検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊 C MAGAZINE 1990年7月号

月刊 C MAGAZINE 1990年7月号から 10000件見つかりました。
1. 月刊 C MAGAZINE 1992年5月号

特集℃プロクラマのための 963 ロ住 [ 1 ] 中島信行 , 「 MS ー DOS メモリ管理ソフト 技法 ( 別冊インターフェース ) 』 , CQ 出版 社 [ 2 ] 中島信行 , 「 MS ー DOS 完全活用法 ( 別冊 インターフェース ) 』 , CQ 出版社 [ 3 ] 中島信行 , ℃によるメモリ管理技法 ( 別 冊インターフェース ) 』 , CQ 出版社 [ 4 ] Andrew Schulman, Raymond J. Mic hels, Jim Kyle, Tim Paterson, Da vid Maxey, RaIf Brown, 「 UNDOC UMENTED DOS 』 , Addison-Wesley Publishing Company, lnc. [ 5 ] TMS-DOS Version 5.0 Programme r's Reference 』 , Microsoft PRESS [ 6 ] 『 MS ー DOS 工ンサイクロペディア Volu me 1 , Volume 2 』 , アスキー [ 7 ] 石徹白敬 , 「 XMODEM と YMODEM 」 TPC WORLDJ 1987 年 7 月号 [ 8 ] アンドリュー・シュルマン , 「隠された DOS のファンクション」「日経バイト』 1991 年 6 月号 [9] 「 MS-DOS の生きる道」『日経バイト』 1991 年 7 月号 [ 10 ] 「 VGA 対応日本語 DOS 採用て、 , PS/55 と PS / 2 が統合へ」『日経バイト』 1990 年 12 月号 [ 11 ] 矢沢宏行 , 「 PC ー 9801 シリーズ用 MS-D OS の内部ワークエリアを公開する」「 T he BASIC 』 1990 年 11 月号 [ 12 ] 中野弾 , 「 PC ー 9801 シリーズのシステム 管理領域を追う」『プロセッサ』 1990 年 10 月号 [ 13 ] David Thielen, 岩谷宏訳 , 「これが M S-DOS 5.0 だ」 fSoftware Design 』 1 991 年 7 月号 [ 14 ] 幸田敏記 , 「マシン語クックプック MS -DOSJ, BNN [ 15 ] 幸田敏記 , 「 MS-DOSi•—タブック』 , ラジオ技術社 1 的 2 5 [ 16 ] 「エッ ! MUS-DOS うらわざ手帳 ? 」『年 62 C MAGAZINE [ 参考文献 ] 刊 AhSKI!J 1987 年 4 月 , アスキー [ 17 ] Peter Norton & Richard Wilton, TT HEIBM PC& PS / 2 プログラマーズ ガイド』 , 翔泳社 [ 18 ] RICHARD WILTON, rPC & PS/2 ビデオシステムプログラマーズガイ ド』 , 翔泳社 [ 19 ] 山崎美保・青島純一 , 『 AX て、プログラ ミング』 , ダイヤモンド社 [ 20 ] 「 AX テクニカルレポート』 , 翔泳社 [ 21 ] 「 J ー 3100 シリーズテクニカルマニュアル ( ソフトウェア編 ) V3.1 』 , 東芝 [ 22 ] 『 J ー 3100 シリーズテクニカルマニュア ル ( ソフトウェア編 ) V2.11 』 , 東芝 [ 23 ] 『 J ー 3100 テクニカルマニュアル ( ハ ウェア編 ) 』 , 東芝 [ 24 ] 「 J ー 3100SGT テクニカルマニュアル ( ハ ードウェア編 ) 』 , 東芝 [ 25 ] 「 PC ー 9801 シリーズテクニカルデータブ ック』 , アスキー出版局 [ 26 ] 「 PC ー 9801 シリーズテクニカルデータブ ック増補版』 , アスキー出版局 [ 27 ] 『 PC ー 9801 シリーズテクニカルデータブ ック増補改定版』 , アスキー出版局 [ 28 ] 『 PC ー 9801 シリーズテクニカルデータブ ック増補改定 2 版』 , アスキー出版局 [ 29 ] 千葉憲昭 , 「 FM-TOWNS テクニカルデ ータブック』 , アスキー出版局 [ 30 ] 「富士通 FMR シリーズ徹底解析マニュ アル』 , BNN [31]fMS-DOS 3.1 プログラマーズリファレ ンスマニュアル』 , NEC C32]fMS-DOS 3.1 マクロアセンプラマニュ アル』 , NEC [33] 「 MS-DOS 3.1 ューザーズリファレンス マニュアル』 , NEC 3.3B ユーザーズリファレン ーユアル』 V01. 1 , V01. 2 , N 3.3B プログラマーズリファ [ 35 ] TMS-DOS EC レンスマー [ 34 ] 「 MS-DOS スマニュアル』 , NEC [ 36 ] 「 Microsoft C 5.10 Optimizing Com piler User's Guide 』 , Microsoft [ 37 ] fMicrosoft C 5.10 Optimizing Com piler Language Reference 』 , Micros oft [ 38 ] 『 Microsoft C 5.10 Optimizing Com piler Mixed Language Programming Guide 』 , Microsoft [ 39 ] fMicrosoft C 5.10 Optimizing Com piler Run-Time Library Reference 1 , 2 』 , Microsoft [ 40 ] fMicrosoft C 6.00A ProfessionaI De velopment System Programming Gu ide 』 , Microsoft [ 41 ] 『 Microsoft C 6.00A Professional De velopment System Reference , Mic rosoft [ 42 ] 「 Microsoft Macro AssembIer 5.10 Programmer's GuideJ , Microsoft [ 43 ] TTURBO C 2.0 USER'S GUIDE 』 , BORLAND [ 44 ] fTURBO C 2.0 REFERENCE GUI DE 』 , BORLAND [ 45 ] TTURBO ASSEMBLER USER'S G UIDE 』 , BORLAND [ 46 ] fTURBO ASSEMBLER REFEREN CE GUIDE 』 , BORLAND [ 47 ] TTURBO C 十十 1.0 INTRODUCTI ON 』 , BORLAND [ 48 ] 『 TURBO C 十十 1 . 0 USER'S GUID E 』 , BORLAND [ 49 ] 『 TURBO C 十十 1 . 0 PROGRAMME R'S GUIDE 』 , BORLAND [ 50 ] TTURBO C 十十 1.0 LIBRARY RE FERENCE V01.1 , Vol.2 』 , BORLAN [ 51 ] TLSI C ー 86 Ver 3.20 / 3.30 試食版ュー ザーズマニュアル』 , 工ル・エス・アイ シャノヾン

2. 月刊 C MAGAZINE 1990年10月号

1990 年 10 月 1 日発行 ( 毎月 1 回 1 日発行 ) 第 2 巻第 10 号通巻 13 号 1990 年 2 月 2 日第 3 種郵便物認可 MAGAZINE C マガジン 提携・米国「 LANGUAGE 」誌 / 監修・石田晴久 すへての C 言語プログラマのための技術情報誌 創刊 1 周年記念〕 特用モニタブレゼント OCT. 1990 Vol. 2 No. 10 定。 980Y 。 SOFT 日 K ソフト八ンク 特別付録 : 2 枚組 5"2HD ・ Fi 試食版 ( PC -9801 , FMR, J3100 , X68000 ) ・ C ・ 86 試食版 ( MS -00S マシン ) ・ 0uick C ユーティリティ ( PC -9801 ) ・ KM-yacc & Cm コンバイラ ( MS ・ 00S マシン ) ・ XC 用朏 X 互換ライプラリ ( X68000 ) ・ GNU ダイジェスト ( テキスト形式 ) ・ 9 月号 , 10 月号掲載ソースコード インタヒュー Thomas PIum ANS 暖 M 咄・ポインタと配列 ( 1 ) 提携記事・ Cont 「 0 Ⅲ ng Co 「 s the XIib Way ・ Get thee Behind Me, Spawn Of UNIX! 新連載・新 MS -00S プログラミング入門 C 言語入門講座・標準ライプラリ関数の使い方 2 アルゴリズムとテータ構造入門・木構造 特集・ C + + とオプジェクト指向 I ・オプジェクト指向への招待 / Ⅱ・ T ⅷ 0 C 十十徹底チェック 0

3. UNIX MAGAZINE 1995年2月号

連載 /Windows NT—@ 画面 5 GL 上でインタラクテイプ化した Parameterized Chair サイズで毎秒 9 画面はど表示できた。もともとは R3000 [ 文献 ] の lndigo ( アクセラレータなし ) で書いたプログラムだ [ 1 ] 『 IRISGL マニュアル』、日本シリコングラフィックス が、当時も毎秒 10 画面強だったから性能的にはさほど [ 2 ] Christopher Lampton 『 C 十十フライトシミュレータフロ グラミング』、アスキー、 1994 変わらない。画面表示は、 lndigo より PC 版のほうか解 [3]David F. Rogers 『実践コンピュータグラフィックス基礎 像度が劣るが、色数が多いぶんだけきれいである ( 初代の 手続きと応用』、日刊 . : 「業新聞ネ上、 1987 Indigo(R3000) は 16 色のタフフレバッファ ) 。なお、ディ [ 4 ] James D. Foley et al. , Computer GT 〃厖 cs P れ c ゆ襯 s サリングして 256 色を表小するより、 65 , 536 色でダイレ 0 れ d Practice 2 れ d ed. , Addison-Wesley, 1990 クトに表小したほうか高速になる。 [ 5 ] 0 〃 e れ GL Reference Ma れれ襯 , Addison-Wesley, 1992 どちらもインタラクテイプなグラフィックスが実現でき ( 邦訳 : 『 Open GL リファレンスマニュアル』、アジソン・ たといえはいえるが、しよせんはたかだか 48 ポリゴン ウェスレイ、 1994 年 ) のデータである。この程度のものか動いたからといって、 [ 6 ] 0 〃 e れ GL Progr 、 arnming Guide, Addison-Wesley, 実用になるとはいえない。今回のテストでは、 1991 年秋 1992 ( 邦訳 : ropen GL フログラミングガイド』、アジ ソン・ウェスレイ、 1994 年 ) のローエンド・グラフィックス・ワークステーションと [ 7 ] rWinG はこう使え」 CTechWinJ 、 1994 年 12 月号、 ア 1993 年春の PC での結果を比較している。約 18 カ月を スキー 隔てた上交であるが、もう 18 カ月先、つまり 1994 年啾 [ 8 ] 「 IRIS lndigo 」『スーノ、一アスキー、 1991 年 12 月号、 ア の PC を使用してどこまでいけるか、次回はもうすこし、 スキー ヘビー " なデータとプログラムを使って試してみようと思 ( いがらし・ひさかす [email protected]) リスト 1 * Parameterized Chair * Copyright 1991 M. Fuj ihata * Programmed by Hisakazu lgarashi 1994 : * Converted to OpenGL by Hisakazu lgarashi 1990 * skeleton source by Thant Tessman #include く windows . h> 、ゝ く stdio . h> #include く string. h> #include #include く stdlib . h> く gl\glaux. h> #include / * 視点 * / ー 90.0 , roty = double rotx = double fovy = 50 . 0 ; ー 90.0 ; 95 UNIX MAGAZINE 1995.2

4. 月刊 C MAGAZINE 1990年7月号

割り当てがすんだ仮想レジスタに実際 のハードウェアレジスタを割り当てて , レジスタ番号を決めていく。割り当て られなければ , スタック上の変数とす ・ジャンプ最適化を再度行う ・遅延ジャンプ用のスケジューリング ( オプ ション ) RISC CPU< は , 遅延ジャンプ命令が ある。これはジャンプ命令の次の命令 まて実行してしまう命令て , これを生 かすためには , 生成する命令の実行順 序をもう一度スケジューリングする必 要がある。このパスはオプションてあ GNU プロジェクトの概要について述べ た。参考文献 [ 1 ] とも重複する部分がある が , 現状をつかむうえては有用てあろう。 次の 6 月の USENIX コンファレンスに向けて 「 GNU BuIIetinJ の作成作業がそろそろ始 まろうしている。その内容が楽しみてある。 また , USENIX コンファレンス自体の内容 にも期待がもてる。というのは , 最近のコ ンファレンスて、は GNU ソフトウェアをベー スにした発表が必ず何件かはあるからだ。 [ 参考文献 ] [ 1 ] Jim Kingdon 他編集 / 引地美恵子・引 地信之訳「 GNU. ダイジェスト No. 8 』 , FS F, 1989 年 1 月。このもとになった日本 語 Texinfo ソースファイルを JUNET ( 日 本の UNIX を中心としたネットワーク ) の電子掲示板に投稿した ( 本誌付録ディ スクに収録 ) [ 2 ] 引地信之 , 引地美恵子「 GNU プロジェ クトの現状と GNU C コンパイラ」 「 Computer T0dayJ 1989 年 5 月号 , サ おわりに 50 CMAGAZINE 19 7 り , GCC の中て、これを使って命令を生 成しているターゲットマシンは現在な ・コード生成部 RTL コードから実際のアセンプラコー ドを生成する。おのおののマシン専用 に MD て、与えられたのぞき穴最適化も同 時に行う。関数の出入口のコードもあ わせて生成する。 ・デバッグ情報の出力 必要に応じて行う。 2 系統のデバッグ情 報の出力が可能てある 0SDB/GDB 用と DBX/GDB 用てある。 前回のコンファレンスて、は MACH OS 用 の GDB の拡張についての発表があった ( 参考 文献 [ 18 ] を参照 ) 。 今度のコンファレンスても GDB の拡張の 発表がある。参考文献 [ 1 ] ( 付録ディスク に収録 ) て、も少し触れている。 [ 注 ] D. E. クヌースが作成した清書プログ [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] 年 4 月号 , ビレッジセンター 引地信之 , 引地美恵子「 Think GNU 」 「 The C Users Journal JapanJ 1990 年 5 月号 ( 予定 ) , ビレッジセンター 半田剣ー・小方一郎「 NEMACS 」 「 Computer TodayJ 1988 年 3 月号 , サ イエンス社 [email protected] 「自由気ままに [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] ラム イエンス社 R. M. ストールマン / 野崎昭弘訳「 Gnu 宣言」「 Computer T0daYJ 1988 年 3 月 号 , サイエンス社 備忘録子「フリーソフトウェア「 GNU 』」 「プロセッサ』 1990 年 1 月号 , 技術評論社 引地信之「 GNU を支える人々」「 I / 0 』 1990 年 4 月号 , 工学社 引地信之 , 引地美恵子「 Think GNU 」 tThe C Users Journal JapanJ 1990 GNU Awk 」 TUNIX MAGAZINE 』 1990 年 4 月号 , アスキー [ 10 ] serow 「 GNUawk を DOS 上て日本語 化してみたら」「 The BASICJ 1990 年 1 月号 , 技術評論社 [ 11 ] K. E. I 「 GCC の FM-TOWNS への移 植録」「 The BASIC 』 1990 年 1 月号 , 技 術評論社 [ 12 ] 吉野智興「 GNU 奮闘記」℃マガジン』 1990 年 4 ~ 6 月号 , 日本ソフトノヾンク [ 13 ] 門田浩「 SPEC べンチマーク , コンピ ュータをシステム・レベルて評価」「日 経コンヒ。ュータ』 1990 年 4 月 30 日号 , 日 経 BP 社 [ 14 ] lssac J . Zalzman 「 UNIX C 十十コ ンパイラに関する客観的考察」「 UNIX Magazine 』 1989 年 2 月 , アスキー [ 15 ] 鈴木茂哉「 GNUmake とは何か」「 The BASICJ 1990 年 1 月号 , 技術評論社 [ 16 ] Richard StaIIman/ 竹内郁雄・天海 良治監訳「 GNU Emacs マニュアル』 , 共立出版 [ 17 ] Richard M. StaIlman , *Using and Porting GNU CC" 21 Feb 1990 forversionl. 37.1 , FSF. [ 18 ] Deborah CaswelI and David Black, qlmplementing a Mach Debugger for Multithreaded Appli cations" Proceedings Of the Win ter 1990 USENIX Conference, Usenix Association

5. UNIX MAGAZINE 1991年12月号

図 8 HP Branch Validator の SoftBench インターフェイス に現れた C 十十プログラムの一部 So れ日・ nch BBA Actions Edit Settings Help Con : hplsdln:/usr/local/src/games/xplumb/* 0 100 し 0 DoPaintMe(void*) BoardInit B 0 日 t- d R に c : : B " t t 0 " [) いい ( ) 0 司 b 0 a r d . C b 0 a 「 d . C い 0 日一 d . C Paint(int,int,Direction,Directiomint TripF10w(void*) Soft 日・れ ch ( 1 ) conditional 0f 'if' was never FALSE ( ' 0 ー se ' い ) conditional 0f ' i f' w a s n 0 v e r TRUE 75 void BoardRec: :ButtonDown() { Branch: 一ー三 So ce Function: BoardRec::ButtonDown() in 曰 0 : board. C f 1 ow. C neve 「 executed) HP SoftBench 最初に設計・紹介された HP Basis Branch Analyzer [ 5 ] にもとづいている。 Grant Grovenburg は、 HP Branch VaIidator の中核となる技術に広範な変更を加え、ネイテ イプおよび SoftBench 環境への適合性を高めた。マネー ジメントとマーケティングのサポートに多くの時間を割い [ 参考文献 ] 謝する。 てくれた Eric Kuzara と Dave Wallman の両氏にも感 結論 78 79 80 82 if (piece = = PieceNone) { piece = queue—>Pop(); Repaint(); れ ewpiece = queue—>Pop(); newboard = this; [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] B. D. Fromme , "HP Encapsulator: Bridging the Generation Gap" 召ル″ー“カ″川 4 / , V01.41 , No. 3 , June, 1990 , pp. 59 ー 68 監訳 : 山野・栄谷、「 HP Encapsulator : 新旧ツールのかけ 橋」、 UNIX MAGAZINE 1991 年 1 月号、 55 ページ M. R. Cagan , "The HP S0ftBench Environment: An Architecture for a New Generation Of Software T001S ” , ル″ー R “″ , V01.41 , NO. 3 , June, 1990 , pp. 36 ー 47 監訳 : 山野・栄谷、「 HP SoftBench 環境 : 新世代ソフトウ ェア・ツールのためのアーキテクチャ」、 UNIX MAGA- ZINE 1990 年 11 月号、 46 べージ 〃″ー R / 0 , V01.41 , NO. 3 , June, 1990 , pp. 6 ー 35 HP BranchVaIidator は、ソフトウェア製品に対する テストの水準を定量化するメカニズムを提供する。この定 量化により、ユーサーはより高いレベルのソフトウェアの テストがおこなえる。さらに、 HP BranchValidator は ヾ論理的に死んだ〃コード ( けして実行されない分岐 ) を検 出し、既存のソフトウェア製品を再検証するためのツール としても役立つ。 HP Branch VaIidator は、 SoftBench のカプセル化 されたインターフェイスとコマンド行インターフェイスの いすれからも操作できる。 SoftBench インターフェイスは SoftBench と独立にも使えるし、バージョン A. 01 .00 以 降の SoftBench と組み合わせても使える。 HP Branch Validator は、スタンドアローン・モードで S0ftBench の カプセル化されたインターフェイスから使用するのであれ は、 8MB のメモリで良好に動作する。しかし、 S0ftBench と組み合わせて使用する場合には、 12MB のメモリが必要 である。コマンド行インターフェイスにはメモリの制約は とくにない。コマンド行インターフェイスは、 S0ftBench インターフェイスと同し分岐カバレッジ情報を提供する が、 OSF/Motif グラフィカル・ユーサー・インターフェイ スによって提供されるいくつかの便利な機能はない。 謝辞 HP Branch VaIidator は、 Bruce Erickson によって UNIX MAGAZINE 1991.12 4 ] C. Gerety , "A New Generation of Software Deve10P- ment T001S ” , 〃ル″ー R “ / 0 ″川 , VOI• 41 , No. 3 , June, 1990 , pp. 48 ー 58 監訳 : 山野・栄谷、「 HPSoftBench 環境 : 新世代のソフト ウェア開発ツール」、 UNIX MAGAZINE 1990 年 12 月 号、 67 ページ [ 5 ] B. Erickson , "Testing Strategies for High Quality Software lnclude Basis Branch Analysis ” , HP D お Center Magazine, NO. 3 , 1988 , PP. 28 ー 34 「 A Test Verification T001 for C and C 十十 Programs 」 HEWLETT-PACKARD JOURNAL 1991 年 4 月号より 71

6. プロフェショナルBSD

■ RFCs 1 ) J. Moy: OSPF 佐あ 2 , RFC1583 , Mar. 1994 2 ) F. Anklesaria, M. McCahilI, P. Lindner, D. Johnson, D. Torrey, B. Alberti: The ルル翔の GO. カんげじ 0 / 市ろ″イ襯なん and ゆ川じり , RFC1436 , Mar. 1993 3 ) Brian Kantor, PhiI Lapsley: ル e 0 珖麒ド〃ザ召 % 0 ねじスカ % の os 召 S 知 / 厖 & 4 襯ー召 e の襯なあ可ル召 s , RFC977, Feb. 1986 4 ) Tim Berners-Lee: U 襯 30 ″ % 化ん 0 電んス″切 g 厩面 the 召ゆ尾 ss あ〃襯お and ad es 0 な 0 召加 0 珖 , Internet-Draft, Jan. 1994 5 ) Tim Berners-Lee, 〃 ) カ召砒舛の ts_ ル % P 川 C04 S ルん ss S 尾ん , 厖 e 怩 4 盟〃〃朝 P 川ねび可 Internet-Draft, Nov. 1993 6 ) Jonathan B. Postel: SIMPLE M 花 TRANSFER 0TOC0 ム RFC821, Aug. 1982 7 ) M. Ro : 20 0 厖化 P 川じ 0 / ー佐あ 3 , RFC1225 , Jun. 1993 8 ) V. Fuller, T. Li, J. Yu, K. Varadhan: Classless ル广の 0 襯 4 切 0 切 g ( c. / D ). ・ 〃ツツ ss ス ss 襯召厩〃 gg g 〃朝 & ル , RFC1519 , Sep. 1993 ・雑誌 1 ) 斎藤明紀、山口英 : 「 HonyDanBar UUCP 」、 UNIX MAGAZINE V016 # 8 pp. 75 ー pp. 88 2 ) 斎藤明紀、山口英 : 「 SENDMAIL 自由自在」、 UNIX MAGAZINE V014 # 11 pp. 32 ー 42 、 V014 # 12 pp. 48 ー pp. 60 3 ) 今泉貴史 : 「 UNIX 流プログラミング」、 UNIX MAGAZINE 連載、アスキー 4 ) 戸出友郎 : 「特集最新 GNU 入門 Part2 GNU Emacs 」、月刊 C マガジン、 1990 年 7 月号、ソフトバンク そのほか、計算機上にある多くのドキュメント類およびソースプログラム類 を参考にしている。 495

7. 月刊 C MAGAZINE 2000年4月号

MAGAZINE 2000 年 4 月 1 日発行 ( 毎月 1 回 1 日発行 ) 第 12 巻第 4 号通巻 127 号 1990 年 2 月 2 日第 3 種郵便物認可 プログラミング技術情報誌・ C マガジン PubIishing 新人応援モニタ大会 APR. 2000 定価 1 , 200yen 【特集 1 】トラブルを避けろ ! プログラミンクの禁じ手 Java の変遷と互換性を探る 【特集 2 】「 e - 」ビジネス時代の重要課題 新連載 《 C 言語入門》 C 言語プログラミング学習塾 《 C + + 入門》どこ 0 てのパワーアップ C + + 【レポート】 C の標準規格の改訂版 / Visua に afe 4.0/JProbe Suite 2.5J 【付録 CD-ROM 】・ BorIand JBuiIder Foundation ・ [引 C -86 試食版 ・ GKitOCX シリーズ TriaI ・ WZ EDITORwith WZ MA に 4.0 評価版

8. 月刊 C MAGAZINE 1992年7月号

MAGAZINE 1992 年 7 月 1 日発行 ( 毎月 1 回 1 日発行 ) 第 4 巻第 7 号通巻 34 号 1990 年 2 月 2 日第 3 種郵便物認可 提携・ LAN ー E 誌 / 監修・石田晴久 C 言語技術情報誌・ C マカシン 0 0 新連載・ C + + 入門講座 TryThe C + + 〈第 1 回〉拡張 C としての C + + 速報・ WATCOM C / 386 ve 「 8.5 巻頭インタビュー Ted NeIson 1 情報システム xanadu 開発者 提携記事・ ReaIizing the PotentiaI of SOL 実践 C プログラミング入門咄 turn の働きとポインタ 新 MS - DOS プログラミング入門・時間計測 実践刊レゴリズム戦略・高速文字列検索 jgcc 詳解講座 ・本誌掲載、ノースプログラム ・ Windows 版 TAKALITHrWAKATAKA 」 ・ FM 版スクリーンエデイタ「 SE3 」 ・郵便番号・市外局番データ ・ X68000 版 G 十十 Ve 「 .1 40.3 ① 5 " 2HD 特別付録 プログラミングの工ッセンス / X68k 活用講座 1992 JUL VOI. 4 No. 7 980yen 0 0 0 特集 : C + + クラスライフラリ概論

9. 月刊 C MAGAZINE 1992年1月号

MAGAZINE 1992 年 1 月 1 日発行 ( 毎月 1 回 1 日発行 ) 第 4 巻第 1 号通巻 28 号 1990 年 2 月 2 日第 3 種郵便物認可 提携・ LA ト 4 ー E 誌 / 監修・石田晴久 C 言語技術情報誌・ C マカシン 1 一 ・本誌掲載ソースプログラム ・ ANSI C 言語入門講座活用集 ・ XGCC9 ・ Pasca ロンヾイラ『カペソン ・ GNU C 十十コンヾイラ『 DJGPP 5 ' '2HD 特別付録 新連載実践アよレゴリズム戦略〈第 1 回〉刊レゴリスムの設計法 djgcc 詳解講座・ djgcc ライプラリ関数 ( 2 ) / C 言語雑学講座・構造体と共用体 / 明解 ANSI C 言語入門講座・列挙と整数と浮動小数点と 速報 >OuickC fo 「 WINDOWS>UNIX System V Release 4.0 Ver. 3.0 / 巻頭インタビュー >Motif アーキテクトクループ I 特集 >C 十十と DJGPP ・ GNU で体験する C 十十プロクラミングー提携記事 >How FarIs BerIin? >DitherIt!

10. 月刊 C MAGAZINE 1990年9月号

トーマス・プラム田 続・米国コンバイラ事情 00M EDITOR S 次告 A10 月号 ( 9 月 18 日発売 ) 特別インタビュー ANSI C 委員会副委員長 特集 C 十十とオフジェクト指向 特別 2 枚組付録 '2HD Turbo C 十十徹底チェック① ( C コンヾイラとしての能力をみる ) 9 月号特別付録 inalÄ食版 ( PC -9801 ) Turbo C 十十徹底チェック② 68unix (X68K 用ライプラリ ・ KM-yacc&Cm コンパイラ オプジェクト指向入門 1 0 月号特別付録 ・ Fina 試食版 ( X 80 , FMR,J3100 ・ QuickC ユーティリティ ・ GNU ダジェスト ( 最新号 C 言語雑学講座 訳提の Part I Part Ⅱ Part Ⅲ 久々登場 ControlIing CoIors the XIib Way Get Thee Behind Me, Spawn of UNIX! ・雑誌に関するご質問は , 月曜日から金曜日の午後 4 時から 6 時まて受 け付けております。その他の時間帯はご容赦いただきたくお願い致しま プログラム・ノヾクのお問い合わせ・・ す。 発行人孫正義 編集長菊池孝 編集人橋本五郎 副編集長星野慎ー野沢喜美男 ( 書籍担当 ) 発行所ソフトバンク株式会社 編集宮田洋一流王天渡辺淳一 出版事業部 / 〒 108 東京都港区高輪 2 ー 19 ー 13 N S 高輪ピル 校正有アレフ 編集部・ Tel 03 ( 5488 ) ロ絽 デザイン持田哲花本浩一赤井晴美若江啓子機部進 出版営業部・ 03 ( 5488 月 360 監修石田晴久 広告営業部・ TeI 03 ( 5488 月 365 印刷凸版印刷株式会社 @) 1990 雑誌 14325 ー 9 月刊 MAGAZINE 9 月号 平成 2 年 9 月一日発行 160 CMAGAZINE 1990 9