 語 る こ と も で き ま が あ り ま し た ね 。 も し こ の 御 召 列 車 の こ は 、 ど う い う 状 態 が あ ら わ れ て い る の か な 。 と を ア メ リ カ 軍 が 知 っ た ら 、 爆 撃 し た で す ね 。 し よ う ね 。 原 御 召 列 車 の 記 録 は そ の ま ま 天 皇 の 行 原 た ぶ ん 日 本 国 有 鉄 道 だ け を 指 す の で 動 記 録 で も あ り ま す 。 天 皇 や 近 代 史 の は な く て 、 明 治 か ら の 官 設 鉄 道 ・ 国 有 鉄 原 し た で し よ う ね 。 保 阪 戦 争 の 最 終 段 階 な ら 政 治 的 計 算 も 研 究 者 に も 是 非 読 ん で も ら い た い で す 道 を 指 し て い る の で は な い で し よ う か 。 保 阪 年 表 を 見 て い く と 、 昭 和 十 七 年 の 働 く で し よ う け ど 、 こ の 時 期 で あ れ ば 爆 ね 。 保 阪 私 も 参 考 に な り ま し た よ 。 戦 勝 祈 願 伊 勢 神 宮 参 拝 と か 戦 時 下 で も 御 撃 し た と 思 い ま す 。 原 さ す が に ダ イ ヤ ま で は 把 握 し て い な 編 集 部 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 召 列 車 が 走 っ て い ま す ね 。 ( ほ さ か ・ ま さ や す ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 作 家 ) か っ た で し よ う 。 た だ こ の 御 召 列 車 は 、 原 今 回 相 当 調 べ ま し た ね 。 ( は ら ・ た け し 放 送 大 学 教 授 ) 編 集 部 昭 和 十 七 年 十 二 月 の 御 召 列 車 で 爆 撃 さ れ る こ と も 想 定 し て い た の で は な 監 修 / 原 武 史 日 本 鉄 道 旅 行 地 図 帳 編 集 部 編 す ね 。 こ の 列 車 に は 首 相 の 東 条 英 機 も 乗 い か と 思 い ま す 。 指 導 列 車 に 機 関 砲 を 積 『 昭 和 天 皇 御 召 列 車 全 記 録 』 車 し て い た ん で す 。 あ る 本 に 、 高 射 機 関 ん で い た と い う こ と で す が 、 そ う す る と 320523 ー 4 9 月 日 発 売 砲 を 積 ん だ 貨 車 を 列 車 の 前 後 に 連 結 し た 本 列 車 に は 全 く 準 備 が な か っ た こ と に な 世 界 中 で 深 刻 化 す る 格 差 ハ リ ー ・ c.5 ・ フ ラ ン ク フ ァ ー ト 著 8 8 カ 問 題 。 し か し 、 不 平 等 そ れ 山 形 浩 生 訳 / 解 説 不 平 等 論 = 一 自 体 が 本 当 」 問 題 な 。 0 E 一 ⅲ ー 険 当 し ま っ た 最 も 重 要 な も の 摩 客 主 ろ と は ? 訳 者 に よ る 決 定 筑 一 ・ 本 体 1500 円 + 税 不 平 等 論 山 形 浩 生 格 差 は 悪 な の か ン

波 2016年 10 月号 [雑誌]


原 昭 和 天 皇 は 洋 風 好 み だ っ た の で 、 便 「 栄 光 の 機 関 士 」 「 栄 光 の 乗 務 員 」 と 見 出 座 は 洋 風 だ っ た の で は な い で し よ う か 。 し が つ い て 。 昭 和 七 年 の 陸 軍 特 別 大 演 習 史 昨 年 公 開 さ れ た 御 文 庫 付 属 室 の ト イ レ は の 時 は 、 東 海 道 本 線 ば か り か 私 鉄 の 乗 務 員 も 名 前 が 出 た 。 談 話 ま で あ っ て 、 泗 洋 風 で し た 。 編 集 部 そ の 理 由 は ヨ ー ロ ッ パ 巡 遊 の 影 「 斎 戒 沐 浴 し て 備 え た 」 な ど と 語 っ て い 響 で あ る と 原 さ ん が 解 説 で お 書 き に な っ ま す 。 和 て い ま す 。 保 阪 そ の 人 選 は 、 や は り べ テ ラ ン と か 。 て 保 阪 そ う か も し れ ま せ ん ね 。 あ と は 随 原 東 海 道 本 線 の 場 合 は 大 阪 鉄 道 局 で 選 ( 」 ( ~ ( ) 一 第 駅 行 の 人 た ち や 警 備 、 鉄 道 関 係 者 の 乗 る 車 ば れ た 人 。 無 事 任 務 を 果 た す と 、 そ の 談 話 も 出 て い ま し た 。 、 、 両 が 連 結 さ れ て い る わ け で す ね 。 編 集 部 全 列 車 と い う わ け で は あ り ま 編 集 部 御 召 に 関 わ る 鉄 道 員 は た い て い 県 せ ん が 、 列 車 ご と の 編 成 が わ か る よ う 斎 戒 沐 浴 し て い た よ う で す 。 島 徳 に な っ て い ま す 。 御 料 車 以 外 の 車 両 に 、 保 阪 天 皇 と 言 葉 を か わ す 機 会 は あ る の か な 。 「 供 奉 車 」 と い う 車 両 が 連 結 さ れ て い ま す 。 編 集 部 ホ ー ム で 運 転 士 や 駅 員 と 接 す る 保 阪 十 九 。 ヘ ー ジ の こ の 図 で す か 。 「 ホ 機 会 も 設 け ら れ た よ う で す 。 事 務 方 の ロ ハ ニ 」 と か 、 こ れ は 車 両 の 記 号 で す 職 員 に は 「 車 内 拝 謁 」 が 行 わ れ て い ま し た 。 か ? マ ニ ア ッ ク だ な あ ( 笑 ) 。 あ り ま せ ん で し た 。 編 集 部 「 ホ 」 は 車 両 の 重 量 を あ ら わ す 保 阪 そ の こ と は 『 実 録 』 に も 出 て き ま 保 阪 簡 素 な ん で す ね 。 記 号 で す 。 「 ロ 」 は 2 等 車 、 「 ハ 」 は 3 等 す ね 。 駅 長 が 貴 賓 室 で 挨 拶 す る と か 。 と 原 そ う で す ね 。 あ と は 剣 璽 を 奉 安 す る 車 、 「 ニ 」 は 荷 物 車 で す 。 こ ろ で 昭 和 天 皇 は 列 車 に 乗 る の が 好 き だ 場 所 が あ る 。 大 礼 の 時 だ け 、 賢 所 乗 御 車 っ た ん だ ろ う か 。 御 製 も 詠 ん で い る は ず 最 後 の 歌 会 始 で 「 国 鉄 」 を 詠 む が 連 結 さ れ ま し た 。 ま た 天 皇 が 乗 る 御 料 で す 。 車 と 皇 后 、 皇 太 后 が 乗 る 車 両 は 別 に あ り 保 阪 運 転 を す る 人 は 国 鉄 内 部 で も 優 秀 原 昭 和 六 十 三 年 の 歌 会 始 で 「 国 鉄 」 を ま し た 。 な 人 が 選 ば れ た ん で し よ う ね 。 詠 み ま し た 。 結 果 と し て こ の 歌 が 歌 会 始 保 阪 ト イ レ も つ い て い る ? 原 戦 前 は 新 聞 に 名 前 が 出 た ん で す よ 。 の 最 後 の 歌 に な り ま し た 。 お 題 は 「 車 ー

波 2016年 10 月号 [雑誌]


保 阪 御 召 列 車 と い 0 て も 、 種 類 が あ る 須 田 町 に あ 0 た 交 通 博 物 館 時 代 に 、 車 両 鉄 に は こ う し た 細 か い 資 料 と い う の が 残 ん で し よ う ? 天 皇 が 乗 る 列 車 の こ と を の 中 に 人 っ た こ と が あ り ま す 。 っ て い る ん で す か 。 指 す ん で す か ? 保 阪 明 治 時 代 の 列 車 で す と 、 た と え ば 原 残 っ て い ま す ね 。 原 時 代 に よ っ て 変 わ り ま す が 、 天 皇 ・ 時 速 ど の く ら い だ っ た の で し よ う ね 。 保 阪 公 開 さ れ て い る ん で す か ? 皇 后 ・ 皇 太 后 が 乗 る 列 車 で 、 皇 太 子 を 含 原 表 定 速 度 ( 走 行 距 離 を 時 間 で 割 0 た 編 集 部 も ち ろ ん 全 部 が 公 開 さ れ て い る め る 場 合 も あ り ま し た 。 値 ) 三 十 キ ロ ぐ ら い で し よ う か 。 明 治 二 わ け で は な い と 思 い ま す 。 調 査 を し て い 保 阪 車 両 は 日 本 製 で す か ? 十 四 年 の 大 津 事 件 の 際 、 明 治 天 皇 は 事 件 て 感 じ た の は 、 天 皇 は 個 人 と し て 日 本 で 原 明 治 初 期 は 日 本 製 で は な く て 、 車 両 の 翌 日 急 遽 列 車 を 仕 立 て て 京 都 に 行 く ん 一 番 記 録 さ れ て い る 人 な の で は 、 と い う は イ ギ リ ス 製 、 機 関 士 も イ ギ リ ス 人 、 で す け ど 、 朝 六 時 半 に 新 橋 を 出 発 し て 、 こ と で す ね 。 資 料 を 探 し に 行 く と 、 必 運 行 の 基 本 と な る ダ イ ヤ グ ラ ム も お 雇 い 夜 九 時 十 五 分 に は 京 都 に 着 い て い ま す 。 ず 何 ら か の 新 し い 資 料 が 出 て く る 印 象 で 外 国 人 が 引 い て い ま し た 。 日 清 戦 争 の 頃 新 橋 、 京 都 間 十 四 時 間 四 十 五 分 。 表 定 速 す 。 か ら 、 国 産 の 機 関 車 が 製 造 さ れ 、 ダ イ 度 は 一 = 十 五 キ 0 ぐ ら い で す 。 そ の 程 度 の 原 そ う で す ね 。 行 幸 が あ る と そ の 県 と ャ グ ラ ム も 日 本 人 が 引 く よ う に な り ま し ス ピ ー ド で し た 。 か 郡 と か 市 が 奉 迎 記 録 を 作 り ま す 。 も ち 保 阪 ロ シ ア の ニ コ ラ イ 皇 太 子 は ど こ か ろ ん 鉄 道 の 記 録 だ け で は あ り ま せ ん が 、 保 阪 な る ほ ど 。 明 治 一 二 十 年 代 に 当 時 皇 に 入 院 し て い ま し た つ け 。 か な り 詳 細 で す 。 写 真 も あ り ま す 。 太 子 だ 0 た 大 正 天 皇 が 全 国 を ま わ り ま す 原 京 都 の 宿 泊 先 に 戻 り ま す 。 保 阪 御 料 車 の 中 は ど ん な 内 装 だ っ た の ね 。 あ の 時 も 御 召 列 車 に 乗 っ た の で す 保 阪 明 治 天 皇 は そ こ に 駆 け つ け た わ け で し よ う ね 。 ソ フ ァ ー が あ り 、 寝 台 も あ で す ね 。 っ た の か な 。 旅 原 必 ず し も 御 召 列 車 で は な く て 、 一 般 原 基 本 的 に は 明 る い う ち に し か 御 召 列 原 休 憩 室 は あ 0 て も 寝 室 は あ り ま せ ん 皇 の 乗 客 が 乗 る 列 車 に も 乗 り ま し た 。 車 は 走 り ま せ ん か ら 、 い か に 異 常 事 態 だ で し た 。 さ き ほ ど も 言 い ま し た が 、 御 召 保 阪 御 召 列 車 の 車 両 は 現 在 で も ど こ か っ た か が わ か り ま す ね 。 こ の 時 期 は 途 中 列 車 は 、 夜 、 走 り ま せ ん か ら 。 な に 保 存 さ れ て い る ん で す か ? で 一 泊 す る の が 普 通 で し た 。 保 阪 厨 房 は あ る ん で し よ う ? に 原 大 宮 の 鉄 道 博 物 館 に は 歴 代 の 御 料 車 原 は い 。 た い て い の 御 料 車 に は 大 膳 室 洋 風 好 み だ っ た 昭 和 天 皇 朔 ( 天 皇 ・ 皇 后 ・ 皇 太 后 が 乗 車 す る 車 両 ) が 付 い て い ま し た 。 食 堂 の 付 い た 御 料 車 貌 が 展 示 さ れ て い ま す 。 九 州 鉄 道 が ド イ ツ 保 阪 年 表 の ひ と つ ひ と つ の 列 車 に 駅 の も あ り ま し た が 、 食 堂 車 と し て 製 造 さ れ か ら 輸 人 し た 2 号 御 料 車 に は 、 東 京 神 田 発 車 と 到 着 時 刻 が 人 0 て い ま す け ど 、 国 た 9 号 御 料 車 を 除 け ば 、 そ れ ほ ど 広 く は

波 2016年 10 月号 [雑誌]


月 の 新 刊 究 極 に う ま 」 ク ラ フ ト ビ ー ル を つ く る キ リ , ~ 「 異 端 児 」 た 募 挑 戦 日 発 売 / 1300 円 、 水 井 隆 ( な が い ・ た か し ) 大 量 生 産 に 背 を 向 け た 型 破 り の 挑 戦 は 、 最 悪 の 業 績 に 喘 ぐ 巨 大 メ ー カ ー の 片 隅 で 始 ま っ た 。 個 人 の 嗜 好 に 合 わ せ た 究 極 の ビ ー ル を 、 つ く っ た そ の 場 で 飲 ん で も ら う 店 を 出 す ! 開 店 以 来 超 満 員 の 続 く 代 官 山 「 ス プ リ ン グ ・ ハ レ ー プ ル ワ リ ー 」 の 奇 跡 を 描 く ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 。 四 六 判 / ソ フ ト カ バ ー / 192 頁 350491 ー 7 《 と ん ほ の 本 ム ロ 南 「 日 本 」 に 出 会 え る 街 引 日 発 売 / 1600 円 一 青 妙 ( ひ と と ・ た え ) 人 気 の 旅 行 先 ・ 台 湾 の 中 で も 注 目 の 台 南 に は 、 お い し い 料 理 、 温 か い 人 、 そ し て 懐 か し い 風 景 が あ ふ れ て い る 。 日 本 統 治 時 代 か ら の 風 情 あ る 建 物 を リ ノ ベ ー シ ョ ン し た カ フ ェ 、 ホ テ ル 、 百 貨 店 、 そ し て テ ー マ 。 ハ ー ク : : : 台 南 市 親 善 大 使 の 著 者 が デ ィ ー プ な 台 南 を ご 案 内 。 12 8 頁 602271 ー 5 《 と ん ほ の 本 正 倉 院 宝 物 181 点 鑑 賞 ガ イ ド 引 日 発 売 / 2000 円 杉 本 一 樹 ( す ぎ も と ・ か す き ) 奈 良 の 都 に も た ら さ れ た 約 9000 点 の 美 し き 工 芸 品 や 文 物 の 中 か ら 、 そ の 宝 物 す べ て を 誰 よ り も 身 近 に 知 る 著 者 が 、 聖 武 天 皇 遺 愛 の 調 度 や 生 活 道 具 、 楽 器 、 遊 戯 具 、 文 房 具 、 仏 具 、 染 織 品 な ど ア イ テ ム ご と に 厳 選 、 細 部 ま で 紹 介 す る 。 正 倉 院 展 を 倍 楽 し む 必 携 ガ イ ド ! 16 0 頁 602272 ー 2 620856 ー 0-57 ー 7 001 ・ 00 円 、 ( 0 ( 000 円 太 平 記 ( 四 ) 、 ( 五 ) 山 下 宏 明 校 注 金 槐 和 歌 集 ロ 芳 麻 呂 校 注 。 。 」 / 228 円 五 十 年 に 及 ぶ 激 動 の 南 北 朝 争 乱 を 描 く 『 太 平 記 』 完 結 。 独 創 的 な 歌 人 と し て 名 高 い 鎌 倉 三 代 将 軍 ・ 源 実 朝 の 全 和 歌 を 収 め る 『 金 槐 和 歌 集 』 。 れ 0 っ 0 0 ー 、 ・ -0 414- 四 六 判 / ハ ー ド カ バ 1 / 頁 引 日 発 売 「 読 む 」 「 書 く 」 「 話 す 」 。 日 常 生 活 や 日 本 語 学 習 に 必 要 な 一 万 一 千 語 の 新 訂 版 。 新 訂 監 修 阪 田 雪 子 編 集 主 幹 遠 藤 織 枝 発 売 中 / 3800 円 編 集 に ほ ん ご の 会 一 九 九 五 年 の 刊 行 以 来 、 日 本 語 を 学 ぶ 人 、 日 本 語 を 教 え る 人 な ど 多 く の 方 か ら 、 「 読 み や す い 」 「 わ か り や す い 」 「 使 い や す い 」 と 好 評 を 得 て き た 辞 典 の 新 訂 版 。 一 一 〇 一 〇 年 の 常 用 漢 字 表 改 定 に 対 応 。 以 前 は 漢 字 か な 交 ぜ 書 き だ っ た 言 葉 を 漢 字 だ け の 表 記 に し た ほ か 、 見 出 し 語 や 用 例 も 現 在 に 合 わ せ 見 直 し た 。 総 ふ り が 730216 ー 8 な 、 ア ク セ ン ト 付 き 。 新 潮 社 日 本 語 を 学 ぶ 人 の 辞 典 ー 英 語 ・ 中 国 語 訳 つ き ー 122

波 2016年 10 月号 [雑誌]


新 連 載 来 や り た い こ と が あ る の か と 訊 か れ て 、 本 を 読 む の が 好 き だ 第 一 回 戸 川 幸 夫 先 生 け れ ど も 、 な か な か 自 分 の 好 き な 本 が み つ け ら れ な い と 見 当 違 い の 返 事 を し た 。 好 き な 本 が な け れ ば 自 分 で 書 け ば よ い 。 昭 和 三 十 年 の 春 、 日 本 女 子 大 学 文 学 部 国 文 科 を 卒 業 し た も そ ん な こ と は 無 理 。 誰 か に 教 え て も ら っ た ら 。 居 ま せ ん よ 、 の の 、 就 職 も せ ず 、 こ れ と い っ て 自 分 の 未 来 に な ん の 計 画 も 小 説 書 く の 教 え て く れ る 先 生 な ん て 。 も し 居 た ら 習 い に 行 く ? 居 ま せ ん よ 。 踊 り や 一 二 味 線 と は わ け が 違 う 。 と い っ た 立 て ら れ な い ま ま に 、 そ れ 以 前 か ら 続 け て い た 日 本 舞 踊 や 長 や り と り が あ っ た 翌 週 、 そ の 友 人 か ら 電 話 が あ っ て 、 き ち ん 唄 な ど の 稽 古 事 に 通 う 日 々 を 過 し て い た 。 よ そ ゆ き そ の 稽 古 友 達 に 、 お た が い の 家 は 五 分 も あ れ ば 充 分 の 近 さ 、 と し た 服 で も 着 物 で も い い か ら 他 行 着 を 着 て 出 て い ら っ し ゃ 年 齢 は 私 よ り 二 歳 年 下 な の に 背 が す ら り と 高 く 、 頭 の 回 転 が い 、 神 社 の 石 段 の 下 で 待 っ て い る と 呼 び 出 さ れ て 連 れ て 行 か す み や か で 判 断 力 が あ る 、 実 に 頼 り 甲 斐 の あ る 仲 良 し が 出 来 れ た の が 当 時 、 有 楽 町 駅 の 近 く に あ っ た 毎 日 新 聞 社 で 、 受 付 た 。 大 銀 行 の 頭 取 の お 嬢 さ ん な の に 万 事 に 気 さ く で 、 私 の 話 ( 行 き 、 友 人 が 呼 び 出 し た の が 同 年 、 「 高 安 大 物 語 」 で 直 木 を よ く 聞 い て く れ る 、 聞 き 上 手 で も あ っ た 。 或 る 時 、 何 か 将 賞 を 受 賞 さ れ た 戸 川 幸 夫 先 生 で あ っ た 。 つ ま り 、 戸 川 先 生 と 平 岩 弓 枝 題 字 ・ 挿 絵 蓬 田 や す ひ ろ

波 2016年 10 月号 [雑誌]


裏 方 が 主 役 に な る 疾 風 怒 濤 の 時 代 席 通 詞 と し て 幕 府 の 高 官 と ペ リ ー と の 会 談 の 席 で 通 弁 を 果 嘉 永 六 年 六 月 三 日 ( 一 八 五 三 年 七 月 八 日 ) 、 ペ リ ー 艦 隊 が 浦 し 、 そ の 功 績 に よ っ て 褒 美 ま で 下 賜 さ れ て い る 。 ペ リ ー の 賀 に や っ て き ま し た 。 旗 艦 サ ス ケ ハ ナ 号 に 乗 り こ ん で フ ァ ー 再 来 航 に は 、 主 席 通 詞 を 大 通 詞 森 山 栄 之 助 に ゆ ず り は し た つ う じ ス ト ・ コ ン タ ク ト を と っ た の は 浦 賀 奉 行 所 所 属 の 与 力 と 通 詞 も の の 、 条 約 文 や 双 方 で 交 換 さ れ る 覚 書 、 書 簡 の 訳 文 作 成 も 担 当 し た 。 多 く の 通 詞 た ち の 中 で オ ラ ン ダ 語 の 理 解 力 で の 二 人 。 与 力 の 中 島 三 郎 助 は 、 十 六 年 後 の 明 治 一 一 年 五 月 、 五 稜 郭 で 新 政 府 軍 を 対 手 に 奮 戦 し 、 息 子 た ち と 壮 烈 な 戦 死 を 遂 は 屈 指 と 評 さ れ 、 英 語 に つ い て も 会 話 力 は 森 山 栄 之 助 ら に げ た こ と で も 知 ら れ ま す が 、 吉 村 昭 さ ん が 長 編 『 黒 船 』 ( 中 公 及 ば ぬ と は い え 、 英 文 の 和 訳 、 さ ら に 日 本 文 の 英 訳 に つ い て は 高 い 評 価 を う け 、 自 信 も い だ い て い る 。 文 庫 ) の 主 人 公 に え ら ん だ の は 通 詞 の 堀 達 之 助 の ほ う で し た 。 堀 達 之 助 、 そ は 何 者 ぞ ? 作 中 、 吉 村 さ ん が 達 之 助 自 身 に こ う 述 懐 さ せ て い ま す の で 、 ま ず は そ れ を 引 用 し ま し よ う 。 オ ラ ン ダ 通 詞 と は 、 こ れ も 『 黒 船 』 か ら 引 用 す れ ば 、 「 長 崎 に い て オ ラ ン ダ 商 館 と の 間 の 通 訳 、 オ 一 フ ン ダ 書 の 和 訳 と 日 オ ラ ン ダ 通 詞 の 名 門 で あ る 中 山 家 に 生 れ 、 堀 家 の 養 嗣 子 本 文 の オ ラ ン ダ 訳 を 仕 事 と し て い た 」 と あ っ て 、 で は 長 崎 を と な っ て 通 詞 の 階 級 も あ が り 、 ペ リ ー 艦 隊 の 初 来 航 に は 主 活 躍 の 場 と す る 達 之 助 が ど う し て 三 浦 半 島 の 浦 賀 に い た か と 歴 史 の 極 意 ・ 小 説 の 奧 儀 ー 当 近 く の 韓 国 よ り 遠 く の オ ラ ン ダ 荒 山 徹

波 2016年 10 月号 [雑誌]


) 村 上 春 樹 の 語 る 「 村 上 春 樹 」 , 691 @職 業 と し て の 小 説 家 毓 満 月 の 道 ー 流 転 の 海 第 七 部 ー 昭 和 三 十 六 年 秋 、 熊 吾 の 中 古 車 販 売 店 経 営 は 順 調 だ っ た 。 し か し 、 森 井 博 美 が 現 れ た 。 や が て 松 坂 一 家 の 運 命 は 大 き く 旋 回 し 始 め る 。 新 潮 文 庫 。 。 村 上 春 樹 が 書 く ク 村 上 春 樹 み の 決 定 的 実 像 ! こ れ ま で 語 ら れ な か っ た 逸 話 か ら 長 編 小 説 の 書 き 方 ま で 、 初 め て 語 り 尽 く し た 稀 有 な 一 冊 。 0 59 こ の 躰 は 、 い つ ま で 「 女 」 が う ず く の か ー ー ー 。 ひ と み 八 十 歳 を 目 前 に 親 友 が 自 殺 し た 。 人 形 作 家 の 眸 は 、 愛 欲 に 忠 実 に 生 き た 彼 女 の 人 生 を 振 り 返 る 。 円 熟 の 筆 で 描 く 、 生 と 性 の 深 淵 一 三 0 ※ 累 計 部 数 は 単 行 本 と 文 庫 の 合 計 750 円 97841d 18756 ・ 5 志 川 節 子 さ @芽吹 長 屋 仕 合 せ 帖 ご 縁 の 糸 用 三 十 路 の 女 が 独 り 長 屋 で 暮 ら し 始 め て : : : 心 に 沁 み る 時 代 小 説 。 利 鳴 海 風 円 7 0 月 」 @和 算 の 寺 江 戸 の 天 才 数 学 者 の 人 間 ド ラ マ を 描 く 、 和 算 時 代 小 説 の 傑 作 ! 最 相 葉 月 @セ ラ ビ ス ト 蠍 心 の 病 は ど の よ う に 治 る の か 。 う つ 病 100 万 人 時 代 必 読 の 書 ! 円 五 百 田 達 成 ・ 堀 田 秀 吾 」 特 定 の 人 と し か う ま く 付 き 合 え な い の は 、 審 結 局 、 あ な た の 心 が 冷 め て い る か ら た 発 想 の 転 換 で 「 人 間 関 係 」 を 円 滑 に す る 、 町 の エ ピ ソ ー ド 。 円 7 玉 木 正 之 編 6 @9 回 裏 2 死 満 塁 聶 鷲 126

波 2016年 10 月号 [雑誌]


2016 年 10 月 号 ( 通 巻 第 562 号 ) 平 岩 弓 枝 / な っ か し い 面 影 2 皿 佐 藤 多 佳 子 >< ア ル コ & ピ ー ス / 深 夜 ラ ジ オ の 流 れ る 青 春 小 説 6 ー 綿 矢 り さ / こ う い う 小 説 を ず っ と 書 き た か っ た 10 松 任 谷 由 実 / く る り へ の 伝 言 12 中 条 省 平 / 途 方 も な い ク ラ イ ム ・ ノ ヴ ェ ル 14 青 山 七 恵 / 迷 い 子 た ち の 家 16 鈴 木 京 香 / 胸 の 鼓 動 が 高 ま る 出 会 い 18 ー 井 上 都 / 確 か に そ こ に あ っ た 家 族 の 思 い 出 20 中 島 京 子 / 個 人 的 な 見 解 を 正 直 に 述 べ さ せ て い た だ け れ ば 32 花 房 観 音 / 私 の 仕 事 は セ ッ ク ス を 書 く こ と で す 34 小 川 忠 / 米 中 が 注 目 す る イ ン ド ネ シ ア の 「 イ ス ラ ー ム 化 」 39 住 野 よ る / 異 な る も の に 手 を 伸 ば す 40 千 街 晶 之 / 本 格 フ ァ ン 必 読 、 ヾ 夢 の 国 な の ミ ス テ リ 42 村 上 貴 史 / と に か く ヾ 当 た り 前 じ ゃ な い ′ ′ ミ ス テ リ 44 北 上 次 郎 / 橋 を 渡 れ な い か ら こ そ 舟 を 漕 ぐ 46 更 科 功 / 生 と 死 と 生 物 と 無 生 物 53 [ 遠 藤 周 作 没 後 20 年 ] 遠 藤 周 作 / あ る 小 説 が 出 来 あ が る ま で - ー イ 沈 黙 』 か ら 『 侍 』 へ 54 皿 原 武 史 >< 保 阪 正 康 / 全 貌 が 明 ら か に な っ た 「 天 皇 の 旅 路 」 一 青 妙 / び つ く り の 出 会 い が た く さ ん ! 72 高 野 秀 行 / 東 京 藝 大 は 日 本 の ア マ ゾ ン だ / ー 竹 宮 惠 子 / 伝 え た い こ と が 強 い ほ ど 描 く こ と に 熱 心 に な れ る ー 浅 生 鴨 >< 吉 田 尚 記 / な ぜ く 中 の 人 > は 小 説 を 書 き は じ め た の か 104 と ん ぼ の 本 編 集 室 だ よ り 86 原 幹 恵 / 映 画 に な っ た 新 潮 文 庫 87 小 林 秀 雄 賞 ・ 新 潮 ド キ ュ メ ン ト 賞 決 定 発 表 61 ジ ェ ー ン ・ ス ー / 生 き る と か 死 ぬ と か 父 親 と か 第 8 回 22 秘 山 下 洋 輔 / 猛 老 猫 の 逆 襲 山 下 洋 輔 旅 日 記 第 7 回 26 堀 本 裕 樹 、 穂 村 弘 / 俳 句 と 短 歌 の 待 ち 合 わ せ 第 38 回 30 津 村 記 久 子 / や り な お し 世 界 文 学 第 29 回 36 荒 山 徹 / 歴 史 の 極 意 ・ 小 説 の 奥 儀 第 19 回 48 森 功 / 暗 黒 事 件 史 日 本 を 変 え た 犯 罪 者 た ち 第 9 回 62 大 澤 真 幸 / 山 崎 豊 子 の く 男 〉 第 8 回 76 木 皿 泉 / カ ゲ ロ ポ 日 記 第 30 回 瀧 井 朝 世 / サ イ ン 、 コ サ イ ン 、 偏 愛 レ ビ ュ ー 第 79 回 92 佐 藤 賢 一 / 遺 訓 第 10 回 94 ミ ラ ン ダ ・ ジ ュ ラ イ ( 岸 本 佐 知 子 訳 ) / 最 初 の 悪 い 男 第 7 回 108 編 集 室 だ よ り 118 新 潮 社 の 新 刊 案 内 119 編 集 長 か ら 123 カ ッ ト 水 上 多 摩 江 編 集 兼 発 行 者 楠 瀬 啓 之 発 行 所 株 式 会 社 新 潮 社 〒 162 ー 8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 TEL 03 ー 3266 ー る 111 ( 営 業 部 直 通 ) 03 ー 3266 ー 5411 ( 編 集 部 直 通 ) 印 刷 所 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 OSHINCHOSHA 2016 , printed in Japan 本 誌 か ら の 無 断 転 載 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 以 外 の コ ピ ー を 禁 じ ま す 。 コ ラ ム

波 2016年 10 月号 [雑誌]


ー - 暗 黒 事 件 史 第 九 回 た 麻 原 が 雲 隠 れ し て い た 中 、 松 本 家 で は 、 五 月 六 日 に 存 命 だ オ ウ ム 真 理 教 事 件 の 麻 原 彰 晃 っ た 八 十 歳 の 実 父 の も と 親 族 が 集 ま り 、 ど の よ う に 対 応 す べ 一 九 九 五 年 に 発 覚 し て 以 来 、 二 十 年 あ ま り 、 「 オ ウ ム 真 理 き か 、 話 し 合 っ た 。 麻 原 と 同 様 、 こ の 三 男 も ま た 職 を 求 め て 教 事 件 」 関 連 の 報 道 は 、 今 も っ て 続 い て い る 。 と き お り 、 そ 東 京 に 移 り 住 ん で い た た め 、 彼 に 白 羽 の 矢 が 立 ち 、 親 族 を 代 あ さ は ら し よ う こ う れ ら に 接 す る に つ け 、 私 は か っ て 麻 原 彰 晃 の す ぐ 上 の 兄 と 会 表 し て 麻 原 本 人 と 会 う べ き だ と い う こ と に な っ た と い う 。 っ た と き の こ と を 思 い 起 こ す 。 「 親 父 は 弟 に 会 う こ と に 反 対 し て い た け ど 、 家 族 会 議 の 前 日 ま つ も と ち づ お 麻 原 彰 晃 こ と 松 本 智 津 夫 は 五 五 ( 昭 和 三 十 ) 年 三 月 一 一 日 、 の 五 月 五 日 に は 新 宿 で 青 酸 ガ ス 事 件 も あ っ た 。 オ ウ ム が ま だ や っ し ろ 熊 本 県 八 代 郡 に 生 ま れ た 。 男 五 人 女 二 人 の 七 人 き よ う だ い の サ リ ン を も っ て い る か ど う か わ か ら な い 。 け ど 、 こ の ま ま で 四 男 だ 。 三 人 の 兄 の う ち 、 私 が 松 本 家 の 三 男 と 会 っ た の は 、 は ま た 犠 牲 者 が 出 て し ま う 。 だ か ら 親 父 も 納 得 し た ん だ 。 も 「 グ ル 」 ( 尊 師 ) と 呼 ば れ た カ ル ト 教 団 の 教 祖 逮 捕 が 間 近 に 迫 し サ リ ン な ど の 毒 ガ ス を 今 で も 持 っ て い る な ら 、 信 者 に 使 わ っ て い た 九 五 年 五 月 の 黄 金 週 間 明 け の こ と だ っ た 。 せ な い こ と 、 そ れ に 不 当 に 得 た お 布 施 は 信 者 に 返 還 す る こ と 、 「 俺 は 疑 わ れ て い る オ ウ ム の 代 表 で あ る 麻 原 の 親 族 と し て 、 そ れ ら を 弟 に 伝 え る こ と に し た の で す 。 け ど 、 世 田 谷 の オ ウ 逮 捕 さ れ る 前 に 是 が 非 で も 会 っ て 事 件 に つ い て 問 い 質 し た か ム 道 場 に 行 っ て も 、 出 て き た 女 性 幹 部 は 取 り 付 く 島 も な い 。 っ た ん だ 。 け ど 、 教 団 に 行 っ て 面 会 を 求 め て も 、 埒 が 明 か な ビ デ オ で も い い か ら 生 き て い る 姿 を 見 せ て く れ 、 と 頼 ん だ の い 。 オ ウ ム は サ リ ン の こ と は お ろ か 、 弟 が 生 き て い る か ど う で す が 、 そ れ も ダ メ 。 お そ ら く 向 こ う は ア シ が つ く の を 怖 が か さ え 、 教 え て く れ な か っ た 」 っ て い た の で し よ う け ど 、 あ ま り に 対 応 が ひ ど か っ た 」 同 年 の 三 月 一 一 十 日 、 オ ウ ム 真 理 教 の 実 行 部 隊 が 東 京 の 地 下 三 男 は 、 四 十 歳 に な っ た ば か り だ っ た 麻 原 と は 七 歳 も 離 れ 、 鉄 内 で サ リ ン を ば ら ま き 、 死 者 十 一 一 人 、 負 傷 者 五 千 人 以 上 と 五 十 近 か っ た 。 夫 婦 で ラ イ ト ・ ハ ン に 果 物 な ど を 積 ん で 移 動 販 い う 被 害 を 出 し て い た 。 捜 査 の 手 が 自 分 に 迫 る こ と を 察 知 し , 売 す る 青 果 業 を 営 ん で い た 。 仕 事 は 忙 し い ら し く 、 取 材 に 応 ら ち た だ lsao Mori