検索 - みる会図書館

全データから 55935件ヒットしました。

杉原千畝


杉 原 千 畝 っ プ 。 三 S リ 引 H 義 CHIUNE

杉原千畝


杉 原 千 畝 ス ギ ハ ラ チ ウ ネ 日 笠 由 紀 / 著 鎌 田 哲 郎 ・ 松 尾 浩 道 / 脚 本 4 ☆ 小 学 館 ジ ュ ニ ア 文 庫 ☆

杉原千畝


こ の 小 説 は 、 映 画 『 杉 原 千 畝 ス ギ ハ ラ チ ウ ネ 』 の 物 語 に 沿 っ た ノ ベ ラ イ ズ で 、 史 実 と は 必 ず し も 一 致 し ま せ ん 。 192

杉原千畝


- ) す ぎ は ら ち う ね 杉 原 千 畝 よ 政 府 の そ む 第 命 令 に 背 い て ま で 、 は っ き ゅ う 命 の ウ ザ を 発 給 し 続 け た か ? 、 の ち ~ ( や ( 「 ち う ね せ ふ 一 ~ 千 畝 の 発 給 、 【 ・ こ 枚 の 紙 れ に よ っ て 救 わ れ - ユ ダ ヤ 人 は : 約 60 0 人 。 そ の 子 た ち は べ 現 在 4 000 人 以 上 第 , 生 存 い る げ ん さ い い ち ま い や く は っ き 戦 後 、 ユ ダ ヤ 人 の ニ シ ェ リ 当 畝 ば 再 を 果 こ す こ と に ↓ ん こ ひ な た を ふ プ よ 物 \ お お し ま ひ ろ し こ ゆ き か ら さ わ と し き す ぎ は ら ち フ ね 阜 ャ ス ト / 唐 沢 寿 明 ・ ・ ・ 杉 愿 千 畝 小 雪 一 杉 原 幸 小 日 向 文 世 , ・ 一 大 島 浩 ミ ハ ウ ・ ジ 、 ラ フ 攴 广 ニ シ ェ リ ポ リ ス ・ ツ ェ ザ リ ・ ウ カ シ エ ウ イ チ ・ ・ 「 グ ッ ジ ェ 当 " い イ さ と し 、 ま だ ” も と た " い し は し り よ う た き と う け ん い ち 、 イ を ツ 、 べ 冫 、 か 、 石 橋 凌 、 滝 藤 賢 一 、 板 尾 創 路 、 一 階 堂 , 。 濱 田 岳 、 塚 本 高 史 ら 華 キ ャ ズ ト が 出 監 督 / チ ェ リ ン ・ グ ラ ッ ク す ぎ は ら ち う な せ い さ く い い ん れ 、 c ゑ 015 、 〔 原 千 畝 ス ギ ハ ラ チ ウ ネ 」 製 作 委 員 会 ◆ 映 画 え 、 、 が 「 杉 原 千 畝 す ぎ 。 ら ち 司 す ぎ は ら ゆ き ご

杉原千畝


と お も む ろ に 切 り 出 す 。 い ぜ ん 「 以 前 、 、 ゲ シ ュ タ ボ に あ な た の こ と を 聞 か れ た こ と が あ っ て : ・ 」 「 い い ん だ グ ッ ジ ェ 」 最 後 ま で 言 わ せ ず に 、 千 畝 が 遮 っ た 。 「 し か し ・ : 」 き み し ん 「 君 の こ と を 〕 信 じ て い る か ら 」 ち う ね れ っ し ゃ そ れ だ け 言 う と 、 千 畝 は 列 車 へ と 急 い だ 。 す ぎ は ら り よ う じ 「 杉 原 領 事 」 あ と お れ っ し ゃ ち う ね 後 を 追 っ た グ ッ ジ ェ が 、 デ ッ キ を 上 が り 、 列 車 に 乗 り 込 ん だ 千 畝 を も う 一 度 呼 び 止 め 、 さ い っ さ っ 一 冊 の バ イ ン ダ ー を 差 し 出 し た 。 も 「 こ れ を お 持 ち く だ さ い 」 ち う ね り よ こ う か ば ん つ づ 千 畝 が 旅 行 鞄 を い っ た ん 置 き 、 バ イ ン ダ ー を 受 け 取 る と 、 グ ッ ジ ェ は 続 け た 。 「 こ れ は リ ス ト で す 。 あ な た が 救 っ た 命 の リ ス ト で す 」 ち う ね め ち か ら 千 畝 の グ ッ ジ ェ を 見 つ め る 目 に 力 が 込 も っ た 。 き だ み ち う ね さ え ぎ だ お あ き こ い の ち と の こ い ち ど よ と 137

杉原千畝


ち う ね ち う ね こ え せ い ね ん こ ろ わ か わ か あ ら た ま っ た 調 子 で 千 畝 が ダ ン ス を 申 し 込 む 。 そ の 千 畝 の 声 も 、 青 年 の 頃 の よ う に 若 々 し く 張 り が あ っ た 。 よ ろ こ 「 喜 ん で 」 と な み た が 互 い に 手 を 取 り 合 い 、 二 人 は 『 ド ナ ウ 川 の さ ざ 波 』 に 合 わ せ て 踊 り 始 め た 。 何 組 か の 男 ふ た り ち ゅ う し ん ま わ 女 の ペ ア が 、 二 人 を 中 心 に 回 り な が ら ワ ル ツ の ス テ ッ プ を 踏 ん で い る 。 お ど 「 久 し ぶ り ね 。 あ な た と 踊 る な ん て 」 け っ こ ん 「 結 婚 し て 何 年 に な る ? 」 「 、 ん ワ ・ 」 も の が な ヴ ァ イ オ リ ン が 、 優 美 だ が 物 悲 し い メ ロ デ ィ ー を 奏 で て い る 。 き み か 「 君 は 変 わ ら な い ね 」 か す ぎ は ら ち う ね 「 あ な た も 変 わ ら な い わ 。 杉 原 千 畝 さ ん 」 よ お も む ね あ っ ち う ね 懐 か し い 呼 び 名 を 耳 に し て 、 胸 に 熱 い も の が こ み あ げ た 千 畝 は 、 思 わ ず 幸 子 を 抱 き 寄 せ ゆ き こ ゆ き こ だ ち う ね た 。 何 も 言 わ ず に た だ 幸 子 を ぎ ゅ っ と 抱 き し め て い る 千 畝 に 、 初 め は 驚 く だ け だ っ た 幸 子 あ ち う ね て ま わ ち う ね か ら だ あ ず も 、 や が て そ っ と 千 畝 の 背 中 に 手 を 回 し て 、 千 畝 に 体 を 預 け た 。 じ っ と 抱 き 合 っ た ま ま の な っ ひ さ は て な ん ね ん . な あ ゅ う び み み ふ た り せ な か も う が わ か な あ ふ は じ お ど お ど ろ だ ゆ き こ な ん く み だ よ だ ん

杉原千畝


菊 池 が 出 て き た 。 「 じ ゃ あ な 」 「 お う 、 ま た い つ で も 来 い ! 」 こ え み お く き く ち ち う ね 千 畝 を 見 送 る 菊 池 の 声 を 、 「 お は よ う ご ざ い ま す ! 行 っ て き ま す ! 」 こ え け き く ち ち う ね つ づ 溌 剌 と し た 女 性 の 声 が か き 消 し た 。 菊 池 と 千 畝 に 続 い て 家 か ら 出 て き た の は 、 ピ ン ク の き わ か ふ く そ う お ん な ジ ャ ケ ッ ト を 着 こ な し た モ ダ ン な 服 装 の 女 。 い か に も 職 業 婦 人 と い っ た 風 情 の そ の 若 い 女 ま え ば ん ち う ね 性 は 、 前 の 晩 、 千 畝 に ビ ン タ を 見 舞 っ た そ の 当 人 だ っ た 。 す ぎ は ら 「 杉 原 、 妹 の ユ キ コ だ 」 か お み ち う ね の う り い っ し ゅ ん さ く ば ん ゆ き こ あ わ む ね そ の 顔 を 見 て 、 千 畝 の 脳 裏 に 、 一 瞬 、 昨 晩 の 幸 子 の 白 い 肌 が 甦 っ た 。 慌 て て 胸 ポ ケ ッ ト と だ ち う ね か た て ゆ き こ だ か み ゆ び み み か ら 名 刺 を 取 り 出 す と 、 千 畝 は 、 片 手 で 幸 子 に 差 し 出 し た 。 : 、 ホ フ カ ッ ト の 髪 を 指 で 耳 に か う り よ う て と ゆ き こ け な が ら 、 両 手 で 名 刺 を 受 け 取 る 幸 子 に 、 す ぎ は ら 力 い む し よ う っ と 「 杉 原 さ ん だ 。 外 務 省 に お 勤 め な ん だ ぞ 」 き く ち し よ う か い 菊 池 が 紹 介 す る 。 き く ち は つ ら っ で い も う と じ よ せ い こ と う に ん さ し よ く ぎ よ う ふ じ ん し ろ は だ よ み が え で ふ ぜ い じ よ

杉原千畝


あ か ひ ろ ば ま ち ち ゅ う し ん ぶ 一 九 六 八 年 十 月 。 ソ 連 の 首 都 モ ス ク ワ 。 街 の 中 心 部 に あ る 赤 の 広 場 を 一 人 の 初 老 の 男 が あ る お い し だ た み す す す こ か た 歩 い て い た 。 ハ ン チ ン グ 帽 を 被 り 、 少 し 肩 を 落 と し て 、 ゆ っ く り と し た 足 取 り で 石 畳 を 進 ん で い る 。 ち う ね 千 畝 だ 。 と よ ち う ね せ た か お と こ そ の 千 畝 を 、 背 の 高 い 男 が 呼 び 止 め た 。 す ぎ は ら 「 セ ン ポ ? セ ン ポ ! 杉 原 セ ン ポ さ ん で す ね ? 」 ち う ね ふ か え 振 り 返 っ た 千 畝 に 、 そ の 男 は 、 み 「 や っ と 見 つ け ま し た 。 二 十 八 年 間 、 ず っ と 捜 し て い ま し た 」 し ず か た と 静 か に 語 り か け る 。 「 あ な た は ? 」 ち う ね め か お の ぞ こ 千 畝 は 、 目 を 細 め て 相 手 の 顔 を 覗 き 込 ん だ エ ピ ロ ー グ ね ん が っ ほ そ れ ん し ゆ と ぼ う か ぶ に じ ゅ う は ち ね ん か ん お と こ さ が あ し ど ひ と り し よ ろ う お と こ 189

杉原千畝


と う き よ う ち う ね こ と 。 は み み ハ ル ピ ン か ら 帰 国 し た 千 畝 は 、 東 京 に あ る 外 務 省 の 一 室 で 、 聞 き 慣 れ な い 言 葉 を 耳 に す る こ と と な っ た 。 「 ベ ル ソ ナ ・ ノ ン ・ グ ラ ー タ ? 」 も の れ ん す ぎ は ら ち う ね に ゆ う こ く は っ き ゅ う き ょ ひ 「 『 好 ま し か ら ざ る 者 』 と し て 、 ソ 連 は 杉 原 千 畝 の 人 国 ヴ ィ ザ の 発 給 を 拒 否 し て き ま し た 」 こ た ち う ね と が い む し よ う か ん り よ う せ き み つ い ち ろ う せ ん ご が い む し よ う た ず じ ん 千 畝 の 問 い に 答 え た の は 、 外 務 省 官 僚 の 関 満 一 朗 。 戦 後 、 外 務 省 を 訪 ね て き た ユ ダ ヤ 人 き す ぎ は ら ち う ね じ ん ぶ つ が い む し よ う そ ん ざ い ち ょ う ほ ん に ん ニ シ ェ リ に 、 「 杉 原 千 畝 な ど と い う 人 物 は 外 務 省 に 存 在 し な い 」 と 言 い 切 っ た 張 本 人 だ じ っ さ い ち う ね ち よ く せ つ め ん し き し か し 実 際 は 、 こ う し て 千 畝 と 直 接 、 面 識 が あ っ た と い う こ と に な る 。 わ た し に っ ぽ ん た い し か ん に と う つ う や く か ん に ん め い 「 私 は 、 モ ス ク ワ 日 本 大 使 館 の 二 等 通 訳 官 に 任 命 さ れ た は ず で す ! 」 は っ き ゅ う な っ と く こ う 0 ち う ね む な お せ き み つ ヴ ィ ザ が 発 給 さ れ な い こ と に 納 得 で き な い 千 畝 は 、 関 満 に 向 き 直 っ て 抗 議 し た 。 ほ く ま ん て つ ど う け ん き み は で す 「 北 満 鉄 道 の 件 で し よ う 。 君 は 派 手 に や り 過 ぎ た の で す 」 ち う ね た し な く ち ょ う せ き み つ き す む し ろ 千 畝 を 窘 め る よ う な 口 調 で 関 満 が 切 り 捨 て た 。 ふ に ん 「 で は 、 モ ス ク ワ へ の 赴 任 は : ・ 」 き み ほ か に ん ち 「 他 の 者 に 頼 む こ と に し ま す 。 君 に は 他 の 任 地 を 考 え て お き ま し よ う 」 こ の も の た の き こ く 力 い む し よ う か ん が い っ し つ き な

杉原千畝


し ん ゅ う と ま ど っ か た お 取 り 付 く 島 も な い 関 満 の 対 応 に 戸 惑 い 、 や が て 肩 を 落 と し た 千 畝 は 、 上 着 と 鞄 を 手 に そ み お く せ き み つ す が た ぼ う ぜ ん そ く さ と 退 庁 し よ う と す る 関 満 の 姿 を 、 呆 然 と 見 送 る し か な か っ た 。 が い む し よ う ち ょ う し や そ と ち う ね ち う ね せ き み つ 千 畝 が 関 満 か ら 絶 望 的 な 事 実 を 告 げ ら れ て い る そ の と き 、 外 務 省 庁 舎 の 外 で は 、 千 畝 の あ か ゅ う こ く ひ か り き く ち し ず お 力 い と う し ん ぶ ん よ 親 友 で あ る 菊 池 静 男 が 、 街 灯 に も た れ て 、 ま だ 明 る い タ 刻 の 光 の も と で 、 新 聞 を 読 ん で い す ぎ は ら こ う せ き は で み だ だ い だ い て き か か こ う し よ う せ い こ う し ん ぶ ん た 。 「 杉 原 口 シ ア 科 長 の 功 績 」 「 値 下 げ 交 渉 成 功 」 : ・ 新 聞 に は 、 派 手 な 見 出 し が 大 々 的 に 掲 ち う ね ほ く ま ん て つ ど う じ よ う と こ う し よ う か つ や く て ば な し よ う さ ん げ ら れ て い て 、 千 畝 の 北 満 鉄 道 譲 渡 交 渉 で の 活 躍 を 手 放 し で 称 賛 し て い た 。 「 よ う 、 有 名 人 」 ち ょ う し ゃ き く ち ち う ね す が た み と 庁 舎 か ら 出 て き た 千 畝 の 姿 を 認 め た 菊 池 が 、 か ら か う 。 ま き く ち わ る 「 お お 、 悪 い 、 菊 池 。 待 た せ た か ? 」 「 い や 、 今 来 た と こ ろ だ 。 そ れ よ り こ れ ! 」 き く ち ち う ね こ う せ き は な ば な し ん ぶ ん ち う ね 菊 池 が 、 千 畝 の 功 績 を 華 々 し く 伝 え る 新 聞 を 見 せ る と 、 千 畝 は 「 あ あ 」 と 短 く 笑 っ た 。 ひ と あ わ ふ 「 あ の ロ シ ア に 一 泡 吹 か せ る と は 、 や り や が っ た な 」 き く ち わ ら て ま わ か る く ち ち う ね か た 痛 快 そ う に 笑 い な が ら 菊 池 は 千 畝 の 肩 に 手 を 回 す 。 気 の お け な い 友 人 の 懐 か し い 軽 口 を つ う か い と ゅ う め い じ ん た い ち ょ う で か ち ょ う ぜ っ ぽ う て き せ き み っ た い お う じ じ っ っ た っ み き ち う ね ゅ う じ ん な っ う わ ぎ か ば ん て み じ か わ ら