検索 - みる会図書館

検索対象: 最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMERから 105件ヒットしました。

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


・ さ て お 知 ら せ で す 。 柏 原 ボ ン ク ラ ー ズ の ホ ー ム ペ ー ジ で す 。 今 後 の 活 動 の お 知 ら せ な ど を 盛 り 込 ん で い ま す の で 、 よ ろ し け れ ば ご 高 覧 く だ さ い ま せ 。 ア ド レ ス は http://kashi—bon. com で す 。 こ ち ら の ペ ー ジ で ま 、 発 行 誌 の ご 案 内 や 委 託 書 店 の 情 報 次 回 の 発 行 予 定 な ど を 公 開 し て い ま す 。 今 後 と も 柏 原 ボ ン ク ラ ー ズ を よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 最 新 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル 2008 SUMMER ■ 発 行 者 柏 原 ボ ン ク ラ ー ズ ■ 著 者 蚊 亜 都 卍 / ひ い ら ぎ あ や / 魚 住 ま や イ ラ ス ト 河 南 あ す か / 魚 住 ま や / 取 石 卯 月 ■ 発 行 日 2008 / 08 / 1 7 コ ミ ッ ク マ ー ケ ッ ト 74 ■ 印 刷 大 陽 出 版 様 ■ 連 絡 先 http://kashi-bon.com [email protected] 110

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


ま え が き は じ め ま し て 、 ご き げ ん よ う 。 柏 原 ボ ン ク ラ ー ズ で す 。 今 回 「 最 新 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル 2008 SUMMER 」 を お 届 け い た し ま す 。 本 書 は 、 以 前 よ り コ ミ ッ ク マ ー ケ ッ ト に て 逐 次 発 行 し て き た も の に 、 改 訂 ・ 増 補 を 加 え た も の と な っ て い ま す 。 本 書 を 読 ん で そ の 内 容 を 実 行 さ れ た 際 の 責 任 は 実 行 し た 者 の 自 己 責 任 と し 、 発 行 者 執 筆 者 は そ の 責 任 を 負 い ま せ ん 。 あ く ま で も 情 報 と し て 参 考 に し て い た だ き 、 自 己 の 責 任 に お い て 実 践 さ れ る よ う お 願 い い た し ま す 。 責 任 逃 れ の よ う に 思 わ れ る か も し れ ま せ ん が 、 そ れ だ け で は な い 側 面 も あ る の で す 。 場 合 に よ っ て 、 具 体 例 が ポ カ し て あ っ た り す る 場 合 が あ り ま す が 、 こ れ は 記 述 内 容 を 逆 手 に と っ て 悪 用 さ れ な い た め の 対 策 で す 。 例 え ば ニ ュ ー ス で 、 某 薬 品 と 某 薬 品 を 混 ぜ て 自 殺 を 試 み た 事 件 が ・ ・ ・ と い う 報 道 が 度 々 あ り ま す が 、 そ の 後 は 決 ま っ て 類 似 し た 手 口 を 使 っ た 模 倣 犯 が 流 行 り ま す 。 練 炭 自 殺 な ど は そ の 最 た る も の と い え る で し よ う 。 web が 普 及 し て い る 現 状 で あ れ ば 、 チ ョ ッ ト 調 べ れ は 分 か っ て し ま う 手 口 で も あ り ま す が 、 実 際 に は そ う い う 手 段 と 接 点 の 薄 い 人 ( 携 帯 電 話 の ア プ リ と い う 形 で は web を 利 用 す る が 、 本 格 的 な 検 索 な ど は し な い と い っ た タ イ プ ) に と っ て は 、 マ ス コ ミ で 提 供 さ れ る 「 情 報 」 は 、 模 倣 に 足 る ヒ ン ト と な り え る の で す 。 な に よ り 、 テ レ ビ に し ろ 書 籍 に し ろ 同 人 誌 に し ろ 、 「 そ う い う 情 報 」 に 触 れ て し ま っ た 以 上 、 知 識 と し て 蓄 え ら れ て し ま う も の で す 。 そ れ を よ く 使 う か ・ 悪 く 使 う か は そ れ ぞ れ の 人 の 良 心 に か か っ て い ま す が 、 当 「 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル 」 で も 多 く の ペ ー ジ を 割 い て い る 「 好 ま し く な い 人 物 」 が 手 に と っ て 悪 用 す る 可 能 性 も あ る の で す 。 残 念 な が ら 世 の 中 は 危 険 で い つ ば い な の で す 。 そ の た め 、 こ の 「 最 新 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル 2008 SUMMER 」 で は 、 そ う い っ た 犯 行 を 示 ・ 幇 助 す る よ う な 内 容 は で き る だ け 遠 ざ け 、 読 む 人 の ス キ ル や 想 像 力 に 期 待 し て い る ( 頼 っ て い る ) 部 分 が 多 々 あ る の で す 。 怠 慢 や 調 査 不 足 で は な く 、 意 図 的 に 触 れ て い な い 部 分 が あ る の は 確 か で す が 、 も し 事 実 関 係 の 誤 り な ど の 不 備 が ご ざ い ま し た ら 、 ご 指 導 を 賜 り た い 5 2008 年 盛 夏 柏 原 ポ ン ク ラ ー ズ ー 同 そ れ で は 本 文 へ ど う ぞ 。 と 存 じ ま す 。

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


【 侵 入 盗 】 ( 用 語 ) 空 き 巣 泥 棒 の こ と 。 施 錠 さ れ て い な い 郵 便 受 け か ら 勝 手 に 配 達 物 を 読 ま れ た り 、 表 札 な ど か ら 家 族 構 成 や 生 活 ス タ イ ル を 把 握 さ れ て 、 不 在 時 を 狙 わ れ る こ と が 多 い の で 警 戒 が 必 要 で す 。 不 在 時 に は 、 敷 地 外 か ら は 在 宅 ・ 不 在 が わ か ら な い よ う に 注 意 し 、 夜 間 で は 居 間 の 明 か り を 点 灯 さ せ た り す る 自 衛 手 段 が あ る 。 ま た 家 族 構 成 を 伏 せ る 場 合 、 表 札 に 家 族 構 成 を 書 か な い 、 郵 便 受 け は 施 錠 す る 、 ま た 女 性 の 場 合 は 男 性 と 同 居 し て い る よ う に 装 う ( た だ し 賃 貸 契 約 な ど の 際 、 1 人 暮 ら し の は す な の に 連 名 が あ る と 管 理 人 と ト ラ ブ ル に な る こ と も あ る の で 、 事 前 に そ の 旨 を 伝 え て お い た ほ う が 良 い ) な ど の 対 策 を し た 上 で 、 窓 や 玄 関 ド ア に 防 犯 対 策 を 実 施 す る の が 望 ま し い 。 【 心 肺 蘇 生 法 】 ( 用 語 ) 呼 吸 停 止 、 心 臓 停 止 状 態 の 傷 病 者 に 対 す る 人 工 呼 吸 と 心 臓 マ ッ サ ー ジ の 一 連 の 動 作 。 赤 十 字 社 と 消 防 署 、 免 許 取 得 時 な ど に 講 習 が 受 け ら れ る 。 対 応 方 法 に つ い て は こ こ で は 詳 細 を 省 略 す る が 、 意 識 の 無 い 人 が 倒 れ て い た ら 呼 吸 ・ 出 血 の 有 無 を 確 認 し て す ぐ 1 19 番 通 報 し よ う 。 駅 や 施 設 内 の 場 合 に は 、 職 員 を 大 声 で 呼 び AED を 持 っ て き て も ら お う 。 な お 、 2005 年 に 国 際 ガ イ ド ラ イ ン が 改 定 さ れ こ れ ま で の 心 臓 マ ッ サ ー ジ 1 5 : 人 工 呼 吸 2 か ら 3 0 : 2 に 改 め ら れ て お り 、 現 在 の 講 習 に は 後 者 が 採 用 さ れ て い る 。 ま た 心 肺 蘇 生 法 は 心 肺 停 止 確 認 か ら 3 時 間 52 分 後 に 蘇 生 し た 事 例 が あ る と さ れ 、 交 代 者 や 救 急 隊 員 に 引 き 継 ぐ ま で 継 続 す る 必 要 が あ る 。 ハ ッ キ リ 言 う が も し 交 代 者 が な く 救 急 隊 到 着 ま で 1 人 で 実 施 す る 場 合 は 、 体 力 的 な 負 担 が あ る こ と で 相 当 の 覚 悟 が 必 要 。 も ち ろ ん 、 2 分 以 内 に 蘇 生 を 開 始 す れ ば 生 存 率 は 非 常 に 高 く な る 。 【 ス ー ノ ヾ ー ア ン ビ ュ ラ ス 】 ( 用 語 ) 東 京 消 防 庁 が 保 有 す る 特 殊 救 急 車 の 名 称 。 大 規 模 災 害 や 多 数 傷 病 者 が 発 生 し た 災 害 現 場 に お い て 車 両 ボ デ ィ を 左 右 に 拡 張 展 開 す る こ と で 最 大 40m ' 、 べ ッ ド 8 床 の 救 護 所 と し て 運 用 す る こ と が で き る 。 2008 年 に 発 生 し た 秋 葉 原 無 差 別 殺 傷 事 件 で DMAT と と も に 展 開 さ れ た 。 東 京 消 防 庁 に は こ れ ま で 3 台 の ス ー ノ ヾ ー ア ン ビ ュ ラ ス が 配 備 さ れ 、 1 台 目 は 東 京 消 防 庁 第 八 消 防 方 面 本 部 、 消 防 救 助 機 動 部 隊 ( 立 川 市 ) に 配 備 さ れ 、 地 下 鉄 サ リ ン 事 件 な ど で 出 動 、 2006 年 に 引 退 。 2 台 目 は 、 第 ニ 消 防 方 面 本 部 消 防 救 助 機 動 部 隊 に 配 備 さ れ 2008 年 の 秋 葉 原 連 続 殺 傷 事 件 に 出 動 。 3 台 目 は 、 引 退 し た 1 台 目 の 後 継 と し て 配 備 さ れ 渋 谷 温 泉 施 設 爆 発 事 故 に 出 動 し て い る 。 【 ス ト ー カ ー 】 ( 用 語 ) 特 定 の 人 物 に つ き ま と う 者 を 指 す 。 ネ ッ ト を 介 し て 行 う 者 で あ れ ば 、 ネ ッ ト ス ト ー カ つ き ま と う 行 為 を " ス ト ー カ ー 行 為 " と 言 う 。 一 方 的 な 好 意 や 怨 恨 が 原 因 で 始 ま る が 、 " ス h— カ ー 行 為 等 の 規 等 に る 法 ' に よ り 犯 罪 と 定 め ら れ て い る 。 但 し 、 親 告 罪 の た め 被 害 届 を 出 さ な い と 司 法 機 関 が 動 け な い た め 、 反 復 し て 2 回 以 上 の ス ト ー カ ー 行 為 が あ れ ば 被 害 届 を 出 す こ と で 対 処 で き る 。 【 ス ト ー カ ー 行 為 】 ( 用 語 ) 定 義 さ れ て し 、 る ス ト ー カ ー 行 為 は 次 の 通 り 。 1 . 2. 3. 4. 5. 6. 自 宅 ・ 学 校 ・ 職 場 な ど で の 、 つ き ま と い ・ 待 ち 伏 せ ・ 押 し か け 等 監 視 し て い る と 告 げ る 行 為 面 会 ・ 交 際 の 要 求 乱 暴 な 言 動 ( 生 命 ・ 身 体 ・ 自 由 ・ 名 誉 ・ 財 産 ・ に 危 害 を 加 え る 言 動 が 必 要 ) 無 言 電 話 、 拒 絶 後 の 連 続 し た 電 話 ・ FAX 汚 物 ・ 動 物 の 死 体 な ど の 送 付 93

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


あ と が き こ こ ま で お 読 み い た だ き 、 あ り が と う ご ざ い ま す 。 お 疲 れ 様 で し た 。 本 文 で も 触 れ て い ま す が 、 秋 葉 原 で の 連 続 殺 傷 事 件 は シ ョ ッ ク で し た 。 「 電 車 男 」 以 来 、 マ ス コ ミ で 妙 な 取 り 上 げ ら れ 方 を し た り 、 パ フ ォ ー マ ン ス と い う 名 の も と で 無 礼 講 が 行 わ れ た り し て 、 な ん と な く 秋 葉 原 の イ メ ー ジ が 変 わ っ て い る よ う な 気 も し ま す が 、 同 好 の よ し み が 集 う 繁 華 街 と し て 、 や は り そ れ な り に 愛 着 の あ る 街 で す 。 街 を 行 き 交 う 人 々 は 、 も し か し た ら ネ ッ ト ゲ ー ム 上 で 仲 間 だ っ た り 対 戦 相 手 で あ る 可 能 性 も あ り 、 ま た 掲 示 板 で 論 議 を 戦 わ せ た り 意 気 投 合 し た 相 手 だ っ た か も 知 れ ま せ ん 。 何 と な く そ う い う 雰 囲 気 を 放 つ 街 で す 。 そ う い う 街 ・ そ う い う 人 々 が 、 凶 行 に 遭 う と い う こ と は 一 あ く ま で 個 人 的 な 感 情 な の で 不 謹 慎 か も し れ ま せ ん が 一 ど う し て も 特 別 に 身 近 な 感 じ が し て し ま う の で す 。 秋 葉 原 と い う 街 に 対 し て 親 近 感 を 持 っ て い る の と 同 様 に 、 連 続 殺 傷 と 自 分 の 間 に も 普 通 で は な い 接 点 が あ る よ う な 感 覚 に な る の で す 。 こ の 種 の 通 り 魔 ( 連 続 殺 傷 ) や テ ロ と い う も の は 、 時 と 場 所 と 被 害 者 を 選 ば な い と 思 わ れ る 局 面 が 多 い で す が 、 実 際 は そ の 逆 で 、 時 と 場 所 を 相 手 を 選 ん で 襲 い 掛 か っ て く る も の で す 。 被 害 者 に と っ て は い き な り の 惨 事 で も 、 犯 行 を 意 図 し て い る 者 に と っ て は 準 備 さ れ た タ イ ミ ン グ で あ り 口 ケ ー シ ョ ン で な の で す 。 こ の 不 公 平 さ は な ん だ ? と 思 っ て み る と 、 そ の 対 策 と で も い う か 、 自 分 に で き る こ と と し ふ り よ て や は り 危 機 管 理 意 識 や 準 備 体 制 の 重 要 さ を 思 い 知 り ま す 。 悪 意 を 持 っ た 者 や 不 慮 の 事 故 に 少 し で も マ シ な 結 果 を 望 む の で あ れ ば 、 そ れ に 対 処 す る た め 平 時 か ら の 心 構 え が 大 切 で あ り 、 危 機 管 理 意 識 と そ の 知 識 ・ 情 報 が 欠 か せ ま せ ん 。 特 定 の 意 思 や 悪 意 な ど 介 在 し な い 天 災 で も 、 い つ 起 こ る か 分 か ら な い 点 で は 同 じ こ と が 言 え 、 や は り 備 え の 必 要 性 を 痛 感 し ま す 。 ま だ ま だ 勉 強 不 足 の 点 も あ る と 思 わ れ ま す が 、 こ れ か ら も 危 機 管 理 に つ い て 様 々 な こ と を 書 き 記 し 、 安 全 に つ い て 皆 さ ん と 一 緒 に 考 え る こ と が で き れ ば ・ ・ ・ と 思 う 次 第 で す 。 109 2008 年 盛 夏 柏 原 ポ ン ク ラ ー ズ ー 同 愛 と 平 和 ・ ・ ・ そ れ で は ま た ど こ か で お 会 い し ま し よ う 。

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


あ れ ば 問 題 な い ) 、 十 徳 ナ イ フ を 持 ち 歩 い て 逮 捕 ・ 書 類 送 検 さ れ た 実 例 も あ り ( 2008 年 の 秋 葉 原 連 続 殺 傷 事 件 の 直 後 、 秋 葉 原 で ナ イ フ 所 持 し て い た 若 者 が 警 官 に 取 り 囲 ま れ た こ と も あ る ) 、 残 念 な が ら 常 時 携 帯 は 勧 め ら れ な い 。 な お 所 持 目 的 は 、 間 違 っ て も 「 自 衛 の た め 」 と 言 っ て は い け な い ( 危 機 管 理 的 な 「 自 衛 」 で あ っ て も 、 警 察 側 は 人 を 刺 す 目 的 と し て 捉 え る 場 合 が あ る た め ) 。 【 消 火 器 】 ( ア イ テ ム ) 消 火 器 に は 、 大 き く 分 け て 粉 末 消 火 器 、 水 消 火 器 、 ニ 酸 化 炭 素 消 火 器 、 泡 消 火 器 な ど が あ る 。 普 段 見 か け る 消 火 器 の 多 く は 、 粉 末 消 火 器 か 水 消 火 器 。 特 に 粉 末 消 火 器 は 普 通 火 災 (A) 、 油 火 災 (B) 、 電 気 火 災 ( C ) に 対 応 す る 万 能 型 。 水 消 火 器 ( 強 化 液 消 火 器 ) は 、 ア ル コ ー ル 火 災 以 外 に 対 応 ニ 酸 化 炭 素 消 火 器 は 、 ガ ソ リ ン や 灯 油 ・ 樹 脂 火 災 、 電 気 火 災 泡 消 火 器 は 、 電 気 火 災 以 外 に そ れ ぞ れ 有 効 。 ・ ・ ・ と 、 用 途 別 に 分 か れ る 。 た だ し 、 一 般 的 な 消 火 器 は 1 5 秒 か ら 20 秒 程 度 し か 噴 射 で き な い の で 確 実 に 消 火 す る 必 要 が あ る 。 も し も 消 火 に 失 敗 し て 消 火 し き れ な か っ た ら 迷 わ す 避 難 し て 1 1 9 番 通 報 を 。 間 違 っ て も 、 テ ン プ ラ ( 油 ) 火 災 に 水 を か け な い こ と ( 爆 発 的 に 油 が 飛 散 し ま す ) 。 消 火 器 で あ れ ば 、 き ち ん と 消 火 で き る が 距 離 を 保 つ こ と ( 跳 ね 返 り で 火 傷 す る 恐 れ が あ る ) 。 ち ょ っ と 変 わ っ た 製 品 で は 、 警 備 会 社 の セ コ ム か ら 「 ト マ ホ ー ク シ リ ー ズ 」 と い う 据 え 置 き 型 消 火 器 が あ る 。 ダ ク ト 設 置 に す る 自 動 消 火 タ イ プ や 、 消 火 栓 の よ う に ノ ズ ル だ け を 持 っ て 消 火 で き る タ イ プ な ど が あ る 。 ま た 台 所 用 に 特 化 し た ス プ レ ー 式 ・ エ ア ゾ ー ル タ イ プ ( 殺 虫 剤 サ イ ズ ) も あ る が 、 使 用 期 限 を 過 ぎ る と 缶 が 劣 化 し て 破 裂 す る 可 能 性 が あ る の で 筆 者 は お 勧 め し な い 。 最 近 で は 、 手 の ひ ら サ イ ズ の 小 型 ニ 酸 化 炭 素 消 火 器 が 発 売 さ れ て お り 、 電 気 火 災 な ど を 中 心 に 有 用 で あ る 。 【 消 救 車 】 ( 用 語 ) 株 式 会 社 モ リ タ ( 消 防 車 の メ ー カ と し て 有 名 ) が 開 発 発 売 す る 、 救 急 と 消 火 活 動 の 両 方 に 対 応 し た 特 殊 車 両 。 患 者 の 収 容 搬 送 ス ペ ー ス を 確 保 し 、 医 用 機 材 の 配 置 に 対 応 し な が ら 、 普 通 消 防 ポ ン プ 車 と 同 じ 毎 分 2000 リ ッ ト ル の 放 水 能 力 を 装 備 し て い る 。 日 野 自 動 車 の テ ュ ト ロ を ベ ー ス 車 両 と し て お り 、 こ れ ま で に 千 葉 県 松 戸 市 消 防 局 、 京 都 府 京 都 市 消 防 局 、 青 森 県 む つ 市 大 畑 町 消 防 団 本 部 付 分 団 、 福 岡 県 福 岡 市 消 防 局 、 同 北 九 州 市 消 防 局 な ど に 配 備 実 績 が あ る 。 【 浄 水 器 】 ( ア イ テ ム ) 一 般 的 に 浄 水 器 と 言 え ば 蛇 ロ 直 結 型 を 思 い 浮 か べ る の が 普 通 だ が 、 こ こ で は 携 帯 携 行 型 の タ イ プ で 災 害 非 常 時 用 。 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 を き っ か け に 様 々 な タ イ プ が 開 発 さ れ 高 精 度 フ ィ ル タ ー を 通 す だ け で 大 腸 菌 や 一 般 細 菌 を 除 去 で き る も の か ら 、 水 と 塩 の 溶 解 液 に 電 荷 を 通 し て 混 合 オ キ シ ダ ン ト 殺 菌 液 を 生 成 、 そ の 生 成 水 を 未 処 理 の 水 に 注 い で 菌 類 ・ バ ク テ リ ア ・ ウ イ ル ス を 不 活 化 さ せ る も の ま で 実 に 様 々 な も の が あ る 。 但 し 、 河 川 の 水 は 澄 ん で 綺 麗 に 見 え て も 、 上 流 に 工 場 や ゴ ル フ 場 が あ れ ば 有 害 化 学 物 質 や 農 薬 が 混 入 し て い る 可 能 性 が あ る の で 、 注 意 が 必 要 と な る 。 そ の 河 川 に 魚 の 姿 が 見 つ か る よ う で あ れ ば 、 過 度 の 農 薬 ・ 化 学 汚 染 は な い 可 能 性 が 高 く 、 煮 沸 消 毒 な ど を 行 う こ と で 飲 用 可 能 な 水 を 作 る こ と も で き る ( 農 薬 は 煮 沸 で は 消 え な い こ と が 多 い が ) 。 煮 沸 消 毒 を す る 場 合 は 5 分 以 上 沸 騰 状 態 を 維 持 す る こ と 。 【 消 費 期 限 】 ( 用 語 ) 飲 食 物 の 使 用 期 限 の こ と 。 「 消 費 期 限 」 は そ れ ま で に 食 べ な い と ダ メ に な る よ う な 、 生 鮮 食 品 ・ 生 も の と し 、 っ た 日 持 ち し な い 食 品 に 付 け ら れ 、 当 然 保 存 食 や 常 備 食 に は 向 か な い 。

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


ロ 柏 原 ボ ン ク ラ ー ズ ロ 、 最 新 危 機 盲 理 マ ニ ュ ア ル 一 川 “ a 0 皿 Asuka K na 龜 :

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


■ こ ( ■ ■ 《 : 上 野 L も く じ ま え が き .. 緊 急 特 集 秋 葉 原 無 差 別 殺 傷 事 件 .. 有 明 ComicMarket に お け る 被 害 管 理 と 危 機 管 空 港 ・ 商 業 施 設 に お け る 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル .. 鉄 道 ・ 駅 な ど に お け る 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル .. 住 宅 被 災 時 に お け る ラ イ フ ラ イ ン 対 策 と そ の 物 資 ・ 用 品 編 .. 地 震 の 知 識 と 地 震 発 生 時 の 対 応 に つ い て .. 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル 被 災 時 に お け る 帰 宅 支 援 編 . ラ イ フ ラ イ ン 遮 断 時 に お け る 被 災 生 活 マ ニ ュ ア ル .. 携 帯 電 話 を 使 っ た 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル . 日 常 生 活 に お け る 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル .. 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル 歩 行 時 ・ 街 中 を 移 動 中 の 警 戒 編 . 身 近 な 人 の 自 殺 対 策 ( 予 防 ) と 巻 き 添 え 被 害 対 策 .. 危 機 管 理 マ ニ ュ ア ル ス ク ー ル セ キ ュ リ テ ィ 編 . 危 機 管 理 用 集 ロ ロ ・ 日 本 の 情 報 機 . 国 民 保 護 法 あ と が き . 編 著 : 柏 原 ポ ン ク ラ ー ズ / 表 紙 イ ラ ス ト : 河 南 あ す か . 1 2 . 69 . 72 . 78 .. 82 . 105 . 108 . 109

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


多 く の 場 合 、 水 分 の 摂 取 量 が 少 な く 、 足 を 下 に し て 座 席 に 座 っ た 姿 勢 で 長 時 間 い る と 、 重 力 に よ っ て 下 半 身 ・ ・ ・ と り わ け 脚 部 に 「 血 が 下 が っ て 」 ゆ き 、 比 重 が 重 く 粘 性 を 持 っ た 小 さ な 血 栓 が 発 生 す る 。 そ れ が 何 か の 拍 子 に 体 内 を 循 環 し 、 脳 な ど に 達 し て 血 管 を 詰 ま ら せ 、 重 大 な 障 害 を 引 き 起 こ す も の 。 最 悪 の 場 合 、 血 栓 症 に よ り 死 亡 す る 事 例 す ら あ る 危 険 症 状 。 災 害 時 に は 、 長 期 間 に 渡 り 車 内 泊 を 繰 り 返 す こ と で 発 症 し や す い 。 従 来 は 国 際 航 空 便 の 搭 乗 で 、 比 較 的 狭 し 、 座 席 で あ る 「 エ コ ノ ミ ー ク ラ ス 」 に 長 時 間 座 っ た 客 が 、 現 地 に 到 着 し て 間 も な く 卒 中 に 見 舞 わ れ る 症 状 と し て 有 名 だ っ た 。 だ が 災 害 の 被 災 地 で 余 儀 な く さ れ る 不 便 な 避 難 生 活 上 で も 、 同 様 な 症 例 が 発 生 す る と し て 大 き く 取 り 上 げ ら れ た 。 こ れ の 回 避 は 、 意 識 的 に 水 分 を 摂 取 し て 体 の 水 分 が 失 わ れ な い よ う に し 、 定 期 的 に 軽 い ス ク ワ ッ ト ・ 階 段 の 昇 降 な ど の 運 動 を 行 っ て 足 元 に 血 栓 の 元 と な る よ う な 「 血 が 下 が る 」 現 象 を 予 防 す る こ と に あ る 。 【 尾 西 食 品 】 ( 会 社 名 ) 昭 和 1 7 年 創 業 の ア ル フ ァ 米 製 造 メ ー カ ー 創 業 者 で あ る 尾 西 敏 保 氏 が 昭 和 7 年 に 澱 粉 の ア ル フ ァ 化 加 工 技 術 ・ 工 業 的 製 法 を 確 立 し 、 現 在 に 至 る 。 創 業 時 の 昭 和 1 7 年 に 軍 用 食 料 製 造 の 機 関 工 場 と し て 成 長 し た 後 、 戦 後 は 民 需 向 け の 非 常 用 食 料 ・ 山 岳 携 行 食 糧 生 産 に 転 換 し た 。 近 年 で は 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ( JA><A ) と の 共 同 開 発 に よ り 、 国 際 宇 宙 ス テ ー シ ョ ン の 食 料 と し て ア ル フ ァ 米 製 品 の 採 用 が 平 成 1 7 年 に 決 定 し て し 、 る 。 主 力 商 品 の 市 販 ア ル フ ァ 米 シ リ ー ズ は 、 炊 き 込 み お こ わ 、 山 菜 お こ わ 、 五 目 ご は ん 、 赤 飯 、 白 が ゆ 、 梅 が ゆ 、 お に ぎ り な ど 普 段 か ら 食 べ て も 十 分 お い し い 製 品 ラ イ ン ナ ッ プ と な り 、 パ ン 、 サ プ リ メ ン ト 、 長 期 保 存 水 、 け ん ち ん 汁 30 食 セ ッ ト な ど の 非 常 用 災 害 対 策 食 品 メ ー カ ー と し て 、 ト ッ プ プ ラ ン ド の 地 位 に 君 臨 し て い る 。 ち な み に 、 ア ル フ ァ 米 シ リ ー ズ の 「 山 菜 お こ わ 」 は と て も 美 味 で あ り 、 個 人 的 に オ ス ス メ で あ る 。 http://www.onisifoods.co.jp 【 オ ン コ ー ル 当 番 】 ( 用 語 ) 医 師 業 界 の 用 語 で 「 在 宅 待 機 当 番 」 の こ と 。 総 合 病 院 な ど の 各 診 療 科 ド ク タ ー が 順 番 で 夜 間 や 休 日 に 電 話 が 常 時 つ な が る よ う に 待 機 し て い る 状 態 を 指 す 。 患 者 の 容 態 が 急 変 し た り す る と す ぐ に 病 院 に 駆 け つ け た り 、 当 直 医 か ら 専 門 治 療 に つ い て の 相 談 を 受 け た り す る 。 待 機 場 所 が 自 宅 と い う こ と か ら 無 給 待 遇 が 問 題 視 さ れ 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 で は 2008 年 4 月 か ら 、 医 師 、 看 護 師 、 臨 床 検 査 技 師 に 待 機 手 当 て を 支 給 す る な ど 改 善 策 に 乗 り 出 し て い る 。 か 行 【 カ ー ラ ー の 生 命 曲 線 】 ( 用 語 ) 心 臓 停 止 し た 傷 病 者 は 3 分 間 放 置 し た 時 点 で 死 亡 率 50 % に な り 、 さ ら に 5 分 間 放 置 す る と 死 亡 率 90 % に な る こ と を 表 し た 曲 線 グ ラ フ 。 呼 吸 停 止 で は 1 0 分 放 置 で 死 亡 率 50 % 、 出 血 多 量 で は 30 分 で 50 % と な っ て い る 。 【 害 者 】 ( 警 察 用 語 ) ガ イ シ ャ 。 被 害 者 の こ と 。 【 外 周 点 検 】 ( 用 語 ) 建 物 や 車 両 の 周 囲 を 周 り 異 常 の 有 無 を 確 認 す る 安 全 点 検 。 警 備 員 が 定 時 巡 回 し た り 、 侵 入 信 号 が あ っ た 物 件 の 到 着 時 に 行 っ た り 、 一 般 人 が 車 両 に 乗 り 込 む 前 に 周 囲 に 人 や 物 が 無 い か 確 認 す る 。 【 火 災 】 ( 用 語 ) 消 防 庁 火 災 報 告 取 扱 要 領 に よ れ ば

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


メ ジ ャ ー な 企 業 と し て 、 セ コ ム 、 綜 合 警 備 保 障 、 る か を 瞬 時 に 判 断 す る こ と が 非 常 に 重 要 で あ る 。 最 悪 の 場 合 、 / ヾ ニ ッ ク の 行 き 着 く 先 が 実 際 に は 全 日 警 な ど 。 ま た 関 西 電 力 な ど 他 業 種 か ら の 新 行 き 止 ま り で 、 さ ら に 火 を 噴 い て い る よ う な 場 合 も 規 参 入 も あ る 。 あ る 。 こ の 場 合 後 続 の 群 集 に 押 さ れ て 後 戻 り で き 【 血 液 感 染 】 ( 用 語 ) す 、 先 頭 の 集 団 は 逃 げ 場 を 失 っ て 焼 か れ て し ま う 注 射 や 輸 血 な ど の 医 療 行 為 、 外 傷 出 血 が 他 者 こ と も 十 分 考 え ら れ る 。 大 群 衆 で は 、 末 端 に ま で 事 の 目 や 粘 膜 、 手 先 な ど の 怪 我 の 箇 所 に 触 れ る な 態 の 様 子 が 的 確 に 伝 わ ら な い こ と が 混 乱 に 拍 車 を ど し て 、 血 液 中 の 病 原 体 が 他 者 感 染 す る こ と 。 皮 か け る 。 膚 同 士 の 接 触 感 染 と は 異 な る 。 【 警 察 庁 】 ( 用 語 ) HIV 、 B 型 肝 炎 、 C 型 肝 炎 、 ク ロ イ ッ フ ェ ル ト ・ ヤ コ ブ 病 な ど が 代 表 的 。 警 視 庁 を 含 む 都 道 府 県 警 察 を 指 揮 監 督 す る 行 2008 年 に 発 生 し た 秋 葉 原 無 差 別 殺 傷 事 件 の 政 機 関 。 省 庁 の 一 。 救 護 活 動 を し た 人 に 、 血 液 感 染 の 恐 れ が あ る と 【 警 視 庁 】 ( 用 語 ) 報 道 さ れ た こ と が あ る 。 こ れ を 契 機 に 、 警 視 庁 で は 警 察 官 に ラ テ ッ ク ス 東 京 都 を 管 轄 す る 警 察 本 部 。 グ ロ ー プ を 警 察 官 に 配 布 し て い る 。 鉄 道 に お い て 東 京 都 警 察 本 部 と 呼 称 し な い の は 、 日 本 の 首 都 人 身 事 故 が 発 生 し た 際 、 以 前 よ り 鉄 道 職 員 な ど は で あ る 東 京 を 管 轄 し 、 皇 居 や 政 府 機 関 、 各 国 駐 日 マ ス ク や 手 袋 で 「 武 装 」 し て 事 態 に 対 処 し て い る 。 大 使 館 警 備 、 官 僚 警 護 な ど が あ る 為 で 、 / ヾ リ や ロ ン ド ン の 首 都 警 察 呼 称 に 倣 っ た と 言 わ れ て い る 。 【 煙 感 】 ( 用 語 ) 第 ニ 次 大 戦 の 終 戦 直 後 ・ 占 領 期 に は 大 阪 に も 警 読 み ・ ・ ・ け む か ん 。 防 災 用 の 「 煙 感 知 機 」 の こ と 。 視 庁 が あ っ た ( 進 駐 軍 = ア メ リ カ に お け る 、 大 都 市 を 天 井 に 設 置 さ れ る 。 管 轄 す る 「 市 警 」 の シ ス テ ム に 倣 っ た た め ) 。 隠 語 と し て 「 桜 田 門 」 や 、 ド ラ マ 「 踊 る 大 捜 査 線 」 【 現 行 犯 逮 捕 】 ( 用 語 ) で も 有 名 と な っ た 「 本 店 」 と い っ た の 呼 び 方 が あ 現 に 罪 を 行 い 、 又 は 現 に 罪 を 行 な い 終 わ っ た 者 る 。 に 対 し て は 刑 事 訴 訟 法 212 条 1 項 に よ り 不 从 で あ っ 【 警 備 会 社 】 ( 用 語 ) て も 甫 礼 状 無 く 現 行 犯 で 甫 す る こ と が で き る 。 ま た 、 以 下 の 事 由 に 該 当 す る 者 は 準 現 行 犯 と さ れ 民 間 で 警 備 業 務 を 行 な う 会 社 。 る が 、 刑 事 訴 訟 法 21 2 条 2 項 に よ り 、 現 行 犯 人 と 警 備 業 法 に 基 づ い て 公 安 委 員 会 の 認 可 を 要 す み な さ れ 、 同 様 に 礼 状 無 く 私 人 逮 捕 が 出 来 る 。 る 。 1 . 犯 人 と し て 追 呼 さ れ て い る と き ( 犯 人 と 明 確 に 認 主 な 業 務 は 、 施 設 や 住 宅 な ど に お け る 防 犯 警 戒 、 交 通 誘 導 、 貴 重 品 輸 送 、 要 人 警 護 な ど が あ る 。 哉 し て い る 者 に 追 跡 さ れ て い る 様 な 場 合 ) 近 年 で は 多 様 化 さ れ 、 機 械 に お け る 事 務 所 や 住 2. 賊 物 又 は 明 ら か に 犯 罪 の 用 に 供 し た と 思 わ れ る 兇 器 そ の 他 の 物 を 所 持 し て い る と き ( 盗 品 を 所 持 宅 な ど の 、 ホ ー ム セ キ ュ リ テ ィ を は じ め 、 GPS 端 末 に お け る 位 置 検 出 通 知 サ ー ビ ス 、 各 種 防 犯 防 し て し 、 た り 、 殺 人 に 使 っ た と 思 わ れ る 血 の 付 い た 刃 物 等 災 対 策 商 品 の 開 発 販 売 や 、 AED ( 自 動 体 外 式 除 を 所 持 し て い る 場 合 ) 3. 身 体 又 は 被 服 に 犯 罪 の 顕 著 な 証 跡 が あ る と き 細 動 器 ) の 販 売 ・ リ ー ス 、 ガ ー ド ロ ホ ッ ト の 開 発 や ( 返 り 血 を 浴 び た よ う な 大 量 の 血 痕 が 服 に 付 着 し レ ン タ ル と い っ た 社 会 イ ン フ ラ と し て 活 躍 し て い て い る 場 合 ) る 。 87

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


存 在 に な り 下 が っ て い る 。 各 自 治 体 で は 対 策 改 正 剰 列 な ど で 取 り 締 ま っ て い る 。 暴 走 族 を 「 珍 走 団 」 と 呼 ほ う と す る 運 動 で は 、 徒 歩 暴 走 族 を 「 珍 歩 団 」 と 呼 ん で し 、 る 。 【 ト ヨ ト ミ 】 ( 会 社 名 ) 愛 知 県 名 古 屋 市 に あ る 暖 房 機 メ ー カ ー 灯 油 式 火 鉢 型 ス ト ー プ や 、 大 型 煮 炊 き バ ー ナ ー 「 K ー 8 」 な ど を 発 売 し て い る 注 目 の メ ー カ ー で す 。 特 に 灯 油 式 火 型 ス ト ー プ は 電 源 を 必 要 と せ す 、 独 立 し て ス ト ー プ と コ ン ロ と し て の 機 能 を 併 せ 持 っ た め 一 般 家 庭 用 の 防 災 用 品 と し て は 強 く お 勧 め し た い も の で す 。 ま た 「 K ー 8 」 は 唯 一 電 源 が 必 要 だ が 、 最 大 1 9 時 間 の 燃 焼 が 可 能 で 16000kcal/h の 高 火 力 / ヾ ー ナ 。 電 源 は 家 庭 用 100V 以 外 に 、 発 電 機 や 車 載 バ ッ テ リ ー 、 シ ガ ー プ ラ グ 電 源 で も 動 作 す る つ わ も の 。 主 に 事 業 所 や 自 治 体 向 け の 防 災 用 品 で も あ る 。 電 源 の 独 立 化 は 、 担 当 者 に よ れ ば 今 後 の 課 題 と の こ と 。 な 行 【 ニ ン ジ ン 】 ( 警 察 用 語 ) 発 光 式 の 交 通 誘 導 灯 の 俗 称 。 赤 く て 長 い 野 菜 ー ン ジ ン に 似 て い る こ と か ら の 隠 語 で あ る 。 近 年 で は 、 省 電 力 で 長 寿 命 の LED 式 が 普 及 し 高 寿 命 で 視 認 性 も 非 常 に 高 い 製 品 が 出 て し 、 る 。 高 速 道 路 で の 使 用 を 想 定 さ れ た ロ ン グ タ イ プ も あ る 。 コ ミ ッ ク マ ー ケ ッ ト 一 部 部 署 の 必 須 装 備 【 人 着 】 ( 警 察 用 語 ) で も あ る 。 読 み ・ ・ ・ ね つ か ん 。 防 災 用 の 熱 感 知 機 の こ と で 、 【 熱 感 】 ( 用 語 ) 外 見 や 特 徴 で 判 別 す る 。 犯 罪 者 ・ 不 審 者 ま た は 身 元 不 明 の 被 害 者 な ど を 読 み ・ ・ ・ に ん ち ゃ く 。 人 相 や 着 衣 の こ と 。 逃 走 し た 火 災 な ど の 以 上 高 熱 を 検 知 す る 。 主 に 天 井 に 設 置 さ れ る 。 煙 感 知 式 の セ ン サ ー よ り も 信 頼 性 が 高 い ( 煙 感 知 式 は 喫 煙 で も イ 乍 動 す る こ と が あ る ) 。 古 い タ イ プ の ス プ リ ン ク ラ ー ( 電 源 や 特 殊 な 操 作 を 用 い な い ) に は 火 災 の 熱 で 止 め 具 が 外 れ て 自 然 放 水 す る タ イ プ が あ り 、 電 気 的 な 機 構 は 持 た な い が 熱 に 反 応 す る 意 味 で こ の 一 種 と い え る か も 知 れ な い ? 。 は 行 ネ ッ ト 上 に お け る 予 告 情 報 の 通 報 を 呼 び か け る う に 、 そ の 予 告 が 実 行 さ れ る 場 合 も あ り 警 察 庁 が し か し 、 2008 年 の 秋 葉 原 無 差 別 殺 傷 事 件 の よ 愉 快 犯 が よ く 行 う 行 為 の 一 つ 。 予 告 な ど で 人 や 組 織 が 混 乱 す る 様 子 を 楽 し む 、 場 所 や 日 時 、 個 人 名 を 特 定 し 爆 破 予 告 や 殺 傷 【 犯 罪 予 告 】 ( 用 語 ) の こ と ) 。 ン を 炊 く こ と も で き る ( 事 前 に バ ッ テ リ ー 容 量 は 確 認 事 例 を 出 せ ば 、 車 の 中 で 炊 飯 器 を 利 用 し て ゴ ハ ン セ ン ト を 持 っ て い る 自 動 車 も あ る の で 、 極 端 な ソ リ ン を 使 用 す る も の ま で 様 々 だ が 、 最 近 で は コ 何 か と 便 利 。 ガ ス を 使 用 す る も の か ら 、 灯 油 、 ガ こ れ を 回 避 す る た め に 発 電 機 を を 用 意 し て お く と 、 寸 断 さ れ る と 、 社 会 生 活 に 重 大 な 被 害 が 発 生 す る 。 ラ イ フ ラ イ ン の ひ と つ で あ る 電 気 が 災 害 な ど で 【 発 電 機 】 ( ア イ テ ム ) で 避 難 所 と 発 電 機 の 役 目 を し て く れ る だ ろ う 。 策 用 品 を 備 蓄 し て お け ば 、 ハ イ プ リ ッ ド カ ー 1 台 て も 有 効 と さ れ て い る 。 ト ラ ン ク ル ー ム に 災 害 対 る の で 、 パ ソ コ ン や 炊 飯 調 理 な ど 、 災 害 対 策 と し を 受 け ら れ る 。 約 1500W ま で の 電 力 供 給 が 出 来 ノ ヾ ッ テ リ ー を 通 じ て 車 内 コ ン セ ン ト か ら 電 力 供 給 工 ン ジ ン を 発 電 機 と し て も 利 用 す る の で 、 内 蔵 ガ ソ リ ン と バ ッ テ リ ー 動 力 で 走 る 自 動 車 。 【 ハ イ プ リ ッ ド カ ー 】 ( 用 語 ) 97