検索 - みる会図書館

検索対象: WEB+DB PRESS Vol.89

WEB+DB PRESS Vol.89から 175件ヒットしました。

WEB+DB PRESS Vol.89


団 + D B-P RESS R E P 0 R T 日 本 最 大 級 の Spring Framework カ ン フ ァ レ ン ス 「 spring in Summer 」 開 催 日 本 Spring ユ ーザ 会 ( 以 下 、 「 JSUG 」 ) は 2015 年 8 月 28 日 、 東 京 ・ グ ラ ン ト ウ キ ョ ウ サ ウ ス タ ワ ー に て 「 Spring ⅲ Summer -- ー 夏 な の に Spring 」 を 開 催 し た 。 Spring in Summer は Java の フ レ ー ム ワ ー ク で あ る 「 Spring Framework 」 に 関 す る 日 本 最 大 級 の イ ベ ン ト 。 大 手 SIer や ユ ー ザ 企 業 に よ る 事 例 紹 介 や 技 術 紹 介 、 ハ ン ズ オ ン な ム 3 ト ラ ッ ク で 19 セ ッ シ ョ ン が 行 わ れ た 。 開 会 に 際 し て は JSUG 会 長 の 長 谷 川 裕 一 氏 が 挨 拶 を 行 い 、 JSUG や Spring の 歩 み を 振 り 返 っ た 。 ま た 、 Java チ ャ ン ピ オ ン の 称 号 を 持 ち 、 Pivotal Software, lnc. の Spring Developer Advocate で も あ る Josh Long 氏 に よ る キ ー ノ ー ト で は 、 「 The MaC1 ℃ of Microservices 」 と い う テ ー マ で ア ジ ャ イ ル や DevOps な ど の 概 念 的 な 話 や NetfIix で の 例 を 通 じ て 、 安 全 に 早 く サ ー ビ ス を 提 供 し つ づ け る 方 法 論 が 披 露 さ れ た 。 Long 氏 は そ の 後 も 「 The Bootiful Application 」 「 The Bootiful Microservice 」 と い う セ ッ シ ョ ン で そ れ そ れ 「 Spring Boot 」 「 Spring Spring in Summer http://www.springframework.jp/summer S E R V ー C E Cloud 」 と い う マ イ ク ロ サ ー ビ ス を 支 え る Spring7 ロ ダ ク ト に つ い て ラ イ プ コ ー テ ィ ン グ を 交 え て 解 説 し た 。 こ の ほ か 、 エ ン タ ー プ ラ イ ズ 向 け ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 開 発 す る 企 業 に お け る Spring Framework の 活 用 に つ い て の 発 表 や 、 AWS や D 。 cker を 用 い た テ プ ロ イ に 関 す る 発 表 な と 、 幅 広 い 分 野 で の spring 利 用 の 実 態 に つ い て の セ ッ シ ョ ン も 行 わ れ た 。 平 日 開 催 に も か か わ ら す 400 名 近 く が 来 場 し 、 Spring へ の 関 心 と 期 待 の 高 さ を 感 じ さ せ る イ ベ ン ト と な っ た 。 い 上 」 osh Long 氏 ヌ ー ラ ボ 、 Backlog に プ ル リ ク エ ス ト 機 能 を 搭 載 2015 年 8 月 27 日 、 株 ヌ ー ラ ボ は 、 同 社 の プ ロ ジ ェ ク ト 管 理 サ ー ビ ス 「 BackIog 」 に お け る プ ル リ ク エ ス ト 機 能 の 提 供 を 開 始 し た 。 Backlog は 課 題 や TODO の 管 理 、 Wiki に よ る 文 書 共 有 、 フ ァ イ ル 共 有 、 バ ー ジ ョ ン 管 理 と い っ た 機 能 を 提 供 す る 、 チ ー ム メ ン ヾ ー 間 の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン に フ ォ ー カ ス し た プ ロ ジ ェ ク ト 管 理 サ ー ビ ス 。 同 社 に よ れ は 、 プ ル リ ク エ ス ト 機 能 の 搭 載 に よ り 、 ソ ー ス コ ー ド レ ビ ュ ー や コ ー ド に つ い て の テ ィ ス カ ッ シ ョ ス ソ ー ス コ ー ド の 対 応 状 況 の 管 理 が 容 易 に な る と し て い る 。 プ ル リ ク エ ス ト 機 能 の 主 な 特 徴 は 次 の と お り 。 ・ プ ラ ン チ で 修 正 し た コ ー ド を 、 レ ビ ュ ー と マ ー ジ を タ ス ク 化 し た 状 態 で 依 頼 で き る ・ コ メ ン ト で の や り と り や コ ミ ッ ト 一 覧 、 フ ァ イ ル の 差 分 を タ ブ で 簡 単 に 切 り 替 え な が ら BackIog 上 で レ ビ ュ ー で き る ・ そ の 場 で マ ー ジ を 行 え る た め 、 BackIog 上 だ け で す べ D> ヌ ー ラ ホ https://nulab-inc.com/ja/ 6 ・ Ⅳ B + 08 P ド 55 MOL80 て の レ ビ ュ ー 作 業 を 完 結 さ せ ら れ る https://nulab-inc.com/ja/blog/backlog/backlog-pull-request/ ・ 詳 し く は こ ち ら る 機 能 な ど も 追 加 さ れ て い る 。 イ ル ツ リ ー 画 面 で 単 一 テ ィ レ ク ト リ を ス キ ッ プ し て 表 示 す 表 示 機 能 や プ ラ ン チ を 画 面 上 か ら 削 除 で き る 機 能 、 フ ァ ま た 、 今 回 の リ リ ー ス に 合 わ せ て 、 フ 、 ラ ン チ 間 の 差 分 ビ ュ ー 担 当 者 の 意 図 を 明 確 に 伝 え ら れ る ・ コ ー ド の 変 更 箇 所 に 行 単 位 で コ メ ン ト で き る た め 、 レ 全 、 件 中 一 件 ~ 5 物 を を は 一 プ プ ル リ ク エ ス ト を ・ 第 ・ 4 を 円 ・ 一 一 に 一 興 ・ 動 の 笋 ン 0 ー ド ン を つ け る メ ー ル の 第 物 フ ′ イ ル 0 第 に ・ 第 第 れ な い 第 ・ を ・ メ ー ん の ン プ し ・ ・ ト を ス マ ホ で 第 て も ・ れ な 、 項 さ に ・ 一 プ ラ ン 第 第 に ・ 物 物 れ る メ ー ル の 文 ・ を を を を ソ ー ト す る 第 ・ を 第 第 0 ト 、 ZO ′ 0 町 ~ 0 ー 0 町 ~ 0 ′ 0 町 ~ 0 ー 0 町 0 ー ~ 0 引 0 、 シ ~ 0 ー 、 ′ 0 町 ′ 0 引 ~ 0 ド ′ 0 引 ~ 0 ー 0 ・ ′ 0 、 、 件 中 】 件 ー 、 件 を 水 川 プ ル リ ク エ ス ト 機 能 の イ メ ー

WEB+DB PRESS Vol.89


掘 り 下 げ て 知 る 活 用 の ワ ザ Ja a の 鉱 脈 154 ・ Ⅳ 第 B + DB P 第 55 MOL80 management/snmp. html 注 2 http://docs.oracle.com/javase/8/docs/technotes/guides/ Java に は 膨 大 な 標 準 ラ イ フ 。 ラ リ が 存 在 し て い る た め 、 ◎ 仕 様 が 更 新 さ れ て い な い ま す 。 そ の 理 由 と し て 、 JMX が 抱 え る 現 在 の 課 題 を 説 明 し べ き で は あ り ま せ ん 。 て い く べ き で す が 、 新 し い 機 能 を JMX べ ー ス で 実 装 す 作 し て い る 部 分 に 関 し て は 非 常 に 便 利 な の で ぜ ひ 使 っ リ ク ス 情 報 を 収 集 す べ き で し よ う か ? JMX の す で に 動 ア プ リ ケ ー シ ョ ン 開 発 者 も JMX の API を 使 っ て メ ト 標 準 JMX の 課 題 7 加 。 M に 川 の な 片 0 c 注 2 を 利 用 で き ま す 。 JVM の 起 動 オ プ シ ョ ン を 追 加 す る と SNMP(SimPle る こ と も で き ま す 。 M 可 加 イ 〃 ) で す 。 な お 、 SSL で 通 信 を 暗 号 化 す オ プ シ ョ ン な し に 利 用 で き る 接 続 方 法 は RMI ( 川 0 っ か の 方 法 で 接 続 し て 情 報 を 得 ら れ ま す 。 特 別 な 起 動 JVM に 標 準 搭 載 さ れ て い る MBean Server に は い く す 。 シ ョ ン が エ ー ジ ェ ン ト と 対 話 を 行 う し く み を 提 供 し ま リ モ ー ト 管 理 層 は 、 外 部 の JMX 管 理 ア プ リ ケ ー ◎ リ モ ー ト 管 理 う に 管 理 し て い る の y»MBeanServer で す 。 ン ト 層 に お い て 、 MBean を 集 約 し 外 部 に 公 開 で き る よ ジ ェ ク ト を 集 約 す る 役 割 を 持 っ レ イ ヤ で す 。 工 ー ジ ェ 工 ー ジ ェ ン ト 層 と は 、 JMX に お い て 管 理 を 行 う オ プ ◎ 工 ー シ ェ ン ト ク ト で 発 生 し た イ ベ ン ト を 外 部 に 通 知 で き ま す 。 び 出 せ る よ う に で き ま す 。 さ ら に 、 管 理 対 象 オ プ ジ ェ 対 象 オ フ 。 ジ ェ ク ト の メ ソ ッ ド を 外 部 の プ ロ セ ス か ら 呼 イ か ら 外 部 に 公 開 す る も の を 選 択 で き ま す 。 次 に 管 理 MBean を 使 う と 、 管 理 対 象 オ フ 。 ジ ェ ク ト の プ ロ バ テ で す 。 を 行 う 役 割 を 持 っ て い る の が MBean(Managed Bean) 管 理 対 象 と な る オ フ 。 ジ ェ ク ト を 外 部 に 公 開 す る 橋 渡 し レ イ ヤ で す 。 イ ン ス ト ウ ル メ ン テ ー シ ョ ン 層 に お い て 、 る オ プ ジ ェ ク ト と 管 理 を 行 う オ プ ジ ェ ク ト が 存 在 す る イ ン ス ト ウ ル メ ン テ ー シ ョ ン 層 と は 、 管 理 対 象 と な ◎ イ ン ス ト ウ ル メ ン テ ー シ ョ ン 活 発 な 開 発 が 行 わ れ て い る 部 分 と そ う で な い 部 分 が あ り ま す 。 残 念 な が ら JMX は 「 そ う で な い 部 分 」 で す 。 現 在 JMX の バ ー ジ ョ ン は 1.4 で す が 、 こ の 仕 様 が 採 択 さ れ た の は な ん と 2006 年 11 月 で す 。 す で に 十 年 近 く 仕 様 が 更 新 さ れ て い な い の で す 。 実 は 、 2004 年 ご ろ か ら 2008 年 ご ろ に か け て 新 し い JMX の 仕 様 で あ る JMX 2.0 注 3 と Web Services Connector for JMX Agents 注 4 が 検 討 さ れ て い た の で す が 、 議 論 が 盛 り 上 が ら な い た め か 2012 年 に 仕 様 検 討 そ の も の が 自 然 消 滅 し た と み な さ れ て し ま い ま し た 。 つ ま り 、 JMX は 何 か 問 題 が あ っ た と し て も 改 善 活 動 が な さ れ な い 仕 様 な の で す 。 一 番 重 要 な 問 題 点 は こ れ で す 。 ◎ RM ー に よ る 通 信 現 代 的 な ア プ リ ケ ー シ ョ ン で は 、 ネ ッ ト ワ ー ク 的 に 近 い サ ー バ ど う し で も H"ITP(S) を 使 っ て 通 信 す る こ と が 多 く な っ て い ま す 。 し か し な が ら 、 JMX で は 標 準 で RMI と SNMP し か サ ポー ト し て い ま せ ん 。 た と え ア プ リ ケ ー シ ョ ン 上 で 動 作 す る と し て も 、 そ れ を 運 用 監 視 す る ツ ー ル の す べ て が JVM 上 で 動 作 す る わ け で は あ り ま せ ん 。 加 え て 、 人 間 が GUI ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 利 用 す る こ と で 実 現 で き る 運 用 に は 限 度 が あ り ま す 。 対 応 し て い る 転 送 プ ロ ト コ ル が 限 定 さ れ て い る こ と で 、 外 部 の 監 視 SaaS(Software 〃 立 耀 沁 ) に 運 用 を 委 託 す る の が 難 し く な り ま す 。 こ の 問 題 に 対 す る 解 決 策 と し て 多 く 採 用 さ れ て い る の か Jolokia 注 5 で す 。 Jolokia で は 起 動 オ プ シ ョ ン を 少 し 追 加 す る だ け で JMX で 管 理 さ れ て い る 情 報 を HITP 上 に 流 せ ま す 。 ◎ 扱 い づ ら い A 現 在 の 水 準 で 考 え る と JMX の I は 非 常 に 扱 い づ ら い も の で あ る と 言 え ま す 。 た と え ば 、 JMX を 扱 う 際 に よ く 使 う javax. management. 0bjectName と い う ク ラ ス が あ り ま す 。 こ の ク ラ ス は 検 査 例 外 を 濫 用 す る の で 、 コ ン ス ト ラ ク タ で す ら 非 常 に 呼 び 出 し づ ら く な っ て い ま す ( リ ス ト 1 ) 。 な ぜ こ れ ら の コ ン ス ト ラ ク タ は Malfo 「 med0bject NameException の よ う な 検 査 例 外 を 送 出 す る の で し ょ 注 3 注 4 注 5 https:〃www.jcp.org/en/jsr/detaiI?id=255 https:〃www.jcp.org/en/jsr/detaiI?id=262 https://jolokia.0「q/

WEB+DB PRESS Vol.89


速 習 HTTP/2 1 12 ・ Ⅳ 第 B + DB P 第 55 MOL80 ・ Web サ イ ト 側 で の 工 夫 8 る を 得 ま せ ん 。 HTPP / 1.1 は 理 想 の プ ロ ト コ ル で は な か っ た と 言 わ ざ 策 定 か ら 18 年 を 経 た 今 か ら 振 り 返 っ て 考 え る と 、 問 題 点 を 抱 え て い ま す 。 り 、 本 来 不 要 な 情 報 ま で 転 送 し て し ま っ た り と い っ た し か し 、 い ず れ の 対 策 も 、 開 発 ・ 運 用 が 煩 雑 に な っ た で き る だ け 速 く Web ペ ー ジ を 表 示 す る た め の 対 策 で す 。 い は 同 時 に 発 行 可 能 な リ ク エ ス ト の 数 を 増 や す こ と で ) 、 発 行 さ れ る HTFP リ ク エ ス ト の 数 を 減 ら す こ と で ( あ る こ れ ら は い ず れ も 、 Web ペ ー ジ に ア ク セ ス す る 際 に ト 分 散 配 置 ) に よ る 同 時 接 続 数 の 増 加 ド メ イ ン シ ャ ー デ ィ ン グ ( 複 数 の サ ー バ へ の ア セ ッ 個 数 の 抑 制 ・ ア セ ッ ト フ ァ イ ル の 結 合 に よ る ア セ ッ ト フ ァ イ ル の 抑 制 ・ Expires ヘ ッ ダ の 利 用 に よ る 更 新 確 認 リ ク エ ス ト の も の を い く っ か 挙 げ て み ま し よ う 。 サ イ ト 側 で 対 策 が 施 さ れ る こ と も あ り ま す 。 代 表 的 な 使 い 切 る こ と が で き な い と い う 問 題 に つ い て は 、 web レ ス ポ ン ス の 平 均 サ イ ズ が 小 さ い 場 合 に バ ン ド 幅 を 信 、 描 画 し て い く と い う 戦 略 を と る こ と は で き ま せ ん 。 信 し て ペ ー ジ レ イ ア ウ ト を 完 了 さ せ 、 そ の 次 に 画 像 を 受 に 受 信 し て い る よ う で は 、 ま ず 最 低 限 必 要 な デ ー タ を 受 CSS も 、 あ と か ら 受 信 す る の で も よ い は ず の 画 像 も 同 時 と い う 点 に あ り ま す 。 ペ ー ジ の レ イ ア ウ ト に 不 可 欠 な ポ ン ス に つ い て 、 そ れ ら の 間 の 優 先 川 頁 位 を 制 御 で き な い せ ん ) 点 に 加 え 、 別 々 の TCP 接 続 上 を 流 れ る HITP レ ス 考 え る と 、 た か だ か 数 本 し か 同 時 接 続 す る こ と は で き ま か 問 題 を 改 善 し 得 な い ( サ ー バ の 資 源 を 占 有 す る こ と を TCP 多 重 化 の 問 題 点 は 、 接 続 本 数 に 比 例 す る ぶ ん し の ア セ ッ ト フ ァ イ ル を ダ ウ ン ロ ー ド し て い ま す 。 続 機 能 を 使 う こ と で 、 CSS や JavaScript 、 画 像 な ど 大 量 立 し 、 そ れ ぞ れ の TCP 接 続 上 で H 下 / 1.1 の 持 続 的 接 の Web サ ー バ に 対 し て 最 大 6 本 の TCP 接 続 を 同 時 に 確 そ の 代 わ り と し て 、 今 日 の 多 く の フ 。 ラ ウ ザ は 、 1 台 ト が 再 送 可 能 か 判 定 で き な い 法 が な い が ゆ え に 、 ク ラ イ ア ン ト 側 で ど の リ ク エ ス ト が 実 際 に サ ー ノ ヾ 側 で 処 理 さ れ た の か を 判 別 す る 方 ・ 途 中 で 接 続 か 切 れ た 場 合 に 、 送 信 し た ど の リ ク エ ス ー パ が 送 信 で き な い た め 、 無 通 信 状 態 が 発 生 す る ・ 谷 HTTP/2 の 誕 生 か い り こ の よ う な 「 理 想 の 丁 P プ ロ ト コ ル 」 と の 乖 離 を 解 消 す べ く 2015 年 5 月 に 策 定 さ れ た の か H"I 丁 p / 2 で す 。 そ れ に し て も 、 な ぜ 、 今 な の で し よ う か 。 い く っ か の 理 由 が 考 え ら れ ま す 。 第 1 の 理 由 は 、 SPDY の 成 功 で す 。 2008 年 の GoogIe Chrome 公 開 以 来 、 GoogIe は 、 丁 P / 1.1 を 置 き 換 え る SPDY と い う プ ロ ト コ ル を Chrome と 同 社 サ ー バ の 双 方 に 実 装 し 、 段 階 的 に 進 化 さ せ て い き ま し た 。 こ の 実 験 か ら の フ ィ ー ド バ ッ ク か げ ロ 、 p / 2 の 基 礎 と な り ま し た 。 第 2 の 理 由 は 、 一 般 ユ ー ザ が 利 用 す る ネ ッ ト ワ ー ク の バ ン ド 幅 の 増 大 で す 。 IRTF が 縮 ま な い 一 方 で バ ン ド 幅 が 拡 大 し た た め 、 web サ イ ト の 応 答 性 の ポ ト ル ネ ッ ク が RTI' に な る 場 合 が 増 え て き た の で す 。 第 3 の 理 由 は 、 モ バ イ ル 端 末 に よ る web 閲 覧 の 一 般 化 で す 。 携 帯 電 話 回 線 を 経 由 す る イ ン タ ー ネ ッ ト 通 信 は 、 固 定 回 線 よ り も 数 十 ~ 数 百 ミ リ 秒 程 度 R 、 が 大 き い と い う 特 徴 を 持 っ て い ま す 。 携 帯 電 話 回 線 を 経 由 し た Web へ の ア ク セ ス の 増 加 も ま た 、 R"I 丁 が ポ ト ル ネ ッ ク と な る 確 率 を 高 め る 要 因 と な っ た の で す 。 第 4 の 理 由 は 、 H"I 丁 PS へ の 移 行 で す 。 Wi-Fi 接 続 が 普 及 し 、 ま た 、 情 報 機 関 に よ る 大 規 模 盗 聴 が 明 る み に な っ た 結 果 、 T ( 7 切 〃 s 加 加 ッ 催 立 c ) 上 で H"ITP 通 信 を 行 う HI 丁 PS へ の 移 行 が 求 め ら れ る よ う に な っ て き て い ま す 。 で す が TI 爲 接 続 は 、 接 続 の 確 立 に か か る 時 間 と 接 続 の 維 持 に 必 要 な リ ソ ー ス が TCP 接 続 よ り も 多 い と い う 問 題 を 抱 え て い ま す 。 こ の た め 、 H'I 丁 p / 1.1 よ り も 少 な い 接 続 本 数 を 用 い る 効 率 の 良 い 通 信 プ ロ ト 多 重 化 し ま し よ う 。 そ れ で は 、 HITP / 2 の 技 術 的 要 素 を 見 て い く こ HTTP/2 の 技 術 要 素 コ ル が 求 め ら れ る よ う に な っ た の で す 。 9 バ イ ト の フ レ ー ム ヘ ッ ダ と 、 フ レ ー ム ヘ ッ ダ の レ ngth イ ナ リ 形 式 を 取 る よ う に な っ て い ま す 。 各 フ レ ー ム は 、 送 受 信 す る デ ー タ は 、 す べ て 「 フ レ ー ム 」 と 呼 ば れ る バ 信 で き ま す 。 効 率 的 な 多 重 化 を 図 る た め 、 HTFP/2 で ス を 1 本 の TCP ま た は TI 爲 接 続 の 上 で 多 重 化 し て 送 受 H / 2 で は 、 多 数 の H " ロ 、 p リ ク エ ス ト / レ ス ポ ン

WEB+DB PRESS Vol.89


大 き く 勝 つ に は 賭 け も 必 要 第 4 回 て 時 間 を 投 資 す る 行 為 だ と 考 え る と 、 同 じ 構 図 で す 。 多 く の 人 が 知 っ て い る 知 識 を 学 ぶ と 、 そ れ を 活 用 す る 「 限 ら れ た 機 会 」 は 多 く の 人 と の 奪 い 合 い に な り ま す 。 ま た 、 前 提 知 識 が な く て も 容 易 に 習 得 で き る よ う な 「 参 入 障 壁 の な い 分 野 」 も 、 競 争 を 避 け ら れ ま せ ん 。 た と え ば あ な た が 機 械 学 習 に 興 味 が あ る と し ま し よ う 。 検 索 す る と す ぐ 見 つ か る よ う な ハ ウ ッ ー は 、 そ れ を 知 っ て い る こ と だ け で は 価 値 を 生 み ま せ ん 。 こ の 場 合 の 一 つ の 戦 略 は 、 多 く の 人 が 避 け て い る 参 入 障 壁 ( つ ま り 数 学 と か 機 械 学 習 の 理 論 ) に 十 分 コ ス ト を か け 、 乗 り 越 え て 障 壁 の 内 側 に 入 る こ と 。 も う ー っ の 戦 略 は 、 う ま く い く か わ か ら な い こ と に 挑 戦 し 、 そ こ か ら 学 ぶ こ と で す 。 さ て 、 こ こ ま で は あ な た の 外 側 の 、 市 場 で の ポ ジ シ ョ ン 取 り の 話 で し た 0 ( ー か ら 視 点 を 変 え て 、 あ な た の 内 面 に フ ォ ー カ ス し て み ま し よ う 。 何 か を 学 ぶ と き 「 あ な た が そ の 学 ぶ 対 象 に 興 味 を 持 ち 続 け ら れ る か ど う か 」 は 、 学 び の 効 率 に 大 き く 影 響 し ま す 。 こ れ は 誰 も 教 え て は く れ ま せ ん 。 あ な た 自 身 が 自 分 で 試 さ な け れ ば わ か り ま せ ん 。 こ こ で 重 要 な の は 「 や っ て み て 、 う ま く 行 け ば 拡 大 、 う ま く 行 か な け れ ば や め る 」 と い う 選 択 肢 が あ る こ と で す 。 試 し に や っ て み て 興 味 を 持 ち 続 け ら れ た と き に は 、 そ れ を さ ら に 学 ぶ こ と で 大 き な リ タ ー ン を 得 る こ と が で き ま す 。 一 方 、 興 味 が 続 か な か っ た と き に は 、 す ぐ に や め る こ と で 失 わ れ る 時 間 を 少 な く と ど め る こ と が で き ま す 。 つ ま り 、 最 初 の 「 や っ て み る 」 が 単 体 で は 不 利 な 賭 け で あ っ て も 、 結 果 を 見 て か ら 拡 大 す る か や め る か 選 択 で き る 場 合 に 注 4 は 、 も っ と 有 利 な 賭 け に で き る わ け で す 内 的 リ ソ ー ス や っ て み よ う 一 歩 進 む と 景 色 が 変 わ る 「 や っ て み る 」 こ と に よ っ て 新 し い 視 点 が 注 4 こ の 考 え 方 を リ ア ル オ プ シ ョ ン と 言 い ま す 。 Richard A. BreaIey, Stewart C. Myers, Franklin AIIen, Principles 0f Corporate Finance. 9/e, McGraw-HiII / lrwin, 2008. 得 ら れ 、 見 え る 景 色 が 変 わ り ま す 。 や る 前 に は わ か ら な か っ た こ と が わ か る よ う に な り ま す 。 そ し て そ れ が 次 の 行 動 の き っ か け を 作 り ま す 。 こ れ を 繰 り 返 し 一 歩 一 歩 進 む こ と で 、 い っ し か ス タ ー ト か ら 遠 く 離 れ た と こ ろ へ 行 く こ と が で き ま す 。 少 し た け 筆 者 の 昔 話 を さ せ て く た さ い 。 15 年 前 、 筆 者 は 19 歳 の 学 生 で し た 。 当 時 の 自 分 に は 今 34 歳 の 自 分 が 見 え て い る こ と の 大 部 分 が 見 え て い ま せ ん で し た 。 自 分 が 15 年 後 に ど う い う 立 ち 位 置 に い る の か も 、 仮 に そ の 立 ち 位 置 を 目 指 そ う と 思 っ た 場 合 に 何 を す れ ば よ い の か も わ か り ま せ ん で し た 。 そ ん な 筆 者 は 、 ふ と し た 興 味 か ら 地 元 で 開 催 さ れ た 研 究 会 に 参 加 し ま し た 。 そ こ か ら 新 し い 視 点 を 得 て 、 行 動 し 、 運 良 く う ま く い っ た も の が つ な が っ て 、 予 期 せ す 今 に 至 り ま し た 。 こ の 「 次 の 行 動 の き っ か け 」 も 参 入 障 壁 の 一 つ で す 。 見 え る 人 と 見 え な い 人 が い て 、 賭 け に 参 加 で き る 人 が 限 ら れ る わ け で す 。 以 前 こ の 種 の 話 を プ ロ グ に 書 い た と き に 「 ど う す れ ば そ う 積 極 的 に な れ る ん た 」 注 5 。 積 極 と い う コ メ ン ト を い た た き ま し た 的 に 賭 け に 挑 戦 す る た め に は 、 自 信 が 必 要 と い う 意 見 か と 思 い ま す 。 し か し 、 自 信 や 積 極 性 は 行 動 し た あ と か ら つ い て く る も の で す 。 経 営 学 者 Drucker は 、 「 自 ら の 成 長 の た め に も っ と も 優 先 す べ き は 、 卓 越 性 の 追 求 で あ る 。 そ こ か ら 充 実 と 自 信 が 生 ま れ る 」 と 言 っ て 注 6 い ま す 。 自 信 の な い 状 態 か ら ま す 賭 け に 参 加 し 、 運 良 く 勝 っ た あ と で 事 後 的 に 自 信 が 手 に 入 る の で す 。 こ の 「 自 信 が な く て 賭 け に 参 加 で き な い 」 と い う 気 持 ち に は 、 本 コ ラ ム 冒 頭 の 「 失 敗 の 恐 怖 」 が 関 係 し て い ま す 。 学 校 の テ ス ト で は 、 失 敗 が 悪 い 成 績 に 直 結 し て い ま 自 信 と 卓 越 失 敗 の 恐 怖 を 乗 り 越 え る こ と ド 社 、 2000 年 、 p. 227 ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル の 条 件 』 ダ イ ヤ モ ン peter F. Drucker 著 、 上 田 惇 生 編 訳 「 プ 201 10309 / 1299598527 http:〃d.hatena.ne.jp/nishiohirokazu/ カ レ ン ダ ー 2011 春 」 「 焼 畑 農 業 を や め る た め に - ー ー 新 卒 準 備 し た 。 た か ら 弱 点 の 改 善 に 注 力 し 、 失 敗 注 6 注 5 の 確 率 を 減 ら そ う と い う 発 想 に な り が ち で す 。 で も 、 こ の 判 断 は 「 テ ス ト は 一 人 で や る も の 」 と い う 前 提 が 入 っ て い ま す 。 社 会 人 に な っ て 組 織 で 問 題 解 決 に あ た る よ う に な る と 「 強 み を 十 分 伸 ば し て 、 弱 み は 人 に お 願 い す る 」 と い う 選 択 肢 が 可 能 に な り ま す 。 前 提 条 件 が 変 わ る と 、 最 適 注 7 な 戦 略 も 変 わ り ま す ま た 、 知 識 と い う 資 本 は お 金 や 商 品 と 違 っ た 性 質 を 持 っ て い ま す 。 賭 け 事 を し て 負 け る と お 金 が 減 り ま す 。 し か し 知 識 に 関 し て は 「 う ま く い く か ど う か わ か ら な い こ と 」 に 挑 戦 し て う ま く い か な か っ た と き 、 し ば し ば 貴 重 な 知 識 が 得 ら れ ま す 。 逆 に 、 う ま く い く と わ か り き っ た こ と を や っ て も 、 知 識 は あ ま り 手 に 入 り ま せ ん 。 資 本 の 性 質 が 変 わ る と 最 適 な 戦 略 も 変 わ 注 8 り ま す 弦 楽 器 の 弦 を ピ ン と 張 ら な い と 良 い 音 が 出 な い 。 し か し 強 く 張 り す ぎ る と 切 れ て し ま う 。 こ れ は ブ ッ ダ が 中 道 の 精 神 を 説 明 し た と き の た と え 話 で す 。 リ ス ク も 、 取 ら な い と 良 い 結 果 が 得 ら れ な い が 取 り す ぎ て も 良 く な い わ け で す 。 し か し 本 コ ラ ム で 説 明 し た よ う に 、 人 間 は 失 敗 を 恐 れ ま す 。 こ れ は リ ス ク を 取 ら な い 方 向 に バ イ ア ス を か け ま す 。 う ま く い か な け れ ば や め ら れ る こ と や 、 知 識 が 失 敗 か ら も 得 ら れ る こ と を 考 え る と 、 金 銭 の 賭 け の 場 合 よ り も も っ と 積 極 的 に リ ス ク を 取 り に い っ た ほ う が 良 い の で す 。 ま す 、 自 分 が ど こ ま で リ ス ク を 取 る こ と が で き る の か 、 そ の 「 許 容 で き る 範 囲 」 を 把 握 し ま し よ う 。 次 に 、 そ の 範 囲 内 で 積 極 的 に リ ス ク を 取 り 、 徐 々 に 範 囲 を 広 げ て い き ま し よ う 。 そ れ が 幸 運 の 女 神 に 出 会 う 前 に や っ て お く べ き 準 備 で す の 知 識 資 本 と 賭 け 注 7 注 8 自 由 貿 易 に お い て は 得 意 分 野 に 特 化 す る こ と で 生 産 性 が 向 上 し ま す 。 「 リ カ ー ド の 比 較 優 位 論 」 https:〃ja.wikipedia.org/wiki/比較 優 位 知 識 資 本 に つ い て は 本 誌 VOL88 の 本 コ ラ ム 第 3 回 「 雇 用 は ど う や っ て 生 ま れ た ? 」 で 解 説 し ま し た 。 WEB + DB P 第 55 MOL80 ・ 3

WEB+DB PRESS Vol.89


Th ⅲ t で 実 現 す る マ イ ク ロ サ ー ビ ス 言 語 間 通 信 A 円 の 作 成 、 ド キ ュ メ ン ト 自 動 生 成 、 活 用 事 例 第 10 回 ロ Thrift と 関 連 技 術 2007 年 に 発 表 さ れ た Thrift と 2008 年 に Google か ら 発 表 さ れ た protocol Buffers は 、 と も に 独 自 の IDL か ら 汎 用 プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 へ の コ ー ド 生 成 と シ リ ア ラ イ ゼ ー シ ョ ン 形 式 を 持 っ 点 で 似 て い ま す 。 Protocol Buffers の IDL は Thrift の も の と か な り 似 て い て 、 ど う や ら 2001 年 ご ろ か ら G 。 ogle 社 内 で 使 わ れ は じ め た Protocol Buffers を Facebook に 移 籍 し た 人 が 真 似 て 新 ri れ を 作 っ た よ う で す 注 8 後 発 の Thrift は Protocol Buffers に 比 べ て 細 力 。 い 点 で 改 善 さ れ て い る と 感 じ る 箇 所 が あ り ま す が 、 大 き く 異 な る 点 と し て は 、 ProtocolBuffers が デ ー タ の シ リ ア ラ イ ゼ ー シ ョ ン ・ デ シ リ ア ラ イ ゼ ー シ ョ ン し か 提 供 し な い の に 対 し 、 Thrift は ネ ッ ト ワ ー ク 通 信 レ イ ヤ ま で を 提 供 し て い る こ と で す 。 Thrift や ProtocoI Buffers が 登 場 す る 前 は 、 XML- RPC や SOAP ( & 〃 ゆ ル 0 わ 元 Access 乃 ocol) な ど の XML で RPC を 実 現 す る 方 法 な ど が あ り ま し た 。 XML は 人 間 が 頑 張 れ ば 読 み 書 き で き る と か 、 多 言 語 で ラ イ フ 。 ラ リ が 豊 富 な ど の 利 点 は あ り ま す が 、 シ リ ア ラ イ ズ し た デ ー タ の サ イ ズ が 大 き く な り す ぎ る た め 、 XML の 代 わ り に コ ン パ ク ト な バ イ ナ リ 形 式 を 定 義 し て 各 言 語 用 の ラ イ フ 。 ラ リ を 同 梱 し た の が Thri れ や l)rotocol Buffers で あ る と 言 え ま す 。 Faceb00k や Google と い う 巨 大 な web サ ー ビ ス を 持 っ 企 業 か ら Thrift や protocol Buffers/gRPC ( 後 述 ) が 登 場 し た の に は 、 れ ら の 企 業 が 複 数 の 独 立 し た コ ン ポ ー ネ ン ト が API で 疎 結 合 に 通 信 し て 連 携 す る 、 い わ ゆ る マ イ ク ロ サ ー ビ ス ア ー キ テ ク チ ャ を 採 用 し て い る と い う 背 景 が あ り ま す 。 羽 lri れ や ProtocoI Buffers/gRPC を 使 え ば 、 マ イ ク ロ サ ー ビ ス に お い て 鍵 と な る 高 速 で 堅 牢 な API を 作 る こ と が で き ま す の で 、 API を 設 計 さ れ る 際 は Thri れ を 検 討 し て み て は い か が で し よ う か 。 PHP か ら 見 た Thrift と ProtocoI Buffers/gRPC 前 述 の よ う に 、 Thrift は protocol Buffers と 違 っ て 向 け ラ イ ブ ラ リ は こ れ ら の 処 理 も 行 っ て く れ ま す 。 注 8 ProtocoIBuffers と Thrift の 比 較 資 料 に 歴 史 的 経 緯 が 掲 載 さ れ て い ま す 。 http:〃www.slideshare.net/lgorAnishchenk0/pb-vs-thrift- vs-avr ・ O マ 表 1 Thrift の 採 用 事 例 事 例 Facebook Twitter TumbIr Pinterest Evernote Cassandra HBase 備 考 100 以 上 の 内 部 サ ー ヒ 、 ス で 利 用 デ ー タ ベ ー ス 接 続 プ ロ ト コ ル と し て 6 デ ー タ ベ ー ス 接 続 プ ロ ト コ ル と し て さ ま さ ま な デ ハ イ ス の ク ラ イ ア ン ト 用 に 採 用 FinagIe を 採 用 FinagIe を 採 用 Finag に ( 自 社 製 〇 SS フ レ ー ム ワ ー ク ) で 使 用 ※ 1 ※ 2 ※ 3 ※ 4 ※ 5 ※ 6 ※ 7 https://code.faCeb00kて0m/POStS/1468950976659943/ under-the-hood-building-and-open-sourcing-fbthrift/ http://twitte 「 . github. i0/finagIe/guide/Protocols. html http: 〃 engineering. tumblr. C〇m/POSt/15724063812/ tumblrs-finagle-redis-implementation https: 〃engineering.pinterest.com/blog/how-we-make- pins-more-useful https://blog.evernote.com/tech/201 1/05/26/evernote- and-thrift/ PHP の ク ラ イ ア ン ト コ ー ド 例 は 次 の サ イ ト か 参 考 に な り ま す 。 https://wiki.apache.org/cassandra/ThriftExampIes P 日 P の ク ラ イ ア ン ト コ ー ド 例 は 次 の サ イ ト が 参 考 に な り ま す 。 http://kawo 「 u. jpn org/kaworu/2()1 2 ー 04 ー 02 ー 1. php 最 初 か ら ネ ッ ト ワ ー ク 通 信 レ イ ヤ ま で を フ レ ー ム ワ ー ク が 提 供 し て い ま し た 。 今 年 に な っ て Google か ら 発 表 さ れ て 話 題 に な っ た gRPC 注 9 は 、 protocol Buffers で シ リ ア ラ イ ゼ ー シ ョ ン し HTPP/2 を 通 信 レ イ ヤ と し て 採 用 し た フ レ ー ム ワ ー ク で 、 ま さ に 羽 ⅲ れ と 同 じ 役 割 を 担 う 技 術 で す 。 gRPC の 売 り DHTFP/2 に よ る 高 速 通 信 な の に 対 し 、 Th 血 の 特 徴 は サ ポ ー ト す る 通 信 レ イ ヤ や シ リ ア ラ イ ゼ ー シ ョ ン 形 式 の 数 の 多 さ で す 。 ◎ Thrift Thri れ の 用 語 で は 通 信 レ イ ヤ の こ と を Transport と 呼 び 、 シ リ ア ラ イ ゼ ー シ ョ ン 形 式 の こ と を ProtocoI と 呼 び ま す 。 各 言 語 に よ っ て 実 装 状 況 は ま ち ま ち で す が 、 た と え ば PHP で サ ポ ー ト さ れ て い る Protocol は Binary や JSON の ほ か に 、 よ り 小 さ な バ イ ナ リ 形 式 で あ る Compact が あ り ま す 。 protocol に 比 べ て Transport は 言 語 や 環 境 に よ っ て 実 装 状 況 が 大 き く 異 な り ま す 。 PHP で は Apache や FastCGI 経 由 で 動 か す こ と が ほ と ん ど で し よ う か ら 、 標 準 入 出 力 を 使 っ て H 下 で や り と り す る サ ー バ を 作 る こ と が で き ま す 。 こ の 方 法 は の ち ほ ど 詳 し く 解 説 し ま す 。 そ の ほ か に も PHP を ス タ ン ド ア ロ ー ン で 起 動 す る 場 合 は stream socket server と い う 標 準 関 数 を 使 っ て サ 注 9 http://www.grpc.io/ Ⅳ B + DB P に 第 55 MOL80 ・ 143

WEB+DB PRESS Vol.89


第 1 章 Chrome DeveIoper T00 入 門 基 本 的 な 使 い 方 を 身 に 付 け る 佐 藤 歩 SATO Ayumu 株 サ イ バ ー エ ー ジ ェ ン ト URL : http://aho.mu/ GitHub : ahomu Twitter : @ahomu Chrome に は 3 つ の リ リ ー ス チ ャ ン ネ ル が あ り 、 そ れ ぞ れ StabIe ( 安 定 版 ) 、 Beta( べ ー タ 版 ) 、 Dev( 開 発 版 ) と な っ て い ま す 。 Chrome の リ リ ー ス ラ イ フ サ イ 本 特 集 で は 、 Google Chrome( 以 下 、 Chrome) で ク ル は お よ そ 6 週 間 と あ ま り 長 く な く 、 Beta や Dev 開 発 者 向 け 機 能 と し て 提 供 さ れ て い る Chrome も ほ ど な く し て StabIe に な る の で 、 確 認 用 は stable Devel 叩 erTools( 以 下 、 DevTools) の 使 い 方 を 紹 介 し で あ っ て も 開 発 用 に は Beta や Dev を 使 う の も よ い で ま す 。 DevTooIs の 基 本 的 な 機 能 か ら 、 デ バ ッ グ や パ し よ う 。 リ リ ー ス チ ャ ン ネ ル と は 別 に canary ビ ル ト 注 1 も 提 供 さ れ て お り 、 こ れ は 頻 繁 に 更 新 さ れ る 代 フ ォ ー マ ン ス チ ュ ー ニ ン グ に 役 立 つ テ ク ニ ッ ク 、 そ し て 最 新 機 能 に 至 る ま で を 幅 広 く 取 り 扱 い ま す 。 わ り に 、 不 安 定 な 最 新 版 と い う 位 置 付 け で す 。 Canary 第 1 章 で は DevTools の 基 本 と し て 、 よ く 使 わ れ る ビ ル ド に 限 っ て は 、 イ ン ス ト ー ル し て も 各 リ リ ー ス 機 能 で あ る EIements?k ネ ル と Console パ ネ ル に つ い チ ャ ン ネ ル と は 別 の プ ロ フ ァ イ ル で 管 理 さ れ る の で 、 て 紹 介 し ま す 。 そ し て 第 2 章 で Network パ ネ ル を 使 気 軽 に 併 用 で き ま す 。 っ た ネ ッ ト ワ ー ク 処 理 の 調 査 と 改 善 、 第 3 章 で 本 特 集 は 、 執 筆 時 点 2015 年 9 月 の 最 新 Dev チ ャ ン Timeline パ ネ ル を 使 っ た レ ン ダ リ ン グ 処 理 の 調 査 と ネ ル で あ る Chrome 47 を タ ー ゲ ッ ト に 紹 介 し ま す 。 改 善 、 第 4 章 で Pro ⅱ les パ ネ ル を 使 っ た ス ク リ プ ト 処 そ の た め 本 誌 発 売 時 の 安 定 版 と は 実 装 さ れ て い る 機 理 の 調 査 と 改 善 に つ い て 、 そ れ ぞ れ 実 践 的 な テ ク ニ 能 や UI ( げ わ 鹿 加 の の 細 部 が 異 な る 可 能 性 が あ り ッ ク を 紹 介 し ま す 。 最 後 の 第 5 章 で は 、 モ バ イ ル 開 ま す 。 発 向 け の 機 能 な ど 、 そ の ほ か の 機 能 を 紹 介 し ま す 。 マ 図 1 DevToo の 起 動 LOihYOJp 特 集 の は じ め に DevToo を 起 動 す る DevTooIs を 起 動 す る に は 、 Chrome を 起 動 し た 状 態 で ウ イ ン ド ウ 内 右 上 の メ ニ ュ ー ア イ コ ン ( 図 1 0 か ら 、 そ の 他 の ツ ー ル デ ベ ロ ッ パ ー ツ ー ル を 選 択 す る 力 、 、 Windows と Linux で あ れ ば 〔 ( 〕 + 〔 新 〕 + 注 1 https:〃www.q00qに com/chrome/browser/canary.html は じ め に DevTooIs の 基 本 的 な メ ニ ュ ー と 機 能 の 概 要 に つ い て 紹 介 し ま す 。 ・ 東 を た ・ 電 イ ・ 物 ・ ・ 新 を 内 ベ 0 バ ア ト ミ ニ ス ト し 一 タ W を き ・ ア 汐 イ ン ラ イ フ ス タ イ ル ロ ド men い 卩 、 w So リ 代 es n10 ⅱ 飛 円 0 創 を 、 2 、 ou 代 を 、 Aud は 、 Con 、 0 新 い 1 、 第 一 0 、 , " 中 : / ん 、 物 . . 0 国 / ー 999 / xhtm い 新 朝 5 : 00 = " tp : ; 、 C00 u d / / op ご 「 0 「 aphp 「 0t0 ( 01.0 「 q / 5 曲 ヨ / 新 い 5 : fb;; "http: ″ ′ ・ . f 甎 曲 00k. ( " / ~ 3 圏 / f を ・ ー 靆 ョ 四 ゴ ・ ] 0 “ 0 魲 物 日 ” 、 ( h に a ま ・ 一 、 / he ま 、 す 、 body 当 ( 0 靆 emty = " ht て 0 : / / 5 ( h23 ・ 0 国 / W 曲 P 砂 、 ・ 0 ~ der : aft に 「 ( ヤ 、 4 れ 一 “ w 聞 p 「 " ( 1 に a 「 : bo : 第 ・ 市 に 30 日 「 「 0 し に , " banne 「 ・ 、 物 ヾ 0 ー 地 : ト ” de に 、 ( 00 に 靆 ” ー Y00 , " h は 0 : 〃 d i5ptay: 0 ( k : 50 第 a. 0r9 / WPHead を 「 “ 、 ト ・ 市 1 地 : : ・ は 0q0 " ・ ノ れ 第 ・ ト ヾ 0 ま id="categoryNavigat i00 “ c 一 日 、 、 ト 、 0 ー v id=••tOPicPath" ite 価 p 「 0 卩 こ “ b 「 に 日 d ( 「 mb " : ・ 一 4 / 0 ー ソ 、 ト 《 f00t0 「 「 0 ー 0 ( ontent ー nfO “ ン 一 、 / f00t0 「 ン を , ( 「 一 p を 、 - 、 ノ 5 ( 「 1Pts 10 ・ Ⅳ 第 8 十 DB P 一 55 0L80

WEB+DB PRESS Vol.89


0 当 を つ リ ッ ク ソ フ ト 、 WBS ガ ン ト チ ャ ー ト fo 「 』 RA の サ イ バ ー テ ッ ク 、 最 新 バ ー ジ ョ ン を リ リ ー ス Neo ( ore サ ミ ッ ト を 開 催 リ ッ ク ソ フ ト 株 は 2015 年 8 月 25 日 、 ・ レ ポ ー ト 出 力 株 サ イ バ ー テ ッ ク は 2015 年 10 月 1 プ ロ ジ ェ ク ト 管 理 ツ ー ル 「 JIRA 」 上 ・ Exc へ の 工 ク ス ホ ー ト 日 、 XML や XML DB の 普 及 と 啓 で WBS 0 切 B 面 〃 & の 蒙 を 目 的 と し た イ ベ ン ト 「 NeoCore と ガ ン ト チ ャ ー ト が 利 用 で き る よ う 同 社 に よ れ は 、 こ の た ひ リ リ ー ス サ ミ ッ ト 2015 」 を 開 催 す る こ と を 発 に な る プ ラ ク イ ン 、 「 WBS ガ ン ト チ さ れ た バ ー ジ ョ ン 8.0 で は 、 WBS 上 表 し た 。 ャ ー ト 」 の 最 新 バ ー ジ ョ ン を リ リ ー 二 ス に お け る カ ス タ ム フ ィ ー ル ド の 編 集 本 イ ベ ン ト は 今 年 で 7 年 連 続 8 回 機 能 や プ ロ ジ ェ ク ト で 表 示 可 能 な 課 目 を 迎 え 、 今 回 は 東 京 と 大 阪 の 2 拠 0 同 社 は Atlassian pty Ltd. が 提 供 題 す べ て を 一 覧 で き る 機 能 な ど が 点 で 開 催 さ れ る 。 今 年 の メ イ ン テ す る JIRA の 導 入 ・ 運 用 サ ポ ー ト に 追 加 さ れ て い る と の こ と 。 ー マ は 「 Document Revolution 元 年 加 え JIRA 用 の プ ラ ク イ ン を 開 発 し 価 格 は 10 ユ ー サ で 3 万 6 , 000 円 ( 税 脱 WORD ・ 脱 DTP の 実 現 に て お り 、 「 WBS ガ ン ト チ ャ ー ト 」 も 抜 ) か ら と な っ て い る 。 向 け て 亠 ド キ ュ メ ン ト の 制 作 ・ 管 理 そ の 1 つ 。 同 プ ラ ク イ ン は 次 の よ う な ど に 課 題 を 持 つ 企 業 ユ ー ザ に 、 な 機 能 を 備 え て い る 。 ・ 詳 し く は こ ち ら XML や XML DB テ ク ノ ロ ジ の 具 体 https: 〃 ricksoft. jp/atlassian/wbs- 的 な 活 用 方 法 や 事 例 を 公 開 す る と ・ WBS 、 カ ン ト チ ャ ー ト の 作 成 ganttchart/ い う も の 。 ・ プ ロ ジ ェ ク ト メ ン / ヾ ー の 負 荷 な ど 開 催 日 程 は 以 下 の と お り 。 の リ ソ ー ス 管 理 ・ 大 阪 : 2015 年 1 1 月 1 3 日 ( 金 ) リ ッ ク ソ フ ト 15 : 20 ~ 18 ℃ 0 http://www.ricksoft.jp/ ・ 東 京 : 2015 年 1 1 月 20 日 ( 金 ) 15 : 20 ~ 18 ℃ 0 グ レ ー プ シ テ ィ 、 xuni の 最 新 バ ー ジ ョ ン を リ リ ー ス イ ベ ン ト を 主 催 す る サ イ バ ー テ ッ ク は 、 XML テ ー タ ベ ー ス 「 NeoCore 株 グ レ ー プ シ テ ィ は 、 同 社 の 提 供 ー ザ ラ イ セ ン ス の 特 徴 と 費 用 は 次 の XMS 」 を は じ め 各 種 ド キ ュ メ ン ト 支 す る モ バ イ ル ア プ リ 開 発 用 コ ン ポ ー と お り ( い す れ も 税 込 ) 。 援 製 品 を 提 供 し て お り 、 IT に よ る ド ネ ン ト セ ッ ト 「 Xuni 」 の 最 新 バ ー ジ キ ュ メ ン ト の 生 産 性 向 上 ・ 利 用 促 進 ョ ン を 、 2015 年 9 月 16 日 に リ リ ー ス ・ Xuni for Android/Xuni fo 「 の 実 現 を 目 指 し て い る 。 扱 っ て い る iOS XML DB は 、 XML 文 書 の 処 理 に 0 同 製 品 は 、 グ ラ フ や 表 と い っ た 業 そ れ そ れ Java に よ る And 「 oid ア 優 れ 、 高 い パ フ ォ ー マ ン ス と 高 度 な 務 ア プ リ に 必 要 な イ ン タ フ ェ ー ス を 、 プ リ 開 発 、 Objective-C/Swift 検 索 が 可 能 で あ る と い う 。 Android と iOS 、 Windows Phone に よ る i 〇 S ア プ リ 開 発 に 対 応 。 初 共 通 で 実 現 す る た め の ラ イ プ ラ リ 。 回 費 用 9 万 ア 200 円 、 更 新 費 用 ・ 詳 し く は こ ち ら す で に C # に よ る Xamarin PIatform 3 万 8 , 800 円 http://www.neocore.jp/summit- 上 で の 各 OS 向 け ア プ リ 開 発 が 可 能 ・ Xuni Enterprise new/neocoresummit2 0 1 5 index. で あ っ た が 、 こ の た び の バ ー ジ ョ ン Xuni fO 「 And 「 oid と Xuni fo 「 html ア ッ プ に よ り Java に よ る Android ア i 〇 S 両 方 の 環 境 に 加 え 、 C # に よ プ リ 開 発 や Objective-C/Swift に よ る Xama 「 in Platfo 「 m 上 で の 開 発 る iOS ア プ リ 開 発 に も 対 応 し た 。 に も 対 応 。 初 回 費 用 16 万 2 , OOO Xuni は 定 額 制 の サ プ ス ク リ プ シ ョ 円 、 更 新 費 用 6 万 4 , 800 円 ン 方 式 で 販 売 さ れ て お り 、 年 間 1 ュ 少 グ レ ー プ シ テ ィ http://www.grapecity.com/ 山 団 + DB PRfSS S 0 F T W A R E E V E T S 0 F T W A R E ・ NeoCore 公 式 サ イ ト http://www.cybertech.co.jp/xml/ xmldb/neocorexms/ ! サ イ / ヾ ー テ ッ ク http://www.cybertech.co.jp/ 8 ・ WEB + DB ′ 55 Vo 80 1

WEB+DB PRESS Vol.89


技 術 評 論 社 の 本 が 甲 子 版 で 読 め る ! G 旧 YO DigitaI Publishing https://gihyo.jp/dp ■ イ チ オ シ の 1 冊 ! 5 。 負 w 第 に 0 ゆ 1 ~ D00 ー 実 践 入 門 Linux コ ン テ ナ 技 術 の 基 礎 か ら 応 用 ま で DockerHub 、 Dockerfile 、 Kubernetes 、 AtomicHost 中 井 税 育 ロ Do ( ker 実 践 入 門 Linux コ ン テ ナ 技 術 の 基 礎 か ら 応 用 ま で 中 井 悦 司 著 2 , 680 円 Linux の コ ン テ ナ 技 術 の 1 つ で あ る Docker は , 迅 速 な Web サ ー ビ ス の 展 開 に 必 要 不 可 欠 な も の て あ り , 多 く の げ 企 業 が 注 目 し て い る 重 要 な も の で あ る 。 本 書 で は , そ の し く み を 明 ら か に し , Docker を GitHub と 連 携 し た デ ブ ロ イ 方 法 を 基 礎 か ら 解 説 す る 。 Dockerfile の 書 き 方 や 管 理 ツ ー ル で あ る kubernetes と の 連 携 方 法 , レ ッ ド ハ ッ ト 社 の AtomicHost で の 使 い 方 な ど , 最 新 か っ 定 番 的 な 情 報 を 盛 り 込 ん た 実 践 的 な 入 門 書 で あ る 。 https://gihyo.jp/dp/eb00k/2015 / 978-4-7741-7693-2 PDF EPUB あ わ せ て 読 み た い 、 10 カ サ イ エ ン テ ィ ス ト ー し ( 慶 た ・ に ・ は の ・ ・ を 第 ・ 機 械 学 習 の 基 礎 ・ 贓 学 響 第 、 解 1 朝 な : 人 門 題 ー 習 ソ フ ト ウ ェ ア の 第 あ な た の 知 ら な い 超 絶 技 巧 プ ロ グ ラ ミ ン グ の 世 界 遠 藤 介 ま ・ え な い 、 、 よ っ ぴ リ を 第 な - 第 、 ・ み を せ ん 0 ? た の し い イ ン フ ラ の 歩 き 方 PHP は と の よ う に 動 く の か PHP は ど の よ う に 動 く の か コ ア か ら 読 み 解 く 仕 組 み と 定 石 ま 量 を 第 6 た の に - ど ・ よ う に し て い く 、 ・ ~ た の し い イ ン フ ラ の 歩 き 方 あ な た の 知 ら な い 超 絶 技 巧 プ ロ グ ラ ミ ン グ の 世 界 デ ー タ サ イ エ ン テ ィ ス ト 養 成 読 本 機 械 学 習 入 門 編 EPUB PDF PDF EPUB PDF ′ EPUB EPUB PDF kindle ① 記 ま ① amazon 楽 0 天 k0b0 ヨ ド デ www yodobashi.com 〒 162-0846 新 宿 区 市 谷 左 内 町 21-13 株 式 会 社 技 術 評 論 社 ク ロ ス メ テ ィ ア 事 業 部 TEL : 03-3513-6180 メ ー ル : [email protected] お 問 い 合 わ せ 法 人 な ど ま と め て の ご 購 入 に つ い て は 別 途 お 問 い 合 わ せ く だ さ い 。 他 の 電 子 書 店 で も 好 評 発 売 中 !

WEB+DB PRESS Vol.89


マ 図 8 タ イ ム ラ イ ン の フ レ ー ム ビ ュ ー リ “ 物 0 、 ・ 報 ww 物 地 莎 い 、 野 に 0 ロ E m ・ 5 を 、 麒 WO 「 k sourc い T el ⅲ を 」 P 「 0 れ 5 R を 50 ( 30 ゆ を 」 avaS 朝 pt 処 理 の 調 査 と 改 善 実 行 状 態 を プ ロ フ ァ イ リ ン グ し 、 コ ー ド を 最 適 化 す る 第 4 章 ヨ 0 ゆ 笋 Cdpture: 」 5 profile ロ Memory paint CjScreenshot View• ⅱ Network 50u 「 ( 25 い meline P 「 0 川 を 5 Resources 》 0 2 017 プ 領 域 の タ イ ム ラ イ ン の summa 「 y ビ ュ ー . ロ Elements マ 図 9 ヒ ー ・ ▽ i View 諞 を 日 Test ト : 10 、 . す - Function Call. •Send R を q 山 . ・ Send R を q リ -. ・ nd q 山 Summary A99m93 d De い ( 日 p れ に 色 第 P 「 0 れ 厄 EMemory P 猷 に 5 ( 「 を 郎 hO い 58.08 ms ー 0400 m 、 1 /. 9E517.9m5 1 & 8E5 19.6m 、 10450 ms 82.6E5 10500 ms 10550E5 、 40.6m5 、 27.5m 、 、 ん ・ 新 (-)I A ・ ・ ) ー A ・ ・ A ル ・ 、 日 和 朝 … 冖 JS : 吶 第 物 O.handle.u 工 し は = 食 0 ℃ 第 の 、 叫 は 一 : 、 三 レ Summary Aggregated D に ね i 区 Layers Type To 回 石 m に Self Time 0 き ils A99 代 9 dTime Event 、 0.38 Scriptinq 0 い ) 24 語 1 click 24. ・ 1 Type Total 石 m を 石 m を [ 0 ( a れ on AggregatedTime Funct ion Ca ー ー 54.32 ms ø. 四 ms 54.32 ms い 29 虧 Scripting ( Se け ) 発 生 し た 処 理 が 下 に 一 覧 表 示 さ れ ま す 。 0 の ヒ ン ト も 添 え ら れ て い る の で 、 参 考 に し て く だ さ に Warning が 表 示 さ れ ま す 。 メ ッ セ ー ジ に は 高 速 化 ま た 60FPS を 下 回 っ て い る 場 合 、 SummarY'k ネ ル リ 秒 か か っ て お り 、 特 に 長 く な っ て い ま す 。 ミ リ 秒 で あ る の に 対 し 、 ス ク リ プ ト 処 理 に 54.32 ミ ま す が 、 図 9 で は 1 フ レ ー ム の 実 行 時 間 が 全 体 で 82.6 く 、 ネ ッ ト ワ ー ク や 描 画 に 関 わ る 処 理 も 行 わ れ て い Load イ ベ ン ト の 処 理 に は ス ク リ プ ト 処 理 だ け で な 比 率 i»Aggregated Time と し て 表 示 さ れ ま す ( 図 9 ) 。 す 。 フ レ ー ム を ク リ ッ ク す る と 、 フ レ ー ム 内 の 処 理 は 、 Timeline 下 部 の Summary?k ネ ル に 表 示 さ れ ま 現 在 表 示 し て い る フ レ ー ム 中 に 占 め る 処 理 の 比 率 ◎ 1 フ レ ー ム に 占 め る ス ク リ プ ト 処 理 単 な の で 、 こ ち ら を 使 っ て も よ い で し よ う 。 れ る た め ポ ト ル ネ ッ ク ど こ に あ る か を 把 握 す る の が 簡 維 持 で き て い な い フ レ ー ム に 対 し て 赤 い タ グ が 表 示 さ 然 で す 。 Flame chart view を 有 効 に す る と 、 60FPS を て 表 示 さ れ る た め 、 FPS が 低 下 し て い る 箇 所 が 一 目 暸 グ ラ フ 化 さ れ 、 60FPS お よ び 30FPS の 線 が 目 安 と し FramesView を 有 効 に す る と 、 1 フ レ ー ム の 処 理 か 荷 に な っ て い る か を お お よ そ 特 定 で き ま す 。 を 契 機 に 行 わ れ る ス ク リ プ ト 処 理 が ど の く ら い の 負 こ と が わ か り ま す 。 TimeIine に よ る デ バ ッ グ で 、 何 処 理 が 24.01 ミ リ 秒 と 長 く 、 16.7 ミ リ 秒 を 超 え て い る こ の 場 合 は Click イ ベ ン ト で 実 行 さ れ る ハ ン ド ラ の ◎ Pro 創 es バ ネ ル で 重 い 関 数 の 特 定 Timeline パ ネ ル で 計 測 す る ほ か に は 、 Profiles?k ネ ル の Collect JavaScript CPU Profile に よ っ て 重 い ス ク リ プ ト 処 理 を 調 べ る こ と も で き ま す 。 よ り 詳 し い ス ク リ プ ト の 実 行 状 態 を 得 る こ と が で き る の で 、 Timeline パ ネ ル の 計 測 で FPS の 低 下 が 目 立 つ タ イ ミ ン グ を 把 握 し 、 そ の タ イ ミ ン グ を 再 度 プ ロ フ ァ イ ル す る と よ い で し よ う 。 プ ロ フ ァ イ ル 方 法 は 、 前 述 の 「 時 間 を 要 し て い る ス ク リ プ ト 処 理 」 を ご 覧 く だ さ い 〇 改 善 方 法 CPU の プ ロ フ ァ イ ル で 、 ど の 関 数 の 実 行 に 時 間 が か か っ て い る か を 特 定 で き る の で 、 そ の 関 数 内 で 行 わ れ て い る ス ク リ プ ト 処 理 を 最 適 化 し て く だ さ い ◎ ス ク リ プ ト 処 理 を 最 適 化 す る 重 い 処 理 を 突 き 止 め た ら 、 ア ル ゴ リ ズ ム の よ う な プ ロ グ ラ ム の 処 理 命 令 レ ベ ル で の 最 適 化 を 行 っ て く だ さ い 。 実 行 す る 必 要 が な い 処 理 を 省 く 、 あ る い は 間 引 く な ど の 処 置 も 必 要 に 応 じ て と る こ と に な る で GC に よ る メ モ リ 管 理 が 行 わ れ て い る た め 、 開 発 者 が 意 識 す る こ と が 少 な く 、 潜 在 的 に 生 ま れ が ち な の が メ モ リ リ ー ク で す 。 0 0 0 。 メ モ リ リ ー ク の , ′ 調 査 と 改 善 WEB + DB P 第 55 MOL80 ・ 39

WEB+DB PRESS Vol.89


[ 詳 解 ] Chrome Dev ① ① ⑩ ー 特 集 1 Web 開 発 を 加 速 す る ! 本 特 集 で は Chrome Developer T00 ( 以 下 、 DevT00 ) の 使 い 方 を 紹 介 し ま す 。 DevT001s の 基 本 的 な 機 能 か ら 、 デ バ ッ グ や パ フ ォ ー マ ン ス チ ュ ー ニ ン グ に 役 立 つ テ ク ニ ッ ク 、 そ し て 最 新 機 能 に 至 る ま で を 幅 広 く 取 り 扱 い ま す 。 DevT001s は ほ か の ブ ラ ウ サ の 開 発 者 ツ ー ル と 比 べ て も 特 に 機 能 の 追 加 や 更 新 が 速 く 、 バ ー ジ ョ ン が 上 が る た び に 便 利 に な り 続 け て い ま す 。 Web 開 発 者 で あ れ は DevTools を う ま く 使 う こ と で 得 ら れ る メ リ ッ ト は 非 常 に 大 き い の で 、 せ ひ 本 特 集 を 手 に DevTooIs を 使 い 倒 し て く た さ い 。 Chrome DeveIoper T001s 入 門 ・ ・ ・ 10 基 本 的 な 使 い 方 を 身 に 付 け る 佐 藤 歩 ネ ッ ト ワ ー ク 処 理 の 調 査 と 改 善 ・ ・ ・ 18 デ ー タ の 転 送 を 最 適 化 し 、 Web ペ ー ジ の 初 期 表 示 を 高 速 化 す る 泉 水 翔 吾 レ ン ダ リ ン グ 処 理 の 調 査 と 改 善 ・ ・ 25 プ ラ ウ ザ 内 の イ ベ ン ト を 可 視 化 し 、 描 画 の ボ ト ル ネ ッ ク を 取 り 除 く 佐 藤 歩 JavaScript 処 理 の 調 査 と 改 善 ・ ・ 34 実 行 状 態 を プ ロ フ ァ イ リ ン グ し 、 コ ー ド を 最 適 化 す る 泉 水 翔 吾 そ の ほ か の 便 利 機 能 ・ ・ 42 閲 覧 環 境 の エ ミ ュ レ ー シ ョ ン 、 モ バ イ ル テ パ イ ス 連 携 、 拡 張 機 能 佐 藤 歩 、 泉 水 翔 吾 第 1 章 第 2 章 90 第 3 章 第 4 章 第 5 章