検索 - みる会図書館

全データから 206771件ヒットしました。

混浴と日本史


混 浴 と 日 本 史 下 川 耿 史 乙 人 湯 温 棗 筑 摩 書 房

混浴と日本史


冖 第 1 節 〕 明 治 の 近 代 化 と 混 浴 禁 止 令 外 国 人 の 見 た 混 浴 リ ー 提 督 率 い る 四 隻 の ア メ リ カ 艦 隊 が 神 奈 川 一 八 五 三 年 ( 嘉 永 六 年 ) 六 月 三 日 、 ペ 県 浦 賀 に 入 港 し た 。 翌 年 一 月 、 再 度 来 日 し た 一 行 は 徳 川 幕 府 と 日 米 和 親 条 約 を 締 結 。 こ れ を き っ か け に 日 本 の 歴 史 も 、 そ し て 入 浴 の 風 習 も 劇 的 に 変 化 す る こ と に な っ た 。 歴 史 の 全 体 に つ い て い え ば 、 ペ リ ー 来 航 を 機 に 幕 府 と 反 幕 府 勢 力 の 争 い が い っ そ う 激 し く な り 、 つ い に は 幕 府 が 瓦 解 、 日 本 は 近 代 国 家 と し て ス タ ー ト す る こ と に な っ た 。 丿 ー 艦 隊 日 本 遠 征 記 』 と い 一 方 、 入 浴 の 風 習 だ が 、 変 化 の 火 付 け 役 と な っ た の は 『 ペ 1 第 六 章 日 本 の 近 代 化 と 混 浴 事 情 168

混浴と日本史


そ の 溝 の 深 さ は 「 国 と は 何 か ? 」 と い う 疑 問 を 抱 か せ る に 十 分 で あ る 。 本 書 で 筆 者 が 目 指 し て い る の は こ の 対 立 を 復 元 し 、 そ れ を 通 し て 見 え て く る こ の 国 の 形 を も う 一 度 確 認 し た い と い う こ と で あ る 。 い わ ば 「 た か が 混 浴 、 さ れ ど 混 浴 」 の 日 本 史 と い っ て よ い 。 ( 注 1 ) 高 橋 鉞 編 『 近 世 近 代 一 五 〇 年 性 風 俗 図 史 / 上 』 及 び 森 ロ 多 里 『 美 術 批 評 家 著 作 選 集 』 第 四 巻 。 は じ め に

混浴と日本史


れ た が 、 こ れ も さ ま ざ ま な 元 祖 、 第 一 号 な ど が 現 れ て 混 乱 す る こ と を 防 ぐ た め だ っ た 」 し 、 つ こ う し て 「 千 人 風 呂 ー と い う 混 浴 風 呂 が 「 フ ジ ャ マ の ト ビ ウ オ 」 の 名 と と も に 全 国 に 広 が っ た 。 取 り 締 ま る 側 で も 日 本 全 体 が 意 気 消 沈 し て い る さ な か 、 元 気 の 素 と な っ た 「 千 人 風 呂 ー を 排 除 す る こ と は 不 可 能 だ っ た よ う で あ る 。 ス ポ ー ツ と 混 浴 が 合 体 す る と い う 、 戦 後 の 再 出 発 を 象 徴 す る よ う な 「 癒 し の ス ポ ッ ト 」 の 誕 生 で あ っ た 。 〔 第 4 節 〕 現 代 の 混 浴 事 情 明 治 時 代 初 め の 混 浴 禁 止 令 は 「 外 国 か ら 軽 蔑 さ れ た く な い 」 と い う 一 心 で 定 め ら れ た も の で あ っ た 。 そ の 効 果 は ゼ ロ で は な か っ た も の の 、 混 浴 を 根 絶 す る に は ほ ど 遠 か っ た 。 混 浴 禁 止 令 は そ の 後 も 折 に ふ れ て 話 題 に な っ た が 、 そ の 中 で も と く に 大 き な 政 治 的 テ ー マ と な っ た の が 一 九 五 六 年 ( 昭 和 三 一 年 ) で あ っ た 。 こ の 年 五 月 二 四 日 に 売 春 防 止 法 が 制 定 さ れ 、 一 九 五 八 年 三 月 を も っ て 売 春 地 帯 が 廃 止 さ れ る こ と が 決 ま っ た 。 桃 山 時 代 の 一 五 八 九 年 、 豊 臣 秀 吉 に よ っ て 京 都 の 二 条 万 里 小 路 に 開 設 さ れ て 以 来 、 約 四 〇 〇 年 の 歴 史 を 重 ね た 遊 郭 の 歴 史 は 、 こ れ に よ っ て 幕 を 閉 じ る こ と に な っ た の だ っ た 。 0 ま で の こ 、 つ じ 210

混浴と日本史


た 箱 型 の 浴 槽 の 連 な る 浴 場 が 「 千 人 風 呂 」 と 呼 ぶ に ふ さ わ し い 広 さ が あ る と い う の で 、 通 称 と し て こ の 名 を 用 い る よ 、 つ に な っ た と い 、 つ 219 第 六 章 日 本 の 近 代 化 と 混 浴 事 情

混浴と日本史


〔 第 3 節 〕 入 り 込 み 湯 と 混 浴 禁 止 令 〔 第 4 節 〕 湯 殿 姫 と 湯 殿 腹 〔 第 5 節 〕 地 方 の 温 泉 と 入 り 込 み 湯 第 六 章 日 本 の 近 代 化 と 混 浴 事 情 〔 第 1 節 〕 明 治 の 近 代 化 と 混 浴 禁 止 令 〔 第 2 節 〕 地 方 の 反 発 と 画 学 生 の 裸 体 蔑 視 〔 第 3 節 〕 「 千 人 風 呂 」 と 「 フ ジ ャ マ の ト ビ ウ オ 」 〔 第 4 節 〕 現 代 の 混 浴 事 情 亠 の と が 」 210 168 137 155 168 181 197

混浴と日本史


外 国 人 を 仰 天 さ せ た 混 浴 風 景 ( 「 ハ イ ネ 世 界 周 航 日 本 へ の 旅 」 よ り ) 外 国 人 を 仰 天 さ せ た 混 浴 風 景 ( 「 ア ン べ ー ル 幕 末 日 本 図 絵 』 よ り ) 170

混浴と日本史


〔 第 1 節 〕 『 出 雲 風 上 記 』 の 混 浴 と 歌 垣 日 本 に お け る 混 浴 の 記 録 は 『 常 陸 風 土 記 』 に 始 ま る と さ れ て い る 。 『 常 陸 風 土 記 」 は 七 二 一 年 ( 養 老 五 年 ) に 成 立 し た も の だ が 、 そ の 中 に は 混 浴 に 関 す る 記 述 が 二 か 所 見 ら れ る 。 た だ し 、 そ れ か ら 一 二 年 後 の 七 三 三 年 ( 天 平 五 年 ) に 成 立 し た 『 出 雲 風 土 記 』 に 比 べ て 、 混 浴 に 関 す る 同 書 の 表 現 は か な り 分 か り に く い 。 そ こ で 当 時 の 混 浴 の 様 子 を は っ き り さ せ る た め 、 こ こ で は 『 出 雲 風 土 記 』 の 記 述 か ら 紹 介 す る 。 『 出 雲 風 土 記 』 の 中 に も 混 浴 に 関 す る 記 述 は 二 か 所 見 ら れ る 。 一 つ は 忌 部 の 神 戸 の 条 に あ る も の で 、 植 垣 節 也 校 注 の 『 風 土 記 』 ( 新 編 日 本 古 典 文 学 全 集 ) で は 次 の よ う に 記 さ 第 一 章 混 浴 、 歌 垣 と 禊 ぎ

混浴と日本史


日 本 に お け る 入 浴 ( 水 浴 び を 含 む ) の 方 法 の 変 化 を 俯 瞰 し て み る と 、 混 浴 は 有 史 以 前 か ら 現 代 に ま で 続 く 原 型 と い っ て よ い 。 つ ま り 入 浴 の 歴 史 の 変 化 と は 原 型 と し て の 混 浴 の バ リ エ ー シ ョ ン で あ り 、 日 本 人 の 中 で 入 浴 の 習 慣 が 定 着 す る に つ れ て 、 混 浴 に ど ん な 変 化 が 見 ら れ た か を 確 認 す る こ と で あ る 。 も ち ろ ん 、 本 書 が 目 指 し た の も そ の 確 認 作 業 で あ る 。 こ の 目 的 が ど の 程 度 成 功 し た か は 読 者 の 判 断 に 委 ね る し か な い か 、 こ う い う 本 を 思 い 立 っ た き っ か け に つ い て ひ と 言 触 れ て お き た い 。 私 は 九 州 の 生 ま れ だ が 、 父 親 が 山 好 き だ っ た た め 、 小 学 生 の 頃 か ら あ ち こ ち の 山 に つ れ て 行 っ て も ら っ た 。 確 か 久 住 山 に 登 っ た 時 だ っ た と 思 う 、 山 の 中 腹 で 初 め て 混 浴 の 露 天 風 呂 に 入 っ た 。 女 生 は 七 、 八 人 の グ ル ー プ だ っ た が 、 そ の う ち の 数 人 が 教 員 だ っ た 父 の 元 の 教 え 子 だ っ た こ と か ら 、 風 呂 の 縁 で 話 が は ず ん で い た 。 私 は 見 知 ら ぬ 女 性 た ち と 湯 に つ か り な が ら 、 胸 が ド キ ド キ し た こ と を 覚 え て い る 。 た だ 「 い や ら し い 」 と 感 じ た こ と は な か っ た よ う な 気 が す る 。 そ れ が 幼 か っ た せ い か ど 、 つ か は ヘ 刀 か ら な い 中 学 生 に な っ て 、 い わ ゆ る 色 気 づ く と 、 友 人 と 誘 い あ っ て 隣 り の 村 落 へ 共 同 風 呂 の の ぞ き に 出 か け た 。 田 舎 に は 内 湯 の あ る 家 は ご く ま れ で 銭 湯 も な か っ た 。 村 落 の 中 心 あ た り に 共 同 の 浴 場 が あ り 、 村 落 の 十 数 軒 ( 多 い と こ ろ で は 数 十 軒 ) が 交 代 で 風 呂 を わ か す の で あ る 。 脱 衣 所 な ど は 節 穴 だ ら け だ 亠 め A 」 か き 一 220

混浴と日本史


さ れ た の だ か ら 、 国 家 仏 教 の 権 威 は 地 に 落 ち 、 奈 良 の 街 は す っ か り 風 紀 が ゆ る ん で し ま っ た 。 例 え ば 『 日 本 紀 略 』 前 編 の 七 九 五 年 ( 延 暦 一 四 年 ) 四 月 の 条 に よ る と 、 奈 良 で は 七 八 五 年 ( 延 暦 四 年 ) 以 来 「 僧 尼 が 淫 濫 を き わ め 、 仏 教 を 穢 し 国 典 を 乱 し て い る 」 と の 記 述 が 見 え る 。 七 八 五 年 は 奈 良 か ら 長 岡 京 に 遷 都 さ れ た 翌 年 、 ま だ 新 し い 都 の 形 も 定 ま ら ず 、 奈 良 の に ぎ わ い も 残 っ て い た 時 期 だ が 、 坊 さ ん と 尼 さ ん た ち は 主 役 を は ず さ れ た 落 胆 か ら か 淫 行 三 昧 に 耽 っ て い た ら し い の で あ る 。 そ の 結 果 七 九 七 年 ( 延 暦 一 六 年 ) 七 月 、 朝 廷 は 大 和 守 藤 原 園 人 を 検 察 使 と し て 奈 良 に 派 遣 、 取 り 締 ま り に 当 た ら せ た 。 『 日 本 逸 史 』 巻 七 に は 当 時 の 奈 良 の 事 情 が 「 平 城 旧 都 は 元 来 寺 が 多 く 、 僧 尼 の 猥 多 、 濫 行 を し ば し ば 聞 く 」 と あ る 。 七 八 五 年 か ら 十 数 年 、 坊 さ ん と 尼 さ ん の 乱 行 は 歯 止 め が 効 か な く な っ て い た の だ ろ う 。 藤 原 園 人 は 民 情 に 明 る い 行 政 官 と し て 知 ら れ て い た の で 、 そ の 取 り 締 ま り の た め に 送 ら れ た の で あ る 。 そ の 藤 原 園 人 が 最 初 に 手 が け た の が 混 浴 禁 止 令 だ っ た 。 吉 川 弘 文 館 編 の 『 標 準 日 本 史 年 表 』 に 七 九 七 年 の で き ご と と し て 「 男 女 の 混 浴 を 戒 む 」 と あ る 。 こ れ が 日 本 初 の 混 浴 禁 止 令 だ が 、 ' 当 時 、 「 風 呂 」 ( 風 呂 と い う 言 葉 は ま だ な か っ た が ) と い え る も の は 「 功 徳 湯 」 を 行 う 大 寺 院 の 湯 屋 と 大 湯 屋 し か な か っ た か ら 、 混 浴 禁 止 令 と い え ば こ の 湯 屋 を 禁 止 す る こ と を 意 味 し た 。 つ ま り 国 家 仏 教 の 最 大 の 恩 典 だ っ た は ず の 「 功 徳 湯 」 は 坊 さ ん と 尼 さ ん の 混 浴 の 場 と 化 し て い た わ け で 、 そ れ が 禁 止 さ れ た の で あ る 。 月 日 は 71 第 二 章 国 家 仏 教 と 廃 都 の 混 浴