検索 - みる会図書館

全データから 212058件ヒットしました。

氷の王 鉛姫 2


氷 の 王 鉛 姫 2 な ま り ひ め

氷の王 鉛姫 2


COBALT-SERIES ロ マ ン チ ッ ク ・ フ ァ ン タ ジ ー 氷 の 王 鉛 姫 2 ゆ う き り ん 集 英 社

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 水 の 王 く 好 評 発 売 中 〉 物 コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ て ん た は 水 に あ た し の ー け る こ と な き 氷 と 雪 の ゆ う き り ん イ ラ ス ト / 沖 麻 実 也 ヴ ァ ル タ ラ ー ト 王 国 最 後 の 統 治 者 ア ナ タ ス の 治 世 を 遡 る こ と 一 千 年 余 り 。 女 族 と の 戦 い で 負 傷 し た ヴ ラ ム ス は 美 し い 少 女 ス ウ ノ ー リ ア に 命 を 救 わ れ る 。 , 翳 が 、 彼 女 こ そ は 鉛 色 の 瞳 を 持 つ 、 冬 の 女 王 だ っ た ! ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 鉛 姫 2

影の中の都


バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 〈 鉛 姫 〉 シ リ ー ズ ゅ う き り ん の 本

氷の王 鉛姫 2


↓ の ど か 、 一 よ う こ そ 、 あ と が き の 頁 へ : : : ゅ う き り ん で す 。 今 回 の お 話 は 、 い か が で し た で し よ う か ? 私 の 本 が 初 め て の 人 も 、 そ う で な い 人 も 、 楽 し ん で も ら え た ら 嬉 し い な っ 。 な ま り ひ め さ て 、 表 題 を 見 て も ら え ば わ か る よ う に 、 こ の お 話 は 『 鉛 姫 』 の 『 2 』 で す 。 ま さ か 『 2 』 が 出 る と は 思 わ な か っ た で し よ う ? 驚 い た ? ー ー ー 私 も 驚 い て い る 。 あ た と は 言 え 、 続 編 で は あ り ま せ ん 。 少 し ば か り そ の 辺 り の 解 説 を し ま し よ う か 。 と 、 言 う わ け で 、 本 編 を 読 ん で い な い 方 は 、 こ こ か ら 先 は 読 ま な い ほ う が い い で し よ う 。 こ の 『 氷 の 王 』 は 、 『 鉛 姫 』 の 時 代 よ り 、 千 年 ほ ど 昔 の 話 に な り ま す 。 ま あ 、 詳 し い 時 代 背 景 な ど は 本 編 を 読 ん で も ら う と し て : : : こ こ で は 登 場 人 物 の 関 わ り に つ い て 少 し ば か り 解 説 し て お く こ と に し ま す 。 本 作 に 登 場 し た 四 人 の 男 達 ー ー エ ス ナ フ ェ ル 、 マ ー ギ ス ト 、 タ ル ジ ・ ハ 、 シ ー ド は 、 れ つ き と し た 人 間 で あ り 、 『 鉛 姫 』 に 登 場 し て い た 四 人 と は 別 人 で す 。

影の中の都


青 春 を 考 え る ヴ ィ ヴ ィ ッ ド な 文 庫 姫 蓐 王 姫 。 の 人 鉛 4 氷 ( な ま り ひ め ) 0 0 0 年 ア 有 一 た 森 で 狩 人 を し て 暮 ら す 少 女 工 リ ス は 、 飢 え の た め 父 母 の 形 見 の 指 輪 と 髪 飾 り を 売 り 払 う 。 そ れ を 見 た 貴 族 ジ ー ク は 彼 女 こ そ 王 家 の 娘 と 知 っ て ・ ・ ・ 0

氷の王 鉛姫 2


267 あ と が き き よ う た だ し 、 ま っ た く 関 わ り が な い わ け で は な く 、 『 鉛 姫 』 の 雪 人 形 の 四 卿 は 、 『 氷 の 王 』 の 人 間 の 四 卿 を 原 型 と し て 、 冬 の 女 王 が 創 り 出 し た も の で す 。 従 っ て 、 性 格 な ど は 異 な る も の に な る の で す 。 『 鉛 姫 』 に 登 場 し た マ リ ア の 中 で 目 覚 め た 冬 の 女 王 は 、 本 作 の ス ウ ノ ー リ ア と 同 一 人 物 で す 。 唯 一 、 二 作 を 通 し て 登 場 し た の は 彼 女 の み で す 。 ず い ぶ ん と 性 格 が 違 う ん じ ゃ な い の ? と 思 わ れ る 方 も い る で し よ う が 、 そ の 理 由 に つ い て は 、 色 々 と 想 像 し て や っ て く だ さ い 。 鉛 姫 は 三 部 作 で す 。 春 頃 に は 最 後 の 鉛 姫 の 話 を お 届 け で き る こ と で し よ う 。 『 鉛 姫 』 〈 現 在 〉 、 『 氷 の 王 』 〈 過 去 〉 と き ま し た こ の お 話 は 、 次 の ど の 時 代 で し よ う か 。 色 々 考 え を 巡 ら せ つ つ 、 お 待 ち く だ さ い 。 よ う し ゃ 『 人 知 ら ず の 森 の ル 1 ナ 』 の 続 編 は 、 鉛 姫 が 終 わ っ た 後 に な り ま す ー ー ご 容 赦 を 。 『 鉛 姫 』 に は 、 本 当 に た く さ ん の 手 紙 を あ り が と う 。 返 事 は す べ て 書 い た の で す が : ご め ん な さ い っ ! 初 め の ほ う に く れ た 人 の う ち 、 誰 に 返 事 を 書 い た か わ か ら な く な っ て し ま い ま し た 。 返 事 が こ な い と ご 立 腹 の 方 : : : ま た 手 紙 を く だ さ れ ば 、 今 度 は き ち ん と 返 事 を し ま す の で 、

氷の王 鉛姫 2


195 氷 の 王

氷の王 鉛姫 2


1 氷 の 王

氷の王 鉛姫 2


87 氷 の 王