検索 - みる会図書館

全データから 41174件ヒットしました。

替歌研究


替 歌 研 究

替歌研究


替 歌 研 究 目 次

替歌研究


参 考 資 料 主 要 参 考 文 献 「 替 歌 研 究 」 あ と が き 719 723 727 装 幀 ・ 濱 崎 実 幸

替歌研究


「 替 歌 研 究 」 あ と が き 『 替 歌 研 究 』 あ と が き わ が 国 の 古 典 に は 、 本 歌 取 り 、 狂 歌 、 落 首 、 川 柳 な ど 、 パ ロ デ ィ の 傾 向 を 持 っ 形 式 が あ り 、 そ れ ら に つ い て は こ れ ま で か な り 多 く の 研 究 が さ れ て き た 。 し か し 、 明 治 以 降 の パ ロ デ ィ 、 と く に 替 歌 に つ い て は 、 そ の 歌 集 や 研 究 が ご く 断 片 的 に 、 か っ 娯 楽 本 位 に 散 見 さ れ る の み で 、 ま と ま っ た も の は あ ま り 見 出 だ さ れ な い 。 そ れ は お も に 、 替 歌 は 作 者 不 詳 の 場 合 が 多 く 、 元 歌 の 二 番 せ ん じ 、 即 興 性 を 特 色 と す る た め 、 低 俗 で あ る と 軽 視 さ れ 、 そ の 対 象 に な ら な か っ た の で あ ろ う 。 と こ ろ が 、 明 治 以 降 、 現 在 に い た る 替 歌 の な か に は 、 た と え ば 元 歌 以 上 に 歌 わ れ る よ う に な っ た り 、 替 歌 が 替 歌 を 生 む 例 が 少 な く な い 。 本 書 は こ れ ら 替 歌 の 多 種 多 様 な 性 格 を 考 現 学 的 に 例 証 し 、 そ の 背 景 と 推 移 に つ い て 考 察 し よ う と し た も の で あ る 。 わ た し の 手 も と に は 、 一 九 六 八 年 に 替 歌 研 究 会 か ら 出 し た 資 料 「 日 本 替 歌 全 集 」 ( 時 事 篇 ・ 遊 戯 篇 ) 以 後 、 新 し い 資 料 が 数 多 く 加 わ っ た が 、 「 は じ め に 」 で 記 し た 方 法 に よ っ て 本 書 の 作 業 を 進 め た 。 し か し 、 そ 727

替歌研究


元 歌 は 「 か わ い い 唱 歌 」 ( 一 九 二 一 ) 収 録 。 梁 田 貞 作 曲 。 替 歌 は 「 子 ど も の 替 え 歌 傑 作 集 」 に よ る 。 は 替 歌 研 究 会 員 に よ る 。 ◆ し や ば ん 玉 替 歌 し や ほ ん 玉 と ん だ 屋 根 ま で と ん だ わ れ た ら す ぐ に 家 ま で と ん だ そ こ の 家 の 人 は 宇 宙 ま で と ん で っ た ポ イ ン 玉 と ん だ 屋 根 ま で と ん だ こ わ し て し も て お ば あ ち ゃ ん の お 乳 に な っ ち ゃ っ た 風 風 吹 く な ポ イ ン 玉 と ば そ 元 歌 し や ば ん 玉 と ん だ 屋 根 ま で と ん だ 屋 根 ま で と ん で こ わ れ て 消 え た 元 歌 は 雑 誌 「 金 の 塔 」 ( 一 九 二 一 l) に 発 表 。 中 山 晋 平 作 曲 。 替 歌 は 『 子 ど も の 替 え 歌 傑 作 集 」 に よ る 。 ◆ ぞ う さ ん 替 歌 ぞ う さ ん ぞ う さ ん お か お が な が い の ね そ 、 つ よ か あ さ ん は う ま な の よ ぞ う さ ん ぞ う さ ん 作 詞 野 口 雨 情 438

替歌研究


第 一 一 十 四 章 「 所 得 倍 増 計 画 」 以 後 し け た 背 広 に ポ ロ か ば ん め ざ す 会 社 へ チ ン チ ン 電 車 「 日 本 の 替 歌 大 会 」 よ り 恐 い 課 長 に う つ む い た サ ラ リ ー マ ン サ ラ リ ー そ い つ は 昔 の お ど け 者 若 い ば く ら は ピ ジ ネ ス マ ン 一 九 六 三 年 十 二 月 一 一 十 一 日 、 東 京 ・ 渋 谷 の 三 業 会 館 で 嘆 き は さ ら り と 捨 て よ う ぜ ビ ジ ネ ス 稼 業 の 常 だ も の 「 日 本 の 替 歌 大 会 」 が 開 か れ た 。 こ れ は 学 者 、 研 究 者 な い き な 背 広 は 泣 か な い ぜ ビ ジ ネ ス マ ン ビ ジ ネ ス マ ど が 集 ま る 思 想 の 科 学 研 究 会 と 大 衆 芸 術 研 究 会 が 共 催 し ン た も の で あ る 。 数 社 の 出 版 社 も 後 援 し た 。 そ の 時 に い ま ・ 後 お い ら は 会 社 の ホ ー プ だ よ マ ル ク ス レ ー ニ ン も 以 ま で 歌 わ れ た 替 歌 と と も に 、 新 作 歌 詞 集 も ま と め ら れ た 。 う 古 い 画 こ れ ら の 中 の 替 歌 は の ち に 加 太 こ う じ 、 柳 田 邦 夫 、 吉 田 旨 ロ 増 智 恵 男 編 「 替 歌 百 年 」 ( 一 九 六 六 ・ コ ダ マ プ レ ス ) に ま と デ ー ト の 相 手 を さ が す な ら ビ ジ ネ ス ・ ガ ー ル は ご め 得 め ら れ て い る が 、 こ こ で は そ れ 以 外 の 替 歌 も 紹 介 し た い 。 所 ん だ ぜ 章 社 長 の 娘 に ガ ン っ け る ビ ジ ネ ス マ ン ビ ジ ネ ス マ ン ◆ 街 の サ ン ド イ ッ チ マ ン 替 歌 四 十 貯 め た ら 株 で も 買 い な が ら 平 和 ム ー ド で 寝 て く ら す ( ビ ジ ネ ス ・ ソ ン グ ) 第 551

替歌研究


と と も に 「 生 活 の 知 恵 」 で 紹 介 さ れ た こ と が あ る 。 戦 後 の 代 表 的 な 替 歌 で あ る 。 は 昭 和 三 十 四 年 、 皇 太 子 が 正 田 美 智 子 と 結 婚 し た 以 後 に 歌 わ れ た 。 ◆ こ の 道 替 歌 こ の 道 は 去 年 き た 道 あ あ そ う だ よ が ま ロ の 十 円 お と し た 道 だ よ 元 歌 は 北 原 白 秋 作 詞 、 山 田 耕 筰 作 曲 。 昭 和 初 期 か ら 歌 わ れ だ し た 。 替 歌 は 前 者 と 同 様 、 一 九 六 〇 年 代 に 歌 わ れ た 。 こ の こ ろ の 十 円 は い ま と ち が っ て 、 ま だ 値 打 ち が あ っ た 。 前 出 「 流 行 し て い る こ ど も の 替 え 歌 」 よ り 。 ◆ 雀 の 学 校 替 歌 グ ウ グ ウ ス ッ ス グ ウ ス ッ ス 居 ね む り 学 校 の 先 生 は 朝 か ら 晩 ま で グ ウ ス ッ ス グ ウ グ ウ ス ッ ス グ ウ ス ッ ス 生 徒 も ま ね し て グ ウ ス ッ ス グ ウ グ ウ ス ッ ス グ ウ ス ッ ス 元 歌 「 ち い ら い ば つ ば / ち い ば つ ば / 雀 の 学 校 の 先 生 は / む ち を ふ り ふ り ち い ば つ ば : ・ 」 ( 清 水 か つ ら 作 詞 ・ 弘 田 竜 太 郎 作 曲 ) は 大 正 末 か ら 歌 わ れ た 。 替 歌 は 、 現 在 の 子 ど も が い た ず ら つ ほ く 歌 い 替 え た も の 。 替 歌 研 究 会 員 採 収 。 ◆ 背 く ら べ 替 歌 柱 の 傷 は お と と し の 五 月 五 日 の 大 げ ん か ち ま き 取 ら れ て 兄 さ ん が 頭 を ぶ つ け た 傷 の あ と き の う 見 て み り ゃ な ん の こ と や っ と か す か に 見 え る だ け 元 歌 柱 の き ず は お と と し の 作 詞 海 野 厚 434

替歌研究


れ で も 、 こ の 一 冊 に 収 め き れ ず に 、 結 局 、 民 謡 編 を 含 む 替 歌 が 約 四 百 ペ ー ジ 分 、 続 刊 に ゆ ず ら ね ば な ら な く な っ た 。 替 歌 に 関 す る わ た し の 考 え か た は 、 す で に 「 替 歌 ノ ー ト 」 ( 拙 書 作 品 集 第 六 巻 所 収 ) 、 「 替 歌 と そ の 周 辺 」 ( 同 第 七 巻 所 収 ) な ど で 論 じ て き た が 、 本 書 で は 具 体 例 を あ げ て さ ら に 詳 し く 裏 づ け よ う と し た 。 今 後 、 こ の 研 究 が い さ さ か で も 理 解 さ れ 、 多 く の 人 た ち の 協 力 を え て 、 充 実 し て い く こ と を 切 望 す る も の で あ る 。 そ の 願 い も こ め て 、 歌 詞 の 使 用 を ご 許 諾 い た だ い た 著 作 権 関 係 者 お よ び 社 団 法 人 日 本 音 楽 著 作 権 協 会 、 な ら び に 替 歌 研 究 会 員 の か た が た に 心 か ら 感 謝 し た い 。 二 〇 〇 〇 年 秋 洛 東 ・ 吉 田 山 ふ も と で 有 馬 敲 728

替歌研究


第 二 十 章 現 代 っ 子 の 替 歌 元 歌 は 文 部 省 唱 歌 。 「 尋 常 小 学 校 唱 歌 ( 五 ) 」 ( 一 九 一 三 ) に 収 め ら れ て い る 。 替 歌 は 替 歌 研 究 会 会 員 に よ る 。 ◆ 花 咲 爺 替 歌 あ る 日 チ ャ ッ プ リ ン が 靴 買 い に お 靴 が 八 百 八 拾 円 あ ん ま り 高 い の で お 目 目 を ぐ る ぐ る こ の 元 歌 も 明 治 三 十 四 年 の 「 幼 年 唱 歌 」 に 収 め ら れ て 今 日 で は 広 く 普 及 し て い る 。 「 う ら の は た け で 、 ほ ち が ・ : 」 ( 石 原 和 三 郎 作 詞 ・ 田 村 虎 蔵 作 曲 ) 。 替 歌 は 、 花 咲 爺 が チ ャ ッ プ リ ン に 置 き か え ら れ 、 そ の 独 特 な 目 っ き に 結 び つ け た 。 ◆ ド ン パ ラ バ ッ ヾ ツ ド ン パ ラ ( か か し 替 歌 ) ー ラ ト ン ト ン ト ン に ー ン ハ 一 フ ヾ ッ ヾ ッ ヾ ド ン 。 ハ ラ ノ ノ ノ ー ラ ト ン ト ン に ー ン パ 一 フ ヾ ッ ヾ ッ ヾ ー ラ ト ン ト ン ト ン :-z ・ ン パ 一 フ ヾ ッ ヾ ッ ヾ ド ン 。 ハ ラ ノ ノ ノ ー ラ ト ン ト ン ト ン 文 部 省 唱 歌 「 か か し 」 の 曲 で 歌 う 。 ド ン パ ラ ( 大 太 鼓 ) ノ ハ ー ( ト ラ ン ペ ッ ト ー ラ ( ト ロ ン ポ ー ン ) ト ン ト ン ト ン ( 小 太 鼓 ) を 出 し て 、 即 興 コ ー ラ ス と し て 歌 わ れ る 。 元 歌 「 山 田 の 中 の 一 本 足 の か か し : : : 」 ◆ 雪 替 歌 雪 や 崑 ち ゃ ん ド ン 。 ハ ラ 42j

替歌研究


は じ め に 一 、 本 研 究 の 目 的 は 明 治 以 降 、 現 在 に い た る 替 歌 を 元 歌 の 歌 詞 と 対 比 す る こ と に よ っ て 、 替 歌 の 多 種 多 様 な 性 格 を 例 示 し 、 そ の 推 移 と 背 景 に つ い て 考 現 学 的 に 究 明 し よ う と す る も の で あ る 。 こ こ で い う 替 歌 は 替 え 歌 、 替 唄 、 換 唄 、 か え う た 、 歌 い 替 え 、 戯 歌 、 バ ロ デ ィ 、 変 調 、 節 か わ り 、 新 文 句 、 新 作 、 替 文 句 、 転 用 、 借 曲 、 は め 込 み 、 贋 作 、 盗 作 、 海 賊 版 な ど を 指 し て い る 。 三 、 替 歌 は 原 則 と し て 時 代 順 に 配 列 し て い る が 、 後 の 時 代 に 同 じ 元 歌 で 別 の 替 歌 が 作 ら れ た り 歌 わ れ た り し た 場 合 は 、 そ れ ら を 比 較 対 照 す る た め に 同 時 に 収 め て い る 場 合 が あ る 。 た と え ば 、 「 ト コ ト ン ヤ レ 節 替 歌 」 な ど 。 は じ め に 四 、 民 謡 や 俗 謡 等 に つ い て は 、 当 初 の 元 歌 が 消 え て 代 表 的 な 歌 詞 が 残 っ て い る も の を 、 元 歌 と 見 な し た 。 五 、 現 代 か ら み れ ば 、 あ き ら か に 偏 見 や 差 別 な ど 不 適 切 な 表 現 が あ る 替 歌 に つ い て も 、 当 時 の 状 況 を 知 る 資 料 と し て 、 そ の ま ま 取 り あ げ る こ と に し た 。 六 、 変 体 が な や 旧 漢 字 で 表 現 さ れ た 替 歌 は 、 原 作 の 意 味 を 損 な わ な い よ う に 配 慮 し な が ら 、 原 則 と し て 現 代 か な づ か い や 常 用 漢 字 に 改 め た 。 た だ し 、 中 に は 原 資 料 を い か す 意 味 か ら 旧 字 、 旧 か な の も の が あ る 。 同 じ く 当 て 字 と 思 わ れ る も の で あ っ て も 、 そ の ま ま 記 載 し た 場 合 が あ る 。 9