検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊 C MAGAZINE 1991年5月号

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号から 180件ヒットしました。

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


00M EDITORS 次 号 予 告 >6 月 号 ( 5 月 18 日 発 売 ) な お , 予 告 内 容 を 変 更 す る こ と が あ り ま す 。 〇 プ ロ ク マ の た め の 最 新 。 知 的 財 産 権 。 概 論 Part2 ー ー ー ・ 知 的 財 産 権 の 実 情 Part3 ー ー ー ー ・ 拡 大 す る 「 知 的 財 産 権 」 新 連 載 X68000 プ ロ ク ラ ミ ン グ ス ー バ ー テ ク ニ ッ ク One Point Edition 特 別 付 録 ℃ プ ロ グ ラ ム 移 植 の 秘 訣 」 ・ 高 速 圧 縮 ツ ー ル 「 LHA Ver. 2.12 」 ・ X68K 版 LHA 「 LHa 」 ・ 六 角 形 プ ロ ッ ク 落 と し 「 Hext ⅱ s 」 ・ X68000 に 移 植 さ れ た GCC ( 2 ) 明 解 ANSI C 言 語 入 門 講 座 ・ 本 誌 掲 載 ソ ー ス プ ロ グ ラ ム 刀 レ ゴ リ ズ ム と デ ー タ 構 造 入 門 COMPUTER LANGUAGE 提 携 記 事 新 MS ー DOS プ ロ グ ラ ミ ン グ 入 門 Taking Cont 「 0 員 0 Task ANSI Cmore MuItitasking in ModuIa-2 編 集 後 記 好 評 連 載 ◇ 毎 年 こ の 時 期 に な る と , ◇ 目 下 4 月 11 日 発 売 予 定 の ◇ 「 こ れ か ら も , プ ラ ッ ク ュ ◇ お は よ う 〇 〇 君 。 5 月 号 が ◇ UNI 坊 「 い く ら 位 い 持 っ 新 人 さ ん が 溢 れ 出 す 。 こ の CC 十 十 C プ ロ グ ラ マ の た め ー モ ア て 、 , 人 を 翻 弄 し 続 け 発 売 さ れ る と 黄 金 週 間 が 間 て れ ば 小 金 持 ち な の か な あ 」 「 新 人 さ ん 」 は 妙 に 元 気 て 、 明 の 実 践 ガ イ ド 』 の 最 終 段 階 近 に せ ま っ て く る 。 そ こ て 、 て く だ さ い 」 。 大 学 卒 業 時 寝 ぐ せ 頭 「 五 百 万 円 位 い じ る い 。 声 の 大 き さ と い い て 、 , 頭 の 中 は 真 白 と い う 状 君 の 使 命 だ が , 来 た る べ き に , 後 輩 が く れ た 言 葉 だ 。 ゃ な い て 、 す か 」 UNI 坊 「 僕 歩 き 方 と い い , ほ と ん ど 運 態 て あ る 。 多 少 は 色 を つ け 黄 金 週 間 を 有 意 義 に 過 ご す 編 集 部 て 、 も 「 誰 が こ ん な ふ う そ ん な に 持 っ て な い 。 五 百 動 部 の ノ リ 。 新 人 の と き か よ う と 岡 崎 京 子 の rpink 』 に し つ け た の か 」 。 他 の 編 企 画 を 立 て る こ と に あ る 。 万 円 以 下 の 人 は な ん て い う ら 覇 気 も 元 気 も な か っ た 私 を 読 ん だ が , こ れ は 凄 い 集 部 の 女 性 に は 「 あ ん た は 私 例 に よ っ て 君 も し く は , 君 ん だ ろ う ? 」 ① 「 貧 乏 人 だ は , こ の 時 期 , 新 人 さ ん に 80 年 代 の 『 女 と 男 の い る 舗 の メ ン バ が 捕 ら え ら れ , あ の 天 敵 よ ! 」 と 言 わ れ た 。 し ろ , ガ ハ ハ 」 と , 小 金 持 ち お し つ ぶ さ れ て , さ ら に 道 』 ( ゴ ダ ー ル の 傑 作 ) と い る い は 殺 さ れ て も 当 局 は い か し , 先 日 高 校 時 代 の 友 人 論 議 を し た 翌 日 の 朝 刊 に 。 新 人 の 皆 さ ん , 新 し っ た と こ ろ か 。 ば な な を 遠 っ さ い 関 知 し な い か ら そ の に 「 お ま え お と な し く な っ た 『 OL が 認 め る 小 金 持 ち の 資 い 職 場 , 学 校 て 、 ( 年 寄 り へ の く 越 え , 山 田 詠 美 よ り 面 白 つ も り て 、 。 な お こ の 編 集 後 な 」 と 言 わ れ た 。 以 前 , 私 は 産 は 最 低 1 億 円 』 と い う 見 気 配 り も 忘 れ ず に ) 頑 張 っ て い 。 本 誌 を 読 み 疲 れ た 読 者 記 は 自 動 的 に 消 滅 す る わ け ど ん な ひ ど い 人 間 だ っ た の 。 C マ ガ 編 集 部 出 し が ・ ・ ・ に 一 読 を 勧 め ま す 。 ( 野 ) (TEN ) が な い 。 成 功 を 祈 る 。 ( 洋 ) く だ さ い だ ろ う 。 (JUN) は 貧 乏 人 揃 い て 、 あ る 。 ( ホ ) 発 行 人 孫 正 義 編 集 人 橋 本 五 郎 発 行 所 ソ フ ト バ ン ク 株 式 会 社 出 版 事 業 部 〒 108 東 京 都 港 区 高 輪 2-19-13 N S 高 輪 ビ ル 編 集 部 ・ TeI 03 ( 5488 ) 期 8 / 出 版 営 業 部 ・ Tel 03 ( 5488 月 360 / 広 告 営 業 部 ・ 昭 03 ( 5488 ) ロ 65 編 集 長 星 野 慎 ー 編 集 宮 田 洋 一 流 王 天 渡 辺 淳 一 校 正 ア レ フ デ ザ イ ン 持 田 哲 花 本 浩 一 赤 井 晴 美 若 江 啓 子 機 部 進 監 修 石 田 晴 久 印 刷 凸 版 印 刷 株 式 会 社 / 写 植 株 式 会 社 風 芽 ⑥ 19 雑 誌 14325-5 プ ロ ク ラ ム ・ ノ ヾ ク の お 問 い 合 わ せ 月 刊 ・ 掲 載 記 事 , プ ロ グ ラ ム に つ い て の ご 質 問 は , 月 曜 日 か ら 金 曜 日 の 午 後 4 時 か ら 6 時 ま て 、 受 け 付 け て お り ま す 。 そ の 他 の 時 間 帯 は ご 容 赦 く だ MAGAZINE 谷 03 ( 5488 ) 1325 5 月 号 平 成 3 年 5 月 一 日 発 行 168 C MAGAZINE 1991 5

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


广 CONTENTS MAY 1991 円 引 年 5 月 一 日 ( 毎 月 一 回 一 日 発 行 ) 第 3 巻 第 5 号 通 巻 第 20 号 円 90 年 2 月 2 日 第 3 種 郵 便 物 認 可 ol. 3 NO. 5 Robert Ⅷ ScheifIer(D MIT X Window コ ン ソ シ ア ム テ ィ レ ク タ ー Programt111ng 聞 PllrPOSeRlt's not my faultJ p. J. Plauger ・ COMPUTER LANGUAGE 何 を 「 オ プ ジ ェ ク ト 」 と し て 捉 え る か 提 携 記 事 Refining Candidate Objects COMPUTER LANGUAGE C 十 十 に お け る オ フ ジ ェ ク ト 指 向 構 造 化 設 計 提 携 記 事 ObJect-Oriented Structured Desigh and C 十 十 フ リ ー ソ フ ト ウ ェ ア 最 新 レ ポ ー ト く 第 18 回 〉 Mac の ア イ コ ン を カ ラ ー 化 し よ う 野 口 雄 平 ・ き だ あ き ら ・ 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー 6 2 5 1 2 2 ・ 31 C プ ロ ク ラ ム 移 植 入 門 特 集 ・ 40 PartI ・ C 言 語 移 植 性 の 実 像 PartII ・ 移 植 性 阻 害 の 要 因 と 対 策 P 。 「 t Ⅲ ・ MS ー DOS 処 理 系 間 移 植 の 落 と し 穴 ア ル ゴ リ ス ム と テ ー タ 構 造 入 門 く 第 1 。 回 〉 整 列 ( 2 ) 近 藤 嘉 雪 ・ ・ ・ 73 00P 思 考 の 周 辺 く 第 2 回 〉 統 一 的 オ プ ジ = 外 表 記 法 木 戸 研 ー 短 期 連 載 新 MS ー DOS プ ロ グ ラ ミ ン ク 入 門 く 第 9 回 〉 初 期 化 ず み テ ィ ス ク の 再 初 期 化 中 島 信 行 ・ C プ ロ グ ラ マ の た め の ・ 90 の 道 具 箱 く 第 11 回 〉 マ ル チ ウ イ ン ド ウ の 応 用 ( 2 ) 豊 国 永 健 ・ 応 用 C 言 語 ・ 98 ス タ ー ト ア ッ プ C 十 十 新 連 載 ・ 実 力 養 成 講 座 く 第 1 回 〉 C 言 語 と C 十 十 龍 崎 昌 平 / 白 倉 伸 一 郎 / 山 本 浩 文 ・ ・ ・ 105 恥 す か し な が ら ド ジ り ま し た く 第 18 回 〉 初 心 者 時 代 の コ ー ド を 反 省 す る 岩 谷 宏 ・ C 言 語 フ ォ ー ラ ム ・ ・ ・ 114 C 言 言 吾 雑 学 言 冓 座 く 第 11 回 〉 メ モ リ 管 理 乗 松 保 智 ・ ・ ・ 118 明 解 ANSI C 言 語 入 門 講 座 く 第 2 回 〉 C で プ ロ グ ラ ミ ン グ し よ う / ( そ の 2 ) 柴 田 望 洋 ・ ・ ・ ・ ・ 122 ワ ン ポ イ ン ト プ ロ グ ラ ミ ン グ 講 座 く 第 14 回 〉 メ モ リ 中 の プ ロ グ ラ ム 配 置 を 調 べ る 上 田 哲 ニ ・ 132 ア プ リ ケ ー シ ョ ン 開 発 ツ ー ル 「 ト Ob 」 ect 」 円 羽 信 夫 最 新 開 発 環 境 レ ポ ー ト ・ 136 C MAGA セ ミ ナ ー ル ー ム く 第 9 回 〉 引 。 s プ ロ グ ラ ミ ン グ ( 1 ) 柴 田 望 洋 ・ プ ロ グ ラ ミ ン グ 添 削 ・ ・ 140 Conference Room GNU 奮 闘 記 く 最 終 回 〉 GCC ver. 2 の 概 要 吉 野 智 興 「 蟹 味 噌 」 作 成 記 森 栄 樹 / 淀 文 武 ・ Conference Room 丹 羽 信 夫 の 発 想 快 発 く 第 5 回 〉 好 き こ そ も の の 上 手 な れ ・ C マ ガ 電 脳 ク ラ ブ く 第 2 回 〉 ガ ン コ 素 数 を さ が せ / 吉 柄 貴 樹 C MAGA News Square lnformation from CompiIer Makers Readers' Room テ ィ ス ク 内 容 の お 知 ら せ EDITORS' ROOM ・ 本 記 事 中 の プ ロ グ ラ ム 名 , シ ス テ ム 名 , CPU 名 は 一 般 に 各 メ ー カ ー の 登 録 商 標 で す 。 本 文 中 で は TM , ⑧ マ ー ク は 明 記 し て い ま せ ん 。 ・ 本 誌 お よ び 付 録 デ ィ ス ク に 掲 載 さ れ た す べ て の プ ロ グ ラ ム は 著 作 権 法 上 , 個 人 で 使 用 す る 目 的 以 外 で 無 断 で 複 製 す る こ と は 禁 じ ら れ て い ま す 。 表 紙 ・ イ ラ ス ト レ ー シ ョ ン ・ 秋 山 育 / テ ザ イ ン ・ 持 田 哲 ・ ・ ・ 147 ・ ・ 151 ・ ・ 152 ・ ・ 154 156 ・ 167 ・ ・ 168 publisher. Masayoshi Son publishing Di 「 部 tO 「 . GO 「 0 Hashimoto Editor-in-Chief: Shinichi HOShino Di 「 一 併 Of Marketting: 町 0 Tanii Manager Of Sales and Advertising. YOShiO Goshima Editorial and Business Offices: NS Takanawa Bldg. , 2-1 午 13 , Takanawa. MinatO-ku, TOkYO 1 , Japan EditoriaI: Phone ( 03 ) 54 -1 引 8 S : Phone ( 03 ) 54 -1 0. Advertising. TOkYO. Phone ( 03 ) 54 -1 5 Osaka: Phone ( ) 2 -1471 copyright ( 0 1 1 SOFTBANK 「 PO 「 ation. TOkYO. AII rights reserved NO materialin this publication may 「 e 面 uc , in whOle in 心 in any from without 「 mi on. Printed in Japan C MAGAZINE

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


: 飛 00 Readers' ☆ C 十 十 で の ウ イ ン ド ウ 最 近 に な っ て 少 し 時 間 に 余 裕 が で き た の で Tur C 十 十 の 導 入 に ふ み き り , 最 初 に 学 習 を か ね た ウ イ ン ド ウ ク ラ ス ラ イ プ ラ リ の 作 成 に 取 り か か り ま し た 。 ' 90 年 11 月 号 記 事 「 汎 用 画 面 作 成 ツ ー ル ( 5 ) 」 を 雛 形 と し て い ま す 。 結 果 は 非 常 に 満 足 の い く も の で し た 。 そ こ で , ウ イ ン ド ウ を C 十 十 の ク ラ ス ラ イ プ ラ リ と し て 実 現 す る 解 説 記 事 を 掲 載 し て は ど う で す か ? 理 由 は 次 の こ と か ら で す 。 ① ウ イ ン ド ウ は そ れ 自 体 が お の お の 多 数 の デ ー タ 群 と , そ れ に 対 す る 手 続 き を も ち , オ プ ジ ェ ク ト と し て C 十 十 向 き で あ る 。 ② ウ イ ン ド ウ の 利 用 は , ビ ジ ネ ス , 技 術 計 算 , デ ー タ 処 理 を 間 わ ず に 利 用 さ れ , 応 用 範 囲 が 非 常 に 広 い ③ ウ イ ン ド ウ の サ プ ク ラ ス と し て ヘ ル プ ウ イ ン ド ウ , メ ニ ュ ー 選 択 ウ イ ン ド ウ な ど の 応 用 が す ぐ に 考 え ら れ , 実 際 的 で あ り イ メ ー ジ が 具 体 的 に つ か め る 。 ④ デ ー タ 入 力 ク ラ ス を 作 り , ウ ィ ン ド ウ と 組 み 合 わ せ デ ー タ 入 力 ク ラ ス を 作 る と , 多 重 継 承 の よ い サ ン プ ル に な り , デ ー タ 入 力 部 で は 関 数 の オ ー バ ー ロ ー ド に よ り , 入 力 デ ー タ が string, int, float な ど を 間 わ す に 簡 単 に 利 用 で き る よ う に な る 。 金 子 純 一 ( 東 京 都 ) ご 指 摘 の と お り , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ と ウ ィ ン ド ウ は 相 性 が よ い と い わ れ て い ま す 。 ウ イ ン ド ウ を 利 用 し た オ プ 164 C MAGAZINE 1991 5 ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ 講 座 も 計 画 中 て 、 す が , ま ず は 今 月 か ら 始 ま っ た 新 連 載 「 ス タ ー ト ア ッ プ C 十 十 」 に ご 期 待 く だ さ い ☆ C 言 語 で プ ロ グ ラ ム Turbo C Ver. 1 . 5 が 発 売 さ れ て す ぐ に 購 入 , ほ と ん ど 使 わ な い う ち に デ ィ ス ク に 「 か び 」 ( 本 物 ) が つ い て 使 用 不 可 能 に な り , 仕 事 で は も つ ば ら BAS ℃ ば か り を 使 用 し て い ま し た 。 今 年 の 初 め に Turbo C 十 十 Ver. 1.0 に バ ー ジ ョ ン ア ッ プ し た の で , さ っ そ く BAS ℃ の プ ロ グ ラ ム を 移 植 し て い ま す が , C で 作 る と も っ と い ろ い ろ や り た く な っ て し ま い , け っ き よ く 作 り 直 し に 近 い 状 態 で す 。 し か し , C は 難 し い で す ね 。 柴 田 和 広 ( 愛 知 県 ) プ ロ グ ラ ミ ン グ の 意 欲 満 々 て 、 す ね 。 ど ん ど ん Turbo C 十 十 を 使 い 込 ん て 、 , 移 植 を す る の て な く オ リ ジ ナ ル プ ロ グ ラ ム を 作 成 し て み て く だ さ い 。 難 し い と は い っ て も 自 信 が つ い て , さ ら に プ ロ グ ラ ム が 楽 し く な る と い い て 、 す ね 。 ☆ Ⅱ 世 誕 生 子 供 が 生 ま れ ま し た 。 名 前 は 咲 良 ( さ く ら ) , 女 の 子 で す 。 今 は パ ソ コ ン ど こ ろ で は な い の で す が , ち ゃ っ か り C マ ガ ジ ン だ け は 買 い ま し た 。 簡 単 な 自 作 ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 作 り な が ら , C 言 語 を 勉 強 し て い き た い と 考 え て い ま す 。 者 に も 先 日 女 の 子 が 誕 生 し ま し た み に C マ ガ ジ ン 編 集 部 唯 一 の 妻 帯 ま す 。 よ い 名 前 て す ね 。 ち な Ⅱ 世 の 誕 生 お め て 、 と う ご ざ い 水 島 正 博 ( 京 都 府 ) が , 水 島 さ ん と 同 じ よ う に ち ゃ っ か り と C マ ガ ジ ン だ け は 刊 行 し ま し た C ☆ 書 店 レ ポ ー ト こ の よ う な は が き を 初 め て だ し ま し た 。 な ぜ か と い う と 「 書 店 レ ポ ー ト 」 が 終 わ っ た か ら な の で す 。 仕 事 が 忙 し く て 本 屋 を の ぞ く 暇 が な く , 地 方 で 本 が あ ま り 揃 っ て い な い と い っ た 私 に と っ て こ の コ ー ナ ー は 非 常 に あ り が た か っ た の で す 。 残 念 で す 。 再 開 し て く だ さ い 。 お 願 い し ま す よ 。 樽 美 和 幸 ( 福 岡 県 ) ほ か に も 同 様 の は が き が あ り ま し た 。 こ の コ ー ナ ー を 見 て か ら , 書 店 に 注 文 し に い く と い う 方 も い ら っ し ゃ い ま し た 。 コ ン ピ ュ ー タ 関 連 書 籍 は 大 き な 書 店 て 、 な い と 在 庫 が 少 な い の て 、 , こ の よ う な 方 が 多 い の て 、 す ね 。 売 れ 行 き 良 好 書 を 掲 載 し て い る と い う わ け て 、 は あ り ま せ ん が , 新 刊 案 内 の コ ー ナ ー も 参 考 に し て く だ さ い ☆ C マ ガ を 買 い に 行 く 2 月 は 一 年 で 一 番 寒 い 季 節 で す 。 寒 い タ 方 , 子 供 の 手 を 引 い て 本 屋 ま で 3 月 号 を 買 い に 行 き ま し た 。 定 期 購 読 に す れ ば よ い の で す が , 苦 労 し て 手 に 入 れ た も の は 大 切 に 読 む か ら , わ ざ わ ざ 遠 く の 本 屋 へ 毎 月 買 い に 行 っ て お り ま す 。 よ い 記 事 を 期 待 し て お り ま す 。 後 藤 宏 ( 京 都 府 ) 寒 い な か を , わ ざ わ ざ あ り が と う ご ざ い ま す 。 ち ょ っ と , お 子 さ ん が か わ い そ う な き が し ま す が ・ ・ 。 話 は 違 い ま す が , 私 の 家 の 近 く に 大 き な 競 馬 場 が あ る の て 、 す が , ま だ 電 車 も バ ス も あ る 時 間 に , お 父 さ ん と 子 供 が , 手 を つ な い て 仲 よ く 歩 い て 帰 る の を よ く 見 か け ま す 。 感 動 し な が ら ふ た り を よ く 見 て い た も の て 、 す 。 子 供 は わ け も わ か ら ず 歩 い て い る ん て し よ う ね 。 ☆ 読 者 の 年 齢 C マ ガ の 読 者 に 小 学 生 な ん て い る ん で し よ う か ? せ め て ほ か に も あ と ひ と り ぐ ら い い る ん じ ゃ な い か な あ と 思 っ て い ま す が ・ ・ ・ れ か ら も う 少 し , QuickC に も 対 応 し て ほ し い 。 ほ と ん ど MS ー C か Turbo C ば か り で , QuickC が 使 え る の が 少 な い の で す ( MS - C の は だ い た い 使 え ま す が ) 。 並 木 健 太 郎 ( 茨 城 県 ) は ~ っ , 12 歳 て C プ ロ グ ラ ミ ン グ て す か 。 私 が そ の く ら い の と き に は , 毎 日 外 て 、 野 球 を し て た の て 、 す が ね ( 隣 て 、 は ワ シ は べ ー ゴ マ と メ ン コ だ と 言 っ て い ま す が ) 。 パ ソ コ ン と い う も の が こ の 世 に あ る と い う の を 知 っ た の が 中 学 3 年 生 の 頃 て 、 , 自 分 て 手 に し た の が 高 校 1 年 生 て 、 し た 。 PC ー 6001 と い う , そ れ は す ば ら し い ( ! ) パ ソ コ ン だ っ た ん て 、 す が ・ ・ ・ し か し , 本 当 に パ ソ コ ン 界 の 流 れ は 早 い な 。 ☆ c マ ガ の 誤 植 C マ ガ は 誤 植 が 多 い ( 目 立 つ ) の で 有 名 に な っ て き た み た い だ が , い い だ し っ ぺ が 「 PuragumaC 」 で は 情 け な い 。 ま た , C マ ガ 電 脳 ク ラ ブ に デ ス ク ( 机 ) で 応 募 す る 人 も い な い だ ろ う 。 し か し , 間 違 え 方 か ら み て , 単 な る 誤 植 で は な い よ う な 気

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


ー C 言 語 シ リ ー ズ ー c 言 語 と ア ル ゴ リ ズ ム 演 習 鑰 山 徹 著 ☆ A5 判 定 価 2 , 000 円 c 言 語 と プ ロ グ ラ ミ ン ク 鑰 山 徹 著 ☆ A5 判 定 価 2 , 100 円 c 言 語 と ア セ ン プ ラ 磯 部 俊 夫 著 ☆ A5 判 定 価 2 , 060 円 C 言 語 と 旧 AM 植 田 一 廣 著 ☆ A5 判 定 価 1 , 854 円 c 言 語 と RS-232C/GP-1B 磯 部 俊 夫 著 ☆ A5 判 定 価 2 , 060 円 C 言 語 と W DOW 植 田 一 廣 , 黒 木 直 樹 共 著 ☆ A5 判 定 価 1 , 339 円 C 言 語 と MODEM 植 田 一 廣 , 黒 木 直 樹 共 著 ☆ A 5 判 定 価 1 , 500 円 c 言 語 と 割 込 み 磯 部 俊 夫 著 ☆ A5 判 定 価 2 , 000 円 MS ・ DOS シ ス テ ム コ ー ル と C プ ロ グ ラ ミ ン ク 川 上 峻 史 著 定 価 2 , 000 円 ☆ A 5 判 MS-DOS と C 言 き 五 磯 部 俊 夫 著 定 価 2 , 060 円 ☆ A 5 判 UNIX と C 言 磯 部 俊 夫 著 定 価 2 , 060 円 ☆ A 5 判 日 本 語 OS - 2 と C 言 語 植 田 , 工 藤 , 吉 川 共 著 ☆ A5 判 定 価 2 , 060 円 C 言 語 と グ ラ フ ィ ッ ク ド ラ イ バ 川 上 峻 史 著 ☆ A5 判 定 価 2 , 000 円 ※ 定 価 は す べ て 税 込 で す 。 工 学 図 書 Readers' R ① ① 血 モ ニ タ 募 集 PC 手 帳 提 供 : 株 ア イ コ ム TEL 052-212 ー 1891 PC 手 帳 綴 し 込 み の 葉 書 で ご 応 募 く だ さ い 。 2 名 3 名 EASY FLOPPY 提 供 : 日 新 シ ス テ ム リ ン ク 株 T E L 03 ー 3842-7401 自 分 と 家 族 と 友 人 を 大 切 に す る 、 あ な た へ テ ィ ス ク ド ラ イ プ 操 作 ラ イ プ ラ リ PC -9800 シ リ ー ズ MS-C 6.0 用 2 名 / COMPUTER LANGUAGE 1 名 提 供 : C マ ガ ジ ン 編 集 部 手 帳 機 能 搭 載 ソ フ ト VA-LIB 提 供 : 株 イ メ ー ジ テ ク ノ ロ ジ ー 研 究 所 TEL 0863 ー 3 ト 2505 M れ 濵 ゞ & シ リ ー ズ 職 ド を 5 「 鉾 を : 物 3 C 言 語 ア ウ ト ラ イ ン フ ォ ン ト 処 理 ラ イ プ ラ リ PC ー 9800 シ リ ー ズ FEBRUARY 応 募 の 注 意 ト な ど の 形 式 で 編 集 に ご 協 力 い た だ き ま す 。 ◇ 綴 じ 込 み の は が き に 必 要 事 項 ( ア ン ケ ー ト ご 了 承 く だ さ い 。 の 回 答 , 住 所 , 氏 名 , 電 話 番 号 , 希 望 モ ニ タ ◇ 締 め 切 り は 5 月 18 日 必 着 で す 。 あ て 先 番 号 ) を 明 記 の う え ご 応 募 く だ さ い 。 ◇ 記 入 も れ や モ ニ タ 番 号 が 複 数 記 入 さ れ て い 〒 108 東 京 都 港 区 高 輪 2 ー 19 ー 13 る 場 合 , 綴 じ 込 み 葉 書 以 外 で の こ 応 募 は 無 効 NS 高 輸 ピ ル ソ フ ト バ ン ク 株 「 C マ ガ ジ ン 」 編 集 部 と さ せ て い た だ き ま す 。 ◇ モ ニ タ に 当 選 さ れ た 方 に は , 後 日 ア ン ケ ー モ ニ タ 係 東 京 都 千 代 田 区 九 段 北 1 ー 14 ー 15 03 ー 3262 ー 3772 FAX 03 ー 3261 ー 0983 く 資 料 請 求 番 号 166 > 166 C MAGAZINE 1991 5

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


「 へ ん て こ MOUSE ス ケ ジ ュ ー ル ノ ー ト 」 株 ア ル カ ス 株 ア ル カ ス は , マ ウ ス 形 状 を 好 き な 形 に 変 更 て 、 き る 機 能 っ き の ス ケ ジ ュ ー ル 管 理 ソ フ ト 「 へ ん て こ MOUSE ス ケ ジ ュ ー ル ノ ー ト 」 を 発 売 し た 。 お も な 特 徴 は 以 下 の と お り 。 ・ デ ー タ の 登 録 に は マ ウ ス と キ ー ポ ー ド か ら の 入 力 が 可 能 ・ デ ー タ は 1 日 6 デ ー タ ま て 登 録 一 覧 表 に よ る 月 別 の ス ケ ジ ュ ー ル を 確 認 て き , 数 年 前 の デ ー タ て も 一 覧 て き る ・ ス ケ ジ ュ ー ル ノ ー ト と は 別 に 黒 板 が 用 意 さ れ , 三 つ の ス ケ ジ ュ ー ル を 別 々 に 管 理 ・ カ レ ン ダ ー は 前 後 3 か 月 分 同 時 表 示 く 動 作 環 境 > ・ 対 応 機 種 PC ー 9800 シ リ ー ズ PC ー 286 / 386 シ リ ー ズ ・ 必 要 OS MS-DOS Ver. 2.11 以 上 ・ 必 要 メ モ リ 640K バ イ ト 以 上 ・ マ ウ ス ノ ヾ ス マ ウ ス く 価 格 > 9 , 600 円 問 い 合 わ せ 先 株 ア ル カ ス 〒 331 埼 玉 県 大 宮 市 櫛 引 町 2 ー 308 TEL 048 ー 653 ー 1348 マ ル チ タ ス ク BAS ℃ rBasic/V 」 株 日 新 シ ス テ ム ズ 株 日 新 シ ス テ ム ズ は , N88ー 日 本 語 BASIC ( 86 ) 互 換 を も ち , MS ー DOS 上 て マ ル チ タ ス ク 処 理 可 能 な コ ン パ イ ラ 「 Basic/V 」 を 発 売 し た 。 お も な 機 能 は 以 下 の と お り 。 互 換 性 No-BASIC(86) と 高 度 な 互 換 性 を も つ 。 マ ル チ タ ス ク N88 ー BASIC ( 86 ) て 、 の ひ と つ の プ ロ グ ラ ム が ひ と つ の タ ス ク と な り , 複 数 の タ ス ク の マ ル チ タ ス ク 化 が 可 能 。 154 C MAGAZINE 1991 5 C-MAGA 要 マ ク ロ ア セ ン プ ラ , リ ン カ ・ 対 応 OS MS-DOS Ver. 3.1 以 降 ・ 対 応 機 種 NEC PC, FC シ リ ー ズ く 動 作 環 境 > ソ ー ス コ ー ド デ バ ッ グ 使 用 て 、 き る 。 関 数 の よ う に , モ ジ ュ ー ル を 呼 び 出 し て プ ロ グ ラ ム 資 産 を 蓄 積 て き る 。 組 み 込 み プ ロ グ ラ ム を モ ジ ュ ー ル 化 す る こ と て 、 , モ ジ ュ ー ル 化 リ ン ク し , 実 行 フ ァ イ ル を 作 成 可 能 。 て 、 作 成 さ れ た オ プ ジ ェ ク ト プ ロ グ ラ ム と N88-BASIC(86) を コ ン パ イ ル 。 他 の 言 語 コ ン / ヾ イ ラ く 価 格 > 98 , 000 円 問 い 合 わ せ 先 株 日 新 シ ス テ ム ズ マ イ ク ロ ソ フ ト 株 C Developer's T00 it 」 「 M icrosoft 03 ー 3639 ー 3077 富 士 ビ ル 8F 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 人 形 町 1 ー 9 ー 2 TEL 〒 103 「 マ イ ク ロ ソ フ ト プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル ア ド ド 約 400 種 類 を 提 供 。 イ プ ラ リ の ほ と ん ど す べ て の ソ ー ス コ ー MS-C に 含 ま れ る MS-DOS, OS / 2 用 の ラ キ ッ ト 」 「 マ イ ク ロ ソ フ ト C デ ベ ロ ッ パ ー ズ ツ ー ル は 以 下 の と お り 。 が パ ッ ケ ー ジ さ れ て い る 。 そ れ ぞ れ の 内 容 ロ ソ フ ト C プ ロ グ ラ マ ー ズ ツ ー ル キ ッ ト 」 ナ ル ア ド バ イ ザ ー ラ イ プ ラ リ 」 , 「 マ イ ク キ ッ ト 」 , 「 マ イ ク ロ ソ フ ト プ ロ フ ェ ッ シ ョ 「 マ イ ク ロ ソ フ ト C デ ベ ロ ッ ノ ヾ ー ズ ツ ー ル Microsoft C Developer's TooIkit に は , Developer's T001kit 」 を 発 売 す る 。 ひ と つ に パ ッ ケ ー ジ し た 「 Microsoft C 開 発 環 境 を 向 上 す る た め の 3 種 類 の ツ ー ル を マ イ ク ロ ソ フ ト は ,MS-C Ver. 6.0 の バ イ ザ ー ラ イ プ ラ リ 」 Quick シ リ ー ズ に 搭 載 さ れ て い る オ ン ラ イ ン ヘ ル プ 機 能 「 Quick ア ド バ イ ザ ー 」 の ア プ リ ケ ー シ ョ ン ソ フ ト ウ ェ ア へ の 組 み 込 み を 可 能 と す る ラ イ プ ラ リ 。 「 マ イ ク ロ ソ フ ト C プ ロ グ ラ マ ー ズ ツ ー ル キ ッ ト 」 OMF フ ォ ー マ ッ ト や コ ー ド ビ ュ ー シ ン ポ ル 情 報 , マ イ ク ロ ソ フ ト の 言 語 製 品 の 内 部 情 報 を 公 開 す る も の 。 な お , 購 入 す る に は MS ー C Ver. 6.0 に 同 封 さ れ て い る 申 し 込 み 券 に て 。 く 動 作 環 境 > ・ MS ー C Ver. 6.0 , Macro AssembIer Ver. 5 . 1 以 上 ・ MS-DOS Ver. 3.1 以 上 OS/2 Ver. 1. IA 以 上 ・ ハ ー ド デ ィ ス ク 3M バ イ ト 以 上 く 価 格 > 50 , 000 円 問 い 合 わ せ 先 マ イ ク ロ ソ フ ト 株 〒 105 TEL 東 京 都 港 区 芝 1 ー 11 ー 11 住 友 不 動 産 ビ ル 9F 03 ー 5484 ー 0700 rTurbo Pascal 6.0 」 株 ボ ー ラ ン ド ジ ャ パ ン 株 ポ ー ラ ン ド ジ ャ パ ン は , PC ー 9800 シ リ ー ズ 用 「 Turbo PascaI 6.0 」 お よ び 「 Turb0 PascaI 6.0 PROFESSIONAL 」 を 発 売 す Turbo PascaI 6.0 PROFESSIONAL 版 に は プ ロ テ ク ト モ ー ド コ マ ン ド ラ イ ン コ ン パ イ ラ , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ に 対 応 し た Turbo Debugger 2.01 , 最 適 化 の た め の Turbo ProfiIer 1.01 , MASM 4.01 , 5.0 と の 高 い 互 換 性 を も つ Turbo Assembler 2.01 が 付 属 し て い る 。 Turb0 Pascal 6.0 の お も な 特 徴 は 以 下 の と お り 。 Turbo Vision オ プ ジ ェ ク ト 指 向 に よ る ユ ー ザ イ ン タ フ

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


160 Q LSI C ー 86 で 付 録 デ ィ ス ク test 1 . c の よ う に 浮 動 小 数 点 数 を printf を 使 っ て 表 示 し た い の で す が , 正 し く 動 作 し ま せ ん 。 次 の よ う に , 変 換 さ れ ず に 表 示 さ れ ま す 。 な ぜ で し よ う か ? float=f, double=f, long double=Lf A printf, scanf な ど の 関 数 は 通 常 リ ン ク す る ラ イ プ ラ リ doslib. lib と mathlib. lib の 両 方 に 入 っ て い ま す 。 doslib. lib に 入 っ て い る も の に は 浮 動 小 数 点 数 の 変 換 機 能 が あ り ま せ ん 。 こ れ は , 浮 動 小 数 点 数 を 使 わ な い プ ロ グ ラ ム に , 演 算 パ ッ ケ ー ジ が リ ン ク さ れ る の を 防 ぐ た め て 、 す 。 %f, %e, % g を 使 う と き に は lcc て 、 -lmathlib を 指 定 し て mathlib. lib も リ ン ク し ま す 。 Q LSI C ー 80 で 付 録 デ ィ ス ク test 2. c の よ う な ソ ー ス を コ ン バ イ ル ・ リ ン ク す る と リ ン カ knil で 'un defined: CMPHD ” と い う エ ラ ー に な る の で す が , な ぜ で し よ う か ? A nil て 、 undefined に な て い る CMPHD は コ ン パ イ ラ が 自 動 的 に 呼 び 出 す ラ イ プ ラ リ の サ プ ル ー チ ン て 、 す 。 CMPHD は int 型 の 値 を 比 較 す る サ プ ル ー チ ン て す 。 詳 し く は ラ イ プ ラ リ の ソ ー ス フ ァ イ ル known. I を 参 照 し て く だ さ い CMPHD の ほ か に も 同 様 な サ プ ル ー チ ン が た く さ ん あ り ま す 。 ソ ー ス の 内 容 に よ っ て 呼 ば れ る も の が 違 っ て き ま す 。 必 ず ラ イ プ ラ リ を C MAGAZINE リ ン ク す る よ う に し て く だ さ い コ レ エ ス ・ ア イ ・ ノ レ lnformation from Compiler Makers ラ イ プ ラ リ に は clib(z). sof, 10 : } LSI C -80 LSI C -86 : LSI Cー86 は LSI C ー 80 の 誤 り て し : た 。 訂 正 し て , お 詫 び 申 し 上 げ ま : す 。 ( 編 集 部 ) romlib(z). sof が あ り ま す 。 ROM 化 の 場 合 に は romlib(z). sof を リ ン ク し ま す 。 Q LSI c ー 80 で 付 録 デ ィ ス ク test 3. c の よ う な ソ ー ス を コ ン パ イ ル す る と "cg error()o match) ” と い う 工 ラ ー に な る の で す が , ど う し て で し よ う か ? に 変 数 を 指 定 す る と cg error に な な け れ ば い け ま せ ん 。 ポ ー ト 番 号 て い る た め , ポ ー ト 番 号 は 定 数 て 、 セ ン プ リ イ ン ラ イ ン 関 数 て 、 記 述 し 8080 の IN / OUT 命 令 を 使 用 し て ア ラ イ プ ラ リ の inp(), outp() は A り ま す 。 て 使 い ま す 。 す フ ァ イ ル を 作 成 し て #include し 付 録 デ ィ ス ク hd64180. h に 示 A に 記 述 す る の で し よ う か ? ン プ リ イ ン ラ イ ン 関 数 で ど の よ う HD64180 の Ⅲ 0 / OUTO を ア セ Q 1 の よ う な コ ー ド が 生 成 さ れ ま す 。 な ソ ー ス を コ ン パ イ ル す る と , Fig. 使 用 例 を 示 し ま す 。 List 1 の よ う を 指 定 し て コ ン パ イ ル し ま す 。 1CC80 て 、 オ プ シ ョ ン -dPORT16BITS ポ ー ト 番 号 が 16 ビ ッ ト の 場 合 は 作 成 し て # include し て 使 用 し ま す 。 す 。 zio. h と い う へ ッ ダ フ ァ イ ル を 関 数 を 付 録 デ ィ ス ク zio. h に 示 し ま 用 し ま す 。 ア セ ン プ リ イ ン ラ イ ン た ア セ ン プ リ イ ン ラ イ ン 関 数 を 使 合 は Z80 の IN / OUT 命 令 を 使 用 し ポ ー ト 番 号 に 変 数 を 指 定 す る 場 [ 訂 正 と お 詫 び ] 本 誌 ' 91 年 4 月 号 58 頁 付 表 に 間 違 い が あ り ま し た 。 「 LDX ー 80X 」 欄 の List 1 1 : 2 : 3 : 4 : 5 : 6 : 8 : 9 : #include ” zio. h ” int port; Char mask; inpz(2) & 0xF の : outpz(l, outpz(port, inpz(port) & mask) : C80 て 一 dPORT16B 灯 S を 指 定 し た 場 合 CS EG 田 OV 0 マ db AN I MOV LXI mov mov mov LXI ANA MOV LHLD 田 OV db RET b, h ら 1 0edhi78h 240 0edh, 59 わ port— b, h 0edh, 78h 日 , mask— port— 0edh.59h ー dPORT16B 灯 S を 指 定 し な い 場 合 CS EG MVI mov db ANI MOV KVI moV LH し D MOV 第 0 マ db LXI AN YOV LHLD MOV moV RET 0edh, 78h 240 0edh.59h port— C, a 0edh. 78h 出 mask_ 00r t— A,L 0edh. 59h 1991 5

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


GN び 奮 闘 記 ー 最 終 回 吉 野 智 興 GCC に 2 の 概 要 る た め の 機 構 を 図 に 表 し た も の て 、 す 。 孫 の 意 味 は あ り ま せ ん ) 。 List 1 が そ の コ ン パ イ GCCVer. 2 に つ い て は 本 誌 ' 90 年 7 月 号 に 関 数 て 、 は 図 内 の 矢 印 の よ う に 親 の 関 数 の 変 ル 結 果 て 、 す 。 コ メ ン ト だ け て 、 は わ か り に く 若 干 紹 介 さ れ て い ま す 。 こ の ほ ど 入 手 し ま 数 を ア ク セ ス す る た め に framepointer を た し た GCCVer. 2 の プ レ リ リ ー ス パ ー ジ ョ ン い の て 、 Fig. 1 を ご 覧 く だ さ い ど る こ と に な り ま す 。 ネ ス ト 関 数 て 、 は , 呼 Fig. 1 は , 親 の 関 数 内 の 変 数 を ア ク セ ス す Ver. 1.90.01 て 、 , こ の 新 し い GCC の 特 徴 に つ い て 見 て い き た い と 思 い ま す 。 test 2. c の コ ン ノ ヾ イ ル 結 果 拡 さ れ た 文 法 GCCVer. 2 て 、 は 関 数 の 中 に 関 数 を 定 義 す る こ と が て き ま す 。 こ れ は Pascal に 類 似 し た 文 法 て 、 す が , ANSI か ら は 大 幅 に 逸 脱 す る こ と に な り ま す 。 実 際 の プ ロ グ ラ ム て 、 は , 関 数 内 部 の 変 数 宣 言 の 次 に ANSI 形 式 の 関 数 を 定 義 す る こ と に よ っ て 使 用 す る こ と が て 、 き ま す 。 testl. c( 付 録 デ ィ ス ク 収 録 ) は そ の 実 例 て す 。 こ の よ う な 文 法 は , FM-TOWNS な ど の DOS-EXTENDER 上 て 、 動 作 す る High-C コ ン パ イ ラ て も 実 現 さ れ て い ま す 。 こ の よ う な 関 数 内 部 の 関 数 て 、 は , ネ ス ト さ れ た 関 数 か ら 外 の 関 数 内 部 変 数 に ア ク セ ス す る 手 法 が 問 題 に な り ま す 0GCCVer. 1.90.01 て 、 は こ れ を 実 現 す る た め に static chain( 注 1) を 用 い て い ま す 。 test2. c ( 付 録 デ ィ ス ク 収 録 ) が static chain の 試 験 プ ロ グ ラ ム て 、 す ( こ れ 自 体 に は 大 き な 最 適 化 の テ ス ト プ ロ グ ラ ム 1 : / * 繰 り 返 し て 現 れ る 共 通 部 分 式 * / 2 : 3 : int buffer[10]; 4 : 5 : i nt 6 : opt-test (int index) if (buffer [ index] 8 : action0 ( ) ; 9 : else if (buffer[index] 10 : action2 ( ) : else if (buffer[i ndex] 12 : action3 ( ) ; 14 : } 0 List ョ ~ メ い 第 ョ 朝 朝 朝 第 「 ( ョ ( ? f002 ー 2 : link a6, # ー 4 田 ove コ a0, ー 4 (a6) move. I ー 4 ( a の , al 田 ove コ ー 4 (al) , a2 moveq.l # 1 , d0 move.l d0, ー 4 (a2) moveq.l # 2 , d0 move.l d0, ー 8 ( al ) moveq.l # 3 , d0 田 ove コ d0, ー 8 (a の unlk a6 rts . even link a6 , # ー 8 田 ove. 1 aO, ー 4 (a6) move.l a6,a0 bsr ー ? f002 ー 2 unlk a6 rts . even link a6 , # ー 8 move.l a0, ー 4 (a6) move.l a6,a0 bsr ? f001 ー 1 unlk a6 rts . even . g い -chain-test chain_test: link a6, # ー 4 田 ove コ a6, a0 bsr ー ? f000 ー 0 unlk a6 rts * 親 関 数 の frame pointer を 一 4 ( a6 ) * 親 の frame pointer を た ど っ て * c 変 数 の ア ド レ ス を 得 る * 値 を 格 納 す る ? f001 1 : * 変 数 'c' は 一 8 ( a6 ) * 親 ( こ こ で は f000())frame pointer を 一 4 ( a6 ) * 自 分 の frame pointer a6 を a0 * 子 関 数 を 呼 び 出 す ? f000 ー 0 : * 変 数 'b' は 一 8 ( a6 ) * 親 関 数 の frame pointer を 一 4 ( a6 ) * 自 分 の frame pointer a6 を a0 * 子 関 数 を 呼 び 出 す * 変 数 'a' は 一 4 ( a6 ) * frame pointer a6 を a0 に * 子 関 数 を 呼 び 出 す LiSt List List 2 を 手 直 し り 亂 も に ~ 」 い い い に ー い い い い い 一 い い - い リ い ) り い い 「 ー ー を 叮 リ い を int buffer[10] : 2 : 3 : i nt 4 : opt-test (int index) register int val 6 : if (val 7 : action0 ( ) : 8 : else if (val 9 : action2 ( ) : 10 : act ion3 ( ) : 13 : } = buffer[index] : else if (val = 3 & & buffer[index 十 1 ] = 3 & & buffer[index 十 1 ] 144 C MAGAZINE 1991 5

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


List 1 簡 単 に 説 明 し ま し た 。 FAT 領 域 や デ ィ レ ク ト リ 領 域 を 直 接 扱 え ば , 不 良 ク ラ ス タ の 登 録 や 削 除 し た フ ァ イ ル の 復 活 な ど も 可 能 に な り ま す 。 こ の あ た り の 詳 細 は 参 考 文 献 1. を 参 照 し て く だ さ い 2 ~ 3 回 て 、 も い い て 、 す か ら と い っ て 依 頼 さ れ た 連 載 も , す て 、 に 半 年 以 上 経 っ て し ま い ま し た 。 皆 さ ん は 本 連 載 を ど の よ う に 感 じ て お ら れ る の て 、 し よ う か 。 す べ て の 読 者 に 満 足 し て い た だ け る よ う な 記 事 を 書 く 能 力 は 到 底 あ り ま せ ん が , 一 人 て も 多 く の 方 の 参 考 に な る よ う に 心 が け て い る つ も り て す 。 読 者 欄 に 「 C マ ガ の 98 偏 重 に は 筆 者 の ほ う に も 責 任 が あ る ( 個 人 ュ ー ザ が 複 数 の 機 種 を も っ こ と は 難 し い て す か ら , あ る 程 度 仕 方 こ と な の て 、 す が ) 」 と 投 書 し た こ と が が な い あ る 者 と し て は , 次 の 2 点 を 念 頭 に 置 い て テ ー マ を 探 し て い ま す 。 ① 全 機 種 の MS ー DOS 3. x 上 で 動 作 す る 手 元 の 98 て 、 し か 動 作 確 認 を し て い な い た め , 今 ま て 、 紹 介 し て き た 例 が , す べ て の MS-DOS 3. x 上 て 、 動 作 す る か ど う か は わ か り ま せ ん が (A ② MS - DOS の シ ス テ ム コ ー ル ( MS ー C で い え ば dos xxx 関 数 ) を 使 用 す る し か し , 正 直 な 話 を す る と そ ろ そ ろ ネ タ 探 し に 苦 労 を し て お り ま す 。 ネ タ 切 れ と 同 時 に 本 連 載 も 必 然 的 に お わ っ て し ま い ま す 。 も し , 本 連 載 を 続 け さ せ て や ろ う と い う 方 が い ら っ し ゃ れ ば , 取 り 上 げ て ほ し い テ ー マ を 愛 読 者 は が き に て 、 も 書 い て 編 集 部 ま て お 送 り く だ さ い ( テ ー マ は 上 記 の 2 点 に こ だ わ る 必 要 は あ り ま せ ん ) 。 参 考 文 献 1. 中 島 信 行 , 「 MS ー DOS の デ ィ ス ク 管 理 と フ ァ イ ル 復 活 ユ ー テ ィ リ テ ィ 」 , イ ン タ ー フ ェ ー ス 1990 年 5 月 号 2. 「 MS-DOS 3.1 プ ロ グ ラ マ ー ズ リ フ ァ レ ン ス マ ニ ュ ア ル 」 , NEC return( ( unsigned long )cl * ( uns igned long ) diskspace. bytes-per-sector * ( uns igned long ) diskspace. sectors-per-cluster ) : 0 1 ワ 0 っ 0 8 8 8 8 TabIe 7 FAT 領 域 の 値 の 意 味 ク ラ ス タ 値 000h 0000h 001 h 0001 h FF7h FFF7h 未 使 用 の ク ラ ス タ ( 空 き ク ラ ス タ ) 未 使 用 の コ ー ド こ の コ ー ド が 使 用 さ れ る こ と は な い 不 良 セ ク タ を 含 む ク ラ ス タ 。 不 良 セ ク タ は 読 み 書 き で き な い DOS は 欠 陥 セ ク タ で あ る こ の ク ラ ス タ を 使 用 し な い フ ァ イ ル 内 の 最 後 の ク ラ ス タ FF8h— FFFh 通 常 は FFFh/FFFFh が 使 用 さ れ る FFF8h—FFFFh 次 の ク ラ ス タ 番 号 002h ~ FF6h FFOh ~ FF6h / FFFOh ~ FFF6h は シ ス テ ム 予 約 と な っ て い る 0002h—FFF6h ク ラ ス タ 値 は 上 段 が 12 ビ ッ ト FAT で 下 段 が 1 6 ピ ッ ト FAT Fig. 3 12 ピ ッ ト FAT の チ ェ ー ン の 説 明 ・ ← FAT の 先 頭 テ ー タ FF FF FF 03 40 00 05 60 00 07 FO FF 3 バ イ ト ご と に 区 切 る FAT ↓ FF FF FF 03 40 00 07 FO FF 05 60 00 FFF タ タ ス は ス 0 本 ー ラ 次 ラ 0 ク の ク 003 ク ラ ス タ 2 の 次 は ク ラ ス タ 3 005 ク ラ ス タ 4 の 次 は ク ラ ス タ 5 004 ク ラ ス タ 3 の 次 は 2 バ イ ト ク ラ ス タ 4 ダ ミ 最 初 の 3 バ イ ト は 未 使 用 で ク ラ ス タ 番 号 は 2 か ら は じ ま る 006 ク ラ ス タ 5 の 次 は ク ラ ス タ 6 タ ま の ス 刀 内 ラ タ ル ク ス イ の ラ ア 後 ク フ 最 96 C MAGAZINE 1991 5

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


型 名 ( 式 ) こ の 方 法 て 、 は , 式 の ど こ か ら ど こ ま て 、 を ど の 型 に 変 換 す る の か 明 確 に 記 述 て 、 き る 。 し か し , ポ イ ン タ の 変 換 に は キ ャ ス ト を 用 い る こ と を す す め る 。 デ ー タ 型 名 * ( 式 ) て 、 は , 式 の 評 価 結 果 が 白 倉 伸 一 郎 ・ 山 本 浩 文 ポ イ ン タ て 、 , そ の ポ イ ン タ の 指 す 内 容 を 指 定 し た デ ー タ 型 に 変 換 す る も の と 解 釈 さ れ る か ら て 、 あ る 。 今 回 説 明 し た 範 囲 て 、 は , C + 十 特 有 の 機 能 は , コ メ ン ト , 定 数 型 , キ ャ ス ト の 3 点 て あ り , ほ か の 項 目 は C 言 語 と 同 様 て 、 あ る 。 次 回 実 践 編 け 暮 れ る の も い い し か し , 私 た ち に は や ら な く て は な ら な い プ ロ グ ラ ミ ン グ が あ り ま す 。 そ の た め に C と い う す ば ら し い 言 語 を 手 に 入 れ ま し た 。 そ れ を ど う し て , む ざ む ざ 手 放 さ な く て は な ら な い の て 、 し よ う か 。 C の い い と こ ろ も 悪 い と こ ろ も い っ さ い が っ さ い , 投 げ 捨 て る 必 要 が ど こ に あ る の て 、 し よ う か ? C 十 十 は C 言 語 の 産 物 て あ る と 同 時 に , C ヾ 十 十 ? て も あ り ま す 。 今 も っ て 十 十 さ れ つ づ け て い る , 発 展 途 上 の 言 語 て 、 す 。 言 語 仕 様 か ら ク ラ ス ラ イ プ ラ リ ま て 、 が す て 、 に 固 ま っ て し ま い , 完 成 度 が 高 く と も , 発 展 性 の な い 言 語 と は 違 い ま す 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 の 限 界 も ち ら ほ ら 見 え 始 め て い ま す が , そ れ も い ず れ 解 決 し て し ま い か ね な い 勢 い を も っ て い ま す 。 「 C 十 十 の 時 代 が き た 」 の て 、 は あ り ま せ ん 。 時 代 が 始 ま っ た の て 、 す 。 あ え て い い ま す 。 バ ス に 乗 り 遅 れ る な ! 「 プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 C 十 十 』 か ら 引 用 す れ ば , C 十 十 は 何 よ り も 「 プ ロ グ ラ ミ ン グ の 作 業 を も っ と 楽 し く て き る よ う に 設 計 さ れ た 言 語 」 な の て 、 す 。 そ れ が 楽 し い バ ス 旅 行 て 、 あ は , C 十 十 の 制 御 構 造 , 関 数 と プ ロ グ ラ ム の 構 成 , 変 数 の 記 憶 ク ラ ス ( 有 効 範 囲 ) に つ い て 解 説 す る 。 TabIe 9 に C 十 十 の 演 算 子 の 優 先 順 位 と 結 合 性 を ま と め た の て 、 , 参 照 し て い た だ き た ま し め に 110 C MAGAZINE 1991 5 理 屈 を こ ね 回 す の も い い 。 知 識 表 現 に 明 う 議 論 も よ く 聞 き ま す 。 す る 部 分 も あ る か も し れ ま せ ん し , そ う い れ ば , 歯 が ゆ か っ た り , 物 足 り な か っ た り ジ ェ ク ト 指 向 系 の 言 語 の プ ロ グ ラ マ か ら 見 刃 に す ぎ な い , と も い え ま す 。 ほ か の オ プ っ て , し よ せ ん , あ ら ゆ る 機 能 が 付 け 焼 き つ ま り , 出 発 点 か ら し て ℃ 〃 十 十 な の て あ て 、 す 。 的 に 解 決 し て い こ う と す る 試 み の 産 物 な の 語 が 背 負 い こ ん て 、 し ま っ た 諸 問 題 を , 総 合 ソ フ ト ウ ェ ア 危 機 が 叫 ば れ る な か て 、 , C 言 も た ら す 福 音 て 、 は あ り ま せ ん 。 び て い ま す が , 決 し て そ れ ば か り カ ℃ 十 十 の く に , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 的 機 能 が 脚 光 を 浴 を 改 善 す る た め に 開 発 さ れ た 言 語 て 、 す 。 と い 」 と い う 現 場 の 要 請 に 応 じ て , C の 問 題 点 C 十 十 は , C 言 語 を 使 っ て い て 「 ど う も 苦 し と 噴 出 し て い ま す 。 構 造 化 プ ロ グ ラ ミ ン グ 自 体 の 問 題 点 が 続 々 た , ソ フ ト ウ ェ ア が 大 規 模 化 す る に つ れ て , て す し , 時 代 錯 誤 な 面 を 免 れ え ま せ ん 。 ま 「 1 ロ ロ C 旨 も 20 歳 に な ん な ん と す る 古 い 言 語 楽 し い こ と ば か り て は あ り ま せ ん 。 し か し C プ ロ グ ラ ミ ン グ も そ う そ う う れ し く れ C, た の C, 望 ま C 」 と 銘 打 っ て い ま し た 。 fThe BASIC 』 誌 ' 88 年 3 月 号 の 特 集 は 「 う る こ と を 期 待 し ま し よ う 。 「 形 か ら 入 る 」 と い う こ と て 、 , 多 ℃ 十 十 概 観 ま ず は C と い C 十 十 を ざ っ と 比 較 す る た め に , ひ と つ の ( 一 す 。 し か し , そ れ て 、 も い く つ か の 問 題 を 抱 も な い あ り き た り な コ ー デ ィ ン グ に 見 え ま こ れ は , C プ ロ グ ラ ム と し て は , 何 の 変 哲 す 。 こ て 、 は , 重 複 回 数 を 表 示 す る こ と に し ま ref の 回 数 分 ル ー プ さ せ れ ば い い の て 、 す が , 加 さ せ る こ と に し ま す 。 出 力 す る と き に は , タ と し て フ ィ ー ル ド ref を 設 け て , こ れ を 増 を 割 り 当 て る の は ム ダ な の て 、 , 参 照 カ ウ ン 同 じ 要 素 が 出 て き た 場 合 は , 別 々 の 記 憶 域 に , 大 き な 要 素 は right の 先 に つ な ぎ ま す 。 す 。 自 分 自 身 よ り も 小 さ な 要 素 は left の 先 : 五 は struct Node と い う 構 造 体 に 保 存 し ま く だ さ い ) 。 簡 単 に 説 明 す る と , 入 力 し た 単 中 「 ア ル ゴ リ ズ ム と デ ー タ 構 造 入 門 」 を 参 照 明 は し ま せ ん ( 編 集 部 注 : 詳 し く は 本 誌 連 載 が , こ こ て 、 二 進 木 に 関 し て , く ど く ど と 説 二 進 木 ( バ イ ナ リ ツ リ ー ) を 使 っ て い ま す l(sortw. c) て 、 す 。 こ の 条 件 の も と に C 言 語 て 、 書 い た も の が List す 。 は 考 慮 し ま せ ん 。 工 ラ ー チ ェ ッ ク も 省 き ま の ス ペ ー ス や タ ブ な ど と し ま す 。 全 角 文 字 に 条 件 を つ け ま す 。 単 語 の 句 切 り は , 半 角 グ ラ ム て 、 す 。 誌 面 の 都 合 上 , 簡 略 化 の た め ソ ー ト し た う え て 、 標 準 出 力 へ 出 力 す る プ ロ 標 準 入 力 か ら 入 力 さ れ た 単 語 を 切 り 出 し , し ま し よ う 。 対 の ) サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム を 見 て い く こ と に

月刊 C MAGAZINE 1991年5月号


プ ロ グ ラ ミ ン グ 添 削 ア ド バ イ ザ ー / 柴 田 望 洋 第 9 回 BIOS プ ロ ク ラ ミ ン グ ( 1 ) キ ー 処 理 プ ロ グ ラ ム を 題 材 に し て プ ロ の 作 曲 家 を 目 指 す 菊 間 か ん な さ ん の キ ー 処 理 プ ロ グ ラ ム を 題 材 に し て ; 80 86 の 割 り 込 み や 引 OS プ ロ グ ラ ミ ン グ の 基 本 事 項 に つ い て 解 説 し ま す も CMAGA セ ミ ナ —J レ ー ■ 添 削 の ポ イ ン ト 菊 間 か ん な さ ん の プ ロ グ ラ ム の 一 部 List 1 : uint key-98(void) 3 : u i nt ans ; 4 : KEY_INFO kinf; 5 : kinf. cmmd=l; 6 : ans=bios98key(&kinf) : 7 : if (ans!=0) 8 : 9 : kinf. cmmd=3 : 10 : bios98key(&kinf) : 12 : clear kbuf; 13 : return (ans) : 14 : 今 月 の プ ロ グ ラ ム プ ロ フ ィ ー ル 〇 作 者 : 菊 問 か ん な ( 大 阪 府 東 大 阪 市 ) プ ロ の 作 曲 家 を 目 指 す か ん な さ ん は M プ ロ グ ラ ム に 挑 戦 中 で す 。 , 90 年 田 ~ に 月 号 の 本 連 載 「 リ ア ル タ イ ム な キ ー 処 理 プ ロ グ ラ ム 」 を 参 考 に キ ー 処 理 部 を 自 作 中 で す が , な か な か う ま く い か な い よ う で す 。 の 内 部 に は レ ジ ス タ が あ り ま す 。 頭 の 中 に 菊 間 か ん な さ ん は 自 動 作 曲 や 自 動 編 曲 の と い う 質 問 を 受 け た り , 割 り 込 み を 含 む 低 あ り ま す の て , と て も 高 速 に 処 理 を 行 う こ プ ロ グ ラ ム の 作 成 に 挑 戦 中 と の こ と て 、 す 。 レ ベ ル プ ロ グ ラ ミ ン グ が 理 解 て き な い 読 者 と が て き ま す 。 と こ ろ が 人 間 と 同 じ て ( ? ) が 意 外 と 多 い と い う 連 絡 も 受 け て い ま す 。 ' 90 年 10 ~ 12 月 号 の 本 連 載 「 リ ア ル タ イ ム な キ 頭 の 中 に は た く さ ん の 情 報 を つ め 込 む こ と そ こ て ℃ 言 語 て 、 の 8086 プ ロ グ ラ ミ ン グ に つ い ー 処 理 プ ロ グ ラ ム 」 の 記 事 を 参 考 に , List 1 は て き ま せ ん (A ) 。 8086 の レ ジ ス タ は Table て 基 礎 の 基 礎 か ら 解 説 を 行 う こ と に し ま し の よ う な キ ー 処 理 部 分 の プ ロ グ ラ ム を 自 作 1 に 示 す 14 個 だ け て す 。 さ れ ま し た が , な か な か う ま く い か な い よ さ て Fig. 1 の CPU 左 側 の タ ン ク の よ う な う て 、 す 。 ■ 8086 の 基 本 「 リ ア ル タ イ ム な キ ー 処 理 プ ロ グ ラ ム 」 て 、 , も の が メ モ リ て 、 す 。 8086 は セ グ メ ン テ ー シ ョ ン の 概 念 が 導 入 さ れ て お り , 最 大 IM バ イ 実 際 の キ ー 処 理 に 関 す る こ と は , PC ー 9801 の ト の メ モ リ を 処 理 す る こ と が て き ま す 。 大 キ ー バ ッ フ ア に つ い て 簡 単 な 説 明 を 行 っ た ま ず 8086CPU に 関 す る 基 本 的 な 事 項 に つ 量 の デ ー タ を 蓄 え る こ と が て 、 き る メ モ リ て だ け て 、 し た 。 ま た , 編 集 部 か ら い て 説 明 し ま し よ う 。 8086 は Fig. 1 の よ う な BAS ℃ の ON KEY GOSUB の よ う な 割 構 造 に な っ て い ま す 。 こ の ク ラ ゲ ( 火 星 人 ? ) す が , CPU の 外 部 に あ り ま す の て レ ジ ス タ り 込 み 処 理 を 行 う に は ど う す れ ば よ い の 頭 の 部 分 が 8086CPU て す 。 命 令 を 解 釈 ・ ほ ど の 高 速 処 理 は 望 め ま せ ん 。 足 て 表 し て い る の は I / 0 ポ ー ト と 呼 ば れ る 実 行 す る , ま さ に 頭 脳 と な る 部 分 て 、 す 。 CPU の で し よ う か ? 140 C MAGAZINE 1991 5