検索 - みる会図書館

検索対象: 正論 2016年 9月号

正論 2016年 9月号から 316件ヒットしました。

正論 2016年 9月号


ャ イ ナ 監 視 台 ー 産 経 新 聞 中 国 総 局 記 者 ア で あ る 。 迭 さ れ 、 雑 誌 の 編 集 部 人 員 の 総 入 社 長 を 長 年 務 め た の は 、 共 産 党 れ 替 え を 発 表 し た 。 最 後 の 改 革 派 雑 誌 つ い に 陥 落 長 老 で 国 務 院 新 聞 出 版 総 署 長 ( 閣 芸 術 研 究 院 は 、 新 し く 任 命 し た 「 賈 磊 磊 氏 を 炎 黄 春 秋 雑 誌 社 の 社 僚 ) な ど の 重 要 ポ ス ト を 歴 任 し た 雑 誌 編 集 部 の メ ン バ 1 ら を 北 京 市 長 に 任 命 す る 」 杜 導 正 氏 ( で あ る 。 胡 耀 邦 元 西 部 の 炎 黄 春 秋 の 本 社 に 派 遣 し 、 2016 年 7 月 日 、 中 国 の 政 共 産 党 総 書 記 の 三 男 、 党 内 で 広 く 玄 関 の 鍵 を 取 り 替 え た ほ か 、 社 長 府 系 団 体 、 中 国 芸 術 研 究 院 が 発 表 人 脈 を も っ 胡 徳 華 氏 は 同 社 の 副 社 室 な ど に 布 団 を 敷 い て 、 寝 泊 ま り し た 人 事 任 命 状 が イ ン タ 1 ネ ッ ト 長 を 務 め て い た 。 す る こ と で 同 社 を 文 字 通 り ク 占 に 出 回 り 、 大 き な 波 紋 を 広 げ た 。 同 雑 誌 の 関 係 者 に よ れ ば 、 名 目 拠 し た 。 暴 力 団 の 抗 争 映 画 に 出 炎 黄 春 秋 は 改 革 派 知 識 人 が 最 も 上 同 雑 誌 を 管 轄 す る 政 府 系 団 体 、 て く る よ う な シ 1 ン は 、 中 国 を 代 愛 読 す る 雑 誌 と し て 知 ら れ る 。 習 中 国 芸 術 研 究 院 は 、 杜 氏 が 体 調 を 表 す る 雑 誌 の 本 社 で 実 際 に 起 き た 号 近 平 政 権 に よ る 報 道 規 制 が 強 化 さ 崩 し て 入 院 、 胡 氏 が 外 国 訪 問 に 出 こ と で 、 中 国 国 内 の メ デ ィ ア 関 係 年 れ た 2013 年 以 降 、 中 国 で ほ ば か け た と い う タ イ ミ ン グ を ね ら つ 者 を 驚 か せ た 唯 一 と 言 っ て 良 い ほ ど 、 共 産 党 幹 て 、 何 の 相 談 も な く 社 長 の 交 代 を 芸 術 研 究 院 が こ の よ う な 強 引 な 澱 部 の 特 権 や 人 権 問 題 な ど の タ ブ 1 発 表 し た 。 胡 氏 を 含 め 複 数 の 副 社 人 事 を 実 施 し た 背 後 に は 、 習 近 平 論 を し ば し ば 取 り 上 げ て き た メ デ ィ 長 、 編 集 長 、 副 編 集 長 も 同 時 に 更 指 導 部 の 意 向 が あ る の は い う ま で 証 1 n a

正論 2016年 9月号


産 経 新 聞 出 版 の 雑 誌 で す , と ス 加 ← ケ ー プ い v に 使 和 大 き 参 文 寺 の や 上 レ 月 す 波 代 ビ 。 の 戦 前 、 一 な か 朝 表 映 記 . オ 応 黯 昇 五 援 ビ 発 夛 亠 ル 冖 T N S ノ し 0 、 計 輸 3 「 ヤ 第 を 絵 修 造 、 の ン 集 生 切 り 取 っ て 使 え る を 特 別 付 録 ス ソ オ 五 確 生 中 継 熱 血 応 援 ! 0 を 第 一 に 力 、 岡 ! 徹 イ 。 ド / ン ・ 付 を 定 価 430 円 定 期 購 読 の お 申 し 込 み は ( 本 体 398 円 ) 0120-223-223 英 国 の EU 離 説 で 年 後 半 マ ネ ー は こ う 動 く ! : 混 迷 の 時 代 だ か ら こ そ 、 混 迷 の 時 代 だ か ら こ そ 、 圧 倒 的 な 株 情 報 ! あ な た の 資 産 を 確 実 に 増 や マ ネ ー 総 合 誌 い ま 底 値 買 い ! 第 株 価 が 急 回 復 す る 嗹 を 圧 倒 的 な 株 情 報 ! 40 銘 柄 を 1016 ー 肄 TE ー 第 あ な た の 資 産 を NY ダ ウ ( FD と 東 証 マ サ ー ズ 先 物 が 新 登 場 ! 確 実 に 増 や す マ ネ ー 総 合 第 株 & ネ ッ ト マ ネ ー の 1 年 定 期 購 読 は 「 ネ ッ ト マ ネ ー 」 9 月 号 1 冊 割 引 で お ト ク で す ! ・ 1 年 購 読 ( 12 冊 定 価 8400 円 ) → 7700 円 ( 税 込 ) 好 評 1 冊 分 サ ー ビ ス で 700 円 お ト ク ! お 申 込 み は 以 下 へ ・ フ リ ー ダ イ ヤ ル か ら の お 申 込 み 0120 ー 255 ー 803 平 日 10 ℃ 0 ~ 17 : OO ( 正 午 ~ 13.8 除 く ) ※ 携 帯 電 話 可 。 定 期 購 読 開 始 号 な ど ご 案 内 し ま す 。 土 日 祝 は 利 用 で き ま せ ん 。 ・ イ ン タ ー ネ ッ ト か ら の お 申 込 み 特 別 定 価 750 円 http://WM.7netshoppingjp/magazine/ ( 本 体 694 円 ) ※ 送 料 は 無 料 で す 。 お 申 込 み は セ プ ン ネ ッ ト シ ョ ッ ピ ン グ へ 終 活 0 冗 発 売 : 日 本 工 業 新 聞 社 発 行 : 産 経 新 聞 出 版 0 丿 オ 五 輪 こ の 1 冊 で OK ! 】 40 代 か ら の 大 人 の テ レ ビ マ ガ ジ ン = 3 1 塾 を , 第 相 特 第 防 衛 の 金 一 い ま 賢 い 買 い 方 ! 実 例 で わ か る ! サ ラ リ ー マ ン 大 家 が 大 成 功 す る 秘 訣 み フ ル 物 ら 」 配 当 利 回 り 、 ア ッ プ で 狙 い 目 の 株 秘 10 銘 柄 い つ か 迎 え る 「 そ の 時 」 。 最 期 と 死 後 の 憂 い を な く す 専 門 季 刊 誌 好 評 発 売 中 ! 田 ソ ナ 2016 年 0L13 夏 号 NIKKO MOOK 定 価 ( 本 体 840 円 + 税 ) " EU シ ョ ッ ク 安 に 負 け な い ! 、 月 1 , の 、 お 墓 の 宀

正論 2016年 9月号


も な い 。 新 し く 同 雑 誌 社 の 社 長 に た 。 中 国 人 民 解 放 軍 の 創 設 に 関 わ る こ と が 減 少 し た 近 年 、 同 雑 誌 へ 任 命 さ れ た 賈 磊 磊 氏 は 、 当 局 寄 り っ た 軍 長 老 、 肖 克 上 将 ( 1907 の 風 当 た り が 強 ま っ た と い う 。 党 の 映 画 評 論 家 で 、 新 作 映 画 が 政 治 52008 年 ) と 杜 氏 が 中 心 的 な 宣 伝 部 は 何 度 も 杜 氏 に 対 し 「 引 退 , 的 に 問 題 あ る か ど う か を 判 断 す る 役 割 を 果 た し た 。 を 要 請 し た が 、 「 自 分 が 引 退 す れ ば 政 府 直 属 の 映 画 審 査 委 員 会 の 委 員 改 革 派 の 党 長 老 た ち の 回 顧 録 を 雑 誌 は 持 た な い 」 と 判 断 し た 杜 氏 も 務 め て お り 、 保 守 派 と し て 知 ら 中 心 に 掲 載 し 、 共 産 党 史 の 影 の 部 は 頑 な に 拒 否 を 続 け た と い う 。 れ る 人 物 で あ る 。 分 や 社 会 問 題 な ど に 光 を 当 て 、 知 今 回 の 編 集 部 総 入 れ 替 え は 、 当 賈 氏 が 炎 黄 春 秋 の 社 長 に 就 任 し 識 人 を 中 心 に 人 気 を 博 し た 。 部 数 局 が 約 半 年 前 か ら 計 画 し て い た と い う 。 中 国 の 官 製 メ デ ィ ア は 党 の た こ と で 、 北 京 の 改 革 派 知 識 人 た は 創 刊 か ら 年 で 当 初 の 川 倍 以 上 ち は 「 改 革 派 の 最 後 の 言 論 の 陣 地 と な る 加 万 部 近 く に 達 し 、 中 国 で 宣 伝 部 か ら 事 前 に 「 こ の 問 題 に 触 は つ い に 当 局 に 占 領 さ れ た 。 こ れ 最 も 影 響 力 が 大 き い 雑 誌 の 一 つ と れ る な 」 と の 通 達 を 受 け て お り 、 で 私 た ち が 読 み た い 新 聞 も 雑 誌 も な っ た 。 こ の 騒 動 の こ と を 一 切 取 り 上 げ て な く な っ た 」 と 話 し た 。 同 雑 誌 の 言 論 統 制 を 担 当 す る 共 産 党 中 央 い な い 。 関 係 者 に よ れ ば 、 入 院 中 の 杜 氏 は 宣 伝 部 は 炎 黄 春 秋 の 内 容 を 厳 し く 突 然 解 雇 さ れ た 炎 黄 春 秋 編 集 ス 芸 術 研 究 院 の 乱 暴 な や り 方 に つ い チ ェ ッ ク し て き た 。 こ れ ま で に 印 タ ッ フ ら は 、 イ ン タ 1 ネ ッ ト で て 「 ま る で 文 化 大 革 命 の 時 の 紅 衛 刷 業 者 や 配 送 業 者 に 圧 力 を 加 え て 「 中 国 芸 術 研 究 院 は 『 人 事 に 口 を 兵 だ 」 と 周 辺 に 漏 ら し た 。 配 達 を 遅 ら せ た り 、 ホ 1 ム ペ 1 ジ 出 さ な い 』 と い う 当 初 の 約 東 に 違 「 炎 黄 春 秋 」 は 、 民 主 化 デ モ が を 閉 鎖 し た り す る な ど 、 さ ま ざ ま 反 し た 」 な ど と し て 「 今 回 の 人 事 弾 圧 さ れ た 1989 年 6 月 の 天 安 な 嫌 が ら せ を し て き た 。 し か し 、 変 更 を 認 め な い , と す る 声 明 を 出 門 事 件 で 失 脚 し た 趙 紫 陽 元 党 総 書 肖 上 将 と 杜 氏 の 党 内 の 影 響 力 に 配 し た ほ か 、 同 研 究 院 に 対 し 民 事 訴 視 記 ( 191952005 年 ) に 近 慮 し て 、 編 集 方 針 と 人 事 に 介 入 し 訟 を 起 こ す 構 え を 見 せ て い る 。 し ナ い 党 古 参 幹 部 が 中 心 と な り 、 年 て こ な か っ た 。 か し 、 北 京 の 人 権 派 弁 護 士 は 「 雑 チ に 創 刊 し た 月 刊 誌 。 中 国 の 近 代 史 し か し 、 2008 年 月 に 肖 上 誌 側 の 勝 算 は ほ と ん ど な い 。 無 駄 を 研 究 す る こ と が 当 初 の 趣 旨 だ っ 将 が 死 去 、 杜 氏 も 雑 誌 社 に 出 勤 す な 抵 抗 で あ ろ う 」 と 話 し て い る 。

正論 2016年 9月号


男 冊 正 言 侖 21 産 經 新 聞 社 / 日 エ ム ッ ク FU 』 5 K 日 COMMUN"TIONS 発 行 ; 産 経 新 聞 社 GROUP 鮖 刀 発 売 旧 本 工 業 新 聞 社 ■ ◆ ■ ◆ ■ ◆ ■ ◆ ■ ◆ ■ 儒 縄 英 国 仏 4 忠 対 ポ 学 文 立 親 霊 民 の タ 臣 米 ー の 人 正 子 の を 心 ヤ 蔵 開 ラ 欧 の 安 の ク で 難 映 戦 ン 瞞 暮 国 絆 醜 大 幸 民 画 回 ド 見 ら 抜 し で い 楯 育 で ふ 命 救 い と 今 感 と た 文 も 涙 と 尊 国 化 ぁ 者 世 危 た 級 た 茨 機 徳 北 誌 編 東 書 村 、 川 編 集 條 山 早 小 井 鉄 文 道 前 集 部 英 書 坂 松 雄 雄 雄 肇 部 編 利 院 隆 宰 三 シ 語 り 継 ぎ た い 真 実 美 し い 日 本 」 も の が た り ー 感 動 の 涙 で 心 を 洗 い ま せ ん か ! ? ー ・ チ ベ ッ ト と 日 本 つ な い だ 十 人 の 志 士 ペ マ ・ ギ ャ ル ポ ◆ 地 道 な 努 力 の 大 切 さ 説 い た 昭 憲 皇 太 后 小 林 美 香 一 日 本 の 心 伝 え る 幼 稚 園 が 小 学 校 開 設 ・ ・ 籠 池 町 浪 ◆ 八 尋 生 男 ら 内 鮮 一 丸 の 農 村 振 興 運 動 ・ ・ 荒 木 信 子 ■ 朝 鮮 語 を 学 び 、 奨 励 し た 水 野 錬 太 郎 ・ 山 田 寛 人 ◆ 台 湾 教 育 に 命 懸 け た 芝 山 巌 の 六 士 ・ 片 倉 佳 史 ・ 日 本 人 の 誉 れ 示 し た 乃 木 希 典 ・ 岡 田 幹 彦 ◆ 津 波 避 難 呼 び か け た 「 い の ち の マ イ ク 」 ・ ・ ・ ・ ・ 産 経 新 聞 ・ ネ ッ ト 上 に あ ふ れ る 「 感 動 す る 話 」 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 本 誌 編 集 部 ◆ 日 本 が 行 っ た 先 進 の 災 害 人 道 支 援 一 本 誌 編 集 部 好 評 926 全 国 の 書 店 で お 求 め に な れ ま す が 、 直 販 を ご 希 望 の 方 は 、 本 誌 販 売 部 に お 申 し 込 み く た さ い ( 送 料 サ ー ビ ス ) 。 【 お 支 払 い 方 法 】 別 冊 を お 手 元 に お 送 り す る 際 、 専 用 振 込 用 紙 を 同 封 し ま す 。 そ れ で こ 入 金 く た さ い 。 【 パ ソ コ ン 】 別 冊 正 論 Fujisan 検 索 、 も し く は http://fujisan.co.jp/pc/extraseiron に ア ク セ ス 【 お 申 し 込 み 方 法 】 [ ハ ガ キ ] 〒 100-8077 東 京 都 千 代 田 区 大 手 町 1 -7-2 産 経 新 聞 社 雑 誌 「 正 論 」 販 売 部 別 冊 係 へ 準 [TEL] 03-3243-8469 ( 年 末 年 始 を の ぞ く 平 日 10 時 ~ 1 8 時 ) 0 . [FAX] 03-3241-4281 [ 電 子 メ ー ル ] [email protected] CO. jp

正論 2016年 9月号


MOSTLY 革 命 ・ 戦 争 が 生 ん た を 名 曲 ク ラ シ ッ ク 音 楽 を も っ と 楽 し む た め の 月 刊 情 報 誌 CL べ ー ト ー ヴ ェ ン : 交 響 曲 第 3 番 「 英 雄 ↓ フ ス 革 命 と ソ ナ タ 形 式 シ ョ バ ン : ホ ロ ネ ニ ズ イ タ リ ア 独 立 戦 争 と ヴ ェ ル テ ィ J. シ ュ ト ラ ウ ス : ラ デ ッ キ ー 行 進 ワ ー グ ナ ー と 革 命 ベ ル リ オ ー ズ ・ 第 ロ シ ア 革 命 と 亡 命 作 曲 家 レ ク イ エ ム ナ チ ス が 嫌 っ た 音 楽 チ ャ イ コ フ ス キ ー 、 を を ゲ ヴ ァ ン ト ハ ウ ス の 再 建 1812 年 ハ チ ャ ト ウ リ ア ン : 剣 の 舞 2016 年 ラ ヴ ェ ル . 9 月 号 左 手 の た め の ビ ア ノ 協 奏 曲 プ レ ゼ ン ト 拍 選 5 名 様 シ ョ ス タ コ ー ヴ ィ チ : レ ニ ン グ ラ ー ド 発 売 中 ブ リ テ ン : 戦 争 レ ク イ エ ム 表 紙 : ナ ホ レ オ ン 定 価 1030 円 ( 本 体 954 円 ) ~ 発 行 : 産 経 新 聞 社 発 売 ・ 日 本 工 業 新 聞 社 定 期 購 読 申 込 み 受 付 中 定 期 購 読 割 引 キ ャ ン ペ ー ン ! モ ト リ - ・ ク ラ シ ッ ク 9 Ⅵ 止 232 SEI"I'EMBER 20 ー 6 送 料 月 額 払 い で 月 々 775 円 一 無 料 24.8 % 1 年 以 上 定 期 購 読 し た 場 合 OFF 。 今 1 冊 775 → ユ 冊 OFF ■ お 申 込 み は 富 士 山 マ ガ ジ ン サ ー ピ ス 、 0120-223-223 年 中 無 休 ・ 24 時 間 対 応 http://www.fuj isan.eo.jp/mostly 9 , 300 円 25 , 000 円

正論 2016年 9月号


先 日 の 企 画 の 打 ち 合 わ し た 。 編 集 部 に や っ て き た 直 昌 せ 。 約 東 の 時 間 ま で 余 裕 突 然 で す が 、 今 号 で 編 後 の 小 泉 訪 朝 で 大 き く 動 - 朋 並 が あ り 、 待 ち 合 わ せ 場 所 集 長 を 交 代 し ま す 。 一 一 〇 き 始 め た 日 本 人 拉 致 事 件 体 ノ 社 1 一 本 近 く の 喫 茶 店 に 入 る と 、 〇 二 年 に 編 集 部 の 末 席 に を は じ め 、 北 朝 鮮 や 中 国 良 2 幻 打 ち 合 わ せ 相 手 の 筆 者 が 加 わ り 、 中 断 を は さ ん で の 軍 事 的 膨 張 ・ 覇 権 主 義 円 代 無 町 T - 智 工 湊 い ま し た 。 テ 1 プ ル に 向 計 約 十 一 年 間 、 弊 誌 の 編 で 悪 化 す る 安 全 保 障 、 歴 師 美 本 区 告 す す 定 一 に 藤 日 速 広 ま か い 、 一 心 不 乱 に ペ ン を 集 に 携 わ っ て き ま し た 。 史 認 識 問 題 、 フ ェ ミ ニ ズ 持 つ 手 を 動 か し て い ま ム や 少 子 化 、 そ し て 憲 法 号 】 慎 一 阪 を 発 原 博 発 大 一 載 日 す 。 こ ち ら に 気 付 く 様 子 改 正 な ど 、 こ の 間 多 く の も あ り ま せ ん 。 問 題 を 扱 い ま し た 。 解 決 慶 売 新 ← に 向 け て 前 進 し た こ と も 齏 藤 販 経 〒 次 等 は 打 ち 合 わ せ で 彼 が 提 示 宀 至 / 産 / 取 真 し て き た 企 画 書 に は 、 印 あ れ ば 、 逆 に 遠 の い て い 宀 じ 部 崇 所 一 店 舟 、 ら 集 瀬 行 7 書 事 月 字 さ れ た 内 容 に 、 手 書 き る よ 、 つ に 見 え る 問 題 も あ 編 塩 発 一 / 記 り ま す 。 の 文 字 が び っ し り と 加 え ロ 。 木 載 年 笋 カ 和 告 社 町 掲 8 ら れ て い ま し た 。 も う べ 今 後 、 ま た 違 0 た 立 場 広 会 手 ← 土 巻 近 子 株 区 蝌 平 テ ラ ン と い っ て よ い 書 き で そ の 行 方 を 見 て い き た 通 - 人 智 刷 田 一 新 「 手 の 彼 に は 失 礼 か も し れ こ の 間 、 彼 を は じ め と す い と 思 い ま す 。 行 行 田 印 代 経 号 発 鼾 3 次 ま せ ん が 、 こ ち ら の 想 像 る 筆 者 の 方 々 の 熱 意 を 生 後 任 は 、 編 集 部 の 菅 原 日 ※ 号 大 京 月 以 上 の 提 案 内 容 に 、 う な か せ る 誌 面 づ く り が で き 慎 太 郎 で す 。 引 き 続 き 、 新 / 東 せ 月 - 島 所 7 わ 年 ら さ れ ま し た 。 た の か 、 読 者 の 皆 様 の 期 弊 誌 を よ ろ し く お 願 い い 成 「 こ ん な 熱 意 に 、 う ち の 待 に 応 え る こ と が で き た た し ま す 。 あ り が と う ご 2 - 人 平 雑 誌 は 支 え ら れ て い る ん の か と 自 問 す れ ば 、 赤 面 ざ い ま し た 。 論 正 だ な 」 と 実 感 し た 瞬 間 で す る し か あ り ま せ ん 。 3 / 4

正論 2016年 9月号


日 本 も 日 米 協 定 を 破 棄 し て 、 中 世 界 に ふ み こ ん だ こ と が わ か り ま 3 国 の 占 領 下 で 苦 し む の か 。 そ れ を ☆ 編 集 者 へ = 福 島 県 伊 達 市 の 会 す 。 こ の マ ン ガ か ら 学 生 さ ん や 主 希 望 す る 民 進 共 産 両 党 に 確 認 す る 社 員 、 斉 藤 ゆ き え さ ん ( 肪 歳 ) か ら 。 婦 の 方 た ち が 身 を け ず っ て 、 わ か 義 務 が 、 朝 日 新 聞 に あ る と 思 う 。 8 月 号 に 新 連 載 が 始 ま っ た 「 ぬ り や す い 社 会 の ウ ラ 、 オ モ テ を 学 又 世 界 中 で 共 産 主 義 国 家 で 、 共 産 る ま 湯 正 論 」 西 原 理 恵 子 さ ん の マ ん で も ら え た ら と 思 い ま す 。 次 党 が 主 張 す る 幸 福 で 平 和 な 国 民 生 ン ガ を 読 み ま し た 。 ま さ か 西 原 さ 回 、 楽 し み に し て い ま す 。 活 を 送 っ て い る 国 家 が あ れ ば 是 非 ん が 「 正 論 」 に 書 く 日 が 来 る と は 教 え て 貰 い た い も の で あ る 。 思 い ま せ ん で し た 。 「 」 で 三 ☆ 編 集 者 か ら = 連 載 「 戦 争 史 観 学 者 評 論 家 な ど で 報 道 関 係 で 大 日 で 1 千 万 な く な っ て い た 。 あ い の 転 換 」 と 「 共 産 主 義 と 日 米 戦 争 き な 発 言 を し て い る 人 達 に も 、 そ か わ ら ず ギ ャ ン プ ル が 好 き な 方 だ ( 下 ) 」 は 休 み ま す 。 8 月 号 の 13 の 点 を 是 非 明 ら か に す る 義 務 が あ と 思 い ま し た 。 ハ イ リ ス ク 、 ハ イ 2 頁 で 、 本 間 一 誠 氏 の 経 歴 に 「 昭 る 。 最 近 の 学 者 は ラ ッ パ を 吹 く リ タ 1 ン で お 金 を 手 に し よ う と す 和 三 十 年 生 」 と あ る の は 「 昭 和 二 「 楽 者 」 、 評 論 家 は 「 非 要 」 を 主 る 気 持 ち が 見 え る よ う で す 。 「 十 年 生 」 の 誤 り で し た 。 ま た 、 略 張 す る 者 が 増 え た よ う に 老 人 は 感 は 雪 山 。 ね む る と は 何 ご と で す 歴 を 重 複 し て 掲 載 し て し ま い ま し じ て い る 次 第 。 か ′ ・ 」 。 こ の セ リ フ に 、 キ ケ ン な た 。 お 詫 び い た し ま す 。 の ら 直 。 な 、 。 情 の 。 上 掲 を 本 場 の 厩 者 百 紲 ん か 手 問 ん れ し 人 等 。 部 せ て を の 球 載 だ 個 付 ん 集 編 則 ま 年 切 し 政 で 「 原 ま 五 し 名 め に を 新 部 制 は し 人 氏 を 物 → お い 、 返 コ 稿 す 答 経 、 0 写 、 を カ é 一 」 い 一 -u は 原 は お を 用 だ 及 用 誌 を 、 要 = 。 で ナ ら 願 は ち 所 番 ろ 書 稿 文 の の 可 ム か お 論 お 、 言 三 ご 図 一 。 原 場 が 直 カ 採 務 使 雑 投 論 へ 会 当 ロ 者 で メ @ 稿 の だ と は ニ 不 稿 集 , 8 正 も 号 電 く 日 は の 載 者 社 な プ 集 後 ト 番 す 送 「 >< 子 投 送 尺 こ に 後 合 投 編 ン 者 掲 集 域 言 の 編 前 ろ ッ 便 業 送 月 分 ま 郵 0 誌 < 1 - = LL 3 電 『 扠 郵 稿 場 は 的 ・ 〒 雑 ・ 0 ・ な で お し 合 投 い ま 報 目 読 誌 編 地 提 者 へ 字 い カ 郵 職 お 毎 載 し ご 投 稿 く だ さ る 方 へ

正論 2016年 9月号


日 程 : 平 成 28 年 8 月 28 日 講 師 : 井 上 和 彦 氏 ン ヤ → リ ス ト ケ ン ト ギ ル バ ー ト 氏 ( ル ・ 弁 護 士 ) 12 時 半 受 付 開 始 、 13 時 開 会 、 15 時 為 演 終 了 予 。 . 大 阪 市 中 央 公 会 堂 大 集 会 室 ( 筌 席 自 由 ) ( 大 阪 市 北 区 中 之 島 1 ー 1 ー 27 ) 京 阪 電 鉄 中 之 島 線 「 な に わ 橋 駅 」 1 番 出 口 よ け 彳 、 1 分 産 経 新 聞 社 月 刊 「 正 論 」 ー 大 阪 冶 金 興 業 株 式 会 社 ー 事 前 入 金 2 , OOO 円 / 当 日 2 , 500 円 ( 税 込 ) 、 、 ′ 、 定 員 1 ′ OOO 名 に 達 し 次 第 締 め 切 り 下 記 い す れ か の 方 法 で 「 語 り 継 ぐ 会 参 加 希 望 」 と 明 記 し 、 郵 番 夛 、 住 所 、 氏 名 、 電 話 番 号 、 チ ケ ッ ト 希 望 枚 数 を お 知 ら せ く だ さ 【 は が き 】 〒 556-8666 ( 住 所 不 要 ) 産 経 新 聞 開 発 「 語 り 継 ぐ 会 」 係 【 フ ァ ク ス 】 06 ー 6633 ー 2 / 09 【 メ ー ル 】 [email protected] ※ 表 題 に 「 語 り 継 ぐ 会 参 加 希 望 」 と 明 記 ※ 入 場 料 お 振 り 込 み の こ 案 内 を お 送 り し ま す 。 ご 入 金 確 認 後 、 チ ケ ッ ト を 発 送 し ま す 問 い 合 わ せ 産 経 新 聞 開 発 TEL 06-6633-6834 ( 平 日 10 時 ~ ツ 時 洋 申 込 み 方 法

正論 2016年 9月号


, 〔 連 当 中 最 前 線 国 境 の 島 か ら の 報 告 参 院 選 結 果 が 予 感 さ せ る 、 、 一 0 「 「 反 基 フ ァ シ ズ ム 」 の 到 来 ~ 、 = 参 院 選 「 沖 縄 で 反 地 派 は ぬ 圧 勝 で き た 縄 県 民 ⅱ 先 住 民 族 」 勧 告 を 繰 り 返 し て き た 国 連 で は 反 論 も = 名 護 市 辺 野 古 移 設 が 争 点 と な っ た 国 1 ト と 同 時 に 当 確 を 打 つ 」 と い う 情 参 院 選 ー 米 軍 基 地 反 対 派 政 、 県 政 選 挙 で は 2014 年 以 来 、 報 が 入 っ て い て 、 開 票 前 か ら 数 十 人 「 勝 利 の 瞬 間 」 知 事 選 、 衆 院 選 、 県 議 選 、 参 院 選 と の 報 道 陣 が 開 票 速 報 を 待 っ 伊 波 氏 に 7 月 川 日 投 開 票 の 参 院 選 で 、 沖 縄 反 対 派 が 4 連 勝 。 米 軍 基 地 問 題 を 喧 カ メ ラ を 向 け て い た 。 選 挙 区 は 翁 長 雄 志 知 事 を 支 え る 「 オ 伝 す る 沖 縄 メ デ ィ ア の 影 響 下 で 、 県 情 報 通 り 、 午 後 8 時 を 過 ぎ た と た 1 ル 沖 縄 」 の 元 宜 野 湾 市 長 、 伊 波 洋 民 は 明 ら か に 政 治 的 な バ ラ ン ス 感 覚 ん に テ レ ビ が 伊 波 氏 の 当 確 を 報 じ 、 一 氏 が 約 肪 万 票 を 獲 得 、 自 民 現 職 で を 失 い つ つ あ り 、 沖 縄 は 本 土 か ら 独 大 歓 声 の 中 、 伊 波 氏 は 笑 み を 浮 か べ 号 沖 縄 担 当 相 の 島 尻 安 伊 子 に 約 川 万 票 立 し た 「 翁 長 王 国 」 の 観 を 呈 し 始 め な が ら 、 隣 に 座 る 翁 長 知 事 と ガ ッ チ 叨 差 を つ け て 圧 勝 し た 。 島 尻 氏 の 落 選 て い る 。 リ 握 手 を 交 わ し た 。 同 時 に 、 伊 波 氏 年 で 、 沖 縄 で は 衆 参 選 挙 区 の 自 民 党 議 投 開 票 日 の 夜 、 私 は 那 覇 市 に あ る の 当 確 を 伝 え る 県 紙 の 号 外 が 会 場 で 誠 員 が 年 ぶ り に ゼ ロ に な っ た 。 伊 波 氏 の 選 挙 事 務 所 に い た 。 既 に 前 配 布 さ れ 始 め 、 支 持 者 ら が そ れ を テ 論 米 軍 普 天 間 飛 行 場 ( 宜 野 湾 市 ) の 日 、 「 テ レ ビ は 午 後 8 時 の 開 票 ス タ レ ビ カ メ ラ に 向 か っ て 誇 ら し げ に 掲 証 沁 重 山 日 報 編 集 長 ・ な か あ ら し ろ ・ ま こ と 仲 新 城 誠 0 2

正論 2016年 9月号


げ た 。 伊 波 氏 、 翁 長 氏 、 沖 縄 メ デ ィ 長 選 で 「 オ 1 ル 沖 縄 」 候 補 が 敗 れ る 島 尻 氏 が 伊 波 氏 を 上 回 っ た 。 ア の 見 事 な 連 携 プ レ 1 を 象 徴 す る よ と い う ア ク シ デ ン ト が あ っ た と は い 「 島 売 り 」 「 ヤ マ ト 嫁 」 ・ う な 光 景 だ っ た 。 え 、 衝 撃 的 な 翁 長 知 事 の 誕 生 か ら 約 島 尻 氏 へ の 罵 詈 雑 言 も 紙 面 に 伊 波 氏 よ り 先 に 翁 長 知 事 に マ イ ク 1 年 8 カ 月 、 沖 縄 は ま た 元 の 場 所 に が 向 け ら れ 、 知 事 は 「 日 本 一 早 く 当 戻 っ て し ま っ て い た 。 島 尻 氏 は 県 選 出 の 自 民 党 国 会 議 員 確 が 出 た 。 県 民 の 良 識 の 勝 利 だ 」 と 全 国 で は 安 倍 政 権 を 支 え る 自 公 が の 中 で 、 最 も 早 く 辺 野 古 移 設 容 認 に 語 っ た 。 敗 れ た と は い え 島 尻 氏 も 約 大 勝 し た が 、 沖 縄 の 自 民 党 は 文 字 通 転 換 し た 一 人 だ っ た 。 こ の た め 反 基 万 票 を 獲 得 し て い る 。 県 議 選 に 続 り 存 亡 の 危 機 に 追 い や ら れ て い る 。 地 派 か ら 「 公 約 破 り 」 と 罵 ら れ 、 最 く 勝 利 で 、 知 事 の 慢 心 が あ ら わ に な 国 会 議 員 は 、 年 衆 院 選 の 選 挙 区 で 大 の 仇 敵 扱 い さ れ た 。 私 は 参 院 選 前 っ た 瞬 間 だ っ た ろ う 。 敗 れ た あ と 、 九 州 比 例 で 復 活 当 選 し の 早 い 段 階 で 、 関 係 者 か ら 「 沖 縄 本 年 の 知 事 選 で 翁 長 氏 、 そ し て 今 た 衆 院 議 員 が 4 人 い る が 、 次 期 衆 院 島 で は 有 権 者 の 『 島 尻 ア レ ル ギ 1 』 回 の 参 院 選 で 伊 波 氏 が 獲 得 し た 得 票 選 で 生 き 残 れ る 保 証 は な い 。 さ ら に が 強 い 。 3 選 は 絶 望 的 だ 」 と 聞 い て 数 と 、 保 守 系 候 補 と の 票 差 は 、 い ず 島 尻 氏 は 自 民 沖 縄 県 連 の 会 長 で も あ い た 。 れ も ほ ば 同 じ 。 今 年 1 月 の 宜 野 湾 市 り 、 沖 縄 の 自 民 党 は 大 将 の 首 を 取 ら 島 尻 氏 が 、 な ぜ こ こ ま で 嫌 わ れ な ① 告 れ た 形 に な っ て し ま っ た 。 く て は な ら な い の か 。 石 垣 市 の 中 山 報 仲 新 城 誠 氏 昭 和 ( 1973 ) 年 、 沖 非 改 選 を 含 め た 参 院 沖 縄 選 挙 区 の 義 隆 市 長 は 「 沖 縄 で は マ ス コ ミ の 誘 縄 県 石 垣 市 生 ま れ 。 琉 球 大 学 卒 業 後 、 平 成 Ⅱ ( 1999 ) 年 に 石 垣 島 を 拠 点 と す る 「 八 重 2 議 席 は 従 来 、 保 守 と 革 新 が 1 議 席 導 も あ り 、 知 事 選 以 来 、 辺 野 古 だ け 島 山 日 報 」 に 入 社 、 年 同 紙 編 集 長 。 イ デ オ ず つ 分 け 合 っ て き た 。 島 尻 氏 の 落 選 が 選 挙 の 争 点 と な っ て い る 」 と 嘆 く 。 境 ロ ギ ー 色 の 強 い 沖 縄 の メ デ ィ ア に あ っ て 、 で バ ラ ン ス が 崩 れ 、 沖 縄 の 参 院 議 員 沖 縄 担 当 相 に 就 任 し た 島 尻 氏 は 子 線 中 立 を 貫 い て い る 。 著 書 に 『 国 境 の 島 の 「 反 は 、 、 し ず れ も 強 固 な 反 基 地 派 で あ る ど も の 貧 困 撲 減 を 目 標 に 掲 げ て 間 億 前 日 」 教 科 書 キ ャ ン ペ ー ン 』 、 本 連 載 を ま と め 伊 波 氏 と 糸 数 慶 子 氏 の 2 人 に な る 。 円 の 予 算 を 確 保 。 困 窮 す る 子 ど も の 中 た 『 翁 長 知 事 と 沖 縄 メ デ ィ ア 「 反 日 ・ 親 中 」 た だ 、 基 地 が な い 八 重 山 諸 島 や 宮 古 受 け 入 れ 施 設 を 各 地 域 で 開 設 す る な タ ッ グ の 暴 走 』 ( 産 経 新 聞 出 版 ) 。 諸 島 で は 、 僅 差 で は あ る が 得 票 数 で ど 、 県 民 の 目 に 見 え る 形 で 仕 事 を 進 幻