検索 - みる会図書館

検索対象: 本当によい教育を実現するための覚書

本当によい教育を実現するための覚書から 123件ヒットしました。

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 目 次 本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 目 次 は じ め に 第 1 部 教 育 と の 関 わ り に つ い て 第 2 部 学 童 保 育 の 問 題 点 第 3 部 個 別 指 導 塾 の 問 題 点 第 4 部 予 備 校 の 問 題 点 2 8 8 8

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 目 次 本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 目 次 は じ め に 第 1 部 教 育 と の 関 わ り に つ い て 第 2 部 学 童 保 育 の 問 題 点 第 3 部 個 別 指 導 塾 の 問 題 点 第 4 部 予 備 校 の 問 題 点 2 8 8 8

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の ち ろ う チ ロ ウ シ ョ ウ シ

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 目 次 第 5 部 公 教 育 の 問 題 点 第 6 部 教 育 現 場 の あ る べ き 姿 第 7 部 私 塾 を 作 り た い ー メ ン タ ー の 紹 介 ー 第 8 部 や り た い こ と さ い 」 に 本 当 の さ い ご に 【 補 論 】 ア イ ド ル に つ い て 参 考 文 献 編 集 後 記 / 著 者 紹 介 / 奥 付 102 122 4 4 8 2 4 9 114 9

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 目 次 第 5 部 公 教 育 の 問 題 点 第 6 部 教 育 現 場 の あ る べ き 姿 第 7 部 私 塾 を 作 り た い ー メ ン タ ー の 紹 介 ー 第 8 部 や り た い こ と さ い 」 に 本 当 の さ い ご に 【 補 論 】 ア イ ド ル に つ い て 参 考 文 献 編 集 後 記 / 著 者 紹 介 / 奥 付 102 122 4 4 8 2 4 9 114 9

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 は じ め に 導 方 針 も 一 括 管 理 に な り 、 き め 細 や か な 対 応 は 難 し く な り ま す 。 あ る 時 点 で ど う し て も 売 上 至 上 主 義 に 舵 を 切 ら ざ る を 得 ず 、 マ ニ ュ ア ル が 優 先 さ れ る よ う に な り ま す 。 こ れ は 構 造 的 に 避 け ら れ な い の で し ょ う 。 そ し て 中 学 校 の 目 の 前 の 定 期 テ ス ト で 良 い 点 数 を 取 る こ と 、 具 体 的 に は 教 科 書 に 沿 っ た 問 題 集 を や ら せ て い る だ け で 手 一 杯 に な っ て い ま す ( し か も 全 く 効 果 が 上 が っ て い な い と い う 大 問 題 が あ り ま す ) 。 こ こ に 来 て 、 手 詰 ま り に な っ て し ま い ま し た 。 本 当 に よ い 教 育 は ど こ に あ る の だ ろ う 。 そ ん な こ と を ず っ と 考 え な が ら 、 こ の 個 別 指 導 塾 で の 2 年 間 の 経 験 一 未 だ 継 続 中 で す ) に 加 え て 、 教 育 に 関 す る 本 を 読 み 漁 っ た り 、 評 論 家 ・ 思 想 家 の 言 葉 に 耳 を 傾 け た り 、 意 識 の 低 い 学 習 環 境 ( 職 場 ) に 嫌 気 が さ し て 成 績 上 位 者 ( 富 裕 層 ) 向 け の 塾 講 師 の 求 人 に 応 募 し て あ っ さ り と 不 採 用 に な る な ど の 経 験 を す る 中 で 、 ひ と つ の 結 論 に 達 し ま し た 。 そ れ は 、 自 分 に と っ て 完 全 に 理 想 的 な 教 育 を 実 現 す る に は 、 自 分 自 身 で そ れ を 実 現 す る た め の 場 所 を 作 る し か な い と い う こ と で す 。 そ れ は 従 来 型 の 集 団 指 導 の 塾 や 、 個 別 指 導 塾 で は あ り ま せ ん 。 一 言 で 一 一 一 一 口 う と サ ロ ン 的 ・ コ ミ ュ ニ テ ィ 的 ・ 寺 子 屋 的 な イ メ ー ジ で し よ う か 。 そ れ が 具 体 的 に ど の よ う な も の な の か と い う こ と は 、 本 書 の 中 で 説 明 し て い き た い と 思 い ま す 。 本 書 は 、 僕 が 実 際 の 経 験 の 中 で 感 じ た 現 行 の 教 育 現 場 の 問 題 点 と 、 そ う 考 え る に 至 っ た 経 緯 、 そ し て 本 当 に 良 い 教 育 が 行 わ れ る 場 所 と は ど の よ う な も の か と い う 考 え を 形 に し た も の で す 。 ち ろ う

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 0 さ い ご に 個 人 史 か ら 始 ま り 、 自 分 が 考 え る 教 育 に つ い て 長 々 と 書 い て き て し ま い ま し た 。 こ こ ま で お 付 き 合 い い た だ い て あ り が と う ご ざ い ま す 。 こ こ ま で を 一 言 で ま と め る と 、 や は り 「 新 し い 教 育 の 場 所 を 作 り た い 」 と い う こ と で す 。 そ れ は 既 存 の 公 教 育 で も な け れ ば 、 予 備 校 や 個 別 ・ 集 団 学 習 塾 で も な い 。 そ う い と に か く 自 分 で 作 ら な け れ ば な う と こ ろ で 働 く と い う の で は な い 。 そ れ は 、 誰 の 指 示 も 受 け た く な い 、 ら な い と い う わ が ま ま な の か も し れ ま せ ん 。 で も 実 際 に 自 分 で 個 人 塾 を 立 ち 上 げ て 、 自 分 の 理 想 の 教 育 を 信 念 を 持 っ て 実 践 し て い る 人 が 現 実 に た く さ ん い る 。 そ う い う 人 た ち を 見 習 っ て 、 い ろ い ろ な も の を 参 考 に し な が ら 、 な ん と か 実 現 で き な い か と 、 考 え て き た こ と を 全 て 書 き 表 し た つ も り で す 。 今 回 、 公 教 育 に つ い て も い ろ い ろ 考 え ま し た 。 義 務 教 育 と は な ん な の か 。 小 学 校 、 中 学 校 に は 果 た し て 行 か な け れ ば な ら な い の か 。 あ る い は ど の よ う に 付 き 合 っ て い け ば 良 い の か 。 本 書 の 中 で も 、 労 働 環 境 と し て の 劣 悪 さ 、 教 育 現 場 と し て の 悪 い 面 な ど を た く さ ん 書 い て し ま い ま し た 。 『 バ カ を つ く る 学 校 』 な ど は ま さ に 学 校 を 諸 悪 の 根 源 の よ う に 書 い て い ま す 。 し か し 、 学 校 Ⅱ 悪 だ と 断 罪 す る だ け で は 、 事 態 は 前 に 進 み ま せ ん 。 世 に あ る 学 校 が 人 間 を ダ メ に す る 場 所 な の だ と す る な ら ば 、 学 校 に 通 わ せ な い で 家 庭 教 育 に 切 り 替 え る 、 と い う の が 正 解 に な る で し よ う 。 日 本 で は あ ま り 一 般 的 で は あ り ま せ ん が 、 海 外 で は 珍 し く な い よ う で す 。 し か し そ れ ら も ま た 極 端 す ぎ る 発 想 で す 。 実 際 、 公 教 育 の 学 習 指 導 要 領 に 沿 っ た 授 業 は 、 ま ん 、 し 、 将 来 に わ た っ て か け が え の な い 友 人 に 出 べ ん な く い ろ ん な ジ ャ ン ル の 清 報 に 触 れ る の に 都 合 が い し 会 え る こ と も あ る で し よ う 。 人 生 の 師 と 出 会 え る か も し れ ま せ ん 。 そ し て 何 よ り 、 勉 強 だ け で な く 集 団 4

本当によい教育を実現するための覚書


チ ロ ウ シ ョ ウ ジ 本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 「 「 天 は 人 の 上 に 人 を 造 ら す 、 人 の 下 に 人 を 造 ら す 」 と 言 わ れ て い ま す が 、 実 際 に は 貴 賤 の 別 が あ り ま す よ ね 。 こ の 人 間 の 貴 賤 の 別 は 、 学 ぶ か 学 ば な い か に よ っ て で き る の で す よ 」 福 沢 論 吉 「 学 問 の す 、 め 」 ( 訳 ・ 齋 藤 孝 ) 1

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 は じ め に 0 は じ め に 皆 さ ん は じ め ま し て 、 ち ろ う で す 。 僕 は 今 、 教 育 に つ い て い ろ い ろ 考 え て い ま す 。 そ し て ま た 教 育 は 、 常 に 社 会 問 題 の 重 要 な ト ピ ッ ク で も あ り ま す 。 年 に は 大 き な 教 育 改 革 が 行 わ れ よ う と し て お り 、 例 え ば 2019 年 度 を 最 後 に セ ン タ ー 試 験 が 廃 止 さ れ 、 高 校 内 容 の 知 識 の 定 着 を 図 る た め の 「 高 等 学 校 基 礎 学 力 テ ス ト 」 と 、 大 学 入 学 希 望 者 を 対 象 に 行 わ れ る 「 大 学 入 学 希 望 者 学 力 評 価 テ ス ト 」 と い う 2 っ の テ ス ト に 切 り 替 え る こ と が 検 討 さ れ て い ま す 。 こ れ ま で の 正 解 を 見 つ け る た め の 「 詰 め 込 み 教 育 ド リ ル 」 か ら 、 正 解 の な い 問 い を 探 求 す る 「 ア ク テ イ プ ラ ー ニ ン グ 」 へ と 転 換 す べ く 、 準 備 が 着 々 と 進 め ら れ て い る と 言 わ れ て い ま す 。 少 子 高 齢 化 と グ ロ ー ノ ル 化 が 進 む 世 の 中 に あ っ て 、 教 育 は ま す ま す 社 会 の 関 心 の 中 心 と な っ て い く で し よ う 。 本 書 で は 、 自 分 な り に 教 育 と い う も の に つ い て 考 え た こ と を 書 い て い き ま す 。 僕 は 大 学 を 卒 業 し て 上 京 、 約 8 年 間 社 会 勉 強 と 称 し て ふ ら ふ ら し 、 学 童 保 育 の 仕 事 を 経 て 、 現 在 は と あ る 個 別 指 導 塾 で 働 い て い ま す 。 そ の 中 で 、 こ れ ま で 本 で 読 ん だ り 、 社 会 の 問 題 と し て 見 聞 き し て い た こ と が 、 教 育 の 現 場 に も 間 違 い な く あ る と い う こ と を 実 感 す る よ う に な り ま し た 。 そ し て こ れ は 教 育 に 限 ら な い の で す が 、 時 代 を 経 る ご と に 社 会 全 体 が 息 苦 し く な っ て い ま す 。 こ の 状 況 に う ま く 適 応 す る べ く 、 今 で き る こ と は 何 な の か 。 そ こ で ま ず は 、 自 分 自 身 の こ れ ま で の こ と を 少 し お 話 し よ う と 思 い ま す 。 僕 は 岐 阜 県 に あ る 岐 阜 大 学 と い う と こ ろ の 教 育 学 部 を 卒 業 し ま し た 。 今 か ら 約 川 年 前 の こ と で す 。 大 学 4 年 時 に 中 学 校 の 教 員 採 用 試 験 を 受 け 、 不 合 格 に 。 こ の と き に 僕 は 人 生 の 選 択 を 迫 ら れ る こ と に な り

本当によい教育を実現するための覚書


本 当 に よ い 教 育 を 実 現 す る た め の 覚 書 は じ め に に し ま し ょ 一 つ 。 そ の 後 、 ア ル バ イ ト を し な が ら ア イ ド ル ヲ タ ク に な っ た り 、 転 売 で 生 計 を 立 て た り 、 ニ ー ト を 満 喫 し た り 、 コ ミ ケ に 出 す た め の 同 人 誌 を 作 っ た り と 、 や り た い こ と を 赴 く ま ま に や っ て き ま し た 。 気 づ け ば 上 京 し て 川 年 が 経 ち ま し た 。 貯 金 は ゼ ロ で す 。 こ れ ま で に 親 に か け た 経 済 的 な 負 担 、 精 神 的 な 苦 労 は 、 と て も 計 上 で き な い も の に な っ て い ま す 。 で も 安 心 し て く だ さ い 、 生 き て い ま す 。 犯 罪 も 犯 し て い な い し 、 精 神 も 病 ん で い な い し 、 盆 と 正 月 に は 実 家 に 帰 り 、 親 に 顔 を 見 せ る 程 度 に は 良 好 な 関 係 を 築 い て い ま す 。 ■ 教 育 へ の 回 帰 こ の 川 年 は 放 蕩 の 日 々 で は あ り ま し た が 、 そ れ は 同 時 に 勉 強 の 日 々 で も あ り ま し た 。 そ し て 歳 の 大 台 に 手 が 届 き 始 め た と き に 猛 烈 に 焦 り を 感 じ 、 本 当 に や り た い こ と は な ん だ ろ う と 考 え 始 め ま し た 。 や り た い こ と と い う の は 少 し ニ ュ ア ン ス が 違 う か も し れ ま せ ん 。 こ れ こ そ が 自 分 が や る べ き こ と だ と 言 え る よ う な も の は 何 か 。 そ の ヒ ン ト は 、 好 き な こ と 、 得 意 な こ と 、 他 と 比 べ て 相 対 的 に 苦 に 感 じ な い よ う な こ と の 中 に あ り ま す 。 そ の よ う に 本 に 書 い て あ り ま し た 。 そ し て 自 分 は 文 章 を 書 く こ と も わ り と 好 き で 継 続 し て い る の で す が 、 い ろ ん な 分 野 に 限 ら ず 、 自 分 が 知 っ て い る こ と を 初 心 者 に あ れ こ れ 教 え る こ と が か な り 好 き な の だ と 思 い ま し た 。 そ れ で お ぼ ろ げ な が ら に 見 え て き た も の が 「 教 育 」 だ っ た の で す 。 そ れ も 公 教 育 を 変 え る と か 、 世 界 の 教 育 格 差 を な く す と か 、 正 し い 教 科 書 を 作 る と か 大 層 な も の で は な く て 、 対 面 の 、 フ ェ イ ス ト ウ フ ェ イ ス の 教 育 で す 。 大 学 進 学 時 に 「 他 に 適 当 な 学 部 が な い か ら 」 と 消 去 法 的 に 選 ん だ 教 育 の 分 野 で し た が 、 そ こ に 回 帰 し て き た の で す 。 こ れ に は 自 分 で も 驚 い た の と 同 時 こ う も 思 い ま し た 。 「 ま あ 分 か っ て い た ん だ け ど ね , 。 た だ そ れ を 始 め る 勇 気 が な か っ た 。 仕 事 と し