検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮【第百十四巻第一号】

新潮【第百十四巻第一号】から 294件ヒットしました。

新潮【第百十四巻第一号】


「 花 弁 」 「 こ う し て 」 に は 、 新 し い ヒ ト の 影 も か す か に 映 る 。 裸 身 を 四 元 康 祐 は 〈 久 し ぶ り に 許 さ れ た 言 葉 た ち は 、 再 び 味 わ う 世 ま た し て も 界 の 波 動 に 、 痺 れ お の の い て い る か の よ う だ 。 そ こ に は 禁 欲 私 の 繕 う の 後 の 快 楽 が 横 溢 し て い る 〉 ( 『 谷 川 俊 太 郎 学 』 ) と 祝 福 し て い ( 「 襤 褸 」 ) 襤 褸 以 降 、 『 夜 の ミ ッ キ ー ・ マ ウ ス 』 ( 〇 三 年 、 新 潮 社 ) 、 『 シ ャ ガ ー ル と 木 の 葉 』 ( 〇 五 年 、 集 英 社 ) 、 『 ミ ラ イ ノ コ ド モ 』 ( 一 三 新 し い 詩 を 田 原 は こ う 評 す る 。 〈 煩 瑣 を 避 け 単 純 に つ き 、 で き る だ け 言 語 に 対 す る 誇 張 を 捨 て 、 で き る だ け 言 語 に 感 情 年 、 岩 波 書 店 ) か ら 一 六 年 、 三 好 達 治 賞 を 受 賞 し た 『 詩 に 就 の 圧 力 を か け な い よ う に 工 夫 し て い る 。 そ れ は 典 型 的 な 東 洋 い て 』 ま で 、 途 切 れ の な い 詩 集 の 刊 行 が 続 く 。 一 六 年 九 月 、 的 行 為 で あ り 、 東 洋 詩 人 の 長 所 で あ る と い え よ う 〉 。 簡 潔 な 「 す ば る 」 に 発 表 し た 新 作 九 篇 の 最 初 に は 、 テ ロ の 止 ま な い 言 葉 で 意 は 尽 く す ー ー ー 田 原 は 谷 川 を 〈 日 本 現 代 詩 の 「 松 尾 芭 世 界 へ 、 抗 う 言 葉 が あ っ た 。 蕉 」 〉 と 呼 ぶ 。 谷 川 は 中 国 で 何 に 出 会 っ た の だ ろ う 。 日 本 人 〈 「 ア ウ シ ュ ビ ッ ツ 以 後 、 詩 を 書 く こ と は 野 蛮 だ 」 / 勲 章 を が 失 っ た 素 朴 な 詩 心 だ ろ う か 。 漢 詩 の 潔 さ か 。 こ れ か ら 飛 躍 も ら っ た 老 詩 人 は 照 れ な が ら ア ド ル ノ を 引 用 し て / 「 詩 人 に し て い く 無 名 の 人 民 が 醸 し 出 す 社 会 の 活 気 だ っ た ろ う か 。 一 一 は 野 蛮 人 と し て の 一 面 が 必 要 だ 」 と つ け 加 え る / / 夢 も 言 語 〇 〇 二 年 七 月 に は 北 京 大 学 で 「 谷 川 俊 太 郎 詩 歌 シ ン ポ ジ ウ も 失 っ て 世 界 は た だ の 事 実 で し か な く な っ た / 嗚 咽 で も す す ム 」 が 開 催 さ れ た 。 ひ ら が な 詩 の 多 い 谷 川 の 作 品 が 、 ど う や り 泣 き で も 号 泣 で も な く / 泣 き 顔 を 見 せ ず に 泣 き た い と 思 っ て い る 〉 ( 「 泣 き た い と 思 っ て い る 」 ) っ て 漢 字 の 詩 に 翻 訳 さ れ 、 損 な わ れ な い か 不 思 議 だ が 、 谷 川 は 現 在 、 も っ と も 中 国 で 読 ま れ て い る 日 本 の 詩 人 で あ る 。 復 活 後 の 作 品 か ら 最 後 に 一 つ 、 〇 九 年 の 長 編 詩 集 『 ト ロ ム 一 方 、 東 京 で 書 か れ た 作 品 に は 、 肉 体 を 離 れ た と こ ろ か ら ソ コ 一 フ ー ジ ュ 』 ( 新 潮 社 ) の 展 開 を 挙 げ た い 。 「 今 、 こ こ 」 が 自 身 を 眺 め 、 時 の た ゆ た い を あ じ わ う 、 水 の よ う に 透 明 な 境 一 番 大 事 で 、 物 語 も 歴 史 も い ら な い 、 自 分 に は 向 か な い と 言 地 が 伝 わ る も の も あ る 。 い 続 け て き た 詩 人 が 、 ノ ル ウ ェ ー 北 部 の 見 知 ら ぬ 街 を た だ た 〈 ソ フ ア に 座 っ て い る / 薄 曇 り の 午 後 / 剥 き 身 の 蛤 み た い に だ 歩 く う ち 、 歴 史 へ 、 物 語 へ 、 叙 事 へ 、 死 後 の 世 界 へ と 、 軽 や か に 即 興 の 言 葉 を 一 九 八 行 に わ た っ て 繰 り 出 し て い る 。 / / し な け れ ば い け な い こ と が あ る / だ が 何 も し な い / う つ と り と / / 美 し い も の は 美 し く / 醜 い も の も / ど こ か 美 し く / / た だ こ こ に い る こ と が / 妻 く て / 私 は 私 じ ゃ な く な る / 私 は 立 ち 止 ま ら な い よ 私 は 水 た ま り の 絶 え な い 路 地 を 歩 い て い く / 立 ち 上 が っ て / 水 を 飲 む / 水 も 妻 い 〉 ( 「 座 る 」 ) 222

新潮【第百十四巻第一号】


じ が し て し ま う 」 「 生 活 の 中 で の 直 接 的 な リ ア リ テ ィ な ん て る 〉 ( 「 北 軽 井 沢 日 録 」 ) に 言 及 す る も の も 少 な く な い 。 し か も う な い か も し れ な い と い う 時 代 に は い っ て い る わ け で し ょ し 、 谷 川 の 思 い を 真 剣 に 受 け 止 め た 批 評 は 見 当 た ら な い 。 〈 私 は 詩 人 だ と い う そ れ だ け の こ と を く り 返 し 述 べ て い る 単 う 。 だ か ら そ ち ら の 方 に 沿 っ て 生 き て ゆ け ば 、 そ れ は そ れ で ー チ ャ ル リ ア リ あ る 程 度 楽 だ と 思 う ん で す 。 最 終 的 に は 、 純 な 詩 集 を 書 け る の は こ の 人 だ け だ ろ う 。 谷 川 俊 太 郎 は 詩 と テ ィ に な っ て し ま え ば い い と い う よ う な も の で す 。 だ け ど 」 い う も の の こ と ば の 運 び 方 、 営 み 方 を ほ ん と う に よ く 知 っ て と 、 現 代 詩 と 時 代 へ の 違 和 感 を ぶ つ け て い る 。 い る 〉 と い う 荒 川 洋 治 評 に 通 じ る 指 摘 も 散 見 さ れ る 。 た し か 辻 井 は 谷 川 の 新 詩 集 を 「 捨 て 身 」 の 仕 事 だ と 大 い に 認 め た に 詩 の な か で 詩 を 語 る 谷 川 の 特 徴 は 、 こ の 頃 か ら ま す ま す 顕 上 で 、 「 散 文 と い う の は 、 い ま の 工 業 化 社 会 に な っ て か ら 主 著 に な る 。 た だ 、 「 詩 書 月 評 」 を 担 当 し て い た 近 藤 洋 太 は 、 流 に な っ た ん で す よ ね 。 小 説 が 主 流 で あ る 時 代 と い う の は 短 生 涯 、 詩 を 書 き 続 け た 吉 岡 実 の 至 難 に 触 れ 、 〈 晩 年 の 鮎 川 信 い で す け ど 、 叙 事 詩 が 叙 情 詩 と 散 文 に 分 か れ て し ま っ た こ と 夫 が 「 十 年 詩 を 止 め る 」 と い っ て 事 実 上 詩 を 断 念 し た こ と 〉 に 、 文 学 の 不 幸 が あ る よ う な 気 が し ま す 。 不 思 議 な も の で 、 を 谷 川 の 新 詩 集 か ら 思 っ た と 述 べ て い る 。 な ぜ な ら 、 〈 谷 川 バ ブ ル が は じ け て し ま っ て か ら 、 エ ン タ ー テ ー メ ン ト 的 な 小 俊 太 郎 は 、 自 ら の 詩 の 停 滞 に 無 自 覚 に な る こ と も 、 予 備 役 と 説 が 勢 い を な く し て し ま っ た 。 そ こ で 頃 合 い を 見 計 ら っ た か な る こ と も で き な い 詩 人 な の だ 〉 。 渾 身 の 〈 高 峰 〉 と 評 価 し の よ う に こ の 『 世 間 知 ラ ズ 』 が 出 て 、 そ う い う 小 説 ( 筆 者 た か ら こ そ 生 じ た 予 感 で 、 「 十 年 詩 を 止 め る 」 は 、 思 潮 社 と 註 ・ 私 小 説 ) を 書 こ う と 、 さ あ こ れ か ら 、 と 意 気 込 ん で い た の 関 係 に お い て は 現 実 の こ と と な る 。 本 物 の 作 家 の 方 は こ ん な も の 出 さ れ て 困 る と 思 う 」 。 さ ら に 同 特 集 号 の 裏 表 紙 は 思 潮 社 刊 「 谷 川 俊 太 郎 の 著 作 」 の 広 告 「 袋 小 路 に は い っ た の は 何 も 詩 ば か り で は な い ん で す 。 文 学 で 「 定 義 」 「 コ カ コ ー ラ ・ レ ッ ス ン ー 以 下 、 ず ら り と 並 ぶ 。 全 般 も 、 ひ い て は 芸 術 も そ う な ん で す 。 い ろ い ろ 原 因 は あ る こ う し た 誌 面 を 統 括 し た 版 元 の 思 潮 社 社 長 、 小 田 久 郎 に よ る け れ ど 、 ひ と つ は 我 々 が 異 文 化 に あ ま り 接 触 し て い な い と い と 、 『 世 間 知 ラ ズ 』 は 〈 す こ ぶ る 出 足 が よ く 〉 、 重 版 準 備 に か う こ と 。 接 触 す る と 、 人 間 的 な も の が い ろ い ろ 見 え て く る 」 。 か っ て ま も な く 「 第 一 回 萩 原 朔 太 郎 賞 」 を 受 賞 。 授 賞 式 は 朔 最 後 は 谷 川 が 「 異 文 化 そ の も の 」 と 言 い 表 し た 佐 野 と 、 「 い 太 郎 ゆ か り の 群 馬 県 前 橋 市 が 十 四 億 円 を か け て 新 設 し た 「 朔 じ め て い じ め ら れ て 血 み ど ろ に な る こ と で す よ ( 笑 ) ー と 、 太 郎 記 念 前 橋 文 学 館 ー で 行 わ れ た 。 小 田 は 自 著 『 戦 後 詩 壇 私 史 』 ( 新 潮 社 、 九 五 年 ) を そ の 授 賞 式 の 日 の 光 景 か ら 始 め て 世 間 を 知 悉 す る 辻 井 は 対 話 を 収 め る 。 「 現 代 詩 手 帖 」 の こ の 号 で は 三 十 余 人 の 詩 人 や 作 家 、 批 評 家 い る 。 〈 朔 太 郎 が も っ て い た 生 理 的 か つ 病 理 的 な 詩 の 体 質 を 、 が 一 斉 に 谷 川 の 新 詩 集 と 詩 人 谷 川 論 を 寄 せ 、 〈 詩 は / 滑 稽 だ 〉 健 康 で 倫 理 的 な 体 質 に 移 し か え た 。 三 百 か ら 五 百 人 の 読 者 し か い な か っ た 観 念 語 の 詩 の 世 界 を 、 何 万 何 十 万 の 読 者 に 親 し と 〈 ぼ く ら が 創 造 と 破 壊 の 区 別 の つ か な い 時 代 に 生 き て い 刀 2

新潮【第百十四巻第一号】


て 新 し い 形 式 は 、 幸 い イ ン タ ー ネ ッ ト と の 相 性 も 良 さ そ う 島 』 、 そ し て 谷 川 俊 太 郎 の 『 タ ラ マ イ カ 偽 書 残 闕 』 。 こ れ は 一 だ 。 ツ ィ ッ タ ー や ラ イ ン を 打 ち 慣 れ た 人 々 の 中 に は 、 詩 を 読 九 七 八 年 に ま ず 単 行 本 で 出 て 、 後 に 『 コ カ コ ー ラ ・ レ ッ ス み 、 書 き た い と 感 じ て い る 新 し い 野 が 広 が り つ つ あ る の で ン 』 に 収 録 さ れ た 長 篇 詩 で 、 子 細 な 註 釈 の 付 い た 偽 の 民 族 叙 は な い か 。 谷 川 が 一 〇 年 か ら し ば ら く 続 け て い た け れ ど 、 事 詩 、 多 層 の 物 語 詩 で あ る 。 池 澤 は 『 古 事 記 』 に つ な が る カ 「 長 す ぎ る 」 と い っ て 飽 き た ツ ィ ッ タ ー の フ ォ ロ ワ ー 数 は 、 強 さ か ら 、 こ の 三 作 を 選 ん だ と 思 わ れ る 。 一 九 五 六 年 、 二 十 四 歳 の 谷 川 は 「 世 界 へ ! 」 の 中 で 〈 人 生 一 時 、 十 八 万 人 に 上 っ て い た 。 は 日 々 の も の で あ る 。 そ し て 人 生 が 日 々 の も の で あ る 限 り 、 か っ て 文 芸 誌 は 多 く の 詩 を 掲 載 し て い た し 、 す で に ジ ャ ン ル 分 け が 無 効 に 向 か っ て い る な ら ば 、 ク オ リ テ ィ を 認 め 合 い 詩 も ま た 、 日 々 の も の で あ る 。 日 々 使 い 捨 て ら れ る こ と に よ な が ら こ の 際 、 詩 も 小 説 も 戯 曲 も 横 に つ な が り 、 同 じ テ ー マ っ て の み 、 詩 は 自 ら を 完 成 し 得 る 〉 〈 私 は あ え て 詩 人 の 怠 惰 を 誌 面 で 追 求 し て み て も 新 鮮 だ ろ う 。 ポ プ ・ デ イ ラ ン が ノ ー を 責 め た い 。 実 際 に 、 一 九 五 六 年 の 日 本 で 詩 を 書 い て 食 っ て ベ ル 文 学 賞 を 受 賞 す る 時 代 に 突 人 し た の だ 。 さ ま ざ ま な 扉 を い る 詩 人 は い な い 。 し か し 、 だ か ら と い っ て 、 そ れ が 詩 を 孤 訪 問 し 合 い 、 道 草 を 喰 い な が ら 、 そ の う ち 一 人 一 人 が 突 き 抜 立 さ せ て い い 理 由 に は な ら な い 。 我 々 は 詩 が 売 れ る よ う に 努 力 す べ き で あ る 〉 と 書 い て 顰 蹙 を 買 っ た 。 そ れ か ら 六 十 年 。 け た 場 所 へ 到 達 で き れ ば い い 。 時 に は ゆ る く 歩 く こ と 自 体 を 二 〇 一 六 年 の 日 本 で 〈 詩 を 書 い て 食 っ て い る 詩 人 〉 は 、 や は 楽 し め ば い い 。 詩 壇 が 事 実 上 、 「 現 代 詩 手 帖 」 一 誌 に 集 約 さ れ た 現 状 は 、 活 動 の 場 と し て や は り 狭 す ぎ る だ ろ う 。 り 谷 川 俊 太 郎 し か い な い 。 そ れ を 実 現 す る た め に 、 言 語 上 の 戦 後 詩 、 現 代 詩 を 書 い て き た 詩 人 に 対 す る 評 価 も 、 従 来 、 実 験 、 才 能 の 酷 使 だ け で な く 、 実 生 活 の あ ら ゆ る 日 常 の 瞬 間 を 懸 け て 詩 人 で あ り 続 け て き た 。 他 の 詩 人 が や っ て み よ う と 詩 壇 が 独 自 に 評 定 し 、 私 達 が 既 成 の 事 実 と し て 受 け 取 っ て き し な い 行 動 を 本 能 と 蛮 勇 を も っ て 谷 川 俊 太 郎 が 独 力 で 抗 い 、 た 文 学 史 か ら 、 か な り 変 わ っ て き て い る 。 二 〇 . 一 六 年 九 月 に 出 た 『 池 澤 夏 樹 Ⅱ 個 人 編 集 日 本 文 学 全 集 四 』 ( 河 出 書 房 新 試 し 続 け た こ と の 一 端 は 、 わ か っ て い た だ け た だ ろ う か 。 詩 人 は や が て 宇 宙 に 還 る だ ろ う 。 そ の 時 ま で 、 私 た ち は も 社 ) の 「 近 現 代 詩 歌 」 の 巻 に は 四 十 一 人 の 詩 人 の 作 品 が 並 ん っ と こ の 詩 人 の 声 に 耳 を 澄 ま し た 方 が い い 。 詩 が 、 小 説 が 、 で い る が 、 驚 い た こ と に 鮎 川 信 夫 が 人 っ て い な い 。 叫 脇 順 三 郎 は 別 格 と し て 、 「 荒 地 」 か ら 選 ば れ て い る の は 北 村 太 郎 の 批 評 が 、 文 学 が 、 「 滑 稽 」 な も の に 堕 さ な い よ う に 。 「 ヨ コ ハ マ 」 や 田 村 隆 一 の 「 幻 を 見 る 人 」 な ど だ け 。 黒 田 三 郎 も 中 桐 雅 夫 の 名 も な い 。 関 根 弘 、 長 谷 川 龍 生 、 安 東 次 男 ら 「 列 島 」 の 詩 人 は 誰 も い な い 。 目 立 っ て ペ 1 ジ を 割 か れ て い る の は 、 人 沢 康 夫 『 わ が 出 雲 ・ わ が 鎮 魂 』 、 高 橋 睦 郎 『 姉 の ざ ん け っ ( 了 ) 224

新潮【第百十四巻第一号】


忘 れ ら れ ぬ 記 憶 が 生 か す 読 者 は 詩 集 と 児 童 書 の 読 者 に 大 き く 分 か れ 、 評 価 は 詩 人 、 死 神 が 私 を 生 か す 説 家 、 批 評 家 、 研 究 者 、 海 外 の 翻 訳 者 ー ー こ れ ら の 人 々 の 間 生 か す で 分 裂 し て い て 、 擦 り 合 わ せ 、 統 合 す る 機 会 も な い ま ま 、 谷 ふ と ふ り む い た 一 つ の 顔 が 私 を 生 か す 川 俊 太 郎 像 の ギ ャ ッ プ は 放 置 さ れ て き た 。 本 人 も 世 評 や 研 究 愛 は 盲 目 の 蛇 成 果 に つ い て 一 貫 し て 恬 淡 と し て き た 。 実 験 的 な 詩 を 書 く こ と も 、 ロ 語 や ラ イ ト ヴ ァ ー ス 、 漢 字 を 排 し て ひ ら が な で 書 く ね じ れ た 臍 の 緒 こ と も 、 谷 川 俊 太 郎 に と っ て 自 然 な こ と だ っ た の だ ろ う 。 ど 赤 錆 び た 鎖 ん な ふ う に 時 代 と 向 き 合 い 、 時 代 の 共 感 を 集 め る 新 鮮 な 言 葉 仔 大 の 腕 を 、 い つ も 、 誰 よ り す ば や く 自 作 に 取 り 人 れ て き た の か 。 そ 初 出 は 谷 川 の 唯 一 の 私 家 版 と し て 一 九 五 六 年 に 三 百 部 だ け れ で い て 時 代 に つ か ま ら ず 、 流 さ れ な か っ た の は な ぜ ? す わ ざ べ て は 作 為 を 超 え 、 た だ た だ 度 は ず れ た 才 能 の 成 せ る 業 だ っ 販 売 さ れ た 詩 集 『 絵 本 』 。 自 身 で 撮 影 し た 「 手 」 を テ ー マ に た の か 。 本 人 の 考 え を 知 る 機 会 も 乏 し か っ た 。 し た モ ノ ク ロ 写 真 を 一 枚 一 枚 貼 り 付 け た 〃 幻 〃 の 詩 集 で 、 数 だ が 、 全 詩 集 を 年 代 順 に 読 ん で い け ば 、 谷 川 俊 太 郎 と い う 年 前 に 復 刻 版 が 出 て い る 。 谷 川 の 創 作 し た 詩 作 品 は 、 発 表 さ れ た も の だ け で も 優 に 一 一 詩 人 が い か に 現 代 の 日 本 語 を や わ ら か く 解 き ほ ぐ し 、 詩 と 文 千 五 百 作 を 超 す 。 「 ポ ッ プ ス の よ う な 」 と 谷 川 が 呼 ぶ ロ 当 た 学 の 最 良 の 部 分 を 独 力 で 拓 い て き た か 。 現 在 の ロ 語 全 盛 の 小 り の よ い 、 わ か り や す い 詩 は 、 さ ま ざ ま な 出 版 社 の ア ン ソ ロ 説 も 、 時 折 、 は っ と す る ほ ど 鋭 い フ レ ー ズ を 放 っ ポ ッ プ ス も 、 長 く 記 憶 さ れ る 広 告 の コ ピ ー も 、 そ れ ら に 影 響 を 与 え て ジ ー に 繰 り 返 し 再 録 さ れ 、 絵 本 作 家 や 写 真 家 と の コ ラ ボ レ ー シ ョ ン 作 品 も 途 切 れ る こ と な く 出 て い る の で 、 詩 集 の 数 を 特 き た こ と ば の 元 を た ど れ ば 、 か な り の 断 片 は 谷 川 俊 太 郎 に 行 き 着 く の で は な い か 。 ポ ッ プ ス の 歌 詞 を 検 証 し て い け ば 、 谷 定 し に く い が 、 二 〇 一 六 年 十 月 、 岩 波 書 店 が 電 子 化 し て 配 信 太 を ス タ ー ト し た 谷 川 に よ る 単 行 本 の 詩 集 は 五 十 四 作 。 一 九 五 川 の 詩 か ら 意 識 的 、 無 意 識 的 に 引 用 し た も の が ど れ だ け 見 つ 腋 谷 か る だ ろ う 。 谷 川 自 身 は 「 こ と ば は 個 人 の 所 有 物 で は な い 」 二 年 の 『 二 十 億 光 年 の 孤 独 』 か ら 二 〇 一 三 年 の 『 こ こ ろ 』 ま で 。 こ れ ら の 詩 集 に よ っ て 、 詩 業 の 全 貌 が よ う や く 姿 を 現 し が 持 論 で 、 ま る で 頓 着 し て い な い が 、 谷 川 の 二 千 五 百 の 作 品 た と 言 え る か も し れ な い 。 何 し ろ 六 十 六 年 も 現 役 で い る の だ 群 は 、 曲 が り な り に も 平 和 を 保 っ て き た 戦 後 七 十 年 の 日 本 人 受 か ら 、 デ ビ ュ ー 時 か ら 同 時 代 で 読 ん で き た 読 者 は 、 少 な く と の 生 活 と 感 情 の ほ ぼ す べ て を 網 羅 し 、 こ の 国 の 隅 々 に ま で 行 き 渡 り 続 け て い る こ と を 、 私 た ち は も っ と 認 識 し て い い 。 も 八 十 歳 を 超 え て い る 計 算 に な る 。 活 動 期 間 が 異 例 に 長 い と い う 年 代 的 問 題 ば か り で は な い 。 谷 川 は 壮 年 期 の 生 活 の リ ズ ム を 維 持 し つ つ 、 生 ま れ た 場 所

新潮【第百十四巻第一号】


大 岡 信 が 「 妖 気 の よ う な も の が 漂 っ て い る 」 と 評 し た こ の 詩 人 は い た 。 黒 田 の 五 〇 年 の 詩 論 に 「 民 衆 と 詩 人 」 が あ る 。 作 品 は 、 初 期 の 作 品 を 集 成 し た 思 潮 社 刊 『 谷 川 俊 太 郎 詩 集 』 〈 詩 が ひ と の 胸 に 忍 び こ む の は 、 こ の よ う に 、 群 衆 の 裡 に 個 ( 六 五 年 ) に 書 き 下 ろ し で 収 め ら れ た こ と も あ り 、 あ ま り 言 及 人 が そ の 個 人 で あ る 所 以 を 失 っ て し ま う 時 で は な く 、 逆 に 、 さ れ て こ な か っ た 。 自 身 で は 大 岡 の よ う に シ ュ ー ル レ ア リ ス ひ と が 個 人 と し て 孤 独 の 裡 に 自 己 を 見 出 す 時 で あ る 。 ( 中 略 ) ム の 影 響 を 受 け て い な い と 言 い 切 る 谷 川 だ が 、 ひ と た び 自 意 詩 人 が 単 に 私 事 を 洩 ら し て い る に す ぎ な い に も 拘 ら ず 、 そ れ 識 の ス イ ッ チ を オ フ に し て 、 無 意 識 を 開 放 し た 結 果 、 出 現 し が 私 事 で あ る と い う 点 で 、 か え っ て 、 他 の 人 間 に 他 人 事 な ら た 作 品 世 界 で あ る だ ろ う 。 一 方 で 角 川 文 庫 版 『 谷 川 俊 太 郎 詩 ず と 感 ぜ し め る 原 因 が ひ そ ん で い る の で あ る 〉 。 黒 田 の 生 活 集 』 ( 六 八 年 ) に は 、 「 こ れ が 私 の 優 し さ で す 」 と 題 し て 、 〈 窓 は 無 頼 派 の 私 小 説 家 と 似 通 っ て い た 。 酒 好 き で は な い 谷 川 が の 外 の 若 葉 に つ い て 考 え て い い で す か / そ の む こ う の 青 空 に 洩 ら す 私 事 は 最 初 か ら 哀 切 さ と 縁 が 薄 か っ た 。 そ れ ど こ ろ か つ い て 考 え て も ? / 永 遠 と 虚 無 に つ い て 考 え て い い で す か / 人 々 の 夢 を 一 足 早 く 実 現 し て み せ る 立 場 に さ え あ っ た 。 フ ラ あ な た が 死 に か け て い る と き に 〉 と 、 若 者 の あ り ふ れ た 恋 の ン ス 車 を 運 転 し て ど こ へ で も ド ラ イ プ し 、 詩 壇 で 最 初 に 。 ハ ポ エ ム を 書 い て い る 。 谷 川 は 同 時 代 の 読 者 に 届 け る 大 衆 的 な ン を 穿 い た 。 「 文 学 座 」 の 女 優 、 大 久 保 知 子 と 五 七 年 に 再 婚 詩 と 、 詩 壇 の 虚 を 突 く 現 代 詩 を 、 ど ち ら も 本 気 か っ 軽 や か な 後 は 、 阿 佐 谷 の 父 の 屋 敷 内 に 小 さ な 家 を 建 て 、 そ こ で 夫 婦 と 身 ぶ り で 、 不 遜 な ま で に 書 き 分 け て い る 。 ず っ と 後 に な っ 子 供 二 人 、 典 型 的 な 核 家 族 の 営 み を ス タ ー ト さ せ た 。 一 九 六 て 、 谷 川 は 吉 増 剛 造 を 相 手 に 六 八 年 、 「 鳥 羽 」 を 含 む 詩 集 〇 年 代 の 谷 川 に は 、 知 名 度 も 大 衆 性 も 華 や か な レ ッ テ ル と し 『 旅 』 を 出 版 し た 当 時 を こ ん な ふ う に 回 想 し て い る 。 て 張 り 付 い て い っ た だ ろ う 。 し か し 、 詩 人 が 懸 命 に 原 稿 を 書 「 戦 後 詩 あ る い は 現 代 詩 の 状 況 と い う の が 、 あ の 頃 か ら 陰 り い て そ れ な り の 豊 か さ を 手 に 人 れ て 、 悪 い は ず が な い 。 谷 川 が 見 え て き た よ う な 気 が し た ん で す よ ね 。 あ の 詩 集 は 詩 と は そ の よ う な 生 活 の 中 で 、 次 の 時 代 に 似 合 う 新 し い 日 本 語 の か 、 自 分 が 詩 を 書 く と い う こ と に 対 す る 疑 問 と い う の が 根 底 調 べ を 確 実 に 自 分 の 中 に 聴 き つ つ あ っ た 。 に ど う し て も あ る 訳 で し よ う 。 そ う い う の が 現 代 詩 全 体 の 動 そ し て つ い に 、 「 現 代 詩 手 帖 」 、 「 ユ リ イ カ 」 に 発 表 し た 詩 き と し て あ の 頃 既 に 始 ま っ て い た ん じ ゃ な い か と い う 気 が す を ま と め 、 一 九 七 五 年 九 月 に 二 冊 の 詩 集 、 思 潮 社 か ら 『 定 る 」 ( 九 五 年 刊 の 『 旅 』 復 刻 版 に 収 録 ) 義 』 を 、 青 土 社 か ら は 『 夜 中 に 台 所 で ぼ く は き み に 話 し か け 谷 川 は 疑 問 を 抱 き な が ら 、 そ れ で も 勤 勉 に 核 家 族 の 生 活 を た か っ た 』 を 同 時 刊 行 す る 。 詩 に 書 き 、 雑 文 を こ な し 、 編 集 者 と 打 ち 合 わ せ 、 子 供 の た め 『 定 義 』 は 、 詩 人 自 体 を 可 能 な 限 り 消 滅 さ せ て 、 対 象 と な る は さ み の 絵 本 の 企 画 を 考 え た 。 「 荒 地 」 の 同 人 に も 、 『 小 さ な ユ リ も の , ー ー 「 鋏 」 「 り ん ご 」 「 コ ッ プ 」 等 々 を 百 科 事 典 の よ う な と 』 の よ う に 娘 と の つ ま し い 生 活 を 書 い た 黒 田 一 二 郎 の よ う な 文 体 で 説 明 し て い く と 思 わ せ な が ら 、 〈 自 分 自 身 を 言 葉 そ の 794

新潮【第百十四巻第一号】


ら れ る な ん て こ と は あ り え な い と 思 う 」 と 述 べ て い る 。 実 は 一 九 七 八 年 、 一 三 歳 の 時 に 『 草 木 の 空 』 で デ ビ ュ ー し 、 『 姫 』 『 青 梅 』 『 テ リ ト リ ー 論 2 / 1 』 で 女 性 詩 を 牽 引 し た 伊 同 号 に は 谷 川 の ほ ぼ 十 年 ぶ り の 新 作 の 詩 十 篇 が 、 「 ミ ミ ミ 小 詩 集 」 と 題 さ れ て 巻 頭 で 発 表 さ れ て い る の だ が 、 三 人 が 討 藤 比 呂 美 は 、 八 五 年 の 育 児 ェ ッ セ ー 『 良 い お つ ば い 悪 い お っ ば い 』 で 世 間 の 関 心 を 集 め 、 九 〇 年 代 は 詩 を 中 断 。 九 七 年 に 議 し た 段 階 で は 、 谷 川 の 新 作 に つ い て は 内 容 な ど 告 げ ら れ て 米 ・ カ リ フ ォ ル ニ ア へ 移 住 す る と 小 説 を 書 き 始 め 、 二 度 の 芥 い な か っ た よ う で 、 話 は も つ ば ら 過 去 に 遡 っ て い る 。 川 賞 候 補 を 経 て 『 ラ ニ ー ニ ヤ 』 で 九 九 年 、 野 間 文 芸 新 人 賞 を こ の 討 議 は 、 三 浦 雅 士 の 長 編 評 論 『 青 春 の 終 焉 』 の 刊 行 を 機 と し た 企 画 で も あ っ た 。 三 浦 自 身 、 長 き に わ た っ て 現 代 詩 受 賞 し て い る 。 が 、 二 〇 〇 五 年 、 『 河 原 荒 草 』 で 再 び 詩 に 復 と は 異 な る 分 野 で 活 動 を 続 け て い た 。 一 九 八 二 年 に 青 土 社 を 帰 し て 同 作 で 高 見 順 賞 、 現 代 詩 と 説 経 節 が 一 つ に な っ た 『 と 辞 め た 直 後 、 『 メ ラ ン コ リ ー の 水 脈 』 で 文 芸 批 評 家 と し て 認 げ 抜 き 新 巣 鴨 地 蔵 縁 起 』 で 萩 原 朔 太 郎 賞 を 受 け 、 詩 に 回 帰 し こ 0 め ら れ る 。 が 、 八 〇 年 代 半 ば に 渡 米 す る と ニ ュ ー ヨ ー ク で 現 代 舞 踊 、 バ レ エ に 魅 了 さ れ 、 帰 国 後 は 九 一 — 九 八 年 ま で 新 書 辻 井 喬 ( 堤 清 一 l) は 九 三 年 に 昭 和 を 通 覧 す る 叙 事 詩 『 群 館 で 「 ダ ン ス マ ガ ジ ン 」 編 集 長 を 務 め 、 総 合 誌 「 大 航 海 」 の 青 、 わ が 黙 示 』 で 高 見 順 賞 を 受 け る が 、 九 四 年 に 実 業 家 で 歌 人 の 川 田 順 を 描 い た 伝 記 小 説 『 虹 の 岬 』 で 谷 崎 賞 を 受 賞 す る 編 集 に 力 を 注 い で い た 。 と 、 そ こ か ら 小 説 の 方 に 重 心 を 移 し 、 二 〇 〇 四 年 に は 『 父 の さ ま ざ ま な 書 き 手 が 詩 を 、 詩 の 批 評 を 、 一 九 九 〇 年 代 に は 中 断 し て い た 。 八 二 年 、 『 ウ サ ギ の ダ ン ス 』 ( 七 月 堂 ) で 詩 壇 肖 像 』 で 野 間 文 芸 賞 に 行 き 着 く 。 辻 井 は 慶 應 大 で の 講 義 録 を の 注 目 を 浴 び た 松 浦 寿 輝 は 、 八 七 年 の 第 二 詩 集 『 冬 の 本 』 ま と め た 人 門 書 『 詩 が 生 ま れ る と き 』 ( 講 談 社 現 代 新 書 ) を 九 四 年 に 出 版 し て い る 。 〈 今 日 ほ ど 、 詩 人 が 社 会 的 に 孤 立 し て ( 青 土 社 ) で 高 見 順 賞 を 受 賞 。 九 二 年 に 第 一 一 次 刊 行 を 開 始 し た 思 潮 社 の 「 現 代 詩 文 庫 」 一 〇 一 は 松 浦 で あ り 、 詩 人 論 を 蓮 實 い る 時 代 は な か っ た 〉 〈 マ ス コ ミ が 発 射 す る 言 葉 の 嵐 は 、 詩 重 彦 が 寄 せ て い た 。 詩 壇 の 期 待 を 一 身 に 集 め た に も か か わ ら 人 か ら つ ぎ つ ぎ と 言 葉 を 奪 い 、 現 代 詩 は 袋 小 路 に 追 い 込 ま れ て い る 〉 。 さ ら に 〈 そ の も っ と も 典 型 的 な 突 撃 隊 が コ マ ー シ ず 、 『 女 中 』 に 次 い で 九 三 年 、 『 鳥 の 計 画 』 を 出 版 す る と 、 以 ャ ル で す 。 「 じ ぶ ん 新 発 見 」 だ と か 「 お い し い 生 活 」 だ と か 、 降 、 松 浦 が 集 中 し て 書 い た の は 『 エ ッ フ ェ ル 塔 試 論 』 『 折 ロ コ マ ー シ ャ ル は 詩 か ら 言 葉 を う ま く 奪 っ た も の ほ ど 成 功 す 信 夫 論 』 、 『 知 の 庭 園 』 等 の 評 論 だ っ た 。 さ ら に 『 も の の た は る 。 そ の こ と に よ っ て 詩 人 は い よ い よ 窮 屈 に な っ て い く 〉 と む れ 』 で 九 六 年 に 小 説 家 と し て デ ビ ュ ー し 、 『 花 腐 し 』 で 軽 々 と 芥 川 賞 を 受 賞 す る と 、 以 降 、 作 家 と し て 世 間 に 認 知 さ 述 べ て い る が 、 こ れ ら の コ ピ ー は 周 知 の 通 り 、 堤 清 二 の 指 示 の 下 、 西 武 百 貨 店 が 大 々 的 に 発 信 し た 糸 井 重 里 に よ る コ ピ ー れ 、 萩 原 朔 太 郎 賞 を 受 賞 し た 一 一 〇 〇 八 年 の 『 吃 水 都 市 』 ま で 十 五 年 も 詩 集 を 出 し て い な い 。 で 、 辻 井 の 自 己 嫌 悪 は 堤 の 名 で 出 し た 九 六 年 刊 の 『 消 費 社 会 刀 6

新潮【第百十四巻第一号】


た 次 の 部 分 か ら 生 じ た よ う で あ る 。 も っ と も 痛 烈 に 時 代 の 急 所 を 突 い て 、 こ の 国 の 作 家 た ち の 意 〈 私 は あ え て 詩 人 の 怠 惰 を 責 め た い 。 実 際 に 、 一 九 五 六 年 の 識 に 滞 留 し た 第 一 二 の 紙 つ ぶ て は 、 ま さ し く そ の 名 も 『 世 間 知 日 本 で 詩 を 書 い て 食 っ て い る 詩 人 は い な い 。 し か し 、 だ か ら ラ ズ 』 と い う 一 九 九 一 二 年 刊 の 詩 集 に 埋 め 込 ま れ た 、 こ の ひ と 言 だ っ た の か も し れ な い 。 と い っ て 、 そ れ が 詩 を 孤 立 さ せ て い い 理 由 に は な ら な い 。 我 々 は 詩 が 売 れ る よ う に 努 力 す べ き で あ る 〉 〈 少 々 大 げ さ に 〈 詩 は / 滑 稽 だ 〉 小 説 も 滑 稽 だ 。 文 学 は 滑 稽 だ 。 活 字 を 信 じ る の は 滑 稽 な 時 い え ば 、 現 在 の 日 本 の 流 行 歌 に は 、 す べ て の 詩 人 が 責 任 を 負 わ ね ば な ら な い の だ 。 大 衆 な ど と い う あ や し げ な 言 葉 を ふ り 代 が や っ て き た : ま わ し て 、 自 ら の 趣 味 の 高 尚 を 誇 る 前 に 、 詩 人 は 先 ず 実 際 の 孤 独 な レ ッ ス ン 作 品 で 一 歩 一 歩 詩 と い う も の を 、 人 々 の 中 に 切 り 開 い て ゆ か な け れ ば な ら な い の だ 〉 一 年 半 位 前 に な る 。 谷 川 へ の イ ン タ ビ ュ ー を 始 め た こ と を 大 江 健 三 郎 氏 に 雑 談 の 中 で 伝 え る と 、 「 そ れ は い い 。 し つ こ 純 文 学 の 作 家 も 、 文 学 作 品 と 中 間 小 説 、 週 刊 誌 な ど に 載 せ る 軽 い 雑 文 ま で 活 動 範 囲 を 広 げ る こ と が 、 あ か ら さ ま に 軽 蔑 い く ら い 続 け て や っ て み た 方 が い い 」 と 、 思 い の ほ か 喜 ば れ さ れ た 時 代 だ っ た 。 詩 人 の 場 合 は 会 社 員 、 大 学 の 教 師 や 新 聞 た 。 「 あ ん な に 頭 が 切 れ て 、 女 の 人 た ち を 引 き 付 け て 、 魅 力 記 者 、 出 版 関 連 の 本 業 を も つ の が 当 然 で 、 詩 集 を 出 版 し 、 詩 的 な 人 は い ま せ ん か ら ね 、 僕 な ん か 敵 じ ゃ な い 。 あ の 人 は 天 の 賞 を 受 け 、 詩 壇 で 認 め ら れ た 詩 人 で あ っ て も 、 同 人 誌 を 活 才 で す か ら 」 。 そ し て 、 谷 川 が 『 二 十 億 光 年 の 孤 独 』 の 翌 五 動 の 中 心 と し て い た 。 詩 の 原 稿 料 を 生 活 の 糧 に し よ う と い う 三 年 、 同 じ 創 元 社 か ら 刊 行 し た 『 六 十 二 の ソ ネ ッ ト 』 の 話 に な る と 、 「 谷 川 俊 太 郎 の 才 能 の 半 分 が 、 吉 田 健 一 訳 の シ ェ イ 発 想 は 、 不 純 だ と さ え 受 け 取 ら れ た 。 谷 川 は そ う し た 状 況 に 満 足 し て い て い い の だ ろ う か と 、 率 直 に 伝 え た だ け だ っ た 。 ク ス ピ ア の ソ ネ ッ ト に 拠 っ て い る と し て も 、 あ と 半 分 は 、 自 だ が 、 こ の 宣 言 は 詩 壇 の 人 々 の 反 発 を 買 0 た 。 そ れ は 著 名 な 分 の 才 能 だ け で シ = イ ク ス ピ ア に 迫 0 て い る 。 そ れ は も の す 俊 ご い 才 能 で す よ ! 」 と 評 し た 。 哲 学 者 の 父 を 持 ち 、 大 学 進 学 を せ ぬ ま ま 十 八 歳 で 父 の 友 人 、 た し か に 谷 川 は 吉 田 健 一 を 愛 読 し て い る が 、 調 べ て み る 谷 三 好 達 治 の 推 奨 文 と 共 に 一 九 五 〇 年 十 二 月 号 の 「 文 学 界 」 に と 、 吉 田 訳 の シ ェ イ ク ス ピ ア の ソ ネ ッ ト 集 が 出 版 さ れ た の は か デ ビ ュ ー 作 「 二 十 億 光 年 の 孤 独 」 を 含 む 六 篇 の 詩 を 発 表 し 、 一 躍 、 脚 光 を 浴 び た 谷 川 俊 太 郎 以 外 の 誰 も 口 に す る こ と は で 一 九 五 六 年 。 谷 川 本 人 に 確 か め る と 、 五 二 年 春 に 谷 川 が 一 連 の ソ ネ ッ ト を 書 き 始 め た 時 点 で は 、 誰 の 訳 し た シ ェ イ ク ス ピ 熱 き な い 「 本 当 の 事 」 だ っ た 。 こ れ が あ ま り に ″ 世 間 知 ら ず 〃 ア も 読 ん で い な か っ た と 言 い 、 こ う 振 り 返 っ た 。 だ っ た 谷 川 が 詩 壇 に 放 り 投 げ た 、 最 初 の 紙 つ ぶ て だ っ た ろ 「 そ の 時 期 っ て 、 言 葉 が な ん か ダ ラ ダ ラ ダ ラ ダ ラ 出 て た 。 何 う 。 と す れ ば 、 「 鳥 羽 1 」 は 第 二 弾 と 数 え る べ き か 。 そ し て 、

新潮【第百十四巻第一号】


に マ ド ラ 出 版 か ら 小 型 本 と し て 出 し て い る 。 〈 一 月 九 日 溶 か 』 ( 八 八 年 、 筑 摩 書 房 ) 。 結 果 と し て 、 こ の 系 譜 こ そ が 谷 川 俊 け か か っ た 角 砂 糖 と 書 い て あ れ ば / き み は 溶 け か か っ た 角 砂 太 郎 が も っ と も 谷 川 ら し い 新 し さ を 、 誰 に 遠 慮 す る こ と な く 伸 び 伸 び と 発 揮 し 、 多 く の 人 に 感 動 を 与 え 、 も は や 否 定 的 な 糖 を 思 い 描 く の か / こ の な ま け も の め 〉 と い う 調 子 。 八 五 年 に は 大 人 の た め の シ ュ ー ル な ひ ら が な 詩 『 よ し な し 意 味 合 い で 大 衆 的 だ と 評 す る 人 々 も い な く な っ て 今 に 至 る ま う た 』 ( 青 土 社 ) が ま と ま る 。 こ の 本 に も 中 扉 の 裏 に 小 さ な 文 で 拡 張 し 続 け て い る 、 非 常 に 重 要 な 幹 線 と な っ て い く 。 字 で ご く 短 く 、 詩 人 か ら 時 代 へ の 、 皮 肉 の よ う な 一 文 が 明 記 ぼ く も う い か な き ゃ な ん な い さ れ て い る 。 〈 え て し て / ど か ん は / わ れ た が る / あ た ま を す ぐ い か な き ゃ な ん な い / ど こ か へ お き わ す れ / / り つ ば な り く つ に / あ く び ど こ へ い く の か わ か ら な い け ど す る 〉 。 こ の 世 の ど こ か で 、 今 こ の 瞬 間 に 起 き て い る か も し さ く ら な み き の し た を と お っ て れ な い 束 の 間 の シ ュ ー ル な 情 景 を 〈 り つ ば な り く っ 〉 抜 き お お ど お り を し ん ご う で わ た っ て に さ ら り と 書 い て い る 。 〈 ゅ う が た う ち へ か え る と / と ぐ ち で お や じ が し ん で い 『 は だ か 』 冒 頭 の 「 さ よ う な ら 」 は 谷 川 自 身 が も っ と も 気 に た / め ず ら し い こ と も あ る も の だ と お も っ て / お や じ を ま た い で な か へ は い る と / だ い ど こ ろ で お ふ く ろ が し ん で 人 っ て い る 詩 の 一 つ で 、 『 夜 中 に 台 所 で ぼ く は き み に 話 し か け た か っ た 』 巻 頭 の 「 芝 生 」 同 様 、 「 ど こ か ら 出 て き た の か い た / ガ ス レ ン ジ の ひ が つ け つ ば な し だ っ た か ら / ひ を け し て シ チ ュ 1 の あ じ み を し た 〉 ( 「 ゆ う ぐ れ 」 ) わ か ら な い っ 気 が つ い た ら 出 来 上 が っ て い た 」 と い う 、 特 別 な 作 品 で あ る 。 〈 ナ ン セ ン ス の 系 譜 〉 の 重 要 性 は 再 度 触 れ る 。 そ し て も う 一 つ 、 『 こ と ば あ そ び う た 』 ( 七 三 年 、 福 音 館 書 こ の 〈 大 和 言 葉 お よ び 声 の 系 譜 〉 、 つ ま り ひ ら が な 詩 は 谷 店 ) か ら 始 ま る 〈 大 和 言 葉 お よ び 声 の 系 譜 〉 。 こ の 系 譜 の 詩 川 の 資 質 に し 0 く り と 溶 け 合 0 た 。 谷 川 は 漢 語 的 表 現 と 自 分 が 生 理 的 に 相 容 れ な い こ と を と っ く に 自 覚 し て い た し 、 ひ ら 駿 集 と し て は 、 い っ そ う 無 邪 気 に 、 匿 名 性 を 濃 く し た 『 わ ら べ う た 』 ( 八 一 年 、 集 英 社 ) と そ の 続 編 を 出 し た 後 、 児 童 文 学 が な で 書 く と 難 し い こ と が 書 け な く な る と い う 枷 を む し ろ 楽 谷 し む か の よ う に 、 こ の 方 面 の 創 作 に 力 を 注 ぎ 始 め る 。 力 を 発 者 、 今 江 祥 智 に 依 頼 さ れ て 書 い た 長 編 詩 『 み み を す ま す 』 ( 八 二 年 、 福 音 館 書 店 ) が あ る 。 物 語 の 構 造 を も た な い に も か 揮 で き た の に は そ れ な り の 理 由 も あ っ た 。 谷 川 の 日 本 文 化 の 受 か わ ら ず 喚 起 さ れ る 物 語 性 、 読 後 の 感 興 の 深 さ に さ ま ざ ま な 伝 統 へ の 理 解 を 深 め た 、 独 自 の ア プ ロ ー チ が 十 年 以 上 に わ た 熱 っ て 準 備 さ れ て い た の で あ る 。 世 代 か ら 反 響 が 途 切 れ な か っ た 。 そ し て 、 子 ど も の 心 情 に な 最 大 級 の 準 備 で あ り 訓 練 と な っ た 仕 事 は 、 『 定 義 』 な ど と り き っ て 書 か れ 、 こ れ も 代 表 作 と な っ た ひ ら が な 詩 『 は だ か せ

新潮【第百十四巻第一号】


ソ ン を 着 て 登 場 し 、 埴 谷 雄 高 ら の 顰 蹙 を 買 っ て い た 。 「 荒 地 」 「 僧 侶 」 、 谷 川 雁 の 「 革 命 」 を は じ め 、 那 珂 太 郎 、 山 本 太 郎 、 を 代 表 す る 詩 人 、 田 村 隆 一 が 七 五 歳 で 亡 く な る 直 前 、 宝 島 社 平 林 敏 彦 、 中 村 稔 、 安 水 稔 和 、 嶋 岡 晨 ら の 初 期 の 作 品 を 、 谷 の 新 聞 広 告 、 「 お じ い ち ゃ ん に も 、 セ ッ ク ス を 。 」 で 話 題 に な 川 俊 太 郎 に つ い て は 「 知 ら れ ぬ 者 」 を 引 い て い る 。 っ た の は 九 八 年 。 こ の 頃 に は さ し て 批 判 も 起 こ ら ぬ ほ ど 、 世 『 戦 後 詩 史 論 』 の 後 半 を 成 す た め 、 七 八 年 に 苦 心 し て 書 き 下 の 中 は 変 わ り 果 て て い た わ け だ が 。 ろ さ れ た の が 二 つ の 論 考 で 、 そ の 一 つ 「 戦 後 詩 の 体 験 」 で 吉 一 九 八 六 年 の 時 点 で 、 と も か く 現 代 詩 の 停 滞 感 は 両 氏 と も 本 は 、 〈 中 原 中 也 や 立 原 道 造 や 三 好 達 治 の よ う な 詩 人 た ち の 深 く 認 識 し て い た 。 詩 論 を 書 け な け れ ば 詩 人 で は な い 、 と 言 詩 は 一 種 の 大 衆 性 を 、 つ ま り 誰 に で も わ か る 要 素 を 詩 の 中 に わ れ て き た の が 戦 後 詩 、 現 代 詩 壇 で あ っ た か ら 、 打 開 す る 手 。 ふ く ん で い る 。 ま た 単 に 、 大 衆 性 を ふ く ん で い る だ け で な く 立 て に つ い て も 論 考 の 発 表 や 討 論 が さ か ん に 繰 り 返 さ れ て き 詩 的 な も の の う ち 、 永 続 的 な も の を 、 つ ま り 古 代 の 詩 か ら 今 た 。 そ う し た 行 為 自 体 が 堂 々 巡 り し な が ら さ ら に 細 い 道 へ 人 の 詩 に 至 る ま で 、 少 し も か わ ら な い 核 に あ る 何 か を ふ く ん で り 込 ん で い く : : : 状 況 は 深 刻 に な り つ つ あ っ た 。 事 態 を 先 取 い る 〉 。 こ れ に 対 し て 戦 後 詩 人 は 、 誰 一 人 と し て 三 好 達 治 、 り す る よ う に 、 吉 本 隆 明 は 七 八 年 、 『 戦 後 詩 史 論 』 ( 大 和 書 房 ) 立 原 道 造 、 中 原 中 也 の よ う に 流 布 さ れ て い な い と 述 べ 、 〈 現 を 著 し て い る 。 前 半 は 、 「 ユ リ イ カ 」 の 伊 達 得 夫 が 五 九 年 か 在 の 重 さ の た め に 詩 に お い て 永 続 的 な も の か ら そ れ て い か ざ ら 六 〇 年 に か け て 出 版 し た 六 冊 の 『 現 代 詩 全 集 』 ( と い っ て る を え な い 運 命 を 、 不 可 避 的 に 辿 ら さ れ て い る の が 戦 後 詩 人 も 、 収 録 詩 人 た ち は ま だ 詩 集 を 一 冊 も 出 し て い な い 者 も 混 じ の 生 き ざ ま で あ る 〉 と 厳 し い 。 そ し て 最 後 の 論 考 「 修 辞 的 な る 若 い 世 代 ) に 分 載 さ れ た 批 評 の 再 録 で あ る 。 〈 戦 後 詩 人 た 現 在 」 は こ う 切 り 出 さ れ る 。 ち の 出 現 こ そ 、 戦 争 の 体 験 が 日 本 の 現 代 詩 の 詩 的 な 想 像 力 に 〈 戦 後 詩 は 現 在 詩 に つ い て も 詩 人 に つ い て も 正 統 的 な 関 心 を 何 を く わ え た か を し め す あ た ら し い 指 標 で あ っ た 〉 。 「 荒 地 」 惹 き つ け る と こ ろ か ら 遠 く 隔 た っ て し ま っ た 。 し か も 誰 か ら の 出 発 点 を 伝 え る 田 村 隆 一 の 「 立 棺 」 ( 地 上 に は わ れ わ れ の も 等 し い 距 離 で 隔 た っ た と い っ て よ い 。 感 性 の 土 壌 や 思 想 の 国 が な い / 地 上 に は わ れ わ れ の 生 に 価 い す る 国 が な い ) や 、 独 在 に よ っ て 、 詩 人 た ち の 個 性 を 択 り わ け る の は 無 意 味 に な 北 村 太 郎 の 「 セ ン チ メ ン タ ル ・ ジ ャ ア ニ イ 」 ( な ぜ 人 類 の た っ て い る 。 詩 人 と 詩 人 と を 区 別 す る 差 異 は 言 葉 で あ り 、 修 辞 め に 、 / な ぜ 人 類 の 惨 め さ と 卑 し さ の た め に 、 / 私 は 貧 し い 的 な こ だ わ り で あ る 〉 。 ま た 、 〈 戦 後 詩 の 修 辞 的 な 現 在 は 傾 向 部 屋 に 閉 じ こ も っ て い ら れ な い の か 。 ) な ど を 引 い て 、 〈 戦 後 と か 流 派 と し て あ る の で は な く 、 い わ ば 全 体 の 存 在 と し て あ 詩 は そ の 出 発 に あ た っ て 、 日 本 の 近 代 詩 以 後 の 詩 人 た ち が 、 る と い っ て よ い 。 強 い て 傾 向 を 特 定 し よ う と す れ ば 〈 流 派 〉 か っ て 宣 言 し た こ と の な か っ た こ と を 宣 言 し 、 詩 的 な 世 界 と 的 な 傾 向 と い う よ り も 〈 世 代 〉 的 な 傾 向 と で も い え ば や や そ の 真 相 に ち か い 。 だ が ほ ん と う は 大 規 模 だ け れ ど 厳 密 な 意 味 し て 定 着 し た の で あ る 〉 と の 評 価 を 与 え て い る 。 吉 岡 実 の 202

新潮【第百十四巻第一号】


価 に 対 す る 自 身 の 思 い と の 落 差 を 次 の よ う に ぶ つ け て い る 。 も う ひ と つ は 『 こ と ば あ そ び う た 』 か ら 始 ま る 大 和 言 葉 お よ % び 声 の 系 譜 、 そ し て 『 落 首 九 十 九 』 に そ の 萌 芽 が み ら れ る ナ 「 憎 ま れ 役 を 買 っ て 言 え ば 、 『 定 義 』 と い う 詩 集 は ハ ッ タ リ で ン セ ン ス の 系 譜 が 、 『 夜 中 に 台 所 で : : : 』 で ひ と つ に 束 ね ら す ね 。 い わ ゆ る 現 代 詩 オ タ ク に 対 す る 生 真 面 目 な ハ ッ タ リ 」 。 れ て い る 。 そ し て そ れ ぞ れ の 流 れ は 、 『 夜 中 に 台 所 で : : : 』 そ し て 「 鳥 羽 」 か ら 『 世 間 知 ラ ズ 』 に 込 め ら れ た 谷 川 の 思 い を 通 り 抜 け た 後 に 、 ふ た た び 拡 が っ て ゆ く こ と に な る 〉 ( 『 谷 を 、 義 憤 に か ら れ た よ う に 代 弁 す る 。 「 現 代 詩 は 、 近 代 的 な 川 俊 太 郎 学 』 、 二 〇 一 一 年 、 思 潮 社 ) 個 人 の 内 面 に 錘 を 降 ろ し て 、 そ こ か ら 出 発 し な く て は い け な い ん だ 、 と 「 荒 地 」 の 人 た ち な ん か が 言 っ て 、 そ の 延 長 上 で 四 元 が 分 け た 三 つ の 方 向 を 参 考 に 、 そ の 後 の 谷 川 作 品 の 系 譜 を 追 っ て み よ う 。 ま ず 、 『 定 義 』 に 連 な る 〈 言 語 本 位 〉 の 誰 も が 難 解 き わ ま る も の を 書 い て い っ た 。 そ れ こ そ が 最 大 の 幻 想 か も し れ な い と い う 反 撃 だ ろ う と 思 う 。 も っ と 開 き 直 っ 詩 集 と し て は 、 『 コ カ コ ー ラ ・ レ ッ ス ン 』 ( 一 九 八 〇 年 、 思 潮 社 ) と い う 、 現 代 詩 に 谷 川 ら し い 明 快 な 回 答 を 提 出 し た 一 冊 て 言 っ て し ま え ば 、 近 代 的 な 個 人 な ん て 嘘 だ 、 「 鳩 よ ! 」 に が 、 四 〇 代 の 締 め く く り に 提 出 さ れ た 。 こ の 詩 集 に は 当 時 、 書 く よ う な フ ワ フ ワ し た 一 一 一 一 口 葉 の ほ う に こ そ 、 む し ろ 人 間 な ら 一 般 的 だ っ た ス リ ム な コ カ コ ー ラ 缶 の イ ラ ス ト 入 り の 紙 が 挟 人 間 が あ る と い う 大 逆 転 」 。 さ ら に 柳 田 国 男 、 折 ロ 信 夫 、 谷 川 健 一 ら 近 代 の 詩 の 言 葉 で な い も の に 対 す る 谷 川 の 関 心 の 強 ん で あ り 、 裏 面 に は 詩 人 か ら の メ ッ セ ー ジ が 小 さ く あ る 。 さ を 挙 げ 、 谷 川 の 詩 が い か に 痛 烈 な 「 現 代 詩 オ タ ク 」 へ の 批 〈 一 本 の 大 根 の 姿 は 単 純 だ が 大 根 と い う 生 あ る 物 質 の 構 造 は 判 で あ る か 、 さ か ん に 語 っ て い る 。 三 浦 は 七 五 年 当 時 、 青 土 限 り な く 複 雑 だ 。 そ れ を 私 た ち は 分 析 し き れ な い が 味 わ う こ と は で き る 。 語 を 分 子 と し て 、 食 す る に 足 る 有 機 物 を ど こ ま 社 で 「 ユ リ イ カ 」 編 集 長 と し て 直 接 、 『 夜 中 に 台 所 : : : 』 の で つ く れ る か 。 詩 と は 現 実 の 味 わ い で あ る と 観 じ て 当 店 は 当 編 集 に か か わ っ て い た と い う 事 情 は 大 幅 に 差 し 引 か な け れ ば な ら な い が 。 店 の メ ニ ュ を お と ど け す る 〉 。 七 五 年 の 二 作 成 功 の 余 韻 が 伝 わ る 。 こ の 頃 、 詩 壇 と 谷 川 の 関 係 は 悪 く な か っ た の で は な い 一 九 七 五 年 、 十 六 歳 だ っ た 詩 人 の 四 元 康 祐 は 、 「 私 に と っ か 。 こ の 系 譜 は 催 馬 楽 か ら 山 岸 凉 子 の 漫 画 ま で 、 あ ら ゆ る ジ て の 『 詩 』 と は 、 谷 川 作 品 の 総 体 に 他 な ら な か っ た 」 と 言 い ャ ン ル の 文 章 を 収 集 し た 『 日 本 語 の カ タ ロ グ 』 ( 八 四 年 、 思 潮 切 っ て い る 、 筆 者 と 同 じ 一 九 五 九 年 生 ま れ の 詩 人 だ が 、 二 〇 社 ) へ と 続 く 。 一 一 年 に 至 る 谷 川 の 全 詩 集 を 俯 瞰 し て こ う 述 べ て い る 。 遊 び を 許 さ れ た 子 ど も の よ う に 、 〈 ナ ン セ ン ス の 系 譜 〉 も 〈 最 初 は ガ ラ 。 ハ ゴ ス 的 に 孤 立 し て い る か と 思 え た 『 夜 中 に 台 過 激 さ を 増 す 。 高 橋 源 一 郎 か ら 「 長 篇 小 説 は 一 行 で だ っ て 書 所 で : : : 』 が 、 実 は 谷 川 マ ッ プ に お け る い く つ か の 流 れ の 、 け る 」 と 聞 い て 発 奮 し 、 二 行 か ら 七 行 の 短 詩 を 三 六 六 日 、 日 い わ ば 結 節 点 を な し て い る こ と が 分 か っ て く る 。 ひ と つ に は め く り の よ う に 毎 日 読 ま せ る 趣 向 の 『 詩 め く り 』 を 八 四 年 末 『 幻 』 を 源 流 と し 「 鳥 羽 」 を 経 た 〈 言 語 本 位 〉 な 詩 の 系 譜 、