検索 - みる会図書館

検索対象: 枢密院議長の日記

枢密院議長の日記から 433件ヒットしました。

枢密院議長の日記


武 臣 命 を 愛 し 又 銭 を 愛 す 倉 富 と 切 っ て も 切 れ な い の は 漢 文 の 素 養 て あ る 。 倉 富 の 孫 の 英 郎 氏 に よ れ ば 、 倉 富 は 毎 日 の よ う に 漢 詩 を 作 り 、 生 睚 に 作 っ た 漢 詩 は 、 二 千 篇 に あ ま る の て は な い か と い う 英 郎 氏 は そ う 言 い な が ら 、 東 大 法 学 部 に 在 学 中 の 昭 和 十 八 ( 一 九 四 一 一 I) 年 十 二 月 、 学 徒 き ′ 」 う 動 員 に よ り 海 軍 に 入 隊 し た と き 、 祖 父 の 倉 富 が 揮 毫 し た 歓 送 の 色 紙 を 見 せ て く れ た 行 絵 参 照 ) 。 そ こ に は 、 倉 富 の 肉 筆 て 「 孫 英 郎 徴 服 兵 役 賦 示 」 と 題 す る 漢 詩 が 書 か れ て い た 。 そ の 冒 頭 部 分 を 紹 介 し よ う 。 ま さ 〈 汝 方 修 学 在 大 黌 汝 方 に 学 を 修 め 大 黌 に 在 り し し 孜 々 研 精 業 将 成 孜 々 と し て 研 精 し 業 将 に 成 ら ん と す こ う 国 家 会 有 米 英 寇 国 家 米 英 の 寇 有 る に 会 し な げ う よ う や く 抛 巻 踊 躍 応 官 徴 巻 を 抛 ち 踊 躍 し て 官 徴 に 応 ず 〉 文 字 は 、 日 記 と は 打 っ て か わ っ た み ご と な 筆 運 び て あ る 。 こ の と き 、 倉 富 が 九 十 一 歳 だ っ た こ と を 田 5 え ば 、 そ れ 自 体 が 驚 き だ っ た 。 英 郎 氏 は 倉 富 が 生 涯 に 作 っ た 漢 詩 は 二 千 に あ ま る の て は な い か と 言 っ た が 、 そ の 後 の 調 べ て 、 倉 富 が 生 涯 に 作 っ た 漢 詩 は 七 千 七 百 六 十 一 篇 に も の ば る こ と が わ か っ た 。

枢密院議長の日記


倉 富 は 一 番 多 い と き に は 、 一 年 間 て 一 一 百 七 十 五 篇 の 漢 詩 を 作 っ て い る 。 四 日 て 三 篇 作 っ て い る 勘 定 て あ る 。 倉 富 に と っ て 、 漢 詩 も 日 記 と 同 様 、 メ モ が わ り だ っ た の だ ろ う 。 倉 富 の 漢 詩 の 特 徴 は 、 花 鳥 風 月 や 自 然 景 観 に 詩 材 を と る の て は な く 、 折 々 の 世 相 の 出 来 事 を 織 り 込 ん だ 、 い わ ば 時 事 漢 詩 を 数 多 く 詠 ん て い る こ と て あ る 。 大 正 三 ( 一 九 一 四 ) 年 、 艦 船 購 入 を め ぐ る 日 本 海 軍 の 汚 職 事 件 ( シ ー メ ン ス 事 件 ) が 発 覚 し た 。 こ の と き 、 倉 富 は 「 時 事 有 感 」 と 題 す る 漢 詩 を 作 っ て い る 。 ゃ ん 〈 嗚 呼 時 事 已 哉 矣 嗚 呼 時 事 已 ぬ る 哉 説 之 汚 ロ 聴 之 耳 之 を 説 け ば 口 を 汚 し 之 を 聴 け ば 耳 を : 名 教 墜 地 綱 紀 壊 名 教 地 に 墜 ち 綱 紀 壊 る 不 見 一 人 経 国 士 見 す 一 人 経 国 の 士 を ふ る 文 臣 愛 銭 事 已 陳 文 臣 銭 を 愛 す 事 已 に 陳 し 武 臣 愛 命 又 愛 銭 武 臣 命 を 愛 し 又 銭 を 愛 す し ゅ う れ ん 吏 以 聚 斂 為 能 事 吏 は 聚 斂 を 以 て 能 事 と 為 し 民 以 抗 官 為 人 権 民 は 抗 官 を 以 て 人 権 と 為 す 上 下 征 利 無 仁 義 上 下 利 を 征 り 仁 義 無 し よ く 能 殖 貨 財 思 亦 賢 能 貨 財 を 殖 せ ば 思 も 亦 賢 な り こ わ 87 第 二 章 懊 悩 ま た 懊 悩

枢密院議長の日記


る 不 興 に て 、 今 日 は 直 二 郎 が 病 気 の 為 め 詩 を 作 ら ざ る 故 、 汝 の み 詩 を 作 る こ と は 宜 し か ら す と の 考 に て 客 に 対 し 、 詩 を 披 露 せ ざ る も の と 思 ひ 、 内 心 其 の 態 度 を 喜 び 居 り た る に 、 実 際 詩 を 作 ら ざ り し と は 何 事 な り や 、 言 語 道 断 の 事 な り 、 直 ち に 勘 当 す る 故 、 早 速 家 を 立 ち 去 る べ し 。 但 し 今 後 如 何 な る 方 針 を 取 る 考 な り や 、 五 日 を 限 り 、 自 己 の 考 を 申 し 出 て よ 。 勘 当 を 許 す や 否 や は 、 其 の 考 を 聞 き た る 上 の 事 に す べ き 旨 を 命 じ 母 も と り な し て く れ な か っ た 。 倉 富 は 仕 方 な こ の と き は 六 歳 の と き の 勘 当 と は 違 い 、 傍 ら に あ っ た 書 籍 数 巻 を 携 え 、 家 を 出 よ う と す る と 、 「 其 の 書 籍 は 誰 れ の 許 し を 受 け ほ し い ま ま て 持 ち 行 く や 、 勘 当 せ ら れ た る 者 が 擅 に 書 籍 を 持 ち 行 く 事 を 許 さ ず 」 と い う 父 の 叱 声 が 飛 ん だ 〈 私 は 家 を 出 て 友 人 又 は 親 族 の 家 に 宿 し 、 期 限 内 に 謝 罪 文 と 詩 と を 作 り 、 親 族 の 一 人 に 託 し て 之 れ を 父 に 提 出 し た る に 、 父 よ り 勘 当 を 免 す に 付 き 、 家 に 帰 る べ き 旨 を 伝 へ し め 、 私 が 夜 に 入 り て 帰 り た る 処 、 父 は 謝 罪 文 に 依 れ ば 今 後 尚 ほ 漢 学 を 修 め た し と の 事 な る 故 、 勘 当 を 免 し 、 其 の 希 望 を 容 れ て 修 学 せ し む る 故 、 明 朝 よ り 直 ち に 出 発 し せ ん ざ ん て 、 肥 前 多 久 の 草 場 船 山 の 塾 に 入 る べ し と 云 ひ 、 私 が 帰 り た る 時 は 既 に 旅 行 の 準 備 を 為 し あ り 、 私 は 命 の 通 り 翌 朝 よ り 直 ち に 肥 前 に 赴 い た 〉 た く ゆ る

枢密院議長の日記


右 / 関 東 大 震 災 当 日 の 日 記 ※ 国 立 国 会 図 書 館 ホ ー ム ペ ー ジ よ り 転 載 下 / 孫 ・ 英 郎 の 出 征 時 に 勇 三 郎 が お く っ た 漢 詩 。 こ の と き 数 え て 盟 歳 習 区 呆 海 蹇 來 士 対 文 抛 孜 孫 芝 己 法 丸 対 武 栄 々 方 萍 太 沁 阯 由 新 膠 ' 列 え 可 文 來 有 棗 ! 美 犬 式 癶 不 米 家 ゑ 斌 鳥 有 交 爲 = 宿 表 将 大 オ 番 々 着 異 及 癶 宏 者

枢密院議長の日記


父 は 詩 を 作 ら な か っ た か ら と い う だ け て 、 息 子 を 一 度 は 勘 当 し 、 息 子 は 父 の 遺 訓 を 墨 守 し て 、 生 産 に 八 千 に な ん な ん と す る 英 詩 を 作 っ た 。 そ れ ば か り か 、 溜 息 が 出 て く る よ う な 長 大 な 日 記 を 遺 し ' 」 。 オ こ の 父 に し て 、 こ の 子 あ り 、 と て も い - フ ほ か な い 。 邪 路 に 踏 み 込 む ん ち ょ う ぼ っ か く 倉 富 が 学 ん だ 草 場 船 山 は 、 若 い 頃 江 戸 て 谷 文 晁 ら の 文 人 墨 客 と 交 流 が あ っ た 肥 前 の 儒 者 は い せ ん 草 場 佩 川 の 長 子 て あ る 。 草 場 塾 の 遊 学 が 三 カ 月 を 過 ぎ た 頃 、 胤 厚 か ら 二 十 余 里 の 道 の り を 走 ら せ て 使 い が 来 た 。 手 紙 に は 、 汝 を し て 、 東 京 に 遊 学 せ し め ん と 思 う が 故 、 使 い の 者 と 帰 郷 す べ し 、 と 書 か れ て あ っ た 。 明 治 七 年 六 月 、 一 一 十 一 一 歳 の 倉 富 は 上 京 し 、 東 京 英 語 学 校 や 東 京 大 学 予 備 門 の 漢 書 の 教 師 を 務 め な が ら 、 司 法 官 を 目 指 し て 勉 学 を 積 ん だ 。 出 郷 に 際 し て は 、 言 う ま て も な く 得 意 の 漢 詩 を 詠 ん だ 〈 丈 夫 少 壮 未 成 名 丈 夫 少 壮 未 だ 名 を 成 さ ず ひ ょ う と う 飄 蕩 忽 為 千 里 行 飄 蕩 忽 ち 千 里 の 行 を 為 す け ん た ん 長 剣 短 衣 一 肩 担 長 剣 短 衣 一 肩 の 担 97 第 二 章 懊 悩 ま た 懊 悩

枢密院議長の日記


取 柄 と い え ば 早 熟 と い う だ け て 、 や は り 凡 作 と 言 わ ざ る を 得 な い 。 倉 富 が 九 歳 か ら 十 五 歳 ま ぞ の 七 年 間 に 作 っ た 漢 詩 は 、 五 言 絶 句 、 七 言 絶 句 を 中 心 に 、 五 言 律 詩 、 七 言 律 詩 、 五 言 古 詩 、 七 言 古 詩 を 含 め て 三 百 篇 を 数 え る 。 倉 富 家 の ル ー ツ 九 歳 に し て 老 成 し た と い う よ り 、 や け に ひ ね た 感 の あ る 倉 富 の 独 特 な 人 格 が ど う 形 成 さ た ね あ っ れ た か を 知 る た め に は 、 父 親 胤 厚 の 存 在 を 抜 き に し て 語 れ な い 。 倉 富 家 の ル ー ツ は 、 戦 国 時 代 、 島 津 、 大 友 と 並 ん て 九 州 を 三 分 す る 勢 力 を 誇 っ て い た 有 名 な 戦 国 大 名 の 竜 造 寺 氏 て あ る 。 室 町 時 代 末 期 の 天 文 十 三 ( 一 五 四 四 ) 年 、 竜 造 寺 氏 は 重 臣 の 下 克 上 の 策 動 に よ り 勢 力 を た ぬ し ま る 失 い 、 一 族 郎 党 を 引 き 連 れ て 福 岡 県 田 主 丸 ( 現 ・ 久 留 米 市 ) 付 近 に 落 ち 延 び た 。 そ こ に 居 を 定 め て 竜 造 寺 姓 を 改 姓 し た の が 、 倉 富 家 の 始 ま り ぞ あ る 。 倉 富 の 父 の 胤 厚 は 文 政 十 二 ( 一 八 二 九 ) 年 に 生 ま れ 、 数 え て 十 六 歳 の と き 、 有 名 な 儒 学 た ん そ う か ん ぎ え ん 者 の 広 瀬 淡 窓 が 郷 里 の 豊 後 国 日 田 に 開 い た 私 塾 の 咸 宜 園 に 入 門 し 、 漢 学 を 学 ん だ 。 胤 厚 が 後 に 、 篤 堂 と 号 し た の は こ の た め て あ る 。 胤 厚 と 同 じ 頃 、 咸 宜 園 に 学 ん だ 有 名 人 と し て は 、 大 村 益 次 郎 、 高 野 長 英 、 写 真 術 の 元 祖 89 第 二 章 懊 悩 ま た 懊 悩

枢密院議長の日記


怒 り を 招 き 、 一 農 家 の 主 人 と 為 り 、 身 を 米 麦 出 納 の 簿 書 中 に 置 き 、 田 夫 と 伍 す る こ と 、 な り 、 む 中 に は 不 愉 夬 を 感 じ た る べ き も 、 運 命 は 如 何 と も し 難 く 、 已 む を 得 ず 其 の 境 遇 に 安 ん じ 、 家 事 を 執 る 傍 ら 漢 学 の 研 究 を 続 け た 様 て あ る 〉 こ の 記 述 か ら わ か る の は 、 倉 富 家 へ の 婿 入 り が 胤 厚 の 勉 学 の 大 き な 妨 げ に な っ た こ と て あ る 。 こ う し た 胤 厚 の 立 場 か ら す れ ば 、 没 落 し た 倉 富 家 を 再 興 す る た め に も 、 ま た 勉 学 の ハ ト ロ ン だ っ た 家 老 を 見 返 す た め に も 、 わ が 子 に 過 大 な ほ ど の 期 待 を か け た の は 、 あ る 意 味 て 自 然 な 成 り 行 き だ っ た 。 事 実 、 倉 富 は こ う 続 け て い る 。 〈 私 の 兄 が 生 れ た の は 父 が 二 十 三 才 の 時 て 、 私 が 生 れ た の は 二 十 五 才 の 時 て あ る 。 子 供 が 出 来 た ら ば 漢 書 を 学 ば し め よ う と 云 ふ は 、 父 が 当 初 よ り の 考 な り し と 見 へ 、 兄 が 生 れ た と き 〔 文 章 他 日 児 と 共 に 成 さ ん 〕 と 云 ふ 詩 を 作 っ て 居 る 〉 こ の 頃 、 胤 厚 は 折 に ふ れ て 、 兄 弟 に 倉 富 家 の 家 譜 を 示 し 、 倉 富 家 の 祖 先 は 竜 造 寺 氏 よ り 出 て た る も の て あ る 、 汝 等 は 片 時 も そ れ を 忘 れ る べ か ら ず 、 と 話 し 聞 か せ た と い う 。 六 歳 で 勘 当 さ て こ こ か 、 ら カ し 、 よ い よ 本 題 て あ る 。 〈 私 は 父 よ り 叱 ら れ た る こ と は 度 々 あ る か 不 カ 言 ム 己 意 し 居 る 最 初 の も の は 、 私 が 六 才 93 第 二 章 懊 悩 ま た 懊 悩

枢密院議長の日記


ら し ぶ り を 指 摘 さ れ る と 、 「 悠 々 自 適 に は 非 ず 。 こ の 家 は 三 男 ( 隆 の こ と ) の 所 有 て 、 自 分 は 寄 宿 者 だ 」 と 答 え て い る 。 前 述 の 通 り 、 「 乞 骸 始 末 」 を 書 き 始 め た の は こ の 翌 年 の こ と て あ る 。 確 か に 倉 富 の 心 境 は 「 悠 々 自 適 」 と は ほ ど 遠 い も の だ っ た 。 内 子 夫 人 の 死 日 本 が 太 平 洋 戦 争 に 突 入 し 、 一 時 の 戦 勝 気 分 に 沸 き 立 っ た 昭 和 十 七 年 、 倉 富 夫 妻 は 結 婚 六 十 周 年 を 迎 え た 。 結 婚 記 念 日 の 三 月 十 五 日 、 倉 富 は 六 十 年 間 苦 楽 を 共 に し て く れ た 内 子 夫 人 に 感 謝 を 込 め て 次 の よ う な 漢 詩 を 作 っ た 。 〈 初 任 官 卑 少 俸 銭 初 任 官 卑 し く し て 俸 銭 少 な し 妙 齢 我 に 嫁 す 亦 前 縁 妙 齢 嫁 我 亦 前 縁 貧 時 謝 汝 甘 辛 苦 貧 時 汝 に 謝 す 辛 苦 に 甘 ん ず る を 内 助 持 貞 六 十 年 内 助 貞 を 持 す 六 十 年 〉 内 子 夫 人 が 鬼 籍 に 入 っ た の は 、 そ れ か ら 約 三 年 半 後 の 昭 和 一 一 十 年 八 月 十 九 日 て あ る 。 享 年 七 十 九 ご っ ' 」 。 オ オ 倉 富 は 内 子 夫 人 の 死 の も よ う を 、 隆 の 嫁 の 道 子 に ロ 述 筆 記 さ せ て い る 。 〈 ( 昭 和 ) 二 十 年 八 月 十 九 日 午 後 零 時 四 十 分 、 妻 ノ ブ 子 逝 く 。 ノ ブ 子 は 昨 年 七 八 月 頃 よ 397 終 章 倉 富 、 故 郷 に 帰 る

枢密院議長の日記


り 倦 怠 感 を 訴 へ 、 横 臥 を 好 み た る も 、 強 ひ て 之 を 起 し 、 昨 年 暮 に 至 り 、 漫 性 腎 臓 炎 に て 蛋 白 の 排 泄 あ る こ と を 発 見 し 、 適 応 薬 を 連 用 し 、 蛋 白 量 は 漸 次 減 少 し た る も 、 健 忘 症 は 依 然 オ 、 こ り 。 今 年 に 入 り て も 、 強 ひ て 臥 床 を 止 め 置 き た る が 、 倦 怠 は 継 続 せ り 今 年 八 月 十 一 一 三 日 頃 、 防 空 壕 内 に て 類 倒 し 、 左 側 頭 部 に 微 傷 を 負 ひ 、 其 疵 も 殆 ん ど 癒 え た る が 、 爪 に て 之 を 掻 き 、 十 四 日 に 至 り 、 其 の 疵 よ り 丹 毒 侵 入 し た る こ と を 発 見 し 、 排 毒 の 手 当 な し た る も 其 効 を 奏 せ ず 十 七 八 日 頃 よ り 発 熱 し 、 終 に 起 た ず 〉 以 下 に あ げ る の は 、 倉 富 が 内 子 夫 人 の 臨 終 に 臨 ん て 作 っ た 「 悼 亡 」 と い う 漢 詩 て あ る 。 じ り つ う い こ う が い 〈 而 立 初 笄 生 後 先 而 立 初 笄 後 先 を 生 ず 婚 姻 結 契 又 因 縁 婚 姻 契 り を 結 ぶ 又 因 縁 呼 醒 六 十 五 年 夢 呼 び 醒 す 六 十 五 年 の 夢 髣 髴 帯 羞 紅 頬 妙 髣 髴 羞 を 帯 ぶ 紅 頬 の 妙 〉 翌 昭 和 一 一 十 一 年 三 月 一 日 、 東 京 の 中 央 連 絡 部 総 務 局 長 名 ぞ 倉 富 を 召 喚 す る 急 電 が き た 。 電 文 に は 、 「 レ ン ゴ ウ コ ク コ ク サ イ ケ ン ジ プ ョ リ カ ッ カ ニ タ イ シ メ ン カ イ イ タ シ タ キ ム ネ ョ ウ キ ュ ウ ア リ デ キ ル ダ ケ ハ ヤ ク ゴ ジ ョ ウ キ ョ ウ ノ ウ ェ ト ウ ホ ウ ニ ゴ レ ン し た た ラ ク ネ ガ イ タ シ 」 と 認 め ら れ て い た 398

枢密院議長の日記


に 与 え ら れ 、 親 任 官 最 高 の 栄 誉 と さ れ る 。 倉 富 以 前 て 鳩 杖 を 授 与 さ れ た 者 は 、 山 県 有 朋 、 井 上 馨 、 東 郷 平 八 郎 、 西 園 寺 公 望 、 山 本 権 兵 衛 な ど 十 一 一 人 、 倉 富 以 後 て は 牧 野 伸 顕 な ど 八 人 、 戦 後 の 授 与 者 は 吉 田 茂 ひ と り を 数 え る の み て あ る 。 昭 和 八 年 、 倉 富 は 前 述 し た よ う に 赤 坂 丹 後 坂 の 家 か ら 、 朝 鮮 銀 行 に 勤 め る 長 男 の 鈞 が 新 宿 区 戸 塚 一 一 丁 目 に 建 て た 家 の 離 れ に 移 っ た 。 そ の 翌 年 、 倉 富 は 東 京 を 離 れ 、 故 郷 の 久 留 米 に 戻 っ た 。 明 治 七 年 六 月 、 数 え の 一 一 十 二 歳 て 出 郷 し て 六 十 余 年 を 東 京 て 過 ご し 、 八 十 二 歳 に し て 帰 郷 す る 。 倉 富 の 胸 中 は さ ぞ や 感 無 量 だ っ た ろ う 。 倉 富 は 昭 和 十 一 年 三 月 、 家 督 を 長 男 鈞 に 譲 り 、 故 郷 に 帰 っ た 三 男 隆 の た め に 建 て た 家 て 、 隠 居 生 活 に そ ん き ょ 杖 入 っ た 。 村 居 の 明 け 暮 れ に 過 ご し て も 、 日 記 を 書 く た こ と と 漢 詩 作 り と 冷 水 摩 擦 の 日 課 は 欠 か す こ と が な れ さ 与 カ た 故 郷 て 晩 年 の 倉 富 と 一 緒 に 暮 ら し た 隆 の 嫁 の 道 子 カ 富 倉 は 、 岳 父 倉 富 を 回 想 す る 手 記 を 残 し て い る 。 そ れ に 365 第 七 章 ロ ン ド ン 海 軍 条 約