様子 - みる会図書館


検索対象: 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩
128件見つかりました。

1. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

おあげしましたけれど、もう長らくさしあげておりませ ったくあってはならぬこととして心を取り静めるのは、姫 ん」とおっしやる。大将は、「あなたがご降嫁になられた 宮をお見あげすることのなかった以前にもまして苦しいこ からとて、あちらからもお便り申されないのでは情けない とである。宮は絵をじつにたくさん供人に持たせて参上な ことです。さっそくに大宮の御前で、あなたがお恨み申し さったのだったが、それを女房にお言いつけになって姫宮 ていらっしやると申しあげておきましよう」とおっしやる。 のほうにおあげになり、ご自分もそちらへお越しになった。 大将も大宮の御前近くへ参上なさって、御八講の尊かっ 「どうしてこの私がお恨み申しましよう。いやですこと」 たことや昔の御事の思い出を少しお話し申しあげては、残 と女宮がおっしやると、大将は、「下々の者になりさがっ てしまったと、あなたを見下していらっしやるようだと思 りの絵をごらんになるついでに、「私の所においでになり われますから、こちらからはお便りもさしあげないのですます女宮が、雲の上のご身分から降嫁なさって、お気持も とだけは申しあげておきましよう」とおっしやる。 沈んでいらっしやるのをおいたわしく存じております。こ ちらの姫宮の御方からお便りもございませんのを、こうし 〔一三〕薫、女一の宮を慕大将は、その日は女宮のおそばでお て臣下の身分に定まってしまわれたために、姫宮がお見捨 い中宮のもとにまいる過しになって、翌朝、大宮に参上な ひょうぶきようのみや さる。例によって、兵部卿宮もこちらにいらっしやるのだ てあそばしたもののように思って、気持の晴れぬ様子にば ちょうじ ひとえ かり見えますので、このような絵などをときどきお見せに った。丁子色に深く染めた薄物の単衣を濃い直衣の下にお ちょうだい 召しになっているのが、いかにもしゃれた趣向をお見せに なってくださいまし。この私自身が頂戴して持ち帰りまし 蛉 なっている。姫宮のおみごとなご容姿にも負けをおとりに たのではやはりこれを見るはりあいもございますまいに」 ならず、色白で気高くおきれいで、やはり以前よりは面やとお申しあげになると、大宮は、「これは異なことをおっ つれしていらっしやるご様子が、まったく見飽きることのしやる。姫宮がどうしてお見捨て申したりなさいましよう。 まだ宮中にお住まいのころは、お近くでしたから、折にふ ないお美しさである。姫宮によく似ておいでになると思う につけてもまず恋しさがこみあげてくるが、その思いをまれてお互い文通申されたようですが、離れ離れにおなりに ひ のうし おも

2. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

った話なので、しばらくは何もおっしやらない。「そんな じていたとおりのお疑いだ、と困惑して、「しぜんお耳に ことがあったとはとても信じられるものではない。世間の もはいっていることと存じますが、女君はもともと不如意 人が心に思ったり口にしたりすることでも、めったに言葉な御身の上でお育ちになったお方でして、人里離れたこの ひと には出さすおっとりしていたあの女が、どうしてそのよう山里にお住まいになりましてからは、、 っとい , っことなく な恐ろしいことを思いたつわけがあろう。この女房たちは物思いに沈んでばかりいらっしやるご様子でしたが、それ いったいどんなつもりで事を言いつくろっているのだろ でも殿が、たまさかにでも、こうしてお越しあそばすのを う」と、いよいよお気持がかき乱されていらっしやるけれお待ち申しあげなさることで、これまでの不運な御身の上 ども、宮の悲嘆にくれておられた御面持もじっさいはっき の嘆きをもお慰めになっては、このうえは静かに落ち着い りしていることだし、この邸の様子にしても、そんなそ知てときどきでもお目にかかることがおできになるように、 らぬふりをしていたところで、その気配はしぜんに分るは そのことを一日でも早くとばかり、ロにこそお出しにはな すのもの、こうしてご自分がお越しになったにつけても、 らないにしても、いつもそう願い続けていらっしやったよ かみしも どんなにか悲しく堪えがたいこの事件を上下の者がいっし うですが、そのお望みのかなえられそうに承ることなども ょになって泣き騒いでいるのだから、とお考えになって、 ございましたので、こうしてお仕えしている私どももあり 「お供についていって見えなくなった者はいないのですか かたいことと存じまして、その用意をさせていただいてお つくばやま そのときの様子をもっとはっきり話しておくれ。わたしの りましたし、あの筑波山の母君も、ようやくのこと望みど 蛉 仕打ちを薄情だと恨んで離れていかれるようなことはまさ おりといった様子で、京へお移りになるための支度にはげ かあるまいと思うのです。どのような、にわかに言うに言んでおりましたところ、あの合点のゆかぬ殿のお手紙を頂 との 蜻 われぬ事情が起ったとしても、そんなことをなさるはずが戴いたしましたうえに、ここの宿直などをおっとめしてい る者たちも、女房たちにふしだらなことがあるようだなど あるだろうか。わたしにはとても信じられないことだ」と しか おっしやるので、右近は大将がおいたわしくて、やはり案と、殿のお叱りのお言葉があったなどと申して、礼儀もわ

3. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

もなくお仕えしてきたのに、ほかのことならいざしらず今 たちがみな泣き声をあげておろおろしているところへやっ 日を限りの死出の道に、この私を置き去りになさって、そ てきたのだから、お手紙もお渡し申すことができない。 の気ぶりすらお見せにならず行っておしまいになったのが 「これはどうしたことなのです」と下仕えの女に尋ねると、 なんとも恨めしい」と思うと、足摺りということをして泣「上が昨夜急にお亡くなりあそばしましたので、途方に く有様は、まるで年端もゆかぬ子供のようである。ひどく れておられるのです。頼りになるお方もおいでにならない 物思いに沈んでいらっしやったご様子はずっと拝見してい ときですので、お仕えしておられる人たちは、ただもう物 たのだったけれど、女君のご性分からしてよもやこのよう に突き当ってま ) ま・こしていらっしゃいます」と一言 , つ。こ に尋常ではない恐ろしいことをお思いっきになろうとは、 の使いの者は事情を深くも知らない男なので、詳しいこと とうてい考えられなかったものを、いったいどうしてこん を尋ねもせずに帰ってまいった。 なことになったのだろうと、どこまでも合点がゆかず、た かくかくのしだいでと取次を通して申しあげたので、宮 いそう悲しくてならない。乳母は、あまりのことにかえっ はまるで夢かと思わずにはいらっしゃれなくて、「なんと ておろおろと度を失って、ただ、「どうしたものでしよう、 も不可解なことだ。重くわずらっているとも聞いていない どうしたものでしよう」と口にするばかりであった。 し、このごろただ気分がすぐれないとはあったけれど、昨 つもと 〔ニ〕匂宮、浮舟の死を宮におかれても、じっさいい 日の返事にはそんな様子もなくて、いつもより風情のある 知り時方を宇治に派遣はちがって何かわけのありそうな女手紙だったのに」と、お思いあたりになることもないので、 蛉 君のご返事に、「どう考えているのだろう。さすがに自分「時方、そなたが行って様子を見て、確かなところを聞き を慕ってくれている様子ながらも、こちらの気持を浮気な出しておくれ」とおっしやると、時方は、「あの大将殿が、 うわさ とのい 出来心だとばかり深く疑っていたのだから、どこかほかへどうした噂をお聞きつけになったのでしようか、宿直の者 7 身を隠そうというつもりでいるのだろうか」と胸騒ぎがな が勤めをおろそかにしている、などとご注意がありました みとが さって、お使者をおさし向けになる。その使者は、邸の人こととて、下々の者が出入りしますのをも、見咎めて問い ふぜい

4. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

く言い含めたために、それで女がいくぶんでも安心なはう って、「まず時方がはいっていって、侍従に会ってうまい くめん 8 に落ち着こうと心が決ったのだろう、それも無理からぬこ具合に工面してみよ」と言っておさしむけになる。時方は ととお思いにはなるものの、まったく不本意でいまいまし気のきく男であるから、何かと言いつくろって、侍従を尋 ニ一口 物く、たとえそうであっても、あの女はこの自分を慕ってくね出して会った。侍従は、「どうしたわけでしようか、あ とのい 氏 れていたものを、しばらく逢わずにいる間に、女房たちが ちらの殿のお言い付けがあったと申して、このごろ宿直の 源 説きつけるままにあちらに傾くようになったのだろう、な者たちが、さしでがましくしている最中ですから、まった どと物思いに沈んでいらっしやると、女君恋しさが際限も く困りきっております。女君も何かとひどく物案じをして 第一く、つ なく虚空に満ちてしまうようなお気持になられるので、ま いらっしやるようでございますが、それもこのような御事 たしても、たいへんなご決心で宇治へお出向きになった。 が畏れ多いこととお思いになって、それをお悩みになるの あしがき だと、 お供の時方が葦垣の方を見ると、いつもとちがって、 いたわしゅう存じております。今夜はとてもとても。 「あれは誰だ」という何人もの声がして、すぐに目をさま万一誰かにこの様子を気づかれましたら、かえって具合の さが す気配である。仕方なく引き退ってきて、代りに様子のよわるいことになりましよう。 いっそやの仰せのとおりにご く分っている男を邸内にはいらせると、その男をまでも問 用意あそばすはずのその夜には、さっそくにこちらでもこ い咎める。これまでの様子とは大違いである。これは面倒 っそりと、そのつもりで手はずをととのえてお知らせ申す めのと なことと思って、「京から急用のお手紙があるのです」と ことにいたしましょ , つ」と一一 = ロ , つ。乳母が目ギ、とくて油断も 一一 = ロう。右近の召使の名をあげて、その者に会った。右近は、 ならぬ由なども話す。大夫は、「こうして宮がお越しにな まったくもって厄介なことになったと思わずにはいられな る道中は並一通りのことではなく、是が非にも女君にお逢 おそ 。「とても今夜は無理というものです。たいへん畏れ多 いしたいといったご様子でしたのに、はりあいのないこと いことですがと答えさせた。宮は、どうしてこうも自分をお聞かせ申すのでは、まったくもって不都合なのです。 を遠ざけようとするのかとお思いになると、たまらなくな ではこの私といっしょにいらっしやってください。あなた とが やっかい ひと

5. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

くすり みるけれども、まるで意識も失せている様子である。薬湯 ありません」と言うのを、妺の尼君がお聞きつけになって、 そうず を取り寄せて、手ずからすくい入れて飲ませなどするが、 「どうしたことなのです」と尋ねる。僧都は、「これこれの ただ弱るいつばうで今にも急絶えてしまいそうなので、 ことなのです。六十を越えた年になってめったにはないも 語 「なまじ介抱してやっても大変なことになる」というわけ 物のを見させてもらいました」とおっしやる。尼君は、その 氏 で、「この人が死んでしまいそうです。加持をなさってく 話を聞くなり、「私がお寺で夢に見たことがあるのです。 源 あじゃり げんぎ ださい」と験者の阿闍梨に言う。阿闍梨は、「それごらん それはどんな人なのですか。何よりもまず、その姿を見た やりど なさい。よけいな世話やきをなさるというものです」とは い」と泣きながらおっしやる。「すぐこの東の遣戸のとこ ろにおります。早く行ってごらんなされ」と言うので、急言うけれども、加持に先だって、神などの助けを求めるた めに経を読んではお祈りをする。 いで行って見ると、そばに付き添う者もなく、放って置い てあるのだった。じつに若々しくかわいらしい女の、白い 僧都も顔を出して、「様子はどうか。何もののしわざな あや ひとかさね くれないはかま 綾の衣一襲を着て紅の袴を着けているのが、たきしめた香のか、よく調伏して問いただしてみよ」とおっしやるが、 いかにも弱々しく、しだいに絶え入りそうなので、弟子た はたいそういい匂いをただよわせて、どこまでも気品の高 けが い様子である。尼君は、「まるでこの私の悲しく恋いルんちは、「とても命はあるまい」、「思いがけない穢れに触れ やっかい てこんな所に閉じこもらねばならないとは、厄介なことに でいる娘が、生き返っていらっしやったようです」と言っ なった」、「こんなふうでもやはり身分のあるお人のようで て、泣く泣く年配の女房たちを呼んで、奥に抱き入れさせ ひと ございますな。死んでしまったとしても、そのままに捨て る。この女がどんなふうにして見いだされたのか、そのと てお置きになるわけにもいきますまいに。困ったことにな きの様子を知らない女房は、こわがりもせずに抱きかかえ りました」などと話し合っている。尼君は、「まあお静か て運び入れた。生きているとも見えず、それでもかすかに 誰にも知らせてはいけません。面倒なことになります 目をあけているので、「何そおっしゃいまし。どういう御 から」などとロどめをしては、母の尼君のご病気のことよ 身の上のお方でこんなことにおなりなのですか」と尋ねて

6. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

( 原文一一五ハー ) した。あしたの朝早いうちにこれは縫いあげましよう。ど やるお声が、じつにうまく大将そっくりにまねをなさって、 んなにお急ぎになったところで、お迎えのお車の着くのは しかもひそやかな小声なので、右近はそれが宮とは思いも 日が高くなってからでしよう」と言って、しかけたあれこ よらず、格子を開け放った。「途中でじっさいひどく恐ろ きちょう れの縫物をいっしょにして几帳にうちかけたりなどしては、 しいめにあったものだから、変な格好になってしまってい うたた寝といった格好で物にもたれて横になった。女君も る。灯を暗くしておくれ」とおっしやるので、「まあ、大 少し奥にはいって横になる。右近は、北面の部屋に行き、 変」とあわてうろたえて、灯火は取りのけてしまった。 すそ しばらくたってから戻ってきたが、女君の裾のあたり近く 「この姿を誰にも見せないでおくれ。やって来たからとい 横になった。 って人を起してはなりません」と、じっさいよく知恵のは 〔九〕匂宮、薫を装い浮眠たがっていたこととてすぐに寝っ たらくお方だから、もともと大将とは多少似通っているお 舟の寝所に入って契るいてしまった右近の様子をごらんに 声をまったくそのご様子そのままにまねておはいりになる。 ツ、うし なり、宮はほかに手だてもないので、そっとこの格子をお右近は、大変なめにあったとおっしやったが、どんなお姿 叩きになる。右近が聞きつけて、「どなたです」と尋ねる。 なのかしら、とお気の毒に思って、自分も物陰に隠れて拝 せき 宮が咳ばらいをなさると、品のよいしわぶきの声と聞き分見している。まことにほっそりと柔らかな装束を召してい けて、大将殿がお越しになったのだろうかと思い、起きて て、たきしめた香の芳しいのも、いつもの大将に劣らない。 出てきた。「とにかくこの格子を開けなさい」とおっしや女君のそば近くに寄って、お召物をお脱ぎになって、物慣 舟 るので、「妙な。思いがけない時刻にお越しでございますれた様子で横におなりになるので、「どうぞいつものご寝 こと。もう夜もずいぶん更けておりましようものを」と言所へ」などと言うけれども、宮は何もおっしやらない。右 浮 う。「どこぞへお出かけになるご様子だと仲信が言ったも近は御夜具をさしあげて、すでに寝んでいた女房たちを起 のだから、びつくりしてそのまま出かけてきたので。ほんし、少しひきさがってみな寝てしまった。お供の人の世話 とにつらい思いをした。とにかく開けておくれ」とおっし しつもこちらではかまわない習慣になっているの やす

7. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

目を忍んで隠れておりますとか耳にいたしましたのですが。 から、僧都は、「ど , つい , っことでさいましょ , つかこの それが確かな話であるのならば、どういう事情があってな幾月、ひそかに不審に思っておりますお方のことでござい どということもお打ち明け申そう、などと存じておりますましようか」と言って、「あそこにおります尼たちが、初 ひと うちに、その女はあなたのお弟子になって、戒などもお授瀬に宿願がございまして、参詣して帰ってまいりました途 けになってしまわれた、と聞きましたが、それは本当でし 中、宇治院という所に泊っておりましたときに、母の尼の ようか。まだ年も若く、親なども生きている人でしたので、所労が急に出ましてひどく苦しんでいる由を知らせに供の この私が死なせてしまったかのように恨み言をいう人がご者がやってまいりましたので、山を下りて出向きましたと ざいましてね」などとおっしやる。 ころ、さっそく奇怪なことがございまして」と声をひそめ て、「親の今にもみまかろうとするのをさしおいて、その 〔ニ〕僧都、浮舟発見以僧都は、「やはりそういうことだっ 来の始終を薫に語る たのか。どうもあの女人の様子は並お方を懸命に介抱いたしておったのでございます。そのお ひと の女とは思われなかった。右大将がこれほどまでおっしや方も亡くなられたも同然の有様でございましたが、それで たまどの るからには、、、かげんには思っていらっしやらなかった も呼吸は通っておられましたので、昔物語に、魂殿に置い 人なのだろう」と思うと、自分が法師の身だからとて、な てあったという死人の例を思い出して、そのようなことで んの配慮もなくさっそくに尼姿にさせてしまったことよ、 もあろうかと珍しいことに存じまして、弟子どもの中で験 と胸のつぶれる思いで、どうご返事申しあげてよいかと思力のある者どもを呼び寄せては、かわるがわるに加持させ 案に迷うほかない。「すでに確かなことを聞いておられる たりいたしたのでございます。母の尼はいっ亡くなっても 、刀 . し・な . し これほど事情をご承知になっていて、様子惜しくはない年齢でございますが、旅の空で重い病をわず を知ろうとお尋ねになるのでは、もう秘密にしておけるも らっているのですから、この拙僧が手助けして心を乱すこ となく念仏をもさせてやりたいと、仏を一心に念じ申して 四のではなく、なまじ逆らって隠しだてをしようものなら、 かえって不都合なことになろう」などとしばらく思案して おりましたときのこととて、その女人の様子は詳しくも拝 はっ

8. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

355 手習 母などといった人が悪だくみして置き去りにさせたのだろ もかく、ここまでならばお差支えもございますまい うか、などと気をまわすのだった。「川に流してください」 などと、痛切な思いを書きつらねて使者をおさし向けにな と言ったその一言よりほかにはまるで何もおっしやらない ったので、僧都は、「まったく不思議なことよ。こうして ので、どうにも気がかりになって、なんとか早く人並の体今日まで命を保ってきた人を、もしあのまま見捨ててしま っていたとしたらどうなったことか。このわたしがあそこ にしてやりたいと思っているのだが、ご当人はいつになっ てもばんやりとしていて起き上がろうともせず、ただまっ で見つけ出したのもそれだけの因縁があったからだろう。 たく合点のゆかぬ様子でばかりいらっしやるので、結局は ひとっためしに、最後まで助けてみることにしよう。それ 助からない人ではなかろうかとは思いながらも、そうかと でもだめなら、そこまでの定命だったのだと思うことにし いってこのまま捨てておくのもいたわしく無慈悲なことで よう」とおっしやって、山をお下りになる。 きとう ある。夢のお告げの話も打ち明けて、最初から祈疇をさせ 尼君は拝まんばかりに喜んで、この月ごろの様子を話し あじゃり ていた阿闍梨にも内密に護摩を焚かせておられる。 て聞かせる。「こんなふうに長らくわずらっている人は、 おのずと姿かたちに疎ましい感じが現れてくるものでしょ 〔を僧都の加持により、引き続きこうして介抱をしているう 物の怪現れ、去る レし力にも ちに四月五月も過ぎた。尼君はじっ うが、このお方はほんの少しも衰えず、ほんとこ、、 さいどうにもならず効果もないのに困りはてて、僧都の御きれいで、まるで見苦しいところもなくていらっしやって、 、もとこ、 もうこれでおしまいかと見えながらもこうして命をつない おももち もう一度下山してくださいまし。この人をお助けいただ できたしだいなのです」などと、真剣な面持で泣き泣きお きとうございます。なんといっても今日まで生きており っしやるので、僧都は、「最初見つけたときからして、こ ますのは、死ぬこともならぬ寿命の人なのに深く取り憑んなことはめったにないご様子の方ですな。それでは」と いている魔物が立ち離れないためと思われます。どうか 言って、のぞいてごらんになり、「いかにも際だったご器 くどく お願い申しあげます、京にお出向きになるのでしたらと量ですな。まさしく前世の功徳の応報でこのようなお顔だ っ いんねん

9. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

っとめ になられる。母宮のご病気でいらっしやるところに、この う」とお思い続けになっては、ただお勤行をばかりしてい らっしやる。 引ようなことに心を悩ましているのも不都合なことなので、 京にお帰りになった。 〔五〕薫、匂宮を見舞うかの宮はまた、それにもまして二、 物大将は、女二の宮の御殿にもお寄りにならず、「たいし 浮舟の密通を思い煩悶三日は何の分別もおっきにならず正 氏 た身分の者でもございませんけれど、身寄りの者に不幸が気も失せた有様なので、女房たちが、いったいどのような 源 ものけ あった由を耳にしましたので、心の乱れております間は、 御物の怪のしわざであろうかなどと騒いでいるうちに、よ 不吉なこととはばかられまして」などとおことわり申され うやく涙を涸らされてお気持も静まってくると、かえって て、ご自身ではどこまでもはかなく悲しい女君との仲らい 女君の生前の面影を恋しくせつなく思い出さずにはいらっ をお嘆きになる。生前の姿や顔だちのじつに情味をたたえ しゃれないのであった。他人にはただご病気が重いように らち てかわいらしかった様子などが、たまらなく恋しく悲しく ばかりよそおって、こうした埒もない涙顔を見られまいと、 思われるので、生きていたときにどうしてこうも夢中にな ご自分では上手にとりつくろっているおつもりであったけ らす、おっとりとかまえて過していたのであろう、今になれども、しぜんとご愁嘆のご様子ははっきりと目だつもの 冫しろいろ って、どうにもあきらめようすべもないままこ、、 だから、「どういうことがおありになってこうもお嘆きに と際限なく悔まれ、「自分はこうした男女の道につけて、 なり、お命も気づかわしいくらいに沈んでいらっしやるの ひどく悲しい思いをしなければならぬ宿運だったのだ。世だろう」と言う人もあったので、あの大将殿におかれても、 人とは別の念願をもって生きてきたこの身が、その思いに 詳しくこうしたご様子をお聞き込みになり、「思っていた 反してこのように俗人として暮しているのを、仏などが憎とおりではないか。やはりそれとないお手紙のやりとりだ いやっとお思いになるのではなかろうか。人に道心を起さ けではなかったのだ。宮が一目ごらんになったら必ず執心 ひと せようとして仏のなされる方便は、慈悲を垂れることもお なさらすにはいられないような女ではあった。もしあの人 やめになって、このように苦しみをお与えになるのであろ がこのまま生きていたとしたら、ただの他人の場合とちが ( 原文九九ハー ) ニロ

10. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

ただすのだそうでございますから、口実になるようなご用起き上がる気力もございません。それにいたしましても、 もなくて、この時方が出向きましたのが何か大将殿のお耳 こうしてお越しくださるのはムフ夜限りのことでございまし にでもはいりましたら、お思いあたりになることがありは ように、お目にかかれませんとは」と取次の者に言わせた。 語 物しませんでしようか。それに、ああして急に人のお亡くな時方は、「そうかといって、このように事情もはっきりし 氏 りになったような所は、さだめしざわっいていて、人の出ませんままでは、どうして帰参できましよう。せめてもう 源 入りも多うございましようし」と申しあげる。宮は、「そ お一方にでもお会いして」としいて言うので、侍従が対面 れかといって、まったく事情が分らぬまま放っておかれはするのだった。「ほんとに驚き入りましたことで、ご自身 しまい。やはりそこをなんとかうまくエ夫して、いつもの、 でもお考えっきになれそうもない有様で亡くなっておしま 事情を承知している侍従などに会って、いったいどんなこ いになりましたので、どれだけ悲しいと言っても言い足ら とがあってそんな言い方をするのかと、様子を尋ねてみてず、まるで悪い夢を見ているようで誰も彼も途方にくれて おくれ。下々の者はとかくいいかげんなことを言うもの おります由を申しあげてくださいまし。 いくらかでも気分 だ」とおっしやるので、時方は、宮のおいたわしいご様子が落ち着きましてから、日ごろも物思いに沈んでいらっし ももったいなく思って、その夕刻に出立する。 やった女君のご様子やら、先夜宮をまことにおいたわしい 時方は身軽で気がねのいらぬ者とて、間もなく宇治に行 ことと存じあげていらっしやった有様なども、申しあげさ き着いた。雨は少し降りゃんでいたけれども、難儀な道中せていただきましよう。この穢れなど、世間で忌みはばか なので、粗末な装束に身なりをやっし、下人のような姿で っております期間が過ぎましたら、もう一度お立ち寄りく やってきたところ、邸内では人々が大勢たち騒いでいて、 ださいまし」と言って、たいそう激しく泣いている。 めのと 「今夜このまま、お弔い申すのです」などと話すのを聞く 邸内でも人々の泣く声ばかりが聞えて、乳母であろうか、 ばうぜん 心地も、茫然たる思いである。右近に案内を申し入れたけ「あが君や、どこへ行っておしまいになったのです。お帰 なきがら れど、会うこともならず、「ただ今は何の見境もっかず、 りくださいまし。亡骸をさえ拝見できませんのが、あっけ