検索 - みる会図書館

検索対象: 落語的学問のすすめ

落語的学問のすすめから 115件ヒットしました。

落語的学問のすすめ


今 日 は シ ャ レ で っ せ ! 四 講 Winter 0 Summer Clam

落語的学問のすすめ


125 ~ 危 な い : と 天 才 は メ ビ ウ ス の 輪 母 さ ん の 世 代 ま で ワ ー プ し た で し よ 、 あ の と き に 時 代 を 表 す 小 道 具 と し て 、 こ れ が ほ 1 ん と は や 出 て き て 、 そ の こ ろ に 流 行 っ た ア メ リ カ ン ・ ポ ッ プ ス な ん か が 流 れ て く る 場 面 あ り ま し た ね 。 そ ん な ふ う に 時 代 を 説 明 す る 、 レ ト ロ 感 覚 と い う と こ ろ で 最 近 は 非 常 に 重 宝 さ れ て お り ま す け ど も 、 私 、 こ れ が 欲 し く な り ま し て 。 阪 急 イ ン グ ス に 、 売 り も の や な く て 、 店 の 雰 囲 気 を 出 す た め に 置 い た あ っ た ん を 「 こ ん な ん 欲 し い ね ん ー い う て 無 理 に 買 う た ん で す よ 。 こ れ 、 二 十 五 セ ン ト 入 れ る と 、 音 楽 が 鳴 る よ う に な っ て ま し て 、 裏 に べ ニ ヤ 板 が あ っ て 、 そ こ に 音 符 な ん か が び っ と 書 い た あ る 。 こ の 機 械 が お も し ろ い の は 、 ネ オ ン 管 ゃ な く て 、 単 に 蛍 光 灯 の 周 り に 筒 が 入 っ て ま し て ね 、 こ れ が モ ー タ ー で 動 く よ う に な っ て る 。 そ う す る と 、 こ こ が 赤 な っ た り 、 青 に な っ た り 、 黄 色 な っ た り し て 、 も の す ご き れ い に 見 え る わ け な ん で す ね 。 私 、 夏 の 暑 ー い 日 な ん か に ね 、 老 酒 飲 み な が ら 、 こ れ で コ ニ ー ・ フ ラ ン シ ス と か 、 古 い 古 い 音 楽 を 聞 い て ま す ね ん 。 く わ 1 ん 、 わ ー ん い う 音 楽 を 聞 い て 、 ま た 老 酒 を か あ ー っ て 飲 ん で い く と 、 頭 が ぐ わ ー っ と ウ ニ の よ う に な っ て で す ね 、 ふ っ と ギ ャ グ を 思 い つ い た り な ん か す る 。 大 概 は 、 酔 い た ん ば に な っ て 、 そ の ま ま つ ぶ れ て し ま う ん で ご ざ い ま す け ど も 。 ( 笑 ) い や い や 、 酔 い つ ぶ れ る 話 は ど う で も よ ろ し い の や 。 要 す る に 何 を い い た し か い う と 、 音 の 世 界 で も な ん で も ど ん ど ん 世 代 が 変 わ っ て い っ て 、 い い 機 械 が ど ん ど ん 出 て ま い り ま す と 、 今 度 は 古 い も の が 逆 に 見 直 さ れ て く る い う こ と か い い た い ん で す 。 ラ オ チ ュ ー

落語的学問のすすめ


124 が つ く れ な い と い え ば 、 た だ 危 な い 、 き よ う 電 車 の 中 で 会 う た お っ さ ん と 同 じ ゃ な い か ( 笑 ) こ の ジ ャ ケ ッ ト を 、 昨 日 、 べ か ち ゃ ん ( 桂 べ か こ さ ん ) に 持 っ て も ろ た ん で す け ど で す ね 。 べ か ち ゃ ん 自 身 が そ う い う に 見 え て い く と い う 、 も の す ご く お ぞ ま し い 世 界 で ご ざ い ま し た 。 ( 笑 ) う ち の 珍 念 に も 持 っ て も ろ た ん で す よ 。 彼 は 、 い つ も ち ょ っ と こ こ に 聴 講 生 と し て 参 加 し て お り ま す け ど も 、 丸 刈 り の 頭 で 、 歯 茎 が ぐ っ と こ う 出 て ま す か ら ね 、 そ れ が プ リ ン ス の ジ ャ ケ ッ ト を 持 っ て 、 え っ と 笑 う 。 そ う す る と 、 も の す ご い 世 界 に 頭 が ワ ー プ し て い く の が お も し ろ か っ た で す ね 。 ( 笑 ) 最 近 は OQ が 全 盛 で 、 低 音 か ら 高 音 ま で 、 と っ て も リ ア ル な 音 を 楽 し め る 時 代 に な っ て き ま し た で す が 。 そ の 代 わ り 、 昔 の (-) の よ う に ジ ャ ケ ッ ト そ の も の を ア ー ト と し て と ら え る 、 例 え ば 抱 え て 歩 く と か 、 机 や オ ー デ ィ オ の 上 に 置 い た り す る 楽 し み と い う の は だ ん だ ん 減 っ て ま い り ま し た で す ね 。 の 前 に は と い う の が あ り ま し て 、 も っ と 前 は 蝋 管 ち ゅ う の も あ り ま し た 。 こ う い う 管 を 回 転 さ せ る と 、 針 が び っ と 動 い て い っ て 音 を 聞 い た わ け な ん で す ね 。 そ れ か ら 、 真 空 管 を 使 っ た ジ ュ ー ク ポ ッ ク ス と い う の が ご ざ い ま し た け ど も 、 何 か こ 、 つ ト ー ス ト の お 化 け み た い な 形 し た 箱 の 中 に 二 十 五 イ ン チ の シ ン グ ル 盤 い う の が 入 っ て ま し て ね 、 ー の 隅 っ こ と か に よ う 置 い て あ っ た 。 『 バ ッ ク ・ ト ウ ー ・ ザ ・ フ ュ ー チ ャ ー 』 い う 映 画 で 、 お 父 さ ん と お ろ う お

落語的学問のすすめ


1 ~ 危 な い : と 天 才 は メ ビ ウ ス の 輪 ロ 、 ボ 、 で の 映 画 に 出 て く る ロ ポ ッ ト な ん か は 声 優 さ ん が 「 ワ 、 タ 、 シ 、 ダ 」 い う て 、 ヘ ン な こ と や っ て た ん で す が ね ( 笑 ) 。 け ど 、 最 近 は ハ 1 モ ナ イ ザ ー と か イ ミ ュ レ タ ー と か い う 機 械 が あ り ま し て 、 音 の 波 形 を 変 え て 違 う 音 質 を 出 せ る よ う に な っ た 。 あ の 『 ス タ ー ・ ウ ォ ー ズ 』 の ダ ー ス ペ ー ダ ー の 「 ゴ ゴ ゴ グ ア 、 ゴ ウ ッ 」 い う 声 な ん か は 、 そ う い う も の を う ま い こ と 使 う て あ り ま す ね 。 サ ダ キ チ の 場 合 は 、 そ れ が も っ と 進 ん で ま す か ら 、 自 由 な し ゃ べ り が 可 能 な わ け で す 。 こ の サ ダ キ チ は 強 力 な 磁 場 を 持 っ た 光 の 集 合 体 で す か ら 、 地 下 鉄 の 自 動 改 札 な ん か も 簡 単 に 通 れ ま す 。 磁 場 荒 ら し み た い な こ と で 、 し ゅ ー っ と こ う 行 っ て し ま う し 、 満 員 電 車 で も ば あ っ て 平 気 で 乗 っ て し ま う 。 で 、 満 員 電 車 の 尻 押 し の ア ル バ イ ト が 、 サ ダ キ チ を 押 そ う と す る と 、 す る ん と 抜 け て 、 そ の 前 に い て る 女 の 人 の 胸 を ぐ っ と っ か ん で し ま い ま し て 、 「 変 態 ! 」 と か い わ れ た り す る ん で す ね え 。 ( 笑 ) け ど 、 博 士 は 仕 事 で 学 校 の 研 究 室 へ 出 か け て し ま う の で 、 サ ダ キ チ は い つ も 寂 し い て 仕 方 な い 。 町 内 の 子 供 と 影 踏 み し て 遊 ば う 思 う て も 、 光 の 集 合 体 や か ら 、 影 が で け へ ん 。 缶 蹴 り し ょ 思 て も 、 や つ ば り 実 体 が な い か ら 、 蹴 っ て も す っ と 抜 け て ま う 。 そ や か ら 、 友 だ ち と 遊 べ な い し 、 寂 し い て し ゃ な い ん で 、 テ レ ビ で 吉 本 新 喜 劇 ば っ か り 見 と る 。 博 士 が 帰 っ て く る な り 「 ぶ ん わ か ぶ ん わ か 」 い う て 迎 え た り す る わ け な ん で す ね え 。 ( 笑 ) そ ん で 、 博 士 が 「 し ゃ あ な い 、 友 だ ち つ く っ た る さ か い 、 ど ん な タ イ プ が え え ね ん ? 」 こ く し よ う う ん で す ね 。 そ し た ら 、 サ ダ キ チ は 「 国 生 さ ゆ り の う な じ と 、 き ょ ん き ょ ん の あ ご と 、 斎 藤 か ん け

落語的学問のすすめ


4 ろ 無 知 に 甘 え て い る こ と が 恥 ず か し い 時 間 半 は 要 り ま す 、 そ う す る と 六 時 半 か ら や ら な し ゃ あ な い わ ね 。 ー す る と 、 超 過 料 金 を 何 十 万 て 取 る わ け で す 。 で 、 劇 場 い う の は 、 九 時 を 一 分 で も オ ー だ か ら 、 皆 さ ん 方 も よ く コ ン サ ー ト な ん か へ 行 っ て 「 も っ と や れ 、 ア ン コ ー ル ! ア ン コ ー ル ! 」 て や る で し よ う 。 あ れ 、 最 初 か ら 盛 り 上 が っ た ら え え ん で す け ど も 、 そ の へ ん 日 本 人 へ た て 下 手 や か ら ね 、 終 わ る こ ろ に な っ て 「 え え ぞ ー 」 て い い 出 し ま す 。 け ど 、 そ の と き は も う 遅 い か な 、 九 時 回 っ た ら え ら い こ っ ち ゃ い う ん で 、 ど ん ち ょ う を 閉 め ら れ て し ま い ま す 。 ( 笑 ) 結 局 、 日 本 の 劇 場 の 場 合 は 市 と か 厚 生 課 と か が 管 理 し て て 、 民 間 で 経 営 さ れ て な い か ら で す ね 。 係 も 管 理 の こ と し か 考 え て な い 。 私 な ん か は 「 文 化 は 夜 つ く ら れ る 」 と 思 う と り ま す け ど も 、 ア ー ト す る こ と と 、 管 理 す る こ と と い う の は 相 反 す る 部 分 が あ り ま し て 、 そ こ ん と こ で い つ も も め て う ま く い か な い 。 日 本 の 場 合 は 、 劇 場 の あ り 方 そ の も の に 非 常 に 制 限 が あ っ て 、 な か な か 難 し い と こ ろ が あ る ん で す ね え 。 こ れ を 民 間 で や る と 、 別 に 八 時 か ら や っ た っ て い い し 、 九 時 か ら や っ た っ て え え わ け で す 。 河 島 英 五 さ ん が 「 な ん ば 花 月 ー を 借 り て い つ も や っ て は る の は 、 晩 の 九 時 ご ろ か ら 次 の 朝 の 六 時 ご ろ ま で 。 そ ん な に 長 い 間 や ら い で も え え や な い か と 思 う く ら い 八 飲 ん で え ー え 、 と か や っ て ま す な あ 。 ( 笑 ) 私 が 一 番 最 初 に 見 た の は 『 ソ フ ィ ス ト ケ ー テ ィ ッ ド ・ レ デ ィ ズ 』 だ っ た と 思 う ん で す け ど も 、 ま あ 、 足 の 長 い こ と 、 長 い こ と 、 肩 ま で 足 な ん で す よ ( 笑 ) 。 ヘ ー 、 そ ん な ア ホ な い う 感

落語的学問のすすめ


139 上 方 落 語 の ル ー ツ は 辻 咄 て し ま う 。 ( 笑 ) と に か く い ろ ん な 手 え を 使 っ て み た ん で す け ど 、 だ れ も 勝 て な い 。 で 、 と う と う 千 秋 楽 に な り ま し て ね 。 小 錦 と 千 代 の 富 士 が ど ち ら も 十 四 勝 の 白 星 同 士 で ぶ つ か る 日 が や っ て ま い り ま す 。 そ の 最 後 の 最 後 に な っ て も 、 え え 方 法 が 考 え っ か な い 。 も う 困 っ た な あ 、 こ れ で 小 錦 が 優 勝 す る の ん か て 、 み ん な あ き ら め て し ま っ た 。 と こ ろ が 、 千 代 の 富 士 が ば ー ん と 簡 単 に 勝 っ て し ま い ま し て で す ね 、 お か し な あ 、 何 で 小 錦 が 負 け た ん や ろ 思 う て 、 も う 一 遍 、 を よ う 見 た ら 、 昨 日 、 薬 師 丸 ひ ろ 子 が 座 っ て た 席 に 、 き よ う は 林 真 理 子 が 座 っ て た 。 ( 笑 ) 、 小 錦 が 負 け て し ま っ た と い う ね 、 す ご い お 話 で ご ざ い ま す 。 林 真 理 子 を 見 た と た ん に ( 笑 ) こ の 話 も 、 小 錦 が 強 い か ら こ そ 成 立 す る わ け で 、 こ の と こ ろ 彼 も 足 の 怪 我 と 太 り す ぎ で よ う 負 け と る 。 こ れ で は い ま の 話 を し た か て 、 お も し ろ く も な ん と も な い 。 そ う い う ふ う に 笑 い と い う の は 、 そ の 時 代 に よ っ て と ら え 方 が ず い ぶ ん 変 わ っ て く る わ け な ん で す ね 。 え ー 、 ど こ の 大 学 に も 落 語 研 究 会 い う の が あ り ま す け ど も 、 こ こ 関 大 サ ン に も 「 落 語 大 ら く た い 学 」 ち ゅ う の が あ り ま し て ね 。 略 し て " 落 大 ~ ち ゅ う ん で す ( 笑 ) 。 い つ も 芝 生 の と こ で 練 習 し た は る で し よ 、 ね つ 。 だ れ も 聞 い て へ ん の に ね え 。 「 こ ん に ち は 」 「 ま あ 、 こ ち 、 入 り な ア 」 い う と る 。 落 大 の 連 中 や と 知 ら ん と 、 「 こ い つ 、 危 な い ん と ち ゃ う か 」 て 思 う て し ま い ま す ね 。 ( 笑 )

落語的学問のすすめ


◇ 当 ー 2 。 " 危 な い 。 と 天 才 は メ ヒ ウ ス の 輪 Atama ga UN ー ni naru

落語的学問のすすめ


121 ~ 危 な い と 天 才 は メ ビ ウ ス の 輪 ん な も う 聞 い て 聞 か な い フ リ を し ま す ね 、 も う 見 た く も な い 窓 の 外 を 見 た り し て 。 ( 笑 ) い き な り 横 に 座 ら れ た 人 は 迷 惑 で す ね え 。 ( 笑 ) で も 、 お っ さ ん の 横 に た ま た ま 座 っ て た ん が 自 由 業 の 方 で い ら っ し ゃ い ま し て ね ( 笑 ) 、 イ ヤ ホ ー ン で 何 か 聞 い て は っ た ん で す 。 そ れ が お っ さ ん の 歌 で 聞 こ え な い も ん で す か ら ね 、 「 じ や か あ し い ! 」 と 、 こ う 怒 鳴 っ た 。 こ れ 、 ふ つ う の 人 や っ た ら 、 そ う い う お っ さ ん が 横 に 座 る と 、 こ っ ち 側 へ こ う な る ん で す け ど 、 さ す が 自 由 業 の お 兄 さ ん は と っ て も 自 由 な 発 想 を な さ っ て ま す か ら ( 笑 ) 、 「 じ や か あ し い と 、 こ う い う た わ け で す ね 。 そ う い う と き は 「 は っ ー と か 何 か リ ア ク シ ョ ン が あ る の が 当 然 で す け ど も 、 こ の お っ さ ん は も っ と 超 え て ま し た ね え 。 「 敵 機 来 襲 ! と 、 こ う い い ま し た 。 ( 笑 ) こ れ は も う す ご い で す ね 、 頭 が 『 プ ラ ト 1 ン 』 を 超 え て 、 も う 『 フ ル メ タ ル ・ ジ ャ ケ ッ し い た よ 、 刀 ト 』 の よ う に な っ て し ま っ て る わ け で す 。 な に し ろ 、 お っ さ ん 、 「 敵 機 来 襲 ! 」 と ) ら 飛 行 機 と 機 関 銃 の 物 真 似 ま で し て し ま っ た ん で ご ざ い ま す 。 ( 笑 ) こ れ で 自 由 業 の お 兄 ち ゃ ん は な ぶ ら れ た と 思 う て 、 ば ー ん 、 ど っ い た 。 け ど 、 ず う っ と 自 分 の 世 界 に 入 っ た ま ま の お っ さ ん は 「 う ー む 、 痛 イ 。 上 等 兵 、 大 丈 夫 で あ り ま す か あ 」 ( 笑 ) こ の 二 人 の 掛 け 合 い が 実 に お も ろ い て ね 。 で も 、 笑 う と 自 由 業 の 方 に 「 何 が お か し い ね ん 」 て 、 こ う い わ れ て も 困 り ま す か ら ね 、 こ う チ ラ チ ラ 見 な が ら じ い っ と 静 か に し て お っ た ん で す が 、 も う 腹 は 波 打 っ て ま し た 。 ( 笑 )

落語的学問のすすめ


122 き よ う は 、 電 車 の 中 で そ ん な 危 な い 出 来 事 が あ り ま し た し ね 。 雨 も 降 っ て た で し よ う 。 そ や か ら 、 も う 講 義 休 も う か な と 一 瞬 思 う た で す ね ( 笑 ) 。 そ ん で 、 「 雨 降 っ て 講 義 休 む 」 い う こ と わ ざ 諺 が で け た ら お も ろ い な と 思 う て 。 そ れ で も 、 や つ ば り 来 な い か ん な て 思 う て ね 、 こ う し て 老 体 に 鞭 打 っ て 、 あ え ぎ な が ら : : : ふ ふ ふ ふ ふ 、 鞭 打 っ て あ え い で ど ー す る 、 私 ま で 危 な い 人 に な っ て し ま う や な い で す か 。 ( 笑 ) さ て さ て 、 き よ う の 一 曲 目 、 オ ー プ ニ ン グ に 聞 い て も ろ た ん は 、 プ リ ン ス の 「 ラ ブ ・ セ ソ ク ス い う 新 曲 で ご ざ い ま し た 。 き よ う の 一 曲 目 な ん て い う た ら 、 — の ノ リ と 同 じ ゃ ね 、 誰 も 大 学 の 講 義 と は 思 わ へ ん な 。 ( 笑 ) プ リ ン ス い う の は 、 皆 さ ん も よ く 知 っ て る よ う に 、 音 的 に は も う す ご い 方 で 、 日 本 に も や っ て き は っ た し 、 大 阪 城 ホ ー ル で の 公 演 も あ り ま し た ね 。 相 も 変 わ ら ず 、 大 阪 城 ホ ー ル で す け ど 、 あ こ へ コ ン サ ー ト 聴 き に 行 く と き っ て 、 と き め き ま す ね 。 自 分 の チ ケ ッ ト 持 っ て 、 七 時 か ら の 開 演 ゃ い う た ら 、 も う 六 時 前 か ら 大 阪 城 公 園 の 、 あ の 階 段 を ず う っ と 下 り て 歩 い て 行 く 。 あ の 瞬 間 の 胸 の 高 ま り い う の は 何 と も い え ま せ ん ね 、 こ っ ち で イ カ 焼 い て る に お い が ば ー っ と し て ( 笑 ) 。 ロ ッ ク ン ロ ー ル の 新 し い 音 楽 と 、 イ カ の 香 り が 一 緒 く た に な っ て 、 自 分 の 頭 の 中 が ば ら ば ら に な り そ う に な り な か ら 「 う わ っ 、 す ご い で え 」 と 、 こ う 胸 が 高 ま っ て ま い り ま す 。 そ う い う と き っ て 、 女 の コ で も 、 す ご い お し ゃ れ な 子 が ば ー っ て 歩 い て ま し て ね 。 「 う わ あ っ 、 え え 女 、 歩 い て る や ん 。 大 阪 に こ ん な え え コ 、 お っ た ん て 思 い な が ら 、 ず う っ と

落語的学問のすすめ


192 ほ で 、 日 本 人 が 一 番 好 き な ん が 「 仕 事 は あ か ん け ど 、 人 間 は え え で エ 」 て い う や つ 。 た だ し 、 こ れ は も っ と ず っ と 下 の ほ う へ ラ ン ク さ れ て し ま い ま す ね 。 こ の へ ん は う じ ゃ う じ ゃ ー 、 つ じ ゃ 、 つ じ ゃ ー い う て 、 何 か お ら ん と さ み し い よ う な 気 イ も す る ん で す が 、 冷 静 に 考 え た ら お ら ん で も え え 。 何 か 情 に か ら ん で 、 無 理 や り 生 き 残 っ て お る と い う 連 中 で ご ざ い ま す 。 ( 笑 ) そ れ か ら 「 仕 事 も だ め や け ど 、 人 間 も だ め 」 、 こ れ は も う 人 間 や め た ほ う か い い で し よ う ね 。 ( 笑 ) こ う い う デ ー タ や と か 部 類 分 け や と か い う も ん を 、 た だ 聞 き 流 し て し ま う の で は っ ま り ま せ ん 。 自 分 は ど の タ イ プ に 該 当 す る か な て 、 一 度 、 我 が 身 に フ ィ ー ド バ ッ ク し て 考 え る よ う に し た ほ う が え え で す ね 。 そ う す れ ば 、 い っ か 「 あ あ 、 そ う い う こ と か 」 て い う の か 実 感 で わ か っ た り し て お も し ろ い の で は な い か と 思 い ま す ね 。 さ て 、 最 近 の 企 業 は 昔 と ず い ぶ ん 傾 向 が 変 わ っ て き ま し て 、 「 ゆ と り 」 い う も ん を 大 事 に す る よ う に な っ て ま い り ま し た 。 先 ご ろ も 、 立 石 電 機 と い う 会 社 が 社 員 に 「 三 カ 月 休 ん で 、 そ の 間 に 充 電 し な さ い ー い う て 、 そ れ が 大 き な 話 題 に な り ま し た 。 最 近 は 、 各 企 業 と も そ う い う 傾 向 に あ る ん で す 。 も ち ろ ん 、 そ の 間 の 給 料 は ち ゃ ん と 保 障 し ま す て い う ん よ 。 ね え 、 三 カ 月 も 休 み ち ゅ う た ら 、 も う 毎 日 が 休 み と ち ゃ う か ( 笑 ) 。 な の に ね 、 こ の と き は 社 員 の 半 数 く ら い 、 四 七 パ セ ン ト の 人 し か 休 ま な か っ た て い う ん や ね 。 も っ た い な い こ と し よ る ね え 。