検索 - みる会図書館

全データから 211130件ヒットしました。

枢密院議長の日記


枢 密 院 議 長 の 日 記 佐 野 眞 ー 講 談 社 現 代 新 書 1911

枢密院議長の日記


枢 密 院 議 長 の 日 記 佐 野 眞 ー 1911 講 談 社 現 代 新 書

枢密院議長の日記


こ う し て 午 後 七 時 半 頃 、 枢 密 院 議 長 の 倉 富 邸 に 、 枢 密 院 副 議 長 の 平 沼 、 枢 密 院 書 記 官 長 の 二 上 と い う 〃 枢 密 院 ト リ オ み が 集 結 す る こ と に な っ た 。 枢 密 院 書 記 官 の 堀 江 季 雄 も 呼 び 出 さ れ 、 護 衛 官 の 潤 愛 彦 も 駆 け つ け た 。 枢 密 院 ト リ オ の 結 論 倉 富 は 堀 江 に こ れ か ら す ぐ 警 視 庁 と 憲 兵 司 令 部 に 行 っ て 、 情 報 収 集 し て く る よ う 命 じ 堀 江 が 出 て 行 っ た あ と 、 〃 枢 密 院 ト リ オ み て 話 し た 内 容 が 、 こ の 日 の 日 記 に 記 さ れ て 「 今 回 の こ と は 単 な る 殺 人 行 為 て は な い 。 暴 動 の 兆 し が あ る 。 継 続 す る よ う な ら 、 直 ち に 戒 厳 令 を 布 告 し な け れ ば な ら な い 。 そ の た め に は 枢 密 院 会 議 を 開 か ね ば な ら な い が 、 宮 中 り ん ぎ よ に て 開 会 し て 臨 御 を 奏 請 す る の も 恐 れ 多 い 。 枢 密 院 事 務 所 に て 開 会 し て よ ろ し か ろ う 」 こ れ が 〃 枢 密 院 ト リ オ 〃 が 出 し た と り あ え ず の 結 論 だ っ た 。 九 時 半 頃 、 堀 江 が 帰 っ て き そ の 報 告 に よ れ ば 、 犬 養 毅 は 重 傷 、 牧 野 伸 顕 は 無 事 、 犯 人 は 海 軍 士 官 若 干 名 、 陸 軍 士 官 候 補 生 十 名 ば か り て 、 す て に 全 員 憲 兵 隊 に 自 首 し て い る の て 安 心 せ よ 、 と の こ と だ っ た 。 こ の 報 告 を 聞 い て 平 沼 は 「 こ の ま ま 放 任 す れ ば 今 後 暴 動 続 発 の 恐 れ が あ る 。 適 当 な 処 置 0 356

枢密院議長の日記


第 七 章 ロ ン ド ン 海 軍 条 約 ー ・ 枢 密 院 議 長 の 栄 光 と 無 念

枢密院議長の日記


密 院 が 対 立 す る よ う に な る と 一 段 と 激 し く な る 。 た と え ば 昭 和 二 ( 一 九 二 七 ) 年 の 台 湾 銀 行 救 済 問 題 て は 、 枢 密 院 の 反 対 に よ っ て 第 一 次 若 槻 内 閣 が 総 辞 職 す る と い う 事 態 に な っ た 。 そ の 後 も こ う し た 内 閣 と 枢 密 院 の 対 立 が 起 こ る た び に 、 「 枢 密 院 間 題 」 は 政 治 間 題 の 一 つ の 焦 点 と し て 論 議 を 引 き 起 こ し た の て あ る 。 こ う し た 文 脈 の 中 て 「 倉 富 勇 三 郎 日 記 」 を 見 る と そ の 重 要 性 が 理 解 さ れ る だ ろ う 。 今 ま て 『 枢 密 院 会 議 筆 記 』 て し か 分 か ら な か っ た 枢 密 院 内 部 の 審 議 過 程 が 、 枢 密 顧 問 官 の 日 記 に よ っ て よ り 詳 し く 分 か る よ う に な る だ ろ う と い う 期 待 が 、 は じ め て 日 記 を 見 た と き の 衝 撃 て あ っ た 。 一 つ は 公 的 記 録 て あ っ て 、 枢 密 院 本 従 来 、 い わ ゆ る 枢 密 院 に 関 す る 史 料 は 二 つ あ っ た 。 会 議 の 議 事 録 て あ る 『 枢 密 院 会 議 筆 記 』 て あ り 、 委 員 会 録 や 枢 密 顧 問 官 の 履 歴 な ど て あ る 。 こ れ ら は 現 在 国 立 公 文 書 館 に 所 蔵 さ れ 公 開 さ れ て い る 。 も う 一 つ は 個 人 文 書 て あ っ こ わ し て 、 伊 藤 博 文 、 山 県 有 朋 、 伊 東 巳 代 治 、 井 上 毅 、 原 敬 、 田 健 治 郎 、 深 井 英 五 と い っ た 枢 密 院 に 関 係 し 、 政 治 の 中 枢 に い て 枢 密 院 と 交 渉 を 持 っ た 人 々 の 日 記 や 書 簡 、 書 類 と い っ た 断 片 的 史 料 て あ る 。 枢 密 院 研 究 は こ れ ら の 史 料 に 頼 ら ざ る を 得 な か っ た 。 と は い え こ う し た 個 人 文 書 は 会 議 録 に 現 わ れ な い 内 部 の 情 報 を 伝 え る も の て あ る に し て も 、 断 片 的 て あ る こ と こ ろ が 「 倉 富 勇 一 二 郎 日 記 」 の 登 場 に よ っ て 大 き く 情 勢 は 変 わ っ た し 」 は い - フ 4 ま 、 て わ な い で ん 4 10

枢密院議長の日記


平 八 郎 に 強 い 共 感 を 抱 い て い た こ と は 想 像 に 難 く な い 倉 富 が 昭 和 七 年 の 五 ・ 一 五 事 件 後 の 混 乱 し た 事 態 を 収 拾 す る た め 、 元 老 の 西 園 寺 公 望 に 長 広 舌 を ふ る っ て 東 郷 平 八 郎 を 内 大 臣 に 強 く 推 挙 し た こ と は 、 前 に 述 べ た 。 倉 富 の そ の と き の 大 時 代 な ふ る ま い は 、 そ の 二 年 前 の ロ ン ド ン 条 約 に 対 す る 東 郷 平 八 郎 の ポ ジ シ ョ ン が 、 少 な か ら ず 影 響 し て い た し か し 、 「 乞 骸 始 末 」 の な か に 登 場 す る 倉 富 は 、 緊 急 勅 令 を 審 議 し た 関 東 大 震 災 下 の 枢 密 院 会 議 の と き と 同 様 、 あ く ま て 法 の 精 神 に の っ と っ た 筋 論 を 通 し て い る 。 軍 縮 条 約 批 准 へ の 不 信 ロ ン ド ン 条 約 の 審 議 が 枢 密 院 に 諮 詢 さ れ た の は 、 昭 和 五 年 七 月 二 十 四 日 だ っ た 。 「 乞 骸 始 末 」 は 述 べ て い る 。 〈 七 月 二 十 四 日 、 ロ ン ド ン 海 軍 条 約 批 准 の 御 諮 詢 あ り 。 同 日 午 後 四 時 一 一 十 五 分 頃 、 枢 密 院 書 記 官 堀 江 季 雄 よ り 予 の 家 に 電 話 し 、 条 約 案 の 御 諮 詢 あ り た る こ と を 通 知 す 。 予 が 正 に 堀 江 と 電 話 す る と き 、 内 閣 総 理 大 臣 浜 口 雄 幸 来 訪 す 〉 浜 口 は 、 葉 山 御 用 邸 て 避 暑 中 の 天 皇 陛 下 に 拝 謁 し 、 条 約 案 の 諮 詢 を 奏 請 し 、 併 せ て 条 約 案 の 審 議 を 進 め る こ と を 枢 密 院 議 長 に 交 渉 す べ き 旨 を 奏 上 し た と こ ろ 、 枢 密 院 の 会 議 が 開 372

枢密院議長の日記


旧 枢 密 院 を 訪 ね る 大 正 十 五 ( 一 九 二 六 ) 年 四 月 十 二 日 、 倉 富 は 枢 密 院 の 第 十 五 代 議 長 に 任 命 さ れ た 。 七 十 四 歳 の と き だ っ た 。 ち な み に 枢 密 院 の 初 代 議 長 は 、 伊 藤 博 文 て あ る 。 枢 密 院 は 、 設 置 当 初 は 大 日 本 帝 国 憲 法 の 草 案 を 審 議 し 、 以 後 は 天 皇 の 諮 詢 に よ り 憲 法 間 題 、 対 外 条 約 、 緊 急 勅 令 、 戒 厳 令 布 告 な ど に つ き 審 査 す る と い う 重 要 な 役 割 を 担 っ て き 明 治 二 十 一 ( 一 八 八 八 ) 年 に 設 置 さ れ た 枢 密 院 は 、 戦 後 の 昭 和 二 十 二 ( 一 九 四 七 ) 年 五 月 三 日 、 日 本 国 憲 法 の 施 行 に よ っ て 廃 止 さ れ た 。 同 じ 時 期 に 同 じ 理 由 て 廃 止 さ れ た 戦 前 の 議 会 組 織 に 貴 族 院 が あ る 。 貴 族 院 は 議 員 の 選 出 方 法 が 一 般 選 挙 に よ ら ず 、 皇 族 や 華 族 を 中 心 と し 、 勅 選 議 員 や 多 額 納 税 議 員 か ら な る 羽 貞 勺 よ 且 織 ご っ ご 。 、 、 ド 自 オ 糸 オ オ カ そ の 役 割 は 議 員 が 一 般 選 挙 て 選 ば れ る 衆 議 院 と 同 じ 立 法 機 関 だ っ た 。 ち な み に 倉 富 も 大 正 三 ( 一 九 一 四 ) 年 三 月 か ら 大 正 五 年 十 月 ま て 、 貴 族 院 の 勅 選 議 員 を つ と め て い る 。 そ の 立 法 機 関 の 貴 族 院 に 対 し 、 枢 密 院 は あ く ま て 天 皇 の 諮 詢 に 応 じ て 重 要 国 務 を 審 議 す 102

枢密院議長の日記


日 の 記 述 が 十 数 ベ ー ジ に わ た っ て 記 さ れ て い る 。 し か も 判 読 困 難 な ほ ど の 小 さ な 字 て 延 々 と 続 く の て あ る 。 帝 室 会 計 審 査 局 長 官 、 枢 密 顧 間 官 と し て の 倉 富 は 、 毎 日 交 わ し た さ ま ざ ま な 会 話 を ま る て 国 会 の 議 事 録 の よ う に す べ て 逐 一 記 録 し て い た の て あ る 。 さ て 「 倉 富 勇 三 郎 日 記 」 に つ い て 語 る ま え に 、 枢 密 院 に つ い て 少 し 述 べ て お こ う 。 枢 密 院 は 明 治 二 十 一 ( 一 八 八 八 ) 年 四 月 、 帝 国 憲 法 草 案 を 審 議 す る た め の 機 関 と し て 設 立 さ れ 、 大 日 本 帝 国 憲 法 第 五 十 六 条 に 、 「 天 皇 の 諮 詢 に 応 へ 重 要 の 国 務 を 審 議 」 す る 機 関 と し て 規 定 さ れ た 。 さ ら に 明 治 憲 法 の 起 草 者 て あ る 伊 藤 博 文 が 著 わ し た 『 憲 法 義 解 』 に よ れ ば 、 枢 密 院 は 内 閣 と 並 ぶ 「 憲 法 上 至 高 の 輔 翼 」 機 関 て あ り 、 「 為 政 の 慎 重 を 加 ふ る 」 こ と を 任 務 と し た 。 そ し て 諮 詢 事 項 は 憲 法 と そ の 付 属 法 、 皇 室 典 範 に 関 す る 事 項 、 緊 急 勅 令 、 条 約 な ど 国 政 の 重 要 事 項 と さ れ た 。 こ う し た 広 範 な 権 限 を 有 す る 機 関 て あ り な が ら 構 成 メ ン バ ー は 十 八 人 、 そ れ も 内 閣 総 理 大 臣 が 任 命 す る こ と に な っ て い た が 、 実 際 は 伊 藤 博 文 や 山 県 有 朋 ら 元 老 の 推 薦 に よ る こ と が 多 か っ た と い う 。 ま た 審 議 内 容 は 非 公 開 と さ れ 、 『 枢 密 院 会 議 筆 記 』 と い う 「 議 事 録 」 が 少 部 数 印 刷 さ れ た だ け 、 て き わ め て 密 室 性 の 高 い も の て あ っ た 。 大 正 初 め ご ろ か ら そ の 密 室 性 に 世 論 の 疑 間 が 起 こ り 、 い わ ゆ る 「 枢 密 院 間 題 」 が 新 聞 や 雑 誌 て 取 り 上 げ ら れ る よ う に な る 。 こ の 傾 向 は 政 党 政 治 が 確 立 さ れ る に つ れ て 、 内 閣 と 枢 409 解 説 「 倉 富 勇 三 郎 日 記 」 に よ せ て

枢密院議長の日記


次 に 本 書 の 対 象 と な っ て い る 大 正 十 年 、 十 一 年 は ど ん な 時 代 て あ っ た の て あ ろ う か 。 宮 中 某 重 大 事 件 に 始 ま り 昭 和 天 皇 の 摂 政 就 任 に 至 る こ の 時 期 は 、 天 皇 制 を め ぐ る 一 つ の 転 換 期 て あ っ た 。 こ の と き に 主 役 と な っ た の は 元 老 山 県 有 朋 と 政 友 会 総 裁 原 敬 て あ る 。 日 露 戦 争 後 か ら 官 僚 閥 を 率 い て 勃 興 す る 政 党 勢 力 に 対 抗 し よ う と し た 山 県 有 朋 、 政 党 政 治 の 実 現 を 目 指 し て 山 県 に 肉 薄 し た 原 敬 。 二 人 の 間 に は 長 年 に わ た っ て 蓄 積 さ れ た 敵 意 と 反 目 が あ っ た が 、 そ の 二 人 が 手 を 結 ば ざ る を 得 な く な る 。 そ れ が 寺 内 正 毅 内 閣 倒 壊 の 引 き 金 と な っ た 米 騒 動 て こ の と き 倉 富 は 議 長 と し て 会 議 の 指 揮 を 取 っ た が 、 枢 密 院 会 議 と し て は 珍 し く 委 員 会 て も 本 会 議 て も 論 戦 が 続 い た 。 こ う し た 議 事 の 遅 延 の 背 後 に は 、 昭 和 天 皇 が 再 三 に わ た っ て 倉 富 に 「 十 分 審 議 を 尽 く 」 す よ う 命 じ た と い う こ と が あ っ た 。 昭 和 天 皇 の リ ー ダ ー シ ッ プ の 一 例 て あ る 。 こ う し て み る と 倉 富 の 枢 密 院 議 長 時 代 の 日 記 は 、 政 党 内 閣 と 枢 密 院 と い う 「 枢 密 院 間 題 」 を 読 み 解 く た め の 材 料 を 提 供 し て い る と い え る て あ ろ う し 、 大 正 後 半 か ら 昭 和 初 期 に か け て の 政 治 史 研 究 に 必 須 の 史 料 て あ る と 思 わ れ る 。 412

枢密院議長の日記


と 海 軍 軍 令 部 て 兵 力 量 決 定 の ル ー ル 作 り を す る た め の 軍 事 参 議 官 会 議 を 開 い た 。 れ も う ま く い か ず 加 藤 寛 治 軍 令 部 長 は 、 別 件 の 上 奏 中 に 突 然 辞 表 を 提 出 、 内 閣 弾 劾 を は じ め た 。 加 藤 が 退 出 す る と 天 皇 は 直 ち に 財 部 彪 海 軍 大 臣 を 呼 び 、 「 話 の 筋 が 違 う 。 加 藤 の 進 退 は 大 臣 に 一 任 す る 」 と 上 奏 書 を 下 げ 渡 し た 。 加 藤 は 犬 死 し た わ け て あ る 。 し か し 加 藤 の こ の 行 動 は 、 か え っ て 海 軍 大 臣 の 横 暴 を 許 す な と い う 声 に な り 、 陸 海 軍 軍 事 参 議 官 会 議 が 開 か れ る こ と に な っ た 。 そ こ て 合 意 さ れ た の は 「 海 軍 兵 力 に 関 し て は 海 軍 大 臣 海 軍 軍 令 部 長 間 に 意 見 一 致 し あ る べ き こ と 」 て あ り 、 こ れ は 天 皇 の 裁 可 を 受 ナ れ は 軍 部 大 臣 を 拘 束 す る と と も に 、 軍 令 部 長 が 兵 力 量 決 定 の 主 導 権 を 握 る 可 能 性 を 秘 め て こ う し た 軍 部 の 動 き に 対 し て 枢 密 院 は ど の よ う な 態 度 を と っ て い た の て あ ろ う か 。 倉 富 を 始 め と す る 枢 密 院 議 長 団 ( 倉 富 議 長 ・ 平 沼 副 議 長 ・ 二 上 書 記 官 長 ) ら は 、 回 訓 の 根 拠 が 不 当 て あ る と 考 え て い た 。 冒 頭 に 挙 げ た 三 原 則 は 軍 事 参 議 官 会 議 の 議 を 経 た も の て あ り 、 回 訓 は 正 し い 手 続 き を 踏 ん て い な い か ら 法 的 に 無 効 て あ る と い う の て あ る 。 い か に も 枢 密 院 ら し い 言 い 方 て あ る 。 も ち ろ ん 倉 富 ら に も 言 い 分 が あ る 。 軍 事 に 関 係 の な い 枢 密 院 と し て は 、 軍 事 参 議 院 に 頼 ら ざ る を 得 な い の て あ る 。 し た が っ て 条 約 批 准 の 最 終 決 定 を す る 枢 密 院 に と っ て 軍 事 参 議 院 、 ひ い て は 軍 部 の 判 断 は 決 定 的 影 響 力 を 持 っ て い た 。 「 乞 骸 始 末 」 4 19 解 説 「 倉 富 勇 三 郎 日 記 」 に よ せ て