検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊 C MAGAZINE 1991年9月号

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号から 186件ヒットしました。

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


00M 次 号 予 告 0 月 号 ( 9 月 18 日 発 売 ) EDITORS 0 01 版 G 間 C Con Part4 他 コ ン バ イ ラ と の 比 較 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー Part3 GCC の 応 用 Part2 GCC の PC ー 98 へ の 移 植 Part1 GCC の 概 要 完 全 移 植 ー PauI Hagerty¯ NextStep 開 発 テ ィ レ ク タ ー ワ ー ク ス テ ー シ ョ ン へ ( 4 ) パ ソ コ ン か ら 創 刊 2 周 年 記 念 2 枚 組 特 別 付 録 モ ニ タ & プ レ ゼ ン ト ア ル ゴ リ ズ ム と デ ー タ 構 造 入 門 明 解 ANSI C 言 語 入 門 講 座 新 MS ー DOS プ ロ グ ラ ミ ン グ 入 門 ス タ ー ト ア ッ プ C 十 十 好 評 連 載 特 別 付 録 5"2HD 2 枚 組 APCー9801 版 GNU C Compiler APCー9801 版 DOS-Extender >X68k に 移 植 さ れ た GCC ⑥ 応 用 C 言 語 ラ イ プ ラ リ ℃ ー TOOLBOX 」 本 誌 掲 載 ソ ー ス プ ロ グ ラ ム COMPUTER LANGUAGE 提 携 記 事 ・ A Perfect Marriage ・ The Art of Reverse Engineering な お , 予 告 内 容 を 変 更 す る こ と か あ り ま す 。 編 集 後 記 ◇ 去 年 の 新 人 が 今 年 の 新 人 の 相 談 相 手 に な れ ば , 同 年 代 だ け に , 意 志 の 疎 通 も た や す く , 仲 間 意 識 も 生 れ や す い だ ろ う と 誰 し も が 思 う 。 そ う 考 え て 旧 新 人 W を 新 人 中 曽 根 君 の 相 談 役 に 据 え た の が 間 違 い だ っ た よ う だ 。 ど う も 最 近 の 中 曽 根 君 の 笑 顔 に あ ざ け り を 感 じ る 。 旧 新 人 W の 、 、 指 導 の 成 果 〃 か ど う か , キ ッ チ リ 問 い 詰 め な ( ホ ) く て は な ら な い 。 ◇ ポ ー ナ ス て マ ッ ク と 思 っ て い た が , 秋 に 新 し い 機 種 が 発 表 さ れ そ う な 気 が す る の て 、 や め た 。 そ こ て 、 前 か ら 試 し た い と 思 っ て い た コ ン タ ク ト な る も の を 購 入 し た 。 汗 か き な 私 は , 眼 鏡 が と て も 邪 魔 く さ か っ た の だ 。 コ ン タ ク ト に す れ ば と 思 っ て い た が , 世 の 中 そ ん な に あ ま く な い 。 不 用 意 に 汗 を 拭 く と コ ン タ ク ト が ず れ る と い う 事 実 に 気 が つ い た 。 ( 洋 ) ◇ 私 の 家 の 近 く に , ジ ャ ン グ ル ジ ム な ど を 扱 う 子 供 玩 具 卸 会 社 が あ る 。 い つ も 忙 し そ う て , 夜 遅 く 会 社 の 前 を 通 っ た 時 も 灯 り は と も っ て い て , 遅 く ま て 、 大 変 だ な と 思 っ て い た 。 が , あ る 夜 見 た , 灯 り に 透 け た 中 の 様 子 。 4 人 が 会 議 を す る よ う に テ ー プ ル を 囲 ん て い る 。 彼 ら の あ の 手 つ き は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 麻 雀 を し て る 。 子 供 玩 具 と 麻 雀 , ◇ 今 月 の X68k 活 用 講 座 に 「X68k の 「 R-TYPE 」 は 15k Hz モ ー ド に す る と 全 体 の ス ヒ 。 ー ド が 若 干 速 く な る 』 と い う 記 事 。 仕 事 だ あ ! チ ェ ッ ク し な く て は ( ← お い 本 当 に 必 要 か ? ) 。 速 い ! 確 か に 速 く な る 。 な る ほ ど , CRT の 垂 直 帰 線 て 時 間 管 理 を し て い た の か ・ ・ ・ ・ ・ ・ 知 ら な か っ た , 市 販 ゲ ー ム の プ ロ グ ラ ム は あ ま り 読 ん て な い か ら な ・ ・ ・ ・ ・ ・ 反 省 ! (Yas) ◇ 個 人 的 に は エ プ ソ ン ユ ー ザ な の て , 基 本 的 に は 互 換 機 推 進 派 な の だ が , 完 全 互 換 て な い の に は 困 っ て い る 。 弊 誌 の 収 録 ソ フ ト も 「 PC98 お よ び 互 換 機 対 応 」 と 銘 打 ち た い の は 山 々 な の だ が , ど う も 動 作 が 不 安 定 て 、 ・ ・ ・ 最 近 , エ プ ソ ン が 独 自 路 線 を 歩 み は じ め て , こ の 傾 向 は 強 ま り そ う だ 。 し つ か り し て く れ な い と , エ プ 損 に (TEN) な っ て し ま う 。 し く し く ・ ・ 月 刊 (JUN) プ ロ ク ラ ム ・ バ ク の お 問 い 合 わ せ 谷 03 ( 5488 ) 1325 160 C MAGAZINE 1991 9 付 け て お り ま す 。 そ の 他 の 時 間 帯 は ご 容 赦 く だ 月 曜 日 か ら 金 曜 日 の 午 後 4 時 か ら 6 時 ま て 受 け ・ 掲 載 記 事 , プ ロ グ ラ ム に つ い て の ご 質 問 は , 9 月 号 MAGAZINE 平 成 3 年 9 月 一 日 発 行 発 行 人 孫 正 義 編 集 人 橋 本 五 郎 発 行 所 ソ フ ト バ ン ク 株 式 会 社 編 集 部 ・ TEL03 ( 5488 月 引 8 / 出 版 営 業 部 ・ TEL03 ( 5488 ) ロ 60 / 広 告 営 業 部 ・ TEL03 ( 5488 月 365 出 版 事 業 部 〒 田 8 東 京 都 港 区 高 輸 2- 円 - ロ NS 高 雑 ビ ル 編 集 長 星 野 慎 ー 副 編 集 長 流 王 天 編 集 宮 田 洋 一 渡 辺 淳 一 広 告 丹 羽 弘 祐 清 水 利 依 校 正 ( 有 ) ア レ フ デ ザ イ ン 持 田 哲 花 本 浩 一 監 修 石 田 晴 久 印 刷 凸 版 印 刷 株 式 会 社 / び 植 ◎ 1991 雑 誌 14325-9 高 森 昭 安 安 枝 奈 穂 子 赤 井 晴 美 若 江 啓 子 機 部 進 株 式 会 社 風

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


TabIe 3 D 旧 KCOPY コ マ ン ド と DSKCPY コ マ ン ド と の 比 較 経 過 時 間 ( 秒 ) 入 力 コ マ ン ド VERIFY ニ OFF VERIFY : ON べ リ フ ァ イ ベ リ フ ァ イ ベ リ フ ァ イ ベ リ フ ァ イ あ り な し Fig. 6 12 ピ ッ ト FAT の チ ェ ー ン の 説 明 FE FF FF 03 40 00 05 60 00 07 80 00 3 ノ ヾ イ ト こ と に 区 切 る ← FAT の 先 頭 テ ー タ FAT ↓ FE FF FF 03 40 00 な し あ り 153.01 DISKCOPY -p 603.88 757.99 308.56 DSKCPY -nl DSKCPY -n2 310.81 556.70 2 56.19 DSKCPY ー n30 121.53 340.55 86.49 83.30 DSKCPY ー n60 329.00 1 12.55 DSKCPY ー n62 82.27 1 1 1 .36 330.25 ( デ フ ォ ル ト ) 335.46 81 .24 DSKCPY ー n64 1 17.13 1 15.44 332.33 80.55 DSKCPY -nl 00 334.08 80.19 DSKCPY ー n200 1 16.59 332.49 79.17 DSKCPY ー n300 1 14.23 79.22 DSKCPY ー n380 1 13.62 331.91 注 ) 1 . PC ー 9801 RA51 ( 80386 20MHz)MS-DOS 3.3B 上 で 計 測 2. 全 ク ラ ス タ を 使 用 状 態 で テ ィ ス ク コ ピ ー し た 17. 『 Microsoft C 6.00A ProfessionaI は PC ー 9801 シ リ ー ズ MS-DOS 3.3B と FM 『 J ー 3100 シ リ ー ズ テ ク ニ カ ル マ ニ ュ 7 . Devel opment System Programming -TOWNS MS-DOS 3.1 て 、 行 っ て い ま す 。 ア ル ( ソ フ ト ウ ェ ア 編 ) V3.1 』 , 東 芝 Guide 』 , Microsoft 『 J ー 3100 シ リ ー ズ テ ク ニ カ ル マ ニ ュ 参 考 文 献 18. fMicrosoft C 6.00A ProfessionaI ア ル ( ソ フ ト ウ ェ ア 編 ) V2.11 』 , 東 芝 9. 『 AX テ ク ニ カ ル レ ポ ー ト 』 , 翔 泳 社 DeveI opment System Reference 』 , 1. 中 島 信 行 , 「 MS-DOS の デ ィ ス ク 管 理 10. TMS-DOS 工 ン サ イ ク ロ ペ デ ィ ア V01 Microsoft 19. 『 Microsoft C 5.1 Optimizing Com と フ ァ イ ル 復 活 ユ ー テ ィ リ テ ィ 」 , イ ン umel シ ス テ ム 解 説 編 』 , ア ス キ ー piler User's Guide 』 , Microsoft 11. TMS-DOS 工 ン サ イ ク ロ ペ デ ィ ア V01 タ ー フ ェ ー ス 1990 年 5 月 号 20. fMicrosoft C 5.1 Optimizing Com 2. fMS-DOS 3.1 プ ロ グ ラ マ ー ズ リ フ ume2 リ フ ァ レ ン ス 編 』 , ア ス キ ー pi ler Language Reference 』 , 12. 『 MS-DOS プ ロ グ ラ ミ ン グ テ ク ニ ッ ア レ ン ス マ ニ ュ ア ル 』 , NEC 3. fMS-DOS 3.1 マ ク ロ ア セ ン プ ラ M icrosoft ク 』 , ア ス キ ー 21. fMicrosoft C 5.1 Optimizing Com 13. TMS-DOS プ ロ グ ラ マ ー ズ ハ ン ド ブ ッ マ ニ ュ ア ル 』 , NEC 4. TMS-DOS 3.1 ュ ー ザ ー ズ リ フ ァ piler Mixed Language Programming ク 』 , ア ス キ ー 14. 幸 田 敏 記 , 「 マ シ ン 語 ク ッ ク プ ッ ク MS Guide 』 , Microsoft レ ン ス マ ニ ュ ア ル 』 , NEC 5. [[MS-DOS 3.3B プ ロ グ ラ マ ー ズ リ 22. fMicrosoft C 5.1 Optimizing Com -DOS 』 , BNN フ ァ レ ン ス マ ニ ュ ア ル 』 V01.1 , V01. 15. 幸 田 敏 記 , TMS ー DOS デ ー タ ブ piler Run-Time Library Reference 1 , ツ ク 』 , ラ ジ オ 技 術 社 2 』 , Microsoft 2 , NEC 6. TMS-DOS 3.3B ュ ー ザ ー ズ リ フ ァ 16. 『 エ ッ ! MUS-DOS う ら わ ざ 手 帳 ? 』 , 年 23. TTURBO C 2.0 USER'S GUIDE 』 , レ ン ス マ ニ ュ ア ル 』 , NEC 刊 AhSKI ! 1987 年 4 月 , ア ス キ ー BORLAND 07 80 00 05 60 00 121.47 579.52 413.78 307.71 299.30 301.55 299.48 297.90 297.32 297.24 296.75 003 ↑ ク ラ ス タ 2 の 次 は ク ラ ス タ 3 004 005 ↑ ク ラ ス タ 4 の 次 は ク ラ ス タ 5 ク ラ ス タ 3 ク ラ ス タ 5 の 次 は の 次 は ク ラ ス タ 4 ク ラ ス タ 6 最 初 の 3 ノ ヾ イ ト は 未 使 用 で ク ラ ス タ 番 号 は 2 か ら 始 ま る 008 006 007 ↑ ク ラ ス タ 6 の 次 は ク ラ ス タ 7 ク ラ ス タ 7 の 次 は ク ラ ス タ 8 Fig. 7 dskcpy の 使 用 法 使 用 法 dskcpy [-v] [ ー n く ク ラ ス タ 数 > ] s . d : 書 き 込 み 時 に べ リ フ ァ イ を 行 な う ( 2 ) -n 1 回 に 複 写 す る ク ラ ス タ 数 を 指 定 す る ( テ フ ォ ル ト は 62 ク ラ ス タ ) 8 . 80 C MAGAZINE 1991 9

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


SEP. 199 OI. 3 NO 、 い 19 引 年 ~ 日 ( 毎 月 し 回 日 発 行 ) 第 3 巻 第 9 号 通 巻 第 24 号 円 00 年 2 月 2 日 第 3 種 郵 便 物 認 可 、 0 9 CONTENTS Programnung on Purpose of software p. J. C の 宣 言 が わ か る コ ツ COMPUTER LANGUAGE 提 携 記 事 DecIarations Made Easy 堂 々 と goto 文 を 使 お う COMPUTER LANGUAGE 提 携 記 事 Goto? Yes, goto! 日 本 語 版 MS - BAS に 7 登 場 山 崎 信 行 Book Review ・ 。 = フ ィ ル タ 系 言 語 研 究 Part I ・ フ ィ ル タ 系 言 語 と は 斎 藤 靖 Part Ⅱ ・ DOS 上 の フ ィ ル タ 系 言 語 の 比 較 と 評 価 吉 田 英 樹 Pa Ⅲ ・ pe 入 門 前 田 薫 OOP 思 考 の 周 辺 オ プ ジ , ク ト 指 向 技 術 を 活 用 す る た め に 木 戸 研 ー 続 ・ 汎 用 FEP 制 御 ラ イ プ ラ リ 構 築 太 田 純 ONE POINT EDITION 新 MS ー DOS プ ロ グ ラ ミ ン ク 入 門 く 第 12 回 〉 デ ィ ス ク を 直 接 の そ く 中 島 信 行 C プ ロ グ ラ マ の た め の GCC で 学 ぶ 68 ゲ ー ム プ ロ グ ラ ミ ン グ く 第 4 回 〉 ス プ ラ イ ト の 魅 力 吉 野 智 興 X68k 活 用 講 座 の 道 具 箱 く 第 15 回 〉 外 部 コ マ ン ド の 実 行 ( 2 ) 豊 国 永 健 応 用 C 言 語 恥 す か し な が ら ド シ り ま し た く 第 22 回 〉 ス タ ン ダ ー ド コ ン ポ ネ ン ト へ の 欲 求 岩 谷 宏 C 言 語 フ ォ ー ラ ム 三 田 典 玄 の ラ ン タ ム ア ク セ ス く 第 3 回 〉 ニ ー ズ と シ ー ズ ・ ・ 痛 快 工 ッ セ イ ノ ヾ ソ コ ン か ら ワ ー ク ス テ ー シ ョ ン へ SPARC プ ロ グ ラ ミ ン グ 短 期 集 中 連 載 く 第 3 回 〉 簡 単 な テ ー タ ベ ー ス の 作 成 豊 国 永 健 C 言 言 吾 雑 学 言 冓 座 く 第 13 回 〉 続 ・ メ モ リ 管 理 乗 松 保 智 ・ 明 解 ANSI C 言 語 入 門 講 座 く 第 6 回 〉 簡 単 な 問 題 を 解 き な が ら 学 ほ う / 柴 田 望 洋 ・ ・ ス タ ー ト ア ッ プ C 十 十 く 第 5 回 〉 ク ラ ス ( 1 ) 龍 崎 昌 平 ・ 白 倉 伸 一 郎 ・ 山 本 浩 文 ・ ・ 実 力 養 成 講 座 C MAGA セ ミ ナ ー ル ー ム く 第 13 回 〉 英 和 辞 典 プ ロ グ ラ ム ( 1 ) 柴 田 望 洋 ・ プ ロ グ ラ ミ ン グ 添 削 「 C/Database Toolchest 」 高 橋 良 明 ・ ・ 最 新 開 発 環 境 レ ポ ー ト 「 W 爪 DOWTX 」 Ver. 1 ℃ ( テ キ ス ト 画 面 版 ) 丹 羽 信 夫 ・ ・ 最 新 開 発 環 境 レ ポ ー ト 円 羽 信 夫 の 発 想 快 発 く 第 9 回 〉 お 願 い , 私 の ぶ ん ま で プ ロ グ ラ ム し て ・ ・ ・ C マ ガ 電 脳 ク ラ ブ く 第 6 回 〉 り ば 一 す ・ リ ノ ← ス 吉 柄 貴 樹 ・ C MAGA News Square lnformation from Compiler Makers Readers' Room テ ィ ス ク 内 容 の お 知 ら せ EDITORS' ROOM ・ 本 記 事 中 の プ ロ グ ラ ム 名 , シ ス テ ム 名 , CPU 名 は 一 般 に 各 メ ー カ ー の 登 録 商 標 で す 。 本 文 中 で は TM , ⑨ マ ー ク は 明 記 し て い ま せ ん 。 ・ 本 誌 お よ び 付 録 デ ィ ス ク に 掲 載 さ れ た す べ て の プ ロ グ ラ ム は 著 作 権 法 上 , 個 人 で 使 用 す る 目 的 以 外 で 無 断 で 複 製 す る こ と は 禁 じ ら れ て い ま す 。 表 紙 ・ イ ラ ス ト レ ー シ ョ ン ・ 秋 山 育 / テ ザ イ ン ・ 持 田 哲 ・ ・ ・ 23 ・ ・ 28 ・ ・ ・ 30 ・ 63 76 83 ・ ・ 89 ・ 99 ・ ・ ・ 103 ・ ・ 105 ・ ・ ・ 4 1 1 ・ ・ ・ 1 15 ・ ・ ・ 123 ・ ・ 132 ・ ・ ・ 136 ・ 141 ・ ・ ・ 143 ・ ・ 146 ・ ・ ・ 148 ・ 156 ・ ・ ・ 158 160 C Publisher: Masayoshi Son PubIishing Director: GO 「 0 Hashimoto Editor-in-Chief: Shinichi Hoshino Director Of Marketting: Ryo Tanii Manager Of Sales and Advertising: YOShiO Goshima Ed itO 「 囿 and Business Offices. NS Takanawa Bldg. , 2-19-13 , Takanawa, M inato-ku, TOkYO 108. Japan EditoriaI: Phone ( 03 ) 5488-1318 SaIes: Phone ( 03 ) 5488-1360 AdvertiSing: TOkyo: Phone ( 03 ) 5488-1365 0saka: Phone ( 06 ) 264-1471 Copyright 0 1991 SOFTBANK Corporation. TOkyo. AII rights reserved. NO materialin this publication may be reproduced. in whOIe 0 「 in part, in any from without permission. printed in Japan. MAGAZINE

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


カ フ ノ グ 入 門 C プ ロ グ ラ マ の た め の 新 OS 第 12 回 ラ ス ク を 直 接 の そ く 本 連 載 第 8 回 「 初 期 化 済 み テ ィ ス ク の 再 初 期 化 」 C91 年 5 月 号 ) で , lPL(lnitial P 「 og 「 am Loade 「 ) 領 域 , FAT(File Allocation Table) 領 域 , ル ー ト テ ィ レ ク ト リ 領 域 , テ ー タ 領 域 ( フ ァ イ ル や サ プ テ ィ レ ク ト リ の 領 域 ) に つ い て 簡 単 に 説 明 し ま し た 。 今 回 は そ の 続 編 と し て テ ィ ス ク を 直 接 読 み 書 き す る 方 法 を 紹 介 し ま す 。 中 ッ セ ー ジ が あ り ま す ね ) 。 プ ロ グ ラ ム を 作 成 し な く て も SYMDEB コ セ ク タ / ク ラ ス タ 単 位 で IPL 領 域 は 直 接 書 き 換 え る こ と は ま ず あ り マ ン ド の L コ マ ン ド と W コ マ ン ド を 使 用 す れ ま せ ん が , ル ー ト デ ィ レ ク ト リ 領 域 は 場 合 ば デ ィ ス ク を 直 接 読 み 書 き す る こ と が て 、 き ま ず , List 1 に デ ィ ス ク を セ ク タ / ク ラ ス に よ っ て は 直 接 書 き 換 え た く な る こ と も あ ま す 。 ル ー ト デ ィ レ ク ト リ を 直 接 読 み 書 き タ 単 位 て 、 の ぞ く プ ロ グ ラ ム を 示 し ま す 。 使 り ま す 。 ル ー ト デ ィ レ ク ト リ 領 域 は 32 バ イ す る 例 を Fig. 4 に 示 し ま す 。 SYMDEB コ マ 用 法 は Fig. 1 を 参 照 く だ さ い 。 早 速 , DUMP - ト て 、 1 組 に な っ て お り , TabIe 1 の よ う な 内 ン ド の L コ マ ン ド と W コ マ ン ド を 駆 使 す れ CL コ マ ン ド を 使 っ て デ ィ ス ク を 直 接 の ぞ い 容 が 書 き 込 ん て 、 あ り ま す 。 フ ァ イ ル 名 と 拡 ば , 間 違 っ て 削 除 し た フ ァ イ ル を 復 活 さ せ て み ま し よ う 0Fig. 2 は 2HD の デ ィ ス ク に 関 張 子 は ASCII( シ フ ト JIS) コ ー ド て 、 す が , そ る こ と も て 、 き ま す が , か な り の 労 力 を 覚 悟 し て IPL 領 域 と ル ー ト デ ィ レ ク ト リ 領 域 の 各 れ 以 外 は バ イ ナ リ デ ー タ と な っ て い ま す 。 し な く て は い け ま せ ん 。 領 域 を 直 接 の ぞ い た も の て 、 す 。 2HD ( 1.2M Fig. 1 dumpcl の 使 用 法 ヾ イ ト ) デ ィ ス ク フ ォ ー マ ッ ト を Fig. 3 に 示 し ま す (DPB (Disk Parameter Block) に 関 使 用 法 し て は 本 連 載 第 8 回 「 初 期 化 済 み デ ィ ス ク の dumpcl [ く ド ラ イ プ 名 > ] [ ー c く ク ラ ス タ 番 号 > ] [ ー s く セ ク タ 番 号 > ] 再 初 期 化 」 ( ' 91 年 5 月 号 ) を 参 照 し て く だ さ ( 1 ) ー c く ク ラ ス タ 番 号 > ク ラ ス タ の 内 容 を 表 示 す る ( ク ラ ス タ 番 号 は 16 進 で 指 定 し 2 以 上 ) IPL 領 域 と は 何 の こ と だ か わ か ら な い か も し れ ま せ ん が , ル ー ト デ ィ レ ク ト リ 領 域 は ( 2 ) ー s く セ ク タ 番 号 > セ ク タ の 内 容 を 表 示 す る ( セ ク タ 番 号 は 1 6 進 で 指 定 し 0 以 上 ) 何 と な く 見 当 が っ く か と 思 い ま す (IPL 領 域 も NO system files の よ う に 見 覚 え の あ る メ 76 C MAGAZINE 1991 9

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


を 著 作 権 者 ( 東 出 浩 一 氏 ) の 了 解 を 得 て 収 録 タ ( 著 作 権 者 : 立 野 繁 之 氏 ) お よ び サ ン プ ル ' 91 年 9 月 号 特 別 付 録 ( 5 ケ 1.2M 8 セ ク タ / ト の 日 本 語 MS-WINDOWS Ver. 3.0 用 ア イ し ま し た 。 ラ ッ ク MS-DOS フ ォ ー マ ッ ト ) に は , 次 の プ 付 録 デ ィ ス ク に 収 録 し た YBDIFYBDIF& コ ン て 、 す 。 ロ グ ラ ム が 収 録 さ れ て い ま す 。 ご 使 用 に あ BUP. R は 自 動 解 凍 圧 縮 フ ァ イ ル て 、 す 。 付 録 デ ィ ス ク に 収 録 し た *BOHYOHYB た っ て は , 自 動 解 凍 圧 縮 フ ァ イ ル の 解 凍 方 OHYOH. EXE は 自 動 解 凍 圧 縮 フ ァ イ ル て す 。 法 な ど , さ ら に 詳 し い 説 明 が 収 録 し て あ る 汎 用 FEP 制 御 ラ イ プ ラ リ 付 録 デ ィ ス ク の README を 必 ずご一 読 く だ 「 FEPCTR 凵 弊 社 刊 『 Hype 「 MS-DOS 』 最 新 バ ー ジ ョ ン 本 誌 ' 91 年 3 月 号 て 特 集 し , 反 響 の 多 か っ た 特 集 「 フ ィ ル タ 系 言 語 」 弊 社 刊 tHyper MS-DOS 』 に 添 付 さ れ て 日 本 語 入 力 FEP 操 作 ラ イ プ ラ リ 「 FEPCTR JPERL, RSWAP, EXEXE い る フ リ ー ソ フ ト ウ ェ ア の う ち バ ー ジ ョ ン L 」 が 対 応 コ ン パ イ ラ お よ び 対 応 FEP を 増 や し バ ー ジ ョ ン も 1.4 と な り ま し た 。 バ ー ジ ョ ア ッ プ さ れ た も の を 収 録 し ま し た 。 詳 し く 本 誌 特 集 「 フ ィ ル タ 系 言 語 研 究 」 を ご 覧 い ン ア ッ プ に と も な う 変 史 点 ( 対 応 コ ン パ イ は 次 ペ ー ジ 「 弊 社 刊 THyper MS-DOS 』 添 た だ け た て 、 し よ う か ? フ ィ ル タ 系 言 語 と 付 フ リ ー ソ フ ト ウ ェ ア バ ー ジ ョ ン ア ッ プ 」 を ラ , FEP な ど ) は 本 誌 掲 載 記 事 「 続 ・ 汎 用 FE は 「 MS-DOS や UNIX に よ く 現 れ る 均 一 な テ P ラ イ プ ラ リ 構 築 」 お よ び 解 凍 後 生 成 さ れ る 一 読 く だ さ い キ ス ト フ ァ イ ル の 処 理 に 関 し て は ほ と ん ど 付 録 デ ィ ス ク に 収 録 し た YHMSDOSYH ド キ ュ メ ン ト を 参 照 く だ さ い 。 FEPCTRLV 万 能 の 言 語 」 だ そ う て す 。 今 回 は 特 集 て 、 紹 介 er. 1.4 は 付 録 デ ィ ス ク に 著 作 権 者 ( 太 田 純 MSDOS. EXE は デ ィ レ ク ト リ 名 を 有 効 に し し た ソ フ ト の 中 か ら , Larry Wall 氏 に よ る 氏 ) の ご 好 意 に よ り 収 録 し ま し た 。 た 自 動 解 凍 圧 縮 フ ァ イ ル て す 。 解 凍 方 法 に perl の 日 本 語 対 応 版 (MS-DOS 版 実 行 形 付 録 デ ィ ス ク に 収 録 し た YFEPCTRLYF つ い て は README を ご 参 照 く だ さ い 。 な 式 ) , 子 プ ロ セ ス 起 動 時 に 自 動 的 に 親 プ ロ セ ス EPC14. EXE は 自 動 解 凍 圧 縮 フ ァ イ ル て す 。 お , 今 回 収 録 し た ソ フ ト は デ ィ ス ク 容 量 の を EMS ま た は デ ィ ス ク フ ァ イ ル へ SWAPO 関 係 て 、 3 本 の み と さ せ て い た だ き ま し た が , UT す る た め の TSR, .COM/ . EXE, . BAT X68000 に 移 植 さ れ た デ ィ ス ク 容 量 に 許 し が あ れ ば 以 後 継 続 し て 以 外 の 拡 張 子 を 持 つ フ ァ イ ル を 実 行 て 、 き る GNIJ C Compile 「 ⑤ 収 録 す る 予 定 て 、 す 。 。 よ う に す る プ ロ グ ラ ム を 著 作 権 者 お よ び 移 本 誌 「 GCC て 、 学 ぶ 68 ゲ ー ム プ ロ グ ラ ミ ン 植 者 ( 田 中 良 知 氏 , 三 戸 部 謙 次 氏 , 小 林 佳 則 本 誌 掲 載 プ ロ グ ラ ム グ 」 の 筆 者 , 吉 野 智 興 氏 の ご 好 意 に よ り 収 録 氏 ) の 了 解 を 得 て 収 録 し ま し た 。 し た XGCC の ソ ー ス フ ァ イ ル て す ( 実 行 フ ァ 付 録 デ ィ ス ク に 収 録 し た YTOKUYJPER イ ル は 本 誌 ' 91 年 5 月 号 て 、 収 録 。 ー gcc ccl. x : C の 宣 言 が わ か る コ ツ L11. EXEv YTOKUYRSWAP115. EXE, DECLA の バ グ フ ィ ッ ク ス 版 を 本 誌 ' 91 年 7 月 号 て 収 : 堂 々 と goto 文 を 使 お う YTOKUYEXEXE230. EXE は 自 動 解 凍 圧 GOTO 録 ) 。 XGCC 関 連 の ソ ー ス フ ァ イ ル だ け て 、 も BASIC7 : 速 報 日 本 語 版 MS-BASIC7 縮 フ ァ イ ル て す 。 膨 大 な 量 な の て , 一 度 て 、 収 録 す る す る こ と TOKUSYU : フ ィ ル タ 系 言 語 研 究 フ ァ イ ル 更 新 ユ ー テ ィ リ テ ィ が て 、 き ま せ ん 。 複 数 の フ ァ イ ル を 本 誌 ' 91 年 : 新 MS-DOS 入 門 MSDOS 「 [email protected] 」 5 月 号 に 収 録 し た LHA て 圧 縮 し た も の を 収 : GCC て 学 ぶ 68 ゲ ー ム X68K 録 し ま す 。 一 次 号 以 降 て も こ の 形 式 て 継 続 し OUYOU : 応 用 C 言 語 C の 道 具 箱 本 誌 : 91 年 5 月 号 , 7 月 号 収 録 の 「 X68000 に て 収 録 す る 予 定 て す 。 : 恥 か し な が ら ド ジ り ま し た 移 植 さ れ た GCC 」 は 好 評 を い た だ き ま し た DOJI が , 同 時 に 不 具 合 の ご 報 告 も い た だ い て い : パ ソ コ ン か ら WS SPARC. 「 ANSI C 言 語 入 門 講 座 」 ま す 。 よ り 完 成 さ れ た XGCC を 提 供 す る た め , C 旨 雑 学 講 座 CZATU 活 用 集 ⑥ を 「 コ ロ ロ : 明 解 ANSI C 言 語 入 門 講 座 に 移 植 者 て 、 あ る 吉 野 智 興 氏 と 協 議 し た 結 果 , MEIKAI よ う こ そ B 。 hY 。 h ( [ ば う よ う ] と 読 み ま : ス タ ー ト ア ッ プ C 十 十 今 後 XGCC の バ グ フ ィ ク ス を バ イ ナ リ デ 、 一 タ CPP の 差 分 情 報 て 、 提 供 い た し ま す 。 そ こ ぞ , ハ す / 本 名 て 、 す ) デ ィ レ ク ト リ へ ! 毎 月 , 初 TEN SAKU : C MAGA セ ミ ナ ー ル ー ム 開 発 環 境 レ ー ト イ ナ リ デ ー タ の 差 分 情 報 を 作 り 出 す プ ロ グ 心 者 の た め の ガ イ ド ( 文 書 ) や ユ ー テ ィ リ テ DEVELOP ラ ム 「 BDIF 」 と BDIFC' 作 成 さ れ た 差 分 フ ァ イ な ど を 提 供 す る デ ィ レ ク ト リ ぞ す 丹 羽 信 夫 の 発 想 快 発 NIWA : C マ ガ 電 脳 ク ラ ブ イ ル ( 拡 張 子 が BFD て 、 あ る フ ァ イ ル ) を も と 今 月 の BOHYOHi• ィ レ ク ト リ は , 日 本 語 PUZZLE MS-Windows Ver. 3.0 用 ア イ コ ン エ デ ィ に 対 象 フ ァ イ ル を ア ッ プ デ ー ト す る 「 BUP 」 INFO : イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン 158 C MAGAZINE 1991 9

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


1 2 3 MAGAZINE MAGAZINE 9 F04 : エ チ メ ト A B C : 土 ー 郊 、 ギ ン A B C 166 F03 : : : キ メ 74 戛 A B C 167 ・ : 171 ー ) 、 ト ( い 7 、 A B C F02 : キ 尹 f ・ A B C : 44 ロ ヾ 7 A B C 1 68 001 A B C : 郊 47 ー A B C 1 69 002 : ILC A B C 1 70 : 」 71s =T A B C : 郊 ) ー 「 A B C 062 : : : 、 ヾ 7b 雀 ー メ A B C 171 ト 088 ・ : 斗 サ 、 当 A B C 1 7 1 ・ ・ : 土 チ 。 ー メ キ A B C 1 1 4 ・ : て 、 き ー A B C ・ : ゴ 三 ミ A B C 1 72 163 ・ : 74 き キ A B C 1 73 : # A B C 1 64 ・ : ー ~ 郊 7b A B C 174 : 、 7 一 を 、 山 A B C 165 : 、 7 。 メ A B C 洋 R こ 谷 邸 脂 蚪 か ( い 0 40 〈 減 5 1 . 凵 ー 匯 2. 鱗 ・ ・ 第 3. 4. 10. 罫 11 . 斗 ー メ 12. 》 13. ゴ 匯 求 14. 第 匯 求 15. 洋 ・ 三 新 16. 小 言 1 . 》 耋 2. 当 斗 ー メ ・ コ 3. ヰ 鑄 4 . 鑄 5. 洋 6. 罸 7. 新 鑄 8. 斗 ー メ 鑄 9. 当 10. 彝 11 . 0 言 MAGAZINE C ラ ( 一 く 窰 畊 ー ア

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


欲 し い 時 知 り た い 時 が 情 ・ 報 ・ を ・ お ・ ・ が ・ し . ま ・ す こ ち ら の ハ ガ キ C. お 申 し 込 さ い 。 MAGAZINE 広 告 資 料 請 求 シ ス テ ム 広 告 資 料 請 求 カ ー ド 記 入 例 0 ! Ⅳ 広 告 資 料 請 求 カ ー ド ( 受 取 人 ) 8 東 京 都 港 区 高 輪 zcn 高 輪 ビ ル ソ フ ト ・ ハ ン ク 出 版 事 業 部 広 告 営 業 部 行 4 期 月 0 効 8 8 有 年 で 1 - 出 ま 料 金 受 取 人 払 高 局 水 認 〔 産 業 分 野 ) ・ れ 人 り 一 一 ル . 物 ・ 一 ・ ・ 0 を あ 行 け ( た さ い コ ン ヒ ュ ー タ 関 連 2. 農 林 文 ・ 襄 ・ 鉱 襄 3. 建 設 4. 製 造 業 5. 商 社 ・ 売 リ 6. 小 売 業 7. 全 融 襄 8. 券 ・ 保 強 業 イ 、 動 業 川 . 連 業 ル サ ー ビ ス 襄 に . 公 務 . 教 育 関 係 い . 関 係 に . 送 ・ 出 版 川 . そ の 他 ( 覆 ) I. 企 経 営 2. 商 に サ ー ビ ス ・ 自 営 3. 管 理 職 の 専 門 職 5. 技 術 6. 事 務 7. 版 売 職 8. サ ー ビ ス 職 9. 教 神 川 . 学 生 . そ カ 他 ( 主 に 使 用 す る コ ン ビ ュ - タ ) 盟 名 な -9 ル / ど ぶ ・ 求 し た い 番 号 を 選 び A ・ 8 ・ c の 希 望 の 項 目 に 0 印 を 付 け て 下 さ い 。 ( ( A. カ タ ロ グ 送 付 希 甲 . B. 直 説 明 を 聞 き た い . c. 講 人 希 9 り ポ ー ラ ン ド ジ ャ パ ン 0 8 C 185 ・ ・ 新 シ ス テ ム リ ン ク A 8 C F03 ・ エ ル エ ス ア ー ジ ャ ′ : ン 0 B C 186 ド A 芝 0 ・ ・ ナ ッ ク ゾ フ ト & サ ー ビ ス A 8 C ー 87 ・ ・ 富 l.• ソ フ ト ウ ェ ア A B CSI) A 8 C 301 ・ " 電 気 院 A B C " ビ ッ ト ラ ン A 0 C 302 ・ ・ マ グ 0 ウ ヒ ル 出 版 AIB ク ・ ・ 富 ー セ 07 製 ン ム 303 ・ ・ ・ 羝 代 ? 社 ! A 8 c ・ ・ 富 l: ゾ フ ト ウ ェ ア ー 0 8 C 304 85 ・ ・ ト ッ ハ ン A 8 C 175 ・ ナ イ ッ フ ス 0 8 C 305 ・ A 8 C ・ ・ ア ー セ ル A ー 8 C 1 ・ ・ ビ い ル ン ク ー A B C ロ 9 ・ ・ な マ 位 0 コ ン ヒ ュ ー 廴 A 0 C' 195 ・ 8 c ・ ・ ・ 事 十 レ っ ジ ・ ボ ・ ′ ス ・ ・ ・ ツ ー ル ラ フ ト A 8 0 1 % ・ ア フ リ っ ク ス A 8 C ・ ・ ・ エ - % は 冫 . ゞ 1 冫 , A 8 0 71 ・ ・ ' ト ・ ら 第 洋 -1 : い 0- : を A 8 C 182 第 冫 ス + ム A B C 85 ・ ・ ツ 今 商 脊 A 8 C 183 ・ ・ ・ 仕 な セ し ス + ム 開 A 8 C 99 ・ ・ ・ 幟 報 れ 理 研 究 塒 A B C ・ ・ ′ ー + ッ ク A B C 広 告 を こ 覧 に な っ て 、 よ り 詳 し い 製 品 内 容 を 知 り た い 、 直 接 商 品 説 明 を 聞 き た い 、 商 品 を 購 入 し た い ・ ・ 。 そ の よ う な こ 要 望 を お 持 ち に な っ た 方 は 、 こ の 広 告 資 料 請 求 シ ス テ ム を こ 利 用 下 さ い 。 ス ピ ー テ ィ に 、 広 告 主 か ら ノ ヾ ン フ レ ッ ト 等 こ 要 望 に 基 づ い て 情 報 提 供 が 受 け ら れ ま 魂 本 誌 と じ 込 み の 広 告 資 料 請 求 カ ー ト に 、 必 要 事 項 を こ 記 入 の 上 、 こ 投 函 下 さ い 。 広 告 資 料 ( 沖 Ⅳ 4 月 号 1 読 者 の 皆 様 こ の カ ー ト の 有 効 期 朝 一 年 6 月 日 ま で で す . ? マ す 名 よ こ 〒 / 0 8 0 03 新 / 3 ! 都 区 高 愉 - / 9 ・ / 3 ソ 7 ト バ 、 ン ク 曜 0 引 送 付 先 飜 応 用 技 て く た さ 、 当 広 告 主 広 告 主 広 告 主 ・ 広 告 資 料 請 求 番 号 は 各 頁 の 下 欄 に ・ 氏 名 の フ リ ガ ナ 、 電 話 番 号 、 こ 住 所 の 番 地 ま で 、 正 確 に こ 記 入 下 さ 己 し て あ り ま す 。 ・ 広 告 資 料 請 求 カ ー ド は 、 お 手 数 で い 。 資 料 が 正 し く お 届 け 出 来 な い 宛 名 シ ー ル を 提 供 場 合 も こ ざ い ま す 。 も 全 項 目 に こ 記 入 下 さ い 。 ソ フ ト ^ ン ク 株 式 会 社 SOFT BANK 〒 田 8 東 京 都 港 区 高 輪 2 一 円 一 口 N S 高 輪 ビ ル と 送 り 先 工 会 社 名 ソ フ ト バ ン ク 出 版 事 業 部

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


ne Oint dition OE P 汎 FEP 制 御 ラ ラ ラ リ 構 築 本 年 3 月 号 の 特 集 お よ び 汎 用 FEP 制 御 ラ イ フ 、 ラ リ 「 FEPCTR 凵 は , 日 頃 FEP の 制 御 に 苦 労 さ れ て い た 読 者 に 高 く 評 価 さ れ た 。 今 回 は 3 月 号 特 集 の フ ォ ロ ー ア ッ プ と し て , プ ロ グ ラ ム の 変 更 点 お よ び 新 た な FEP の 制 御 情 報 を 紹 介 す る 。 は じ め に よ び 新 た な FEP の 制 御 情 報 に つ い て 述 べ た ロ ー ア ッ プ と し て , プ ロ グ ラ ム の 変 更 点 お ま す 。 そ こ て 、 , 今 回 は 本 年 3 月 号 特 集 の フ ォ 新 た に い く つ か の コ ン パ イ ラ に 対 応 し て い グ ラ ム に も か な り の 変 更 が 加 え ら れ て お り , も い く つ か 追 加 さ れ ま し た (TabIe 1 ) 。 プ ロ は そ の 後 も 改 良 を 加 え ら れ , 対 応 す る FEP さ て , FEP 制 御 ラ イ プ ラ リ 「 FEPCTRL 」 喜 ば ・ し く 思 っ て い ま す 。 す も の て 、 , 筆 者 と し て も こ の よ う な 状 況 を か ら 「 さ れ ど FEP 」 へ の 確 か な 姿 勢 変 化 を 示 す 。 こ れ ら の 傾 向 は ソ フ ト 業 界 の 「 た か が FEP 」 が 複 数 の FEP を 制 御 す る よ う に な っ て い ま 売 さ れ る ア プ リ ケ ー シ ョ ン の か な り の も の る も の が 増 え て き ま し た 。 ま た , 新 し く 発 Katana4 な ど MS-KANJI API を サ ポー ト す 新 し く 発 売 さ れ た FEP に も WX Ⅱ , す る 論 調 の 記 事 が 確 実 に 増 え て い ま す 。 す 。 雑 誌 な ど て 、 も MS-KANJIAPI を 必 須 と KANJI API の 注 目 度 は 一 段 と 増 し て い ま MS-Windows Ver. 3.0 の 発 売 以 来 , MS- と ,MS-KANJIAPI を サ ポー ト し た 日 電 版 刻 々 と 変 化 し て い ま す 。 市 場 に 目 を 向 け る 日 本 語 入 力 FEP を 取 り 巻 く 状 況 は 現 在 も fFEPCTRLVer. 工 2 」 か ら の 変 更 点 3 月 号 特 集 て 、 紹 介 し , ま た 付 録 デ ィ ス ク て 、 配 付 し た 「 FEPCTRL Ver. 1.2 」 と 比 べ , 今 回 紹 介 す る 最 新 バ ー ジ ョ ン 「 FEPCTRL Ver. 1.4 」 は , プ ロ ト タ イ プ 宣 言 を 用 い る ANSI C 規 格 に 合 致 す る よ う に ソ ー ス 全 体 を 書 き 換 え て い ま す 。 対 応 コ ン パ イ ラ は , TurboC 十 十 Ver. 1.0 , BorIand C 十 十 Ver. 2.0 , MS -C Ver. 6.0 , QuickC Ver. 2.0 , Lattice C Ver. 4.1 , LSI C ー 86 Ver. 3.2 試 食 版 が 追 加 さ れ て い ま す 。 個 々 の コ ン パ イ ラ に 依 存 す る 部 分 は す べ て # if / # ifdef て 、 条 件 コ ン パ イ ル て 、 き , Turbo C 十 十 , Borland C 十 十 て 、 は C 十 十 モ ー ド て 、 コ ン パ イ ル す る こ と も 可 能 て 、 す 。 ま た , MS-CVer. 5.1 て 、 コ ン パ イ ル し た 場 合 て 、 も ア セ ン プ ラ コ ー ド を 追 加 す る こ と な く ATOK7, FIXER の 関 数 呼 び 出 し に よ る 直 接 制 御 が 行 え る よ う に な り ま し た 。 「 FEPCTRL Ver. 1.2 」 は QuickC Ver. 2.0 , MS-C Ver. 6.0 て 、 は , ANSI C 規 格 準 拠 の 度 合 い を 強 め て い た た め , MS-C Ver. 5.1 よ り 厳 密 な 型 の チ ェ ッ ク が 行 わ れ , 工 ラ ー と な り コ ン パ イ ル て 、 き ま せ ん て 、 し た 。 ま た , 「 FEPCTRL Ver. 1 . 2 」 て 、 は static int 型 の 関 数 を 暗 黙 に 宣 言 さ れ た int 型 の 関 数 と し て 関 数 定 義 よ り 前 て 、 呼 び 出 し て い た た め に 型 の 不 一 致 と い う エ ラ ー が 発 生 し て い ま し た 。 「 FEPCTRLVer. 1.4 」 て 、 は こ の 不 具 合 は 解 決 さ れ て い ま す 。 MS-C Ver. 5.1 て 、 の ATOK7 , FIXER の 関 数 呼 び 出 し に よ る 制 御 , ま た は , Lattice C Ver. 4 . 1 て 、 の ソ フ ト ウ ェ ア 割 り 込 み の 禁 止 / 許 可 な ど に つ い て は , 該 当 す る 機 能 が コ ン パ イ ラ に 用 意 さ れ て い な か っ た た め , か な り ト リ ッ キ ー な 方 法 に よ っ て 実 現 し て い ま す 。 そ の 方 法 と は , こ れ ら の 処 理 を 行 う 機 械 語 コ ー ド を 静 的 デ ー タ 領 域 に 置 き , そ の 先 頭 ア ド レ ス を 関 数 ア ド レ ス と し て 呼 び 出 す と い う も の て 、 す 。 通 常 の MS-DOS の 規 約 て 、 は 問 題 に な る こ と は あ り ま せ ん が , コ ー ド セ グ メ ン ト と デ ー タ セ グ メ ン ト を 独 立 し て 管 理 す る よ う な メ モ リ 管 理 環 境 て 、 は 問 題 が 起 こ る か も し れ ま せ ん 。 ま た , AX マ シ ン や IBM PS / 55 シ リ ー ズ の ATOK な ど に 対 応 し た 結 果 , 同 じ デ バ イ ス 名 を 持 ち な が ら 異 な る ソ フ ト ウ ェ ア 割 り 込 み に よ っ て 制 御 を 行 う 必 要 が 生 じ ま し た 。 こ の た め , メ モ リ 上 の 識 別 文 字 列 を 優 先 す る よ う に FEP の 組 み 込 み 判 定 の 順 序 を 変 更 す る と 同 時 に , 一 部 の FEP に つ い て は 制 御 の た め の ソ フ ト ウ ェ ア 割 り 込 み 番 号 を 組 み 込 み 判 定 の 際 に 取 得 し , 制 御 の コ ー ド を 共 有 し ま し た 。 そ の ほ か の お も な 変 更 点 に は , MS-DOS い と 思 い ま す 。 C MAGAZINE 70 1991 9

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


TabIe 1 論 理 演 算 子 0P1 & & 0P2 判 定 は & & と Ⅱ の オ バ ケ と な っ て い ま す 。 ・ そ う て 、 な く , 2 月 の 28 日 ( 関 年 て 、 な い 場 合 ) ま た は 29 日 ( 関 年 の 場 合 ) て 、 あ れ ば , や は り 翌 月 ( 3 月 ) の 1 日 と な り ま す ( 23 ~ 25 行 ) 。 isleap 関 数 は 関 年 て 、 あ れ ば 1 を , そ う て な け れ ば 0 を 返 す の て 、 , if 文 中 の 式 isleap(*y) 十 28 は 関 年 て 、 あ れ ば 29 に , そ う て 、 な け れ ば 28 と な り ま す 。 ・ 上 記 の い ず れ に も 該 当 し な け れ ば , 年 も 月 も 繰 り 上 が ら な い の て 、 , 日 だ け を 1 増 や せ ば よ い こ と に な り ま す ( 26 ~ 27 行 ) 。 初 期 化 子 月 は 1 ~ 12 月 し か な い た め , List 1 の よ う に if 文 の 中 て 、 & & や Ⅱ を 羅 列 す れ ば よ い の て 、 す が , 比 較 の 回 数 な ど が 増 え る と お 手 上 げ て 、 す 。 そ こ て 、 発 想 の 転 換 を し て , 「 各 月 の 最 大 日 数 を 格 納 す る 配 列 を 使 用 す る 」 こ と に し ま す 。 こ の よ う に 配 列 を 使 っ て 記 述 し た プ ロ グ ラ ム が List 2 て 、 す 。 ま ず isleap 関 数 が と て も 短 く な っ て い ま す 。 & & 演 算 子 お よ び Ⅱ 演 算 子 は , 1 か 0 を 返 す 演 算 子 て 、 す 。 つ ま り return 文 の ( ) の 中 の 式 全 体 は , 関 年 て 、 あ れ ば 1 を , そ う て 、 な け れ ば 0 の 値 を 持 ち ま す 。 こ の よ う に 簡 潔 に 記 述 す る 方 法 に も 少 し ず つ 慣 れ て い き ま し よ う 。 3 行 目 は 配 列 の 宣 言 ・ 定 義 を 行 っ て い ま す 。 こ れ ま て 、 の よ う に 初 期 値 を 指 定 す る 方 法 を 使 っ て き ま し た 。 配 列 の 場 合 は { } て 、 く く っ て , 初 期 値 の 並 び を 指 定 し ま す 。 day [ 0 ] , day , day [ 12 ] の 初 期 値 と し て 0 , 31 , , 31 が 代 入 さ れ ま す 。 int X て 、 の 5 や List 2 の { 0 , 31 , , 31 } な ど を 初 期 化 子 (initializer) と 呼 び , オ プ ジ ェ ク ト を 初 期 化 す る た め に 使 用 さ れ ま す 。 初 期 化 0P1 , 0P2 と も に 非 ゼ ロ で あ れ ば 1 , そ う で な け れ ば 0 0P1 , 0P2 の 一 方 で も 非 ゼ ロ で あ れ ば 1 , そ う で な け れ ば 0 て 、 す 。 具 体 的 に は , & & 演 算 子 は , ふ た つ の な り ま す が , 400 て 、 は 割 り 切 れ な い も の の 100 て 割 り 切 れ る 年 は 関 年 と は な り ま せ ん 。 isleap オ ペ ラ ン ド が と も に 非 0 て 、 あ れ ば 1 を , そ う て な け れ ば 0 を 生 成 し ま す 。 Ⅱ 演 算 子 は , ふ 関 数 は , year が 閏 年 て 、 あ れ ば 1 を そ う て 、 な け た つ の オ ペ ラ ン ド の 一 方 て 、 も 非 0 て 、 あ れ ば 1 れ ば 0 を 返 す こ と に な り ま す 。 を , そ う て 、 な け 川 知 を 生 成 し ま す (TabIe 1 ) 。 そ れ て 、 は プ ロ グ ラ ム の キ ー と な る nextday = お よ び ! = の 等 値 演 算 子 も ち な み に 関 数 を 見 て い き ま し よ う 。 0 ま た は 1 の 値 を 生 成 す る 演 算 子 て 、 し た ね 。 ・ 12 月 31 日 の 翌 日 は , そ の 次 の 年 の 1 月 1 た と え ば year が 4 て 、 割 り 切 れ る の て 、 あ れ ば , 日 と な り ま す ( 15 ~ 17 行 ) 。 year % 4 = = 0 と い う 式 は 1 を , そ う て 、 な け れ ・ そ う て 、 な く , 4 , 6 , 9 , 11 月 の 30 日 か , 1 , 3 , 5 , 7 , 8 月 の 31 日 て 、 あ れ ば , そ の ば 0 と い う 値 を 持 ち ま す 。 さ て 4 て 、 割 り 切 れ る 年 は 基 本 的 に は 閏 年 と 翌 月 の 1 日 と な り ま す ( 19 ~ 22 行 ) 。 こ の 次 の 日 を 求 め る ( 第 2 版 ) 0P1 ー ー 0P2 List 1 : # i ncl ude く stdio. h> 2 : 3 : int day[13] = { 0 , 31 , 28 , 31 , 30 , 31 , 30 , 31 , 31 , 30 , 31 , 30 , 31 } : 4 : ー year が 関 年 で あ れ ば 1 を そ う で な け れ ば 0 を 返 す 一 6 : int isleap(int year) return (year % 4 = 0 & & year % 1 圓 ! = 0 Ⅱ year % 400 = 8 : ー *y 年 *m 月 *d 日 の 次 の 日 を 求 め る 12 : void nextday(int *y, int *m, int *d) 13 : { if (*m ニ 12 & & *d = (1) { 14 : 十 十 * y : } e I se i f ( * m ! ニ 2 & & *d = day [*m] ) { 17 : 十 十 * m : *d } se i f ( * m 20 : 十 十 * m ; 22 : *d } e lse { 23 : 24 : 十 十 * d : 25 : 26 : } 28 : int main(void) 29 : { 30 : 32 : 33 : 34 : 35 : 36 : 38 : } / * 年 の 繰 り 上 げ * / / * 月 の 繰 り 上 げ * / / * 月 の 繰 り 上 げ * / / * 月 も 年 も 繰 り 上 が ら な い * / ニ 2 & & isleap (*Y) + day[2] i nt printf(" 年 : " ) : scanf("%d" printf(" 月 : " ) : scanf("%d", &m); printf(" 日 : " ) : scanf("%d", &d); nextday(&y, &m, (d) : printf(" 次 の 日 は : %d 年 %d 月 %d 日 Yn" return ( 0 ) ; 116 C MAGAZINE 1991 9

月刊 C MAGAZINE 1991年9月号


CJOURNAL 9 SEP. 1 91 C 言 語 を 主 体 と す る コ ン ヒ 。 ュ ー タ ブ ロ グ ラ マ の た め の 月 刊 情 報 誌 月 刊 C ジ ャ ー ナ ル 新 制 刊 3 号 8 月 8 日 発 売 定 価 980 円 ( 本 体 9 1 円 ) 特 集 メ モ リ マ ネ ジ メ ン ト 第 ニ 特 集 C 言 語 を 使 う ー DOS の メ モ リ 管 理 の 手 法 ・ 「 メ モ リ か 不 足 で 切 救 い の 神 は メ モ リ ・ マ ネ ジ ャ ー 付 録 ロ 旧 K ( 5 " 2H ロ ) ・ メ モ リ ア ロ ケ ー シ ョ ン の テ パ ッ ク 0 fdpc, を 5 , ま 今 3 ・ 連 載 ・ 0 国 k ・ y ☆ STANDARD C ☆ Dr. C's Pointers ÄCUG 0 ・ # 224 び 颶 ☆ Questions & Answers ☆ た の む ぜ / DOS / V / 0 掲 載 記 事 の 全 ド 収 録 ☆ GUI 環 境 ☆ Programming Style 0 CJ()URNAL は 毎 月 8 日 全 国 の 書 店 で お 求 め に な れ ま す 株 式 会 社 ビ レ ッ ジ セ ン タ - 出 齷 〒 101 東 京 都 千 代 田 区 三 崎 町 3 ー 1 ー 16 神 田 ア メ レ ッ ク ス ビ ル 2F ・ 営 業 部 : 03 ー 322 ト 25 ・ 編 集 部 : 03-3239-1950 PO ツ Ⅳ e 〃 80486DX PO wer 旧 M PC Compatible System 80486DX ー 25 or 33 AMI BIOS 128K Cashe RAM Up to 32 齟 Motherboard Ful 1 Size Tower 220 Watt Power S 叩 ply Western Degital IDE HD/FD Controller Maxter 冊 ( 200 ) TEAC 3.5 叩 開 * 1 TEAC 5 叩 * 1 2Serial/IParallel I/F 0rchid 0 Ⅱ r VGA rd ( 512K ) Keytoronic 101 Keyboard MicroSoft Mouse MS-DOS 4. 1 お in 面 3.0 40MB HD 80MB HD 120 HD 20 B HD 25Mhz \ 559 , 000 \ 584 , 000 \ 600 , 000 \ 656 , 000 1 MB RAM 2MB RAM \ 573 , 000 \ 598 , 000 \ 614 , 000 ¥ 670 , 000 4MB RAM \ 589 , 000 \ 614 , 000 \ 630 , 000 \ 686 , 000 33Mhz 40MB HD 80MB HD 120MB HD 200MB HD \ 600 , 000 \ 625 , 000 \ 641 , 000 \ 697 , 000 1 MB RAM 2MB RAM \ 614 , 000 \ 639 , 000 \ 655 , 000 \ 711 , 000 4MB RAM \ 630 , 000 \ 655 , 000 \ 671 , 000 \ 727 , 000 HITACHI 1 r VGA Display ( 1024 * 768 non-interlaced) 初 期 不 良 無 償 交 換 。 本 体 1 年 間 保 証 。 ■ 本 部 : 〒 刪 東 京 都 千 代 田 区 三 崎 町 3- 同 6 神 田 ア メ レ ッ ク ス ビ ル 2F 米 国 The C U 併 0 叩 日 本 支 部 TEL. 03-3239- 幻 87 FAX. 03 ー 322 ト ロ VILLAGE CENTER い に . BSh 叩 : 〒 刪 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 ト 35 ヨ 5 だ る ま ビ ル TEL. 03-32 円 -6 Ⅱ 3 ス タ ッ フ 募 集 中 . を 明 る く ヤ ル 気 の あ る 方 大 歓 迎 で す 詳 し く は 電 話 3239 ー 2187 / 担 当 : 中 村 ま で お 問 い 合 わ せ く だ さ い 。 く 資 料 請 求 番 号 172 〉