検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽 仮名の悲劇

写楽 仮名の悲劇から 372件ヒットしました。

写楽 仮名の悲劇


こ の 作 品 は 昭 和 六 十 一 一 年 五 月 新 潮 社 よ り 刊 行 さ れ た 。

写楽 仮名の悲劇


ゆ ら て つ じ Ⅷ 研 究 浮 世 絵 師 葛 飾 北 斎 説 由 良 哲 次 昭 和 年 ( 「 芸 術 新 潮 」 7 月 号 ) テ レ ビ 能 面 師 土 左 ヱ 門 の 次 郎 太 大 岡 信 昭 和 年 ( 8 月 日 放 映 ) し ば こ う か ん せ つ 研 究 浮 世 絵 師 司 馬 江 漢 説 福 富 太 郎 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 号 ) え の も と ゆ う さ い 四 研 究 版 元 蔦 屋 重 三 郎 説 榎 本 雄 斎 昭 和 年 ( 『 写 楽 ー ま ば ろ し の 天 才 』 新 人 物 往 来 社 ) こ れ は 昭 和 四 十 四 年 ま で の 表 で あ る が 、 そ の 後 目 に つ い た 説 を つ け 加 え る と 以 下 の よ う に な る で あ ろ 、 つ か 劇 研 究 俳 人 谷 素 外 酒 井 藤 吉 昭 和 年 ( 川 月 新 日 「 読 売 新 聞 」 ) い っ ぴ っ さ い ぶ ん ち ょ う の 引 研 究 浮 世 絵 師 一 筆 斎 文 調 出 井 祐 治 昭 和 妬 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 肥 号 ) 一 一 ん ど ・ つ 名 反 研 究 絵 師 片 山 写 楽 近 藤 喜 博 昭 和 町 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 絽 号 ) 楽 芻 研 究 阿 波 藩 絵 師 矢 野 典 博 瀬 尾 長 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 号 他 ) と し お 引 研 究 版 元 蔦 重 工 房 説 鈴 木 敏 夫 昭 和 簡 年 ( 「 江 戸 の 本 屋 』 中 央 公 論 社 ) げ さ く し ゃ み わ そ う 研 究 戯 作 者 山 東 京 伝 谷 峯 蔵 昭 和 年 ( 『 写 楽 新 考 』 文 藝 春 秋 ) 研 究 版 元 蔦 屋 重 三 郎 阿 部 清 昭 和 年 ( 3 月 S 日 「 読 売 新 聞 ー ) 小 説 秋 田 蘭 画 の 絵 師 近 松 昌 栄 高 橋 克 彦 昭 和 年 ( 『 写 楽 殺 人 事 件 』 講 談 社 ) 劇 画 浮 世 絵 師 喜 多 川 歌 麿 石 ノ 森 章 太 郎 昭 和 田 年 ( 「 死 や ら く 生 』 中 央 公 論 か つ ひ こ

写楽 仮名の悲劇


新 聞 」 川 月 Ⅱ 日 夕 刊 よ り 連 載 ) 浪 曲 浮 世 絵 師 中 島 鉄 蔵 ( の ち の 北 斎 ) 説 最 上 三 郎 ( ラ ジ オ ロ 演 ) 昭 和 年 ( 2 月 % 日 放 送 ) た に ふ ん ち ょ う せ つ 凵 研 究 本 派 絵 師 谷 文 晁 説 池 上 浩 山 人 昭 和 年 ( 「 ~ 朋 春 」 燗 号 ) 研 究 浮 世 絵 師 葛 飾 北 斎 説 横 山 隆 一 昭 和 年 ( 「 浮 世 絵 の 世 界 』 平 凡 社 ) 能 役 者 春 藤 次 左 衛 門 今 東 光 昭 和 年 ( 「 文 藝 春 秋 4 月 オ ー ル 読 物 号 」 ) の 7 研 売 九 能 役 者 某 小 野 忠 重 昭 和 年 ( 「 芸 術 新 潮 」 Ⅱ 月 号 ) 能 狂 言 師 匠 某 横 倉 辰 次 昭 和 年 ( 『 浮 世 絵 師 秘 話 』 久 漿 書 店 ) め 9 小 説 能 役 者 斎 藤 十 郎 兵 衛 小 田 仁 二 郎 昭 和 鬨 年 ( 『 流 戒 十 郎 う き 世 草 紙 』 芸 を 文 新 書 ) り よ う た ろ う ひ け い ち ょ う 一 兀 O 、 月 説 面 つ く り 師 斎 藤 十 郎 兵 衛 西 村 亮 太 郎 昭 和 鬨 年 ( 『 江 戸 秘 芸 帖 』 久 保 書 版 店 ) ま き え し ー 、 ー . 力 と ・ つ よ ・ つ 蒔 絵 師 飯 塚 桃 葉 ・ 社 中 説 三 1 研 九 中 村 正 義 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 % 号 ) 戯 作 浮 世 絵 師 鳥 居 清 政 君 川 也 寸 志 昭 和 年 ( 「 浮 世 絵 芸 術 」 燔 号 ) 小 説 浮 世 絵 師 歌 川 豊 国 石 沢 英 太 郎 昭 和 年 ( 「 推 理 ス ト ー リ ー 」 9 月 号 ) 共 同 制 作 者 代 表 某 ( あ る い は 十 返 舎 一 九 推 薦 ) 研 究 瀬 木 一 昭 和 肥 年 ( 「 古 美 術 」 号 ) 5 研 究 本 派 絵 師 酒 井 抱 一 説 向 井 信 夫 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 芻 ・ 引 〕

写楽 仮名の悲劇


よ り は 人 間 研 究 の 表 で あ る 。 順 分 類 職 種 提 議 亠 者 年 代 研 究 浮 世 絵 師 ( 寛 政 七 年 春 以 降 は 歌 舞 妓 堂 艷 鏡 説 ) ュ リ ウ ス ・ ク ル ト 明 ム ロ 芻 し ゅ ん ど う し ざ も ん せ つ 2 研 究 能 役 者 春 藤 次 左 ヱ 門 説 ( の ち 斎 藤 十 郎 兵 衛 説 に 復 帰 ) 鳥 居 竜 蔵 大 正 凵 年 ( 6 月 日 「 時 事 新 報 」 他 ) く に え た か ん じ 3 小 説 能 役 者 春 藤 次 良 兵 衛 邦 枝 完 一 一 昭 和 4 年 ( 「 東 洲 斎 写 楽 』 博 文 館 ) 悲 の 4 研 究 ア マ 絵 師 某 野 口 米 次 郎 昭 和 5 年 ( 「 東 洲 斎 写 楽 』 私 家 版 ) 反 5 研 究 貴 人 某 森 清 太 郎 昭 和 Ⅱ 年 ( 「 浮 世 絵 界 」 1 巻 9 号 ) 楽 研 売 九 純 眤 役 者 関 西 絵 師 説 三 谷 松 昭 和 肥 年 ( 「 浮 世 絵 界 」 2 巻 4 号 ) 7 研 究 浮 世 絵 師 三 派 師 系 説 三 隅 貞 吉 昭 和 年 ( 「 日 本 美 術 工 芸 」 3 月 号 ) 8 研 究 版 元 蔦 屋 重 三 郎 説 ( 葛 飾 北 斎 説 に 転 向 ) 横 山 隆 一 昭 和 引 年 ( 「 週 刊 朝 日 」 2 月 川 日 号 ) ほ う し ゅ ん 能 役 者 斎 藤 十 郎 兵 衛 横 川 毅 一 郎 昭 和 引 年 ( 「 ~ 朋 春 」 号 他 ) り ゅ う ざ ふ ろ う 川 研 究 本 派 絵 師 円 山 応 挙 説 田 口 洳 三 郎 昭 和 年 ( 7 月 5 日 「 神 戸 新 聞 」 他 ) 能 役 者 斎 藤 十 郎 兵 衛 松 本 清 張 昭 和 年 ( 「 芸 術 新 潮 」 7 月 号 ) せ が れ 小 説 武 家 牟 礼 俊 十 ( 蜂 須 賀 家 家 老 の 伜 ) 小 島 政 二 郎 昭 和 年 ( 「 日 本 経 済 む れ

写楽 仮名の悲劇


ひ げ き 写 楽 仮 名 の 悲 劇 か め い し や ら く 新 潮 文 庫 平 成 三 年 五 月 二 十 五 日 発 行 平 成 七 年 二 月 十 日 四 刷 著 者 梅 発 行 者 佐 藤 亮 本 製 株 式 - , 耳 月 十 ~ 4 発 行 所 会 社 寺 不 悍 会 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 営 業 部 ( 〇 一 一 l) 三 二 六 六 ー 五 一 一 一 電 話 編 集 部 ( 〇 一 一 l) 三 二 六 六 ー 五 四 四 〇 振 替 東 京 四 ー 八 〇 八 番 ー に 表 示 し て あ り ま す 。 価 格 は カ バ 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 読 者 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 う め た

写楽 仮名の悲劇


記 録 し 、 や が て 来 る べ き 江 戸 文 化 の 再 評 価 の 時 に 備 え よ う と す る 意 図 が あ っ た と 思 わ れ る 。 『 葛 飾 北 斎 伝 』 が 明 治 二 十 , ハ 年 に 刊 行 さ れ た に 対 し 、 こ の 『 歌 川 列 伝 』 の 方 は 、 長 い 間 行 さ れ ず 写 本 の ま ま で 伝 わ り 、 よ う や く 昭 和 十 , ハ 年 に な っ て 刊 行 を 見 た の は 、 明 治 以 後 の 日 本 人 の 歌 川 派 に た い す る 冷 た い 見 方 を 表 し て い る よ う に 思 わ れ る 。 豊 国 の 人 生 と 芸 術 に つ い て 、 最 初 の 研 究 書 は 、 興 味 深 い こ と に は 外 国 人 の 作 品 で あ る 。 ド ヒ ・ ズ ッ コ の 「 歌 川 豊 国 と 彼 の 時 代 』 ("UTAGAWA TOYOKUNI ィ ッ 人 の 学 者 フ リ ー ド リ ッ ス und seine zeit", Bd. 1,2 F 「 ied 「 ich succo, Miinchen, R. Pipe 「 一 9 こ 5 一 4 ) と い 、 つ 本 か 、 大 正 二 年 か ス ら 三 年 に か け て 出 た の で あ る 。 ズ ッ コ が な ぜ 豊 国 に 興 味 を も っ た か は 明 ら か で は な い が 、 お ク そ ら く ク ル ト の 写 楽 研 究 の 影 響 で あ ろ う 。 こ の 本 に は た い へ ん 興 味 深 い 見 解 が あ る が 、 豊 広 の が 豊 国 の 弟 で あ る と い う 説 を と る な ど 間 違 い も 多 く 、 ま た 作 品 の 年 代 決 定 も あ ま い 。 し か し ま の と こ ろ 最 も 総 合 的 で 最 も 長 大 な 豊 国 研 究 書 な の で あ る 。 豊 な が ら こ の 書 物 か 、 い そ の つ ま ・ つ ち し ょ ・ つ よ ・ つ 巨 大 正 九 年 に 竓 内 逍 遥 が 『 芝 居 絵 と 豊 国 及 其 門 下 』 を 出 版 し た が ( 初 出 は 雑 誌 「 錦 絵 」 大 正 7 か ぶ き 九 年 2 月 ー 月 ) 、 こ の 書 物 は 、 役 者 浮 世 絵 の 変 化 を 通 じ て 歌 舞 伎 の 歴 史 を 解 明 し よ う と し た も 第 。 豊 国 の 絵 が 一 つ の 画 集 と し て 出 版 の で 、 純 枠 な 意 味 で の 豊 国 研 究 で も 浮 世 絵 研 究 で も な い さ れ る の は 、 大 正 十 五 年 、 雄 山 閣 か ら 出 さ れ た 『 豊 国 浮 世 絵 集 』 が は じ め て で あ ろ う 。 豊 国 に つ い て 研 究 す る に は 、 様 々 な 形 で 残 っ て い る 伝 承 を 集 め 最 も 信 頼 す る に 足 る 伝 記 を 作 る と お び た た と も に 、 豊 国 の 残 し た 夥 し い 作 品 、 肉 筆 画 ・ 版 画 ・ 黄 表 紙 の 挿 絵 な ど の 作 品 を 年 代 考 証 し 、 時 間 的 に 正 し く 配 列 さ れ た 作 品 目 録 に よ っ て 、 そ の 人 生 と 芸 術 の 発 展 の 模 様 を 論 じ な く て は 359 き た

写楽 仮名の悲劇


ゆ ら て つ じ 説 を 唱 え る 由 良 哲 次 氏 と 同 一 で あ る が 、 由 良 氏 の 説 か ら 思 い っ か れ た の か も し れ な い 。 確 か に 寛 政 七 年 に は 京 伝 の 黄 表 紙 の 作 品 は な い 。 し か し 寛 政 六 年 に は 『 金 々 先 生 造 化 夢 』 を は じ め 、 実 に 十 点 の 作 品 を 刊 行 し て い る 。 そ し て 寛 政 六 年 か ら 七 年 に か け て 、 亡 妻 の 喪 に 服 し 、 す る が 喪 が 明 け た 後 百 日 間 、 相 州 や 伊 豆 や 駿 河 を 旅 行 し 、 帰 っ て ま た 銀 座 一 丁 目 の 父 の 支 配 下 の 医 師 の 売 家 を 買 っ て 移 転 し た と 考 え ら れ る 。 こ う い う 状 況 の 中 で 、 京 伝 が あ の 恐 る べ き 労 力 を 要 す る 写 楽 絵 百 四 十 二 枚 の 制 作 を 行 っ た と は 思 え な い の で あ る 。 天 の 私 が 写 楽 Ⅱ 山 東 京 伝 説 を 採 用 で き な い 最 も 大 き な 理 由 は 、 や は り 芸 術 家 に は 芸 術 家 と し て る の 一 貫 し た 生 命 の 流 れ が あ る と 考 え る か ら で あ る 。 天 明 七 年 、 二 十 七 歳 か ら 彼 は 色 摺 絵 本 、 め 錦 絵 の 筆 を 断 ち 、 寛 政 三 年 か ら 自 作 の 黄 表 紙 の 挿 絵 に さ え 筆 を と ら な く な っ て し ま っ た 。 小 を 屋 説 や 絵 を か い た り す る 芸 術 家 な ら ば 誰 で も わ か る こ と で あ る が 、 い っ た ん 筆 を と る こ と を 中 元 断 し た ら 、 な か な か 筆 は 進 む も の で は な い の で あ る 。 か っ て の 筆 力 を 回 復 す る に は か な り の 章 時 間 か 必 要 で あ る 。 す で に 七 年 前 か ら 錦 絵 を 描 く こ と を 止 め 、 三 年 前 に 挿 絵 す ら 描 く こ と を や め た 京 伝 が 、 寛 政 六 年 、 急 に 筆 を と っ て 、 し か も か っ て の 自 分 の 画 風 と 多 分 に 異 な っ た 写 第 楽 絵 百 四 十 二 枚 を 十 カ 月 に し て 仕 上 げ た と は と て も 思 わ れ な い の で あ る 。 こ の こ ろ の 京 伝 は や は り 絵 描 き と し て の 自 己 を 否 定 し 、 こ れ か ら ど の よ う な 小 説 を 書 い て い こ う か と 、 ひ た す ら 思 索 し て い た に 違 い な い の で あ る 。 京 伝 は 天 才 で あ る 。 し か し こ の 天 才 を 、 も う 一 人 の 天 才 写 楽 そ の も の と 考 え る こ と は で き な い 129 ず

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 代 斎 こ 己 が ば 画 ふ て か な な の 楽 い 問 つ 名 つ 大 ぬ 本 つ わ 写 仮 が 同 を 多 量 特 名 あ た れ 楽 名 及 誰 の 使 が か 代 、 ん ね カ ゞ の と 。 あ と 者 名 か ば A ム そ 十 事 し あ し そ し 沈 中 の 画 ら あ に 秘 3 き 写 な は 情 も 伏 ざ が か と い な に め 楽 な ら い 自 十 役 で あ よ 時 己 分 者 て 仮 客 を 世 に 絵 い 名 新 実 に 発 絵 な も 表 師 ぜ の 本 寛 の 作 名 欲 大 ど 術 明 つ 好 、 明 暗 を 百 か ロ れ 名 、 は が 年 さ に ね 四 で て で ば 隠 け 自 五 月 い な し れ 分 る 、 い 枚 作 す 力 、 ば の し 引 ら 鍵 を な わ な 作 が 隠 は す で 名 カ 月 ん れ 分 カ い 発 の て 間 の で 強 に お に 理 れ ' 役 あ 大 由 を 楽 た な 者 る 心 画 い 絵 こ 何 里 百 て ち 。 を 四 十 楽 い す 発 あ 何 さ 表 る し 事 の な れ た か せ ば 絵 た 情 し と の い で た け れ の 描 い 己 。 る の と は い か 東 こ へ 同 そ 、 し 、 い た ん 時 。 洲 ね る 者 写 ④ い っ 現 る 在 ー で れ て い な つ は つ し 、 て の 時 の と カ ゞ 若 そ 、 干 の 及 政 解 謎 者 を 写 と つ の の を 暗 す る 秘 か 隠 さ れ る で は い の 楽 名 な の い ど 画 に 自 真 分 自 の 小 る 建 を て い に い よ っ 家 と 、 て 、 か わ 写 て 殀 な も 小 す た 十 そ な と ら い が と 残 を な 彼 彼 が と 自 亡 月 を も も で る の っ に し 考 ぐ 自 着 た い 工 ( し 、 自 市 、 そ に わ ば な ら も の の 者 る と 小 っ の 欲 作 ら 仮 た か ぜ ら た の 、 カ ゞ 説 ら い な の 情 の 在 わ し る こ 作 さ 本 考 か 都 た 名 ス - な 名 写 す 使 が に A で れ ば 隠 A ま く の 術 の た く ら か の 自 の つ つ る 雇 頁 つ 合 な あ ざ ら 品 画 続 号 仮 家 尊 も な す 名 れ 表 合 絵 あ 豸 ミ を に さ 、 て ざ を を 。 表 自 る を る て 、 、 作 し ら い そ は 満 で 斎 こ 多 、 足 作 な を 本 ら 発 場 者 る す を の カ ゞ な ロ ロ 浮 ば の ば 多 楽 画 あ る の が か 、 が も ( 3 ) し で る 、 写 し 、 つ で 謎 42 か 百 別 、 四 家 事 枚 が わ を を て 。 わ な ざ 仮 つ て ば な 万 北 も ロ ロ ど の の く を

写楽 仮名の悲劇


豊 国 が 泉 市 か ら 最 初 に 錦 絵 を 出 し た と す れ ば 、 そ れ が い つ の こ と で あ っ た の か が 問 題 と な る 。 林 美 一 氏 は 、 寛 政 元 年 あ る い は 二 年 ご ろ の こ と で あ ろ う と い う が 、 そ れ が ど ん な も の か と や ま う さ ぶ ろ う は よ く わ か ら な い 。 外 山 卯 三 郎 氏 は 『 初 代 豊 国 の 浮 絵 に つ い て 』 ( 「 浮 世 絵 芸 術 」 昭 和 川 年 6 月 ら っ か ん 号 ) と い う 論 文 で 豊 国 の 浮 絵 を 十 三 枚 あ げ て 、 そ の 落 款 か ら い っ て 天 明 あ る い は 寛 政 初 年 に か け て の も の で あ る と 言 っ て い る 。 外 山 氏 の あ げ る 十 三 枚 の 浮 絵 の 中 で 、 わ ず か に 一 点 だ け わ か さ や が 若 狭 屋 与 市 版 で 、 あ と は す べ て 泉 市 版 、 う ち 五 点 が 「 浮 絵 忠 臣 蔵 」 で あ る 。 後 年 の 豊 国 を 考 え る 場 合 、 彼 が 芝 居 の 舞 台 を 描 い た 浮 絵 か ら 錦 絵 作 者 と し て の 道 を 歩 み は じ め た と す れ ば 、 ス 。 豊 国 は 天 明 か ら 寛 政 に か け て 、 三 枚 続 き の 「 青 楼 座 敷 」 と か 「 品 川 青 楼 ~ た い へ ん 興 味 深 い ク 遊 興 」 な ど の 絵 を 残 し て い る 。 そ こ に は 背 の 高 い 八 頭 身 の 男 女 が 酒 盛 り を し て い る 絵 が 描 か の れ て い て 、 明 ら か に 清 長 の 影 響 が 見 ら れ る 。 し か し 彼 の 絵 が 清 長 の 絵 と 違 う の は 、 清 長 の 絵 豊 よ り は っ き り と 遠 近 法 が と ら れ て い る こ と で あ る 。 清 長 の 絵 と 較 べ る と 、 豊 国 の 絵 の ほ う が 巨 人 物 以 外 の 個 々 の 道 具 を よ り 的 確 に 描 写 し て い る こ と が わ か る 。 二 十 歳 を い く つ も 越 え な い 章 の に 、 す で に 恐 ろ し い ほ ど 冷 静 に も の を 見 、 そ し て そ れ を 精 密 に 描 写 す る 見 事 な 技 術 が 見 ら 第 れ る 。 事 前 協 定 ? 写 楽 絵 ・ 豊 国 絵 形 式 の す れ 違 い お そ ら く こ う い う 錦 絵 の 成 功 ゆ え で あ ろ う 。 寛 政 三 年 に な る と 、 彼 が 挿 絵 を 描 い た 黄 表 紙 新 類 か 急 速 に 増 え て く る 。 寛 政 四 年 は 七 点 と な ぜ か 多 少 減 る が 、 翌 五 年 に は 実 に 十 九 点 を 数 え

写楽 仮名の悲劇


宗 谷 真 爾 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 囲 ・ 〕 研 究 戯 作 者 十 返 舎 一 九 鬨 テ レ ビ 歌 舞 伎 役 者 中 村 此 蔵 池 田 満 寿 夫 昭 和 年 ( 7 月 1 日 特 集 ) 私 は で き る だ け 詳 し く こ れ ら の 説 の 原 典 を 調 べ た が 、 ま だ 原 典 に あ た っ て い な い も の も あ る 。 こ の 表 を み る と 、 昭 和 四 十 年 ま で は 圧 倒 的 に 能 役 者 説 が 有 力 で あ っ た よ う で あ る 。 2 、 っ 0 (. 0 、 1 、 6 、 7 、 8 、 9 、 、 7 は 、 ほ ば そ れ を 斎 藤 十 郎 兵 衛 あ る い は 春 藤 次 左 衛 天 の 門 と 考 え 、 あ る い は そ の 他 の 人 間 と 考 え る に せ よ 、 写 楽 Ⅱ 阿 波 の 能 役 者 斎 藤 十 郎 兵 衛 と い う 、 肥 、 鬨 な ど も 、 や は り 写 楽 を 素 人 の 絵 師 と 考 え る 説 の 影 響 の 下 に 立 っ て い る 。 ま た 、 4 、 5 め る 点 、 阿 波 の 能 役 者 説 と 同 様 で あ る 。 こ の よ う な 説 は 先 に あ げ た 四 つ の 点 が 十 分 に 説 明 さ れ を 屋 な い 限 り 、 成 立 は 困 難 で あ る と い え よ う 。 ま た 近 藤 喜 博 氏 は 、 白 川 神 道 を 研 究 し て い て 、 そ て ん ま 小 林 兵 部 の 弟 子 と し て 、 寛 政 一 一 年 に 白 川 家 に 入 門 し た 、 大 坂 ・ 天 満 板 元 の 「 門 人 帳 ー の 中 に 、 橋 町 に 住 む 片 山 な み と い う 女 性 が お り 、 そ の 巫 子 の 夫 が 片 山 写 楽 と い う 名 で あ る こ と を 見 出 し た 。 こ の 片 山 写 楽 が 浮 世 絵 師 の 写 楽 で は な い か と い う 説 を 、 当 時 流 行 し て い た 写 楽 Ⅱ 上 方 出 身 説 の 上 に の せ て 展 開 し た の で あ る 。 し か し こ の 白 川 神 道 の 巫 子 の 夫 で あ る 片 山 写 楽 が 、 と ・ つ し ゅ ・ つ さ い あ の 百 四 十 二 枚 の 絵 を 描 い た 浮 世 絵 師 東 洲 斎 写 楽 で あ る と い う 証 拠 は な い 。 む し ろ 、 先 に あ げ た 四 つ の 理 由 に 照 ら し て 、 同 一 人 と 考 え る こ と は 難 し い よ う に 田 5 わ れ る 。 写 楽 と い う 人 間 は 日 本 に 一 人 し か い な い と 考 え 、 片 山 写 楽 が 東 洲 斎 写 楽 で あ る と き め つ け る こ と は で き な こ れ ぞ う ま す お か み が た