検索 - みる会図書館

検索対象: SNSは権力に忠実なバカだらけ

SNSは権力に忠実なバカだらけから 109件ヒットしました。

SNSは権力に忠実なバカだらけ


第 六 章 ミ ス 2 と 暴 力

SNSは権力に忠実なバカだらけ


の 証 言 と 矛 盾 す る よ う な 情 報 で す が 、 こ れ は 直 接 的 な イ ジ メ は な く な っ た も の の 相 手 の 意 識 は 変 わ っ て な か っ た と い う こ と な の で し よ う 。 直 接 的 な 暴 力 は な く な っ て も 、 相 手 か ら の 悪 意 を 節 々 で 感 じ る よ う な 環 境 か ら 離 れ る こ と が 完 全 に で き た と い う こ と な の で し よ う 。 お か し な 話 で は あ り ま せ ん 。 驚 く べ き こ と に 、 高 校 時 代 、 高 須 さ ん は イ ジ メ っ 子 に な っ た と い う の で す 。 イ ジ メ ら れ る 環 境 か ら 脱 出 し た と は い え 、 高 須 さ ん の 肉 体 が ひ 弱 な の は か わ り ま せ ん 。 電 車 や バ ス で カ ツ ア ゲ に 遭 う こ と が 度 々 あ っ た そ う で す 。 そ う す る と 高 須 さ ん と 仲 が 良 い 柔 道 部 の 面 々 が や っ て き て 、 相 手 を 締 め 上 げ る 。 高 須 さ ん が お と り に な っ て 町 の 不 良 を 釣 り 上 げ 、 柔 道 部 の 面 々 と 一 緒 に な っ て 、 逆 に 相 手 か ら 金 を せ び っ た り 暴 行 を 加 え て い た と い う の で す 。 こ の こ と に つ い て 「 筋 の 通 っ た 、 罪 悪 感 が 伴 わ な い 暴 力 の 快 楽 を 知 っ た 」 「 筋 の 通 っ た イ ジ メ は 正 義 の 戦 い だ か ら 、 堂 々 と や れ ば い い ん で す 」 と い う 発 言 を さ れ て い ま す 。

SNSは権力に忠実なバカだらけ


の は 政 治 的 問 題 に 関 わ る 領 域 に お い て で し よ う 。 反 原 発 運 動 を 左 翼 的 と み な さ れ る 人 の 多 く が 支 持 し て い た た め 、 反 左 翼 と い う 観 点 か ら ネ ト ウ ョ と よ ば れ る よ う な 人 々 の 一 部 が 原 発 賛 同 側 に つ い て い た り 、 本 来 左 翼 的 と は 言 え な い よ う な 人 が 反 原 発 側 に い た た め 前 述 の よ う な ネ ト ウ ョ に 左 翼 視 さ れ 敵 視 さ れ る と い う 流 れ も あ り 、 原 発 を 巡 る 議 論 か ら 地 続 き に な っ て い る 部 分 も 大 き い の で す 。 本 来 、 ネ ト ウ ョ と い う 一 言 葉 は ネ ッ ト 右 翼 の 略 称 以 上 の 意 味 を 持 っ て ま せ ん で し た 。 そ れ が 侮 蔑 的 な ニ ュ ア ン ス を 持 っ て 使 わ れ る よ う に な っ た の は 、 そ う い っ た 人 た ち の 一 部 が や っ て い た 単 な る レ イ シ ズ ム の 発 露 で し か な い よ う な 言 動 、 露 骨 な 歴 史 修 正 主 義 、 悪 質 で 差 別 的 な デ マ や 対 立 陣 営 ( と 彼 ら が 思 っ て い る も の ) に 対 す る デ マ の 拡 散 、 ネ ッ ト 上 で 暴 言 コ メ ン ト を 集 団 で 書 き 込 む よ う な 行 為 が 反 感 を 買 い 、 そ の よ う な 意 味 が 付 加 さ れ て し ま っ た た め だ と 思 わ れ ま す 。 そ れ は バ カ に さ れ ま す よ ね 。 「 ネ ト ウ ョ は 差 別 語 だ ! 」 と 言 い 出 す ネ ト ウ ョ の 人 が い ま す が 、 「 韓 国 人 だ か ら 差 別 し て

SNSは権力に忠実なバカだらけ


違 い さ れ る か も し れ ま せ ん が 、 体 制 側 と か 反 体 制 側 、 主 流 派 と か 反 主 流 派 と か い っ た こ と で は な く 、 そ の 人 の 思 想 や 嗜 好 の 方 向 性 に 当 て は ま っ た 領 域 の 中 で の 権 力 、 権 威 の こ と な の で 、 反 体 制 的 だ っ た り 、 少 数 派 だ っ た り す る こ と と は 関 係 な い ん で す よ ね 。 元 か ら 独 善 的 で 選 民 意 識 が 高 い 人 間 が 権 力 や 権 威 の 側 に 立 っ た 時 の 横 暴 さ や 傍 若 無 人 さ と い っ た ら 話 に な ら な い ひ ど さ な わ け で す よ 。 こ う い っ た 人 た ち が 普 通 に 権 力 や 権 威 に 弱 い だ け の 人 た ち を 引 き 連 れ る か の よ う に し て 大 暴 れ し て い る 光 景 が あ ち こ ち で 見 ら れ る よ う に な っ て い る の が 今 の な の で は な い か と 思 い ま す 。 こ の 本 で は 、 そ う い う 人 た ち ゃ 、 そ う い う 人 た ち が 寄 り 添 う 権 力 が あ る 人 や 考 え が 多 く 登 場 す る こ と に な り ま す 。

SNSは権力に忠実なバカだらけ


少 年 が マ ス コ ミ の 取 材 に 答 え た と き に 、 自 分 が 悪 か っ た 、 日 野 さ ん を 責 め な い で ほ し い 、 こ の 企 画 を な く さ な い で ほ し い と い う よ う な 内 容 の こ と を 発 言 し て い ま す 。 し か し 、 こ の 発 言 に 対 し て 「 少 年 は 、 企 画 を 潰 し て ほ し く な い と い う 周 囲 の 無 言 の 圧 力 に よ っ て 、 そ う 言 わ ざ る を 得 な い よ う に さ れ て い る 」 「 少 年 は 日 野 さ ん の 名 誉 を 傷 つ け る べ き で は な い と い う 空 気 に よ っ て 自 分 が 悪 い こ と を し て し ま っ た と 思 い 込 ま さ れ て し ま っ た 」 と い う 風 に 解 釈 を す る 人 も 現 れ ま し た 。 確 か に 、 そ 、 つ い う シ チ ュ エ ー シ ョ ン に 置 か れ て し ま 、 つ こ と は あ り ま す 。 自 分 も 、 ど う 考 え て も 自 分 が 悪 く な い の に 、 謝 り た く な く て も 謝 ら ざ る を 得 な い よ う に 周 囲 か ら 追 い 込 ま れ て 謝 っ て し ま っ た 経 験 が あ り ま す 。 今 思 い 出 し て も 怒 り が こ み 上 げ て く る よ う な 経 験 で し た 。 し か し 、 全 く 逆 の 経 験 も あ り ま す 。 完 璧 に 自 分 の 責 任 で し か な い ミ ス を し て 迷 惑 を か け て 殴 ら れ た 相 手 に 対 し て 、 自 然 に 自 分 の 方 が 悪 い と 思 っ た こ と も あ る の で す 。 似 た よ う な シ チ ュ エ ー シ ョ ン で も 、 個 別 の 関 係 性 に よ っ て 心 の 状 態 は 変 わ っ て し ま う も の な の で す 。 185 第 六 章 ミ ス i D と 暴 力

SNSは権力に忠実なバカだらけ


た こ ろ に 学 生 時 代 を 過 ご し て い る 日 野 さ ん は 、 少 年 の 反 抗 的 な 態 度 に カ ッ と な っ て 手 が 出 て し ま っ た の で は な い で し よ う か ね 。 世 間 的 に 許 さ れ な い こ と で は あ り ま す が 、 常 習 的 な 体 罰 教 師 と 同 じ よ う に 日 野 さ ん を 扱 っ て し ま 、 つ の は 少 し 違 う よ う な 気 は し ま す 。 結 局 、 報 道 か ら で は 二 人 の 間 に あ る 関 係 性 は 細 か い と こ ろ ま で は わ か ら な い し 、 普 段 の 指 導 が ど う い う も の で あ っ た か も わ か り ま せ ん 。 彼 は 日 野 さ ん の お 気 に 入 り で あ っ た そ う で す し 、 昨 年 も 参 加 し て い て 日 野 さ ん と の 付 き 合 い も 長 く 、 個 人 的 な 師 弟 関 係 に 近 い 精 神 的 な 距 離 感 に 二 人 と も な っ て し ま っ て い た の か な と も 感 じ ま す が 、 媒 体 を 通 し て 情 報 に 触 れ て い る だ け の 他 人 の 自 分 に は こ れ 以 上 踏 み 込 め な い の で す 。 何 か 言 え る と し た ら 、 こ ん な も ん で す 。 「 暴 力 の 温 床 に な る こ ん な プ ロ ジ ェ ク ト は 潰 す べ し ー み た い な 強 い 言 葉 を 吐 く こ と も で き ま せ ん し 、 「 生 意 気 な 子 供 に は お し お き は 当 然 。 し つ け だ ー み た い な 思 い 上 が っ た 言 葉 も 、 「 少 年 の ジ ャ ズ 魂 に 感 服 ! 」 み た い な マ ヌ ケ な 言 葉 も 、 ど れ も 言 え な い ん で す よ 。 184

SNSは権力に忠実なバカだらけ


彼 の ス テ ィ ッ ク を 取 り 上 げ る の で す が 、 そ れ で も 素 手 で ド ラ ム を 叩 き 出 し ま す 。 結 果 、 日 野 さ ん が 彼 の 髪 を つ か ん で か ら の 、 往 復 ビ ン タ を 加 え て し ま っ た の で す 。 世 田 谷 教 育 委 員 会 主 催 の 「 新 ・ 才 能 の 芽 を 育 て る 体 験 学 習 」 の ひ と っ と し て 、 世 田 谷 区 立 中 学 の 生 徒 か ら 希 望 者 を 集 め て ジ ャ ズ を 学 ぶ 「 」 と い う 企 画 が あ り ま す 。 中 学 生 た ち は 4 カ 月 間 、 日 野 皓 正 さ ん を は じ め と す る プ ロ の ジ ャ ズ ・ ミ ュ ー ジ シ ャ ン た ち に 演 奏 の 指 導 を う け 、 そ の 最 終 段 階 と し て 、 世 田 谷 パ プ リ ッ ク シ ア タ ー で 実 際 の 観 客 の 前 で 演 奏 す る と い う 感 じ の プ ロ ジ ェ ク ト な の で す が 、 そ の ラ イ プ 中 に 起 こ っ た 出 来 事 で す 。 少 年 の あ ま り に 行 き 過 ぎ た 行 為 に 対 し て 日 野 さ ん が 激 昂 し て し ま っ た 、 そ う い う 風 に 見 え ま す が 、 そ ん な に 単 純 な も の な の で し よ う か 。 少 年 の や っ た こ と は 完 全 に 間 違 っ て い た か と い え ば 、 そ ん な こ と も あ り ま せ ん 。 恐 ろ し く 雑 に 言 い ま す が 、 ジ ャ ズ と い う 音 楽 は 、 た と え 一 応 の ル ー ル が 決 め ら れ て い た と し て も 、 そ れ か ら 勝 手 に ハ ズ れ て い っ て も い い 世 界 だ と 思 う ん で す よ ね 。 ア ド リ プ が 許 さ れ て い る 世 界 と い う か 。 そ の 演 奏 で ス 181 第 六 章 ミ ス i D と 暴 力

SNSは権力に忠実なバカだらけ


つ の イ ベ ン ト が 存 在 し て い る わ け で 、 メ ジ ャ ー な 領 域 で 活 動 し て い く 人 た ち と 、 ア ン ダ ー グ ラ ウ ン ド な 領 域 で 活 動 し て い く で あ ろ う 人 た ち が 「 女 の 子 」 で あ る と い う 一 点 で 同 じ 場 に 立 つ の で す 。 そ の ま ま で は 自 分 の 表 現 活 動 を 商 業 的 に 成 り 立 た せ る の が 難 し い タ イ プ の 人 で あ っ て も 、 こ の ミ ス コ ン に 参 加 す る こ と で ア イ ド ル オ タ ク を フ ァ ン に 持 つ よ 、 つ に な り 、 彼 ら に 商 業 的 に 支 え ら れ て い く よ う に な る と い う 、 す ご く 奇 妙 な 構 造 を 生 み 出 す 催 し で す 。 水 野 し ず さ ん の よ う な 「 違 う 場 所 」 か ら や っ て き た 挑 戦 者 で あ る 人 と 、 菅 本 裕 子 さ ん の よ う な 芸 能 の 世 界 で な け れ ば 生 き ら れ な い よ う な タ イ プ の 人 が 同 じ ミ ス コ ン の 出 身 者 と い う の は す ご く 不 思 議 な 話 で す よ ね 。 ま た 、 フ ァ イ ナ リ ス ト の 数 が 異 常 に 多 い こ と も 特 徴 で す 。 ミ ス 22018 年 で は 部 人 を 超 え ま し た 。 さ ら に グ ラ ン プ リ 以 外 の 副 賞 も 多 い 上 に 、 審 査 員 に よ る 個 人 賞 も あ る の で 、 最 終 的 に な ん ら か の 賞 を 手 に し た 人 数 だ け で も 人 を 超 え ま し た 。 当 然 の こ と な が 175 第 六 章 ミ ス i D と 暴 力

SNSは権力に忠実なバカだらけ


と こ ろ で 、 強 烈 な 自 我 や 、 よ り 強 大 な 可 愛 い に 負 け て い く の を 見 る の は 、 や は り ッ ラ い も の で す 。 仕 方 が な い ん で す よ ね 。 ど ん な に か け 離 れ た バ ッ ク ポ ー ン や 方 向 性 を 持 っ て い た と し て も 、 ミ ス 2 と い う 場 で メ イ ン を は れ る よ う な 女 の 子 は 世 界 の 真 ん 中 で た っ た 一 人 で 仁 王 立 ち し て い る よ う な 強 い 人 た ち で す か ら 。 私 個 人 と し て は ミ ス 2 と い う 場 が 好 き と い う わ け で は な い け ど 、 否 定 的 と い う わ け で も な く 、 ミ ス コ ン テ ス ト の 中 に 多 様 な 評 価 基 準 を 持 ち 込 ん で 可 能 性 を 広 げ た と い う 部 分 で は 評 価 は し て い ま す 。 女 の 子 が そ の 女 の 子 ら し く あ れ る 場 を つ く る 一 方 で 、 そ れ を 商 業 的 に 支 え る の が 結 局 旧 来 的 な ア イ ド ル オ タ ク の 価 値 観 だ っ た り す る 捻 れ も 面 白 い と は 思 っ て い ま す 。 日 野 皓 正 の ビ ン タ 世 界 的 に 有 名 な ト ラ ン ペ ッ タ ー の 日 野 皓 正 さ ん が ス テ ー ジ 上 で 男 子 中 学 生 に 対 し て 往 復 ビ ン タ を 加 え た と い う ニ ュ ー ス が 飛 び 込 ん で き た 時 、 全 く シ チ ュ エ ー シ ョ ン が 想 像 で 179 第 六 章 ミ ス i D と 暴 力

SNSは権力に忠実なバカだらけ


西 原 理 恵 子 は リ ア リ ス ト で も 、 ア パ ホ テ ル に 置 か れ て い る 歴 史 修 正 主 義 的 な 本 に 対 し て 行 わ れ た 中 国 人 に よ る 抗 議 デ モ に 在 特 会 が 罵 声 を 浴 び せ た 行 為 を 批 判 し た り 、 安 倍 首 相 に 対 す る 抗 議 プ ラ カ ー ド を 持 っ た 人 を 暴 力 的 な 安 倍 支 持 者 が 取 り 囲 む 様 子 を 撮 影 し た 動 画 に 対 し て 安 倍 支 持 者 側 に 対 し て も 疑 問 を 呈 し て い た り と 、 高 須 さ ん に は 暴 力 的 な も の を 嫌 う 常 識 が ま だ 残 っ て い る の で す 。 基 本 的 に は 善 人 で す か ら 。 だ か ら 、 よ け い に め ん ど く さ い の で す が 。 悪 気 な い の が 一 番 困 る の で す 。 ナ チ ス 騒 動 の 後 、 政 治 的 な ツ ィ 1 ト 禁 止 令 が 西 原 さ ん か ら 出 さ れ て い た の は 本 当 に 適 切 な 処 置 だ っ た と 思 い ま す 。 西 原 さ ん に 関 し て 右 傾 化 し た と い う こ と が 最 近 囁 か れ る よ う に な り ま し た 。 弱 い 立 場 の 人 間 に 寄 り 添 う よ う な 視 点 の 作 品 を 一 時 期 多 く 書 い て い た 西 原 さ ん で す が 、 最 近 は ほ と ん ど 高 須 さ ん 絡 み の 作 品 ば か り で す 。 元 々 、 前 述 し た よ う な 傾 向 が 見 ら れ た の は 創 作 系 の 作 品 で す が 、 西 原 さ ん の エ ッ セ イ