検索 - みる会図書館

検索対象: 女帝の古代史

女帝の古代史から 247件ヒットしました。

女帝の古代史


文 学 2 光 源 氏 の 一 生 ー ー 池 田 弥 三 郎 美 し い 日 本 の 私 . ー 川 端 成 サ イ デ ン ス テ ッ カ ー 「 三 国 志 」 の 知 恵 , ー ー 狩 野 直 禎 町 中 国 の 名 句 ・ 名 言 ー ー 村 上 哲 見 俳 句 の 上 達 法 鷹 羽 狩 行 肥 漢 詩 の 名 句 ・ 名 吟 ー ー 村 哲 見 悪 魔 の 話 池 内 紀 断 故 事 成 語 合 山 究 王 朝 責 族 物 語 山 冂 博 Ⅲ 妖 精 学 入 門 井 村 君 江 盟 漢 詩 を た の し む ー 林 田 愼 之 助 川 俳 句 と 川 柳 復 本 一 に Ⅷ ア メ リ カ 文 学 の レ ッ ス ン ー 柴 田 元 幸 俳 句 を つ く ろ う 仁 平 勝 三 国 志 と 日 本 人 雑 喉 潤 旧 ミ ス テ リ イ は 誘 う ・ ー 春 日 直 樹 キ ャ ラ ク タ ー 小 説 の 作 り 方 大 塚 英 志 春 秋 戦 国 の 処 世 術 ・ ー ー 松 本 肇 悪 女 入 門 鹿 島 茂 き む ら 式 童 話 の つ く り 方 ー 木 村 裕 一

女帝の古代史


能 力 の 重 要 性 が あ る 程 度 軽 減 さ れ る こ と も 、 お そ ら く 承 知 し て い た の て は な い か と 推 測 す る こ う し た 意 図 を も っ て 、 天 武 は 草 壁 皇 子 を 「 皇 太 子 」 と し ( 天 武 紀 十 年 〈 六 八 一 〉 二 月 条 ) 、 そ の 後 見 と し て 持 統 の 存 在 が あ っ た 。 一 方 、 大 津 皇 子 は 皇 族 て は あ る が 臣 下 に 近 い 存 在 と し て 処 遇 す る こ と と 決 断 し た の て は な か ろ う か 。 だ か ら こ そ 、 天 武 は そ の 死 の 直 前 こ と ′ 」 と く き さ き お ほ き ち ひ さ き い ひ つ ぎ の み こ ま う あ め の し た 「 天 下 の 事 、 大 小 を 間 は ず 、 悉 に 皇 后 及 び 皇 太 子 に 啓 せ 」 ( 天 武 紀 朱 鳥 元 年 ^ 六 八 六 〉 七 月 条 ) と 述 べ 、 「 皇 后 」 野 讃 良 王 女 ( 持 統 ) と 「 皇 太 子 」 草 壁 皇 子 の 二 人 に 後 事 を 託 し た の 。 ' 、 つ つ - っ . 0 0 っ し J 、 持 統 と 草 壁 皇 子 に と り 大 津 皇 子 の 存 在 は や は り 危 険 き わ ま り な い も の て あ り 、 天 武 の 死 の 直 後 に 彼 が 葬 ら れ た の は 、 す て に 述 べ た と こ ろ て あ る 。 し か し な が ら 、 こ の よ う な 皇 位 継 承 ル ー ル に つ い て 、 群 臣 の 同 意 を 取 り つ け る に は 時 間 が 必 要 て あ っ た ら し い し た が っ て 、 「 皇 太 子 」 草 壁 皇 子 は 即 位 に 至 ら な い ま ま 死 去 し 、 そ の 後 、 高 市 皇 子 が 太 政 大 臣 に 任 じ ら れ て 、 持 統 政 権 を 支 え る こ と に な る 。 事 態 が 動 く の は 高 市 皇 子 の 死 後 て あ っ た 。 『 懐 風 藻 』 ( 八 世 紀 半 ば に 成 立 し た わ が 国 最 古 の 漢 詩 集 、 引 用 は 岩 波 ・ か ど の 日 本 古 典 文 学 大 系 本 に よ る ) の 葛 野 王 ( 大 友 王 子 の 長 子 ) 伝 に 次 の よ う な 記 載 が あ る 。 た け ち の み こ み ま か わ う こ う け い し ひ つ ぎ 高 市 皇 子 薨 り て 後 に 、 皇 太 后 王 公 卿 士 を 禁 中 に 引 き て 、 日 嗣 を 立 て む こ と を 謀 ら す 。 時 0 を 136

女帝の古代史


【 大 意 】 大 工 事 を 好 む 。 水 路 を 掘 り 、 船 て 巨 石 を 運 び 、 垣 を 作 る 。 人 々 は こ - フ し た こ と を ひ ぼ う 誹 謗 し て 、 「 巨 費 を 投 じ て 無 駄 な こ と を し 、 完 成 す る 前 に 壊 れ て い く 」 と 。 、 ノ 紀 総 3 ン 斉 造 宮 事 業 や そ れ に と も な う 巨 大 な 水 路 の 掘 削 な ど を 次 か ら 次 に 始 め る 斉 明 を 、 「 時 の 人 」 が 誹 謗 す る さ ま が は っ き り と 記 さ れ て い る 。 れ 信 記 載 そ の も の は 『 文 選 』 ( 六 世 紀 成 立 の 中 国 最 初 掘 同 発 共 の 詩 文 選 集 ) の 文 章 を 下 敷 き と し た も の だ が 一 跡 近 年 の 発 掘 調 査 て こ れ ら の 遺 跡 の 一 部 が 明 ら 遺 真 石 写 か に な っ て い る の て 、 史 実 と み な し て よ い た 一 酉 る 「 れ ろ う 。 さ き に 指 摘 し た よ う に 「 皇 極 紀 」 て は ~ を え 「 至 徳 天 皇 」 と 賞 賛 さ れ る 一 方 、 そ の 同 一 人 日 考 き よ ほ う へ ん 物 が こ こ て は 非 難 の 対 象 と さ れ 、 毀 誉 褒 貶 の 良 渠 は な は だ し い 人 物 像 が 読 み 取 れ る こ と と な 奈 の も ん ぜ ん 116

女帝の古代史


ど う せ い ふ こ ん 前 近 代 中 国 社 会 て は 父 系 制 の 一 つ の 特 徴 と な る 「 同 姓 不 婚 」 と い う 章 て 紹 介 し た よ う に 、 同 族 婚 を 厳 し く 禁 じ る ル ー ル が あ り 、 彼 女 の 婚 姻 も こ れ に 従 っ た も の だ か ら て あ る 。 前 近 代 中 国 て は 婚 姻 は す べ て こ の 「 同 姓 不 婚 」 に 則 し て 行 わ れ 、 王 族 と い え ど も そ の 制 約 を 受 け た の て あ る 。 そ れ ゆ え に 、 王 族 出 身 の 女 性 た ち も こ の ル ー ル に 従 い 、 男 性 王 族 と は 婚 姻 て き ず 、 他 氏 族 の 男 性 と 婚 姻 関 係 を 結 ぶ 。 す る と 、 彼 女 は 父 系 制 の も と て の 嫁 取 り 婚 に よ り 、 夫 の 家 の 一 員 と し て 他 氏 族 の 女 性 と な る 。 し た が っ て 、 王 位 継 承 候 補 者 か ら 自 す と 外 れ る の て あ る 。 一 方 、 婚 姻 を 経 な い 未 婚 女 性 が 社 会 的 に 認 知 さ れ な い こ と も 前 章 て こ う 述 べ た 通 り て あ る 。 し た が っ て 、 未 婚 の ま ま 王 族 内 に 止 ま っ て い る 王 族 女 性 ( こ れ を 「 公 し ゅ 主 」 な ど と い う ) は 、 や は り 王 族 の 一 員 と し て 社 会 的 に は 認 め ら れ す 、 王 位 継 承 候 補 者 か ら 外 さ れ る の て あ る 。 つ ま り 、 前 近 代 中 国 に お い て 王 族 出 身 の 女 性 が 皇 帝 に 即 位 す る と い う こ と は 、 原 理 的 に あ り 得 な か っ た の て あ る 。 こ う し て 、 き わ め て 長 期 に わ た る 前 近 代 中 国 の 歴 代 王 朝 に お い て 、 権 力 を ふ る っ た 女 性 は ほ と ん ど 王 族 て は な く 他 氏 族 出 身 の 女 性 て あ り 、 し か も す べ て が 既 婚 女 性 て あ っ た 。 た り よ 」 、 つ と え ば 、 漢 代 の 呂 后 は 呂 氏 の 出 身 て 高 祖 ( 劉 氏 ) の 皇 后 と な り 、 そ の 死 後 皇 太 后 と し て 権 せ い た い ご う 力 を に ぎ り 、 政 冶 を ほ し い ま ま に し た と い う 。 ま た 、 清 代 の 西 太 后 も 王 族 の 出 身 ぞ は な 232

女帝の古代史


し よ き よ う ひ ん け い の し ん ら れ る 。 し た が っ て 、 古 く 『 書 経 』 ( 中 国 最 古 の 歴 史 書 て 、 秦 以 前 に 成 立 か ) に は 「 牝 鶏 之 晨 」 ( め ん ど り が 朝 の 訪 れ を 知 ら せ る の は 、 世 の 中 の 乱 れ の も と に な る と い う 意 味 ) な ど と い う 警 句 が 見 え 、 女 性 が 権 力 を ふ る う こ と を 否 定 的 に み な す 。 そ れ ば か り て は な く 『 史 記 』 を 始 め と し た 歴 代 の 正 史 に お い て も 、 女 性 権 力 ( 統 治 ) 者 に 対 し て さ ま ざ ま な 悪 評 を 書 き 残 し て い り よ こ う ち ょ う た と え ば 漢 の 高 祖 の 死 後 、 政 治 を 専 断 し た と い わ れ る 呂 后 に つ い て は 、 晩 年 の 高 祖 の 寵 あ い 愛 を ひ と り じ め に し た 戚 夫 人 を 、 呂 后 の 息 子 て さ え シ ョ ッ ク を 受 け た ほ ど の 残 酷 な 殺 し 方 そ く て ん ぶ こ う を し た な ど と 記 す ( 『 史 記 』 呂 后 本 紀 ) 。 ま た 、 唐 の 則 天 武 后 に つ い て は 、 高 宗 の 皇 后 と な る た め に わ が 子 を 殺 し て 、 そ の 罪 を ラ イ バ ル の 王 皇 后 に な す り つ け 、 追 い 落 と し た な ど と 記 す の て あ る ( 『 新 唐 書 』 巻 七 十 六 列 伝 第 一 な ど ) 。 そ し て 、 正 式 に 皇 帝 の 位 に つ い た 女 性 も 則 天 武 后 た だ 一 人 て 例 外 的 な 存 在 と い え 、 女 性 が 政 治 を リ ー ド す る こ と は つ ね に 歓 迎 さ れ な か っ た の て あ る 。 し た が っ て 、 『 新 唐 書 』 や 『 宋 史 』 に も 女 性 権 力 ( 統 治 ) 者 を 認 め よ う と し な い 偏 向 が あ っ た と 考 え て よ い だ ろ う 。 こ う ら い こ う し た 推 測 は 、 次 の 史 科 に よ っ て も 裏 づ け ら れ る 。 す な わ ち 、 『 新 唐 書 』 高 麗 伝 に 、 し ら ぎ こ う く り く だ ら ぜ ん と く 七 世 紀 半 ば の 善 徳 女 王 統 治 下 の 新 羅 が 、 高 句 麗 と 百 済 か ら 同 時 に 攻 撃 さ れ 、 唐 に 救 援 を 求 な む ち ゅ ゑ と な り た め あ な ど た い そ う め た 際 に 太 宗 皇 帝 の 言 葉 と し て 「 而 の 国 は 女 君 な り 、 故 に 鄰 の 為 に 侮 ら る 」 と 記 さ れ て い せ き 41 男 王 ・ 女 王 の 共 同 統 治 一 一 四 、 五 世 紀

女帝の古代史


【 大 意 】 持 統 天 皇 が 草 壁 皇 太 子 の 「 嫡 子 」 ぞ あ る 文 武 天 皇 に 皇 位 を 譲 ら れ て 、 と も に 統 治 な さ っ た 。 れ は 天 智 「 天 皇 」 が 定 め ら れ た 「 不 改 常 典 」 に の っ と っ た も の て あ る 。 ( 中 略 ) ま た 、 「 不 改 常 と 、 う 国 家 の 統 治 法 は 今 後 も 変 わ ら ず 行 わ れ る べ き て あ る 。 典 」 し か は る ま し じ き つ ね の の り こ こ に は 「 不 改 常 典 」 と い う 文 言 が 二 度 も 登 場 す る 。 は じ め の も の は 、 持 統 天 皇 が 草 壁 皇 太 子 の 「 嫡 子 」 て あ る 文 武 天 皇 に 譲 位 し て と も に 統 治 さ れ た が 、 こ れ は 天 智 「 天 こ リ し ご も の て あ る と 述 べ る 。 二 度 目 に 記 さ れ た も の は 、 皇 」 が 定 め ら れ た 「 不 改 常 典 」 ( 員 オ を す く に の り 国 家 の 統 治 法 ( 食 国 の 法 ) と し て 長 く 受 け 継 が れ て 行 く べ き も の と い う 意 味 て あ る 。 の ち の 史 料 て は 前 者 に 近 い 表 現 は 、 聖 武 天 皇 の 即 位 宣 命 と 孝 謙 女 帝 へ の 譲 位 宣 命 に み え る 。 一 方 、 後 者 に 近 い 表 現 は 、 「 不 改 常 典 」 と い う 文 言 が な く な り 、 「 天 智 天 皇 が は じ め 定 め た も の 」 と 変 化 し て い く 。 そ れ が 桓 武 天 皇 の 即 位 宣 命 だ け ぞ は な く 、 平 安 時 代 の 主 要 な 天 皇 ( 淳 和 ・ 仁 明 ・ 文 徳 ・ 清 和 ・ 陽 成 ・ 光 孝 な ど ) の 即 位 宣 命 に 記 さ れ 、 さ ら に は そ の 後 の 即 位 ち ょ う や ぐ ん さ い 宣 命 の 模 範 的 書 式 と し て 『 朝 野 群 載 』 ( 十 二 世 紀 頃 の 成 立 と 推 定 さ れ る 、 平 安 時 代 の 詩 文 や 行 政 文 書 を 分 類 ・ 編 纂 し た も の ) に 掲 載 さ れ て 、 江 戸 時 代 に ま て 至 る の て あ る 。 こ う し た こ と か ら 、 天 智 が 定 め た 「 不 改 常 典 」 と 同 じ よ う に 称 し な が ら 、 実 体 の 異 な る 146

女帝の古代史


こ の 表 て は 九 州 ・ 福 岡 の 事 例 が 大 半 て 、 そ の 数 も 少 な い の て 確 定 的 な こ と は い い 。 、 こ い 力 い く つ か 指 摘 て き る こ と が あ る 。 ま ず 、 前 田 山 遺 跡 の 男 女 一 一 人 が 合 葬 さ れ た 事 例 だ が 、 科 学 的 な 分 析 方 法 に よ り 夫 婦 て は な く キ ョ ウ ダ イ て は な い か と 推 定 さ れ て い る 。 ま た ペ ア 配 置 に 埋 葬 さ れ た 男 女 も キ ョ ウ ダ イ て は な い か と 推 定 さ れ る 。 こ れ ら を 参 照 す る と 、 三 雲 南 小 路 遺 跡 の ペ ア も キ ョ ウ ダ イ の 可 能 性 が 高 い の て は な い か と 思 わ れ る 。 こ れ は 次 項 て 紹 介 す る が 、 古 代 日 本 に お い て 夫 婦 の 合 葬 が 確 認 て き る の は 、 ほ ば 九 世 紀 以 降 て は な い か と い う 推 定 と も 合 致 す る こ と に な る 。 し た が っ て 、 こ れ ら の 事 例 は さ き に み た 伝 承 資 料 に よ る ヒ メ ・ ヒ コ 制 と 対 応 し て い る し 」 い - ん る か 0 し れ . な い 。 次 に 、 立 岩 遺 跡 の 成 人 女 性 に は 、 前 漢 の 鏡 や 五 百 五 十 五 個 の 玉 類 な ど の 豊 富 な 副 葬 品 が と も な っ て お り 、 か な り の 地 位 に あ っ た 女 性 首 長 て は な い か と 推 定 て き る 。 ま た 、 花 浦 遺 跡 の 成 人 女 性 と 少 女 の 二 人 は 目 ( 輪 を 装 着 し て お り 、 と も に シ ャ ー マ ン ( 祭 司 ) 的 な 女 性 て あ っ た と 推 定 さ れ て い る 。 し か し 、 Z 鑑 定 の 結 果 、 こ の 二 人 に は 血 縁 関 係 が な い こ と も 明 ら か て あ る 。 以 上 よ り 、 弥 生 時 代 の 女 性 首 長 は 、 た と え 男 性 と ペ ア て 埋 葬 さ れ て い て も そ の 配 偶 者 て あ っ た 可 能 性 は 低 く 、 む し ろ キ ョ ウ ダ イ 関 係 の 場 合 が 多 か っ た と 考 え ら れ る 。 ま た 、 副 葬

女帝の古代史


皇 極 女 王 の 即 位 事 情 次 に 、 記 紀 て は 女 王 と し て 二 番 目 に 登 場 し た 皇 極 女 王 を 検 討 し て い く こ と と す る ( 次 ペ ー ジ 系 図 4 参 照 ) 。 お し さ か ひ こ ひ と の お お え の み こ ち ぬ の お お き み 皇 極 は 押 坂 彦 人 大 兄 王 子 の 孫 、 茅 渟 王 ( 彼 女 の 夫 て あ る 大 王 ・ 舒 明 の 兄 弟 ) の 子 と し て 誕 生 た か む く の お お き み あ や の み こ し た や や 傍 流 の 女 陸 王 族 て 、 は じ め は 大 王 ・ 用 明 の 孫 の 高 向 王 と の 間 に 漢 王 子 を も う け か ず ら き の み こ な か の お お え て い た 。 そ の 後 、 田 村 王 子 ( の ち の 大 王 ・ 舒 明 ) と の 間 に 葛 城 王 子 ( 中 大 兄 王 子 と も い う 。 の ち お お し あ ま の み こ の 天 智 ) 、 大 海 人 王 子 ( の ち の 天 武 ) の 兄 弟 な ど を も う け た 。 そ れ ゆ え に 、 そ の 出 自 か ら は 即 位 の 可 能 生 は ほ と ん ど な く 、 舒 明 の 大 后 の 経 験 者 ゆ え に 即 位 に 至 っ た と 考 え ら れ る 。 っ ま り 、 婚 姻 を 通 し て 夫 に な ら ぶ 形 ( 男 王 に 従 属 す る 形 ) て 即 位 し た 女 王 の 典 型 と と ら え ら れ る て は 、 そ の 即 位 に 至 る 経 緯 に 関 し て だ が 、 『 書 紀 』 は 何 も 語 ら ず 、 た だ 「 十 三 年 の 十 月 お き な が た ら し ひ ひ ろ ぬ か の す め ら み こ と か む あ が は じ め の と し に 、 息 長 足 日 広 額 天 皇 崩 り ま し ぬ 。 元 年 の 春 正 月 の 丁 巳 の 朔 辛 未 に 、 皇 后 、 即 0 4 皇 極 ( 斉 明 ) 女 王 あ ま っ 日 本 占 代 の 女 王 た ち 、 七 川 : 紀 101

女帝の古代史


う 。 し た が っ て 、 そ の 内 容 は や や 専 門 的 に な る が 、 し ば ら く は お っ き 合 い 願 い オ し さ て 、 律 と は 現 代 の 刑 法 な ど に 近 く 、 刑 罰 規 定 が 中 心 て あ る の に 対 し 、 令 と は 現 代 の 行 政 法 や 商 法 、 民 法 な ど の 一 般 的 な 法 に 近 い 内 容 て あ っ た 。 し か し 、 漢 代 あ た り ま て さ か の ぼ る と 、 律 が 基 本 法 、 令 が 追 加 法 と い う 関 係 に あ っ た 。 古 代 日 本 の 律 令 は 、 い う ま て も な く 中 国 ( 隋 ・ 唐 ) 律 令 の 圧 倒 的 な 影 響 下 に 成 立 し た も お う み り よ う の と い え る 。 ま ず 、 大 王 ・ 天 智 が 七 世 紀 の 後 半 に 近 江 令 を 編 纂 し た と 伝 え ら れ る が 、 そ の き よ み は ら 詳 細 は ほ と ん ど 不 明 て あ る 。 次 に 、 天 武 天 皇 が 浄 御 原 ( 律 ) 令 の 編 纂 を 命 じ 、 持 統 天 皇 の 時 に 施 行 さ れ た 。 こ れ は 『 書 紀 』 に も そ の 断 片 が 記 さ れ て い る の て 、 一 部 の 内 容 が わ か る 。 た だ 律 は 一 部 編 纂 さ れ た 程 度 だ ろ う 。 し か し 、 近 江 令 ・ 浄 御 原 ( 律 ) 令 と も に ま と ま っ た 形 ぞ 伝 え ら れ る も の て は な く 、 そ の 全 体 像 は 不 明 て あ る 。 た い ほ う り よ う 次 の 大 宝 令 は 大 宝 元 年 ( 七 〇 一 ) に 制 定 さ れ 、 翌 大 宝 二 年 ( 七 〇 一 l) に 施 行 さ れ た が 、 そ り よ う の し ゅ , っ げ ・ の 条 文 の 過 半 は 『 令 集 解 』 と い う 九 世 紀 半 ば に ま と め ら れ た 養 老 令 の 私 的 な 注 釈 書 か ら た 力 不 十 分 な 点 が 数 多 く あ る 。 復 元 さ れ て い る 。 ご : 、 よ う ろ う り よ う り よ う の ぎ げ よ う や く 養 老 令 ( 養 老 一 一 年 〈 七 一 八 〉 制 定 、 天 平 宝 字 元 年 〈 七 五 七 〉 施 行 ) に な り 、 『 令 義 解 』 と い う 九 世 紀 前 半 に 成 立 し た 公 式 の 注 釈 書 に よ っ て 、 か な り 完 全 に 近 い 形 て 各 条 文 が 伝 え ら れ て い る 。 193 古 代 日 本 て 、 は な せ ・ 女 帝 ( 王 ) が 輩 出 し た の か

女帝の古代史


こ と て 、 彼 も 父 ・ 舒 明 の 没 後 に そ の 当 事 者 の 一 人 と し て 名 乗 り を 上 げ た わ け て あ っ た 。 て は 、 ど の よ う に 理 解 す れ ば よ い の か 。 そ の 前 に 、 彼 は そ の 母 ・ 斉 明 が 亡 く な っ た あ と 七 年 に わ た っ て 「 称 制 」 ( 仮 の 即 位 ) を 続 け 、 正 式 に 即 位 し な か っ た こ と に 着 眼 し た こ の 時 点 に お い て も 、 彼 の ラ イ ヾ ル と な る よ う な 王 位 継 承 候 補 者 は あ り え な か っ た 。 す る と 、 彼 が 即 位 す る こ と に つ い て は 、 か な り 大 き な 障 害 が あ っ た と 考 え ね ば な ら な い 。 し か も そ れ は 外 的 要 因 て は な く 、 彼 自 身 に 属 す る こ と だ っ た の て は よ 、 、 。 オ し 力 す な わ ち 、 彼 の 即 位 の 障 害 と は 、 『 書 紀 』 に 明 記 さ れ て い る こ と か ら わ か る よ う に 、 大 王 臨 席 の 下 に 行 わ れ た 外 交 儀 礼 の 場 に お い て 、 彼 が 蘇 我 入 鹿 を 殺 害 し た 実 行 犯 の 一 人 て あ り 、 そ の 事 実 が 王 権 を 担 う 群 臣 た ち に も 広 く 知 れ 護 っ て い た こ と て は な い だ ろ う か 六 、 七 世 紀 代 の 争 乱 の な か ぞ 、 た と え ば 崇 峻 暗 殺 事 件 て は 蘇 我 馬 子 は 直 接 手 を 下 さ ず 、 や ま と の あ や の あ た い こ ま そ の 配 下 の 東 漢 直 駒 ら に 殺 害 さ せ て い る 。 上 宮 王 家 滅 亡 事 件 て も 蘇 我 入 鹿 自 ら が 山 背 大 兄 王 子 ら の 探 索 に 出 か け よ う と す る の を 古 人 大 兄 に 押 し 止 め ら れ 、 そ の 配 下 の 部 将 ら が 山 背 大 兄 王 子 ら を 追 い つ め 自 害 さ せ て い る 。 後 年 に 起 こ っ た 古 代 最 大 の 争 乱 て あ る 壬 中 の 乱 に お い て も 、 天 武 は 自 ら の 手 て 大 友 王 子 を 殺 し た の て は な い こ れ ら の 事 例 よ り 類 推 す る と 、 国 家 の 統 治 に 携 わ る 為 政 者 た る も の ( と く に そ の 頂 点 に 立 つ 大 王 た る も の ) は 、 政 、 冫 に 対 立 す る 相 手 を た と え 実 力 ぞ 倒 す 場 合 て も 、 自 ら は 直 接 手 を 下 し て は な ら な い 、 日 本 古 代 の 女 王 た ち 、 七 世 紀 113