検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢から 370件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


ま た 、 柏 木 の 巻 、 薫 の 誕 生 五 十 日 の 祝 宴 の 席 上 、 幼 児 を 腕 に 抱 き 取 っ た 源 氏 が も ら す 感 慨 「 静 か に 思 ひ て な げ 嗟 く に 堪 へ た り 」 も 、 『 白 氏 文 集 』 巻 五 十 八 、 自 嘲 の 一 節 、 な げ 五 十 八 翁 方 ニ 後 有 リ 静 カ ニ 思 ヒ テ 喜 プ ニ 堪 へ 亦 嗟 ク ニ 堪 へ タ リ を 引 い た も の で あ る 。 し か し 原 詩 の 「 喜 プ ニ 堪 へ 、 亦 」 の 文 字 が 物 語 に は な い 。 コ キ ュ の 屈 辱 に 耐 え て 、 他 人 の 子 を わ が 子 と し て 胸 に 抱 き 取 ら ね ば な ら ぬ 、 源 氏 の 重 く 暗 い 胸 中 を 表 す に は 、 そ の 文 字 は あ っ て は な ら ぬ の だ 。 こ れ も 単 な る 節 略 で は な い 。 む し ろ 改 変 に 近 い わ ざ で あ ろ う 。 き ん と う へ ん さ ん 古 注 家 に よ れ ば 、 当 時 『 和 漢 朗 詠 集 』 の ご と き 編 纂 物 で す ら 、 編 者 藤 原 公 任 の 好 み に よ っ て 原 詩 に 修 正 を 加 え る 場 合 が あ っ た と い う 。 も し そ う な ら ば 、 漢 詩 を 物 語 中 に 引 用 す る 場 合 、 『 河 海 抄 』 の い う 「 当 座 の 景 気 」 に よ っ て 、 こ う し た 改 作 ・ 修 正 を 加 え る こ と は 、 な お さ ら 容 易 で あ っ た で あ ろ う 。 漢 詩 ・ 漢 文 は 、 「 御 文 」 な ど と 呼 ば れ て 、 当 時 、 和 歌 や 和 文 よ り も は る か に 社 会 的 権 威 の 高 い も の で あ っ た 。 そ れ す ら 、 こ う し た 取 扱 い を 受 け た と す れ ば 、 和 歌 が 、 か な り 自 由 に 修 正 ・ 改 変 を 受 け た こ と は 想 像 し や す い 。 引 歌 ・ 引 詩 を 用 語 の 形 か ら 探 り 出 す 場 合 、 そ の 根 拠 を ど こ に 求 め る か 、 判 断 に 苦 し む こ と が 多 い の も 無 理 か ら ぬ こ と な の で あ る 。 原 詩 歌 の 修 正 ・ 改 変 は 、 原 詩 歌 の 側 か ら 見 れ ば 、 あ た か も 不 当 な 侵 害 か の よ う に 今 日 受 け 取 ら れ や す い 論 評 し か し 物 語 作 者 の 目 的 と す る と こ ろ は 、 も と も と そ れ ら の 忠 実 な 引 用 そ の も の に あ っ た わ け で は さ ら さ ら な 巻 。 そ れ は 表 現 効 果 を 高 め る た め の 手 段 に す ぎ な い の だ か ら 、 そ の 目 的 の た め に 原 詩 歌 は あ る 程 度 自 由 に 改 変 さ れ る の も ま た 当 然 に す ぎ な い 。 む し ろ 巧 妙 な 暗 示 や 小 修 正 の 中 に 、 作 者 は 自 身 の 力 量 を 誇 示 し よ う と し た と も い え る の で あ る 。 ま さ か お る か

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


名 な 一 句 、 そ ば だ 遺 愛 寺 ノ 鐘 ハ 枕 ヲ 欹 テ テ 聴 ク 香 炉 峯 ノ 雪 ハ 簾 ヲ 撥 ゲ テ 看 ル 語 に 拠 っ た も の で あ り 、 「 涙 落 っ と も 」 云 々 は 、 物 独 り 寝 の 床 に た ま れ る 涙 に は 石 の 枕 も 浮 き ぬ べ ら な り ( 『 古 今 六 帖 』 五 柿 本 人 麿 ) 氏 源 涙 川 水 ま さ れ ば や し き た へ の 枕 の 浮 き て 止 ま ら ざ る ら む ( 『 拾 遺 和 歌 集 』 雑 恋 読 人 し ら ず ) な ど が 本 歌 と さ れ て い る 。 し か し 、 こ こ で は ち ょ っ と 問 題 が あ る 。 一 は 、 「 枕 を そ ば だ て て 」 の 句 は 、 は た し て 『 白 氏 文 集 』 の 原 詩 を 直 接 念 頭 に 置 い て 作 者 は 筆 を 執 っ た の か ど う か で あ る 。 と い う の は 、 「 欹 枕 の 句 は 、 次 の よ う に 、 そ れ 以 前 の 日 本 人 の 作 っ た 漢 詩 中 に 少 な か ら ぬ 用 例 が 見 え る か ら で あ る 。 欹 枕 唯 聞 古 戍 難 ( 『 文 華 秀 麗 集 』 上 、 嵯 峨 天 皇 「 江 頭 春 暁 ー 第 二 句 ) 欹 枕 山 風 空 蕾 殺 ( 『 経 国 集 』 十 三 、 嵯 峨 天 皇 「 山 居 驟 筆 」 第 三 句 ) 欹 枕 思 量 帰 去 日 ( 『 菅 家 後 集 』 、 「 聞 旅 雁 」 第 三 句 ) 欹 枕 長 吟 招 隠 文 ( 『 扶 桑 集 』 、 橘 在 列 「 重 賦 雲 字 其 四 」 第 四 句 ) 欹 枕 還 忘 玉 漏 闌 ( 『 扶 桑 集 』 、 橘 在 列 「 蛬 声 入 夜 催 」 第 二 句 ) 『 白 氏 文 集 』 の 本 邦 渡 来 は 早 く 嵯 峨 朝 の こ と だ と い う 。 『 経 国 集 』 に 見 え る 二 首 の 聖 作 も 、 白 氏 の 模 倣 で あ る 可 能 性 が あ り 、 以 下 菅 原 道 真 も 橘 在 列 も ま た 然 り で あ ろ う 。 紫 式 部 も 白 氏 の 原 詩 を 念 頭 に し て い た と い っ そ ば だ て 、 も ち ろ ん 差 支 え は な い だ ろ う 。 が 、 そ れ と 共 に 、 こ の 時 代 に は 「 枕 を 欹 て て 」 の 語 は 、 こ う し て 王 朝 詩 壇 の 常 套 語 と 化 し て い た こ と に も 留 意 す る 必 要 が あ る 。 次 に 続 く 「 四 方 の 嵐 を 聞 き た ま ふ に 」 と 合 せ れ ば 、 か か

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


み ぶ の た だ み 承 性 の 濃 い 歌 で あ っ た ら し い 。 物 語 で は 、 源 氏 へ の 執 着 を 型 表 現 。 壬 生 忠 見 の 「 秋 風 の 関 吹 き 越 ゆ る た び ご と に 声 う お ば ろ づ き ょ す ぎ く い ん 断 ち 切 れ な い 朧 月 夜 へ の 、 朱 雀 院 の い や み な 恨 み 言 と し て ち 添 ふ る 須 磨 の 浦 波 」 ( 新 古 今 ・ 雑 中 ・ 一 堯 七 ) も そ の 典 型 。 物 引 か れ て い る 。 語 で は 、 前 項 の 「 心 づ く し の 秋 風 」 か ら 導 か れ て い よ う 。 ・ ・ 8 木 の 間 よ り も り く る 月 の 影 見 れ ば 、 い づ く し の 秋 そ し て 、 歌 の 「 浦 風 」 を 「 浦 波 」 と 転 ず る と こ ろ か ら 、 縁 - は 来 、 に け ・ り ・ . ( 古 今 ・ 秋 上 ・ 一 会 読 人 し ら ず ) 語 ・ 掛 詞 の 「 波 ↓ 寄 る 寄 る ↓ 夜 々 」 の 機 知 を 介 し て 、 『 白 木 の 間 か ら 漏 れ て く る 月 の 光 を 眺 め て い る と 、 人 の 心 を う ち 氏 文 集 』 の 詩 に よ る 「 枕 を そ ば だ て て : ・ 」 へ と 連 な っ て い 砕 く 秋 が き て し ま っ た の に 気 づ い た 。 く 。 な お こ こ で も 、 「 行 平 の 中 納 言 の 」 と 作 者 名 を 提 示 す 前 出 ( ↓ タ 顔 田 四 四 六 ハ ー 上 段 ) 。 枝 葉 の 隙 間 か ら 漏 れ る 月 光 る こ と が 、 源 氏 の 流 離 の 現 実 的 な 一 面 を 強 く 印 象 づ け る こ の 、 微 妙 な 変 化 に 秋 の 到 来 を 感 じ 取 っ た 歌 。 そ の 秋 を 悲 哀 と に な る 。 ↓ 三 五 二 ハ ー 下 段 。 の 季 節 と 捉 え る の は 、 平 安 朝 初 頭 の 漢 詩 以 来 の 発 想 で 、 ・ 独 り 寝 の 床 に た ま れ る 涙 に は 石 の 枕 も 浮 き ぬ べ ら な り 『 古 今 集 』 時 代 の 和 歌 の 斬 新 な 表 現 で あ っ た 。 物 語 で は 、 ( 古 今 六 帖 ・ 第 五 「 枕 」 ) た だ で さ え 秋 は 人 の 心 を 砕 い て 悲 し い の に 、 ま し て 流 離 の 独 り 寝 の 床 に た ま っ て い る 涙 で は 、 重 た い 石 の 枕 も 浮 い て し ま い そ う で あ る 。 地 の 須 磨 で は 「 ま た な く あ は れ な る も の 」 で あ る と す る 。 古 来 名 文 の 誉 れ 高 い こ の あ た り の 文 章 は 、 引 用 詩 歌 の こ と 重 い 石 の 枕 を も 押 し 流 し て し ま い そ う な 、 あ ふ れ る 涙 を い て ん て ん ば か ら 次 の こ と ば が 導 か れ る と い う よ う に 連 鎖 輾 転 し 、 哀 う 。 同 類 の 歌 に 「 涙 川 水 ま さ れ ば や し き た へ の 枕 の 浮 き て 切 な 心 情 の 脈 絡 を 形 成 し て い る 。 こ の 歌 の 、 到 来 し た 秋 の 止 ま ら ざ る ら む 」 ( 拾 遺 ・ 雑 恋 ・ 一 = 夭 読 人 し ら ず ) 。 物 語 で は 、 涼 風 を 介 し て 、 次 に 、 在 原 行 平 の 「 関 吹 き 越 ゆ る ・ : 」 が 想 先 立 っ 『 白 氏 文 集 』 の 詩 に よ る 「 枕 を そ ば だ て て : ・ ー か ら 、 覧 起 さ れ て く る 。 こ の 枕 の 歌 に 連 な る 。 し か し そ の 枕 は 、 漢 詩 と は 異 な り 、 た も と ・ ・ 9 旅 人 は 袂 涼 し く な り に け り 関 吹 き 越 ゆ る 須 磨 の 独 り 寝 の 孤 独 な 恋 の 悲 し み を 象 徴 す る 。 「 心 づ く し の 秋 風 」 歌 浦 風 ( 続 古 今 ・ 羇 旅 ・ 八 七 六 在 原 行 平 ) 以 下 、 こ こ ま で の 数 多 い 詩 歌 が 多 様 な 心 情 の 脈 絡 を 形 成 し 旅 人 は 袂 が 涼 し く 感 じ ら れ る よ う に な っ て し ま う の だ っ た 。 な が ら 、 さ ら に 源 氏 の 「 恋 ひ わ び て : ・ 」 の 歌 へ と 受 け 継 が 関 を 越 し て 吹 い て く る 須 磨 の 浦 風 に : れ て い く 。 た ま も 須 磨 の 関 を 秋 風 が 吹 き 越 え る 趣 は 、 後 世 も よ く 詠 ま れ た 類 ・ 釀 ・ 1 浪 立 た ば 沖 の 玉 藻 も 寄 り く べ く 思 ふ 方 よ り 風 は こ

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


ら れ る こ と が 多 い 。 こ の 記 述 は ど う み て も 不 自 然 な の で あ る 。 そ の 種 は 漢 詩 の 世 界 に あ る 。 当 時 、 人 々 の 愛 誦 し た 漢 詩 の 中 に は 、 語 北 斗 ノ 星 ノ 前 ニ 旅 雁 ヲ 横 タ へ 南 楼 ノ 月 ノ 下 ニ 寒 衣 ヲ 擣 ッ ( 『 和 漢 朗 詠 集 』 秋 、 擣 衣 、 劉 元 叔 ) 物 月 ハ 新 霜 ノ 色 ヲ 帯 ビ 碪 ハ 遠 雁 ノ 声 ニ 和 ス ( 『 白 氏 文 集 』 巻 六 十 六 、 酬 夢 得 霜 夜 対 月 見 懐 ) 氏 源 な ど と い っ た ふ う の も の が あ り 、 雁 と 月 と 砧 の 音 と は 三 題 一 セ ッ ト の 常 套 的 詩 材 で あ っ た 。 今 宵 八 月 十 五 日 の 暁 、 雁 の 声 と と も に 砧 の 音 も ぜ ひ と も 聞 え て こ な け れ ば な ら な い の で あ る 。 そ の た め に こ う し た 不 自 然 に 近 い 情 景 描 写 が 起 き た の で あ ろ う 。 た っ き ょ 須 磨 の 巻 の 、 冬 の 源 氏 の 謫 居 の 描 写 に お ま し 月 い と 明 か う さ し 入 り て 、 は か な き 旅 の 御 座 所 は 奥 ま で 隈 な し 。 床 の 上 に 、 夜 深 き 空 も 見 ゅ 。 と あ る が 、 末 尾 の 「 床 の 上 に 」 云 々 に 典 拠 が あ っ て 、 こ れ も 『 和 漢 朗 詠 集 』 下 、 三 善 善 宗 「 故 宮 付 破 宅 」 に 、 。 も と な ん な ほ と り 暁 ニ 垂 ン ト シ テ 簾 ノ 頭 ニ 白 露 ヲ 生 ズ 終 宵 床 ノ 底 ニ 青 天 ヲ 見 ル を 用 い た の で あ る 。 原 詩 は 、 あ ば ら 屋 を 詠 ん で 、 「 屋 根 も 壊 れ て 、 床 の 上 に 坐 し た ま ま 夜 空 が 見 え る 」 の 意 。 源 氏 の 須 磨 の 謫 居 は 、 そ れ な り に 風 流 な 造 り で 、 彼 も け っ こ う 気 に 入 っ て い る よ う で あ り 、 そ の う え に 近 在 の 庄 園 の 役 人 に 命 じ て 手 を 入 れ さ せ て い る 。 床 の 上 か ら 夜 空 が 見 え る は ず が な い 。 作 者 は こ の 「 破 宅 」 の 詩 を 引 き た い ば か り に 、 無 理 を し た の で あ る 。 引 歌 ・ 引 詩 が 頻 用 さ れ て 、 節 度 を 失 う と 、 読 者 は 、 そ れ ら が 次 々 と 喚 起 す る 雑 多 な イ メ ー ジ へ の 対 応 に 忙 殺 さ れ 、 文 章 全 体 と し て の 詩 情 を ゆ っ く り と 味 わ う ゆ と り を 失 っ て し ま う 。 ま た そ れ ら の イ メ ー ジ の 中 に は 、 右 の 例 の よ う に 、 全 体 の 統 一 性 を 乱 す も の も 出 て く る わ け で 、 古 歌 や 故 事 を ち り ば め て 一 見 華 麗 に 見 え る け き ぬ た ゆ か

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


八 重 立 っ 山 は 、 さ ら に 島 が く れ に も 劣 ら ざ り け る を 、 松 も 昔 の 、 と た ど ら れ つ る に 、 忘 れ ぬ 人 も も の し た ま ひ け る に 頼 も し 。 ( 松 風 ) 語 こ う 一 息 に し ゃ べ ら れ て は 、 相 手 と し て も 本 歌 を 思 い 浮 べ て 、 言 葉 の 意 を 汲 む ゆ と り は あ る ま い 。 女 房 の 物 ほ う は 、 田 舎 女 と さ げ す ま れ た く な い 一 心 で 、 古 歌 の 知 識 を ひ け ら か し た の に ち が い な い が 、 こ れ で は か え 氏 源 っ て 程 を わ き ま え ぬ 野 鄙 の 言 動 と ば か に さ れ る だ ろ う 。 最 後 に 、 引 歌 に 際 し て の 意 識 的 な 変 形 ・ 修 正 に つ い て 触 れ て お く 。 紅 葉 賀 の 巻 の 引 歌 「 み る め に あ く 」 が 本 歌 の 「 み る め に 人 を あ く 」 の 縮 約 形 で あ る こ と は 前 に 述 べ た が 、 そ れ は 意 味 に 変 り の な い 単 純 な 簡 約 に す ぎ な い 。 そ う い う も の の は か に 、 引 歌 が 物 語 本 文 に ス ム ー ズ に と け こ む た め に 、 し ば し ば 本 歌 ・ 本 詩 の 形 に 変 形 ・ 修 正 を 加 え ら れ る こ と が あ る 。 こ こ で は 、 引 詩 に つ い て 例 を 挙 げ よ う 。 か し わ ぎ 柏 木 の 巻 末 に 、 タ 霧 が 柏 木 の 死 を 悼 ん で 口 ず さ む 詩 句 に 、 「 右 将 軍 が 塚 に 草 初 め て 青 し 」 が あ る 。 あ り ま さ か か い し よ う こ れ は 『 河 海 抄 』 に よ れ ば 、 若 年 で 死 ん だ 藤 原 保 忠 を 悼 む 紀 在 昌 の 詩 で 、 『 本 朝 秀 句 』 ( 現 在 散 佚 ) 所 出 の く み し め い し よ う 一 句 「 天 善 人 ニ 与 ス ト 、 吾 ハ 信 ゼ ズ 。 右 将 軍 ノ 塚 ニ 草 初 メ テ 秋 ナ リ ー を 引 い た も の だ と い う ( 『 紫 明 抄 』 で は 、 あ り み 作 者 を 菅 原 在 躬 と す る ) 。 そ の 意 味 は 、 「 あ ん な に 善 人 で あ っ た 保 忠 が 早 死 に し て 、 そ の 墓 は 初 秋 を 迎 え た 。 天 は 善 人 に 味 方 す る と い う が 、 私 に は 信 じ る こ と が で き な い 」 で あ る 。 問 題 な の は 、 そ の 末 尾 に 、 原 詩 で は 「 秋 」 な の が 、 物 語 本 文 は 「 青 」 と 変 っ て い る こ と だ 。 『 紫 明 抄 』 は 、 長 文 の 注 を 施 し て 、 こ れ は 物 語 の 季 節 が 初 夏 な の に 合 せ た 作 者 の 改 変 だ と い っ て い る 。 つ か

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


を 、 一 方 で は 「 見 る 」 こ と に 感 動 し つ つ 、 ま た 一 方 で は い ず れ に よ っ た か 限 定 し が た い 。 な ご り そ で 「 隔 て つ る 年 月 」 の 恋 し か っ た 思 い を 顧 み る 。 ・ Ⅱ い た づ ら に 立 ち 返 り に し 白 波 の 名 残 に 袖 の ひ る ひ る と き も な し ・ 的 ・ 8 か ぞ い ろ は あ は れ と 見 ず や 蛭 の 子 は 三 年 に な り ( 後 撰 ・ 恋 四 人 八 五 藤 原 朝 忠 ) ぬ 足 立 た ず し て ( 日 本 紀 竟 宴 和 歌 大 江 朝 綱 ) む だ に 立 ち 寄 っ て 帰 っ た 後 は 、 寄 せ て は 返 す 白 波 が 引 い た 後 両 親 は か わ い そ う と 思 わ な か っ た の か 。 こ の 蛭 の 子 は 三 歳 に の よ う に 、 涙 に 濡 れ た 袖 の 乾 く 時 も な い 。 な っ て も 足 が 立 た な い の で あ る 。 詞 書 に よ れ ば 、 訪 ね た 相 手 が 留 守 だ っ た の で 、 翌 朝 送 り 届 蛭 の 子 の 故 事 ( ↓ 九 九 ハ ー 注 一 0 に よ る 歌 。 『 日 本 紀 竟 宴 和 歌 』 け た 歌 と い う 。 「 立 ち 返 り 」 「 波 」 「 名 残 」 が 縁 語 。 物 語 で は 、 『 日 本 書 紀 』 講 読 後 の 宴 席 で 、 そ の 故 事 を 詠 ん だ 歌 。 は 、 源 氏 の 五 節 の 君 へ の 贈 歌 に 、 恋 の 恨 み と し て ふ ま え ら 十 世 紀 半 ば ま で 公 式 に 行 わ れ た 。 物 語 で は 、 源 氏 の 流 離 生 れ て い る 。 活 が 三 年 に わ た る 点 で も 、 こ の 故 事 と 共 通 性 が あ る と し て 、 源 氏 の わ が 流 離 を 恨 む 「 わ た っ 海 に : ・ 」 の 歌 に 引 か れ た 。 お ほ の や ま お き そ ・ 燗 ・ 6 大 野 山 霧 立 ち わ た る わ が 嘆 く 息 嘯 の 風 に 霧 立 ち 、 ー 人 1 君 が 代 は 天 の 羽 衣 ま れ に き て 撫 づ と も 尽 き ぬ わ た る ( 万 葉 ・ 巻 五 ・ 七 究 山 上 憶 良 ) な る ら む ( 拾 遺 ・ 賀 ・ 一 一 究 読 人 し ら ず ) い ぶ き ま れ あ ま く だ 大 野 山 に 一 面 霧 が 立 ち こ め て い る 。 私 の 嘆 く 息 吹 の 風 で 一 面 君 が 代 は 、 天 女 が 羽 衣 を 着 て 稀 に 天 降 り 、 そ の 度 ご と に 羽 衣 霧 が 立 ち こ め て い る 。 で 撫 で る こ と を 繰 り 返 し て も 決 し て 尽 き る こ と の な い 、 巨 大 な 巌 の よ う な も の で あ ろ う 。 「 大 野 山 」 は 福 岡 県 筑 紫 郡 大 野 町 に あ る 山 。 太 宰 府 の 北 方 こ ほ ん ば ん か ば さ っ ト ` - つ ら く に 位 置 す る 。 こ れ は 「 印 本 挽 歌 」 ( 日 本 語 で 作 っ た 挽 歌 の 意 で 、 『 菩 薩 瓔 珞 本 業 経 』 に よ れ ば 、 一 里 二 里 な い し 四 十 里 立 方 だ 、 い の そ ち 覧 漢 詩 文 に 対 す る 称 ) の 反 歌 の 一 首 。 大 宰 帥 大 伴 旅 人 の 妻 の 死 の 巨 岩 が 、 三 年 に 一 度 天 降 っ た 天 女 に 羽 衣 で 撫 で ら れ 、 繰 一 を 悼 ん だ 歌 と す る 説 が 有 力 。 『 万 葉 集 』 に は 、 嘆 き が 霧 と り 返 さ れ る う ち に 撫 で 尽 さ れ る 時 が く る 。 そ の 時 間 を 一 な っ て 立 っ と す る 発 想 が 少 な く な く 、 「 君 が 行 く 海 辺 の 宿 劫 と い う 。 こ の 仏 説 に よ り な が ら 、 「 君 が 代 」 の 永 遠 の 繁 に 霧 立 た ば 吾 が 立 ち 嘆 く 息 と 知 ら ま せ 」 ( 巻 十 五 ・ 三 夭 0 ) も 、 栄 を 祈 願 す る 歌 で あ る 。 「 き て 」 は 、 「 着 て 」 「 来 て 」 の 掛 そ の 例 ( 他 に 、 巻 十 五 ・ 一 = ~ な ど ) 。 物 語 で は 、 源 氏 の 五 詞 。 物 語 で は 、 源 氏 の 明 石 の 君 へ の 贈 歌 と し て 、 姫 君 出 生 00 せ ち 節 の 君 へ の 歌 に こ の 発 想 が ふ ま え ら れ て い る が 、 右 二 首 の を 喜 び 、 そ の 長 久 繁 栄 を 祈 る 歌 と な っ て い る 。 ・ 一 う あ ま 、 、 は ろ も な

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


る は 悲 し き 」 と ふ ま え ら れ て い る が 、 こ れ は 桐 壺 院 と の 死 の か っ 返 る : ・ 」 か ら 、 こ の 歌 が 想 起 さ れ 、 さ ら に こ の 歌 の か す み 別 、 源 氏 と の 生 き 別 れ 、 の 対 照 で あ る 。 「 過 ぎ ゅ く 方 」 か ら 「 来 し 方 の 山 は 霞 は る か に て 」 が 導 か ほ か ・ ・ 光 な き 谷 に は 春 も よ そ な れ ば 咲 き て と く 散 る 物 れ 、 漢 詩 に よ る 「 ま こ と に 三 千 里 の 外 の : ・ 」 に 連 な っ て い き ょ は ら の ふ か や ぶ 語 ( 古 今 ・ 雑 下 ・ 九 六 七 清 原 深 養 父 ) 思 ひ も な し く 。 こ の あ た り 、 流 離 漂 泊 を 詠 嘆 す る 古 来 の 詩 歌 に よ っ て 、 物 氏 日 の 光 の 当 ら な い こ の 谷 で は 、 春 な ど 他 人 事 で し か な い の で 、 流 離 の 人 と し て の 源 氏 像 を 形 象 し て い る が 、 そ の 文 章 が 詩 源 花 が 咲 い て は す ぐ に 散 っ て し ま う の を 気 づ か う 物 思 い も な い 歌 の こ と ば か ら こ と ば へ と 連 鎖 し な が ら 展 開 す る 点 に 注 意 の で あ る 。 し た い 。 詞 書 に よ れ ば 、 栄 え て い た 人 が 急 に 衰 え た の を 見 て 、 悲 嘆 ・ 引 ・ 2 わ が 上 に 露 そ 置 く な る 天 の 川 門 渡 る 舟 の 櫂 の し も 歓 喜 も な い 人 生 を 生 き て い る 自 分 の 心 を 詠 ん だ と い う 。 づ く か ( 伊 勢 物 語 ・ 五 十 九 段 ) か わ と 物 語 の 命 婦 の 歌 の 上 句 「 咲 き て と く 散 る は う け れ ど 」 あ た 私 の 体 の 上 に 露 が 置 く よ う だ 。 こ れ は 、 天 の 川 の 川 門 を 渡 る 舟 の 櫂 の し ず く だ ろ う か 。 り に 、 こ の 歌 の 投 影 が あ ろ う か か た い と ど し く 過 ぎ ゅ く 方 の 恋 し き に う ら や ま し く 「 門 」 は 川 門 ( 川 の 狭 く な っ た 所 で 、 舟 の 渡 し 場 ) 。 こ の 「 舟 」 ( 伊 勢 物 語 ・ 七 段 ) も か へ る 浪 か な は 、 七 夕 の 夜 、 彦 星 が 乗 る 舟 。 『 古 今 集 』 ( 雑 上 人 六 三 ) に も 過 ぎ 去 っ て 行 く 方 の こ と が い よ い よ 恋 し く 思 わ れ る の に 、 う 載 る が 、 題 し ら ず 、 読 人 し ら ず 。 『 伊 勢 物 語 』 で は 、 絶 命 ら や ま し く も 、 波 は 寄 せ て は 必 ず 返 っ て い く の で あ る 。 寸 前 の 男 が 顔 に 水 を か け ら れ て 蘇 生 し 、 詠 ん だ 歌 。 物 語 で 「 過 ぎ ゅ く 方 」 は 、 遠 の く 都 を さ す が 、 過 往 の 日 々 の 意 も は 、 海 路 を 行 く と こ ろ か ら 、 こ の 歌 の 「 櫂 の し づ く 」 が 想 こ め ら れ て い る 。 『 伊 勢 物 語 』 の 、 い わ ゆ る 東 下 り の 一 段 。 起 さ れ る ら し い が 、 こ こ で は 涙 を 見 立 て た 表 現 。 あ る い は 、 か い し ゃ 伊 勢 ・ 尾 張 の 国 境 の 海 浜 で の 歌 と す る 。 人 口 に 膾 炙 さ れ た こ れ に 先 立 つ 「 ま こ と に 三 千 里 の 外 の : ・ 」 に ふ ま え ら れ て 歌 ら し く 、 物 語 に も 「 さ る 世 の 古 事 な れ ど 」 と し な が ら 、 い る 『 白 氏 文 集 』 の 「 冷 枕 単 牀 一 病 身 ナ ラ ム 」 か ら 、 『 伊 源 氏 が こ れ を 口 ず さ む 。 し か し 供 人 た ち が 「 め づ ら し う 聞 勢 物 語 』 の 瀕 死 の 男 の 話 が 想 起 さ れ た の か も し れ な い 。 そ き な さ れ 、 悲 し と の み 」 思 う の は 、 源 氏 の 流 離 が 、 伝 承 な の 男 も 、 都 を 逃 れ て 東 山 に 隠 棲 し よ う と す る 人 物 で あ る 。 も し ほ ら ざ る 現 実 だ か ら で あ る 。 こ れ に 先 立 っ 源 氏 の 「 唐 国 に ・ 引 ・ わ く ら ば に 問 ふ 人 あ ら ば 須 磨 の 浦 に 藻 塩 た れ つ ゅ な ぎ さ ( 古 今 ・ 雑 下 ・ 突 一 一 在 原 行 平 ) : ・ 」 の 歌 の 「 行 く 方 し ら れ ぬ 」 や 、 地 の 文 の 「 渚 に 寄 る 波 つ わ ぶ と 答 へ よ へ ふ る ご と か た

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


235 須 磨 う わ さ の だ か ら 、 た と え 噂 が 立 っ て 罪 を こ う む っ た と こ ろ で 、 か を 持 参 す る の を 、 御 前 に お 呼 び 出 し に な っ て ご ら ん に な る 。 ま い は し な い と い う 気 に お な り に な っ て 、 に わ か に 須 磨 ま 浦 で 長 い 年 月 暮 し て い る 様 子 な ど を 尋 ね さ せ な さ る と 、 で 訪 ね て ま い ら れ る 。 源 氏 の 君 の お 顔 を 一 目 見 る や 、 久 方 ろ い ろ と 苦 労 の 多 い 身 の 上 の つ ら さ を 申 し あ げ る 。 何 や ら ぶ り の 懐 か し さ 、 ま た 会 え た う れ し さ に 、 悲 喜 を 分 た ぬ 一 分 ら ぬ こ と を と り と め も な く し ゃ べ っ て い る が 、 そ れ に つ っ 涙 が こ ば れ る の で あ っ た 。 け て も 、 心 の 向 う と こ ろ は 同 じ こ と 、 ど う し て 違 い が あ る 君 の お 住 い の ご 様 子 は 、 言 い よ う も な い ほ ど の 異 国 の 風 だ ろ う と 、 し み じ み と 哀 れ 深 く ご ら ん に な る 。 お 召 物 な ど を 賜 っ て 肩 に か け さ せ て お や り に な る の を 、 海 人 た ち は 、 情 で あ る 。 所 の 有 様 が 絵 に で も 描 い た か の よ う で あ る う え 生 き て か い あ る 光 栄 と 思 っ て い る 。 御 馬 を 御 前 近 く に 何 頭 に 、 竹 を 編 ん だ 垣 を め ぐ ら し て 、 石 の 階 段 や 松 の 柱 な ど 、 や ま が っ か り そ め な が ら も 珍 し く 風 趣 が あ る 。 源 氏 の 君 は 、 山 賤 め も 立 た せ て 、 倉 か 何 か と 見 や ら れ る 所 に あ る 稲 わ ら を 取 り ゆ る し い ろ あ お に び か り ぎ め さ し め き 出 し て 食 べ さ せ て い る の な ど を 、 珍 し く ご ら ん に な る 。 い て 黄 色 の 勝 っ た 聴 色 の 薄 紅 の 下 着 に 青 鈍 の 狩 衣 、 指 貫 と あ す か い う た い う 質 素 な 身 な り を し て 、 わ ざ と 田 舎 ふ う に よ そ お っ て い 「 飛 鳥 井 」 を 少 し お 謡 い に な っ て 、 幾 月 の 積 る お 話 を 、 泣 ら っ し や る の が か え っ て す ば ら し く 、 見 る か ら に ほ ほ え ま い た り 笑 っ た り し な が ら 、 中 将 が 、 「 若 君 が 世 の 中 の 有 様 ず に は い ら れ な い く ら い に お 美 し く て い ら っ し や る 。 お 手 を な ん と お 思 い に な る で も な く お 過 し で い ら っ し や る 悲 し さ を 、 大 臣 が 明 け て も 暮 れ て も お 嘆 き で い ら っ し ゃ い ま も と で お 使 い に な っ て い る 調 度 の 品 々 も 、 ほ ん の 当 座 の 間 お ま し ど こ ろ に 合 せ に 用 意 し た も の で 、 御 座 所 も 、 外 か ら は ま る 見 え に す 」 な ど と お 話 し に な る の で 、 君 は こ ら え き れ ぬ お 気 持 で だ き す 」 ろ く 、 ら っ し や る 。 こ こ に は 書 き 尽 す こ と も で き そ , つ に も な い の そ き こ ま れ る 。 碁 や 双 六 の 盤 、 調 度 品 、 弾 棊 の 道 具 な ど の で 、 な ま じ そ の 一 端 を そ の ま ま 伝 え る こ と も で き は し な も 田 舎 作 り に し て あ っ て 、 お 念 仏 の 道 具 が あ る の は お 勤 め に 精 を 出 し て い ら っ し や っ た の だ と 見 受 け ら れ た 。 お 召 し 夜 通 し お や す み に も な ら ず に 漢 詩 を 作 っ て 明 か さ れ る 。 あ が り も の な ど も こ と さ ら 気 を つ け て 、 所 に ふ さ わ し く 風 中 将 は 、 そ う は い っ て も 世 間 の 噂 に 気 を つ か っ て 、 急 い で 趣 を 盛 っ て 料 理 さ れ て あ る 。 海 人 た ち が 漁 を し て 、 貝 の 類 お 帰 り に な る が 、 ま っ た く か え っ て つ ら さ が 加 わ る と い う か き

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


は ば か 一 帝 の 源 氏 へ の 親 愛 感 に 注 意 。 都 に は 、 月 日 過 ぐ る ま ま に 、 帝 を は じ め た て ま つ り て 、 恋 6 〔 を 弘 徽 殿 の 意 向 を 憚 一 一 東 宮 の 源 氏 思 慕 。 ↓ 二 八 ハ ー 。 と う ぐ 、 つ る 人 々 と ニ 条 院 の 状 況 三 出 生 の 秘 密 の 露 顕 か ら 東 宮 の ひ き こ ゆ る を り ふ し 多 か り 。 春 宮 は ま し て 常 に 思 し 出 で つ 語 存 立 が 危 ぶ ま れ る 。 ↓ 三 四 ハ ー 。 め の と み や う ぶ 物 っ 忍 び て 泣 き た ま ふ を 、 見 た て ま つ る 御 乳 母 、 ま し て 命 婦 の 君 は い み じ う あ は 四 朱 雀 帝 ・ 帥 の 宮 ( 蛍 兵 部 卿 宮 ) 氏 ・ 承 香 殿 女 御 腹 第 四 皇 子 な ど 。 源 五 源 氏 に 対 し て 。 れ に 見 た て ま つ る 。 六 こ の 「 と ぶ ら ふ 」 は 便 り す る 意 。 入 道 の 宮 は 、 春 宮 の 御 事 を ゆ ゅ し う の み 思 し し に 、 大 将 も か く さ す ら へ た ま セ 漢 詩 文 。 文 人 的 な 交 り で あ る 。 ^ 日 々 の 食 事 さ え 味 わ い 難 い が 。 四 は ら か ら み こ む つ ひ ぬ る を 、 い み じ う 思 し 嘆 か る 。 御 兄 弟 の 皇 子 た ち 、 睦 ま し う 聞 こ え た ま ひ し 九 源 氏 の 須 磨 の 住 い 一 0 「 あ は れ な る 文 」 で 、 世 を 諷 刺 ふ み と き ゅ う の ふ 上 達 部 な ど 、 初 め つ 方 は と ぶ ら ひ き こ え た ま ふ な ど あ り き 。 あ は れ な る 文 を 作 し た の だ ろ う 。 兼 明 親 王 『 菟 裘 賦 』 な ど が 想 起 さ れ る 。 こ の あ た り 、 き さ い み や り か は し 、 そ れ に つ け て も 世 の 中 に の み め で ら れ た ま へ ば 、 后 の 宮 聞 こ し め し 大 后 は 源 氏 に 敬 語 を 用 い な い 。 = 秦 の 趙 高 の 故 事 。 謀 反 を た く お ほ や け か う じ て い み じ う の た ま ひ け り 。 大 后 「 朝 廷 の 勘 事 な る 人 は 、 、 い に ま か せ て こ の 世 の ら む 趙 高 が 、 部 下 の 心 を 確 か め る べ く 、 一 一 世 皇 帝 に 馬 と 言 っ て 鹿 を い へ ゐ そ し あ ぢ は ひ を だ に 知 る こ と 難 う こ そ あ な れ 、 お も し ろ き 家 居 し て 、 世 の 中 を 譏 り 献 上 。 皇 帝 に 問 わ れ た 部 下 は 、 あ る 者 は 馬 と 言 っ て 趙 高 に へ つ ら い つ い し よ う 一 一 し か む ま も ど き て 、 か の 鹿 を 馬 と 言 ひ け む 人 の ひ が め る や う に 追 従 す る 」 な ど 、 あ し き あ る 者 は そ の ま ま 鹿 と 答 え た 。 趙 高 は 鹿 と 答 え た 者 を 処 罰 し た ( 史 せ う そ こ 記 ・ 秦 始 皇 本 紀 ) 。 こ こ で は 源 氏 と こ と ど も 聞 こ え け れ ば 、 わ づ ら は し と て 、 絶 え て 消 息 聞 こ え た ま ふ 人 な し 。 彼 に へ つ ら う 人 々 を 批 判 ひ む が し た い 二 条 院 の 姫 君 は 、 ほ ど 経 る ま ま に 思 し 慰 む を り な し 。 東 の 対 に さ ぶ ら ひ し 三 東 の 対 の 女 房 も 、 西 の 対 の 紫 の 上 の も と に 移 動 。 ↓ 二 三 ハ ー 八 行 。 人 々 も 、 み な 渡 り 参 り し は じ め は 、 な ど か さ し も あ ら む と 思 ひ し か ど 、 見 た て 一 三 紫 の 上 は さ ほ ど す ぐ れ た 方 で か む だ ち め か た 九 み か ど 一 0

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


巻 名 源 氏 の 須 磨 退 去 に よ る 。 「 須 磨 」 の 地 名 を 詠 み 込 ん だ 和 歌 が 、 都 を 離 れ た 源 氏 と 女 性 た ち と の 間 に 交 さ れ た 消 息 文 の 中 に 数 首 あ る 。 梗 概 源 氏 は 自 分 を と り ま く 政 情 を 恐 れ て 、 自 ら 須 磨 に 退 去 す る こ と を 決 意 し た 。 厭 わ し い 世 の 中 も い ざ 思 い 捨 て る と な る と 心 残 り は 多 く 、 特 に 京 に 残 し て ゆ く 紫 の 上 へ の 愛 着 は 深 い が 、 同 伴 は な ら な い 。 都 の 邸 や 所 領 の 管 理 を 紫 の 上 に 託 し て 、 ふ じ つ ぼ 三 月 下 旬 、 源 氏 は わ す か ば か り の 供 人 を 伴 っ て 京 を 離 れ て い っ た が 、 退 去 に 先 立 ち 、 藤 壺 ・ 東 宮 を は じ め 、 左 大 臣 家 の は な ち る さ と お ば ろ づ き ょ 人 々 や 花 散 里 ・ 朧 月 夜 と 忍 ん で 別 れ の 挨 拶 を 交 し 、 故 桐 壺 院 の 北 山 の 御 陵 を 訪 う の で あ っ た 。 須 磨 の 地 に 旅 装 を 解 い て 、 身 辺 が 落 ち 着 い て ゆ く に つ れ 、 閑 居 の わ び し さ は 増 し て ゆ く 。 五 月 雨 の こ ろ 、 源 氏 は 都 の 女 性 た ち ゃ 伊 勢 の 六 条 御 息 所 に 長 い 消 息 を し た た め た 。 語 り 合 う 人 と て な い 須 磨 の 源 氏 に と っ て 、 都 と の 交 信 だ け が 唯 一 の 慰 め で あ る が 、 源 氏 を 恋 い し の ぶ 都 の 人 々 の 嘆 き も ま た そ れ ぞ れ で あ る 。 紫 の 上 の 悲 し み は 深 い 。 藤 壺 は 源 氏 の 失 脚 を 嘆 す ぎ く き 、 そ の 心 用 意 を い ま さ ら な が ら あ り が た く 思 う 。 今 は 参 内 も 許 さ れ 、 朱 雀 帝 の 寵 を 受 け る 朧 月 夜 尚 侍 も 、 源 氏 へ の 執 着 を 断 っ こ と が で き な い ぶ り よ う る ざ ん 心 遣 り の 琴 ・ 絵 ・ 詠 歌 に 無 聊 を 紛 ら わ し つ つ 、 都 を 思 い 、 流 竄 の 身 を 嘆 く 源 氏 を 取 り こ め て 、 わ び し い 須 磨 の 秋 ・ 冬 は 過 ぎ て い っ た 。 だ 一 い の だ い に ′ 一 せ ち そ の こ ろ 、 上 京 途 次 の 大 宰 大 弐 が 源 氏 を 見 舞 っ た 。 娘 の 五 節 は 源 氏 へ の 思 慕 に 心 が 揺 ら い だ 。 一 方 、 明 石 の 入 道 は 、 源 氏 流 離 の 噂 を 聞 き 、 最 愛 の 娘 、 明 石 の 君 を 奉 り た い と 願 う 。 入 道 は 、 こ の 娘 の 身 の 上 に 幸 せ を も た ら す ま た と な い 機 が め ぐ っ て き た と 思 う の で あ る 。 こ き で ん の お お き さ き さ ん み の 弘 徽 殿 大 后 の 意 向 を は ば か っ て 都 か ら の 便 り も 途 絶 え て い た が 、 年 明 け て 春 、 今 は 宰 相 と な っ た 大 殿 の 三 位 中 将 が 須 磨 を 訪 れ 、 漢 詩 や 和 歌 に 心 を 通 わ し 合 っ た 。 三 月 上 巳 の 日 、 海 辺 で 開 運 の 禊 を 始 め る と 、 突 如 大 暴 風 雨 が 襲 っ た 。 奇 怪 な 夢 に お び や か さ れ た 源 氏 は 、 こ の 地 を 去 り た く 思 う よ , つ に な っ た 。 〈 源 氏 二 十 六 歳 の 春 か ら 二 十 七 歳 の 春 〉 や す ま き ん み そ ぎ