検索 - みる会図書館

全データから 210745件ヒットしました。

書の十二則


書 の 十 二 則 魚 住 和 晃 生 活 人 新 書 187

書の十二則


書 の 十 二 則 魚 住 和 晃 生 活 人 新 書 187 村 出 権

書の十二則


第 十 則 縦 画 に 集 中 ー ー ー 縦 画 が し つ か り し て い る と 、 一 行 に 柱 が 立 ち 、 行 間 の 美 が 生 ま れ る : 欧 陽 詢 の 行 書 に 見 る 縦 の 流 れ 2 呉 昌 碩 行 草 書 の 縦 の 流 れ ・ 3 「 高 野 切 第 一 種 」 の 縦 の 流 れ : 4 「 寸 松 庵 色 紙 」 の 縦 の 流 れ : ・ ふ と こ ろ 第 十 一 則 懐 を 広 く と る ・ ・ ー ー ー ~ 子 形 の 雄 大 さ は 懐 の 広 さ か ら 生 ま れ る : 「 大 き さ が あ る 」 と は ー ー 対 比 と 懐 の ふ か さ : 2 「 大 き さ 」 を 出 す た め の 原 則 : 第 十 二 則 姿 勢 づ く り を 意 図 す る ー ー ・ ー ・ 平 衡 感 覚 を 保 ち 、 体 を 自 由 に 働 か せ る ・ 1 紙 を 真 下 に 見 る 2 左 手 を 効 果 的 に 用 い る す 3 墨 を 磨 る 亠 の A 」 か 去 」 213 208 204 203 187 225

書の十二則


第 十 則 縦 画 に 集 中 ー ー ー 縦 画 が し つ か り し て い る と 、 一 行 に 柱 が 立 ち 、 行 間 の 美 が 生 ま れ る : 欧 陽 詢 の 行 書 に 見 る 縦 の 流 れ 2 呉 昌 碩 行 草 書 の 縦 の 流 れ ・ 3 「 高 野 切 第 一 種 」 の 縦 の 流 れ : 4 「 寸 松 庵 色 紙 」 の 縦 の 流 れ : ・ ふ と こ ろ 第 十 一 則 懐 を 広 く と る ・ ・ ー ー ー ~ 子 形 の 雄 大 さ は 懐 の 広 さ か ら 生 ま れ る : 「 大 き さ が あ る 」 と は ー ー 対 比 と 懐 の ふ か さ : 2 「 大 き さ 」 を 出 す た め の 原 則 : 第 十 二 則 姿 勢 づ く り を 意 図 す る ー ー ・ ー ・ 平 衡 感 覚 を 保 ち 、 体 を 自 由 に 働 か せ る ・ 1 紙 を 真 下 に 見 る 2 左 手 を 効 果 的 に 用 い る す 3 墨 を 磨 る 亠 の A 」 か 去 」 213 208 204 203 187 225

本土の守りかた ~復刻・昭和20年「国土決戦教令」~


国 土 決 戦 教 令 目 次 第 一 章 要 旨 第 二 章 将 兵 の 覚 悟 及 び 戦 闘 守 則 第 三 章 作 戦 準 備 第 一 節 要 則 第 二 節 教 育 訓 練 第 三 節 築 城 第 四 章 決 勝 会 戦 第 一 節 要 則 第 二 節 沿 岸 防 御 戦 闘 第 三 節 機 動 第 四 節 攻 撃 戦 闘 第 五 章 持 久 方 面 の 作 戦 第 六 章 情 報 勤 務 第 七 章 交 通 、 通 信 第 八 章 兵 站 国 土 決 戦 教 令 目 次 終 ※ 本 書 は 、 昭 和 二 〇 年 四 月 二 十 日 に 大 本 営 陸 軍 部 が 発 行 し た ー 『 国 土 決 戦 教 令 』 を 、 旧 字 体 の 新 字 変 更 、 最 小 限 の 句 読 点 追 要 2 日 、 ひ ら が な 書 き の 変 更 等 を 施 し 、 読 み や す く 整 理 し た も 一 ー の で す 。 な お 、 原 典 は 防 衛 省 防 衛 研 究 所 戦 史 研 究 セ ン タ ー 所 ー ー 蔵 の も の で あ り 、 本 書 制 作 者 が 許 諾 を 得 て 収 録 し て お り ま す 一 2

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法


即 ・ 則 ( す な わ ち ) = す な わ ち つ ま り 。 そ こ で 例 所 詮 悔 先 非 、 可 書 進 誓 文 於 熊 野 牛 王 裏 、 然 者 可 免 許 之 由 、 被 示 之 間 、 為 其 ( 「 師 守 記 』 貞 治 六 年 六 月 廿 五 日 条 ) 来 臨 、 則 四 箇 条 被 書 告 文 、 所 詮 、 先 非 を 悔 い 、 誓 文 を 熊 野 牛 王 の 裏 に 書 き 進 ら す べ し 、 然 ら ば 免 許 す べ き の 由 、 示 さ る る の 間 、 そ の た め に 来 臨 す 、 則 ち 四 箇 条 の 告 文 を 書 か る 、 結 句 、 以 前 の 非 を 悔 い 改 め 、 熊 野 牛 玉 宝 印 の 裏 に 起 請 文 を 書 い て 提 出 せ よ 。 そ う す れ ば 許 す と の こ と を 示 さ れ た の で 、 そ の た め に や っ て 来 ら れ た 。 そ こ で 、 四 箇 条 の 起 請 文 を お 書 き に な っ た 。 者 ( て へ れ ば ) = そ う で あ る の で 例 為 棄 命 於 軍 旅 、 進 発 上 者 、 雖 不 被 申 鎌 倉 、 有 何 事 乎 者 、 遂 以 扈 従 云 々 、 ( 「 吾 妻 鏡 」 承 久 三 年 五 月 二 十 五 日 条 ) 命 を 軍 旅 に 棄 て ん が た め 、 進 発 す る 上 は 、 鎌 倉 に 申 さ れ ず と 雖 も 、 何 事 か 有 ら ん や 、 て へ り 、 遂 に 以 て 扈 従 す と 云 々 、 757 ( 1 ) 接 続 詞 的 に 用 い ら れ る 語

書の十二則


第 九 則 一 画 と 二 画 の 間 を ゆ っ た り と 一 一 画 と 二 画 を 気 宇 大 き く 書 け る と 、 あ と は 余 力 で 筆 が ス ム ー ズ 、 馬 毛 紙 巻 筆

「文明論之概略」を読む 中


の か と い う こ と を 説 く 段 に な り ま す 。 こ の ル ー ル に つ い て の 福 沢 の 説 明 は 、 現 代 文 で 書 い て ち よ っ と 手 直 し す れ ば 、 そ の ま ま 現 代 の 社 会 科 の 教 科 書 と し て 通 用 す る も の だ と 思 い ま す 。 そ も そ 抑 も 徳 義 は 、 情 愛 の 在 る 処 に 行 は れ て 、 規 則 の 内 に 行 は る 可 か ら ず 。 規 則 の 功 能 を 見 れ ば 、 よ く 情 愛 の 事 を 成 す と 雖 ど も 、 其 の 行 は る 、 所 の 形 は 則 ち 然 ら ず し て 、 規 則 と 徳 義 と は 正 し く 相 反 し て 両 つ な が ら 相 容 れ ざ る も の 、 如 し 。 又 、 規 則 の 内 に 区 別 あ り て 、 事 物 の 順 序 を 整 理 す る た め の 規 則 と 、 人 の 悪 を 防 ぐ た め の 規 則 と 、 二 様 に 分 っ 可 し 。 甲 の 規 則 を 犯 す は 人 の 過 ち な り 、 乙 の 規 る 則 を 犯 す は 人 の 悪 心 な り 。 今 、 爰 に 論 ず る 所 の 規 則 は 、 人 の 悪 を 防 ぐ た め の 規 則 を 指 し て 云 ふ も 要 の な れ ば 、 学 者 、 之 れ を 誤 る 可 か ら ず 。 必 ( 文 一 六 〇 ー 一 六 一 頁 、 全 一 二 七 ー 一 二 八 頁 ) 規 則 を ま ず 二 つ に 分 け る 。 物 事 の 順 序 を 整 理 す る た め の 規 則 と 人 の 悪 を 防 ぐ た め の 規 則 と 二 様 に 区 別 し て 、 こ こ で は 後 者 に つ い て 論 じ る の だ 、 と こ と わ 「 て い る わ け で す 。 で こ の 規 則 の 中 の 二 つ の 区 別 と い う の を 、 福 沢 が 何 か ら ヒ ン ト を 得 た か よ く 分 ら な い の で す が 、 法 律 を 学 ぶ と 必 ず こ の 区 別 が 出 て き ま す 。 講 事 物 の 順 序 を 整 理 す る 規 則 、 と い っ て い る の は 技 術 的 な ル ー ル で す 。 た と え ば 左 側 通 行 の ル 第 ー ル 。 右 側 通 行 に し た か ら と い っ て わ る い と い う こ と は な い 。 た だ ど っ ち か に 決 め な い と 交 通 ふ た あ や ま ま さ 277

「文明論之概略」を読む 中


、 レ レ ヾ ゝ 整 理 が で き な い か ら 規 則 を 決 め る 。 そ う し う ノ ー ノ カ 技 術 的 規 則 で す 。 商 法 の 規 定 に は 、 そ う う 技 術 的 規 定 が た く さ ん あ り ま す 。 た と え ば 手 形 や 小 切 手 の 書 き 方 は 非 常 に 厳 格 で 、 そ れ に し た が わ な い と 無 効 で す 。 け れ ど も そ れ は 、 ま ち が っ た 書 き 方 を す る の が 道 徳 的 に 怪 し か ら ぬ か ら 厳 格 に す る の で は な く 、 取 引 の 安 全 を 確 保 す る た め に 書 式 を 決 め る の で す ( も ち ろ ん 偽 造 は 別 で 、 刑 法 の 問 題 に な り ま す ) 。 ス ポ ー ツ の 「 反 則 」 の ル ー ル に も そ う い う の が 多 く 、 た と え ば サ ッ カ ー の オ フ ・ サ イ ド の 規 則 は 、 オ フ ・ サ イ ド が 倫 理 的 悪 だ と い う の で は な く て 、 攻 撃 に 立 っ 側 が 過 度 に 有 利 に な ら な い よ う に し て ゲ ー ム を 面 白 く さ せ る の で す 。 そ う い う ル ー ル の 典 型 例 と し て 福 沢 が 挙 げ る の は 、 家 族 の 中 の 起 床 ・ 就 寝 時 間 で す 。 家 の 中 で 、 六 時 に 起 き て 十 時 に 寝 よ う と も う ノ 、 レ ー ル を き め る の は 、 何 も 家 族 の 者 の 悪 念 を 防 ぐ た め で は な く 、 た だ 便 宜 上 の こ と だ か ら 、 六 時 起 床 を 五 時 半 起 床 に か え て も 別 に ど う と い う こ と は な そ う い う 規 則 の ジ ャ ン ル と 、 人 が 悪 事 を す る の を 防 ぐ た め の 規 則 と は 性 質 が ち が う 。 「 法 は 倫 理 の 最 低 限 で あ る 」 と い う イ エ リ ネ ッ ク の 有 名 な 一 言 葉 が あ り ま す が 、 た と え 最 低 限 に し て も 倫 理 に 関 係 す る よ う な 規 則 も あ り ま す 。 そ れ を 福 沢 は 、 こ こ で 「 悪 を 防 ぐ の 器 械 」 と 言 っ て い る 。 そ う し て 、 右 に あ げ た よ う な 、 現 代 の 私 た ち に は 技 術 的 ル ー ル と 見 る の が 常 識 と な っ て い る 規 則 も 、 福 沢 は 「 事 物 の 順 序 を 整 理 す る た め 」 と い う 側 面 を 認 め な が ら も 、 む し ろ 第 二 種 類

電磁気学


な る ” と 考 え る の で あ る . 104 4. 定 常 電 流 こ の 法 則 を キ ル ヒ ホ フ の 第 ニ 法 則 と い う . 第 二 法 則 の 方 が 先 に 出 て し ま っ た が , キ ル ヒ ホ フ の 第 一 法 則 は , す で に . 1 で 述 べ た 電 荷 の 保 存 則 に あ た る も の で , " あ る 点 に 入 っ て く る 定 常 電 流 の 総 和 は , 出 て い く 定 常 電 流 の 総 和 に 等 し い ” と い う も の で あ る . こ の 2 つ の 法 則 に よ り , ど の よ う に 複 雑 な 回 路 に つ い て も 電 流 を 求 め る こ と が で き る . [ 例 題 ] 4 ー 20 図 は BC の 間 の 起 電 力 佐 を 測 定 す る 電 位 差 計 の 回 路 図 で あ る . 抵 抗 と RO は 変 化 さ せ る こ と が で き る . G は 検 流 計 で CD 間 を 流 れ る わ ず か な 電 流 を 検 出 で き る . 回 路 の 各 部 分 を 流 れ る 電 流 の 値 を 求 め よ . [ 解 ] D → E → A と 流 れ る 電 流 を ん A → B → C → D と 流 れ る 電 流 を / ' , A → D と 流 れ る 電 流 を / と す る . / ・ の 向 き 4 ー 20 図 回 路 の 例 は ど ち ら だ ろ う か と 気 に な る と こ ろ で あ る が , 出 発 点 で は 向 き は 適 当 に 定 義 し て お け ば よ い . そ う し て 計 算 を 進 め て , 答 が 負 に な っ た ら 逆 向 き だ っ た と わ か る わ け で あ る . 電 流 が 分 岐 し て い る 点 A , D に つ い て キ ル ヒ ホ フ の 第 一 法 則 を 適 用 す る . 点 A : 点 D : ( 4.14 ) こ の よ う に , い ま の 場 合 は 2 つ は ま っ た く 同 じ 式 と な る . そ の こ と は , 図 を 見 て も 簡 単 に わ か る . し か し , も っ と 複 雑 な 場 合 に は と に か く 各 点 に つ い て 書 き 出 し て み て , そ の 中 で 独 立 な も の だ け を 考 え れ ば よ い . 次 に , キ ル ヒ ホ フ の 第 二 法 則 を 考 え る . そ れ に は , 回 路 の 中 か ら 閉 じ た 分 を と り 出 す . た と え ば , A → B → C → D → A を と り 上 げ て み よ う . こ の 向 き に 一 周 し た と き の 電 位 の 変 化 は , ま ず 電 池 で 一 ( 陽 極 か ら 陰 極 へ だ か ら ) , 抵 抗 % で 一 泓 , 抵 抗 Rx で ュ は と は 逆 向 き だ か ら ) で あ る . し た が っ て , ー 佐 ー 以 ′ 十 RxI = 0 が 成 り 立 つ . 次 に , A → D → E → A に つ い て は , 順 に 一 x ム で あ る か ら ー ん 協 , ー / 0 ( 4.15 )