検索 - みる会図書館

全データから 210677件ヒットしました。

漢詩の作り方


漢 詩 の 作 り 方 一 、 基 本 ル レ 二 、 平 仄 式 一 覧 三 、 句 の 作 り 方 四 、 対 旬 の 作 り 方 五 、 作 詩 の コ ッ 六 、 詩 想 に つ い て 七 、 訓 読 に つ い て 八 、 参 考 文 献 ※ こ の 冊 子 は 、 漢 詩 を 作 っ て み た い 人 向 け の 概 説 で す 。 ※ 本 冊 子 は 本 書 に 挙 げ た 参 考 文 献 ほ か 拙 作 『 南 望 楼 詩 話 』 ( 第 一 回 文 学 フ リ マ 京 都 に て 頒 布 ) に 挙 げ た 諸 書 等 よ り 得 た 知 識 を も と に 作 成 し た も の で す 。 ※ 国 語 便 覧 程 度 の 知 識 が あ る 人 を 対 象 と し ま す 。 ( 具 体 的 に は 、 「 返 り 点 ・ 一 一 一 点 」 「 五 言 ・ 七 言 」 「 絶 旬 ・ 律 詩 」 と 聞 い て な ん と な く 分 か る 方 向 け で す ) 以 上 ご 了 承 下 さ い 。

漢詩の作り方


漢 詩 の 作 り 方 一 、 基 本 ル レ 二 、 平 仄 式 一 覧 三 、 句 の 作 り 方 四 、 対 旬 の 作 り 方 五 、 作 詩 の コ ッ 六 、 詩 想 に つ い て 七 、 訓 読 に つ い て 八 、 参 考 文 献 ※ こ の 冊 子 は 、 漢 詩 を 作 っ て み た い 人 向 け の 概 説 で す 。 ※ 本 冊 子 は 本 書 に 挙 げ た 参 考 文 献 ほ か 拙 作 『 南 望 楼 詩 話 』 ( 第 一 回 文 学 フ リ マ 京 都 に て 頒 布 ) に 挙 げ た 諸 書 等 よ り 得 た 知 識 を も と に 作 成 し た も の で す 。 ※ 国 語 便 覧 程 度 の 知 識 が あ る 人 を 対 象 と し ま す 。 ( 具 体 的 に は 、 「 返 り 点 ・ 一 一 一 点 」 「 五 言 ・ 七 言 」 「 絶 旬 ・ 律 詩 」 と 聞 い て な ん と な く 分 か る 方 向 け で す ) 以 上 ご 了 承 下 さ い 。

漢詩の作り方


八 、 参 考 文 献 本 冊 子 は あ く ま で も 入 り 口 で す 。 以 下 の 本 を 実 際 に 手 に と っ て 作 っ て み て 下 さ い 。 ・ 太 刀 掛 呂 山 『 誰 に も で き る 漢 詩 の 作 り 方 』 ス タ ン ダ ー ド な 本 。 た ぶ ん 一 番 使 い 良 い 。 要 電 話 。 ・ 釈 清 潭 ・ 林 古 溪 『 作 詩 関 門 』 明 治 書 院 入 手 し や す い 。 た だ し ち ょ っ と 高 い 。 ・ 新 田 大 作 『 作 法 叢 書 漢 詩 の 作 り 方 』 明 治 書 院 入 手 し や す い 。 比 較 的 安 価 。 詩 語 集 は 『 作 詩 関 門 』 と ほ ば 同 じ 。 ・ 滝 川 昇 『 詩 韻 活 法 』 ネ ッ ト で 入 手 で き る ( 早 稲 田 大 学 古 典 籍 デ ー タ ベ ー ス ) 。 明 治 の も の だ が 、 当 時 の エ ネ ル ギ ー が 反 映 さ れ て い る の で 読 め る な ら お す す め 。 ・ 石 川 忠 久 『 漢 詩 鑑 賞 事 典 』 ( 講 談 社 学 術 文 庫 ) 漢 詩 の 歴 史 を 大 づ か み す る こ と が で き る 。 こ れ と 岩 波 文 庫 そ の 他 か ら 出 て い る 本 を 読 み 比 べ な が ら 好 み を 探 っ て い く と よ い と 思 い ま す 。 書 店 の 漢 詩 の コ ー ナ ー は 、 大 き な 書 店 に 小 さ く あ る 程 度 で す 。 古 書 店 を め ぐ る こ と を お す す め し ま す 。 中 上 級 に な る と 『 詩 韻 含 英 』 や 『 韻 府 一 隅 』 ひ い て は 『 佩 文 韻 府 气 そ れ に 典 故 を 集 め た 『 円 機 活 法 』 と い っ た 書 物 が 必 要 に な っ て き ま す 。 い っ か 覗 い て み て く だ さ い 。 以 上

枢密院議長の日記


武 臣 命 を 愛 し 又 銭 を 愛 す 倉 富 と 切 っ て も 切 れ な い の は 漢 文 の 素 養 て あ る 。 倉 富 の 孫 の 英 郎 氏 に よ れ ば 、 倉 富 は 毎 日 の よ う に 漢 詩 を 作 り 、 生 睚 に 作 っ た 漢 詩 は 、 二 千 篇 に あ ま る の て は な い か と い う 英 郎 氏 は そ う 言 い な が ら 、 東 大 法 学 部 に 在 学 中 の 昭 和 十 八 ( 一 九 四 一 一 I) 年 十 二 月 、 学 徒 き ′ 」 う 動 員 に よ り 海 軍 に 入 隊 し た と き 、 祖 父 の 倉 富 が 揮 毫 し た 歓 送 の 色 紙 を 見 せ て く れ た 行 絵 参 照 ) 。 そ こ に は 、 倉 富 の 肉 筆 て 「 孫 英 郎 徴 服 兵 役 賦 示 」 と 題 す る 漢 詩 が 書 か れ て い た 。 そ の 冒 頭 部 分 を 紹 介 し よ う 。 ま さ 〈 汝 方 修 学 在 大 黌 汝 方 に 学 を 修 め 大 黌 に 在 り し し 孜 々 研 精 業 将 成 孜 々 と し て 研 精 し 業 将 に 成 ら ん と す こ う 国 家 会 有 米 英 寇 国 家 米 英 の 寇 有 る に 会 し な げ う よ う や く 抛 巻 踊 躍 応 官 徴 巻 を 抛 ち 踊 躍 し て 官 徴 に 応 ず 〉 文 字 は 、 日 記 と は 打 っ て か わ っ た み ご と な 筆 運 び て あ る 。 こ の と き 、 倉 富 が 九 十 一 歳 だ っ た こ と を 田 5 え ば 、 そ れ 自 体 が 驚 き だ っ た 。 英 郎 氏 は 倉 富 が 生 涯 に 作 っ た 漢 詩 は 二 千 に あ ま る の て は な い か と 言 っ た が 、 そ の 後 の 調 べ て 、 倉 富 が 生 涯 に 作 っ た 漢 詩 は 七 千 七 百 六 十 一 篇 に も の ば る こ と が わ か っ た 。

女帝の古代史


文 学 2 光 源 氏 の 一 生 ー ー 池 田 弥 三 郎 美 し い 日 本 の 私 . ー 川 端 成 サ イ デ ン ス テ ッ カ ー 「 三 国 志 」 の 知 恵 , ー ー 狩 野 直 禎 町 中 国 の 名 句 ・ 名 言 ー ー 村 上 哲 見 俳 句 の 上 達 法 鷹 羽 狩 行 肥 漢 詩 の 名 句 ・ 名 吟 ー ー 村 哲 見 悪 魔 の 話 池 内 紀 断 故 事 成 語 合 山 究 王 朝 責 族 物 語 山 冂 博 Ⅲ 妖 精 学 入 門 井 村 君 江 盟 漢 詩 を た の し む ー 林 田 愼 之 助 川 俳 句 と 川 柳 復 本 一 に Ⅷ ア メ リ カ 文 学 の レ ッ ス ン ー 柴 田 元 幸 俳 句 を つ く ろ う 仁 平 勝 三 国 志 と 日 本 人 雑 喉 潤 旧 ミ ス テ リ イ は 誘 う ・ ー 春 日 直 樹 キ ャ ラ ク タ ー 小 説 の 作 り 方 大 塚 英 志 春 秋 戦 国 の 処 世 術 ・ ー ー 松 本 肇 悪 女 入 門 鹿 島 茂 き む ら 式 童 話 の つ く り 方 ー 木 村 裕 一

枢密院議長の日記


倉 富 は 一 番 多 い と き に は 、 一 年 間 て 一 一 百 七 十 五 篇 の 漢 詩 を 作 っ て い る 。 四 日 て 三 篇 作 っ て い る 勘 定 て あ る 。 倉 富 に と っ て 、 漢 詩 も 日 記 と 同 様 、 メ モ が わ り だ っ た の だ ろ う 。 倉 富 の 漢 詩 の 特 徴 は 、 花 鳥 風 月 や 自 然 景 観 に 詩 材 を と る の て は な く 、 折 々 の 世 相 の 出 来 事 を 織 り 込 ん だ 、 い わ ば 時 事 漢 詩 を 数 多 く 詠 ん て い る こ と て あ る 。 大 正 三 ( 一 九 一 四 ) 年 、 艦 船 購 入 を め ぐ る 日 本 海 軍 の 汚 職 事 件 ( シ ー メ ン ス 事 件 ) が 発 覚 し た 。 こ の と き 、 倉 富 は 「 時 事 有 感 」 と 題 す る 漢 詩 を 作 っ て い る 。 ゃ ん 〈 嗚 呼 時 事 已 哉 矣 嗚 呼 時 事 已 ぬ る 哉 説 之 汚 ロ 聴 之 耳 之 を 説 け ば 口 を 汚 し 之 を 聴 け ば 耳 を : 名 教 墜 地 綱 紀 壊 名 教 地 に 墜 ち 綱 紀 壊 る 不 見 一 人 経 国 士 見 す 一 人 経 国 の 士 を ふ る 文 臣 愛 銭 事 已 陳 文 臣 銭 を 愛 す 事 已 に 陳 し 武 臣 愛 命 又 愛 銭 武 臣 命 を 愛 し 又 銭 を 愛 す し ゅ う れ ん 吏 以 聚 斂 為 能 事 吏 は 聚 斂 を 以 て 能 事 と 為 し 民 以 抗 官 為 人 権 民 は 抗 官 を 以 て 人 権 と 為 す 上 下 征 利 無 仁 義 上 下 利 を 征 り 仁 義 無 し よ く 能 殖 貨 財 思 亦 賢 能 貨 財 を 殖 せ ば 思 も 亦 賢 な り こ わ 87 第 二 章 懊 悩 ま た 懊 悩

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


り れ き 「 朝 の 歌 ー の 制 作 さ れ た 時 期 に つ い て は 、 次 の 「 詩 的 履 歴 で あ り 、 「 朝 の 歌 」 の よ う に 整 っ た 情 感 を 盛 っ た も の は 少 い の で あ る が 、 詩 人 が こ れ を も っ て 自 分 の 詩 の 出 発 点 と 見 書 中 の 中 原 自 身 の 言 葉 を 信 じ る ほ か は な い 。 ご ろ 「 大 正 十 五 年 五 月 『 朝 の 歌 』 を 書 く 。 七 月 頃 小 林 に 見 せ 做 し て い た こ と に は 、 意 味 が あ る 。 今 日 伝 説 化 し て い る 彼 う ら る 。 そ れ が 東 京 に 来 て 詩 を 人 に 見 せ る 最 初 。 つ ま り 『 朝 の 生 活 の 混 乱 の 裡 に 、 い つ も 秩 序 と 形 式 に 到 達 せ ん と す る の 歌 』 に て ほ ば 方 針 立 つ 。 方 針 は 立 っ た が 、 た っ た 十 四 努 力 が あ っ た こ と が 、 中 原 の 詩 人 と し て の 存 在 理 由 と 考 え 行 書 く た め に 、 こ ん な に 手 数 が か か る の で は と ガ ッ カ リ ら れ る か ら で あ る 。 「 詩 的 履 歴 書 」 は 昭 和 十 一 年 の 末 、 詩 人 と し て 多 少 の 名 声 大 正 十 四 年 以 降 「 朝 の 歌 ー ま で に 書 か れ た 詩 で 、 日 付 が し ゅ う た ん を 得 た 中 原 が 、 恐 ら く 雑 誌 の 要 求 に よ っ て 、 ノ ー ト し て あ は っ き り し て い る の は 、 「 秋 の 愁 嘆 ー ( 一 九 二 五 、 一 〇 、 、 一 l) の 二 篇 っ た も の で 、 多 分 の 自 己 誇 示 と 系 統 づ け を 含 ん で い て 、 文 七 ) 「 む な し さ 」 ( 「 在 り し 日 の 歌 、 一 九 二 六 や ぎ 字 通 り 受 け 取 る の は 危 険 で あ る 。 だ け で あ る が 、 「 山 羊 の 歌 - 冒 頭 の 「 春 の 日 の 夕 暮 ー 「 月 」 五 月 と い う 制 作 の 日 付 は 信 じ る と し て も 、 「 七 月 頃 小 林 「 サ ー カ ス 」 「 春 の 夜 」 の 四 篇 も 、 そ れ ら が 「 朝 の 歌 」 の 前 に 見 せ る 」 は 如 何 。 中 原 と 小 林 は 当 時 絶 交 状 態 に あ っ た か に 配 列 さ れ て い る と い う 理 由 に よ っ て 、 そ れ 以 前 に 書 か れ ら で あ る 。 さ ら に 「 東 京 に 来 て 詩 を 人 に 見 せ る 最 初 ー に 到 た と 考 え る こ と が 許 さ れ る で あ ろ う 。 ほ か に 同 じ 時 期 と 推 っ て は 明 白 な 嘘 で あ る 。 少 く と も 京 都 時 代 の ダ ダ イ ス ム の 測 さ れ る 詩 篇 が な い こ と も な い が 、 一 応 右 の 六 篇 を も っ 詩 を 、 東 京 の 新 し い 文 学 の 友 人 に 見 せ て い た こ と に つ い て て 、 ダ ダ イ ス ム の 詩 か ら 「 朝 の 歌 ー に 到 る 経 路 を 探 る に 十 は 、 証 人 が い る 。 分 と い う こ と に す る 。 た だ 大 正 十 四 年 四 月 に 上 京 し て か ら は 、 中 原 は も う ダ ダ 一 番 ダ ダ 的 字 句 を 残 し て い る の は 「 ト タ ン が セ ン べ イ 食 歌 の 詩 を 書 い て い な い し 、 以 来 「 朝 の 歌 」 ま で 一 年 間 は 、 彼 べ て 」 に 始 ま る 「 春 の 日 の 夕 暮 、 で あ る が 「 秋 の 愁 嘆 」 か ん し よ う 力 し う か が ど う ナ こ ん せ き の の 生 涯 で も 最 も 詩 作 の 少 い 時 期 で あ る 。 こ の 間 に 新 し く 書 「 サ ー カ ス 」 の 道 僊 調 に も そ の 痕 跡 は 窺 わ れ る 。 し か し か い じ ゅ う か れ た 詩 は 、 人 に 見 せ な か っ た と い う 意 味 に 取 る べ き で あ 「 月 ー と 「 む な し さ ー の 晦 渋 な 漢 語 の 使 用 は 、 富 永 太 郎 と 朝 い ん び ろ う 。 宮 沢 賢 治 の 影 響 で 、 そ れ ら の 漢 字 に よ っ て 、 一 種 の 隠 微 な 今 日 の 残 っ て い る 中 原 の 詩 篇 約 三 百 中 、 数 に お い て 優 勢 情 感 の 「 表 現 」 に 向 っ て い る 点 て 、 ダ ダ の 断 定 か ら 離 れ て し ゆ ら が い ば ん か な の は 、 「 修 羅 街 挽 歌 ー 「 秋 日 狂 乱 ー の 系 統 に 属 す る 告 白 詩 い る し 、 「 春 の 夜 」 の 、

新潮【第百十四巻第一号】


「 花 弁 」 「 こ う し て 」 に は 、 新 し い ヒ ト の 影 も か す か に 映 る 。 裸 身 を 四 元 康 祐 は 〈 久 し ぶ り に 許 さ れ た 言 葉 た ち は 、 再 び 味 わ う 世 ま た し て も 界 の 波 動 に 、 痺 れ お の の い て い る か の よ う だ 。 そ こ に は 禁 欲 私 の 繕 う の 後 の 快 楽 が 横 溢 し て い る 〉 ( 『 谷 川 俊 太 郎 学 』 ) と 祝 福 し て い ( 「 襤 褸 」 ) 襤 褸 以 降 、 『 夜 の ミ ッ キ ー ・ マ ウ ス 』 ( 〇 三 年 、 新 潮 社 ) 、 『 シ ャ ガ ー ル と 木 の 葉 』 ( 〇 五 年 、 集 英 社 ) 、 『 ミ ラ イ ノ コ ド モ 』 ( 一 三 新 し い 詩 を 田 原 は こ う 評 す る 。 〈 煩 瑣 を 避 け 単 純 に つ き 、 で き る だ け 言 語 に 対 す る 誇 張 を 捨 て 、 で き る だ け 言 語 に 感 情 年 、 岩 波 書 店 ) か ら 一 六 年 、 三 好 達 治 賞 を 受 賞 し た 『 詩 に 就 の 圧 力 を か け な い よ う に 工 夫 し て い る 。 そ れ は 典 型 的 な 東 洋 い て 』 ま で 、 途 切 れ の な い 詩 集 の 刊 行 が 続 く 。 一 六 年 九 月 、 的 行 為 で あ り 、 東 洋 詩 人 の 長 所 で あ る と い え よ う 〉 。 簡 潔 な 「 す ば る 」 に 発 表 し た 新 作 九 篇 の 最 初 に は 、 テ ロ の 止 ま な い 言 葉 で 意 は 尽 く す ー ー ー 田 原 は 谷 川 を 〈 日 本 現 代 詩 の 「 松 尾 芭 世 界 へ 、 抗 う 言 葉 が あ っ た 。 蕉 」 〉 と 呼 ぶ 。 谷 川 は 中 国 で 何 に 出 会 っ た の だ ろ う 。 日 本 人 〈 「 ア ウ シ ュ ビ ッ ツ 以 後 、 詩 を 書 く こ と は 野 蛮 だ 」 / 勲 章 を が 失 っ た 素 朴 な 詩 心 だ ろ う か 。 漢 詩 の 潔 さ か 。 こ れ か ら 飛 躍 も ら っ た 老 詩 人 は 照 れ な が ら ア ド ル ノ を 引 用 し て / 「 詩 人 に し て い く 無 名 の 人 民 が 醸 し 出 す 社 会 の 活 気 だ っ た ろ う か 。 一 一 は 野 蛮 人 と し て の 一 面 が 必 要 だ 」 と つ け 加 え る / / 夢 も 言 語 〇 〇 二 年 七 月 に は 北 京 大 学 で 「 谷 川 俊 太 郎 詩 歌 シ ン ポ ジ ウ も 失 っ て 世 界 は た だ の 事 実 で し か な く な っ た / 嗚 咽 で も す す ム 」 が 開 催 さ れ た 。 ひ ら が な 詩 の 多 い 谷 川 の 作 品 が 、 ど う や り 泣 き で も 号 泣 で も な く / 泣 き 顔 を 見 せ ず に 泣 き た い と 思 っ て い る 〉 ( 「 泣 き た い と 思 っ て い る 」 ) っ て 漢 字 の 詩 に 翻 訳 さ れ 、 損 な わ れ な い か 不 思 議 だ が 、 谷 川 は 現 在 、 も っ と も 中 国 で 読 ま れ て い る 日 本 の 詩 人 で あ る 。 復 活 後 の 作 品 か ら 最 後 に 一 つ 、 〇 九 年 の 長 編 詩 集 『 ト ロ ム 一 方 、 東 京 で 書 か れ た 作 品 に は 、 肉 体 を 離 れ た と こ ろ か ら ソ コ 一 フ ー ジ ュ 』 ( 新 潮 社 ) の 展 開 を 挙 げ た い 。 「 今 、 こ こ 」 が 自 身 を 眺 め 、 時 の た ゆ た い を あ じ わ う 、 水 の よ う に 透 明 な 境 一 番 大 事 で 、 物 語 も 歴 史 も い ら な い 、 自 分 に は 向 か な い と 言 地 が 伝 わ る も の も あ る 。 い 続 け て き た 詩 人 が 、 ノ ル ウ ェ ー 北 部 の 見 知 ら ぬ 街 を た だ た 〈 ソ フ ア に 座 っ て い る / 薄 曇 り の 午 後 / 剥 き 身 の 蛤 み た い に だ 歩 く う ち 、 歴 史 へ 、 物 語 へ 、 叙 事 へ 、 死 後 の 世 界 へ と 、 軽 や か に 即 興 の 言 葉 を 一 九 八 行 に わ た っ て 繰 り 出 し て い る 。 / / し な け れ ば い け な い こ と が あ る / だ が 何 も し な い / う つ と り と / / 美 し い も の は 美 し く / 醜 い も の も / ど こ か 美 し く / / た だ こ こ に い る こ と が / 妻 く て / 私 は 私 じ ゃ な く な る / 私 は 立 ち 止 ま ら な い よ 私 は 水 た ま り の 絶 え な い 路 地 を 歩 い て い く / 立 ち 上 が っ て / 水 を 飲 む / 水 も 妻 い 〉 ( 「 座 る 」 ) 222

群像 2017年 1月号


と る な か で 、 志 賀 直 哉 が 、 フ ラ ン ス 語 を 「 国 語 」 に し た い 、 古 来 の あ ら ゆ る 抒 情 詩 の 中 で い や し く も 恋 愛 に 関 す る も の は 自 論 を 述 べ た こ と は よ く 知 ら れ て い る 。 志 賀 直 哉 は フ ラ ン ス 悉 く 禁 止 さ れ な け れ ば な ら な い 筈 で あ る 」 と 述 べ る 。 個 人 の 語 を 「 一 番 美 し い 言 語 」 だ と し て 憚 ら な か っ た 。 「 小 説 の 神 力 で は ど う し よ う も な か っ た 事 態 に 対 す る 反 抗 的 な 文 章 は 、 様 」 の 意 見 が そ う い う も の だ っ た な ん て 驚 く 。 わ け が わ か ら 作 者 の 志 を 映 し て い る と い う 意 味 で 、 美 し い な い 。 フ ラ ン ス 語 化 が 実 行 さ れ な く て よ か っ た と 思 う 。 漢 詩 現 状 で 、 日 本 語 の 書 き 言 葉 は 、 漢 字 か な 交 じ り 文 を 通 用 と す る 。 唐 突 な よ う だ け れ ど 、 盛 唐 の 詩 人 ・ 李 白 の 「 静 夜 思 」 文 の 訓 読 が 行 わ れ る よ う に な っ て 千 年 以 上 。 物 事 の 切 り 捨 て に は 慎 重 で あ り た い 。 の 訓 読 を 、 新 釈 漢 文 大 系 『 唐 詩 選 』 ( 明 治 書 院 ・ 一 九 六 四 ) か ら し い い な と 思 っ た 文 章 に 引 こ う 。 五 言 古 詩 の う ち 最 高 傑 作 と 位 置 付 け ら れ て き た 詩 だ 。 十 代 の こ ろ に 読 ん で 、 ご く 単 純 , 中 勘 助 の 「 島 守 」 が あ る 。 こ の 日 記 的 作 品 が 「 ち く ま 文 学 の 牀 前 月 光 を 看 る 。 疑 ふ ら く は 是 れ 地 上 の 霜 か と 。 頭 を 森 」 の 『 心 洗 わ れ る 話 』 ( 筑 摩 書 房 ・ 一 九 八 八 ) に 入 っ た こ と で 、 出 会 え た 。 二 十 代 後 半 に 信 州 ・ 野 尻 湖 の 無 人 島 で 過 ご し 擧 げ て 山 月 を 望 み 、 頭 を 低 れ て 故 鄕 を 思 ふ 。 た 日 々 が 綴 ら れ る 。 ず つ ど 不 思 議 に 思 っ て き た こ と が あ る 。 詩 の 翻 訳 は 、 一 般 夜 。 ど ん 栗 と 杉 の 葉 を な ら べ て 日 記 を つ け て る と き 南 的 に と て も 困 難 で 翻 訳 詩 は 原 詩 の 感 興 を 十 全 に 伝 え ら れ な い こ と が 多 い 、 と は よ く い わ れ る こ と だ 。 と こ ろ が 、 ふ と 立 ち の 浦 に ば さ ば さ と 水 を 打 っ 音 が し て 鳥 の 群 が お り た ら し か っ た 。 月 は 遠 じ ろ く 湖 水 を 照 し な が ら こ の 島 へ は 森 に 止 ま っ て 考 え る と 、 漢 詩 の 書 き 下 し は 、 な ん と な く い い 感 語 遮 ら れ て わ ず か に き れ ぎ れ の 光 を 投 げ る ば か り で あ る 。 本 じ 、 つ ま り 美 し い 印 象 を 醸 し 出 せ て い る こ と が 少 な く な い 、 日 と 田 5 , つ 。 大 木 の 幹 が す く す く と 立 っ て 月 の 夜 は 闇 よ り も 凄 じ い 美 訓 読 漢 詩 は 、 文 語 自 由 詩 と し て の 性 格 を 持 つ 。 も と も と が 読 点 を 嫌 っ た 著 者 の 文 章 の す が た は 、 ・ 情 景 を 織 り 出 す 言 葉 る 日 本 語 の 文 語 で 書 か れ た 自 由 詩 な ら 、 距 離 感 を 感 じ て し ま う と き の ほ う が 多 い け れ ど 、 漢 詩 を 訓 読 し た か た ち で あ れ ば 、 の 連 な り に 美 し さ が あ る 、 と 思 え る 。 で も 、 私 自 身 は 読 点 を 考 現 在 で も む し ろ 心 地 よ い ニ ュ ア ン ス を 受 け 取 れ る の は 、 な ぜ 打 ち た い ほ う だ 。 言 . 。 読 点 よ 、 テ ン ボ の 目 印 と な る か ら 。 美 し い 人 だ ろ う か 。 訓 読 と は 、 直 訳 的 な 翻 訳 方 法 だ 。 日 本 語 の 仕 組 み 日 本 語 、 と い う テ ー マ は 、 ど き ど き す る ほ ど 危 な い 。 美 し い 五 を 考 え る と き 、 こ れ は と て も 面 白 い 領 域 だ と 思 う 。 日 本 語 、 と い う 言 葉 自 体 は 美 し く な い 。 排 他 的 な 匂 い が す る か ら だ 。 戦 後 ま も な く 「 国 語 」 を ど う す る か と い う 議 論 が 展 開 さ れ 美 し い 日 本 語

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


ま た 、 柏 木 の 巻 、 薫 の 誕 生 五 十 日 の 祝 宴 の 席 上 、 幼 児 を 腕 に 抱 き 取 っ た 源 氏 が も ら す 感 慨 「 静 か に 思 ひ て な げ 嗟 く に 堪 へ た り 」 も 、 『 白 氏 文 集 』 巻 五 十 八 、 自 嘲 の 一 節 、 な げ 五 十 八 翁 方 ニ 後 有 リ 静 カ ニ 思 ヒ テ 喜 プ ニ 堪 へ 亦 嗟 ク ニ 堪 へ タ リ を 引 い た も の で あ る 。 し か し 原 詩 の 「 喜 プ ニ 堪 へ 、 亦 」 の 文 字 が 物 語 に は な い 。 コ キ ュ の 屈 辱 に 耐 え て 、 他 人 の 子 を わ が 子 と し て 胸 に 抱 き 取 ら ね ば な ら ぬ 、 源 氏 の 重 く 暗 い 胸 中 を 表 す に は 、 そ の 文 字 は あ っ て は な ら ぬ の だ 。 こ れ も 単 な る 節 略 で は な い 。 む し ろ 改 変 に 近 い わ ざ で あ ろ う 。 き ん と う へ ん さ ん 古 注 家 に よ れ ば 、 当 時 『 和 漢 朗 詠 集 』 の ご と き 編 纂 物 で す ら 、 編 者 藤 原 公 任 の 好 み に よ っ て 原 詩 に 修 正 を 加 え る 場 合 が あ っ た と い う 。 も し そ う な ら ば 、 漢 詩 を 物 語 中 に 引 用 す る 場 合 、 『 河 海 抄 』 の い う 「 当 座 の 景 気 」 に よ っ て 、 こ う し た 改 作 ・ 修 正 を 加 え る こ と は 、 な お さ ら 容 易 で あ っ た で あ ろ う 。 漢 詩 ・ 漢 文 は 、 「 御 文 」 な ど と 呼 ば れ て 、 当 時 、 和 歌 や 和 文 よ り も は る か に 社 会 的 権 威 の 高 い も の で あ っ た 。 そ れ す ら 、 こ う し た 取 扱 い を 受 け た と す れ ば 、 和 歌 が 、 か な り 自 由 に 修 正 ・ 改 変 を 受 け た こ と は 想 像 し や す い 。 引 歌 ・ 引 詩 を 用 語 の 形 か ら 探 り 出 す 場 合 、 そ の 根 拠 を ど こ に 求 め る か 、 判 断 に 苦 し む こ と が 多 い の も 無 理 か ら ぬ こ と な の で あ る 。 原 詩 歌 の 修 正 ・ 改 変 は 、 原 詩 歌 の 側 か ら 見 れ ば 、 あ た か も 不 当 な 侵 害 か の よ う に 今 日 受 け 取 ら れ や す い 論 評 し か し 物 語 作 者 の 目 的 と す る と こ ろ は 、 も と も と そ れ ら の 忠 実 な 引 用 そ の も の に あ っ た わ け で は さ ら さ ら な 巻 。 そ れ は 表 現 効 果 を 高 め る た め の 手 段 に す ぎ な い の だ か ら 、 そ の 目 的 の た め に 原 詩 歌 は あ る 程 度 自 由 に 改 変 さ れ る の も ま た 当 然 に す ぎ な い 。 む し ろ 巧 妙 な 暗 示 や 小 修 正 の 中 に 、 作 者 は 自 身 の 力 量 を 誇 示 し よ う と し た と も い え る の で あ る 。 ま さ か お る か