検索 - みる会図書館

全データから 149862件ヒットしました。

クーヨン 2016年 9月号


を い 夏 な 第 当 か ぞ く の 快 「 腸 」 生 活 が ラ ク 育 児 の ポ イ ン ト ー う ん ち で わ か る 育 児 カ ち か ご ろ 注 目 の 「 腸 育 ( ち ょ う い く ) 腸 内 の 善 玉 菌 を 増 や す 食 習 慣 と 運 動 で 毎 日 「 、 し い う ん ち 」 か 出 て い る と 、 か ら だ だ け で な く 、 , 」 こ ろ の 健 康 に も い い 影 響 が ま た 、 お な か の じ よ う ぶ な 子 は お む つ 替 え の 頃 か ら 「 手 が か か ら な い 」 の で 、 育 児 を と っ て も ラ ク に し て く れ ま す 。 し い う ん ち 」 に な る 食 べ 方 、 暮 ら し 方 の 特 集 で す ー 内 容 は 一 部 変 更 に な る こ と が あ り ま す 。 ご 了 承 く だ さ い 。 次 号 予 告 0 ク ー っ マ 2016 年 ⑩ 月 号 9 月 3 日 発 売 ク ー っ マ ノ ヾ ッ ク ナ ン ノ ヾ ー の ご 案 内 定 価 700 円 ( バ ッ ク ナ ン . バ ー は 下 記 の ほ か に も あ り ま す 。 2014 年 3 月 号 以 前 は 定 価 N08 円 と な り ま す 。 ) 2016 年 6 月 号 2016 年 5 月 号 2016 年 4 月 号 2016 年 8 月 号 2016 年 7 月 号 こ と ば よ り 子 育 て に 効 く 愛 で 世 界 を 変 え る 保 存 版 ・ ち い さ い 子 が い る 子 ど も を 巻 き 込 ま な い わ が 子 を つ い ほ か の 子 「 ハ グ & タ ッ チ 」 ひ と の 防 災 ハ ン ド ブ ッ ク 夫 婦 の 危 機 リ セ ッ ト 法 マ マ ・ パ パ 102 人 ! と 比 べ て い ま せ ん か ? ク ー ヨ ジ ク ー ヨ ジ ク ヨ ク ら 当 ジ 2016 年 2 月 号 2016 年 1 月 号 2015 年 12 月 号 2015 年 11 月 号 2016 年 3 月 号 伸 び る の は 子 ど も に お そ わ る 確 か な 眼 で 選 ぶ 子 育 て じ よ う ず ワ ザ あ り 「 手 抜 き 」 で 「 絵 本 」 の 魅 力 「 認 め る 」 ほ め 方 子 ど も の 「 も の 」 子 ど も は 育 つ ! の 台 所 ル ー ル ク ー ヨ ジ ク ー ヨ ジ ク ー 当 ジ 製 「 で で き い ・ が ま ま : ・ ・ 長 い チ ャ ン 、 2015 年 10 月 号 2015 年 7 月 号 2015 年 6 月 号 「 わ が ま ま 」 こ そ 親 子 で 納 得 ! み ん な で わ け あ う 成 長 の チ ャ ン ス ! の 園 選 び と は ? 家 の な か の こ と 45 ク ー ヨ ン 20 瓩 09 月 刊 月 刊 「 育 て じ よ う 享 4 ・ 。 噌 読 i ル ー , ー 「 て ー 幻 選 び と は ? わ た し 直 ー か み ば こ な い - 青 て 2015 年 9 月 号 親 子 で で き る 冷 え と り 習 慣 2015 年 8 月 号 わ た し 流 「 が ん ば ら な い 」 子 育 て

文藝 2015年 spring


日 本 文 学 全 集 池 澤 夏 樹 Ⅱ 個 人 編 集 醵 30 を 第 = 線 の 作 家 が 訳 す 古 典 新 訳 、 選 び 抜 か れ た 近 現 代 作 品 ー 全 国 書 店 で 予 約 受 付 中 ! ・ 全 巻 一 時 払 い 特 価 [ 本 体 ] 78 660 円 ( 税 別 ) 2015 年 3 月 末 日 ・ 全 巻 各 巻 払 い [ 本 体 ] 87 , 400 円 ( 税 別 ) 本 体 : 各 2 , 000 ~ 3 , 500 円 ( 税 別 ) 創 業 130 周 年 記 念 企 画 河 出 書 房 新 社 〒 151-0051 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 谷 03-3404-1201 http://www.kawade.co・jp/ 2014 年 11 月 刊 行 開 始 、 い ま メ を 第 亠

ジュリスト 2016年10月号


、 。 ー 。 縉 有 斐 閣 ・ 出 版 案 内 ・ 〒 101 ー 開 51 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2 ー 17 TeI : 03 ー 3265 ー 11 http:〃www.yuhikaku.co.jp/ ※ 表 示 価 格 は 税 別 。 消 費 税 込 み の 金 額 が 定 価 で す 。 QuarterIy ー Jurist 7 ュ ・ 好 評 * 発 売 中 ・ 〔 ジ ュ リ ス ト 増 刊 〕 B5 判 並 製 各 2 , 667 円 + 税 特 集 1 個 人 情 報 ・ プ ラ イ バ シ ー 保 護 の 理 論 と 課 題 2016 年 夏 号 ( 18 号 ) 2 再 婚 禁 止 期 間 , 夫 婦 別 姓 訴 訟 大 法 廷 判 決 特 集 憲 法 の あ の 瞬 間 特 集 不 法 行 為 制 度 の あ り 方 を 考 え る ー 複 数 の 者 が 関 与 す る 損 害 発 生 に お け る 複 層 性 の 検 討 特 集 土 地 法 の 制 度 設 計 特 集 刑 の 執 行 猶 予 の 多 角 的 検 討 特 集 憲 法 の 現 況 特 集 1 「 新 た な 刑 事 司 法 制 度 」 の 構 築 2 団 体 訴 訟 の 制 度 設 計 と 244 頁 978-4-641-21318-0 2016 年 春 号 ( 17 号 ) 248 頁 978-4-641-21317-3 2016 年 冬 号 ( 16 号 ) 220 頁 978-4-641-21316-6 2015 年 秋 号 ( 15 号 ) 256 頁 978-4-641-21315-9 2015 年 夏 号 ( 14 号 ) 228 頁 978-4-641-21314-2 2015 年 春 号 ( 13 号 ) 208 頁 978-4-641-21313-5 2015 年 冬 号 ( 12 号 ) 264 頁 978-4-641-21312-8 特 集 1 社 会 保 障 制 度 改 革 一 議 論 の 道 程 と 今 後 の 展 亡 月 王 2014 年 秋 号 ( 1 1 号 ) 2 国 際 関 係 法 上 の 喫 緊 の 課 題 特 集 1 法 務 と 数 理 的 思 考 2 現 代 相 続 法 の 課 題 208 頁 978-4-641-21310-4 200 頁 特 集 憲 法 " 改 正 " 問 題 ー 国 家 の あ り 方 と は 978-4-641-21309-8 特 集 1 障 害 者 権 利 条 約 の 批 准 と 国 内 法 の 課 題 2 改 正 行 政 事 件 訴 訟 法 施 行 1 0 年 の 検 証 特 集 1 環 境 条 約 の 国 内 実 施 ー 国 際 法 と 国 内 法 の 関 係 248 頁 978-4-641-21311-1 244 頁 978-4-641-21307-4 2013 年 秋 号 ( 7 号 ) 248 頁 978-4-641-21308-1 2014 年 冬 号 ( 8 号 ) 2014 年 春 号 ( 9 号 ) 2014 年 夏 号 ( 10 号 ) 2 星 野 英 一 先 生 の 人 と 学 問 特 集 震 災 と 民 法 学 特 集 い ま , 選 挙 制 度 を 問 い 直 す 特 集 團 藤 重 光 先 生 の 人 と 学 問 特 集 重 要 判 例 か ら み た 行 政 法 特 集 1 裁 判 員 制 度 3 年 の 軌 跡 と 展 望 2 国 際 化 時 代 に お け る 家 族 法 の 課 題 特 集 憲 法 最 高 裁 判 例 を 読 み 直 す 204 頁 978-4-641-21306-7 252 頁 978-4-641-21305-0 2 1 6 頁 978-4-641-21304-3 240 頁 978-4-641-21303-6 276 頁 978-4-641-21301-2 232 頁 978-4-641-21300-5 2013 年 夏 号 2013 年 春 号 2013 年 冬 号 2012 年 秋 号 2012 年 夏 号 2012 年 春 号 ( 6 号 ) ( 5 号 ) ( 4 号 ) ( 3 号 ) ( 2 号 ) ( 1 号 )

現代日本の文学 24 高見 順 集


昭 和 3 年 秋 、 日 比 谷 公 園 に て 。 後 列 左 か ら 2 人 目 よ り 順 、 新 田 潤 、 石 田 愛 子 た ち と 昭 和 8 年 9 月 、 新 田 潤 、 渋 川 驍 ら と 創 刊 し た 同 人 堆 社 「 感 傷 」 を 発 表 後 、 「 故 じ 、 0 旧 忘 れ 得 べ き 」 を 連 載 昭 和 11 年 3 月 、 武 田 麟 太 郎 主 宰 の 文 芸 雑 誌 「 人 民 文 庫 」 創 刊 号 。 順 も 参 加 庫 民 昭 和 10 年 ( 28 歳 ) 、 コ ロ ム ビ ア レ コ ー ド に 勤 務 の 頃 。 前 列 中 央 は 高 浜 虚 子 、 そ の う し ろ が 順 。 下 旧 友 新 田 潤 ら と 創 刊 し た 同 人 雑 誌 「 日 暦 」 10 号 記 念 会 ( 昭 和 10 年 4 月 ) で 。 左 よ り 順 、 大 谷 藤 子 、 矢 田 津 世 子 、 円 地 文 子 ら と 。 く 撮 影 者 土 門 拳 > 人 民 社 刊 初 版 本 ( 昭 ・ 11 ・ 10 ) 忘 見 を 第 民 人

現代日本の文学 Ⅱ― 8 山本 周五郎 集


情 裏 長 屋 ー を 「 講 談 雑 誌 」 に 、 八 月 、 「 蘭 」 を 「 家 の 光 」 に 、 九 月 、 ふ く 物 語 ( 3 ) 〉 を 「 講 談 倶 楽 部 」 に 、 五 月 、 「 七 日 七 夜 」 を 「 講 談 ね む の き や ま び こ お と め 「 合 歓 木 の 蔭 」 を 「 新 読 物 , に 、 十 月 、 「 お し ゃ べ り 物 語 」 を 「 講 談 倶 楽 部 」 に 、 六 月 十 八 日 ~ 九 月 三 十 日 、 「 山 彦 乙 女 」 を 「 朝 日 新 聞 」 さ ざ ん か ち ょ う 雑 誌 」 に 、 「 山 茶 花 帳 」 を 「 新 青 年 」 十 一 ・ 十 二 月 合 併 号 に 発 表 。 夕 刊 に 連 載 。 戦 後 初 め て の 新 聞 小 説 で あ っ た 。 七 月 、 「 雨 あ が る 」 は な む し ろ 四 月 、 「 花 筵 」 ( 書 き 下 し ) を 労 働 文 化 社 か ら 、 六 月 、 「 風 鈴 」 を 操 を 「 サ ン デ ー 毎 日 」 増 刊 号 に 、 「 半 之 助 奔 走 」 を 「 キ ン グ 」 に 発 表 。 書 房 か ら 、 「 松 風 の 門 」 を 操 書 房 か ら 公 刊 し た 。 九 月 十 八 日 ~ 一 一 十 七 年 一 一 月 一 一 十 九 日 ま で 「 火 の 杯 ー ( 現 代 小 説 ) を ち く は く 、 昭 和 ニ 十 四 年 ( 一 九 四 九 ) 四 十 六 歳 「 福 島 民 友 新 聞 , に 連 載 、 十 月 ~ 一 一 十 七 年 三 月 ま で 「 竹 柏 記 」 を 「 労 一 月 、 「 山 女 魚 」 を 「 講 談 雑 誌 」 に 、 四 月 、 「 お た ふ く 物 語 ( 1 ) 」 働 文 化 ー に 連 載 し た 。 八 月 よ り 十 一 月 ま で 全 四 巻 の 「 山 本 周 五 郎 傑 を 「 講 談 雑 誌 」 に 、 六 月 ~ 八 月 、 「 む か し も 今 も 」 を 「 講 談 雑 誌 」 作 選 集 」 を 太 平 洋 出 版 社 か ら 刊 行 し た 。 に 、 七 月 、 「 落 ち 梅 記 」 を 「 講 談 倶 楽 部 」 に 、 八 月 、 「 陽 気 な 客 」 を 昭 和 ニ 十 七 年 ( 一 九 五 一 I) 四 十 九 歳 「 苦 楽 」 に 、 十 月 ~ 十 一 月 、 「 契 り き ぬ 」 を 「 ロ マ ン ス ー に 、 十 一 月 、 二 月 、 「 タ 靄 の 中 」 を 「 キ ン グ ー に 、 三 月 ~ 四 月 、 「 雪 の 上 の 霜 」 を ひ さ ご 「 桑 の 木 物 語 」 を 「 キ ン グ ー に 、 「 お れ の 女 房 ー を 「 講 談 雑 誌 」 に 、 「 面 白 倶 楽 部 」 に 、 三 月 、 「 月 夜 , を 「 読 切 小 説 集 、 に 、 四 月 、 「 瓢 い 」 ・ つ ば ー ノ 十 一 一 月 、 「 泥 棒 と 若 殿 」 を 「 講 談 倶 楽 部 」 に 、 「 お ば な 沢 」 を 「 講 談 か ん ざ し 」 を 「 キ ン グ 」 に 、 「 よ じ よ う 」 を 「 週 刊 朝 日 」 増 刊 号 に 雑 誌 」 に 執 筆 。 掲 載 。 作 者 み ず か ら 「 後 半 期 の 道 を ひ ら い て く れ た 」 と す る 意 欲 作 よ い や み 昭 和 ニ 十 五 年 ( 一 九 五 〇 ) 四 十 七 歳 で あ っ た 。 五 月 、 「 宵 闇 の 義 賊 ー を 「 講 談 読 切 倶 楽 部 」 に 、 六 月 、 一 月 ~ 十 一 月 、 「 楽 天 旅 日 記 」 を 「 講 談 雑 誌 」 に 連 載 。 一 一 月 、 「 寒 「 四 人 囃 し 」 を 「 キ ン グ ー に 、 七 月 、 「 似 而 非 物 語 」 を 「 週 刊 朝 日 」 橋 ー を 「 キ ン グ 」 に 、 「 い さ ま し い 話 」 を 「 講 談 雑 誌 」 増 刊 号 に 、 増 刊 号 に 、 「 わ た く し で す 物 語 」 を 「 冨 士 」 に 、 八 月 、 「 暴 風 雨 の 四 月 、 「 め お と 蝶 」 を 「 講 談 倶 楽 部 」 増 刊 号 に 、 「 菊 千 代 抄 」 を 「 週 中 」 を 「 週 刊 朝 日 」 増 刊 号 に 、 九 月 、 「 雨 の 山 吹 」 を 「 講 談 倶 楽 部 」 刊 朝 日 」 増 刊 号 に 、 五 月 、 「 長 屋 天 一 坊 」 を 「 講 談 雑 誌 」 に 、 六 月 、 に 、 十 一 月 、 「 い し が 奢 る 」 を 「 サ ン デ ー 毎 日 」 増 刊 号 に 、 十 一 一 月 、 「 わ た く し で す 物 語 」 を 「 講 談 雑 誌 」 に 、 七 月 十 一 一 日 ~ 十 四 日 、 「 大 「 「 こ い そ 」 と 「 武 四 郎 」 」 を 「 キ ン グ , に 、 「 秋 の 駕 籠 ー を 「 講 談 倶 衆 文 学 芸 術 論 ? 」 ( 評 論 ) を 「 朝 日 新 聞 [ 夕 刊 に 、 八 月 、 「 百 足 ち が 楽 部 」 に 、 「 北 へ が っ た 家 」 ( 随 筆 ) を 「 朝 日 新 聞 ー に 発 表 。 十 一 一 い 」 を 「 キ ン グ , に 、 「 つ ば く ろ , を 「 講 談 倶 楽 部 」 増 刊 号 に 、 九 月 よ り 一 一 百 十 一 一 回 に わ た り 「 風 流 太 平 記 」 を 「 四 国 新 聞 」 な ど に 連 譜 月 、 「 ゆ う れ い 貸 屋 ー を 「 講 談 雑 誌 」 に 、 「 妹 の 縁 談 , 〈 お た ふ く 物 載 ( 内 外 通 信 社 扱 い ) 。 一 一 月 、 「 山 彦 乙 女 」 を 朝 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 語 ( 2 ) 〉 を 「 婦 人 倶 楽 部 」 増 刊 号 に 、 九 月 ~ 十 一 一 月 、 「 思 い 違 い 物 昭 和 ニ 十 八 年 ( 一 九 五 三 ) 五 十 歳 年 語 」 を 「 労 働 文 化 ー に 、 十 一 月 、 「 追 い つ い た 夢 , を 「 面 白 倶 楽 部 」 一 月 よ り 一 一 十 九 年 一 月 ま で 「 正 雪 記 」 ( 第 一 部 ) を 「 労 働 文 化 ー に 、 う そ に 、 十 二 月 、 「 嘘 ア つ か ね え 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 一 月 よ り 九 月 ま で 「 栄 花 物 語 」 を 「 週 刊 読 売 , に 連 載 。 一 月 、 「 貧 四 十 八 歳 窮 問 答 」 を 「 オ ー ル 読 物 , に 、 七 月 、 「 妻 の 極 意 」 を 「 キ ン グ 」 に 、 昭 和 ニ 十 六 年 ( 一 九 五 一 ) と り で や ま の う ぜ ん 一 月 、 「 は た し 状 」 を 「 週 刊 朝 日 」 増 刊 号 に 、 三 月 、 「 湯 治 」 〈 お た 九 月 、 「 砦 山 の 十 七 日 」 を 「 サ ン テ ー 毎 日 」 増 刊 号 に 、 十 月 、 「 凌 霄 ば や ゅ う も や

月刊 新聞ダイジェスト 2015年12月号


、 2015 年 6 月 第 時 刊 号 - 、 マ ス コ ミ 受 験 準 備 に お す す め で す ー 最 新 の 採 用 試 験 と 予 想 間 題 で 内 定 を 目 指 そ う 一 マ ス コ ミ 12 社 の 試 験 間 題 を 掲 載 朝 日 新 聞 ・ 毎 日 新 聞 ・ 読 売 新 聞 日 本 経 済 新 聞 ・ 中 日 新 聞 ・ 北 海 道 新 聞 ・ 河 北 新 報 ・ 西 日 本 新 聞 ス ポ ー ツ ニ ッ ポ ン 新 聞 共 同 通 信 ・ 時 事 通 信 ・ NHK ミ ~ 験 コ 集 ろ 社 題 マ ) 問 夏 2017 年 度 対 応 傾 向 と 対 策 を 伝 授 朝 日 新 聞 ・ 毎 日 新 聞 ・ 読 売 新 聞 日 経 新 聞 ・ 中 日 新 聞 ・ 北 海 道 新 聞 河 北 新 報 ・ 西 日 本 新 聞 ス ポ ー ツ ニ ッ ポ ン 新 聞 共 同 通 信 社 ・ 時 事 通 信 社 NHK 過 去 問 2 回 分 を 掲 載 筆 記 試 験 / 面 接 試 験 / 論 作 文 試 験 問 題 を 知 り 、 内 定 を 第 ち 取 ろ う マ ス コ ミ 試 験 に こ の 1 冊 ! ! 定 価 1 500 円 ( 税 込 ) 海 外 送 付 ご 希 望 の 方 は 日 販 IPS 株 式 会 社 を ご 利 用 下 さ い 〒 1 1 3-0034 東 京 都 文 京 区 湯 島 1 -3-4 TEL. 03 ( 5802 ) 1851 FAX. 03 ( 5802 ) 1891 http://www.nippan-ips.co.jp 信 ・ ・ ・ ・ 174 ~ 175 頁 月 ー 2015 年 12 月 号 ( 第 49 巻 第 12 号 通 巻 691 号 ) 一 定 価 : 895 円 発 行 日 = 2015 年 1 1 月 1 5 日 〒 1 1 2-0005 東 京 都 文 京 区 水 道 2-17-1 編 集 人 = 唐 澤 壮 プ ラ ザ ー ハ イ ツ 小 日 向 南 201 号 江 戸 川 橋 駅 発 行 人 = 中 本 正 幸 発 行 所 = ( 株 ) 新 聞 ダ イ ジ ェ ス ト 社 電 話 03-3818-801 1 FAX 03-3818-8010 印 刷 ・ DTP = ( 株 ) 三 光 デ ジ プ ロ E-mail : [email protected] 表 紙 = サ イ ク ル デ ザ イ ン 東 京 メ ト ロ ・ 有 楽 町 線 . 江 戸 川 橋 徒 歩 7 分 ・ 東 西 線 . 神 楽 坂 徒 歩 15 分 プ ラ ザ ー ハ イ ツ 小 日 向 南 都 営 バ ス : 東 五 軒 町 徒 歩 5 分 郵 便 局 慶 昌 堂 印 刷 ー ト ) ー 田 し ま ナ → ン 珂 「 - バ ス 停 東 五 軒 町 神 田 川 切

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


「 紙 の 夜 に 」 ( 潮 三 月 号 ) 、 「 鱶 ね む る 志 々 岐 島 」 ( 潮 別 冊 春 季 号 ) 、 「 鳩 を 文 学 界 三 月 号 よ り 連 載 、 九 月 に 完 結 。 七 月 『 虚 構 の ク レ ー ソ 』 舎 の 小 さ い 梯 子 」 ( 潮 別 冊 夏 季 号 ) 、 「 清 潔 な 河 口 の 朝 」 ( 文 学 界 六 月 ( 新 潮 文 庫 ) 、 『 井 上 光 晴 集 』 ( 大 光 社 、 現 代 文 学 の 実 験 室 ) 、 「 心 優 し 号 ) 、 「 赤 鰭 楼 の 後 継 者 た ち 」 ( 展 望 六 月 号 ) 、 「 階 級 」 ( 群 像 十 月 号 ) 。 き 反 逆 者 た ち 」 を 「 世 界 」 七 月 号 よ り 連 載 開 始 、 現 在 連 載 中 。 八 月 一 月 短 篇 集 『 皮 膚 の 眼 』 ( 勁 草 書 房 ) 、 五 月 短 篇 集 『 九 月 の 土 曜 日 』 短 篇 集 『 鬼 池 心 中 』 ( 新 潮 社 ) を 刊 行 。 三 月 十 六 日 、 新 日 本 文 学 会 ( 潮 出 版 社 ) 、 六 月 長 篇 『 乾 草 の 草 』 ( 講 談 社 ) 、 十 一 月 短 篇 集 『 清 潔 を 退 会 。 匹 十 四 歳 な 河 口 の 朝 』 ( 文 藝 春 秋 社 ) を そ れ そ れ 刊 行 。 「 長 く 歩 い た 後 」 を 「 文 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 「 コ ー ヒ ー 店 > の 地 下 」 ( 人 間 と し て 創 刊 号 ) 、 季 刊 誌 「 辺 境 』 の 編 芸 」 に 三 月 号 よ り 連 載 開 始 。 現 在 連 載 中 。 四 十 一 一 歳 集 発 刊 を 準 備 、 六 月 創 刊 号 を 刊 行 。 「 辺 境 」 を 発 表 。 座 談 会 「 現 代 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) わ き ろ 「 脇 櫓 を 漕 ぐ 」 ( 国 語 教 育 一 月 号 ) 、 ル ポ 「 三 派 系 全 学 連 は 孤 立 し な 文 学 の 原 点 」 ( 文 芸 三 月 号 、 黒 田 喜 夫 、 野 坂 昭 如 と ) 、 評 論 「 七 〇 年 か っ た 」 ( 週 刊 朝 日 二 月 二 日 号 ) 、 「 た た か い の 朝 」 ( 朝 日 ジ ャ ー ナ ル 夏 へ の 告 発 」 ( 週 刊 朝 日 臨 時 増 刊 七 月 二 十 五 日 号 ) 、 「 カ リ ー ニ ン 橋 二 月 二 十 五 日 号 ) 、 「 蕩 児 の 帰 棟 」 ( 文 学 界 四 月 号 ) 、 「 状 況 」 ( 三 田 文 の 下 で 」 ( 現 代 の 眼 十 一 一 月 号 ) 、 「 嬰 児 の う た 」 ( 群 像 四 六 年 一 月 号 ) 学 五 月 号 ) 、 戯 曲 「 蜘 蛛 た ち 」 ( 新 日 本 文 学 五 月 号 。 劇 団 青 俳 に よ り 「 作 家 の 仕 事 ・ — 」 ( 文 学 五 月 号 ) 、 「 作 家 の 仕 事 ・ Ⅱ 」 ( 文 学 九 月 号 ) 、 紀 伊 国 屋 ホ ー ル で 上 演 。 三 月 十 四 日 よ り 八 日 間 ) 、 「 海 へ 行 く 駅 」 ( 潮 『 井 上 光 晴 新 作 品 集 』 ( 五 巻 ) 勁 草 書 房 刊 行 完 結 。 一 月 、 『 地 の 群 れ 」 別 冊 秋 季 号 ) 、 「 残 虐 な 抱 擁 」 ( 群 像 九 月 号 ) 、 評 論 「 陰 画 の 主 題 」 ( 群 新 装 版 ( 河 出 書 房 ) 、 七 月 『 死 者 の 時 」 ( 角 川 文 庫 ) 、 八 月 『 妊 婦 た 像 十 一 月 号 ) 、 「 鋏 の よ う な 海 」 ( 風 景 十 一 月 号 ) 、 「 明 日 の 岸 辺 」 ( 文 ち の 明 日 』 ( 角 川 文 庫 ) 、 十 一 月 『 階 級 』 ( 講 談 社 シ リ ー ズ ) 刊 行 。 学 界 十 一 月 号 ) 、 「 安 ら い の 場 所 」 ( 新 潮 十 一 一 月 号 ) 、 「 西 海 の 役 者 た 九 月 「 地 の 群 れ 」 文 学 座 公 演 ( 紀 伊 国 屋 ホ ー ル 、 木 村 光 一 脚 色 ・ 岩 ち 」 ( 世 界 十 一 一 月 号 ) 。 「 気 温 十 度 」 ( 潮 別 冊 ) 、 「 象 の い な い サ ー カ ス 」 村 久 雄 演 出 ) 。 十 一 月 、 宮 崎 に て 九 州 高 等 学 校 国 語 研 修 会 の た め に ( 潮 別 冊 ) 、 「 空 想 よ り 科 学 へ 」 ( 潮 別 冊 ) 。 一 月 長 篇 『 階 級 』 ( 講 談 社 ) 、 講 演 。 四 月 長 篇 『 他 国 の 死 』 ( 河 出 書 房 ) 、 七 月 長 篇 『 黒 い 森 林 』 ( 筑 摩 書 房 ) 、 十 二 月 長 篇 『 残 虐 な 抱 擁 』 ( 講 談 社 ) 、 短 篇 集 『 気 温 十 度 』 ( 筑 摩 書 房 ) を 刊 行 。 な お 、 「 戦 争 は 終 っ た 、 そ し て : : : 」 と 傍 題 を 付 し た 自 叙 伝 の 「 虚 構 伝 」 を 展 望 一 月 号 よ り 十 一 一 月 号 ま で 連 載 。 七 月 、 秋 山 駿 と 対 談 「 私 の 文 学 」 、 十 一 月 、 有 明 工 業 高 等 専 門 学 校 六 週 年 記 念 講 演 。 四 十 三 歳 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 「 阿 蘇 」 ( 新 日 本 文 学 一 月 号 ) 、 「 せ む し た ち の 冬 」 ( 文 学 界 三 月 号 ) 、 「 鬼 池 心 中 」 ( 群 像 五 月 号 ) 、 「 と び 」 ( 潮 別 冊 冬 季 号 ) 。 「 象 を 撃 つ 」 は さ み

写楽 仮名の悲劇


こ の 作 品 は 昭 和 六 十 一 一 年 五 月 新 潮 社 よ り 刊 行 さ れ た 。

かもめのジョナサン


こ の 作 品 は 昭 和 四 十 九 年 六 月 新 潮 社 よ り 刊 行 さ れ た 。

現代日本の文学 34 井上 靖 集


一 月 、 「 姨 捨 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 、 一 一 月 、 「 黙 契 」 を 「 小 説 公 園 」 の 甍 」 を ョ 中 央 公 論 」 に 連 載 ( 十 月 完 結 ) 、 『 白 い 炎 』 を 新 潮 社 よ に 、 「 風 の あ る 午 後 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 、 『 あ し た 来 る 人 』 を 朝 日 り 、 『 山 の 湖 』 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 四 月 、 『 井 上 靖 長 編 小 説 選 集 』 新 聞 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 「 湖 の 中 の 川 」 を 「 文 芸 」 に 、 「 失 わ れ た 時 ( 全 八 巻 ) を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 ( 十 一 月 完 結 ) 。 五 月 、 『 射 程 』 を 新 間 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 四 月 、 「 湖 岸 」 を 「 新 潮 」 に 、 五 月 、 「 俘 潮 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 井 上 靖 集 』 ( 現 代 国 民 文 学 全 集 ) を 角 川 書 店 囚 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 七 月 、 「 川 の 話 」 を 「 世 界 」 に 発 表 。 八 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 夏 の 終 り 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 四 つ の 面 」 を 「 群 像 」 月 、 「 淀 殿 日 記 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 連 載 ( 三 十 五 年 三 月 七 十 一 号 に 発 表 、 「 海 峡 」 を 「 週 刊 読 売 」 に 連 載 ( 三 十 三 年 五 月 完 結 ) 、 「 揺 完 結 ) 、 『 オ リ ー ・ フ 地 帯 』 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 満 ち て 来 る 潮 」 れ る 耳 飾 り 」 を 「 主 婦 と 生 活 」 に 連 載 ( 三 十 三 年 十 一 月 完 結 ) 、 『 氷 を 「 毎 日 新 聞 」 に 連 載 ( 三 十 一 年 五 月 完 結 ) 、 「 真 田 軍 記 」 を 「 小 説 壁 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 同 月 、 第 二 次 中 国 訪 問 日 本 代 表 団 と し て 、 新 潮 」 に 連 載 ( 十 一 月 完 結 ) 、 初 め て の 書 き 下 し 長 篇 「 黒 い 蝶 』 を 山 本 健 士 气 中 野 重 治 、 本 多 秋 五 、 十 返 肇 氏 ら と 約 一 か 月 中 国 各 地 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 夏 の 雲 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 『 騎 手 』 を 筑 回 り 、 十 一 月 帰 国 。 十 二 月 、 「 天 平 の 甍 』 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 摩 書 房 よ り 刊 行 。 十 二 月 、 『 風 林 火 山 』 を 新 潮 社 よ り 、 『 夢 み る 沼 』 同 月 七 日 、 東 京 都 世 田 谷 区 世 田 谷 四 丁 目 四 一 〇 番 地 へ 転 居 。 五 十 一 歳 昭 和 三 十 三 年 ( 一 九 五 八 ) を 講 談 社 よ り 刊 行 。 こ の 年 芥 川 賞 選 考 委 員 を 委 嘱 さ れ る 。 昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 六 ) 四 十 九 歳 一 月 、 「 朱 い 門 」 を 「 文 学 界 」 ( 十 二 月 完 結 ) に 、 「 波 濤 」 を 「 日 本 」 一 月 、 「 射 程 」 を 「 新 潮 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 、 二 月 、 『 そ の 日 そ に 連 載 ( 三 十 四 年 三 月 完 結 ) 。 二 月 、 「 天 平 の 甍 」 に よ っ て 芸 術 選 奨 ん な 時 刻 』 を 東 方 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 蘆 」 を 「 群 像 」 に 発 表 、 『 魔 文 部 大 臣 賞 を 受 賞 。 三 月 、 「 満 月 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 、 詩 集 『 北 の 季 節 』 を 毎 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 六 月 、 『 満 ち て 来 る 潮 』 『 姥 捨 』 を 国 』 を 創 元 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 あ る 落 日 」 を 「 読 売 新 聞 」 に 連 載 新 潮 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 夏 の 草 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 九 月 、 ( 三 十 四 年 一 一 月 完 結 ) 。 五 月 、 「 花 の あ る 岩 場 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 幽 鬼 」 「 白 い 炎 」 を 「 週 刊 新 潮 」 に 連 載 ( 三 十 一 一 年 一 一 月 完 結 ) 、 『 七 人 の 紳 を 「 世 界 」 に 発 表 。 七 月 、 「 楼 蘭 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 九 具 士 』 を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 狐 猿 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 「 作 家 の ノ ー ト 」 を 「 新 潮 」 に 連 載 ( 三 十 四 年 九 月 完 結 ) 、 『 満 月 』 十 一 月 、 「 氷 壁 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 ( 三 十 一 一 年 八 月 完 結 ) 。 同 月 、 を 筑 摩 書 房 よ り 、 『 海 峡 』 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 十 二 月 、 「 揺 れ る 耳 『 あ る 愛 情 』 を 三 笠 書 房 よ り 、 十 一 一 月 、 『 狐 猿 』 を 河 出 書 房 よ り 、 「 永 飾 り 』 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 五 十 一 一 歳 井 龍 男 ・ 織 田 作 之 助 ・ 井 上 友 一 郎 ・ 井 上 靖 集 』 ( 現 代 日 本 文 学 全 集 ) 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 一 月 、 「 河 口 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 連 載 ( 三 十 五 年 五 月 完 結 ) 、 「 敦 煌 」 を を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 昭 和 三 十 ニ 年 ( 一 九 五 七 ) 五 十 歳 「 群 像 」 に 連 載 ( 五 月 完 結 ) 、 『 井 上 靖 集 』 ( 新 選 現 代 日 本 文 学 全 集 ) こ の 年 、 「 氷 壁 」 取 材 の た め 、 し ば し ば 穂 高 周 辺 に お も む く 。 一 月 、 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 一 一 月 、 「 氷 壁 」 そ の 他 に よ り 芸 術 院 賞 を 受 賞 。 「 あ る 関 係 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 『 井 上 靖 集 』 ( 現 代 文 学 ) を 芸 文 四 月 、 「 群 舞 」 を 「 サ ン デ ー 毎 日 」 に 連 載 ( 十 一 月 完 結 ) 。 五 月 、 『 楼 書 院 よ り 刊 行 。 一 一 月 、 『 真 田 軍 記 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 「 天 平 蘭 』 を 講 談 社 よ り 、 「 あ る 落 日 』 を 角 川 書 店 よ り 、 「 井 上 靖 集 』 ( 日