検索 - みる会図書館

検索対象: SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]から 82件ヒットしました。

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


対 皇 室 ト ッ プ ニ ュ 1 ス で 扱 い 、 世 太 子 夫 妻 に 火 炎 び ん ひ め る の み 。 ま る で 些 細 な 事 件 さ ら に 、 こ れ が 昭 和 天 皇 か っ て 苛 烈 な 表 現 で 天 皇 の よ う な 扱 い だ 崩 御 の 報 道 に な る と 、 紙 面 を 批 判 し て い た 赤 旗 で 、 近 論 は 大 騒 ぎ に な っ た 。 と こ ゆ り の 塔 付 近 で 暴 力 集 団 」 年 川 月 幻 日 に は 、 皇 太 は 激 烈 な 言 葉 で 埋 め つ く さ 年 、 穏 や か な 表 現 が 目 立 つ ろ が 、 翌 7 月 絽 日 付 「 赤 旗 」 と い う 見 出 し に 180 字 ほ の 紙 面 に 目 を こ ら す と 、 「 皇 ど の べ タ 記 事 で 事 実 を 伝 え 子 明 仁 親 王 が 沖 縄 を 訪 問 さ れ る 。 年 1 月 8 日 付 の 見 よ う に な っ て き た 。 そ の 背 れ 、 沖 縄 平 和 記 念 堂 で 天 皇 出 し に は 、 「 人 圧 と 侵 略 景 に 何 が あ る の か 陛 下 ( 昭 和 天 皇 ) の お 言 葉 戦 争 を 推 進 天 皇 が 死 去 , 々 . 气 霻 4 ー を 代 読 さ れ た 。 そ れ を 報 じ 「 天 皇 制 は 社 会 進 歩 に 逆 行 天 皇 陛 下 を お 迎 え す る 新 た 赤 旗 の 記 事 が 、 「 戦 争 責 任 天 皇 の 死 去 で 識 者 が 談 年 の 国 会 開 会 式 に 、 今 年 、 ー き 朴 い ー に ふ れ ず 天 皇 の こ と ば 、 話 」 「 内 容 も 運 営 も 憲 法 じ ゅ 共 産 党 議 員 が 出 席 し 、 メ デ ' を 皇 太 子 が 代 読 沖 縄 ・ 摩 文 う り ん す る 代 替 わ り 儀 式 」 ィ ア で 騒 ぎ に な っ た 。 仁 」 ( 翫 年 川 月 日 付 ) だ 。 と い っ た 言 葉 が 並 ん で い る 。 『 し ん ぶ ん 赤 旗 』 の 皇 室 報 〈 最 高 の 責 任 者 と し て 侵 略 六 面 と 七 面 の 見 開 き で は 、 道 を 遡 り 、 共 産 党 が こ れ ま 砌 第 ー 戦 争 を ひ き 起 こ し た う え 終 「 1926 年 ー 1989 年 で 皇 室 に 対 し 取 っ て き た 態 戦 の 時 期 を お く ら せ て 沖 縄 戦 前 ・ 戦 後 の 天 皇 裕 仁 の 度 を 振 り 返 れ ば 当 然 の 反 応 県 民 を 国 内 唯 一 の 地 上 戦 の 年 」 と 題 し た 大 特 集 が あ と 一 一 一 口 、 ん る 。 ー , 争 死 り 、 「 暗 黒 政 治 と 侵 略 戦 争 の ・ ・ 戦 場 に 投 げ 入 れ 、 戦 後 は 、 1975 年 7 月 日 、 沖 》 、 て い 略 0 、 ら と ー な 優 カ ” を 気 米 国 に メ ッ セ 1 ジ を 送 っ て 責 任 者 」 「 対 米 従 属 の 国 家 体 縄 海 洋 博 で 訪 沖 し た 皇 太 子 ・ 版 カ ん し 3 明 仁 親 王 ( 今 上 陛 下 ) と 同 い 。 ・ 沖 縄 の 長 期 占 領 支 配 を 求 め 制 の 『 象 徴 』 」 と い 0 た 見 羆 人 天 ゞ タ た み ず か ら の 責 任 に ふ れ な 出 し が 並 ぶ 。 妃 か 、 糸 満 市 の ひ め ゆ り の ー ・ 委 ま 昭 和 天 皇 批 判 の 報 道 は 連 い も の と な っ て い ま す 〉 と 塔 な ど を 慰 霊 で 訪 れ た 際 、 ー は 激 し く 非 難 し て い る 。 批 判 日 続 き 、 別 年 1 月 川 日 付 で 新 左 翼 系 過 激 派 が 火 炎 び ん は 一 面 で 「 天 皇 裕 仁 の 死 去 の 対 象 は 昭 和 天 皇 だ と は い を 投 げ つ け る 事 件 が 起 き た 。 御 え 、 皇 太 子 が 慰 霊 に 訪 れ た と 日 本 共 産 党 の 立 場 宮 本 こ の 「 ひ め ゆ り の 塔 事 件 」 天 こ と へ の 敬 意 の 念 が 微 塵 も 顕 治 議 長 に 聞 く 日 本 歴 史 は 、 皇 室 に 対 す る テ ロ 事 件 昭 感 じ ら れ な い 記 事 で あ る 。 上 最 大 の 惨 禍 も た ら し た 人 で あ り 、 当 時 、 マ ス コ ミ は か っ て は 昭 和 天 皇 を 「 日 本 歴 史 上 最 大 の 惨 禍 も た ら し た 人 物 」 と 評 し て い た フ リ ー ラ イ タ ー 清 水 典 之 共 産 党 と 赤 旗 が 皇 室 に す り 寄 り は じ め た の は な せ か ? 第 0 望 0.0 在 民 に 反 し で 暗 黒 政 治 と 侵 略 戦 争 の 一 捏 者 侵 略 戈 、 S. 〃 / 財 レ し ル れ ch り 第 ん / SAPI 〇 R76.10 24

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


0 0 韓 国 で は 、 日 本 の 天 皇 は " 護 憲 派 で 改 憲 を 進 め る 安 倍 首 相 と 対 立 し て い る と の 説 が 広 0 く 流 布 さ れ て い る 。 終 戦 記 念 ー 日 の 行 事 に つ い て も 韓 国 マ ス コ ミ は 「 日 王 、 今 年 も 戦 争 風 に 深 い 反 省 ク / ア ベ は 4 年 間 、 ! 5 謝 罪 に そ っ ほ 」 ( 朝 鮮 日 報 8 月 日 付 、 1 面 記 事 ) な ど と 天 皇 ・ 安 倍 対 立 論 を し き り に あ お っ て い た 。 先 に 生 前 退 位 を 訴 え ら れ た 陛 下 の 映 像 メ ッ セ 1 ジ ( 8 月 8 日 ) に つ い て も 「 ア ベ の 改 憲 に 影 響 か 」 ( ハ ン ギ ョ レ 新 聞 ) 「 ア ベ の 軍 国 主 義 改 憲 に プ 盟 第 P 0 盟 す ソ ウ レ 黒 田 勝 弘 の 憾 の 意 」 な ど よ り こ の ク 大 過 客 去 み の 話 に 韓 国 世 論 は 大 喜 び ど 天 皇 陛 下 を 勝 手 に 「 親 韓 派 」 に な ウ し た か ら だ 。 現 在 の 明 仁 天 皇 の 韓 国 に お 聞 し て し ま う 韓 国 マ ス コ ミ け る ク 人 気 も ま た 、 護 憲 派 経 海 よ う と し て い る の だ 。 レ 1 キ か か る か 」 ( 東 亜 日 報 ) ひ と え に ク ア ベ 憎 し で あ る 。 論 と は 別 に ク 大 過 去 ク に 由 来 て 円 を こ な ど 、 左 右 を 問 わ ず 同 じ よ う 韓 国 マ ス コ ミ は こ の 4 年 間 、 と こ ろ で 日 本 の 天 皇 に 対 す す る と こ ろ が 大 き い 。 200 長 。 な 反 応 だ っ た 。 「 強 い 日 本 」 を 目 指 す 安 倍 政 . る 韓 国 人 の 見 方 に は 昔 か ら ア ~ 1 年 の 誕 生 日 会 見 で 「 桓 武 天 は そ ん な 調 子 だ か ら 中 に は 権 の 足 を 引 っ 張 り 、 安 倍 引 き ン ビ バ レ ン ツ ( 両 面 性 ) な と 皇 の 生 母 が 百 済 の 武 寧 王 の 子 衄 「 ア キ ヒ ト 早 期 退 任 が 東 北 ア 倒 し に 血 眼 で き た が 、 こ こ に こ ろ が あ る 。 い ず れ も 歴 史 を 孫 で あ る と 続 日 本 紀 に 記 さ れ 齢 割 新 新 ジ ア に 与 え る 影 響 を 注 視 す き て そ の 絶 好 の カ 1 ド と し て 背 景 に し た も の で 、 一 つ は 軍 . て い る こ と に 韓 国 と の ゆ か り 経 春 産 紋 を 感 じ ま す 」 と 語 ら れ た か ら る 」 ( 霙 日 報 ・ 社 説 ) な ど と ~ 天 皇 利 用 を 思 い つ い た の だ 。 国 主 義 日 本 に 支 配 さ れ た と い 長 国 い う ト ン デ モ 風 の 拡 大 解 釈 ま し か し こ れ に は 日 本 の 進 歩 う ク 小 過 去 か ら 来 る 否 定 的 だ 。 局 嘲 で 登 場 す る 。 つ ま り 陛 下 の 生 派 の 間 で よ く 出 る 天 皇 平 和 主 感 情 で あ り 、 も つ 一 つ は 古 代 小 過 去 。 の 被 支 配 で 、 日 本 ウ き に 対 し 今 な お コ ン プ レ ッ ク ス ソ で 前 退 位 は 安 倍 政 権 の 改 憲 論 に 義 者 論 や 天 皇 護 憲 派 論 が 大 い 史 と い う ク 大 過 去 ク か ら く る が あ る 韓 国 世 論 に と っ て は 、 通 れ 対 す る 批 判 、 警 告 だ か ら 、 結 ( に 影 響 し て い る 。 そ の 日 本 の 肯 定 的 感 情 だ 。 同 離 「 昔 、 お 世 話 に な り ま し た 」 共 本 果 的 に こ の 地 域 の 国 際 情 勢 に 進 歩 派 の 代 表 が 朝 日 新 聞 と 見 先 の 昭 和 天 皇 に 対 し て さ え 、 と い う 日 本 側 の 儀 ネ 的 パ フ ォ 業 、 影 響 を 与 え る ー ー ー と い う 話 に ら れ て い る た め 、 つ い に は 「 天 一 方 で は 〃 戦 犯 ク な ど と 言 い 卒 も な っ て い る の だ 。 1 マ ン ス は 「 わ れ わ れ を 先 輩 学 て 皇 は 朝 日 新 聞 の 愛 読 者 」 説 ま 募 り な が ら こ ん な こ と も あ っ 大 し と 認 め て く れ た 」 と い う こ と 都 う 天 皇 ・ 安 倍 対 立 論 の 背 景 は . で 登 場 す る に い た っ た ( 7 月 】 た 。 韓 国 大 統 領 の 史 上 初 の 日 京 ど 日 付 、 東 亜 本 訪 問 が 実 現 し た 1984 年 で 限 り な く 心 地 よ い 。 そ ん な を 日 報 ・ 壅 特 9 月 、 全 斗 煥 大 統 領 を 迎 え た ・ 効 果 が あ る の だ か ら 、 日 本 だ ま 鴃 膨 派 員 コ ラ ム ) 。 ・ 宮 中 晩 餐 会 で の ス ピ 1 チ で 昭 . っ て 歴 史 を 対 舞 交 に 利 用 す に 旧 憲 法 下 で 政 . 和 天 皇 は こ う 述 べ ら れ た の だ 。 ( れ ば い い の だ 。 改 の 治 に か か わ っ 「 わ が 国 は 貴 国 と の 交 流 で 多 韓 国 マ ス コ ミ は 陛 下 を 親 韓 田 員 日 た 天 皇 を も っ く の こ と を 学 び ま し た 。 例 え 派 と 思 い 込 ん で い て 、 早 く も 説 と も 非 難 、 批 ば 紀 元 6 、 7 世 紀 の わ が 国 の ( 「 退 位 後 の 韓 国 訪 問 は 可 能 旧 位 退 判 し て き た 日 国 家 形 成 の 時 代 に は 、 多 数 の か ? 」 な ど と 訪 迎 論 さ え 本 の 進 歩 派 と 貴 国 人 が 渡 来 し 、 わ が 国 人 に 出 て い る 。 安 倍 長 期 政 権 を 前 陛 韓 国 マ ス コ ミ 対 し 学 問 、 文 化 、 技 術 等 を 教 . 提 に 陛 下 を 招 い て ク ア ベ 叩 き ク え た と い う 重 要 な 事 実 が あ り を や ら せ た い 魂 胆 ( ? ) の よ 天 を が 今 、 一 緒 に う だ が 、 そ の 前 に 正 体 不 明 の 。 な っ て 「 安 倍 ま す 」 ミ の こ の 一 言 で 、 あ の 時 の 韓 国 「 日 王 」 な ど と い う 呼 称 は 改 コ と 政 権 打 倒 」 で 。 " マ 引 天 皇 を し き り . 大 統 領 初 訪 日 は 大 成 功 に 終 わ め て も ら わ な い と 、 日 本 と し っ た 2 小 過 去 に か か わ る 「 遺 . て 陛 下 を 送 り 出 せ な い 韓 測 に 政 治 利 用 し 29 SAPI 〇 2 田 6.70

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


INVESTIGATIVE REPORT ・ し ん ぶ ん 赤 旗 と 共 産 党 の 「 嫌 わ れ る 力 」 な な た 物 」 と 題 さ れ た 記 事 が 載 り 、 る 専 制 政 治 ( 絶 対 主 義 的 天 1 月 、 国 会 開 会 式 に 共 産 党 議 員 が 出 の は し 席 し 陛 下 の お 言 葉 を 聞 い た 。 前 列 左 葉 で 明 宮 本 ・ 日 本 共 産 党 議 長 ( 当 皇 制 ) が し か れ 、 ( 中 略 ) こ か ら 4 人 目 が 志 位 和 夫 委 員 長 。 言 憲 説 お 違 と 「 「 昔 と 違 う 」 と 印 象 づ け る 時 ) が 〈 日 本 歴 史 上 最 大 の の 体 制 の も と 、 日 本 は 、 ア の り た 畠 な し 惨 禍 を 日 本 国 民 に あ た え た ジ ア で 唯 一 の 帝 国 主 義 国 と さ ら に 小 池 氏 は 、 年 5 て た わ け で は な い 。 『 共 産 党 天 に 断 人 物 が 、 支 配 勢 力 の い わ ば し て 、 ア ジ ア 諸 国 に た い す に 的 と 月 、 千 鳥 ケ 淵 戦 没 者 墓 苑 で は 恐 ろ し い 組 織 で は な い 』 、 式 る 形 な 最 大 の 礼 賛 、 哀 悼 の な か で る 侵 略 と 戦 争 の 道 を 進 ん で 開 か れ た 拝 礼 式 に 出 席 し 、 『 昔 と 違 、 つ 』 と 印 象 づ け る の 的 国 世 を 終 わ る と い う こ と の 矛 い た 》 ( 党 綱 領 ) と い う も の 秋 篠 宮 ご 夫 妻 の 長 女 、 眞 子 た め に 、 皇 室 を 利 用 し て い 」 礼 対 君 儀 な 盾 で す ね 〉 と 述 べ て い る 。 で 、 そ れ に 準 じ る 形 で 赤 旗 様 と 同 席 し て い る 。 共 産 党 る と 見 ら れ て も 仕 方 な い で 権 極 現 在 も 共 産 党 の 日 中 戦 争 、 も こ れ ま で 昭 和 天 皇 の 戦 争 の 幹 部 が 、 ク 能 動 的 に 皇 し よ う 。 そ の う ち 、 国 会 開 住 剰 積 ー 年 り カ 数 よ 太 平 洋 戦 争 の 認 識 は 、 《 国 を 責 任 に た び た び 言 及 し て き 室 と 接 触 し た の は お そ ら く 会 式 だ け で な く 、 園 遊 会 に 式 十 が 統 治 す る 全 権 限 を 天 皇 が 握 た 。 戦 後 初 め て で 、 こ れ は 歴 史 も 参 茄 す る の で は な い か 」 的 事 件 だ ( 小 池 氏 は そ の 後 共 著 に 『 日 本 共 産 党 研 究 「 会 も 毎 年 出 席 し 、 年 5 月 に 絶 対 に 誤 り を 認 め な い ) 2 た 〔 「 生 前 退 位 . を ど う 報 じ た か は 秋 篠 宮 ご 夫 妻 、 年 5 月 政 営 が あ る 産 経 新 聞 政 治 ( 2 で 現 か っ て は こ れ ほ ど 苛 烈 な い て 真 剣 な 検 討 が 必 要 だ と し て は 失 格 だ 。 に は 常 陸 宮 ご 夫 妻 と 同 席 ) 。 部 の 酒 井 充 氏 も 口 を ん る そ 改 報 道 を し て い た 赤 旗 だ が 、 と こ ろ が 、 時 を 経 て 、 今 に な っ て は そ れ が 伏 線 「 園 遊 会 へ の 出 席 は 十 分 に 思 い ま す 〉 と 述 べ 、 批 判 の た し 今 上 陛 下 が こ の 8 月 8 日 に 言 葉 は 一 つ も な い 。 年 の 悠 仁 親 王 ご 誕 生 時 に な だ っ た と わ か る が 、 年 以 考 え ら れ ま す 。 も つ 一 つ 注 見 げ と 会 挙 る 「 生 前 退 位 」 の 意 向 を 示 さ 以 前 の 共 産 党 な ら 、 「 天 皇 る と 、 年 9 月 7 日 付 で 、 上 も 出 席 を 拒 否 し て き た 国 目 す べ き は 、 来 年 か 再 来 年 者 を め 己 点 求 れ た ( と さ れ る ) ビ デ オ メ に よ る 政 治 へ の 干 渉 だ 」 と 志 位 氏 は 〈 元 気 な 赤 ち ゃ ん 会 開 会 式 に も 、 今 年 初 め て に 開 か れ る 党 大 会 で 、 党 綱 2 を 側 の 革 ッ セ 1 ジ の 発 表 に つ い て は 、 非 難 囂 々 だ っ た の で は な い が 誕 生 し た こ と は 喜 ば し い 共 産 党 議 員 6 人 が 出 席 し 、 領 が 大 幅 に 改 定 さ れ 、 皇 室 員 、 改 委 反 き 拍 子 抜 け す る ほ ど あ っ さ り か 。 共 産 党 の 皇 室 に 対 す る こ と で す 〉 と 述 べ 、 嫌 味 が 陛 下 に 頭 を 垂 れ た ( * ) 。 へ の 姿 勢 も 現 在 の 延 長 線 上 位 違 続 志 法 に て 憲 弓 と 報 じ て い る 。 態 度 は 、 近 年 、 明 ら か に 変 消 え て い る 。 理 屈 は 何 で あ れ 、 か っ て で 変 化 し て い く 可 能 性 が あ っ た ) 8 月 9 日 付 の 「 『 象 徴 の 化 し て い る 。 年 兀 日 に は 、 小 池 晃 氏 打 倒 を 主 張 し て い た 皇 室 に る 。 た だ し 、 共 産 党 の 本 質 に た 由 い 一 」 務 め 難 し く 』 天 皇 が 国 民 に た と え ば 、 愛 子 内 親 王 が ( 現 書 記 局 長 ) が 、 朝 日 新 対 し 、 す り 寄 っ て い る と 言 は 変 わ っ て い ま せ ん 」 理 て た れ 同 き ま 向 け 表 明 」 で は 、 メ ッ セ 1 ご 誕 生 す る と 、 似 年 月 2 聞 デ ジ タ ル に 掲 載 さ れ た 天 っ て も い い だ ろ う 。 こ こ ま 皇 室 に 対 し 融 和 的 に な っ て 含 明 し が 表 ジ の 内 容 を 簡 潔 に 伝 え る に 日 付 で 、 志 位 氏 は 〈 新 し い 皇 陛 下 の 「 新 年 に あ た っ て で 態 度 を 変 え た 理 由 は 何 か 。 て い る が 、 男 行 の 党 綱 領 の 、 席 言 を 欠 発 席 留 め 、 非 常 に ニ ュ 1 ト ラ ル 生 命 の 誕 生 は 、 ひ と し く 喜 の 感 想 」 を ツ ィ ッ タ 1 に 引 西 村 眞 悟 元 衆 院 議 員 が 語 る 。 《 天 皇 の 制 度 は 憲 法 上 の 制 で 的 出 ま 冶 だ 。 他 の 新 聞 を 間 違 え て 手 ば し い こ と で す 〉 と コ メ ン 用 し て い る 。 先 の 戦 争 に つ 「 共 産 党 は 、 街 頭 デ モ と 武 度 で あ り 、 そ の 存 廃 は 、 将 れ 斑 」 こ に と に 取 っ た か と 思 、 つ ほ ど で 、 ト し て い た 。 天 皇 家 の 子 ど い て 触 れ た 部 分 だ が 、 共 産 装 蜂 起 で 美 叩 を 起 こ す と い 来 、 情 勢 が 熟 し た と き に 、 そ の 記 事 に 続 い て 志 位 和 夫 も だ か ら 喜 ば し い の で は な 党 議 員 が 陛 下 の お 言 葉 を 引 う 方 針 を と っ く の 昔 に 放 棄 国 民 の 総 意 に よ っ て 解 決 さ 委 員 長 の 意 見 が 載 っ て い た 、 と 一 言 わ ん ば か り だ 。 知 用 す る と い う の は 極 め て 珍 し て い て 、 い ま は あ ら ゆ る れ る べ き も の で あ る 》 と い 9 の で 赤 旗 だ と や っ と 確 認 で 人 に 子 ど も が 生 ま れ た と き し い こ と で 、 共 産 党 支 持 者 階 級 の 民 衆 を 取 り 込 む 戦 略 う 箇 所 は 、 表 現 が ソ フ ト に き る ほ ど だ っ た が 、 〈 政 治 の に 、 も し こ ん な ひ ね く れ た と み ら れ る 人 々 か ら 批 判 の に 変 わ っ て い る 。 し か し 、 な る 可 能 性 は あ る が 、 根 本 責 任 と し て 、 生 前 退 位 に つ 祝 辞 を 述 べ た ら 、 社 会 人 と 声 が 上 が っ た ほ ど で あ る 。 天 皇 制 廃 止 と い う 方 針 を 捨 は 変 わ ら な さ そ う で あ る 。 毎 日 新 聞 社 / AFLO

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


From Readers 読 だ と 思 い ま し た 。 ま ず 制 度 8 月 8 日 、 陛 下 の 「 お こ と ば 」 一 ス コ ミ は オ リ ン ピ ッ ク 一 色 で 日 本 も ス パ イ 防 止 法 を 作 り 面 で は 、 憲 法 や 皇 室 典 範 な ど 一 に 私 は 胸 が 熱 く な り ま し た 。 し た 。 昭 和 の 頃 な ら 、 毎 年 8 欧 米 だ け で な く イ ス ラ ム の 中 国 人 ス パ イ を 捕 ま え よ ~ 言 い 分 に も 耳 を 傾 け る べ き を 読 み 直 し 、 考 え る こ と を 促 一 他 の 多 く の 人 々 も そ う だ と 思 一 月 6 日 5 日 は 特 別 な 一 週 間 高 田 武 幸 小 松 憲 司 さ れ ま し た 。 そ し て 心 の 面 で い ま す 。 政 府 は 、 天 皇 の 政 治 一 で 、 原 爆 記 念 日 や 終 戦 記 念 日 ( 兵 庫 県 / 歳 ・ プ ロ グ ラ マ ー ) ( 高 知 県 / 歳 ・ 公 務 員 ) は 、 天 皇 陛 下 の お 言 葉 や 被 災 的 発 言 で は 動 け ま せ ん が 、 国 一 は 、 ど の 局 で も 戦 争 関 連 の 特 中 国 で 日 本 人 が ス パ イ 容 疑 一 地 訪 問 の お 姿 な ど に 誠 実 さ や 一 民 の 情 ・ 民 意 と し て は 動 け る 一 番 や 長 時 間 ド ラ マ が 目 白 押 し 。 イ ス ラ ム 過 激 派 分 子 の テ ロ で 拘 東 さ れ る 事 件 が 相 次 い で 一 優 し さ を 感 じ 、 改 め て 感 謝 の ~ は ず 。 皇 室 典 範 の 改 正 が 進 む 一 ま あ 、 そ れ は そ れ で 子 ど も に 一 が 世 界 を 震 撼 さ せ て い る 。 た い る 。 外 国 の 例 で は 、 ス パ イ 気 持 ち が 高 ま り ま し た 。 こ と を 、 願 っ て い ま す 。 と っ て は 退 屈 で は あ り ま し た だ 、 川 億 人 を 超 え る イ ス ラ 交 換 と い う 取 引 に よ っ て 救 出 一 天 皇 を 追 求 、 体 現 さ れ が 、 怖 か っ た り 、 涙 し た り 、 一 教 徒 の 中 に は ク イ ス ラ ム 過 激 す る こ と が あ る と い う 。 し か て い る 、 本 当 に 偉 大 な 陛 下 の 子 ど も た ち が 戦 争 に つ い て ~ 考 え さ せ ら れ て 、 そ れ に よ り 派 ク な る も の は 存 在 せ ず 、 彼 ( 学 ぶ 機 会 が 失 わ れ て い る し 日 本 に は 野 党 な ど の 反 対 で 一 譲 位 へ の ご 意 向 で す 。 小 林 よ 太 平 洋 戦 争 の 知 識 は 一 通 り 身 ら は ク 教 義 を 厳 格 に 守 る 熱 心 戸 井 田 聖 子 ス パ イ 防 止 法 が な く 、 ス パ イ 一 し の り 氏 の 「 国 民 が も っ 天 皇 に つ き ま し た 。 な 信 者 ク と い う 認 識 も あ る ら ( 東 京 都 / 歳 ・ 会 社 員 ) 交 換 を し た く と も 交 換 で き る 陛 下 に 、 す っ か り 同 情 し て い し か し 、 最 近 で は 小 学 校 の 一 し い 中 国 人 ス パ イ か い な い 。 る 」 は 、 そ の 通 り で し よ う 。 今 年 の 夏 は テ レ ビ を 始 め マ 一 国 語 の 教 科 書 か ら も 、 ク 戦 争 児 最 近 の テ ロ 報 道 に は 、 西 欧 現 実 的 に は 中 国 政 府 に よ っ 童 文 学 ク が 消 え つ つ あ る と の ~ 諸 国 側 か ら 見 た 偏 向 と も と れ て 捕 ま っ た 日 本 人 を 救 出 す る こ と 。 小 学 校 4 年 の 娘 か ら 、 る 面 が 少 な か ら ず あ る と 思 う 。 に は 、 日 本 も ス パ イ 防 止 法 を 「 こ の お 話 を 教 科 書 で 読 む の 一 そ の 証 拠 に 、 欧 米 に よ る 空 爆 作 り 、 中 国 人 ス パ イ を 捕 ま え 、 は 私 た ち が 最 後 な ん だ っ て 」 一 で の 民 間 人 の 犠 牲 者 数 や 、 ス パ イ 交 換 を す る し か な い 。 と 聞 か さ れ 驚 き ま し た 。 私 は 一 と え ば イ ス ラ ム 国 の 建 国 の 一 一 一 野 党 が 反 対 す る な ら 、 野 党 は 子 ど も に 対 し て で も 、 戦 争 に い 分 な ど が ほ と ん ど 伝 わ っ て 紙 ク ズ と 言 え ど 気 に な る 習 近 平 実 際 に 日 本 人 を 救 出 す る 手 立 関 し て 多 面 的 に 教 え る こ と が こ な い 。 斉 喜 広 一 ( 歳 ・ 大 阪 府 ) て を 示 す 必 要 が あ る 。 そ 、 つ で で き る と 考 え て い ま す 。 イ ス ラ ム 国 自 体 は イ ラ ク の 大 国 の 拒 否 権 廃 せ ば ノ ー ベ ル 賞 な け れ ば 野 党 は 日 本 人 を 救 出 こ う な っ た ら 、 親 が 子 ど も フ セ イ ン 体 制 崩 壊 後 に 行 き 場 小 沢 誠 邦 ( 歳 ・ 埼 玉 県 ) す る 気 が な い と 思 わ れ て も 仕 に 意 識 的 に 伝 え て い く し か 手 を 失 っ た ス ン ニ 派 に よ る 建 国 平 和 主 義 。 隣 は 何 を す る 国 ぞ 方 が な い 。 政 府 与 党 も 中 国 の 立 て は な い よ う で す 。 様 々 な 一 運 動 だ と さ れ る 。 テ ロ を 肯 定 飛 鳥 わ た る ( 歳 ・ 愛 知 県 ) 暴 挙 を 許 さ ず に 、 適 切 な 形 で 一 情 報 が 溢 れ て い る 時 代 に 、 単 一 す る こ と は で き な い が 、 空 爆 法 案 成 立 を 急 ぐ べ き だ 。 に 悲 惨 さ や 過 ち を 説 く だ け で 一 と い う 報 復 的 行 為 で 問 題 が 解 〈 寸 評 〉 斉 喜 さ ん の 句 。 オ ラ は 安 保 理 常 任 理 事 国 に だ け 拒 ン ダ ・ ハ ー グ の 仲 裁 裁 判 所 で 否 権 が あ る の は お か し い 。 拒 こ 一 は 、 戦 争 の 本 質 や 実 態 が 伝 わ 一 決 す る と は 思 え な い 。 南 シ ナ 海 の 管 轄 権 を 完 全 に 否 否 権 に 対 す る 拒 否 権 が ほ し い す 国 民 の 総 意 と し て 畠 室 典 範 載 一 り ま せ ん 。 世 界 各 地 で イ ス ラ ム 教 徒 の 定 さ れ た 中 国 。 判 断 を 「 紙 ク よ 。 飛 鳥 さ ん の 句 。 見 事 に 決 掲 の 改 正 を 進 め て ほ し い 上 一 子 ど も が 分 か る 範 囲 で は あ 一 義 勇 兵 志 願 者 が あ と を 絶 た な ズ だ ! 」 と 破 っ て ゴ ミ 箱 に 捨 ま り ま し た 。 隣 に 覇 権 を 唱 え の 丘 哲 也 い こ と に 世 界 は 驚 い た 。 停 戦 、 削 一 り ま す が 、 こ れ か ら 何 を 学 ん ( 大 阪 府 / 引 歳 ・ 専 門 学 校 事 務 職 ) て た も の の 、 気 に な っ て 気 に る 軍 事 大 国 や 独 裁 国 家 が 存 在 者 一 で お け ば よ い の か を 、 子 ど も あ る い は 和 平 交 渉 の 時 期 を 探 な っ て 時 々 ゴ ミ 箱 を 覗 い て い す る 今 、 平 和 主 義 者 こ そ 何 を 選 る は ず 。 小 沢 さ ん の 句 。 国 連 す る ? 本 誌 9 月 号 の 「 畏 る べ き 天 伺 一 た ち に 教 え る 機 会 を 作 っ て い 一 る 時 期 に 移 っ て い る の で は オ 応 こ う と 思 っ た 夏 で し た 。 い だ ろ 、 つ か 皇 陛 下 」 は 、 ま さ に 全 国 民 必 業 田 良 家 選 ー 屋 、 、 SA ー 0 6.

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


そ の よ う な 過 激 な 集 団 は あ ら か じ め 排 除 し て お く 必 要 か あ る と 考 え ま す が 、 和 を カ か て し ょ , フ か ? ・ 望 勝 手 な こ と を き 言 い や か っ て ′ ・ ど , フ し ま す 、 第 〕 》 。 頭 山 さ ん ′ ・ 何 を つ ・ ・ ・ ・ 天 畠 陛 下 「 生 前 退 位 」 の ご 意 向 / 『 新 天 皇 論 』 を 読 ん で 「 承 詔 必 を 知 ろ う 。 当 会 議 は 福 岡 区 長 の 要 職 を 務 め る 郡 利 氏 が 会 主 総 代 を 務 め る も の で あ る 以 上 、 こ お り と し の し そ ん な 物 騒 な 集 団 が こ の 中 に い る と は 、 わ し に は 全 く 思 え な い か の , フ 。 え え っ

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


し て 、 私 に つ き 向 か っ て き た 。 オ 反 天 連 が 神 保 町 交 点 に 差 し 掛 か け 込 ん で い る 。 も は や 思 想 の 左 右 1 プ ン な デ モ へ の 参 茄 に 詐 称 も 〈 一 。 な ど 関 係 な い 。 る ま で 、 特 攻 服 を た シ ネ さ な っ た く れ も な い は ず だ が 。 に わ か が ら の 右 派 民 、 体 の 構 成 員 が 「 こ の 警 備 に い く ら 税 金 を 使 っ て 眼 前 で 繰 り 返 さ れ に 騒 乱 。 「 帰 れ / 」 と 怒 鳴 ら れ る 。 入 れ 替 わ り 立 ち 替 り 、 鉄 柵 を 乗 い る ん だ : ・ 」 。 り 越 え す る 警 両 に 向 か つ る 騒 擾 に 市 井 の 人 々 は あ き れ 顔 た 「 僕 は ね 、 右 翼 を 批 判 す る 記 事 も 一 ・ 。 ) 蓐 た っ た 数 十 人 の 反 天 連 テ モ と カ 書 い て る ん だ け ど 」 と 筆 者 が 言 う て 突 き か か っ て く 。 そ の 都 度 機 動 隊 員 に 制 止 さ れ の で 行 進 へ の ウ ン タ ー と の 衝 突 を 防 ぐ た め に 、 と 「 そ ん な こ と は 分 か っ て る / 」 ダ メ 1 ジ は 無 い 。 毎 年 、 一 一 千 人 近 く の 機 動 隊 と 公 安 と 男 。 「 だ が 、 お 前 は だ め だ / 」 構 成 員 ら の 突 撃 - リ ア リ テ ィ が 職 員 が 動 員 さ れ る 。 九 段 下 交 差 点 肩 で 息 を し て い る 。 怒 り 慣 れ て 一 蠏 感 じ ら れ な い 。 ま で 機 動 隊 員 の を 俯 瞰 で き る 居 酒 屋 の 窓 辺 で は 、 い な い 普 段 温 厚 な 人 物 な の だ ろ う 。 制 止 を 期 待 し て い よ う だ 。 ス ピ 左 右 両 極 の 衝 突 を 酒 の 肴 に 、 団 体 た ち ま ち 機 動 隊 が 間 に 入 る 。 ー カ ー を 下 げ た カ キ 1 色 の 戦 闘 客 が 飲 ん で い た 。 沿 道 か ら 反 天 連 反 天 連 の ス ピ ー カ ー 。 「 こ の デ モ 服 を ま と う 若 い 女 、 、 反 天 連 の 進 デ モ に 突 入 す る 血 気 の 人 が 現 れ る へ の 参 茄 は 、 我 々 が 許 可 し た 者 の た び に 「 お 、 行 っ た 行 っ た / 行 方 向 の 歩 道 に 座 込 む 。 た ち ま み / 撮 影 ・ 取 材 を 許 可 す る メ デ ち 機 員 4 人 に き 上 げ ら れ る 。 ま る で 五 輪 観 戦 の 気 分 で あ る 。 ィ ア は 、 我 々 が 選 定 す る / 警 察 な あ / 」 の 絶 肖 の 侵 害 / な ど と 機 動 隊 「 お い 、 こ ら 、 触 は 我 々 の 写 真 を 撮 る な / 肖 こ か プ ロ レ ス と 公 安 に 怪 気 炎 を 吐 い て い た 反 天 賤 が 可 愛 ら し し の 侵 害 だ / 」 。 デ モ と は 名 ば か り 的 な 一 連 の 繰 り 返 が 延 々 と 九 段 連 デ モ 参 茄 者 は 、 完 全 に 国 家 権 力 の 参 茄 許 可 が 必 要 な 「 お 仲 間 」 だ 下 交 差 点 を 過 ぎ る で 続 く 。 旭 日 に 守 ら れ て い る 。 「 天 皇 制 国 家 」 の け の 示 威 パ レ ー ド ら し い 旗 の e シ ャ ツ を 着 ' 腹 の 突 き 出 た 走 狗 で あ る 司 法 官 憲 に 防 護 さ れ て 街 を 練 り 歩 い て 、 恥 す か し く な い 中 年 男 が 叫 ぶ 。 国 家 に 守 ら れ た デ モ の か 「 死 ね / ク ズ / 朝 鮮 人 / 」 機 動 隊 と 公 安 に 「 防 護 」 さ れ た 日 々 の 鬱 憤 が シ ウ ト の 中 に 溶 天 皇 制 国 家 を 打 破 し た い の な ら 、 官 憲 に 頼 ら ず 「 楯 の 会 」 の よ う な 美 嵐 学 七 民 間 防 衛 組 織 で も 作 っ た ら ど う か 派 す 位 右 集 定 所 郷 に ス ス 科 そ ん な 企 画 力 も 意 思 も な い 。 ら 結 の か が ら 国 発 地 も 彼 、 - 例 進 丿 機 ー 在 民 英 霊 へ の 顕 彰 を 無 視 し た 異 様 な Ⅱ カ 凡 律 待 各 で る 売 二 一 一 ② 0 糶 た の モ 和 の こ 「 べ ) 「 ( 和 国 ま せ ′ ル カ こ 日 天 左 右 の 激 突 は 、 反 天 連 が 過 ぎ る と 、 撮 デ よ 体 イ 唱 全 体 見 連 に 団 会 史 在 廖 な ば 団 を 霊 議 】 歌 ~ 。 者 範 天 察 派 も の の 2 分 も た た ず に 規 制 線 が 民 顔 、 装 進 反 警 右 第 を ~ 軍 行 ら ま 国 も 嫌 除 さ れ る 。 機 動 隊 員 た ち が 仲 間 と 左 所 第 羸 , 政 = 一 新 ひ 愛 翼 が 神 極 破 「 右 猫 談 笑 し な が ら 、 ト ラ ッ ク に 鉄 柵 を R も ぜ 芸 舎 ー 「 ス 靖 国 通 り や 北 書 翼 な 水 ) ネ 手 一 」 ノ ブ る 著 左 は 積 み 込 ん で い た 協 ラ 輪 ) 点 、 - の み 毎 、 ヤ 影 、 小 8 た よ 玉 田 の と し ・ 主 争 ラ 靖 国 は 日 常 に 還 る 。 1 体 議 化 主 月 明 団 思 式 襲 守 不 図 な 車 、 デ 保 本 研 。 、 「 段 》 台 ① 在 特 会 の 怒 鳴 り 声 き わ 。 て い 3 戦 闘 服 の 女 性 の 突 ⅵ ま 失 敗 会 ま を ー 、 ~ ⑥ 機 動 隊 と に ら み 合 い 、 0 ヾ

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


独 特 表 現 採 用 し た と い う 一 般 紙 よ り も 筋 が 通 っ て い 皇 室 に 対 す る 姿 勢 も 言 葉 る 。 に よ く 表 れ て い る 。 一 般 紙 た だ し 、 公 人 の 刑 事 事 件 で 「 天 皇 陛 下 」 と 表 現 す る は 実 名 で 報 じ る 。 汚 職 な ど と こ ろ は 「 天 皇 」 と し 、 敬 公 人 の 刑 事 事 件 は 地 位 を 利 語 も 原 則 使 わ な い 。 先 月 、 用 し た も の で あ り 、 公 権 力 話 題 と な っ た 天 皇 陛 下 の お の チ ェ ッ ク ・ 監 視 と い う 観 赤 旗 の 特 殊 性 が 顕 著 に 表 ら れ る 。 日 付 の 「 主 張 」 か ら 。 年 気 持 ち 表 明 も 、 《 天 皇 は 8 日 、 点 か ら 、 当 然 、 実 名 に な る 。 れ る の が 「 用 語 」 だ 。 一 般 先 の 大 戦 へ の 苦 い 記 憶 は の 元 日 付 か ら ス ポ 1 ッ 面 を 「 象 徴 と し て の お 務 め に つ 公 人 で あ れ ば 、 一 般 刑 紙 で 当 た り 前 に 使 わ れ て い ど の 新 聞 よ り も 強 く 持 っ て 除 い て 原 則 「 で す ・ ま す 」 い て 」 と す る 発 言 を 、 ビ デ 件 で も ( た と え ば 痴 漢 な ど ) る 一 一 = ロ 葉 が 使 わ れ て い な か っ い る よ う だ 。 ス ポ 1 ッ 記 事 に 移 行 し た 。 《 「 ア カ ハ タ の オ メ ッ セ 1 ジ の 形 で 発 表 し 実 名 報 道 に な る 可 能 性 が 高 た り 、 見 慣 れ な い 表 現 が 使 で も 戦 争 用 語 は 御 法 度 だ 。 文 章 は 堅 い 」 と い う 読 者 の ま し た 》 ( 8 月 9 日 付 ) と い わ れ て い た り す る っ た 文 章 に な る 。 た と え ば 「 軍 」 は 使 わ な 声 を う け て 》 ( 前 掲 書 よ り ) ま た 、 詐 欺 事 件 の 場 合 は 、 い 。 「 巨 人 軍 」 は 「 巨 一 般 の 刑 事 事 件 公 人 で な く て も 実 名 報 道 と 先 月 、 終 戦 記 念 日 の 前 後 人 」 ま た は 「 ジ ャ 和 の お る か 道 報 道 で は 加 害 者 で な る 。 一 一 次 被 害 の 可 能 性 が 平 も 入 だ め 神 に 一 般 紙 の 紙 面 に 頻 繁 に 登 ィ ア ン ツ 」 と 表 現 も 匿 名 と な る 。 「 建 あ り 、 容 疑 者 を 特 定 す る 必 、 る の に の た は み す い 仏 籍 も る の 場 し た 「 慰 霊 碑 」 と い う 言 さ れ る 。 た だ し 、 設 業 の 男 性 」 「 幻 歳 要 が あ る と の 考 え か ら だ 。 く 献 な 神 戸 の す う ぐ 貢 わ め も の 度 製 葉 は 赤 旗 で は 使 わ な い 。 広 他 紙 で も 「 巨 人 軍 」 女 性 」 と い っ た 表 こ の よ う に 一 定 の 基 準 が は に 使 た で 家 制 編 と を と は の 」 ら の 家 を る 島 の 平 和 記 念 公 園 に あ る は 使 用 頻 度 が 低 い 現 が 用 い ら れ る 。 あ る が 、 明 文 化 さ れ た ル 1 情 こ 語 格 供 か 方 の 籍 す ら 「 原 爆 死 没 者 慰 霊 碑 」 ( 正 式 「 赤 ヘ ル 軍 団 」 も 友 る 用 人 お い 手 前 戸 遊 か 被 害 者 、 加 害 者 の ル で は な く 、 ケ 1 ス ・ バ イ ・ 、 く 争 の 「 な 相 戦 新 浮 た 名 称 ・ 広 島 平 和 都 市 記 念 碑 ) z 「 弾 丸 ラ イ ナ は っ 戦 個 の も は 、 は が 念 プ ラ イ バ シ 1 、 人 ケ 1 ス で 判 断 さ れ る 別 人 で 」 で 在 」 概 は 「 原 爆 碑 」 「 原 爆 記 念 碑 」 1 」 も 「 す る ど い 一 会 で は 大 」 籍 き 現 魂 の 権 に 配 慮 し て い る 赤 旗 ・ 共 産 党 の 女 性 、 子 ポ 社 の 婦 は え 入 続 。 霊 有 と 書 く 。 し ん ぶ ん 赤 旗 校 閲 ラ イ ナ 1 」 な ど に の だ 。 し か し 一 般 供 に 対 す る 考 え 方 が わ か る ス な な 夫 子 供 「 手 ら 「 特 よ 部 の 河 邑 哲 也 氏 が 上 梓 し た 言 い 換 え る 。 サ ッ ど 一 紙 の 場 合 、 多 く の 表 現 も あ る 。 赤 旗 で は 「 子 婚 『 「 赤 旗 」 は 、 言 葉 を ど 、 つ 練 カ 1 な ど で は 「 敵 一 場 合 で 警 察 発 表 に 供 」 「 子 ど も 」 「 こ ど も 」 の う 一 三 ロ り 上 げ て い る か 』 に よ れ ば 、 陣 」 と 書 か ず 「 相 己 一 基 づ い て 実 名 、 匿 ち 、 「 子 ど も 」 を 使 用 す る 。 し 出 《 そ も そ も 「 霊 魂 」 が 浮 遊 手 陣 地 内 」 と 書 く 。 原 名 を 使 い 分 け る 傾 《 子 ど も は 、 戦 前 の よ う に 、 ャ ラ ) タ 内 参 、 ン 也 ジ を 現 す る と い う の は 神 道 特 有 の 赤 旗 を 手 に と っ 、 ど ハ 陣 も 届 礒 わ 向 が 強 い 。 つ ま り 、 お と な の 「 お 供 」 で も 、 神 人 概 念 》 だ か ら と い う こ と ら て 真 っ 先 に 目 に 付 「 「 警 察 の 判 断 」 で 仏 の 「 お 供 え 」 で も な い 、 し い 。 宗 教 に 対 し て 否 定 的 く の が 「 で す ・ ま し 碑 や っ て い る 。 そ れ 人 権 を も っ た 人 間 だ 》 ( 同 し ど で あ り 、 国 家 神 道 へ の 警 戒 す 」 調 の 文 体 だ 。 へ の ア ン チ テ 1 ゼ 前 ) と い う 考 え に よ る 。 心 も あ る 共 産 党 の 機 関 紙 ら 初 め て 「 で す ・ ま 「 者 と し て 実 名 ・ 匿 名 ま た 、 「 夫 人 」 は 使 わ ず イ み 死 測 を 判 断 し て い る と 「 妻 」 を 使 う 。 夫 婦 は そ れ 人 丸 り 陣 人 供 籍 霊 爆 赤 一 風 変 わ っ た 共 産 党 の 「 言 語 世 界 ー を 検 証 、 な せ 赤 旗 で は 「 巨 人 軍 」 と い う 言 葉 が タ ブ ー な の か 一 般 紙 て 使 わ れ る 表 現 赤 旗 て 多 く 見 ら れ る 表 現 ー 、 ロ SAPI 〇 2 田 6.70 20

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


特 別 立 法 で 」 と 一 = 員 出 し た 陛 下 は 、 こ う 言 わ れ た 。 「 象 徴 天 畠 の 務 め か 常 に 途 切 れ る こ と な く 、 安 定 的 に 続 い て い く こ と を ひ と え に 念 じ 、 こ こ に 私 の 気 持 ち を お 話 し い た し ま し た 」 「 OO<L ー 0 」 9 月 号 に 載 百 地 章 や 男 系 固 執 派 の 陛 下 の こ の 願 い は 一 代 限 り の 特 別 立 法 一 「 摂 政 」 案 も 、 で は 叶 え ら れ な い 。 陛 下 自 ら 否 定 さ れ た 。 、 「 彼 ら は 「 国 民 主 権 」 ど い う 一 一 な せ 奴 ら は こ う も ー も の 々 実 は 恐 ろ し い 陛 下 の 「 ご 意 向 」 を ー 革 命 の イ テ オ ロ ギ ー だ と 平 然 と 踏 み に じ ろ う 間 い う こ と を 知 ら な い の だ 9 と す る の ガ ? ! 「 「 日 本 会 議 」 系 の 男 系 固 執 派 は 一 、 一 。 K() ~ れ 撝 君 王 を 贈 む 自 分 た ち の 方 が イ デ オ ロ キ ー 乙 市 る ′ ・ 天 畠 陛 下 よ り え ら い と 思 っ て い る / 郎 の ( 井 」 こ " 「 戦 後 民 主 主 義 」 に 原 . 脳 髄 ま で 侵 さ れ た 。 大 — 彼 ら に は 、 も は や 「 承 詔 必 謹 」 と い う 言 葉 は 理 解 で き 田 , 新 8 月 8 日 、 天 皇 陛 下 ガ 「 退 位 " 譲 位 あ 意 向 を 表 明 さ れ た 。 田 久 保 忠 衛 弯 、 小 堀 ハ 木 秀 次 「 天 畠 の 気 持 ち な ど そ れ は 戦 後 憲 法 の 「 国 民 主 権 」 と い う 観 念 に 察 し て は や ら ん 」 「 俺 た ち の 望 み 通 り に 依 拠 し て い る の で あ る 。 生 き て も ら う 」 と 言 わ ん ば か り の こ の 尊 皇 心 の な さ は ど こ か ら 来 る の か ? ク 、 ヘ ノ 彼 ら は 現 行 憲 法 を 侮 蔑 し 、 改 憲 を 望 ん で い る く せ に 「 国 民 主 権 」 の 観 念 は 脳 随 に ま で 達 し て い る / 彼 ら は ノ 」 ・ 「 反 逆 者 」 で あ り 「 朝 敵 」 な の だ か ら / 59 SAP / 〇 20 尾 . 70

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


。 日 本 が 敗 戦 す る ま で は 、 叱 美 濃 部 達 吉 が 「 天 畠 機 関 説 」 で 言 っ た よ う に 、 い 「 主 権 」 は 国 家 に あ る の で あ り 、 然 天 畠 に も 国 民 に も な い / て 、 を こ れ が 憲 法 学 の 通 説 だ っ た 。 賊 戦 後 、 Oxa ガ 作 っ た 憲 法 ガ ら そ 「 国 民 主 き ガ 入 っ た の で あ る 。 そ る た だ が 、 天 畠 を 戴 く 2 あ 日 本 の 国 体 に は 、 破 本 来 「 民 主 主 義 」 や 論 「 国 民 主 権 」 は 鼬 接 合 で き な い / せ ロ ま も だ ガ ら 美 濃 部 達 吉 は 、 済 何 戦 後 、 枢 密 顧 問 官 と し て 釦 新 憲 法 の 審 議 に 関 わ り 、 亨 ま 「 国 民 主 き に 強 く 反 対 し た 。 の 臼 男 ′ ク 陛 単 な る 国 民 ガ 「 主 権 」 を 持 ち 、 自 支 な あ ろ う こ と ガ 天 皇 陛 下 の オ 「 ご 意 向 」 に 逆 ら う こ と ま で 可 能 に な る 今 日 を 予 見 し て い た の だ ′ ・ 。 久 美 濃 部 の 危 機 感 は 的 中 し た 。 保 守 を 自 称 す る 団 体 が 天 畠 に 反 逆 し て い る / い や 、 彼 ら は も は や ' 保 守 で は な い 。 極 左 と 一 一 ち て 差 し 支 え な い 。 こ 劇 ま ま し 。 ' ~ 「 「 国 民 主 権 」 が 血 肉 に な っ て 畠 統 を 天 畠 の 意 の ま ま に は さ せ な い と 構 え る 一 日 本 会 議 系 の 者 た ち は 、 逆 賊 で あ る / 天 畠 陛 下 と 国 民 で 、 逆 賊 集 団 を 一 包 囲 せ よ " 日 本 会 一 SAP / 〇 2076.70 60

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


解 社 棗 動 」 受 配 蠻 行 独 占 資 奎 「 反 動 」 「 天 皇 制 国 赤 旗 社 説 の 前 時 代 的 一 言 語 感 覚 を 味 わ う 党 機 関 紙 で あ り 、 す べ て 張 ( 社 説 ) 」 の 中 で 「 南 米 の 後 の 非 暴 力 路 線 を 経 て フ ジ テ レ ビ 系 『 世 に も 奇 妙 古 谷 経 衡 お ハ の 記 事 が 共 産 党 の 意 向 を 反 初 の リ オ 五 輪 」 と 題 し て 、 「 現 行 憲 法 下 に お い て は 天 な 物 語 』 で 映 像 化 さ れ て い 映 し て い る 赤 旗 に も 、 み 社 「 サ ン バ の リ ズ ム に 乗 っ て 皇 制 と 共 存 」 と 転 向 し 、 護 る 。 林 隆 三 演 じ る 戦 中 世 代 工 疋 規 ・ 滑 稽 さ も 描 写 し て 説 ク 欄 か あ る 。 同 欄 の タ イ 南 米 か ら 発 信 さ れ る 『 新 し 憲 の 旗 手 に な っ た の だ か ら 、 の 銀 行 マ ン 紺 野 が 、 若 い 部 い る : 主 砲 〃 は 戦 争 用 語 だ ト レ ま 、 ず よ り 主 張 か ら 駄 目 : な る ほ ど 奇 い 世 界 へ 』 の 呼 び か け 」 な 驚 く に は あ た ら な い 下 の 提 案 し て き た 「 あ な た 妙 な 話 だ が 、 イ チ ロ 1 の ハ そ れ よ り も 赤 旗 の リ オ 五 の 街 に 幸 福 の 集 中 爆 撃 」 と そ の 言 説 を 、 評 論 家 の 古 谷 ど と 称 揚 し 「 リ オ か ら 来 只 に オ リ ン ピ ッ ク 開 催 旗 が 無 輪 に お け る 基 本 的 報 道 姿 勢 書 か れ た 定 期 預 金 の 広 告 コ ッ ト が 爆 発 し た と き に 赤 旗 経 衡 氏 が 分 析 す る 。 事 に 手 渡 さ れ る 瞬 間 を 見 届 を 記 し た ネ ッ ト 版 の 記 事 に ピ 1 に 、 戦 争 の 記 憶 が 風 化 は ど う 表 現 す る の か 調 べ て し ん ぶ ん 赤 旗 に は 堪 ら な け た い と 思 い ま す 」 と 手 放 目 を 奪 わ れ た 。 赤 旗 の ス ポ し て い る こ と を 嘆 く シ 1 ン み た 。 普 通 に 「 安 打 」 と 書 い = 諞 感 か 満 載 だ 。 赤 旗 用 語 し の 絶 賛 1 ツ 報 道 に つ い て は 、 「 『 敵 』 で 始 ま る 。 本 作 は 痛 烈 な 戦 い て あ る 。 日 本 語 の 語 感 を と も い う べ き か 、 そ の や や し か し 年 3 月 絽 日 の 赤 や 『 主 砲 』 と い っ た 戦 争 用 後 風 刺 だ が 、 と 同 時 に 何 の も っ と 大 切 に し て ほ し い 。 前 時 代 的 で 大 仰 な 言 い 回 し 。 旗 に は 、 「 日 本 共 産 党 は 、 オ 語 を 使 わ な い 『 し ん ぶ ん 赤 意 図 も な い 日 常 に す わ 戦 争 赤 旗 は ス ポ 1 ツ 報 道 に 向 い 策 動 ・ 支 配 層 ・ 蛮 行 ・ 独 リ ン ピ ッ ク の 名 に よ る 浪 費 旗 』 の ス ポ ー ツ 報 道 が 注 目 を 発 見 す る 、 戦 中 世 代 の 杓 て い な い 占 資 本 ・ 反 動 ・ 天 皇 制 国 家 ・ を や め 、 都 民 の く ら し へ の さ れ て い ま す 」 と あ る 。 こ 民 主 連 合 政 府 : ・ 支 援 を 最 優 先 」 す る と い 、 つ の 法 則 に し た が え ば 「 ゴ ジ 「 8 月 巧 日 は 毎 年 「 策 動 、 〕 赤 旗 の 文 体 は 「 で す ・ ま 観 点 か ら 來 只 五 輪 招 致 反 対 ラ 松 井 、 主 砲 の バ ッ ト で チ す 」 で 統 一 さ れ 、 重 要 な オ を 明 言 し て い る 。 こ の 間 に 1 ム 三 連 勝 」 と い う 見 出 し 戦 後 れ 年 を 迎 え た 今 年 8 日 「 安 倍 政 権 が す す め る ピ ニ オ ン の 部 分 は 「 5 で は 転 向 し た の で あ ろ う 。 共 産 も 戦 争 用 語 だ か ら ダ メ 、 と 月 日 の 「 主 張 」 。 安 倍 政 『 戦 争 す る 国 』 の 策 動 」 、 2 な い で し よ う か 」 で 締 め る 党 は 大 日 本 帝 国 憲 法 を 改 正 い う 訳 で あ る 。 ア ウ ト を 駄 権 に よ る 「 改 憲 策 動 」 「 改 憲 013 年 8 月 日 「 『 戦 争 の が 恒 例 だ が 、 時 折 顔 を 出 し て 現 行 の 日 本 国 憲 法 を 公 目 、 セ ー フ を よ し 、 と 言 い の 策 動 」 と い う 言 葉 が 3 回 す る 国 』 に な る 策 動 」 。 8 月 日 に は 「 策 動 」 と い う す こ 、 つ い っ た 単 語 が 珍 妙 で 布 す る 段 で も 、 「 天 皇 制 が 象 換 え た 戦 時 中 の 敵 性 言 語 追 も 登 場 す る 。 ア ン バ ラ ン ス な 読 後 感 を 与 徴 天 皇 制 と い う 形 で 存 置 さ 放 運 動 を 思 い 出 す 以 上 に 、 時 間 を 遡 っ て 2015 年 言 葉 を 使 う の が こ こ 数 年 の え て く れ る れ て い る の は 君 主 制 の 温 存 私 は 小 松 左 京 の 掌 編 『 戦 争 8 月 日 。 「 日 本 を 『 海 外 で 赤 旗 編 集 部 で の 暗 黙 ル ー ル 8 月 日 に 終 了 し た リ オ だ 」 な ど と し て 唯 一 日 本 国 は な か っ た 』 を 思 い 出 し た 。 戦 争 す る 国 』 に つ く り か え の よ う で あ る 。 こ の 作 品 は 1991 年 の る 策 動 」 、 2014 年 8 月 共 産 党 は 終 戦 記 念 日 を 五 輪 。 赤 旗 は 8 月 8 日 の 「 主 憲 法 に 反 対 し た 党 だ が 、 そ よ く 読 む と そ こ か し こ に ク 転 向 の 跡 が 評 論 家 SAP / 〇 2 田 6.70 18