検索 - みる会図書館

全データから 104494件ヒットしました。

海猫 下巻


海 猫 下 巻

海猫〈上〉 (新潮文庫)


海 猫 上 巻

海猫 下巻


新 海 潮 文 庫 下 巻 谷 村 志 穂 著 新 0 0 潮 社 乃 16 版

海猫〈上〉 (新潮文庫)


か つ ば う ぎ 薫 は 、 み さ 子 の お 古 の ゴ ム の は い っ た ズ ボ ン に 、 割 烹 着 姿 だ 。 頭 に は 白 い ナ イ ロ ン の ス カ ー フ を 巻 い て い る 。 「 無 理 す ん な 。 み ん な 一 週 間 く ら い は 気 持 ち が 悪 い も ん だ 。 だ け ん ど 、 す ぐ に 慣 れ る 。 そ う な っ た ら 、 海 は 気 持 ち え え 」 「 え え 、 き っ と す ぐ よ 」 そ う 答 え な が ら 、 だ が こ の 気 持 ち の 悪 さ が 一 週 間 で 慣 れ て し ま う な ん て 信 じ ら れ な い さ ま よ 愛 と 思 っ た 。 体 中 の 血 液 が 逆 流 し 、 さ ら に 行 く あ て も な く 彷 徨 っ て い る よ う だ っ た 。 の 「 あ ん ま り 下 ば か り 見 て い た ら だ め だ ど 。 遠 く の 波 と か 、 空 と か 、 そ う だ 鵐 と か 見 ろ 」 雪 白 「 を ? 」 章 「 そ う だ 、 鵐 っ て 言 っ て も み ん な 同 じ じ ゃ ね ん だ 。 で つ か い の が オ オ セ グ ロ カ モ メ だ 。 第 中 ぐ ら い の が セ グ ロ カ モ メ 。 で 、 あ の 一 番 小 さ い の が 海 猫 な ん だ 。 声 聞 い て み ろ 。 ミ ャ ア ミ ャ ア っ て 言 っ て る の が い る べ 。 あ れ ば 海 猫 の 声 だ 。 わ が る か ? 薫 は 、 ふ ら っ く 足 で な ん と か 縁 に 腰 掛 け な が ら 灰 色 の 空 を 見 上 げ た 。 確 か に そ の 一 つ だ け 違 う 高 い 声 が 聞 こ え た 。 空 を 飛 び 回 る た ち は 、 大 き く も 小 さ く も 見 え た が 、 声 だ け は は っ き り 違 い を 確 認 で き た 。 「 あ れ が 海 猫 だ っ た の ね 103

海猫〈上〉 (新潮文庫)


こ の 眩 い ほ ど の 陽 射 し の 中 を 歩 い て い け ば 、 人 は す べ て を 忘 れ て し ま う だ ろ う 。 樹 木 に お や 花 々 の 匂 い の 中 で 呼 吸 を 繰 り 返 す う ち に 、 心 や 記 憶 が 、 ま た 真 っ さ ら に 澄 ん で い く の だ ろ 、 つ 。 さ よ う な ら 、 広 次 さ ん 。 函 館 に 戻 っ て 、 元 気 に や っ て 下 さ い 。 あ な た と 私 、 つ か の 間 に 流 れ た 何 か 、 あ れ は 何 だ っ た の だ ろ う ね : ・ ハ ス の 中 で 広 次 は ず っ と 窓 の 外 を 見 て い た 。 海 猫 た ち の 声 が 響 き 、 海 の 上 を ず っ と 旋 回 し て い る よ う だ っ た 。 隣 で 父 は す ぐ に 寝 息 を 立 て 始 め た 。 あ り が た い と 思 っ た 。 今 は 誰 と も 話 せ る 気 分 で は な か っ た 。 か な 海 あ の 目 、 薫 の 哀 し く 光 る 目 を 、 そ し て 柔 ら か い 美 輝 を 、 自 分 は 置 い て こ ざ る を 得 な か っ た 。 な ぜ な ら そ れ は 兄 の 女 で あ り 、 娘 で あ る か ら だ 。 だ が そ ん な こ と に 果 た し て 意 味 は あ る の だ ろ う か 。 子 供 の 頃 に 集 め た 海 猫 の 目 は 、 い く ら 取 り 出 し て 洗 っ て 手 に の せ て も 、 真 綿 に 包 ん で み て も 自 分 の も の に は な ら な か っ た 。 そ れ は 海 猫 の 目 の ま ま だ っ た 。 兄 が 薫 を 一 人 じ め に し て い い は ず が な い 。 兄 は 汚 れ て い る 。 だ が そ れ 以 上 に 、 薫 は 、 薫 な の だ 。 猫 242 ま ば ゅ

海猫 下巻


「 函 館 ガ ン ガ ン 寺 物 語 』 厨 川 勇 ( 北 海 道 新 聞 社 ) 『 道 南 の 女 た ち 』 道 南 女 性 史 研 究 会 編 ( 幻 洋 社 ) 「 北 海 道 の 方 言 紀 行 』 石 垣 福 雄 ( 北 海 道 新 聞 社 ) 「 北 海 道 弁 ・ 函 館 弁 」 川 内 谷 繁 一 一 一 ( 幻 洋 社 ) 「 北 海 道 方 言 辞 典 』 石 垣 福 雄 ( 北 海 道 新 聞 社 ) 猫 『 南 茅 部 町 史 上 下 巻 』 南 茅 部 町 史 編 集 室 編 ( 南 茅 部 町 ) 「 南 茅 部 町 史 写 真 集 海 の ふ る さ と 』 南 茅 部 町 町 制 施 行 周 年 記 念 事 業 準 備 室 編 ( 南 茅 部 町 ) 「 リ ル ケ 詩 集 」 片 山 敏 彦 訳 ( み す ず 書 房 ) 「 マ ヤ コ ー フ ス キ イ 生 活 と 創 造 』 ベ ル ツ オ フ 著 黒 田 辰 男 他 訳 ( 啓 隆 閣 ) 海 「 新 訂 函 館 散 策 案 内 」 須 藤 隆 仙 ( 南 北 海 道 史 研 究 会 ) 「 北 海 道 ふ し ぎ ふ し ぎ 物 語 」 合 田 一 道 ( 幻 洋 社 ) 「 主 の 復 活 聖 堂 5 聖 堂 修 復 工 事 完 成 記 念 』 ( ハ リ ス ト ス 正 教 会 に よ る 小 冊 子 ) 「 函 館 ハ リ ス ト ス 正 教 会 」 ( 会 報 編 集 委 員 会 に よ る 小 冊 子 ) 「 大 謀 網 』 ( 南 茅 部 町 に よ る 小 冊 子 ) 「 北 海 道 新 聞 , 縮 刷 版 「 北 海 道 新 聞 」 シ リ ー ズ 記 事 、 音 の あ る 風 景 「 特 集 200 カ イ リ ・ シ ョ ッ ク 」 ( 月 刊 「 ダ ン 」 の 記 事 ) 3 主 な 参 考 資 料

海猫 下巻


海 赤 ん 坊 の 匂 い や 、 懸 命 に 乳 を 吸 い 上 げ る 音 が 、 二 人 の 心 を 安 ら か に し て い た 。 美 輝 は 、 そ の ま ま 眠 り そ う に な り 、 す る と ま た あ の 声 が 聞 こ え る の だ っ た 。 耳 の 奥 に 、 海 の 波 の 音 が し て 、 そ の 向 こ う か ら 、 海 猫 た ち が 細 く 高 く 声 を 発 し て い る の だ 。 「 あ な た : : : お 願 い が あ る わ 」 美 輝 は 、 突 然 あ る こ と を 口 に し て い た 。 猫 「 だ っ た ら 選 挙 は 、 南 茅 部 か ら 、 立 っ て 下 さ い 。 私 の 生 ま れ た あ の 村 か ら 、 立 っ て 欲 し 「 そ れ は : 「 私 に 政 治 的 な こ と は よ く わ か ら な い 。 で も 、 そ れ が 私 の た っ た 一 つ の お 願 い 。 あ の 海 が 、 私 の ふ る さ と な の 」 「 わ か っ た 、 一 度 き ち ん と 考 え よ う 」 修 介 は 、 妻 の 瞳 の カ の 強 さ に 、 出 会 っ た 頃 の 確 信 に も 似 た 思 い を よ ぎ ら せ て い た 。 そ の 瞳 と な ら ば 、 自 分 は ず っ と 迷 う こ と な く 前 へ 進 ん で い け る だ ろ う 。 美 輝 が 、 福 住 の 教 会 員 で あ る 安 田 由 紀 子 と 再 会 し た の は 、 夏 を 目 前 に し て の こ と だ っ 376 ひ と み

海猫 下巻


邦 一 は 、 医 師 に き ち っ と 礼 を 述 べ る と 函 館 の 街 へ と 彷 徨 い 出 た 。 今 日 は も う 、 啓 子 に も 会 い た く な か っ た 。 も っ と も 信 じ る べ き 愛 を 失 っ た 男 は 、 足 下 が ず ぶ ず ぶ と 沈 ん で い く よ う に 感 じ ら れ た 。 薫 を 乱 暴 に 破 壊 し た い 衝 動 が 、 邦 一 を 突 き 動 か し た 。 今 こ こ で 、 乱 暴 に 妻 を 犯 し て し ま い た い 。 そ ん な 思 い は 、 は じ め て の こ と で は な か っ た 。 幼 い 日 、 あ た し は 、 ク ニ カ ズ に い ち ゃ ん の ほ う じ ゃ な く て 、 お か つ ば 頭 の 少 女 が 言 っ た の だ 。 ヒ ロ ッ グ ち ゃ ん が 、 す き 。 少 年 の 日 の 邦 一 は 、 た だ 理 由 を 聞 き 出 し た く て 、 海 に 彼 女 を 猫 追 い 込 ん だ の で は な か っ た か 。 日 の 暮 れ た 函 館 の 街 を 、 あ て ど も な く ど れ ほ ど 歩 い た の だ ろ う 。 潮 風 に 湿 っ た 髪 を 耳 に か け る と 、 函 館 港 を 見 渡 す 岸 壁 に 座 り 、 海 を 眺 め た 。 海 お か し な も ん だ と 思 う 。 毎 日 、 海 へ 出 て 漁 を し て い る と い う の に 、 結 局 こ う し て 海 へ や っ て 来 て し ま う 。 今 日 も 朝 の 四 時 に は 漁 の 準 備 を し て い た の だ 。 体 は 疲 れ て 重 た い と し ん さ い う の に 、 頭 の 芯 が 冴 え 渡 っ て と て も 眠 れ そ う に な か っ た 。 足 下 に 一 匹 の 猫 が じ ゃ れ つ き 、 邦 一 は 抱 き 上 げ た 。 猫 は 観 光 客 に 慣 れ て い る の か 、 喉 を 鳴 ら し 小 さ く 鳴 き 声 を あ げ る 。 「 お 前 は 俺 が お っ か な く ね え の か ? 猫 の 頭 を 太 い 指 で 撫 で る と 、 胸 に き つ く 抱 き 締 め た 。 の ど

海猫 下巻


「 薫 ー 広 次 が そ う 叫 ぶ 声 が 聞 こ え 、 薫 の 体 は 、 海 の 轟 き の 中 に 、 急 速 に 落 下 し て い っ た 。 海 、 つ な が 唸 り な が ら 薫 を 迎 え 入 れ よ う と し て い た 。 身 が 軽 く な り 、 一 切 の 苦 し み も 消 え て 、 か っ て 感 じ た こ と の な い 安 ら ぎ を 覚 え て い た 。 薫 の 体 は 頭 か ら 、 木 の 葉 の よ う に 海 に 吸 い 上 げ ら れ 、 波 間 に 舞 っ た 。 こ の 数 日 で す っ か り 雪 に 埋 も れ た 道 は 、 海 岸 と の 境 界 を す で に 失 っ て い た 。 愛 「 う そ だ 、 薫 の ぞ 柱 孝 志 が 岬 を 駆 け 上 が り 、 海 面 を 覗 き 込 む と 、 今 度 は 絶 叫 が 聞 こ え た 。 広 次 が 、 兄 か ら 奪 い 取 っ た 包 丁 を 自 ら 胸 に 突 き 刺 し 、 空 を 舞 い 、 海 へ と 落 ち て い っ た 。 章 孝 志 は 、 震 え る 体 を 自 分 で 抱 き か か え る よ う に 座 り 込 ん だ 。 海 に は 鮮 血 が 幾 重 に も 広 第 が り 、 海 猫 た ち を 群 が ら せ て い た 。 そ れ は ま る で 薔 薇 の ジ ャ ム の よ う に 海 面 に 揺 れ 、 孝 志 を 誘 う か の よ う に 、 重 な り 、 溶 け て い っ た 。 と ど ろ

海猫 下巻


大 男 の 上 に 被 い か ぶ さ る 。 ロ シ ア の 血 を 受 け 継 い で い る 薫 が 、 裸 の ま ま 、 冷 た く 濡 れ た ロ シ ア 男 の 上 に 乗 っ て 「 神 様 、 ど う か こ の 人 を 助 け て あ げ て 下 さ い 、 と 祈 る 。 同 時 に 義 弟 を 愛 し て し ま っ た 自 分 自 身 の 助 け を 天 に 乞 う の で あ る 死 に か け て い る ロ シ ア 男 の 上 に 乗 っ て い る 薫 の 裸 体 を 通 し て 、 『 海 猫 』 と い う 作 品 全 体 か ら 嗅 ぎ と れ る 性 の 香 り が 、 馥 郁 と 漂 っ て く る 。 許 さ れ な い 恋 の さ な か に あ る 女 の 、 に お き よ う じ ん 強 靱 な 性 と 生 命 力 を 匂 わ せ て 、 こ の シ ー ン は 長 く 読 者 の 記 憶 に 残 さ れ る だ ろ う 。 一 部 の 作 家 に は 、 そ の 生 涯 を 通 し て 、 ま こ と に 不 思 議 な 転 機 の 時 、 と い う も の が 訪 れ よ う え ん 谷 す 志 穂 に る 。 熟 し た 果 実 が 優 雅 で 妖 艶 な 、 力 強 い 芳 香 を 放 っ 瞬 間 、 と 言 っ て も い い 。 , 本 と っ て は 、 本 書 『 海 猫 』 を 書 き 上 げ た 瞬 間 、 と い う の が そ れ に 該 当 し た の だ と 思 う 。 解 作 者 が 架 空 の 登 場 人 物 と し て 生 み 出 し 、 命 を 吹 き こ ん で 活 き 活 き と 息 づ か せ た 薫 と い ひ る が え う 女 性 こ そ が 、 翻 っ て 作 者 本 人 に 向 か っ て 新 た な 力 を 与 え た に 違 い な い 。 本 書 『 海 猫 』 は 第 十 回 島 清 恋 愛 文 学 賞 に 輝 い て い る 。 三 〇 〇 四 年 六 月 、 作 家 ) 391 お お こ