検索 - みる会図書館

検索対象: 漢詩の作り方

漢詩の作り方から 11件ヒットしました。

漢詩の作り方


漢 詩 の 作 り 方 一 、 基 本 ル レ 二 、 平 仄 式 一 覧 三 、 句 の 作 り 方 四 、 対 旬 の 作 り 方 五 、 作 詩 の コ ッ 六 、 詩 想 に つ い て 七 、 訓 読 に つ い て 八 、 参 考 文 献 ※ こ の 冊 子 は 、 漢 詩 を 作 っ て み た い 人 向 け の 概 説 で す 。 ※ 本 冊 子 は 本 書 に 挙 げ た 参 考 文 献 ほ か 拙 作 『 南 望 楼 詩 話 』 ( 第 一 回 文 学 フ リ マ 京 都 に て 頒 布 ) に 挙 げ た 諸 書 等 よ り 得 た 知 識 を も と に 作 成 し た も の で す 。 ※ 国 語 便 覧 程 度 の 知 識 が あ る 人 を 対 象 と し ま す 。 ( 具 体 的 に は 、 「 返 り 点 ・ 一 一 一 点 」 「 五 言 ・ 七 言 」 「 絶 旬 ・ 律 詩 」 と 聞 い て な ん と な く 分 か る 方 向 け で す ) 以 上 ご 了 承 下 さ い 。

漢詩の作り方


漢 詩 の 作 り 方 一 、 基 本 ル レ 二 、 平 仄 式 一 覧 三 、 句 の 作 り 方 四 、 対 旬 の 作 り 方 五 、 作 詩 の コ ッ 六 、 詩 想 に つ い て 七 、 訓 読 に つ い て 八 、 参 考 文 献 ※ こ の 冊 子 は 、 漢 詩 を 作 っ て み た い 人 向 け の 概 説 で す 。 ※ 本 冊 子 は 本 書 に 挙 げ た 参 考 文 献 ほ か 拙 作 『 南 望 楼 詩 話 』 ( 第 一 回 文 学 フ リ マ 京 都 に て 頒 布 ) に 挙 げ た 諸 書 等 よ り 得 た 知 識 を も と に 作 成 し た も の で す 。 ※ 国 語 便 覧 程 度 の 知 識 が あ る 人 を 対 象 と し ま す 。 ( 具 体 的 に は 、 「 返 り 点 ・ 一 一 一 点 」 「 五 言 ・ 七 言 」 「 絶 旬 ・ 律 詩 」 と 聞 い て な ん と な く 分 か る 方 向 け で す ) 以 上 ご 了 承 下 さ い 。

漢詩の作り方


八 、 参 考 文 献 本 冊 子 は あ く ま で も 入 り 口 で す 。 以 下 の 本 を 実 際 に 手 に と っ て 作 っ て み て 下 さ い 。 ・ 太 刀 掛 呂 山 『 誰 に も で き る 漢 詩 の 作 り 方 』 ス タ ン ダ ー ド な 本 。 た ぶ ん 一 番 使 い 良 い 。 要 電 話 。 ・ 釈 清 潭 ・ 林 古 溪 『 作 詩 関 門 』 明 治 書 院 入 手 し や す い 。 た だ し ち ょ っ と 高 い 。 ・ 新 田 大 作 『 作 法 叢 書 漢 詩 の 作 り 方 』 明 治 書 院 入 手 し や す い 。 比 較 的 安 価 。 詩 語 集 は 『 作 詩 関 門 』 と ほ ば 同 じ 。 ・ 滝 川 昇 『 詩 韻 活 法 』 ネ ッ ト で 入 手 で き る ( 早 稲 田 大 学 古 典 籍 デ ー タ ベ ー ス ) 。 明 治 の も の だ が 、 当 時 の エ ネ ル ギ ー が 反 映 さ れ て い る の で 読 め る な ら お す す め 。 ・ 石 川 忠 久 『 漢 詩 鑑 賞 事 典 』 ( 講 談 社 学 術 文 庫 ) 漢 詩 の 歴 史 を 大 づ か み す る こ と が で き る 。 こ れ と 岩 波 文 庫 そ の 他 か ら 出 て い る 本 を 読 み 比 べ な が ら 好 み を 探 っ て い く と よ い と 思 い ま す 。 書 店 の 漢 詩 の コ ー ナ ー は 、 大 き な 書 店 に 小 さ く あ る 程 度 で す 。 古 書 店 を め ぐ る こ と を お す す め し ま す 。 中 上 級 に な る と 『 詩 韻 含 英 』 や 『 韻 府 一 隅 』 ひ い て は 『 佩 文 韻 府 气 そ れ に 典 故 を 集 め た 『 円 機 活 法 』 と い っ た 書 物 が 必 要 に な っ て き ま す 。 い っ か 覗 い て み て く だ さ い 。 以 上

漢詩の作り方


六 、 詩 想 に つ い て 漢 詩 を 作 る と き は 詩 想 に 基 本 的 な 方 向 性 が あ り ま す 。 風 雅 と 離 俗 が キ ー ワ ー ド で す 。 風 雅 と は 『 詩 経 』 の 国 風 と 大 雅 ・ 小 雅 の こ と で 、 そ の 流 れ に 則 っ て い る こ と を 指 し ま す 。 逆 に そ こ か ら 外 れ て い る も の を 「 俗 」 と 言 っ て 嫌 い ま す 。 ど れ だ け ま と ま っ て い て も 、 俗 な も の は よ い 詩 で は あ り ま せ ん 。 た と え ば 、 ア イ ド ル が 歌 っ て い る と こ ろ を 描 写 す る と し て 、 そ れ だ け だ と 現 代 社 会 を 描 く だ け に な っ て し ま う の で 俗 で す 。 し か し ア イ ド ル の 歌 に 古 代 の 歌 舞 の 雰 囲 気 を 重 ね 合 わ せ れ ば 、 風 雅 に 詠 む こ と が で き る か も し れ ま せ ん 。 こ の 点 を 身 に 付 け る に は 、 古 典 を 数 多 く 読 む し か あ り ま せ ん 。 と い っ て も 突 然 そ れ を す る の は 無 理 な の で 、 ざ っ と 世 界 観 を 掴 ん で い く の が よ い と 思 い ま す 。 こ こ で 尽 く す こ と は 到 底 で き ま せ ん が 、 「 天 地 の 間 に 人 が い ま す 。 古 代 の 尭 舜 の 時 代 に 理 想 の 治 世 が あ り ま し た 。 そ の 後 い ろ い ろ あ っ て 今 に 至 り ま す , と い う こ と だ け 念 頭 に 置 い て お く と よ い と 思 い ま す 。 世 界 観 を 掴 む に は 、 角 川 文 庫 の ビ ギ ナ ー ズ ク ラ シ ッ ク ス の シ リ ー ズ や 、 小 川 環 樹 ・ 木 田 章 義 『 千 字 文 』 ( 岩 波 文 庫 ) あ た り が 良 い の で は な い か と 思 い ま す 。 逆 に い き な り 四 書 五 経 に 取 り 組 む の は お 勧 め し ま せ ん 。 難 し く て わ け が 分 か り ま せ ん し 、 ヘ ン な 解 釈 に ハ マ っ て し ま っ た り し ま す 。 も し そ の 気 が あ れ ば 、 風 雅 に つ い て は 祇 園 南 海 『 詩 訣 』 『 詩 学 逢 源 』 を 、 ま た 一 般 的 な 心 得 に つ い て は 広 瀬 淡 窓 『 淡 窓 詩 話 』 な ど を 読 ん で み て く だ さ い 。 い ず れ も イ ン タ ー ネ ッ ト で 読 む こ と が で き ま す 。

漢詩の作り方


三 、 句 の 作 り 方 前 ペ ー ジ の 平 仄 式 に 沿 っ て 詩 語 を 当 て は め ま す 。 左 は 詩 語 集 の 例 ( 返 り 点 ・ 送 り が な は 印 刷 の 都 合 で 抜 い て あ り ま す ) 。 傍 点 は 仄 で す 。 青 東 風 暖 煙 陽 和 迎 春 軽 寒 融 雪 小 池 和 風 余 寒 晴 日 辞 寒 風 光 舂 生 詔 景 詔 風 雲 晴 留 寒 梅 発 椒 酒 柳 梅 梅 花 柳 梢 草 芽 柳 同 梅 梢 迎 歓 卮 膳 映 杯 盤 避 訪 朋 徐 歩 閑 亭 林 亭 詩 成 拈 筆 美 酒 行 杯 幽 興 半 酣 対 客 照 席 初 暖 深 酔 庭 樹 園 木 風 暖 悁 大 江 東 滄 渺 東 沁 春 風 起 東 風 軽 風 転 風 気 通 春 通 雲 通 五 雲 中 残 雪 中 彩 霞 中 万 国 同 故 人 同 令 節 同 旭 印 紅 曙 霞 紅 酔 顔 紅 楽 無 窮 興 不 窮 Ⅱ 具 疑 冬 以 初 冬 似 厳 冬 不 冬 不 覚 冬 如 大 冬 宗 朝 宗 一 宗 竟 誰 宗 千 峰 最 上 峰 弧 峰 涯 玉 峰 青 峰 半 峰 一 鍾 舞 神 竜 幵 時 容 不 見 容 斑 煙 重 暉 ル 重 重 停 第 少 移 第 色 濃 著 光 濃 開 盛 變 枡 花 傾 橋 逢 人 印 丑 平 印 硴 未 発 迎 色 迎 啼 持 聞 黄 鳥 逢 佳 節 梅 開 日 高 台 上 千 門 色 東 風 起 登 楼 興 同 遊 興 歓 不 新 称 寿 梅 花 春 動 舂 猶 東 風 變 催 黄 陽 春 丗 歌 雪 迎 景 堪 試 筆 た と え ば こ れ で ど う で す か 。 △ ・ △ 〇 △ ・ ◎ 風 暖 閑 亭 興 不 窮 風 は 暖 か く 閑 亭 興 窮 ま ら ず ※ 韻 は 一 度 選 ん だ グ ル ー プ を 最 後 ま で 使 っ て 下 さ い ( 一 韻 到 底 ) 。 ※ 同 じ 文 字 は 基 本 的 に 避 け ま す 。 こ れ を 最 後 ま で 繰 り 返 す と 漢 詩 に な り ま す 。 次 に 対 旬 の 説 明 を し ま す 。

漢詩の作り方


一 、 基 本 ル ー ル 漢 詩 に は い く つ か の 基 本 ル ー ル が あ り ま す 。 例 を 取 っ て 説 明 し ま す 。 送 元 一 一 使 安 西 元 一 一 の 安 西 に 使 い す る を 送 る 渭 城 朝 雨 軽 塵 渭 城 の 朝 雨 軽 塵 を 滬 す 客 舎 青 青 柳 色 新 客 舎 青 青 柳 色 新 た な り 勧 君 更 尽 一 杯 酒 君 に 勧 む 更 に 尽 く せ 一 杯 の 酒 西 出 陽 関 無 故 人 西 の か た 陽 関 を 出 れ ば 故 人 無 か ら ん ① 漢 字 一 文 字 ず つ に 唐 代 の 発 音 が あ り 、 平 ( ま っ す ぐ ) か 仄 ( 変 化 ) か に 分 け ら れ ま す 。 ② 旬 末 に は 平 声 種 類 か ら 一 種 類 を 選 ん で 押 韻 し ま す 。 ( 仄 声 も 可 で す が こ こ で は 略 し ま す ) ③ 意 味 は 2 + 2 + 3 文 字 で 取 り ま す 。 つ ま り 右 の 詩 は こ う な っ て い ま す 。 ( 平 〇 、 仄 ・ 、 韻 ◎ ) 渭 城 朝 雨 滔 軽 塵 、 客 舎 青 青 柳 色 新 、 勧 君 更 尽 一 杯 酒 、 西 出 陽 関 無 故 人 ・ 〇 〇 ・ ・ ◎ 、 ・ 〇 〇 ・ ・ 〇 ・ 、 〇 ・ 〇 〇 〇 ・ ◎ ・ 〇 〇 ・ ・ 〇 ◎ 、 不 思 議 と 、 な ん と な く 意 味 が 取 れ た よ う に 感 じ る と 思 い ま す 。 今 は そ れ で 大 丈 夫 で す 。 ④ 平 仄 の 配 置 に は ル ー ル が あ り ま す 。 246 文 字 目 は ・ 〇 ・ か 〇 ・ 〇 の 順 ( 二 四 不 同 、 一 一 六 対 ) 135 文 字 目 は 平 仄 ど ち ら で も 可 ( 一 三 五 不 論 ) ど こ で も 三 文 字 は ・ 〇 ・ の 順 番 に し な い ( 孤 平 の 禁 ) 旬 末 三 文 字 は 〇 〇 〇 に し な い ( 平 三 連 の 禁 ) そ こ で 平 仄 の 配 置 は 次 の 通 り で す 。 こ れ に 具 体 的 な 言 葉 を あ て は め て い き ま す 。

漢詩の作り方


閲覧できるページ数の上限に達しました。

漢詩の作り方


閲覧できるページ数の上限に達しました。

漢詩の作り方


閲覧できるページ数の上限に達しました。

漢詩の作り方


閲覧できるページ数の上限に達しました。