検索 - みる会図書館

検索対象: 風水と天皇陵

風水と天皇陵から 245件ヒットしました。

風水と天皇陵


第 一 章 ー 現 代 の 天 皇 陵 を 訪 ね て 昭 和 天 皇 武 蔵 野 陵

風水と天皇陵


古 城 山 明 治 天 皇 陵 昭 憲 皇 太 后 陵 1 開 m 明 治 天 皇 陵 の 地 形 図 267 天 皇 陵 の 環 境 を 考 え る

風水と天皇陵


治 定 の 確 か な 陵 墓 は 少 な い 中 国 考 古 学 を 志 す 研 究 者 は 少 な く な い 。 留 学 時 代 に も 何 人 か の 同 志 が て き た 。 と こ ろ か 、 我 々 に と っ て は 不 運 な こ と に 、 こ の 方 面 の 専 門 的 な カ リ キ ュ ラ ム を 設 定 し て い る 大 学 し た が っ て 、 中 国 考 古 学 を 研 究 し は 数 え る ほ ど し か な く 、 率 直 に い え ば 就 職 先 が 少 な い 。 な が ら 、 別 の 職 ぞ 生 計 を 立 て な け れ ば な ら な い 。 悲 し い 現 実 て あ る 。 私 も 成 り 行 き て 日 本 史 の 方 面 に 引 き 寄 せ ら れ 、 最 近 て は 国 内 の 遺 跡 を 訪 ね る 機 会 が 増 え た 。 も と も と は 日 本 の 文 化 を 国 外 か ら 眺 め よ う と 思 い 立 っ て 中 国 の 研 究 を は じ め た の だ か ら 、 変 な 言 い 回 し だ が 、 不 本 意 な が ら 本 願 を 果 た し て い る こ と に は な ろ う 。 そ の よ う な 流 れ の な か て 、 私 は 近 畿 一 円 に 散 ら ば る 天 皇 陵 を 数 多 く 見 て 歩 い て き た 。 と 歩 い た の は 立 地 に 興 味 を も て る 陵 墓 だ け て あ っ て も 、 す べ て を 踏 破 し た わ け て は な い 。 る 。 昭 和 二 二 年 ( 一 九 四 七 ) 一 月 一 六 日 に 公 布 さ れ た 皇 室 典 範 て は 、 天 皇 ・ 皇 后 ・ 太 皇 太 后 ・ 皇 太 后 の 葬 所 を 「 陵 」 と い し そ の 他 の 皇 族 の 葬 所 を 「 墓 」 と 規 定 し て 、 相 応 の 管 理 が 義 務 づ け ら れ て い る 。 目 下 宮 内 庁 に 管 理 さ れ て い る 陵 墓 の 数 は 、 天 皇 な ど の 「 陵 」 が 一 八 八 基 、 皇 族 の 「 墓 」 が 五 五 二 基 の 計 七 四 〇 基 て あ る 。 こ の ほ か 、 陵 墓 て あ る こ と を 確 定 ば い ち ょ う て き ず 暫 定 的 に 管 理 さ れ て い る 陵 墓 参 考 地 が 四 六 カ 所 あ る 。 さ ら に は 陵 に 付 随 す る 陪 冢

風水と天皇陵


て あ る 。 そ の 丘 の 南 斜 面 は 左 右 が や や 前 方 に 膨 れ て 、 ち ょ う ど 多 摩 陵 の 墳 丘 を 包 み 込 む よ う な 地 形 に な っ て い る 。 東 側 の 膨 ら み に は 昭 和 二 六 年 ( 一 九 五 一 ) に 貞 明 皇 后 の 多 摩 所 東 陵 が 築 か れ た た め 、 先 端 が や や 窪 ん ぞ は い る が 、 尾 根 の 高 ま り は 残 さ れ 、 多 摩 陵 を 包 む 地 形 は 崩 れ な か っ た 。 多 多 摩 陵 の 墳 丘 は 平 面 が 馬 蹄 形 を し た 基 壇 の 中 心 に 築 か ど ま ん じ ゅ う れ き せ き ふ 天 れ 、 全 面 に 礫 石 が 葺 か れ た 土 饅 頭 形 の 円 墳 て あ る 。 墳 丘 に 大 草 木 が 茂 ら な い よ う に 手 入 れ さ れ て い る 。 馬 蹄 形 の 基 壇 は せ ん ぎ よ う 前 か ら 瞻 仰 す れ ば 、 四 角 い 台 に 見 え 、 そ の 前 方 に は さ ら に 二 段 の テ ラ ス が 設 け ら れ て い る た め 、 全 体 に は 三 段 の 方 形 壇 の 上 に 丸 い 墳 丘 が 乗 っ て い る よ う に 見 え る 。 ま た 、 下 段 の 前 か ら こ ち ら へ 広 が る 台 形 の 広 場 が あ り 、 さ ら に そ の 下 方 に 矩 形 の 広 場 が あ る 。 そ れ ら は 墳 丘 を 瞻 仰 す る 参 拝 者 に 直 線 的 な 構 造 物 が 見 せ る 「 人 工 の 印 象 」 を 強 く ケ え る 。 そ れ に 墳 丘 の 丸 さ が よ り 強 調 さ れ る の て あ る 。 こ の 設 計 は い わ ゆ る 「 上 円 下 方 」 の 思 想 を 反 映 さ せ た も の て あ る 。 円 は 「 天 円 」 、 方 は 「 地 方 」 の こ と て 、 天 円 は 半 球 形 に 見 え る 天 空 も し く は 円 い 天 体 か ら 出 た 発 想 、 地 方 と は

風水と天皇陵


四 角 い 住 居 や 城 郭 に 囲 ま れ た 人 工 的 な 居 住 空 間 か ら 出 た 発 想 て あ る 。 思 想 の 起 源 は 中 国 に あ り 、 陵 墓 に 応 用 し た 例 は 飛 鳥 時 代 の 古 墳 に 求 め る こ と が て き る 。 ま た 、 円 形 の 墳 丘 を 奧 に し て 裾 の 広 が る 方 形 の 壇 を 前 に す る 配 置 は 前 方 後 円 墳 を 彷 彿 と さ せ る 。 は た し て 多 摩 陵 の 設 計 は そ う し た 前 例 を 踏 襲 し た も の な の か 。 気 に な る と こ ろ て あ る が 、 そ の 疑 間 に は 本 書 の 中 て い ず れ し つ か り と お 答 え す る 。 ち な み に 、 谷 に あ る 四 陵 の す べ て が 同 一 の 構 造 に な っ て い る の は 、 「 上 円 下 方 」 「 前 方 後 円 」 の 設 計 が す て に 帝 后 陵 の 規 格 と し て 定 型 化 し て い る か ら て あ る 。 こ れ は 将 来 に お い て も 不 変 て あ ろ う 。 武 蔵 野 陵 が 身 近 に 感 じ ら れ る 理 由 は い し ょ 多 摩 陵 か ら 東 へ 戻 れ ば 、 す ぐ さ ま 貞 明 皇 后 の 多 摩 東 陵 の 拝 所 に 出 る 。 陵 の 構 造 は 同 じ て あ る が 、 全 体 に 多 摩 陵 よ り も 幾 分 小 さ い 。 規 模 だ け て は な く 、 さ ま ざ ま な 施 設 に 省 略 が あ る 。 中 国 て は 皇 帝 の 数 は 陽 数 ( 奇 数 ) の 極 数 ( 最 大 値 ) て あ る 「 九 」 、 皇 后 の 数 は 陰 数 ( 偶 数 ) の 極 数 て あ る 「 八 」 と 定 め ら れ 、 陵 墓 に お い て も 設 計 に 一 割 か ら 二 割 の 縮 小 が な さ れ そ - フ い - フ こ と を 宀 夫 咸 5 し な が ら 、 さ ら に た 。 そ の 比 率 は 日 本 に お い て も さ ほ ど 変 わ ら な い 。 お き っ き 東 へ 進 め ば 、 道 は お の ず と 北 に あ る 武 蔵 野 陵 へ 向 か っ て ゆ く 。 昭 和 天 皇 の 奥 津 城 ( 墓 所 ) て あ る 。 ま た 、 手 前 の 右 方 向 に 二 一 世 紀 の 陵 て あ る 香 淳 皇 后 の 武 蔵 野 東 陵 が あ る 。 礫 石 て ほ う ふ つ 現 代 の 大 皇 陵 を 訪 ね て

風水と天皇陵


昭 和 天 皇 “ 武 蔵 野 愛 香 淳 皇 后 ・ 武 蔵 野 東 陵 を ・ 第 大 正 天 皇 多 摩 陵 ー 、 、 。 、 一 ~ 貞 明 皇 后 多 摩 東 陵 ト ー ー 多 摩 御 陵 第 . 警 備 派 出 所 着 宮 内 庁 書 陵 部 監 区 事 務 所 物 の 物 3 ・ 興 動 」 を ・ 物 れ 、 。 、 熊 野 社 多 摩 ・ 武 蔵 野 陵 の 周 辺 地 図 基 図 : 2500 分 の 一 東 京 都 地 形 図 「 長 房 」 「 高 尾 」 「 八 王 子 霊 園 」 「 西 浅 川 」 ( 平 成 Ⅱ 年 版 ) / 東 京 都 都 市 計 画 局 現 代 の 天 皇 陵 を 訪 ね て 21

風水と天皇陵


街 へ 出 れ ば 、 や や 視 界 が 広 が る 。 は 村 上 天 皇 の 現 陵 を 戴 い た 山 と な 南 は 双 ケ 岡 に 向 か っ て 下 る 斜 面 笠 と な る 。 こ の 一 帯 が 宇 多 野 の 台 地 て 」 都 あ る 。 野 市 室 を 和 多 都 住 宅 街 を 西 へ 進 む 道 の 突 き 当 た り 宇 京 図 。 / に 円 融 天 皇 の 後 村 上 陵 が あ る の て 、 地 図 の 年 参 道 前 の 道 を 北 に 進 も う 。 そ う す れ み よ 、 つ 周 都 成 、 村 上 天 皇 陵 の 山 ~ 登 る 直 前 に 妙 ・ 簽 、 は 0 一 一 ~ 驪 顰 野 一 第 」 一 王 、 ・ 一 : 「 「 、 」 い 。 、 」 「 、 多 。 光 寺 と 」 う 臨 済 宗 の 寺 が あ る 。 南 褝 「 寺 と 肩 を な ら べ る 大 き な 褝 寺 て あ っ 、 第 ・ 上 妙 ま ロ 〕 ・ 円 融 天 皇 陵 弸 た が 、 今 の 境 内 は ひ っ そ り と 静 ま 石 垣 て 仕 切 ら れ た 敷 地 に の み 往 時 の 隆 盛 が 残 さ れ て い る 。 実 は こ の 境 内 こ そ 平 安 京 と 緊 密 な 関 係 を も っ す ば ら し い 地 点 に あ る 。 2 ろ 5 風 水 て 、 解 く 桓 武 天 皇 陵 の 謎

風水と天皇陵


後 堀 河 天 皇 観 音 寺 陵 英 照 皇 太 后 後 月 輪 東 北 陵 ロ 1 泉 涌 寺 仏 殿 孝 明 天 皇 後 月 輪 東 山 陵 海 会 堂 御 座 所 霊 明 殿 月 輪 陵 ? 四 条 天 皇 以 下 二 十 五 陵 五 灰 塚 九 に 0 IIO 1 開 m ゴ 1 ー ー ・ 一 孝 明 天 皇 陵 の 地 形 図 264 GS

風水と天皇陵


務 天 皇 陵 の 南 に 道 を 隔 て て 近 接 す る 中 型 の 前 方 後 円 墳 て あ り 、 奈 良 時 代 の 称 徳 天 皇 陵 て は レ よ - フ か ・ な い あ り え ず 、 苦 肉 の 治 定 と し か い い 孝 謙 天 皇 は 聖 武 上 皇 の 崩 御 を 受 け て 、 そ の 位 を 天 武 天 皇 の 孫 に あ た る 淳 仁 天 皇 に 譲 っ た ち ょ う そ が 、 淳 仁 天 皇 が 藤 原 仲 麻 呂 の 乱 に よ っ て 廃 さ れ た の ち 、 重 祚 し て み す か ら 称 徳 の 尊 号 を つ け た 。 そ し て 、 道 鏡 が 皇 位 獲 得 の 陰 謀 を 砕 か れ た の ち の 宝 亀 元 年 ( 七 七 〇 ) 八 月 四 日 に 五 さ き そ う の し も た か の 三 歳 て 病 没 し 、 『 続 日 本 紀 』 に 記 す と こ ろ て は 、 大 和 国 添 下 郡 佐 貴 郷 の 高 野 山 陵 に 葬 ら れ た と い う 。 同 書 に は 珍 し く 陵 の 造 営 に 関 す る 詳 し い 記 載 が あ る 。 そ れ に よ れ ば 、 山 陵 の 地 え ん ち と よ の の ま ひ と い ず も に は 鈴 鹿 王 の 旧 宅 が あ り 、 そ の 地 を 献 上 し た 豊 野 真 人 出 雲 ・ 豊 野 真 人 奄 智 ・ 豊 野 真 人 五 十 あ ず か 戸 の 三 子 が そ れ ぞ れ 官 位 特 進 に 与 っ た と い う 。 つ ま り 、 山 陵 は 長 屋 王 の 弟 て あ る 鈴 鹿 王 の 宅 地 に 営 ま れ た 。 そ の 宅 地 が 平 城 京 の ど の 坊 に あ た る の か が わ か れ ば 、 高 野 陵 の 所 在 地 も 特 定 ぞ き る 。 出 上 し た 本 簡 に よ っ て 所 在 地 が 明 ら か に な っ た 長 屋 王 の 邸 宅 は 平 城 京 左 京 の 一 等 地 に 六 え み の お し か っ 町 か ら 八 町 ば か り の 敷 地 を も ち 、 恵 美 押 勝 こ と 藤 原 仲 麻 呂 の 田 村 第 は 同 じ く 左 京 に 八 町 の 。 持 統 天 皇 五 年 ( 六 九 一 ) 一 二 月 に 発 せ ら れ た 藤 原 京 の 宅 地 班 給 規 定 て 敷 地 を 占 め て い た ご ん じ き こ う に は 「 右 大 臣 に 四 町 、 直 広 弐 以 上 は 二 町 、 大 参 よ り 以 下 は 一 町 、 勤 よ り 無 位 に い た る ま て は な か っ へ し も っ へ 正 丁 の ロ 数 を 基 準 に し て 、 上 戸 は 一 町 、 中 戸 は 二 分 の 一 町 、 下 戸 は 四 分 の 一 町 」 の 宅 地 を か み つ へ 189 奈 良 時 代 の 天 皇 陵 を 推 理 す る

風水と天皇陵


し て い る 。 一 一 筋 の 尾 根 は 体 生 院 の 門 前 て 先 端 を そ ろ え 、 幅 八 〇 メ ー ト ル ば か り の 谷 口 を 作 っ て い た 。 そ の 開 口 部 か ら 龍 王 大 神 ま て の 距 離 は 約 三 〇 〇 メ ー ト ル て あ る 。 つ ま り 、 袋 の よ う に 口 を す ば め る 谷 の 奧 部 中 央 に 短 い 尾 根 が 突 出 し て い て 、 な お か っ 谷 は 西 大 寺 に 向 け て 口 を 開 い て い る の て あ る 。 龍 王 大 神 の 付 近 に 陵 を 置 け ば 、 西 大 寺 と 景 観 的 な 連 帯 を も っ 谷 奧 部 突 出 型 の 選 地 と な る 。 谷 は 周 囲 の 尾 根 も 含 め て 、 本 願 御 陵 の 地 と さ れ た 右 京 一 条 四 坊 北 半 と 北 辺 坊 を 合 わ せ た 敷 地 に ま る ご と 収 ま る 。 さ ら に は 『 延 喜 式 』 「 諸 陵 寮 」 に 規 定 さ れ た 「 東 西 各 五 町 ( 約 五 五 〇 メ ー ト ル ) 、 南 北 各 三 町 ( 約 三 三 〇 メ ー ト レ ノ ) 」 の 兆 域 の 範 囲 内 に も う ま く 収 ま る 。 そ う い う 整 合 性 か ら 、 私 は こ の 谷 が 鈴 鹿 王 の 宅 地 を 利 用 し た 高 野 陵 の 兆 域 て あ る と 推 理 す る 。 太 安 万 侶 墓 に 見 る 真 の 風 水 左 京 四 条 四 坊 従 四 位 下 勲 五 等 太 朝 臣 安 万 侶 以 癸 亥 年 七 月 六 日 卒 之 養 老 七 年 十 二 月 十 五 日 乙 巳 こ の せ 昭 和 五 四 年 ( 一 九 七 九 ) の 正 月 に 奈 良 市 此 瀬 町 の 竹 西 秀 夫 氏 が 裏 山 の 茶 畑 か ら 黒 い 炭 と 195 奈 良 時 代 の 天 皇 陵 を 推 理 す る