検索 - みる会図書館

全データから 212942件ヒットしました。

本土の守りかた ~復刻・昭和20年「国土決戦教令」~


秘 国 土 決 戦 教 令 昭 和 二 十 年 四 月 二 十 日 大 本 営 陸 軍 部

本土の守りかた ~復刻・昭和20年「国土決戦教令」~


・ 本 資 料 に つ い て こ れ ま で 、 私 ど も 「 版 元 ひ と り 」 で は 、 堀 栄 三 陸 軍 少 佐 が 中 心 と な っ て 作 成 し た 『 敵 軍 戦 法 早 わ か り 』 の 復 刻 を き っ か け と し て 、 帝 国 陸 軍 の 「 上 陸 防 御 」 に 関 す る 資 料 を 復 刻 し て ま い り ま し た 。 『 敵 軍 戦 法 早 わ か り 』 は 、 3 分 冊 で 発 行 さ れ 、 の ち に 合 本 と な り ま し た 。 続 く 『 島 嶼 守 備 部 隊 戦 闘 教 令 ( 案 ) の 説 明 』 は 、 『 島 の 守 り か た 』 と い う 別 題 を つ け 、 ま ず 「 抄 本 」 を 復 刻 。 つ づ い て 、 完 全 版 を 制 作 い た し ま し た 。 ま た 、 完 全 版 制 作 に あ た り 、 『 島 嶼 守 備 部 隊 5 』 の あ と に 出 さ れ た 指 示 で あ る 『 島 嶼 守 備 要 領 』 も 収 録 。 帝 国 陸 軍 の 島 嶼 守 備 に つ い て の 考 え 方 が わ か る 資 料 と し て ご 愛 読 い た だ い て お り ま す 。 『 島 嶼 守 備 要 領 』 に つ づ い て は 、 本 書 に も 名 前 が 出 て き て お り ま す 、 本 来 昭 和 十 九 年 十 月 発 行 の 『 上 陸 防 御 教 令 ( 案 ) 』 が あ り 、 さ ら に は 『 橋 頭 陣 地 ノ 攻 撃 』 ( は 昭 和 二 十 年 五 月 発 行 、 本 書 よ り 一 ヶ 月 あ と で す ) 等 も あ る の で す が 、 今 回 は 本 土 決 戦 を テ ー マ と し て 、 そ れ に 最 も ふ さ わ し い と 思 わ れ る 資 料 『 国 土 決 戦 教 令 』 を 復 刻 い た し ま し た 。 一 部 に は 「 沖 縄 戦 の 悲 惨 さ 」 を 説 明 す る 資 料 と し て も 使 わ れ て い る ら し い の で す が 、 実 の と こ ろ 、 沖 縄 戦 が 始 ま っ た の は 本 書 発 行 よ り 前 で あ り 、 本 書 の 存 在 が 影 響 し た と は 考 え に く い の で す 。 あ く ま で 「 本 土 決 戦 用 に 作 ら れ た 資 料 」 と い う 前 提 で 、 お 読 み い た だ け れ ば 幸 い で す 。 な お 、 次 。 ヘ ー ジ 以 降 は 、 以 前 刊 行 い た し ま し た 同 人 誌 か ら 、 本 土 決 戦 に ま つ わ る 内 容 を 再 録 し ま し た の で 、 あ わ せ て お 読 み く だ さ い ま せ 。

本土の守りかた ~復刻・昭和20年「国土決戦教令」~


国 土 決 戦 教 令 目 次 第 一 章 要 旨 第 二 章 将 兵 の 覚 悟 及 び 戦 闘 守 則 第 三 章 作 戦 準 備 第 一 節 要 則 第 二 節 教 育 訓 練 第 三 節 築 城 第 四 章 決 勝 会 戦 第 一 節 要 則 第 二 節 沿 岸 防 御 戦 闘 第 三 節 機 動 第 四 節 攻 撃 戦 闘 第 五 章 持 久 方 面 の 作 戦 第 六 章 情 報 勤 務 第 七 章 交 通 、 通 信 第 八 章 兵 站 国 土 決 戦 教 令 目 次 終 ※ 本 書 は 、 昭 和 二 〇 年 四 月 二 十 日 に 大 本 営 陸 軍 部 が 発 行 し た ー 『 国 土 決 戦 教 令 』 を 、 旧 字 体 の 新 字 変 更 、 最 小 限 の 句 読 点 追 要 2 日 、 ひ ら が な 書 き の 変 更 等 を 施 し 、 読 み や す く 整 理 し た も 一 ー の で す 。 な お 、 原 典 は 防 衛 省 防 衛 研 究 所 戦 史 研 究 セ ン タ ー 所 ー ー 蔵 の も の で あ り 、 本 書 制 作 者 が 許 諾 を 得 て 収 録 し て お り ま す 一 2

本土の守りかた ~復刻・昭和20年「国土決戦教令」~


・ 臼 井 総 理 ( う す い ・ そ う り ) 本 業 は ラ イ タ ー ・ 編 集 者 、 よ ろ ず 企 画 者 。 偉 そ う な 名 前 だ が 、 も ち ろ ん べ ン ネ ー ム 。 イ ン タ ビ ュ ー を 得 意 と し 、 主 に PC ・ IT 関 係 雑 誌 ・ 書 籍 、 広 告 媒 体 等 の 仕 事 を 行 う が 、 2014 年 か ら は 自 衛 隊 オ フ ィ シ ャ ル マ ガ ジ ン 『 MAMOR 』 ラ イ タ ー と し て も 活 躍 中 。 第 一 線 部 隊 の 取 材 よ り も 市 ヶ 谷 で の イ ン タ ビ ュ ー が 多 い が 、 最 近 は あ の 「 硫 黄 島 」 に も 取 材 で 足 を 運 ん だ 。 近 年 は タ ル タ ル ソ ー ス 、 麻 婆 豆 腐 の 素 、 魚 肉 ソ ー セ ー ジ 、 ツ ナ 缶 と 「 食 」 分 野 の 同 人 誌 ば か り 作 っ て い る が 、 ミ リ タ リ ー も 少 年 時 代 か ら 長 年 親 し ん で い る 分 野 の ひ と つ 。 プ ラ ウ ザ ゲ ー ム 「 艦 こ れ 」 も リ リ ー ス 初 期 か ら 遊 ん で い る ( が 、 最 近 は 停 滞 気 味 ) 。 そ の 他 鉄 道 ( 寝 台 列 車 好 き ) 、 車 、 モ ー タ ー ス ポ ー ツ 、 モ バ イ ル デ バ イ ス 、 PC な ど 趣 味 多 彩 。 家 庭 で は 一 児 の 父 。 ※ 本 書 後 半 で 再 録 し た 原 稿 は 、 平 成 25 年 12 月 、 に 発 行 し た 『 本 土 決 戦 準 備 鹿 児 島 1 9 4 5 ~ 』 の 内 容 を 基 に し て お り ま す 。 印 刷 ・ サ ン ラ イ ズ 発 行 ・ 版 元 ひ と り 著 者 ・ 臼 井 総 理 本 土 の 守 り か た ~ 復 刻 ・ 昭 和 20 年 「 国 土 決 戦 教 令 」 ~ 〒 160 ー 0018 東 京 都 新 宿 区 須 賀 町 3 ー 18 ー 301 日 井 方 「 版 元 ひ と り 」 係 初 版 第 2 刷 発 行 ・ 平 成 29 年 8 月 12 日 初 版 発 行 ・ 平 成 28 年 12 月 29 日 臼 井 総 理 プ ロ グ 版 元 ひ と り 公 式 サ イ ト http://souri.hatenablog.jp/ http://hanmotol.net/ 48

昭和天皇(上)


昭 和 天 皇 は 二 〇 年 以 上 に わ た り 、 相 互 に か ら ま り 合 う 複 雑 な 制 度 の な か で 、 政 府 お よ び 官 僚 制 か ら 独 立 し て 実 権 と 権 威 を 行 使 し て き た 。 戦 争 と 外 交 の 状 況 を よ く 呑 み こ み 、 政 治 と 軍 事 の 知 識 を 十 分 に 備 え な が ら 、 国 家 の 政 策 決 定 に 関 与 し 、 野 戦 指 揮 官 や 提 督 に 大 本 営 命 令 を 発 し て き た 。 日 本 の 戦 争 戦 略 の 形 成 と 、 中 国 に お け る 軍 事 作 戦 全 般 の 実 行 の 指 揮 に 積 極 的 な 役 割 を 演 じ た 。 一 九 四 一 年 に は 、 天 皇 と 宮 廷 の 側 近 は 、 陸 海 軍 の 強 硬 な 対 米 英 戦 支 持 者 と 結 ん で 、 太 平 洋 戦 争 に 道 を 開 い た 。 戦 争 が 始 ま っ て 二 年 、 日 本 が 主 導 権 を 失 い 、 守 勢 を 余 儀 な く さ れ て し ば ら く し て も 、 天 皇 と 大 本 営 は 、 太 平 洋 戦 線 の ど こ か で 戦 闘 に 勝 ち 、 ア メ リ カ の 攻 勢 を く じ い て 戦 局 を 立 て 直 す と い う 可 能 性 に 望 み を か け て い た 。 戦 争 の 最 後 の 年 、 彼 は 軍 事 作 戦 に 直 接 の 、 し ば し ば 重 要 な 影 響 力 を 行 使 し 、 太 平 洋 の 戦 い に そ の 神 話 的 存 在 を 投 射 し 続 け た 。 一 九 四 五 年 の 前 半 、 終 局 が 迫 っ た 時 点 で 、 よ う や く 彼 は 本 土 決 戦 の 決 定 に 動 揺 を 見 せ た 。 過 酷 な 本 土 決 戦 の 作 戦 立 案 者 と 手 を 切 る こ と へ の 天 皇 の た め ら い が 、 日 本 の 降 伏 を 遅 ら せ た 主 な 要 因 で あ る 。 天 皇 と 戦 争 指 導 者 と の 関 係 は 、 し ば し ば 緊 張 を は ら ん だ も の だ っ た 。 天 皇 は た び た び 彼 ら を 叱 責 し 、 彼 ら の 一 方 的 な 行 動 を 妨 げ 、 そ の 軍 事 政 策 の 決 定 を 監 督 し た 。 し か し 彼 は 、 勢 力 圏 拡 大 を 目 指 し た 将 軍 ・ 提 督 の 側 に 立 ち 、 命 令 違 反 の 独 走 も 、 軍 事 的 に 成 功 す る か ぎ り 承 認 し た 。 大 元 帥 と し て の 独 自 の 手 法 と 作 戦 に 及 ば し た 影 響 は 、 日 本 に 決 定 的 な 敗 北 を も た ら し た 数 多 く の 要 因 の な か で 研 究 が も っ と も 少 な く 、 そ れ だ け に 再 検 討 が 欠 か せ な い 。 昭 和 天 皇 は 、 政 治 的 ・ 軍 事 的 指 導 者 だ っ た だ け で な く 、 そ の 国 民 の 最 高 の 精 神 的 権 威 で も あ っ た 。 危 機 に あ っ て 日 本 国 家 の 神 聖 性 を 宣 言 す る 、 宗 教 的 に 充 電 さ れ た 君 主 制 の 頭 領 で あ っ た 。 宮 城 の 南 西 の 一 角 に あ る 木 造 建 築 群 の な か で 、 天 皇 は 神 に 由 来 す る そ の 神 秘 の 血 統 と 、 日 本 国 家 お よ び そ の 国 土 の 聖 性 へ の 忠 誠 を 明 確 に す る 複 雑 な 祭 祀 を と り お こ な っ た 。 宗 教 的 、 政 治 的 、 軍 事 的 指 導 力 が 一 個 の 人 間 に 融 合 し て い る こ と は 、 天 皇 の 研 究 を 複 雑 な も の に す る 。 ま た 成 人 し て 以 来 、 つ ね に 天 皇 を 取 り 巻 い て 影 響 を 与 え 、 そ の こ と で 他 人 に も 影 響 を 及 ば し な が ら 、 し か も 交 代 を 繰 り 返 す 側 近 の 中 心 に 位 置 し て き た こ と も 、 研 究 を 難 し く し て い る 。 昭 和 天 皇 を 知 る に は 、 変 化 す る 側 近 層 と そ の 思 想

昭和天皇(下)


( 燗 ) だ 。 昼 夜 兼 行 で 、 「 切 羽 つ ま っ た 決 死 の 気 持 ち 」 で 、 軍 令 部 は 六 月 二 一 日 草 案 を 完 成 さ せ た 。 し か し な が ら 、 連 合 艦 隊 司 令 部 が 反 対 の 意 思 を 表 明 す る と 、 三 日 後 の 六 月 二 四 日 、 東 条 と 嶋 田 は 、 正 式 に 奪 還 計 画 は 取 り 止 め る べ き で あ る と 奏 上 し た 。 サ イ バ ン は 永 久 に 失 わ れ る こ と と な っ た の で あ る 。 サ イ バ ン の 敗 北 を 受 け 入 れ る こ と を 拒 ん で い た 天 皇 は 、 蓮 沼 蕃 侍 従 武 官 長 に 、 天 皇 臨 席 の 元 帥 会 議 を 開 催 し 、 意 見 を ま と め る よ う に と 命 じ た 。 ふ た り の 長 老 の 皇 族 に 加 え 永 野 、 杉 山 の 二 元 帥 、 東 条 ・ 嶋 田 の 両 総 長 が 六 月 二 五 日 、 宮 中 に 集 ま っ た 。 元 帥 府 は 、 先 に 提 出 さ れ た 統 帥 部 の 報 告 は 適 切 で あ り 、 サ イ バ ン 奪 還 は 不 可 能 で あ る と の 見 解 を ま と め て 、 こ れ を 天 皇 に 奉 答 し た 。 昭 和 天 皇 は そ れ を 文 書 に し て お く よ う に と 言 う と 、 部 屋 を 後 に し た 。 こ の 議 論 に 引 き 続 き 、 東 条 は 陸 軍 が 「 風 船 爆 弾 」 を 考 案 し 、 秋 に は 敵 国 に 向 け て 三 万 個 の 風 船 爆 弾 を 空 中 に 放 っ 予 定 で あ る こ と を 明 ら か に し た 。 一 九 四 三 年 一 二 月 か ら 四 四 年 一 月 の 間 に 、 昭 和 天 皇 は 風 船 爆 弾 の 計 画 に つ い て 何 度 か ( 鵬 ) 内 奏 を 受 け て い た 可 能 性 が 強 い 。 そ の 後 も 天 皇 は こ の 計 画 の 進 捗 に 非 常 に 関 心 を 持 っ て い た 。 戦 局 の 見 通 し が 暗 い こ の 時 期 に 、 大 本 営 は 今 後 、 来 た る べ き 本 土 で の 地 上 戦 の 作 戦 計 画 に 着 手 し よ う と し て い た 。 当 時 、 予 想 さ れ て い た 四 に よ る 空 襲 を 迎 え 撃 っ た め に 陸 海 軍 の 準 備 は 整 い つ つ あ る と の 会 議 で の 報 告 を 聞 い て 、 昭 和 天 皇 は 安 堵 し た か も し れ な い 。 風 船 爆 弾 の よ う な 風 ま か せ の 特 殊 な 報 復 兵 器 を 当 て に し た こ と は 、 昭 和 天 皇 が 動 揺 し て い た 兆 候 の 一 例 だ っ た 。 マ リ ア ナ で の 敗 北 は 戦 争 の 新 し い 段 階 の 始 ま り だ け で は な く 、 東 京 に お け る 新 た な 政 治 危 機 の 幕 開 け で も あ っ た 。 天 皇 自 身 が 再 び 、 皇 族 の 批 判 の 的 と な っ た 。 こ の 頃 、 天 皇 の 弟 、 高 松 宮 は そ の 日 記 に 次 の よ う な こ と を 書 い て い た 。 高 松 し よ く し よ う 宮 に よ れ ば 、 天 皇 は 事 の 重 大 性 を 認 識 せ ず 、 官 僚 機 構 の 上 下 関 係 の 秩 序 を 厳 格 に 守 る こ と に こ だ わ り 、 職 掌 を 守 ら な い 者 は 退 け る 傾 向 が あ り 、 「 御 気 色 悪 く 」 な る だ け で あ っ た 。 も ち ろ ん 、 昭 和 天 皇 の 天 皇 と し て の 役 割 に 対 す る 皇 族 か ら の 批 判 は 、 以 前 か ら あ っ た こ と で あ り 、 新 し い こ と で は な い 。 よ り 深 刻 な の は 統 治 階 層 の 中 で 東 条 に 向 け ら れ た 批 判 が 生 じ た こ と で あ る 。 そ し て 、 こ の 東 条 へ の 権 力 の 集 中 は 天 皇 が 支 持 し た こ と に よ っ て の み 実 現 で き た も の だ っ ? 」 0

昭和天皇(下)


た け し た の ぼ る 首 相 の 竹 下 登 は 公 式 の 弔 辞 を 発 表 し た 。 そ の な か で 彼 は 、 二 〇 世 紀 後 半 の 日 本 の 政 治 が 前 提 に し て き た ふ た つ の 虚 構 を 繰 り 返 し 強 調 し て い る 。 竹 下 に よ れ ば 、 「 大 行 天 皇 , 〔 天 皇 が 死 去 し て 、 「 昭 和 天 皇 」 な ど の 追 号 が お く ら れ る ま で の 暫 定 的 な 敬 称 号 〕 は つ ね に 平 和 主 義 者 、 立 憲 君 主 で あ り 、 六 二 年 間 の 激 動 の 時 代 を と お し て 「 世 界 の 平 和 と 国 民 の 幸 福 を ひ き ゅ う こ う た す ら 御 祈 念 さ れ 、 日 々 実 践 躬 行 」 し た 。 「 お 心 な ら ず も 勃 発 し た 先 の 大 戦 に お い て 、 戦 禍 に 苦 し む 国 民 の 姿 を 見 る に 忍 び ず と の 御 決 心 か ら 、 御 一 身 を 顧 み る こ と な く 戦 争 終 結 の 御 英 断 を く だ さ れ た 」 。 ひ ろ の み や あ や の み や の り の み や 翌 日 、 五 六 歳 の 皇 太 子 明 仁 が 天 皇 の 任 務 を 引 き 継 い だ 。 彼 は 浩 宮 、 礼 宮 、 紀 宮 と い う 三 人 の 成 人 し た 子 の 親 で 、 そ せ ん そ の 践 祚 に は 、 昭 和 天 皇 の と き の よ う な 難 題 は な か っ た 。 短 い 儀 式 の な か で 、 彼 は 日 本 国 憲 法 を 守 る と 述 べ た 。 東 西 ド イ ツ が 最 終 的 に 統 合 さ れ 、 冷 戦 が 終 結 し 、 世 界 最 大 の 帝 国 ソ 連 が 解 体 に 踏 み 出 す な か で 、 「 平 成 , ( 達 成 さ れ た 平 和 ) の 新 時 代 が 始 ま っ た 。 政 治 情 勢 は い た る と こ ろ で 流 動 化 の 度 を 強 め た 。 日 本 で は 後 を 絶 た な い 汚 職 に よ る 卑 小 な 政 治 危 機 が 体 制 を ゆ る が し て い た 。 八 九 年 七 月 の 参 議 院 選 挙 で 自 民 党 は 戦 後 初 め て 一 時 的 な 敗 北 を 喫 し た 。 こ の 一 年 間 に 三 人 の 首 相 が 登 場 し 、 辞 職 し た 。 昭 和 天 皇 の 葬 儀 と 新 天 皇 の 即 位 式 を め ぐ っ て 、 支 配 エ リ ー ト 間 で 深 刻 な 論 争 が あ っ た 。 天 皇 が 即 位 の た め の 一 連 の 儀 式 を 始 め る の は 、 慣 例 に よ る 一 年 間 の 国 の 服 喪 が 明 け て か ら だ っ た 。 式 典 は 昭 和 天 皇 の 大 典 と 同 様 、 す べ て 国 費 で 行 わ れ た が 、 ず っ と 簡 素 で 落 ち 着 い た も の だ っ た 。 国 民 は 興 味 深 く な が め 、 少 数 の 人 々 は 深 く 感 動 し た 。 儀 式 は 、 一 九 九 〇 年 一 一 月 一 二 日 、 皇 居 で 行 わ れ た 即 位 式 で 最 高 潮 に 達 し た 。 世 界 一 五 八 カ 国 か ら の 一 五 〇 〇 人 を だ い じ よ う さ い 含 む 約 二 五 〇 〇 人 以 上 の 高 官 が 参 列 し た 。 そ の 二 週 間 後 の 一 一 月 二 三 日 、 皇 居 東 御 苑 で 七 三 三 人 を 招 い て 大 嘗 祭 が 催 さ れ た 。 ど ち ら も 民 主 主 義 の 日 本 に は ふ さ わ し く な い も の だ っ た 。 即 位 式 は 中 世 的 な 皇 位 の 聖 性 を 象 徴 し て お り 、 天 ( 聞 ) 皇 は 高 い 壇 上 に 立 ち 、 総 理 大 臣 は 臣 下 の よ う に 低 い 場 所 か ら 天 皇 を 仰 ぐ 。 国 民 主 権 の 思 想 は 無 視 さ れ て い た 。 六 時 間 に お よ ぶ 大 嘗 祭 は 、 一 九 〇 九 年 の 勅 令 に 基 づ く も の で 、 一 九 四 七 年 の 新 憲 法 に は 何 ら 規 定 さ れ て い な い 。 そ れ で も 新 天 皇 は 、 憲 法 を 遵 守 す る と 誓 約 し て い る の だ 。 大 嘗 祭 と い う 宗 教 儀 式 は 、 明 治 期 の 絶 対 主 義 的 な 政 治 文 化 を 基 礎 と す る 国 家 神 道 を 復 活 さ せ る も の で あ る 。 そ の 意 282

本土の守りかた ~復刻・昭和20年「国土決戦教令」~


そ の 最 後 に 、 第 五 章 と し て 「 教 訓 其 ノ 他 」 と い う 項 目 が あ る こ と が 気 に か か っ た 。 戦 争 は 終 わ っ た 。 惨 敗 だ っ た 。 お そ ら く 数 十 年 単 位 で 日 本 は 立 ち 直 れ な い だ ろ う : : : そ う 言 わ れ て い た 終 戦 直 後 に 遺 さ れ た 「 教 訓 」 。 本 土 決 戦 に 備 え て い た 軍 人 た ち は 、 現 代 の 私 た ち に も 通 じ る よ う な 教 訓 を 残 し て く れ て い る と い う の だ ろ う か 。 そ し て そ れ は い っ た い ど ん な 内 容 な の か 。 実 は 、 私 の 祖 父 の 著 書 に も 、 未 来 へ の 教 訓 や 戦 訓 め い た 内 容 が 散 見 さ れ た 。 終 戦 直 後 に ま と め ら れ た 資 料 と は 違 い 、 祖 父 の 本 は 昭 和 六 十 三 年 、 戦 後 四 十 年 以 上 経 っ て か ら の 作 で あ る 。 そ こ に も 「 将 来 戦 に な っ た と し た ら ・ : 」 と い う 内 容 が 盛 り 込 ま れ て い た の だ 。 も し か す る と 、 先 の 大 戦 を 生 き 抜 い た 軍 人 た ち は 、 私 た ち に も っ と 伝 え た か っ た こ と が あ る の で は な い か 。 そ の 「 遺 言 」 で あ り 「 戦 訓 」 を 、 現 代 の 私 た ち も 真 剣 に 受 け 止 め な く て は い け な い の で は な い か 私 は そ う 思 い 、 第 四 十 軍 が 遺 し た 教 訓 を 、 そ の ま ま 出 版 す る こ と に し た の で あ る 。 そ れ が 、 こ こ か ら 先 収 録 す る 内 容 だ 。 『 第 四 十 軍 作 戦 行 動 の 概 要 』 と 祖 父 の 本 で あ る 『 わ が 八 十 年 史 ー ー 生 き て 、 戦 っ て 、 働 い て ー ー ー 』 を 引 用 ・ 掲 載 し つ つ 本 土 決 戦 準 備 に 臨 ん だ 第 四 十 軍 と 、 我 が 祖 父 の 足 跡 、 そ し て 彼 ら の 遺 し た 教 訓 を 見 て い く こ と に し た い 。 ま ず は 祖 父 の 本 か ら 「 第 六 章 第 四 十 軍 高 級 副 官 , の 部 を 引 用 す る 。 昭 和 二 十 年 一 月 十 一 日 、 国 軍 最 終 の ( ※ 注 ・ 何 を も っ て 最 終 と な し て い る の か は 不 明 。 例 え ば 五 十 七 軍 の ほ う が 編 成 は 後 で あ る ) 第 四 十 軍 な る 新 設 部 隊 を 編 成 し て 、 米 軍 の 予 想 上 陸 地 点 た る 台 湾 の 南 部 防 衛 の 任 に あ た ら し め た の で あ る 。 こ ま 戸 梶 、 長 宗 両 少 佐 軍 司 令 官 は 当 時 予 科 士 官 学 校 長 の 中 澤 三 夫 中 将 、 参 謀 長 は 安 達 大 佐 、 参 謀 ー ー

天声人語にみる戦後50年 上


1945 年 ( 昭 和 20 年 ) や 、 由 緒 あ る 街 道 の 並 木 ま で 伐 ら れ る に い た っ た 。 こ う し て い た る と こ ろ 森 林 の 過 伐 、 乱 伐 を 招 来 し た の で あ る 。 そ れ に 加 う る に 戦 災 家 屋 復 旧 の た め に は 、 文 句 な し に 大 量 の 伐 採 を 不 可 避 と す る 現 状 に あ り 、 こ の ま ま 放 置 し た な ら ば 国 土 の 荒 廃 は 火 を 見 る よ り も 明 ら か で あ っ て 、 速 や か に 造 林 に 着 手 す べ き 要 あ る こ と は 、 過 日 本 紙 社 説 の 提 唱 し た と お り で あ る 。 大 日 本 山 林 会 あ た り で も 、 か ね て 挙 国 造 林 運 動 を 唱 導 し 来 っ た が 、 こ の 際 さ ら に 奮 起 し て 、 ひ ろ く 国 民 に 呼 び か け る こ と が 要 望 さ れ る 。 ア メ リ カ の 教 育 家 ノ ー ス ロ ッ プ は 一 八 六 五 年 「 学 校 植 栽 日 」 と い う の を 創 め た が 、 明 治 二 十 八 年 来 朝 し た 際 、 牧 野 伸 顕 伯 が そ の 話 を 聞 い て 、 日 本 で も 「 学 校 植 栽 日 」 を つ く っ た と い う 歴 史 が あ る 。 「 愛 林 日 」 も 欧 米 で は 古 く か ら あ る が 、 わ が 国 で は 昭 和 十 三 年 に 「 四 月 四 日 を 愛 林 日 」 と 定 め ら れ た 。 こ の 愛 林 精 神 を 国 民 大 衆 に 普 及 せ し め 、 森 林 の 人 類 に 与 う る 偉 大 な る 恩 恵 と 効 用 を 周 知 せ し む る 要 が あ ろ う 。 「 森 林 に 依 存 し な く な っ た 民 族 は 亡 ぶ 」 と い う 一 一 一 口 葉 が あ る 。 我 等 は 子 孫 に 禿 山 を 残 し て は な ら ぬ 。 な ぜ 敗 れ た か 日 本 が な ぜ 敗 れ た か の 最 終 決 定 版 は 、 こ れ を 後 世 の 人 に 俟 つ ほ か な い と し て も 、 終 戦 直 後 の い ま 、 あ ら ゆ る 面 に わ た っ て 、 敗 因 を 明 白 な ら し む る こ と は 緊 急 不 可 欠 の 必 要 事 と い わ ね ば な ら ぬ 。 ほ う ) 一 、 つ も た ら あ れ だ け の 領 土 を 失 い 、 莫 大 な 生 命 を 犠 牲 と し 、 国 民 を 餓 死 線 に 彷 徨 せ し め て 齎 さ れ た と こ ろ の

本土の守りかた ~復刻・昭和20年「国土決戦教令」~


第 五 戦 場 は 悠 久 の 皇 土 な り 。 此 処 に 父 祖 伝 承 し て 倶 に 生 を 享 け 民 族 永 劫 の 生 命 と 共 に 存 す べ き 地 な り 万 策 を 尽 く し て 国 民 皆 兵 の 実 を 発 揮 し 且 つ 一 切 を 活 用 戦 力 化 し 以 て 皇 土 総 決 戦 に 参 与 せ し む べ し 第 六 平 常 的 生 活 環 境 と 、 之 に 伴 う 消 極 的 諸 条 件 及 び 国 土 国 民 に 対 す る 感 情 の 諸 作 用 と は 、 や や も す れ ば 決 戦 気 迫 を 消 磨 し 、 断 乎 た る 統 帥 の 実 行 を 躊 躇 せ し む る の お そ れ あ り 。 故 に 指 揮 官 は 自 ら に 鞭 ( む ち う ) ち て 勇 断 宜 し き を 制 し 克 く 軍 隊 を し て 百 事 戦 闘 を 基 準 と す る 野 戦 軍 の 本 領 を 発 揮 せ し む る を 要 す 第 七 国 土 決 戦 に 於 け る 作 戦 、 戦 闘 及 び 訓 練 は 典 令 を 活 用 す る の ほ か 、 本 教 令 に 準 拠 し 且 っ 戦 闘 要 領 に 関 し て は さ ら に 「 上 陸 防 御 教 令 ( 案 ) 、 橋 頭 陣 地 の 攻 撃 」 等 を 参 考 と す る も の と す 第 二 章 将 兵 の 覚 悟 及 び 戦 闘 守 則 第 八 国 土 決 戦 に 参 ず る 全 将 兵 の 覚 悟 は 各 々 身 を 以 て 大 君 の 御 楯 と な り て 来 寇 す る 敵 を 殲 滅 し 万 死 も と よ り 帰 す る が 如 く 七 生 報 国 の 念 願 を 深 く し て 無 窮 な る 皇 国 の 礎 石 た り 得 る を 悦 ぶ べ し