検索 - みる会図書館

全データから 209782件ヒットしました。

涼宮ハルヒの消失


涼 宮 ハ ル ヒ の 消 失 C 0 N T E N T S ロ 章 章 章 章 章 章 ロ 綣 カ 三 四 五 六 ピ プ 第 第 第 第 第 第 工 あ

涼宮ハルヒの消失


涼 宮 ハ ル ヒ の 消 失 C 0 N T E N T S ロ 章 章 章 章 章 章 ロ 綣 カ 三 四 五 六 ピ プ 第 第 第 第 第 第 工 あ

シナリオ 2016 4月号


だ ろ 。 な り ふ り 構 わ ず 働 け よ 。 料 理 の 写 真 ホ テ ル ・ ラ ウ ン ジ ( 数 日 後 ) ( 1993 ま す ね ? 」 だ ろ う が カ タ ロ グ の 商 品 だ ろ う が 、 選 り 好 年 月 ) 涼 子 「 ( 頷 い て ) 向 こ う に 行 っ て か ら も 、 毎 み し て ね え で 」 窓 の 外 に 新 宿 副 都 心 の ビ ル 群 が 見 え る 月 手 紙 が 届 き ま し た 」 深 町 「 こ れ を モ ノ に す れ ば あ ん た の 会 社 だ っ 深 町 が 人 待 ち 顔 で コ ー ヒ ー を 飲 ん で い る 涼 子 、 ト ル コ 石 の ペ ン ダ ン ト を 首 か ら 外 て 大 も う け だ 。 絶 対 損 は さ せ な い 」 テ ー プ ル の 上 に は 、 目 印 の 山 岳 雑 誌 が あ し て テ ー プ ル の 上 に 置 く 。 る 。 宮 川 「 : : : ( 辟 易 と し て い る ) 」 涼 子 「 三 年 前 、 こ れ が 送 ら れ て 来 ま し た 。 大 深 町 「 ( 必 死 に ) と て つ も な い チ ャ ン ス な ん だ 。 ト ル コ 石 の ペ ン ダ ン ト を 掛 け た 女 性 が 、 切 に し て く れ と い う メ モ と 一 緒 に : : : そ れ 指 を 咥 え て 見 逃 す な ん て バ カ だ 」 ラ ウ ン ジ に 入 っ て 来 る 。 岸 涼 子 ( ) で が 最 後 の 手 紙 に な っ て し ま い ま し た : 宮 川 、 呆 れ た よ う に 、 溜 め 息 を つ く 。 あ る 深 町 「 ・ : 涼 子 、 深 町 の 前 に や っ て 来 て 山 岳 雑 誌 を 涼 子 「 結 局 、 羽 生 さ ん と は そ れ つ き り : : : 」 見 る 。 四 深 町 の マ ン シ ョ ン 涼 子 、 テ 1 プ ル の ペ ン ダ ン ト に 目 を 落 と 写 真 機 材 が 雑 然 と 置 か れ た 広 い ワ ン ル ー す 。 涼 子 「 深 町 さ ん で す ね 」 ム 深 町 「 え え 」 深 町 、 涼 子 の 悲 し げ な 顔 を 見 つ め る 室 内 に は 、 マ ロ リ 1 と 彼 の カ メ ラ に 関 す 涼 子 「 初 め ま し て 。 岸 涼 子 で す : : : 岸 文 太 郎 深 町 「 : : : 」 る 資 料 や 、 羽 生 の 写 真 が 広 げ ら れ て あ る の 妹 の : : ・ 」 深 町 、 一 枚 の 写 真 を 手 に 取 っ て 見 る 深 町 「 生 き て い る ん で す 、 羽 生 さ ん は 」 酸 素 ボ ン べ を 背 負 っ て エ ヴ ェ レ ス ト に 挑 涼 子 と 深 町 、 コ ー ヒ ー を 飲 ん で い る 涼 子 「 え ! 」 む マ ロ リ ー の 写 真 : ・ 涼 子 「 兄 の こ と は ご 存 知 で す ね ? 」 深 町 「 カ ト マ ン ド ウ で 会 い ま し た 」 電 話 が 鳴 っ て 、 深 町 が 出 る 深 町 「 え え : : : 」 涼 子 「 本 当 で す か ? 」 女 の 声 「 も し も し 、 深 町 さ ん の お 宅 で し よ う 涼 子 「 兄 が 死 ん で か ら 、 毎 月 私 の と こ ろ に お 深 町 「 え え 」 嶺 山 か ? 」 金 が 届 く よ う に な り ま し た 。 差 出 人 の 名 前 涼 子 「 そ う で す か 、 羽 生 さ ん が : : : 」 々 深 町 「 は い 、 そ う で す が : : : 」 は あ り ま せ ん で し た が 、 筆 跡 で 羽 生 さ ん だ 深 町 「 消 息 を 絶 っ て ま で カ ト マ ン ド ウ に 居 続 神 女 の 声 「 突 然 の 電 話 で 失 礼 し ま す 。 深 町 さ ん と す ぐ に 分 か り ま し た 」 け て い る の は 、 ど う し て で し よ う 」 ス レ は 、 羽 生 さ ん の こ と を 調 べ て い る そ う で す 深 町 「 : : : 」 工 ヴ 涼 子 「 そ れ が き っ か け で 、 羽 生 さ ん と お 付 き 何 か を 考 え て い た 涼 子 が 顔 を 上 げ て 深 町 工 深 町 「 失 礼 で す が 、 あ な た は : 合 い す る よ 、 つ に な り ま し た : ・ ・ : 」 を 見 る 深 町 「 七 年 前 、 羽 生 さ ん は ネ パ ー ル に 行 っ て 涼 子 「 長 谷 渉 さ ん に は も う お 会 い に な り ま し っ 0

涼宮ハルヒの消失


251 涼 宮 ハ ル ヒ の 消 失 。 ぐ . を し 、 カ 十 / し 、 カ 時 間 は ま だ あ る 。 そ れ を す る の は 今 か ら 未 来 の 俺 だ 。 遠 い 未 来 と い う わ け こ ま 、 今 す ぐ っ て わ け で も な い 。 文 芸 部 室 の ド ア ノ 。 フ に 手 を か け て 、 俺 は 世 界 に 問 い か け た 。 、 ま 待 て る だ ろ ? 再 改 変 を し に 行 く ま で 、 ち ょ っ と く ら い 待 機 し て な あ 、 世 界 。 少 し く ら し を , て く れ て も い い よ な 。 せ め て ハ ル ヒ 特 製 鍋 を 喰 っ て か ら で も 、 別 に 遅 く は な い だ ろ う ? お そ

涼宮ハルヒの消失


か ん ち が 席 な ん だ よ 。 ど っ か 他 の ク ラ ス と 勘 違 い し て る ん じ ゃ な い の ? で も な あ 、 涼 宮 っ て い う 名 前 に は 全 然 聞 き 覚 え が な い な あ 。 一 年 に は い な い と 思 う け ど : : : 」 き お く 「 わ た し の 記 憶 に も な い わ ね 」 り よ ・ つ よ う す す 朝 倉 も 俺 に 病 気 療 養 を 勧 め た が っ て い る よ う だ 。 優 し い 猫 な で 声 で 、 「 国 木 田 く ん 、 ち ょ っ と 机 の 中 を 見 て く れ る ? 端 っ こ の ほ う に ク ラ ス 名 簿 が あ る わ 」 国 木 田 が 取 り 出 し た 小 冊 子 を 俺 は ひ っ た く っ た 。 一 番 に 開 く の は 一 年 五 組 の ペ ー ジ 。 女 子 の 名 前 が 並 ぶ 列 に 指 を 這 わ せ る 。 さ え き さ か な か す ず き せ の う 佐 伯 、 阪 中 、 鈴 木 、 瀬 能 : 鈴 木 と 瀬 能 の 間 に ど ん な 名 前 も な い 。 涼 宮 ハ ル ヒ の 名 前 が ク ラ ス 名 簿 か ら 消 え て い る 。 誰 を 捜 し て る ん だ 、 そ ん な 奴 は ハ ナ つ か ら い ね ー ぜ と ペ ー ジ が 語 り か け て い る よ う で 、 俺 は 名 簿 を 失 閉 じ て 目 も 閉 じ た 。 た の 消 の 「 : : : 国 木 田 、 頼 み が あ る 」 「 何 だ い ? 」 ほ お 涼 「 頬 を つ ね っ て く れ 。 目 を 覚 ま し た い 」 ま た 思 い 切 り や ら れ た 。 痛 か っ た 。 そ し て 目 は 覚 め な い 。 目 蓋 を 開 け た と き 、 朝 倉 は ま だ そ こ に さ カ ほ か や さ

涼宮ハルヒの消失


123 涼 宮 ハ ル ヒ の 消 失 ら ば 、 俺 が 名 乗 る べ き 固 有 名 詞 は こ れ し か な い 。 「 ジ ョ ン ・ ス ミ ス 」 な る べ く 冷 静 な 口 調 を 保 っ た つ も り だ が 、 な に し ろ 吊 し 上 け を く っ て い る 最 中 だ 。 や や 苦 し し ゅ ん か ん あ つ ば く よ う し ゃ げ に な っ て し ま っ た の は 容 赦 し て 欲 し い ね : : : と 思 っ て い た ら 、 次 の 瞬 間 、 胸 ぐ ら を 圧 迫 し て い た 強 固 な 力 が 消 え 失 せ た 。 : ジ ョ ン ・ ス ミ ス ? 」 ぼ う ぜ ん ネ ク タ イ か ら 手 を 譱 し 、 ( ル ヒ は 呆 然 と し た 顔 で 片 手 を 空 中 で 静 止 さ せ て い た 。 い ま 俺 は 滅 た ま し い 多 に 拝 む こ と の で き な い も の を 見 て い る そ 。 涼 宮 ( ル ヒ が 死 神 に 魂 を 抜 か れ た か の よ う に 、 ロ を 。 ホ カ ン と 開 け て い る の だ 。 「 あ ん た が ? あ の ジ ョ ン だ っ て 言 う の ? 東 中 で : : : あ れ を 手 伝 っ て く れ た : : : 変 な 高 校 生 か た む 不 意 に ハ ル ヒ は よ ろ め い た 。 漆 黒 の 長 髪 を 顔 の 前 に な び か せ て グ ラ リ と 傾 き か け る と こ ろ を 、 古 泉 が 腕 を 伸 ば し て 支 え て や る 。 繋 が っ た 。 つ な し つ こ く ち ょ う は っ さ な か め つ

涼宮ハルヒの消失


お く 憶 を 改 変 し た り 、 『 機 関 』 の 連 中 や 宇 宙 人 の 長 門 と 未 来 人 の 朝 比 奈 さ ん に も 違 う 人 生 を 用 意 す る 。 朝 倉 を 再 登 場 さ せ 、 北 高 の 生 徒 か ら ハ ル ヒ が 存 在 し た と い う 記 憶 を 消 し 、 朝 倉 は い た が ハ ル ヒ は い な か っ た と い う 歴 史 を 作 り 上 げ る 。 長 門 の 親 玉 す ら 消 し て し ま う 。 む ち ゃ く ち ゃ だ な 。 ぬ す 「 涼 宮 ハ ル ヒ か ら 盗 み 出 し た 能 力 に よ っ て 、 時 空 改 変 者 が 修 正 し た 過 去 記 憶 情 報 は 、 三 百 六 十 五 日 間 の 範 囲 ー つ ま り 去 年 の 十 一 一 月 ー ー 俺 が 来 た 時 間 か ら 見 て ー ー か ら 、 今 年 の 十 一 一 月 十 七 日 ま で を 改 変 し た わ け か 。 三 年 前 の 七 夕 ー ー ー な ん と 今 日 だ ー ー ー ま で は 手 が 回 ら な か っ た ん だ な 。 お か げ で 助 か っ た 。 ハ ル ヒ が あ の 七 夕 事 件 を 覚 え て い た せ い で こ こ ま で 来 れ た 。 し か し い っ た い 誰 だ 、 そ ん な ハ ル ヒ 並 み の バ カ を や っ た の は 。 失 長 門 は 俺 か ら 視 線 を 外 さ す 、 も ど と う が い こ う の 「 世 界 を 元 の 状 態 に 戻 す に は 、 こ こ か ら 三 年 後 の 十 一 一 月 十 八 日 へ と 行 き 、 時 空 改 変 者 が 当 該 行 為 を し た 直 後 に 、 再 修 正 プ ロ グ ラ ム を 起 動 す れ ば よ い 」 涼 じ ゃ 、 こ れ か ら 俺 た ち と 三 年 後 に 行 っ て く れ る ん だ な ? 再 修 正 を し て く れ る の は 、 お 前 な ん だ ろ う ? 「 わ た し は 行 け な い 」

涼宮ハルヒの消失


・ は っ き や く み す い は ん 忘 れ や し な い さ 。 か っ て の 殺 人 未 遂 犯 を 、 仮 に も 俺 を 殺 そ う と し た 奴 の 顔 な ん て も の を 忘 却 す る に は 半 年 と ち ょ っ と は 短 す ぎ る 。 「 解 っ た わ 」 じ よ う だ ん そ い つ は と び つ き り の 冗 談 を 思 い つ い た よ う な 笑 み を 広 け た 。 「 お 弁 当 食 べ な が ら う た た 寝 し て た ん で し よ う 。 悪 い 夢 で も 見 て た ん じ ゃ な い ? き っ と そ う よ 。 そ ろ そ ろ 目 が 覚 め て き た ? の う り き れ い 綺 麗 な 顔 を ほ こ ろ ば せ 、 「 ね え ? 」 と 国 木 田 に 同 意 を 求 め て い る そ い つ は 、 俺 の 脳 裏 に 焼 き 付 い て 未 だ 離 れ な い 女 の 姿 を し て い た 。 ・ ー ー 窓 の 様 々 な 映 像 が フ ラ ッ シ ハ ッ ク す る 。 タ 焼 け に 染 ま っ た 教 室 ー ・ ー 床 に 長 く 伸 び る 影 う っ す ら と し た 笑 み ー ー ー さ ら さ ら 崩 れ 落 な い 壁 ー ー 歪 ん だ 空 間 ー ー ー 振 り か ざ さ れ る ナ イ フ け っ し よ 、 つ 0 失 ち る 砂 の よ う な 結 晶 : し よ う め つ 、 長 門 と の 戦 い に 敗 れ て 消 滅 し 、 表 向 き は カ ナ ダ に 転 校 し た こ と に な っ た 、 か っ て の 委 員 長 。 レ 朝 倉 涼 子 が 、 こ こ に い た 。 宮 涼 「 顔 を 洗 っ て き た ら す っ き り す る わ よ 。 ハ ン カ チ 持 っ て る ? 貸 し て あ げ よ う か 」 あ さ く ら り よ 、 つ こ か べ ゆ か の

涼宮ハルヒの消失


~ 京 宮 ハ ノ レ ヒ の ~ 肖 失 角 川 文 庫 リ 444

涼宮ハルヒの消失


29 涼 宮 ハ ル ヒ の 消 失 や み な べ 物 に 出 か け る こ と だ け は 決 ま っ て い る ら し い 。 い っ た い 何 鍋 に な る ん だ ろ う な 。 闇 鍋 は 陰 謀 の 香 り が す る の で や め て お い て 欲 し い の だ が : さ て 、 プ ロ ロ ー グ に し て は 長 す ぎ る な 。 し か し 、 以 上 の こ と は 本 当 に 単 な る プ ロ ロ ー グ に 過 ぎ な か っ た 。 本 題 は こ こ か ら 、 翌 日 か ら 始 ま る 。 ひ ょ っ と し た ら 今 日 の 晩 に は 始 ま っ て い た の か も し れ な い が 、 そ こ ん と こ は ど う で も い い な ら く っ き よ う ふ こ の 次 の 日 、 山 風 に 凍 り 付 く よ う な 十 一 一 月 十 八 日 。 俺 を 恐 怖 と い う 名 の 奈 落 に 突 き 落 と す よ う な こ と が 起 き た 。 あ ら か じ め 言 っ て お く 。 そ れ は 、 俺 に は ち っ と も 笑 え な い こ と だ っ た 。 か お こ お