検索 - みる会図書館

全データから 212933件ヒットしました。

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


東 京 ☆ 千 夜 一 夜 紫 の 魔 術 師 と 三 つ の 石 月 、 沼 ま り - 子 、 ( OBA [ T -5 5 集 英 社 0 6

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


一 章 ニ 章 三 章 四 章 五 章 術 師 に つ の あ と か き 魔 術 師 の 別 れ 女 神 の 石 像 そ こ そ こ の 魔 術 師 紫 の 石 ・ 銀 の 石 ・ 金 の 石 夢 か う つ つ か 幻 か ・ ・ ・ ? も く し 51 1 ロ 日 1 日 日 23 日

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


235 東 京 ☆ 千 夜 一 夜 紫 の 魔 術 師 と 三 つ の 石 と 、 叱 ら れ て い る の も 忘 れ て ポ ー ツ と す る 和 花 に 、 以 蔵 の 怒 声 が 飛 ぶ 。 「 だ か ら 、 ポ ケ ー と し て て は い か ん と 言 っ と る だ ろ ! そ ん な こ と だ か ら 、 今 回 の よ う な 事 態 が 起 こ る ん じ ゃ ! も う 、 決 し て 〈 時 空 を 超 え る 術 〉 は 使 っ ち ゃ な ら ん ぞ ! 」 「 わ か っ た 。 も う 、 絶 対 、 使 い ま せ ん ! 」 反 省 す る 和 花 の 頭 の 中 に は 、 紫 の 色 を 増 し た 満 月 が 煌 々 と 輝 い て い た 。 し か こ う こ う お わ ,

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


魔 術 に は 、 時 、 生 命 体 、 物 質 に 影 響 を 及 ば す 三 種 が あ り 、 エ ネ ル ギ ー は そ れ ぞ れ 、 紫 、 銀 、 金 の 色 を 持 つ 。 こ の 二 種 の 力 を あ わ せ 持 つ 者 は い る が 、 三 種 の す べ て を 持 つ 者 は な い 。 い に し え の ア ラ ピ ア の 地 に 、 一 一 人 の み 、 出 現 し た 他 は : ゾ ラ ー と グ レ コ と い う 双 子 の 兄 弟 で 、 彼 ら は 瞳 か ら 、 こ の 世 の す べ て の 色 を 集 め た よ う な 千 し ば ん こ う 紫 万 紅 の 光 を 放 っ た と い う 。 石 一 一 人 は 、 三 種 の 力 を 持 っ 全 能 の 魔 術 師 だ っ た の だ 。 の 一 一 一 類 い 希 な る 力 を 持 ち な が ら 、 と も に 善 良 で 無 欲 。 魔 術 師 た ち の 国 、 カ ザ ン は 彼 ら に 守 ら れ 、 平 穏 な 時 代 を 迎 え た 。 が 、 そ れ も 長 く は 続 か な か っ た 。 紫 『 私 は 、 神 に な る 』 夜 兄 、 ゾ ラ ー が 、 地 上 の す べ て を 支 配 せ ん と 暴 走 を は し め た の だ 。 ひ ょ う へ ん 夜 弟 、 グ レ コ は 、 豹 変 し た 兄 、 ゾ ラ ー と 対 決 す る 。 す さ ☆ 一 昼 夜 に お よ ぶ 凄 ま じ い 死 闘 の 末 、 敗 れ た の は 、 自 ら を 神 た ら ん と 望 ん だ ゾ ラ ー 京 東 彼 は 死 し て 、 千 紫 万 紅 の 色 彩 を 放 っ 石 と な っ た 。 全 能 の 魔 力 を ひ そ め た 石 に : た ぐ ま れ せ ん

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


一 一 章 紫 の 石 ・ 銀 の 石 ・ 金 の 石 じ く う じ ゅ っ 〈 時 空 を 超 え る 術 〉 は 、 行 き た い と の ぞ む 時 と 場 所 、 ま た は 、 行 き た い と の ぞ む 時 と 人 物 の 元 つ ら ぬ へ 《 ト ン ネ ル 》 を 貫 き 、 そ れ を 往 復 し て 、 一 つ を 完 了 す る 。 の そ の 間 は 、 他 に 《 ト ン ネ ル 》 を 貫 く こ と は で き な い し 、 瞬 間 移 動 も で き な い 。 一 一 一 こ れ が 、 基 本 。 師 そ し て 、 注 意 点 は 、 時 空 の ト ン ネ ル を 貫 い て 抜 け 出 し た 世 界 で 、 そ の 空 に 昇 る 月 が 満 ち る 日 と び ら ま で に 時 空 の 扉 を 呼 び 出 し て 戻 ら な け れ ば な ら な い 。 ま じ ゅ っ 紫 そ う し な い と 、 《 ト ビ ラ 》 は も ち ろ ん 《 ト ン ネ ル 》 も 消 滅 し 、 さ ら に 、 術 を ほ ど こ し た 魔 術 夜 師 は 永 遠 に 力 を 失 、 つ こ と に な る 。 夜 と な る と 、 元 の 世 界 に 戻 る 方 法 は ほ ほ 皆 無 。 ☆ 他 に 〈 時 空 を 超 え る 術 〉 の 使 え る 魔 術 師 を 捜 す こ と も 考 え ら れ る が 、 こ の 術 を 使 う 魔 術 師 は 京 東 希 有 な の で 、 実 際 に は 見 つ け よ う も な い 。

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


和 花 は な り ふ り か ま わ ず 、 ま っ 白 な 亀 裂 へ と 突 進 し た 。 と た ん 、 光 の 洪 水 が 押 し 寄 せ た 。 い ぞ う し ん そ れ も っ か の 間 、 気 づ く と 、 見 慣 れ た 部 屋 の 中 。 レ ト ロ な 保 健 室 を 思 わ せ る 祖 父 、 以 蔵 の 診 さ っ し つ と き じ ゅ っ む い し き 和 花 は 無 意 識 の う ち に 、 【 時 の 術 】 を 使 っ て し ま っ た の だ っ た 。 し ゅ ん か ん い ど う そ れ は 、 今 の よ う な 、 空 間 だ け の 瞬 間 移 動 は も ち ろ ん 、 時 空 を も 超 え る こ と が で き る 。 ま じ ゅ っ し そ う 、 和 花 は 、 〈 移 動 の 術 〉 や 〈 時 空 を 超 え る 術 〉 な ど 、 【 時 の 術 】 を 使 う 魔 術 師 な の だ 。 石 一 カ 月 前 ま で は 、 和 花 自 身 、 知 り も し な か っ た し 、 そ れ 以 前 に 、 魔 術 も 信 じ て な か っ た し 、 の 三 魔 術 師 が 存 在 す る な ん て ま し め に 考 え た こ と も な か っ た 。 が 、 サ イ ラ ム が 一 一 千 年 前 の 世 界 か ら や っ て 来 て 、 次 々 と 不 可 思 議 な こ と が 起 こ る 中 、 和 花 は 師 さ と 魔 自 分 が 魔 術 師 だ と 悟 っ た の だ 。 し ろ い ろ と 込 み 入 っ た 事 情 が あ 紫 《 ト ピ ラ 》 が サ イ ラ ム の 世 界 か ら 古 東 家 の 庭 に 開 い た の に は 、 、 だ れ 夜 っ た の だ け ど 、 そ の 《 ト ビ ラ 》 を 再 び 開 け て 彼 を 二 千 年 前 に 戻 し た の は 、 他 の 誰 で も な い 、 夜 【 時 の 術 】 を 使 う 和 花 だ っ た 。 ☆ が 、 和 花 が 魔 術 を 使 っ た の は 、 あ れ が 最 後 。 以 蔵 か ら 、 か た く 禁 じ ら れ た の だ 。 京 東 今 は 力 を 失 っ て し ま っ た け れ ど 、 以 蔵 も 和 花 と 同 種 の 魔 術 師 で 、 【 時 の 術 】 に は 何 か と 危 険 が っ き ま と う の だ と 一 言 う 。 穴 小 宮 亠 ・ 、 」 0 こ 、 つ 于 ・ い ほ け ん し つ

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


コ バ ル ト 文 ロ く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 小 沼 ま り 子 ◆ イ ラ ス ト / う た の ◆ 祖 父 と 、 、 ほ ほ ″ ニ 人 暮 ◆ ら し の 和 花 。 あ る 日 家 ◆ 宝 の 短 剣 が 光 線 を 放 ち 始 め 、 光 の 中 か ら 異 国 風 の 美 少 年 が 現 れ た 。 次 に 目 覚 め た と き 、 和 花 は 布 団 の 中 に い て ・ ・ ・ あ れ は 夢 だ っ た の ? 東 京 ☆ 千 夜 一 夜 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 恋 す る 魔 術 師

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


和 花 は や っ と 声 を 出 し た 。 す ぐ に し び れ を き ら し て 、 和 花 に 足 を 踏 み 出 し た キ デ ル の 右 腕 は 朱 色 の 衣 が 血 に 染 ま っ て い る 。 サ イ ラ ム が さ っ き 投 げ つ け た 短 剣 を 、 一 一 の 腕 に 突 き 立 て た ま ま な の は 、 引 き 抜 く と よ け い に 出 血 し て し ま う か ら か も 知 れ な い 。 し け つ お う き ゅ う し ょ ち 腕 の 付 け 根 を 何 か で 結 ん だ 止 血 の 応 急 処 置 は 、 地 下 通 路 を 抜 け な が ら し た も の だ ろ う 。 し ず く キ デ ル は 腕 か ら ポ ト ボ ト 赤 い 滴 を 落 と し な が ら 、 ア ッ と い う 間 に や っ て 来 て 、 「 い ま い ま し い 娘 だ ! 」 の と 、 和 花 に 手 を 伸 ば し た 。 一 一 一 と た ん 、 い や な 音 が 立 っ た の は 、 キ デ ル の 腕 に 突 き 刺 さ っ た 短 剣 の 柄 が 、 ラ ウ ラ の 石 像 に 当 き ず 師 た っ た か ら だ 。 そ の 拍 子 に 、 短 剣 の 刃 が 傷 を え ぐ っ た の だ ろ う か 、 魔 「 ・ : ウ ッ 」 紫 う め き 声 を も ら し た キ デ ル の 黒 い 瞳 が 、 銀 色 に 染 ま っ た 。 夜 一 瞬 だ っ た し 、 銀 は 、 水 で う す め た よ う に 薄 い 色 だ っ た け れ ど 、 見 間 違 い し ゃ な い ー し よ う 千 : ・ 瞳 が 銀 色 に な る の は 、 生 の 魔 術 師 だ ー ま じ ゅ っ し 京 「 つ て い う か 、 魔 術 師 だ っ た の 卩 」 東 だ け ど 、 キ デ ル は 自 分 で ゾ ラ ー の 生 ま れ 変 わ り だ か ら 魔 力 は な い と 、 よ く わ か ら な い こ と を 駟 言 っ て い た 。

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


の と こ ろ 、 部 屋 に と し こ も り き り で し た し : ・ 。 で 、 あ な た の 方 は ど う で す ? だ い ぶ 慣 れ た よ う に 見 え ま す が ? 」 「 ・ : そ う か も 。 な ん か 、 鳥 肌 も 立 っ て な い 」 : と は 言 っ て も 、 や つ ば り 、 ク チ バ シ は 恐 怖 だ け ど : 「 よ か っ た で す 。 で は 、 紫 の 石 、 あ る い は 、 時 の 亡 者 を 捜 す 手 立 て を 探 り ま し よ う 」 か た ひ ざ サ イ ラ ム は 、 立 て た 片 膝 の 上 に ゆ っ た り と 腕 を も た せ た ま ま 、 ま ぶ た を 閉 し た 。 ぞ う げ い ろ ち や か っ し よ く さ ら さ ら の 髪 と 同 じ 茶 褐 色 の ま っ げ が 、 象 牙 色 の 肌 に き れ い な 三 日 月 型 の 縁 を 作 っ て い る 。 石 ・ : 何 を し て も 、 き れ し の 、 ハ ッ と 、 こ ん な 時 に わ た し の バ カ ! と 気 づ き 、 サ イ ラ ム と 同 し 一 一 一 和 花 は う っ と り 見 と れ て 師 よ う に 目 を つ ぶ っ て 考 え は し め た 。 し ゅ ご 魔 ャ ヤ の 話 で は 、 ゾ ラ ー と グ レ コ の 対 決 は 千 年 も む か し の こ と で 、 紫 の 石 は 、 そ の 時 、 守 護 が ゆ く え し 紫 持 ち 去 っ た き り 行 方 知 れ ず だ と い う 。 夜 一 方 、 時 の 亡 者 は 瞬 間 移 動 で 姿 を く ら ま し て し ま っ た 。 彼 も 時 の 魔 術 師 。 さ っ き は 瞬 間 移 動 夜 だ 「 た け ど 、 そ の 、 時 空 を 超 え た と も 考 え ら れ な く は な 」 。 ☆ い く ら 考 え て も 手 が か り な ん て 、 ど ち ら も ま る つ き り 浮 か ん で こ な か っ た 。 京 東 が 、 サ イ ラ ム の 方 は 何 か 思 い つ い た ら し い 「 一 つ 、 手 が か り に な る も の が : ・ 」 と り は だ 0 ふ ち

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


「 う っ せ ー な 、 金 が で き た ら 返 し に 行 く ん だ よ 。 リ ン ゴ 売 り の お ば ち ゃ ん だ っ て 、 承 知 し て る こ ろ さ 。 ガ キ の 頃 か ら の な し み だ か ら よ 」 「 じ ゃ あ 、 そ の 新 し い マ ン ト は ? 」 「 占 い の は あ さ ん と 取 り 替 え た ん だ 。 わ か る ? 物 々 交 換 。 水 ぶ つ か け や が っ て 。 俺 の 方 が 断 そ ん や す も の 然 、 損 し て ん だ ぜ 。 こ ん な ピ ラ ピ ラ の 安 物 で よ 」 手 を ふ さ が れ て い る フ リ ツ ツ は 、 肩 を ゆ す っ て 、 そ の 安 物 だ と い う マ ン ト を ピ ラ ピ ラ さ せ て 見 せ る 。 石 の こ ん な 悪 ガ キ つ ば い 少 年 が 紫 の 石 の 守 護 な ん て 、 や つ ば り ど う 考 え て も あ り 得 な い , っ 一 一 一 が 、 そ う い う 和 花 も 大 差 な い か も 知 れ な い 。 今 ま で フ リ ツ ッ と 一 一 人 、 小 さ な 子 供 の ロ げ ん か の よ う な や り 取 り を し て い た の だ か ら : 術 魔 和 花 は サ イ ラ ム に そ う 思 わ れ て い な い こ と を 祈 り つ つ 、 聞 い て み た 。 紫 「 な ん で 、 こ の 人 が 石 の 守 護 だ な ん て 思 っ た の ? ま っ た く 見 え な い け ど ? 」 こ う し よ う 夜 三 つ の 石 の 守 護 は 、 高 尚 で か な り の 魔 術 師 と い う イ メ ー ジ な の だ 。 む げ ん り ゅ う ( 。 ( し 力 な い と 申 し ま し た 。 さ ら に 恐 ろ し い 《 無 限 流 》 千 「 先 刻 、 こ の 者 は 、 今 捕 ら わ れ る わ ナ こ ま 、 、 し ゅ う ね ん 京 の 中 で 正 気 を 保 ち 続 け 、 自 力 で 脱 出 し た そ の 執 念 」 し ん し 東 サ イ ラ ム が 、 和 花 か ら 目 隠 し を し た フ リ ツ ツ に 真 摯 な ま な ざ し を 向 け る 。 「 そ れ は 、 紫 の 石 を 他 の 者 に 持 た せ ま い と の 使 命 感 か ら で は な い で す か ? 」