検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊 C MAGAZINE 1994年1月号

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号から 185件ヒットしました。

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


C-MAGA 68 , 000 円 問 い 合 わ せ 先 株 テ ク ノ ラ ン ド 〒 721 広 島 県 福 山 市 曙 町 3 ー 192 TEL 0849 ( 53 ) 3386 く 動 作 環 境 > 発 売 予 定 ム 対 応 版 , ク ラ イ ア ン ト サ ー バ 版 は 近 日 ・ OS/2, WindowsNT な ど 他 プ ラ ッ ト ホ ー ィ リ テ ィ が 付 属 バ ッ ク ア ッ プ 機 能 を サ ポ ー ト す る ユ ー テ ・ フ ァ イ ル の 整 合 性 検 証 機 能 , 修 復 機 能 , 用 し , デ ー タ の 高 速 検 索 が 可 能 ・ 検 索 ロ ジ ッ ク に B + tree ア ル ゴ リ ズ ム を 採 て 、 の マ ル チ ュ ー ザ 環 境 に 対 応 ・ 排 他 制 御 を サ ポ ー ト し , ネ ッ ト ワ ー ク 上 易 に 行 え る 。 お も な 特 徴 は 以 下 の と お り 。 ー ム 共 通 化 に よ り , 異 機 種 間 て 、 の 移 植 が 容 I と デ ー タ フ ォ ー マ ッ ト の マ ル チ プ ラ ッ ト ホ 能 の 一 部 を 追 加 し た C 言 語 ラ イ プ ラ リ 。 AP 能 を ベ ー ス に , SQL 型 デ ー タ ベ ー ス 検 索 機 同 ソ フ ト は , ISAM 型 デ ー タ ベ ー ス 検 索 機 版 ) 」 を 発 売 し た 。 ラ イ ア ン ト 版 UNIX 対 応 製 品 ( 以 下 , UNIX 対 応 製 品 ( 以 下 , Windows 版 ) 」 , 「 Qbase ク 版 ) 」 , 「 Qbase ク ラ イ ア ン ト 版 MS-Windows ク ラ イ ア ン ト 版 DOS 対 応 製 品 ( 以 下 , DOS ラ イ プ ラ リ 「 Qbase シ リ ー ズ 」 と し て 「 Qbase ー タ ベ ー ス シ ス テ ム を 構 築 す る た め の 関 数 ミ ナ ト エ レ ク ト ロ ニ ク ス 株 は , C 言 語 て 、 デ ミ ナ ト エ レ ク ト ロ ニ ク ス 株 「 Qbase シ リ ー ズ 」 〒 225 神 奈 川 県 横 浜 市 緑 区 美 し が 丘 5 ー 35 ー 2 TEL 045 ( 902 ) 3341 国 際 情 報 オ リ ン ピ ッ ク 日 本 委 員 会 第 1 回 日 本 情 報 オ リ ン ピ ッ ク 生 ( 相 当 ) て 、 あ り , 19 歳 未 満 の 者 の 場 合 高 校 の 相 当 学 年 ) の 学 校 の 在 学 1994 年 7 月 中 旬 に 高 校 か そ れ 以 下 ( 高 専 く 資 格 > く 試 験 会 場 > 全 国 各 都 道 府 県 を 予 定 本 選 1994 年 2 月 11 日 13 : 00 ~ 17 : 00 予 選 1994 年 1 月 15 日 13 : 00 ~ 16 : 00 < 試 験 日 時 > 担 ) 。 JOI の 募 集 要 項 は 以 下 の と お り 。 加 費 用 は 開 催 国 お よ び IOI 日 本 委 員 会 が 負 3 ~ 4 名 の 代 表 選 手 が 派 遣 さ れ る (IOI へ の 参 IOI ス エ ー デ ン 大 会 に は JOI て 、 選 抜 さ れ た を 開 催 す る 。 め , 第 1 回 日 本 情 報 オ リ ン ヒ 。 ッ ク ( 以 下 JOI) 大 会 に 派 遣 す る 日 本 代 表 選 手 を 選 抜 す る た 国 際 情 報 オ リ ン ヒ 。 ッ ク ( 以 下 IOI) ス エ ー デ ン IOI 日 本 委 員 会 ) は , 1994 年 7 月 に 開 催 さ れ る 国 際 情 報 オ リ ン ピ ッ ク 日 本 委 員 会 ( 以 下 い つ で も ど こ で も ソ フ ト バ ン ク の 15 大 雑 誌 OhtPC 毎 月 1 . 1 5 日 発 売 定 価 560 円 定 価 760 円 毎 月 1 8 日 発 売 MAGAZINE 定 価 980 円 毎 月 1 8 日 発 売 毎 月 18 日 発 売 定 価 620 円 VIISFMI 響 響 ー 定 価 600 円 ワ 毎 月 18 日 発 売 毎 月 18 日 発 売 定 価 650 円 ßTlJPC MacUser 毎 月 1 8 日 発 売 定 価 980 円 毎 月 8 日 発 売 定 価 780 円 THE の OS く 受 験 料 > 3 , 000 円 毎 月 8 日 発 売 WINDOWS 定 価 980 円 < 締 め 切 り > 1993 年 12 月 31 日 ( 金 ) く 試 験 内 容 > 4 問 ~ 6 間 の 筆 記 試 験 。 高 校 1 年 終 了 程 度 十 の 数 学 の 知 識 と Pascal , C, C 十 十 , QuickBASIC の い ず れ か ひ と つ の 言 語 の 基 本 知 識 を 必 要 と す る ア ル ゴ リ ズ ム , プ ロ グ ラ ミ ン グ の 間 題 が 中 心 。 く 申 し 込 み 方 法 > 郵 便 局 の 青 色 の 振 替 用 紙 に 住 所 , 氏 名 , 電 話 番 号 , さ ら に 裏 面 通 信 欄 に 学 校 名 , 学 年 , 生 年 月 日 , 性 別 , 希 望 受 験 会 場 名 を 明 記 し , 口 座 : 東 京 9 ー 763863 振 り 込 み 宛 て 先 : IOI 日 本 委 員 会 ま て 、 受 験 料 を 振 り 込 む 。 折 り 返 し 受 験 票 と 資 料 が 送 付 さ れ る 。 問 い 合 わ せ 先 IOI 日 本 委 員 会 〒 160 東 京 都 新 宿 区 新 宿 6 ー 27 ー 49 協 栄 生 命 ビ ル 6F TEL 03 ( 5272 ) 9794 毎 月 8 日 発 売 定 価 980 円 U N ー X U S 第 R ・ 対 応 機 種 ・ 対 応 言 語 く 価 格 > DOS 版 Windows 版 UNIX 版 問 い 合 わ せ 先 MS-DOS Ver. 3.0 以 上 動 作 機 種 , DOS/V マ シ ン , MS-W indows 3.1 動 作 機 種 , Unix Ware 対 応 機 種 MS-C, Borland C 十 十 Ver. 2.0 以 上 , Turbo C 十 十 Ver. 1.0 , UnixWare シ ス テ ム 付 属 の C コ ン ノ ヾ イ ラ 120 , 000 円 148 , 000 円 240 , 000 円 ミ ナ ト エ レ ク ト ロ ニ ク ス 株 毎 月 8 日 発 売 定 価 1 , 480 円 毎 週 金 曜 日 発 売 PCWEEK 年 間 講 読 料 9 , 000 円 毎 月 8 日 発 売 煢 情 報 処 理 試 験 第 定 価 780 円 LAN 第 MES . PO Ⅳ を ド リ [ を 0 ル 04 刀 N を 定 価 490 円 毎 月 8 日 発 売 News Square 157 ユ ー ノ 一 つ ア ミ コ コ ソ フ ト バ ン ク 出 版 事 業 部 隔 週 金 曜 日 発 売 定 価 380 円

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


EDITORS ・ OOM 次 号 予 告 >2 月 号 ( 1 月 18 日 発 売 ) ア 集 画 面 を 広 く す る 高 解 像 度 計 画 30 行 計 画 , V-Text ー Part1 30 行 計 画 の 概 要 ー Pa 2 V-Text の 概 要 ー Part3 30 行 , V ー Text を 使 用 し た プ ロ グ ラ ミ ン グ キ ャ ラ ク タ 工 テ イ タ 「 CE 」 ・ 98 & DOS / V ゲ ー ム プ ロ グ ラ ミ ン グ ・ C 言 語 プ ロ グ ラ ミ ン グ レ ッ ス ン ・ 実 践 ア ル ゴ リ ズ ム 戦 略 A30 行 引 OS , MKMODULE 特 別 付 キ ャ ラ ク タ 工 テ イ タ 「 C E 」 ・ D れ 望 洋 の プ ロ グ ラ ミ ン グ 道 場 最 新 版 KM-yacc COMPUTER LANGUAGE 提 携 記 事 本 誌 掲 載 ソ ー ス プ ロ グ ラ ム R0bst String Matching 編 集 後 記 ◇ 本 誌 執 筆 陣 の 一 人 , 中 島 ◇ 「 ANSI C ー more 」 の 後 ◇ 「 MacJDic 」 と い う ア メ ◇ 新 作 ゲ ー ム を 買 い に い ◇ ま た 前 号 の 続 き 。 肩 の ギ リ カ 人 が 作 っ た 英 語 / 日 本 信 行 氏 か ら 付 録 デ ィ ス ク に 継 企 画 と し て ス タ ー ト し た う と 思 い 。 銀 行 か ら 金 を お プ ス が は ず れ , 湯 治 と テ ニ つ い て 手 厳 し い 指 摘 を 受 け ろ し て 1 カ 月 。 休 日 に な に か ス を 兼 ね て , 知 人 の 湯 沢 の 「 ANSI C Library プ ロ グ 語 辞 書 , 漢 字 字 書 が あ る の と 急 用 が 入 っ て , 財 布 の 中 リ ゾ ー ト マ ン シ ョ ン へ 出 か た 。 こ の 間 題 は か ね て か ら ラ ミ ン グ 」 は い か が て 、 し た だ が , こ の 漢 字 字 書 が す ご 編 集 部 の 懸 案 事 項 と な っ て な に が す ご い か と い う か 。 言 語 に は 核 と な る 機 能 に は 購 入 用 資 金 が 残 っ た ま け た 。 湯 沢 は , あ の 小 っ ち い と , 『 諸 橋 大 漢 和 』 の 文 字 番 い た だ け に , 中 島 氏 の 指 摘 だ け , ラ イ プ ラ リ て 、 実 現 て 、 ま だ 。 今 度 こ そ は と 思 っ て ゃ い 子 を 見 た 土 地 。 嫌 な 予 は ズ キ ッ と き た 。 ち ょ う ど 号 や 巻 数 ・ 頁 数 の デ ー タ が 感 は あ っ た が , そ こ て 、 1 泊 き る 機 能 は そ ち ら に と い う い た 先 日 の 休 み も , 朝 起 き 今 月 の 読 者 ア ン ケ ー ト か ら 入 っ て い る 。 も っ と 驚 く べ る と 体 調 が 悪 く , 購 入 資 金 設 計 方 針 の C に と っ て , ラ し , 帰 る 段 階 に な っ た 。 さ 付 録 デ ィ ス ク に 関 す る 質 問 き こ と は , 拂 音 ( ヒ 。 ン イ ン ) イ プ ラ リ 抜 き に プ ロ グ ラ ミ は 休 日 診 療 の 保 証 金 と し て っ さ と 帰 ろ う 。 そ れ が い け を 予 定 し て い た だ け に な お と 四 声 ま て 、 入 っ て い る 。 ア ン グ を 語 れ ま せ ん 。 そ の ラ 病 院 に 預 け た た め ゲ ー ム は な か っ た 。 関 越 道 て 、 28km オ イ プ ラ リ を ANSI ラ イ プ ラ メ リ カ 人 の エ ネ ル ギ ー に は さ ら だ っ た 。 べ タ ー な 対 応 買 い に い け な か っ た 。 神 は ー て 、 捕 ま っ て し ま っ た 。 リ に 的 を し ば り 解 説 す る 本 脱 帽 す る ( 発 音 機 能 が あ れ を 探 る た め に , ア ン ケ ー ト あ の ソ フ ト を 買 う な と い っ や は り 小 っ ち ゃ い 子 の パ ワ に ご 協 力 く だ さ い 。 連 載 に ご 期 侍 く だ さ い 。 ( 洋 ) ば 完 璧 だ ! ) 。 ( ホ ) (TEN) (JUN) て い る の だ ろ う か ? (Yas) ー な の だ ろ う か 。 発 行 人 橋 本 五 郎 編 集 人 葉 俊 夫 発 行 所 ソ フ ト バ ン ク 株 式 会 社 出 版 事 業 部 〒 田 3 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 浜 町 3-42-3 編 集 部 ・ TEL03 ( 5642 ) 引 88 / 出 版 営 業 部 ・ TEL03 ( 5642 ) 8 田 0 / 広 告 営 業 部 ・ TEL03 ( 5642 ) 例 Ⅱ 編 集 長 星 野 慎 ー 副 編 集 長 宮 田 洋 一 流 王 天 編 集 渡 邊 淳 一 高 森 昭 安 広 告 梅 屋 文 彦 永 浦 和 代 校 正 ( 有 ) ア レ フ デ ザ イ ン 持 田 哲 花 本 浩 一 機 部 進 若 江 啓 子 監 修 石 田 晴 久 印 刷 凸 版 印 刷 株 式 会 社 / 写 植 株 式 会 社 風 芽 0 円 94 雑 誌 3257 な お , 予 告 内 容 を 変 更 す る 場 合 が あ り ま す 。 好 翻 連 域 売 者 投 稿 プ ロ グ ラ ム プ ロ グ ラ ム ・ バ グ の お 問 い 合 わ せ 月 刊 MAGAZINE 03 ( 5642 ) 8188 1 月 号 ・ 掲 載 記 事 , プ ロ グ ラ ム に つ い て の ご 質 間 は , 月 曜 日 か ら 金 曜 日 の 午 後 4 時 か ら 6 時 ま て 、 受 け 付 け て お り ま す 。 そ の 他 の 時 間 帯 は ご 容 赦 く 平 成 6 年 一 月 一 日 発 行 176 C MAGAZINE 1994 1

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ノ レ 達 へ 。 お か げ さ ま て 大 好 評 、 大 反 響 を い た だ い て お り ま DOS 用 ア プ リ ケ ー シ ョ ン フ レ ー ム ワ ー ク Turbo [email protected]拡 張 ク ラ ス ラ イ プ ラ リ 「 TVG 」 が 更 に 強 力 に 生 ま れ 変 わ り ま し た 。 ま す ま す 頼 も し く な っ た Turbo [email protected] 十 「 TVG 」 の 開 発 環 境 が 、 優 秀 な プ ロ グ ラ ム の 開 発 を 緩 し ま す 。 ・ 主 な 特 徴 ・ テ キ ス ト べ ー ス の ア プ リ ケ ー シ ョ ン フ レ ー ム ワ ー ク Turbo [email protected] を グ ラ フ イ カ ル に 拡 張 。 、 も ち ろ ん 、 Turbo [email protected] の 数 々 の 優 れ た 機 能 を そ の ま ま 継 承 。 ・ グ ラ フ ィ ッ ク の 制 御 に は BGI ラ イ プ ラ リ を 使 用 。 ・ オ ー バ ー レ イ 機 能 ( VROOMM ) 対 応 。 ・ 最 新 の BorIand C 十 十 3.1 に 対 応 。 ・ 特 別 意 識 す る こ と な く / ー マ ル ・ ハ イ レ ゾ 両 対 応 の プ ロ グ ラ ム が 作 成 て き ま す 。 ・ 全 ソ ー ス リ ス ト 付 属 。 そ れ ぞ れ の 環 境 に 合 わ せ た 緻 調 整 や 技 術 向 上 に 役 立 ち ま す 。 ・ 作 成 し た プ ロ グ ラ ム の 配 布 ・ 販 売 は 、 自 由 に 行 え 、 い っ さ い 余 分 な ロ イ ヤ リ テ ィ 等 は か か り ま せ ん 。 ・ MS-Windows の カ ー ソ ル フ ァ イ ル (CUR) が 使 用 可 能 な グ ラ フ ィ ッ ク マ ウ ス 。 ・ MS ー Windows の ビ ッ ト マ ッ プ フ ァ イ ル ( BMP ) を 表 示 す る ビ ュ ー ク ラ ス 添 付 。 ・ 対 応 コ ン パ イ ラ BorIand C 十 十 3.0 及 び 3.1 ( DOS 用 ア プ リ ケ ー シ ョ ン フ レ ー ム ワ ー ク Turbo Vision ⑧ が 必 要 て す ) ・ 対 応 機 種 NEC PC ー 9800 ・ PC ー 98 ・ PC ー H98 シ リ ー ズ 、 EPSON PC ー 286 ・ 386 シ リ ー ズ 0 TVG ver. 2 ℃ 0 ( 組 み 込 み ロ イ ヤ リ テ ィ 無 料 ・ 全 ソ ー ス 付 き ) 標 準 価 格 \ 28 , 000 ( 税 別 ) ・ お 求 め は 、 お 近 く の パ ソ コ ン ソ フ ト 取 扱 店 、 又 は 弊 社 へ 直 接 お 願 い 致 し ま す 。 デ モ デ ィ ス ク と カ タ ロ グ を ご 希 望 の 方 00 円 相 当 の 切 一 手 、 小 替 、 ま た は 現 金 書 留 に て 弊 社 宛 に お 申 し 込 み (l ー だ さ い 。 ま た 、 NIFTY-Serv e FTR 供 L フ ォ ー ラ ム に て 一 ダ ウ ン ロ ー ド す る こ と も で き ま す 。 ※ 広 告 に 記 載 さ れ て い る 商 品 名 は 、 各 社 の 商 標 ま た は 登 録 商 標 で す 。 フ ァ イ ル 扉 い 第 朝 0 こ い は 第 上 ) を 、 に 類 を で 上 : を 1 は を 第 工 BorIand C 十 十 Ver. 3.1 提 供 : ボ ー ラ ン ド ( 株 ) TEL 03 ( 5350 ) 9370 読 プ レ ゼ ン △ SX-WINDOW イ ラ ス ト 集 VOI. [email protected] 提 供 : シ ャ ー プ 株 5 名 TEL 03 ( 3260 ) 1 1 61 4 & ica 物 新 を : 0 ー 物 和 DOS 環 境 ・ Windows 環 境 の 両 方 に 対 応 し た プ ロ 仕 様 の SX - W 爪 DOW の 標 準 フ ァ イ ル フ ォ ー マ ッ ト の P Ⅸ 形 式 の イ ラ ス ト デ ー タ 集 C&C の コ ン バ イ ラ バ ネ ル で ~ ぐ 1994#OLYMPUS CALENDAR 提 供 : 株 ア ー ク ピ ッ ト 1 名 提 供 :OLYMPUS TEL 0471 ( 58 ) 7832 ハ ネ ル で ~ 行 事 , 四 4 名 会 さ さ 員 売 付 委 販 寄 本 で に 日 円 世 訂 ダ 亂 す ン ま レ 局 い す カ 務 て ま 同 事 れ れ DOS 環 境 で の C 言 語 に よ る GUI 設 計 構 築 ツ ー ル ( PC -9801 シ リ ー ズ 用 ) ・ モ ニ タ 募 集 要 項 ◇ 応 募 資 格 : C 言 語 , も し く は C 十 十 で の プ モ ニ タ 係 」 宛 て に 投 函 い た だ く か , あ る い は ノ ヾ ソ コ ン 通 信 一 D 宛 て に 電 子 メ ー ル を 送 信 ロ グ ラ ミ ン グ 経 験 者 。 ◇ モ ニ タ 期 間 : 商 品 受 領 よ り 3 か 月 藺 ( モ ニ タ く だ さ い 。 ◇ レ ポ ー ト 発 表 : 提 出 い た だ い た レ ポ ー ト は , 商 品 に よ っ て は 発 送 に 日 時 を 要 す る も の が 編 集 部 到 着 月 日 か ら 2 か 月 後 に 発 売 す る 本 あ る こ と を ご 了 承 く だ さ い ) 。 誌 上 , ま た は 付 録 デ ィ ス ク に て 掲 載 収 録 い ◇ モ ニ タ レ ポ ー ト : モ ニ タ 期 間 中 に 最 低 2 回 た し ま す 。 の モ ニ タ レ ポ ー ト を 提 出 し て い た だ き ま す 。 ◇ 選 考 発 表 : こ の 号 の モ ニ タ 選 考 結 果 は 1994 レ ポ ー ト は テ キ ス ト フ ァ イ ル と し , フ ロ ッ ピ ー デ ィ ス ク に て 「 日 eade 「 s ' 日 00m 年 5 月 号 に て 発 表 い た し ま す 。 ・ 応 募 の 注 意 ◇ 綴 じ 込 み の 葉 書 に 必 要 事 項 ( ア ン ケ ー ト の 効 と さ せ て い た だ き ま す 。 ◇ 雑 誌 公 正 競 争 規 約 の 定 め に よ り , 懸 賞 当 選 回 答 , 住 所 , 氏 名 , 電 話 番 号 , 希 望 モ ニ タ 者 , モ ニ タ 該 当 者 は こ の 号 の ほ か の 懸 賞 , 番 号 ) を 明 記 の う え ご 応 募 く だ さ い 。 モ ニ タ に 応 募 で き な い 場 合 が あ り ま す 。 ◇ 記 入 も れ や モ ニ タ 番 号 が 複 数 記 入 さ れ て い る 場 合 , 綴 じ 込 み 葉 書 以 外 で の こ 応 募 は 無 ◇ 締 め 切 り は 1 月 18 日 必 着 で す 。 ① STATE of THE ART ⑩ C 言 語 フ ォ ー ラ ム ② 提 携 記 事 「 後 々 の 再 利 用 性 の ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 ⑩ C 言 語 雑 学 講 座 ③ フ リ ー ソ フ ト ウ ェ ア 最 新 レ ポ ー ト ⑩ Dr. 望 洋 の プ ロ グ ラ ミ ン グ 道 場 ⑩ SX ー Ⅷ NDOW プ ロ グ ラ ミ ン グ ④ 速 報 「 Bo 日 and C 十 十 Ver. 4.0 」 綴 じ 込 み 葉 書 裏 面 の ⑤ 特 集 「 実 用 グ ラ フ ィ ッ ク 術 」 ⑩ 最 新 開 発 環 境 レ ポ ー ト 「 / ヾ ネ ル で ~ ぐ 」 評 価 ア ン ー ト ⑥ ANSI C Libra プ ロ グ ラ ミ ン グ @Conference Room 「 JPN ℃ の 活 動 ⑦ 実 践 ア ル ゴ リ ム 戦 略 に は 右 記 の 孵 を ご @News Square ⑩ フ ィ ン ロ ー ダ の あ つ ば れ ご 意 見 番 ⑧ プ ロ グ ラ ミ ン グ レ ッ ス ン 記 入 く だ さ い 。 ⑨ MS ー DOS 非 公 開 情 報 詳 説 @C マ ガ 電 脳 ク ラ ブ @丹 羽 信 夫 の 迷 走 プ ロ グ ラ ミ ン グ ⑩ case study A 級 B 型 C 十 十 入 門 @lnformation from Compiler Makers OWeIcome t0 Macintosh Programming @Readers' Room @三 田 典 玄 の ラ ン ダ ム ア ク セ ス 1 し ( え を 月 . ( 外 ・ 啅 h い ( 月 ・ は ソ ス ト に 追 を ぎ ー の フ ァ イ ル BqRon 。 イ SOFTWARE CREATE. 株 式 会 社 バ ロ ン 〒 川 東 京 都 豊 島 区 池 袋 2 ー 40 ー 2 ス ペ ー ス GI ビ ル 7 階 谷 ( 03 ) 397 ト 8686 FAX ( 03 ) 397 ト 7 引 5 営 業 時 問 / 午 前 9 : 00 ~ 午 後 5 : 30 ( 月 ~ 金 祝 ・ 祭 日 除 く ) く 資 料 請 求 番 号 174 〉 174 C MAGAZINE 1994 1

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


こ と て 、 可 能 て 、 す 。 た だ し パ レ ッ ト は 常 に 画 値 を 書 き 込 み ま す 。 て 、 す 。 こ れ か ら の GUI の 時 代 は よ り 高 密 度 ア ナ ロ グ パ レ ッ ト の 変 更 は デ ジ タ ル バ レ 面 表 示 の た め に 使 わ れ て お り , 通 常 は 変 更 な , そ し て よ り 高 品 位 な デ ィ ス プ レ イ シ ス て 、 き ま せ ん 。 パ レ ッ ト を 変 更 す る 場 合 は , ッ ト の 場 合 と 異 な り , 画 面 の 表 示 を 停 止 す テ ム が 常 識 と な る て 、 し よ う 。 レ ジ ス タ 番 号 の 設 定 と 同 時 に Attribute Da る こ と な く 行 え ま す 。 サ ン プ ル を List 12 に [ 参 考 文 献 ] ta/Address レ ジ ス タ の bit5 を 0 に す る 必 要 が 示 し ま す 。 あ り ま す 。 す る と 画 面 の 表 示 が 停 止 し , Pa パ レ ッ ト の 色 情 報 は VGA の ビ デ オ モ ー ド [ 1 〕 fProgrammer' s Guide to the EGA an lette レ ジ ス タ へ の 書 き 込 み が 可 能 に な り ま を 切 り 換 え る と BIOS に よ っ て 初 期 化 さ れ ま d VGA Cards Second Edition 』 , Richa す 。 す 。 rd F. Ferraro, Addison-Wesley Publis ア ナ ロ グ パ レ ッ ト の 設 定 は , DAC Addr hing CompanY' lnc. ess write Mode レ ジ ス タ (3C8h) と DAC D [ 2 ] 『 Programmer' s Guide to PC & PS/2 ata レ ジ ス タ (3C9h) に よ っ て 行 い ま す 。 ア ナ Video systems 』 , Richard Wilton, 翔 泳 ロ グ パ レ ッ ト は R, G, B 各 6 ビ ッ ト , 計 18 ビ ッ ト あ り , こ の 書 き 込 み は 一 括 し て 行 わ な 本 来 て 、 あ れ ば MS ー Wind 。 ws て 、 の 需 要 が 高 [ 3 ] 『 Programmer' s Guide to the IBM PC け れ ば な り ま せ ん 。 R だ け , G だ け と い っ た い SuperVGA に つ い て 解 説 し な け れ ば な ら & PS/2 』 , Peter Norton & Richard W 書 き 込 み は て 、 き ま せ ん 。 DACAddressWr な い の て 、 す が , 時 間 と 誌 面 の 都 合 の た め 別 ilton, 翔 泳 社 ite Mode レ ジ ス タ に 設 定 し た い パ レ ッ ト の [4] 『 DOS/V プ ロ グ ラ ミ ン グ ガ イ ド 』 , 最 上 の 機 会 に 譲 る こ と に な り ま し た 。 番 号 を 書 き 込 ん だ 後 , DAC Data レ ジ ス タ 80 >< 25 行 と い う , 大 型 機 の 端 末 に 縛 ら れ 晃 , ア ス キ ー 出 版 局 に R, G, B の 順 に 6 ビ ッ ト ず っ 3 回 に 分 け て た デ ィ ス プ レ イ シ ス テ ム は も は や 時 代 遅 れ お わ り に グ ラ フ ィ ッ ク ク 当 ズ ラ イ プ ラ リ 「 Gscreen 」 の 作 成 と 活 用 複 数 の マ シ ン で 動 作 さ せ る ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 作 成 す る 際 , ハ ー ド ウ ェ ア の 制 限 の た め に 画 面 表 示 か 共 通 化 で き ず , 表 示 部 分 だ け を マ シ ン ご と に 作 成 し な く て は な ら な い 場 合 か あ り ま す 。 本 章 で は , PC -98 シ リ ー ズ , VGA の グ ラ フ ィ ッ ク ハ ー ド ウ ェ ア の 差 異 を 吸 収 し 描 画 処 理 や 表 示 色 指 定 を 共 通 に 使 用 で き る ク ラ ス ラ イ プ ラ リ 「 Gsc 「 een 」 の 構 築 に つ い て 解 説 し ま す 。 secti0111 「 Gscreen 」 構 築 78 シ リ ー ズ , VGA な ど 各 種 グ ラ フ オ フ 、 ジ ェ ク ト 指 向 言 き 五 ィ ッ ク ハ ー ド ウ ェ ア の 差 異 を 吸 収 す る た め の C 十 十 用 ク ラ ス ラ イ プ ラ リ G と し て の C 十 十 een に つ い て 解 説 し ま す 。 54 C MAGAZINE 1994 1 速 水 祐 (ZOBplus) 本 誌 ' 92 年 1 月 号 特 集 「 MS-DOS メ モ リ 活 用 技 法 」 て ℃ 十 十 を オ プ ジ ェ ク ト 指 向 言 語 と し て 使 い こ な す た め の テ ク ニ ッ ク を 解 説 し ま し た 。 こ の ポ イ ン ト を 簡 単 に 示 し ま す 。

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


え ば , id, name ロ , kokugo, suugaku, な ん て こ と は て き ま せ ん 。 メ ン バ の 使 い 方 struct student taro : は も う 少 し 先 て 説 明 し ま す 。 と 書 け ば struct student 型 の 変 数 taro が 定 義 eigo が メ ン バ に な り ま す 。 構 造 体 の 宣 言 を し た だ け て は , ま だ 何 も メ ン バ の 書 き 方 が ち ょ う ど 変 数 の 定 義 の さ れ ま す (List 1 , 17 行 目 ) 。 て き ま せ ん 。 「 こ う い う 名 前 の 構 造 体 は こ れ こ れ ま て の 変 数 定 義 と 比 較 し て み ま し ょ よ う に な っ て い る こ と に 注 意 し て く だ さ い と こ れ を ま と め た も の 」 と 宣 言 し た だ け な の こ れ は 構 造 体 の メ ン バ の 書 き 方 の 特 徴 て す 。 う 。 英 語 の 点 数 を 表 す 変 数 eigo を 定 義 す る と て す 。 構 造 体 の 宣 言 は い わ ば struct student た と え ば , 構 造 体 student の メ ン バ の う ち 「 国 と い う 名 前 の 新 し い 型 を 作 っ た よ う な も の 語 の 点 数 」 を 表 す kokugo に つ い て 見 て み ま int eigo , て す 。 そ の 型 を 持 っ た 変 数 を 定 義 し な い と 書 き ま す 。 構 造 体 の 定 義 も こ れ と 同 じ て 、 し よ う 。 ほ ら , と に は 話 は 進 み ま せ ん 。 そ れ が 次 の 「 構 造 体 す 。 ま ず 型 名 (struct student) を 書 い て , 変 int kokugo の 定 義 」 て す 。 数 名 ( taro ) を 書 い て , 最 後 に セ ミ コ ロ ン 、 、 の よ う に な っ て い ま す ね 。 こ の 行 だ け 見 る と , ま る <kokugo と い う 変 数 を 定 義 し て い を 書 き ま す 。 構 造 体 の 定 義 る よ う て 、 す ね 。 た だ , こ て 、 誤 解 し て ほ し と こ ろ て 、 , 変 数 の 定 義 っ て 何 て し た つ け 。 す て に 構 造 体 は 宣 言 さ れ て い る と し て , ' 93 年 6 月 号 の 「 変 数 物 語 」 て 学 ん だ と お り , く な い の は , kokugo と い う 変 数 が 定 義 さ れ て い る わ け て 、 は な い と い う こ と て 、 す 。 て 、 す そ の 構 造 体 の 型 を 持 っ た 変 数 を 作 る の が , 変 数 の 定 義 と い う の は い わ ば 名 前 の つ い た 構 造 体 の 定 義 て 、 す 。 先 ほ ど の 学 生 の 例 を 続 か ら , 国 語 の 点 数 を 100 点 に し た い と き に 箱 を 作 る こ と て 、 し た 。 構 造 体 の 定 義 も 同 じ け ま し よ う 。 た と え ば taro ( 太 郎 ) と い う 名 前 て 、 す 。 名 前 の つ い た 箱 を 作 る の に は 違 い あ い き な り 構 造 体 の メ ン バ に 対 し て , の 変 数 を 作 る と し た ら , り ま せ ん 。 た だ し , 構 造 体 は そ の 箱 の 中 に ( 誤 り ) kokugo 仕 切 り が つ い て い る の て 、 す 。 Fig. 2 を 見 て わ か る と お り , taro と い う 構 造 体 を 定 義 す る と Fig. 3 構 造 体 の 代 入 ( メ ン バ ご と ) 大 き な 箱 が ド ン と 作 ら れ ま す 。 そ の 中 は い く っ か に 区 切 ら れ て お り , そ の そ れ ぞ れ が 構 造 体 の メ ン バ に 相 当 す る の て 、 す 。 こ れ て 、 「 異 な る 型 の 変 数 を ひ と つ に ま と め る 」 と い う 意 味 が 少 し つ か め た の て 、 は な い て 、 し よ う か 。 構 造 体 は 箱 の 中 に ま た 箱 が あ る と い う 感 じ て 、 す ね 。 構 造 体 へ の 代 入 太 郎 く ん の 国 語 の 点 数 を 100 点 に し た い と き , 先 ほ ど 定 義 し た 変 数 taro の メ ン バ koku 100 : C の プ ロ グ ラ ム taro. kokugo ニ 100 ・ あ な た の イ メ ー ジ : 0 0 ー 0 kokugo 100 Fig. 4 構 造 体 の 代 入 ( 全 体 ) c の プ ロ グ ラ ム あ な た の イ メ ー ジ : 0 0 0. 0 0 : taro ・ 「 0 変 数 ta 「 0 変 数 ji 「 0 対 応 す る 箱 に 値 を コ ピ ー 86 C MAGAZINE 1994 1

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


速 報 最 新 の Windows 開 発 環 境 BorIand C 十 十 Ver. 40 Borland C 十 十 の 最 新 バ ー ジ ョ ン の フ ィ ー ル ド テ ス ト 版 を 入 手 し た の で レ ポ ー ト し ま す 。 Vi sual C 十 十 へ の 対 抗 機 能 を 豊 富 に 盛 り 込 み , 高 機 能 な 開 発 環 境 に な っ て い ま す 。 ・ 32 ビ ッ ト Windows ア プ リ ケ ー シ ョ ン へ の イ ン ス ト ー ル し て み る と , Table 1 の よ う な は じ め に 対 応 (NT, Win32s) プ ロ グ ラ ム が て 、 き て き ま す 。 BC4 て 、 は 32 ビ ッ ・ ANSI C 十 十 対 応 ト モ ー ド ( 386 ネ イ テ イ プ モ ー ド ) の プ ロ グ ラ ・ 統 合 化 環 境 上 の GUI デ バ ッ ガ Borland C 十 十 Ver. 4.0 ( 以 下 BC4 と 略 ) ミ ン グ 環 境 を 提 供 し て い る た め , コ ン パ イ の フ ィ ー ル ド テ ス ト 版 を 入 手 し , 短 い 間 て 、 ・ 最 適 化 の 向 上 ラ そ の ほ か に も 32 ビ ッ ト 版 が 用 意 さ れ て い な か な か 盛 り だ く さ ん の 魅 力 的 な 内 容 て 、 は あ り ま し た が 試 用 の 機 会 を 得 ま し た の て 、 , ま す 。 32 ビ ッ ト 版 の コ ン パ イ ラ は , Windo こ の BC4 の 全 容 を 報 告 し ま す 。 wsNT 用 の コ ー ド の ほ か , Win32s の プ ロ グ す ね 。 な に ぶ ん に も , て 、 き た て ほ や ほ や の フ ィ ラ ミ ン グ も 可 能 て 、 す 。 Win32s に つ い て は 後 フ ィ ー ル ド テ ス ト 版 の 構 成 ー ル ド テ ス ト 版 の 試 用 て 、 あ り , ま た 本 稿 執 て 、 詳 し く 説 明 し ま す が ,WindowsVer. 3.1 筆 時 て 、 は 公 式 発 表 前 の 製 品 な の て 、 オ フ ィ シ の 上 て 、 , 32 ビ ッ ト リ ニ ア な メ モ リ 空 間 を 利 ャ ル な 情 報 が 得 ら れ な い 状 態 て 、 す 。 こ の た BC4 の フ ィ ー ル ド テ ス ト 版 と し て 届 い た も 用 て 、 き る 環 境 の こ と て 、 す 。 め , 機 能 の 詳 細 に は と ら わ れ な い て 、 , 本 質 の は , な ん と CD ー ROMI 枚 だ け て 、 し た 製 ロ 一 方 , 従 来 か ら お 馴 染 み の DOS 版 の 統 合 、 0 ロ ロ 的 な 機 能 追 加 部 分 に つ い て そ の 概 要 を お 伝 版 に は き っ と 種 々 の ド キ ュ メ ン ト が 山 の よ 環 境 ( BC. EXE ) は 見 当 た り ま せ ん 。 こ れ に か え す る こ と に し ま す 。 う に つ い て く る の て 、 し よ う が , も し CD-RO ぎ ら ず , フ ィ ー ル ド テ ス ト 版 て 、 は MS-DOS ま ず は , お も な 機 能 追 加 の 内 容 を 列 挙 し MI 枚 て 、 十 分 な 情 報 が 得 ら れ る の て 、 あ れ ば , ア プ リ ケ ー シ ョ ン の 開 発 に 必 要 な 機 能 が カ 実 は そ の ほ う が す っ と あ り が た い 気 が し ま て み ま し よ う 。 ッ ト さ れ て い ま し た 。 ま さ か 製 品 版 て 、 も M す 。 ご 他 聞 に 漏 れ す , 筆 者 の 自 宅 に も マ ニ ・ Microsoft VisuaI C 十 十 対 抗 S-DOS ア プ リ ケ ー シ ョ ン が 作 れ な い と い う ュ ア ル や FD が う ず た か く 積 ま れ て い て , そ ・ AppExpert, ClassExpert に よ る 効 率 的 な こ と は な い と 思 い ま す し , 本 誌 ' 93 年 9 月 号 て 、 れ ら の 隙 間 て 、 仕 事 を し て い る よ う な 状 態 な 開 発 紹 介 し た BorIand Pascal with Objects ( 以 の て 、 す 。 ・ Object Windows Library Ver. 2.0 ( 以 下 BP と 略 ) て 、 は , DOS 上 て 、 プ ロ テ ク ト モ ー 下 OWL2.0 と 略 ) さ て , こ り や 本 当 に 版 だ な あ と 思 い つ つ ド の プ ロ グ ラ ミ ン グ ま て 、 サ ポ ー ト し て い る TabIe1 フ ィ ー ル ド テ ス ト 版 の 構 成 TabIe 2 試 用 に 用 い た 環 境 内 容 環 境 名 称 項 目 構 成 統 合 化 開 発 環 境 (IDE ) WIN BCW DELL 466 / L ( 486DX2 / 66 ) CPU コ マ ン ド ラ イ ン コ ン ノ ヾ イ ラ ( 16 ピ ッ ト ) DOS BCC メ モ リ 24M ノ ヾ イ ト コ マ ン ド ラ イ ン コ ン ノ ヾ イ ラ ( 32 ピ ッ ト ) DOS BCC32 230M バ イ ト (IDE ) 十 1.2G バ イ ト ( SCSI) H D D Windows メ ッ セ ー ジ 監 視 ツ ー ル WIN WinSight ホ ス ト モ ー テ ム テ パ ッ ガ WIN SCSI WinSpector Adaptec 1542C メ イ ク ツ ー ル DOS MAKE CD-ROM SO NY 781 1 ー 1 0 リ ソ ー ス コ ン ノ ヾ イ ラ ( 32 ビ ッ ト 版 も あ り ) DOS BRC SVGA(S3) 1024X768 VIDEO Windows 用 デバ ッ ガ WIN TDW DELL UltraScan()7 イ ン チ ) Win32 用 テ パ ッ ガ W/ D TD32 旧 M DOS J5.02/V 十 MS-Windows 3.1 ( 英 語 版 ) OS OWLI .0 → OWL2.0 コ ン ノ ヾ ー タ OWLCVT DOS 十 MS-Windows 3.1 J ( 旧 M 版 ) 同 ア セ ン プ ラ ( 32 ビ ッ ト 版 あ り ) TASM DOS リ ン カ ( 32 ビ ッ ト 版 あ り ) MS-Windows NT 3.1 ( 英 語 版 ) TLI N K DOS 松 田 晋 26 C MAGAZINE 1994 1

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


List 7 は , 3 教 科 の 試 験 の 合 計 点 を 学 生 ご る 関 数 を 作 ろ う と し て い る と こ ろ で す 。 ま え ば , あ と は 簡 単 な こ と て 、 す 。 あ る 図 形 れ を 完 成 さ せ て , Fig. 14 の よ う に 表 示 さ れ と に 表 示 す る も の で す が , ま だ 完 成 し て い を 作 り た い と 思 っ た ら , そ の 構 造 体 の 変 数 る よ う に し て く だ さ い 。 を ひ と つ 作 れ ば い い の て 、 す 。 ま た あ る 図 形 ま せ ん 。 こ れ を 完 成 さ せ て , Fig. 12 の よ う ( ヒ ン ト 構 造 体 struct rectangle は 座 標 軸 に 表 示 さ れ る よ う に し て く だ さ い 。 を 変 形 さ せ た り 移 動 さ せ た り し た い と 思 っ に 平 行 に 置 か れ た 長 方 形 を 表 す も の で , 長 【 問 題 2 】 た ら , 各 メ ン バ の 値 を 変 え れ ば い い の て 、 す 。 List 8 は , 4 人 の 試 験 の 点 数 の 平 均 点 を 教 方 形 の 左 上 と 右 下 の 点 を メ ン バ に 持 っ て い ち ょ っ と 残 念 て 、 す が , そ ろ そ ろ 時 間 て 、 す 。 ま す 。 ま た , 関 数 distance( ) は 引 数 の 差 の 科 ご と に 表 示 す る も の で す が , ま だ 完 成 し , こ か ら 先 , コ ン ヒ 。 ュ ー タ グ ラ フ ィ ッ ク ス 絶 対 値 を 得 る 関 数 で す ) て い ま せ ん 。 こ れ を 完 成 さ せ て , Fig. 13 の に 興 味 の あ る 人 は , 市 販 さ れ て い る 参 考 書 よ う に 表 示 さ れ る よ う に し て く だ さ い 。 を お 読 み く だ さ い 、 成 績 処 理 ( ヒ ン ト : 変 数 kokugo は 全 員 の 国 語 の 合 計 サ サ イ ズ 点 で す ) 今 月 の サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム は 「 簡 単 成 績 処 【 問 題 3 】 こ の コ ー ナ ー て 、 は , あ な た に 未 完 成 の プ 理 」 ( KBASE ( ケ イ ベ イ ス ) ) て 、 す 。 標 準 入 力 List 9 は , あ る コ ン ピ ュ ー タ グ ラ フ ィ ッ ク か ら 生 徒 の 名 前 と 各 教 科 の 点 数 を 受 け 取 っ ス の プ ロ グ ラ ム の 一 部 分 で あ る と 仮 定 し ま ロ グ ラ ム を 完 成 さ せ て い た だ き ま す 。 て , 成 績 順 に 並 べ る プ ロ グ ラ ム て 、 す 。 【 問 題 1 】 す 。 い ま は ち ょ う ど 長 方 形 の 面 積 を 計 算 す Fig. 1 1 点 , 線 分 , 長 方 形 を 表 現 す る Fig. 9 List 4 の 結 果 凵 ST4 ℃ を コ ン パ イ ル 凵 ST4. EXE を 実 行 凵 ST4. EXE の 実 行 結 果 E* ・ 1 0 1 、 0 , し -4 号 E 0 《 し 1 よ 00 番 ・ 1 上 80b0 ん 席 名 語 学 語 計 わ 出 氏 国 数 英 合 点 (x,y) 線 分 Å 百 PQ を 対 角 線 と す る 長 方 形 P 0 Fig. 10 List 5 の 結 果 。 す す す す で で で で 点 点 点 1-- -4 9 戸 0 り 1 人 り 0 2 は は は は 点 点 点 点 計 計 計 果 計 合 合 合 結 合 の の の の の 馬 一 郎 題 浩 和 光 太 問 城 部 藤 藤 結 阿 伊 佐 2 、 上 り 00 4 凵 ST5. C を コ ン ノ ヾ イ ル 凵 ST5. EXE を 実 行 0 1 人 0 -0 号 ・ E 0 ・ 1 E* 0 一 0 0 ・ 4- L.O L.n 0 6 り 0 8 8 1 よ 00 8 9 8 り 0 《 ) 1 、 00 番 1 ・ 8 6 り 番 甲 よ 叮 ー 6 ー 0 乙 席 名 語 学 語 計 席 名 語 学 語 計 席 名 語 学 語 計 わ 出 氏 国 数 英 合 出 氏 国 数 英 合 出 氏 国 数 英 合 13 問 題 2 の 結 果 Fig. 国 語 の 平 均 点 は 80.3 点 で す 。 数 学 の 平 均 点 は 72.3 点 で す 。 英 語 の 平 均 点 は 75.5 点 で す 。 凵 ST5. EXE の 実 行 結 果 14 問 題 3 の 結 果 Fig. 長 方 形 ( 3.1 , 4.1 ) ー ( 5.9 , 2.6 ) の 面 積 は 4.2 で す 。 92 C MAGAZINE 1994 1

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


略 し て 大 筋 だ け を 紹 介 す る に と ど め た の て 、 , 不 満 な 方 も あ る か と 思 い ま す 。 そ う い っ た 方 は 直 接 サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム を 見 て 参 考 に し て く だ さ い 今 回 説 明 し 切 れ な か っ た , PEGC な ど を 使 っ た プ ロ グ ラ ム も 添 付 し た の て 、 参 考 に な る と 思 い ま す 。 ま た , PC ー 9801 に 関 す る 情 報 て 、 細 か な 部 分 は 参 考 文 献 [ 1 ] な ど に 詳 し く 解 説 さ れ て い る の て 、 そ ち ら を 参 照 し て く だ さ [ 参 考 文 献 ] 真 ・ 清 水 和 文 ・ 速 水 祐 共 著 , ア ス キ ー 出 [ 1 ] 『 PC ー 9801 ス ー パ ー テ ク ニ ッ ク 』 , 小 高 輝 版 , 1992 年 [ 2 ] 『 PC9800 シ リ ー ズ テ ク ニ カ ル デ ー タ ブ ッ ク MULTIMEDIA 編 』 , ア ス キ ー 出 版 局 テ ク ラ イ ト 編 集 , 1993 年 3 「 PC ー 9821 の 拡 張 機 能 解 析 」 , こ う の た け し ・ 小 高 輝 真 , 『 ざ べ 』 1993 年 9 月 号 , p. 8 3 —p. 103 , 技 術 評 論 社 , 1993 年 旧 M 系 VGA の 活 用 出 口 尚 朗 ( ZOB us ) DOS / V を は じ め と し た 旧 M 互 換 機 と PS / 2 に は 必 す と い っ て い い ほ ど VGA か 搭 載 さ れ て い ま す 。 こ の 点 で は , も っ と も 普 及 し て い る グ ラ フ ィ ッ ク ハ ー ド ウ ェ ア の ひ と つ で あ る と い え る で し よ う 。 本 章 で は , VGA の テ キ ス ト モ ー ド , グ ラ フ ィ ッ ク モ ー ド , バ レ ッ ト に つ い て , VGA 概 要 MS-Windows が 莫 大 な 売 れ 行 き を 示 し , 猫 も 杓 子 も ウ イ ン ド ウ ズ と い う 昨 今 , 日 本 の 伝 統 工 芸 PC て 、 あ る PC-98 も VGA と 同 じ 6 40X480 の 解 像 度 の モ ー ド を 搭 載 し , 最 低 6 40X480 表 示 て 、 な け れ ば コ ン ピ ュ ー タ に あ ら ず , と い う 風 潮 す ら 感 じ る よ う に な り ま し 、 0 初 め て 世 に 出 た 頃 は , CGA に よ る 貧 弱 な 文 字 表 示 機 能 し か 持 っ て い な か っ た IBMP C て 、 す が , そ の 後 , EGA, VGA と 発 展 し , 現 在 て 、 は 1280X1024 以 上 の 解 像 度 を 持 っ グ ラ フ ィ ッ ク シ ス テ ム や , CPU と は 別 に 描 画 を 行 う ア ク セ ラ レ ー タ チ ッ プ を 搭 載 し た も の も 登 場 し ま し た 。 今 回 は , 日 本 て 、 よ う や く 一 般 的 に な っ た VGA に つ い て 説 明 し た い と 思 い ま す 。 VGA は Video Graphics Array の 略 て 、 , 46 C MAGAZINE 1994 1 そ の 仕 組 み と 使 い 方 を 解 説 し ま す 。 コ ン ヒ 。 ュ ー タ の デ ィ ス プ レ イ に 画 像 を 表 示 す る サ プ シ ス テ ム の 一 種 て 、 す 。 最 初 に 搭 載 さ れ た の は IBM の PS/2 て 、 , そ れ 以 後 の IBM PS / 2 お よ び 互 換 機 に は 必 す と い っ て い い ほ ど VGA が 搭 載 さ れ て い ま す 。 ビ テ オ モ ー " Table 7 に あ る と お り , VGA に は テ キ ス ト モ ー ド と グ ラ フ ィ ッ ク モ ー ド が あ り ま す 。 テ キ ス ト モ ー ド は 文 字 を 表 示 す る た め の ビ デ オ モ ー ド て 、 , 高 速 に 文 字 ( と い っ て も ア ル フ ァ ベ ッ ト キ ャ ラ ク タ だ け て 、 す が ) 表 示 を 行 う こ と が て 、 き ま す 。 グ ラ フ ィ ッ ク モ ー ド は 絵 や 図 形 を 表 示 す る た め の モ ー ド て 、 , 自 由 に 表 示 を 行 え る 反 面 , 文 字 も 絵 と し て 表 示 し な け れ ば な ら ず , 処 理 が 遅 い と い う 欠 点 が あ り ま す 。 ま た テ キ ス ト と グ ラ フ ィ ッ ク と て 、 同 じ VRAM を 切 り 換 え て 使 っ て い る の て 、 , PC ー 9801 シ リ ー ズ の よ う に 両 者 を 混 在 さ せ て 表 示 す る こ と は て 、 き ま せ ん 。 ち な み に , MS-DOS は ビ デ オ モ ー ド 3 ( テ キ ス ト モ ー ド , 80 桁 X25 行 , 16 色 ) て 、 動 作 さ せ る の が 普 通 て 、 す が , こ の モ ー ド て 、 は 日 本 語 を 表 示 て 、 き ま せ ん 。 そ こ て 、 DOS / V と 呼 ば れ る シ ス テ ム て 、 は , VGA の ハ ー ド ウ ェ ア は ビ デ オ モ ー ド 12h て 、 動 作 さ せ , 拡 張 BIOS て 、 ビ デ オ モ ー ド 3 を エ ミ ュ レ ー ト し て い ま す 。 こ う す る こ と て 、 DOS や ア プ リ ケ ー シ ョ ン に 影 響 を 与 え ず に 日 本 語 表 示 を 可 能 に し て い ま す 。 TabIe 7 の ビ デ オ モ ー ド は す べ て 同 じ メ モ リ て 、 動 作 し ま す が , メ モ リ の ア ド レ ス は 変 化 し ま す 。 Fig. 7 の メ モ リ マ ッ プ を 参 照 し て く だ さ い 。 ア ド レ ス が 異 な る の て 、 , た と え ば CGA と VGA を 同 時 に 利 用 て 、 き そ う な 感 じ を 受 け ま す が , 残 念 な が ら そ れ は て き ま せ ん 。 サ ー ド バ ー テ ィ の デ ィ ス プ レ イ カ ー ド に は カ ー ド 2 枚 を PC 上 に 組 み 込 ん て 、 , 同 時 に ふ た つ の デ ィ ス プ レ イ に CGA と VGA を 表 示 て 、 き る も の も あ り ま す 。

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


実 践 刀 レ ゴ 丿 な 戦 略 解 法 の テ ク ニ ッ ク 松 田 晋 第 2 圧 回 逐 次 添 加 法 ( 5 ) 今 月 は 逐 次 添 加 法 の 図 形 処 理 に 対 す る 応 用 と し て , 計 算 幾 何 学 の 代 表 的 な 応 用 問 題 で あ る 「 凸 包 」 の 問 題 を 逐 次 添 加 法 に よ り 解 い て み ま す 0MS-DOS 版 と MS-Window s 版 の 2 種 類 の プ ロ グ ラ ム を 示 し ま し た 。 今 回 は 「 凸 包 」 と い う 問 題 を 解 く こ と に 逐 キ カ ガ ク 」 に な る の て 、 や や こ し い な ん て 話 は は じ め に 次 添 加 法 を 応 用 す る 例 を 示 し ま す 。 こ の 間 と も か く , 図 形 に 関 す る さ ま ざ ま な ア ル ゴ リ ズ ム を 研 究 す る の が 計 算 幾 何 学 て 、 す 。 題 は 本 質 的 に 逐 次 添 加 法 が 適 し て い る の て 、 , ア ル ゴ リ ズ ム 設 計 の 戦 略 と し て の 「 逐 次 添 特 別 な デ ー タ 構 造 の 工 夫 を し な く て も 十 分 グ ラ フ ィ ッ ク ス や CAD な ど , 大 量 の 図 形 加 法 」 に つ い て は , 前 々 回 ( ' 93 年 11 月 号 ) に 基 な 効 率 が 得 ら れ る と い う 例 て 、 す 。 こ の 問 題 デ ー タ を 扱 う ア プ リ ケ ー シ ョ ン は 増 加 し て 本 的 な 考 え 方 を 解 説 し ま し た 。 こ の 手 法 は , を 解 く 過 程 を 通 し て , 逐 次 添 加 法 を 問 題 に き て い ま す 。 た と え ば , 私 た ち に 身 近 な マ 適 用 す る 場 合 の 勘 所 を 習 得 し て い た だ き た イ ク ロ プ ロ セ ッ サ に は 100 万 単 位 の ト ラ ン ジ 非 常 に 小 さ な 解 か ら ス タ ー ト し て , 解 の 形 を 保 ち つ つ デ ー タ を 付 け 加 え て い く と い う い と 思 い ま す 。 ス タ が 内 蔵 さ れ て い ま す か ら , マ イ ク ロ プ 戦 略 を 取 り ま す 。 こ の 方 法 に は , 明 快 て 、 わ ロ セ ッ サ を 設 計 す る た め の ソ フ ト ウ ェ ア (C 計 算 幾 何 学 と 凸 包 AD な ど ) は 数 千 万 オ ー ダ の 図 形 要 素 ( 線 分 な か り や す い と い う 特 徴 が あ り ま す が , そ の 反 面 , 単 純 に 逐 次 添 加 を 実 装 し た だ け て 、 は ど ) を 扱 わ な け れ ば な り ま せ ん 。 こ れ を 総 当 十 分 な 効 率 が 得 ら れ な い 可 能 性 が あ り ま す 。 ア ル ゴ リ ズ ム の 研 究 は 学 術 的 に は 「 計 算 機 た り 的 な 素 朴 な 方 法 て 、 処 理 し て い た の て 、 は 科 学 (computer science) 」 に 分 類 さ れ ま す 納 期 遅 れ す る こ と は 必 定 て 、 す 。 こ れ は ほ ん こ の た め , 効 率 を 確 保 す る た め に デ ー タ 構 造 の 工 夫 が 必 要 な 場 合 が 多 い の て 、 す が , そ が , そ の 研 究 対 象 の ひ と っ と し て 「 計 算 幾 何 の 一 例 て 、 す が , 計 算 幾 何 学 が 生 ま れ た 背 景 学 (computational geometry) 」 と い う 分 野 の 実 例 と し て 「 ヒ ー プ 」 と い う デ ー タ 構 造 を に は 時 代 の 要 請 が あ っ た こ と は 納 得 い た だ が あ り ま す 。 音 に す る と ど ち ら も 「 ケ イ サ ン 用 い た 例 を 紹 介 し て き ま し た 。 け る こ と と 思 い ま す 。 こ の 計 算 幾 何 学 の 代 表 的 な 例 題 と し て は , 線 分 の 交 差 判 定 や , 凸 包 の 生 成 間 題 , ポ ロ Fig. 2 凸 包 Fig. 1 線 分 の 交 差 問 題 ノ イ 線 図 な ど が あ り ま す 。 線 分 の 交 差 問 題 と は , 平 面 上 に 置 か れ た 線 分 群 が 交 差 す る か ど う か を 判 定 し た り , 交 点 を 列 挙 し た り す る 問 題 の こ と て 、 す ( Fig. 1 ) 。 コ ン ピ ュ ー タ て 、 扱 う 図 形 は , つ ま る と こ ろ 線 分 の 集 ま っ た も の て 、 す し , 交 差 判 定 は , 線 分 を 扱 う う え て 、 は ご く 基 本 的 な 操 作 て 、 す か ら , 線 分 の 交 差 問 題 は 計 算 幾 何 学 て 、 0 0 0 76 C MAGAZINE 1994 1

月刊 C MAGAZINE 1994年1月号


LANGUAGE 後 々 の 再 利 用 性 の 高 い オ プ ジ ク ト の 構 成 と は ? The Journey 0f a Thousand MiIes Elgin Lee 岩 谷 宏 訳 (COMPUTER LANGUAGE, Oct. 1991 ) コ ー ド の 再 利 用 と 、 う 夢 は ← プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ の 最 初 の 1 か 月 で は 実 現 し ま せ ん 。 オ プ ジ ェ ク ト の 数 の 点 に は , 長 い 道 の り の 果 て に や っ と 到 達 す る の で す 。 最 近 は , ソ フ ト ウ ェ ア デ ベ ロ ッ パ の か た ン グ を 始 め た ば か り の 人 た ち は , そ れ に 関 ダ ン ス の ス テ ッ プ を 教 え た の は あ な た か も が た の 多 く が , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ す る 最 初 の 「 そ う か , な る ほ ど ! 」 を 擱 む ま し れ ま せ ん が , 踊 っ て い る の は 人 形 た ち て 、 ミ ン グ の 数 々 の 利 点 を ご 存 じ て 、 す 。 な か て 、 て 、 は , 手 探 り て 、 の ろ の ろ と 進 ま ざ る を え ま す 。 プ ロ グ ラ マ と し て の あ な た の 仕 事 は , も い ち ば ん 関 心 が 高 い の が , 再 利 用 に よ る せ ん 。 そ の 最 初 の 「 な る ほ ど ! 」 と は , オ プ あ な た の 問 題 ド メ イ ン 〔 開 発 課 題 〕 の 中 に ジ ェ ク ト と は ア ク テ イ プ ( 能 動 的 ) な エ ン 生 産 性 の 向 上 て 、 あ り , ま た そ れ に よ り さ ま あ る エ ン テ ィ テ ィ と , そ れ ら の 担 当 役 割 と , ざ ま な 問 題 に 対 し て , よ り 明 快 て 、 メ ン テ ナ テ ィ テ ィ (active entities, そ れ ぞ れ 固 有 な そ れ ら お 互 い の 間 の 依 存 関 係 や 通 信 関 係 を ン ス し や す い プ ロ グ ラ ム 構 造 が 得 ら れ る と 独 自 の 能 動 的 動 作 活 動 を 有 す る , ひ と つ ひ 把 握 し , 後 は そ れ ら を 自 由 に 解 放 し て そ れ い う 期 待 て 、 す 。 と つ の 、 、 も の 〃 や 、 、 こ と つ だ , と い う 理 解 て 、 ら に 任 命 し た 仕 事 を や ら せ る の て 、 す 。 し か し オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ オ プ ジ ェ ク ト と , そ れ ら の 担 当 役 割 り と , す 。 を 初 め て 手 が け た 人 た ち は , そ う い う 利 点 Alan Kay (Xerox や Atari や Apple に い た そ れ ら の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の パ タ ー ン を は プ ロ グ ラ ミ ン グ に 取 り 組 む 姿 勢 を 抜 本 的 名 士 ) は , 従 来 型 の プ ロ グ ラ ミ ン グ は 、 、 人 形 把 握 す る こ と に 役 に 立 つ 二 つ の 記 事 が あ り 使 い 型 だ 〃 と 形 容 し ま し た [ 1 ] 。 つ ま り , 人 形 に 変 え な け れ ば 実 現 て 、 き な い と い う こ と を ま す 。 ひ と つ は , Kent Beck と Ward Cun た だ ち に 悟 り ま す 。 単 に 言 語 を , 従 来 言 語 使 い て 、 あ る あ な た が , こ れ か ら 作 る プ ロ グ ningham 力 す 書 い た 、 、 A Laboratory for Tea か ら オ プ ジ ェ ク ト 指 向 の プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 ラ ム の 中 の エ ン テ ィ テ ィ ( す な わ ち あ な た の ching Object Oriented Thinking", そ し て 語 に 変 え た だ け て 、 は だ め な ん て 、 す 。 従 来 的 人 形 ) を 見 つ け ま す 。 そ の プ ロ グ ラ ム の 中 て 、 も う ひ と つ は Rebecca Wirfs-Brock と Bria は , つ ね に あ な た の 意 思 が 前 面 に 出 て い て , な プ ロ グ ラ ミ ン グ 手 法 に 慣 れ て い る プ ロ グ n WiIkerson が 書 い た 、 \Object-Oriented D ふ る ラ マ に と っ て は , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 の 手 法 あ な た が 制 御 を 揮 い ま す 。 あ な た の 人 形 た esign : A ResponsibiIity-Driven Approa ち は , と き に は 一 緒 に ダ ン ス を し ま す が , を 完 全 に 理 解 す る こ と は , な か な か 難 し い ch ク て 、 , ど ち ら も fOOPSLA ' 89 Conference そ う い う と き て 、 も や は り あ な た が 糸 を 撲 豸 よ う て 、 す ( あ る 人 の オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ Proceedings 』 に 収 め ら れ て い ま す 。 そ れ は て い ま す 。 あ な た が 糸 を 引 く と , あ る 人 形 が SIGPLAN NOTICES. 24 [ 10 ] と し て 1989 ラ ミ ン グ 初 体 験 が , Jack W. Crenshaw の 、 、 A Perfect Marriage" , fCOMPUTER L 片 手 を 上 げ て 挨 拶 し ま す 。 ま た 別 の 糸 を 引 年 10 月 に 出 版 さ れ て い ま す 。 く と , 別 の 人 形 が つ ま さ き 立 ち を し て 旋 回 あ な た の プ ロ グ ラ ム を 構 成 す る オ プ ジ ェ ANGUAGE 』 , June 1991 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 邦 訳 「 OOP は し ま す 〔 つ ま り , そ れ ら の 、 、 人 形 ク は 、 、 パ ッ シ プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 の 制 作 に も 最 適 だ 」 『 C ク ト が 把 握 て 、 き た ら , 第 一 関 門 は 通 過 て 、 す 。 プ ( 受 動 的 ) な 〃 工 ン テ ィ テ ィ 〕 。 も う , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 の パ ラ ダ イ ス に 到 MAGAZINE 』 , ' 91 年 10 月 号 ・ ・ ・ ・ ・ ・ に 物 語 ら れ オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ て 、 は , 着 し た の て 、 し よ う か ? い や い や , そ れ は て い ま す ) 。 い の ち ま だ て 、 す 。 や っ と 最 初 の 山 を 越 え た だ け て 、 あ な た は 糸 を 断 ち 切 り , 人 形 に 命 が 宿 り ま オ プ ジ ェ ク ト 指 向 の パ ラ ダ イ ス に 向 か う す が , て 、 も な か な か 快 適 な 場 所 に 来 ま し た す 。 人 形 た ち が ダ ン ス を す る と き は 自 分 た 途 上 て 、 , 最 初 に や ら な け れ ば な ら な い の が , ね 。 オ プ ジ ェ ク ト を 把 握 て 、 き る よ う に な っ オ プ ジ ェ ク ト の 把 握 ~ 設 定 の 仕 方 を 理 解 す ち て 、 ダ ン ス を す る の て 、 あ り , あ な た の 指 示 る こ と て 、 す 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ て 、 踊 る の て 、 は あ り ま せ ん 。 た し か に , そ の た ら , あ な た は と て も 明 快 て 、 エ レ ガ ン ト な 提 携 記 事 引 ワ W す っ 第 CLASS Ⅱ 獺 、 S & MåC ( 第 18 C MAGAZINE 1994 1